農食環境学群・循環農学類
教員 相原晴伴 アイハラ ハルトモ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2018/06/20

研究者基本情報

氏名

相原晴伴
アイハラ ハルトモ

所属(マスタ)

農食環境学群・循環農学類, 教員

所属・職名

農食環境学群 循環農学類
教授

学歴

1991年04月 - 1999年03月, 北海道大学大学院, 農学研究科, 農業経済学専攻
1986年04月 - 1991年03月, 北海道大学, 農学部, 農業経済学科

学位

博士(農学), 北海道大学

所属学協会

日本農業経済学会
日本農業市場学会
北海道農業経済学会
協同組合学会
農業問題研究学会

研究活動情報

研究分野

農業経済学, 農業経済学

研究キーワード

米市場,
農畜産物市場論,

論文

国産大豆の価格変動と問屋・加工業者の対応, 小池(相原) 晴伴, 農業市場研究, 26, (1) 8 - 13,   2017年06月, 査読有り
米全量全袋検査の運用実態と課題, 小松知未・小山良太・小池(相原)晴伴・伊藤亮司, 農村経済研究, 33, (1) 116 - 124,   2015年11月, 査読有り
東日本大震災の前後における米流通の変化-福島県産米を中心として-, 小池(相原)晴伴・伊藤亮司・小松知未・小山良太, 農業市場研究, 24, (2) 44 - 50,   2015年09月, 査読有り
官民連携による米粉関連市場の形成-新潟県と北海道を事例として-, 小池(相原) 晴伴, 2014年度日本農業経済学会論文集, 130 - 134,   2015年09月, 査読有り

書籍等出版物

農業と農村の持続的展開-荒木和秋教授退任記念論文集-, 相原 晴伴, 分担執筆, 酪農の6次産業化への挑戦とその展望, 酪農学園大学エクステンションセンター,   2017年03月
北海道から農協改革を問う, 小池(相原) 晴伴, 分担執筆, 米生産調整の展開と系統農協の役割, 筑波書房,   2017年01月

講演・口頭発表等

日本の米市場における数量調整と価格調整, 小池(相原) 晴伴, 第21回進化経済学会京都大会,   2017年03月25日
国産大豆の価格変動と問屋・加工業者の対応, 小池(相原) 晴伴, 日本農業市場学会大会個別報告,   2016年07月03日
戦後日本の米市場における多層的な調整機構, 小池(相原) 晴伴, 第20回進化経済学会東京大会,   2016年03月26日

MISC

冬木報告と高橋報告(米穀関連部分)へのコメント, 小池(相原)晴伴, 農業市場研究, 26, (3) 23 - 24,   2017年12月, 招待有り
米流通の現状と今後の販売対応について, 小池 晴伴, 北海道地域農業研究所「平成30年以降の北海道の水田農業のあり方に関する調査研究報告書」,   2017年11月
制度の変わり目だからこそ地域的なまとまりが重要に, 小池(相原) 晴伴, ニューカントリー, 64, (11) 20 - 21,   2017年11月
道産米の販売対応の展開と到達点, 小池(相原) 晴伴, 北農, 84, (3) 34 - 39,   2017年07月
《書評》北出俊昭著『米の価格・需給と水田農業の課題』, 小池 晴伴, 農業・農協問題研究, 62,   2017年03月
札幌市における農産物の流通改善に関する調査研究, 相原 晴伴, 札幌市における農産物の流通改善に関する調査研究,   2017年03月
農業所得20%増大の実現に向けた具体的実践方策(米販売), 小池 晴伴, 北海道地域農業研究所「農業所得20%増大の実現に向けた具体的実践方策に関する調査研究報告」,   2017年03月
【書評】玉真之介著『近現代日本の米穀市場と食料政策-食糧管理制度の歴史的性格-』, 小池(相原) 晴伴, 農業市場研究, 25,   2016年12月
酪農の6次産業化へ挑戦とその展望, 相原 晴伴, 酪農ジャーナル, 69, (8) 19 - 21,   2016年08月, 招待有り
札幌市清田区の永光農園, 小池 晴伴, 6次産業化の今日的意義と今後の展開方向に関する調査研究,   2016年03月
滝川市の江部乙農産加工研究会「手づくりの家とまと」, 小池 晴伴, 6次産業化の今日的意義と今後の展開方向に関する調査研究,   2016年03月
産業間連携に向けた取り組みについて, 相原 晴伴, 酪農ジャーナル, 67, (10) 20 - 22,   2014年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020218158
給食受託業者による米の仕入・納入 : ─病院・福祉施設への納入を事例として─, 小池(相原) 晴伴, 酪農学園大学紀要. 人文・社会科学編, 37, (2) 45 - 50,   2013年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009559294
給食受託業者による米の仕入・納入 : 病院・福祉施設への納入を事例として(2012年度大会個別報告要旨), 小池(相原)  晴伴, 農業市場研究, 21,   2012年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009866183
農協による米の新品種の販路拡大と品質管理 : 北海道・新函館農協を事例として, 小池(相原)晴伴, 酪農学園大学紀要. 人文・社会科学編, 36, (2) 65 - 68,   2012年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008923146
書評 清水池義治著『生乳流通と乳業--原料乳市場構造の変化メカニズム』, 小池(相原) 晴伴, 北海道農業, (38) 101 - 103,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018877723
北海道における水田地帯の分化と転作対応 (民主党農政--政策の混迷は解消されるのか) -- (混迷する米産地), 小池(相原) 晴伴, 日本農業年報, (56) 25 - 36,   2010年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017158872
新不足払い法下における生乳共販の動向と課題, 相原 晴伴, 酪農学園大学紀要. 人文・社会科学編, 32, (2) 97 - 105,   2008年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006630167
農産物直売所による地域振興, 相原 晴伴, NOSAI, (557) 9 - 10,   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761516
農山魚村振興のための6次産業化の推進, 相原 晴伴, NOSAI, (556) 9 - 10,   2010年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761527
求められる戸別所得補償の理念の明確化, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (554) 9 - 10,   2009年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761278
北海道米の販売戦略の充実, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (553) 9 - 10,   2009年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761269
民主党による戸別所得補償制度導入の論点, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (552) 9 - 10,   2009年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761265
バイオ燃料の生産拡大と北海道農林業, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (551) 9 - 10,   2009年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761262
「実学教育」を重視した研究室の活動, 相原 晴伴, 地域農業と農協, 39, (2) 4 - 7,   2009年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761418
道内産地による農産物輸出の取組, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (550) 9 - 10,   2009年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761261
北海道におけるGAPの推進, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (549) 9 - 10,   2009年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761275
生乳産地としての販売力の強化が必要, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (548) 9 - 10,   2009年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761279
食料自給率向上に向けた北海道農業の役割, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (547) 9 - 10,   2009年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761266
グリーン・ツーリズムによる農業の活性化, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (546) 9 - 10,   2009年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761277
食糧法下における北海道水田農業の展開と問題点 : ─食糧法改正前の過剰期を対象として─, 小池(相原) 晴伴, 酪農学園大学紀要. 人文・社会科学編, 33, (2) 213 - 220,   2009年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007076276
見直しがはじまった米の生産調整, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (545) 9 - 10,   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761274
失業者の受け入れという農村の多面的機能, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (544) 9 - 10,   2009年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761260
学校給食における地産地消の取組, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (543) 7 - 8,   2009年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761259
多様に展開する北海道の地域農業, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (542) 9 - 10,   2008年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761272
合併農協による販売対応と農家支援, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (541) 9 - 10,   2008年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761273
米生産部会部会活動の活発化, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (540) 9 - 10,   2008年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761263
全国農業協同組合連合会による米販売機能の展開, 小池(相原)晴伴, 酪農学園大学紀要. 人文・社会科学編, 33, (1) 119 - 126,   2008年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006873642
食料自給率の向上に向けて地道な取組を, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (539) 9 - 10,   2008年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761257
急がれる米の新規需要開拓, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (538) 9 - 10,   2008年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761268
道内産地による輸出拡大へのチャレンジ, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (537) 9 - 10,   2008年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761258
バター不足から考える乳製品市場のあり方, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (536) 9 - 10,   2008年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761276
道民にわかりやすい有機農業の推進を, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (535) 9 - 10,   2008年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761270
北海道米,販売好調だからこそ次の展開を, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (534) 9 - 10,   2008年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761271
食品価格高騰と国産農産物の見直し, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (533) 9 - 10,   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761255
数値を詰める段階に入ったWTO農業交渉, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (532) 9 - 10,   2008年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761256
系統農協による共同販売の課題, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (531) 9 - 10,   2008年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761264
見直しがせまれた品目横断対策, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (530) 9 - 10,   2007年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761103
穀物価格高騰と米価下落, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (529) 9 - 10,   2007年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761093
関税削減と国内政策の充実, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (528) 9 - 10,   2007年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761102
米生産調整政策による流通数量調整の効果, 小池(相原) 晴伴, 酪農学園大学紀要. 人文・社会科学編, 32, (1) 1 - 6,   2007年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006389101
品目横断的経営安定対策と農業の構造改革, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (527) 9 - 10,   2007年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761117
推進される日本産農産物の輸出拡大, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (526) 9 - 10,   2007年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761116
関税削減と低関税輸入枠拡大のバランス, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (525) 9 - 10,   2007年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761099
動き出したWTO農業交渉, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (524) 11 - 12,   2007年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761096
国際ルールの強化と品目横断的経営安定対策, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (523) 9 - 10,   2007年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761108
自由貿易の推進と日豪EPA, 相原 晴伴, 北海道NOSAI会誌, (522) 9 - 10,   2007年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761094
北海道米の販売実績と今後の需給調整 (特集=現下の米問題), 小池(相原) 晴伴, 北方農業, 52, (12) 7 - 11,   2002年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005642253
流通再編下における系統農協の米販売機能に関する研究, 酪農学園大学紀要, 24, (2) 187 - 274,   2000年
単位農協による米直接販売の意義と限界, 北海道農業経済研究, 8, (1) 55 - 67,   1999年
稲作経営の異質化に対応した農協の米集荷・販売における役割と存在意義, 協同組合奨励研究報告, 28巻、p.p.-200-224,   2002年

受賞

  1998年, 北海道農業経済学会奨励賞

競争的資金

系統農協の米販売機能

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2017年12月07日 - 2018年01月25日, 自由貿易の推進で日本の食料・農業は大丈夫か?, 講師, 札幌手稲高校
  2017年12月20日 - 2017年12月20日, このままで日本の食料・農業は大丈夫か?, 講師, 北海道大野農業高校
  2017年10月01日 - 2017年10月01日, 荒幡報告に対するコメント, コメンテーター, 北海道農業経済学会
  2017年09月26日 - 2017年09月26日, 特集「全国で自由に生産 減反廃止の影響は」, コメンテーター, 札幌テレビ放送(STV)
  2017年09月16日 - 2017年09月16日, 農産物の流通と販売, 講師, 札幌市農業支援センター
  2017年08月08日 - 2017年08月08日, 食料自給率向上のための北海道農業の役割, 講師, 酪農学園大学
  2017年07月14日 - 2017年07月14日, 日本におけるアグリビジネスの展開と現状, 講師, 滝川国際交流協会
  2017年07月01日 - 2017年07月01日, 冬木報告と高橋報告(米穀関連部分)へのコメント, コメンテーター, 日本農業市場学会
  2016年12月08日 - 2017年01月26日, TPP加盟で日本の食料・農業は大丈夫か?, 講師, 札幌手稲高等学校
  2016年12月23日, TPPと北海道農業, 講師, 札幌学院大学
  2016年10月15日, 6次産業化による地域おこし, 講師, 酪農学園大学
  2016年10月13日, このままで日本の食料・農業は大丈夫か?, 講師, 栗山町役場
  2016年09月17日, 農産物の流通と販売, 講師, 札幌市農業支援センター
  2016年09月10日, 6次産業化による地域おこし, 講師, 酪農学園大学
  2016年08月03日, 食料自給率向上のための北海道農業の役割, 講師, 酪農学園大学
  2016年07月18日, 日本におけるアグリビジネスの展開と現状, 講師, 滝川国際交流協会
  2016年06月22日, マーケティング, 講師, 江別市
  2016年04月21日, 北海道の稲作・畑作はTPPにどう対応するのか, 講師, 酪農学園大学
  2016年03月02日, 新たな米政策化におけるJAグループの米戦略の方向について~北海道の現状をふまえて~, 講師, JAグループ新潟
  2016年02月16日, 牛乳乳製品の市場環境とTPPについて, 講師, 別海町
  2016年01月28日, 今後の酪農情勢の展望について, 講師


教員総覧