獣医学群・獣医保健看護学類
教員 浅川満彦 アサカワ ミツヒコ
メールアドレス:askam@rakuno.ac.jp
ホームページ:

更新日 :2017/08/22

研究者基本情報

氏名

浅川満彦
アサカワ ミツヒコ

所属(マスタ)

獣医学群・獣医保健看護学類, 教員

所属・職名

獣医学群/大学院獣医学研究科
教授

学歴

 - 1985年, 北海道大学, 獣医学研究科
 - 1982年, 酪農学園大学, 酪農学部, 獣医学科

学位

獣医学修士, 酪農学園大学
博士(獣医学)
Msc in Wild Animal Health, Royal Veterinary College, Univ. London (英国)

所属学協会

日本獣医学会
日本寄生虫学会
日本哺乳類学会
日本生物地理学会
寄生虫形態分類談話会
寄生虫学会北日本支部会
世界獣医寄生虫学会
長崎県生物学会
北海道分子生物学会
ネズミ研究談話会
日本野生動物医学会
獣医寄生虫学研究会
日本線虫学会
WMOクラブ(野生動物保護管理事務所)
森林野生動物研究会
日本獣医師会
北海道獣医師会
北方自然保護研究会
野生動物保護学会
日本生態学会
野生動物救護研究会
ヒトと動物の関係学会
日本衛生動物学会
北海道自然史研究会
日本鳥学会

研究活動情報

研究分野

畜産学・獣医学, 基礎獣医学・基礎畜産学

研究キーワード

野生種・動物園水族館飼育種の蠕虫症診断,
野ネズミ類の内部寄生虫の動物地理,
獣医学における野生動物学教育,
日本産野生鳥類の寄生蠕虫の形態分類学的研究,

論文

A case report on Soboliphyme baturini (Nematoda: Dioctophymatidae) obtained from a captive cat suffered with severe diarrhea in Japan, Asakawa, M., Takeuchi, M. and Torii, Y., Nematol. Res., 47,   2017年10月, 査読有り
飼育下のカンムリシロムクLeucopsar rothschildiにおけるコクシジウム類アトキソプラズマAtoxoplasmaのオーシスト保有状況の検査, 佐藤 梓、小泉純一、水主川剛賢、大坂 豊、浅川満彦, 鳥類臨床研究会会報, (20) ,   2017年10月, 査読有り
Stress assessment using hair cortisol of kangaroos affected by the lumpy jaw disease, Sotohira, Y., Suzuki, K., Sano, T., Arai, C., Asakawa, M., Hayashi, H., J. Vet. Med. Sci., 79, 852 - 854,   2017年05月, 査読有り
Plasma Endotoxin Activity in Eastern Grey Kangaroos (Macropus giganteus) with Lumpy Jaw Disease, Sotohira, Y., Suzuki, K., Tsuchiya, M., Shimamori, T., Nishi, Y., Tsukano, K., Asakawa, M., J. Vet. Med. Sci.,   2017年10月, 査読有り
輸入サル類の潜在的な寄生虫病-特に、医学用実験動物として利用されるカニクイザル Macaca fascicularis の検疫中に斃死した事例を参考に, 浅川満彦, 外平友佳理, 岡本宗裕, エキゾチックペット研究会誌, (19) ,   2017年08月, 査読有り
動物園内に生息する野生哺乳類の寄生虫保有状況, 佐渡晃浩, 吉野智生, 生駒 忍, 藤本 智, 浅川満彦, 野生動物医誌, 22,   2017年06月, 査読有り
福島市に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生蠕虫保有状況-特に下北半島個体群との比較に注目して, 三觜 慶, 渡辺洋子,石井奈穂美,名切幸枝,羽山伸一,中西せつ子,近江俊徳,岡本宗裕,浅川満彦, 青森自然誌研究, (22) 39 - 41,   2017年05月
フグ類の眼周囲皮下寄生の線虫, 佐々木 梢・伊東隆臣・浅川満彦, MPアグロジャーナル, (29) 49 - 50,   2017年05月
アカハナグマ(Nasua nasua)から得られたハジラミ類, 近本翔太・伊藤このみ・村上翔輝・野間康平・伊東隆臣・藤田かおり・浅川満彦, NJKMay, 2017, 28 - 29,   2017年05月
釧路港内で発見された着色海鳥類剖検記録, 吉野智生・渡邊秀明・浅川満彦, 釧路市立博物館紀要, 37,   2017年05月
Characterizing the temporal patterns of avian influenza virus intrCharacterizing the temporal patterns of avian influenza virus introduction into Japan by migratory birdsoduction into Japan by migratory birds, Onuma, M., Kakogawa, M., Yanagisawa, M., Haga, A., Okano, T., Neagari, Y., Okano, T., Asakawa, M. and Goka, K. and Asakawam, J. Vet. Med. Sci., Publication] Released 2017/05/,   2017年05月, 査読有り
釧路市動物園内で救護された疥癬罹患タヌキNyctereutes procyonoidesの一例, 長濱理生子,吉野智生, 浅川満彦, 北海道獣医師会雑誌, 61, 117 - 119,   2017年04月, 査読有り
芦別市上芦別町施設内にて捕獲されたマムシ幼蛇について, 吉田圭太・浅川満彦, 芦別・星の降る里百年記念館年報, 23, 23 - 24,   2017年04月
オホーツク海沿岸で発見されたハシボソミズナギドリ(Puffinus tenuirostris)死体の剖検記録, 浅川満彦・堀上敦子・和田みどり・相澤空見子・渡邉秀明・吉野智生・岡本 実, 知床博物館研究報告, (39) 29 - 32,   2017年04月
斜里町海岸に漂着した重油付着海鳥類死体の剖検記録, 吉野智生・浅川満彦, 知床博物館研究報告, (39) 33 - 35,   2017年04月
本州に所在する動物園展示動物から得られた寄生蠕虫類, 佐藤 梓,村田浩一,池辺祐介, 外平友佳理, 浅川満彦, Current Herpetology, (13) 84 - 87,   2017年03月
Nematodes of digestive tract of domestic ruminants in Uzbekistan, Kuchboev, A. E., Oybek O. Amirov, O. O., Karimova, R. R.and Asakawa, M., Jpn. J. Vet. Parasitol., 15, 124 - 129,   2017年03月, 査読有り
Brachylaima ezohelicis sp. nov. (Trematoda: Brachylaimidae) found from the land snail Ezohelix gainesi, with a note of unidentified Brachylaima species in Hokkaido, Japan, Nakao, M., Waki, T., Sasaki, M., Anders, J. L., Koga, D., Asakawa, M., Parasitology International, 66, 240 - 249,   2017年03月, 査読有り
動物園飼育下オオサンショウウオ(Andrias japonicus)から得られたアタマビルHemiclepsis marginata (Hirudinida: Glossiphoniidae), 田中祥菜,田口勇輝,野田亜矢子,野々上範之,浅川満彦, 酪農大紀, 自然, 41, 153 - 154,   2017年03月
酪農学園大学野生動物医学センターWAMCに依頼された車輌付着の獣類体毛鑑定と示唆された野生動物交通事故に関わる問題点, 近本翔太・浅川満彦, 第16回「野生動物と交通」研究発表会発表論文集, (18) 41 - 44,   2017年02月
Species identification of Kalicephalus recorded from white snakes, the natural treasure of Iwakuni, Yamaguchi Prefecture, Japan (Nematoda: Diaphanocephalidae), Hasegawa, H. and Asakawa, M., Current Herpetology, 36, 22 - 27,   2017年02月, 査読有り
A review of the genus Syphacia (Nematoda: Oxyuridae) from murine rodents in Southeast Asia to Australia with special reference to Indonesia, Dewi, K., Hasegawa, H., Asakawa, M., Treubia, 43, 79 - 104,   2016年12月, 査読有り
動物園飼育下オオサンショウウオ(Andrias japonicus)における寄生虫学的調査, 浅川 満彦, 野生動物医誌, 21, 137 - 140,   2016年12月, 査読有り
大阪・海遊館の飼育魚類から得られた寄生虫(第3報), 城戸美紅、恩田紀代子、宮側賀美、北谷佳万、伊東隆臣、浅川満彦, 酪農大紀 自然科学, 41, 101 - 105,   2016年10月
リハビリテーションおよび終生飼育下ウミワシ類の寄生蠕虫に関しての予備的検査, 牛山喜偉、平山琢朗、角田真穂、渡邊有希子、齊藤慶輔、吉野智生、浅川満彦, エキゾチック診療, (27) 103 - 107,   2016年10月
獣毛鑑定の一例, 高木佑基、浅川満彦, 森林保護, (341) 6 - 7,   2016年09月, 査読有り
新興呼吸器病の起因吸虫Cyclocoelidae科の展示ムクドリ類における事例と予防, 金谷麻里杏、奥村ちはる、浅川満彦, 鳥類臨床研会報, (19) 13 - 15,   2016年09月, 査読有り
エゾヤチネズミに認められた帯状嚢尾虫の濃厚寄生事例, 浅川 満彦、名嘉真咲菜、土屋公幸, Animate, (13) 89 - 90,   2016年09月
ヒメネズミ肺に認められた真菌病アディアスピロミコーシス, 浅川 満彦, Animate, (13) 87 - 88,   2016年09月
道内で特用家畜・家禽として飼育されるアルパカ(Vicugna pacos)とエミュー(Dromaius novaehollandiae)の寄生虫保有状況に関する予備試験, 高野結衣、竹内萌香、立本完吾、萩原克郎、浅川満彦, 北獣会誌, 60, 427 - 429,   2016年08月, 査読有り
Muzaffar and Jones論文で扱われたウミスズメ科の病原体(解説), 高野結衣、浅川満彦, 酪農大紀 自然科学, 40, 103 - 107,   2016年06月
Plasma endotoxin activity in Eastern grey kangaroo (Macropus giganteus) with oral necrobacillosis (lumpy jaw disease) using an automated handheld testing system, Sotohira Y, Suzuki K, Sasaki K, Sano T, Tsuchiya M, Suzuki Y, Shimamori T, Tsukano K, Sato A, Yokota H, Asakawa M, J Vet Med Sci, 78, 971 - 976,   2016年06月, 査読有り
瀬戸内海の島に生息するアカネズミApodemus speciosus(齧歯目ネズミ科)の寄生蠕虫類, 浅川 満彦, 酪農大紀 自然科学, 40, 109 - 112,   2016年06月
襟裳岬産ゼニガタアザラシから見出されたEchinophthiriidae 科シラミ類の一例, 城戸美紅、水島 亮、浅川 満彦, 北獣会誌, 60, 96 - 98,   2016年06月, 査読有り
パンサーカメレオン皮下から見出されたフィラリア類(Foleyella furcata), 城戸美紅、板倉来衣人、浅川満彦, Nippon Jyuishi Kairanban, (175) 26 - 27,   2016年05月
旧日本軍用防寒外套および防寒靴に用いられた毛皮の鑑定, 垣内京香、浅川満彦, 芦別・星の降る里百年記念館年報, 22, 21 - 26,   2016年04月
北海道室蘭にて複数の死体が発見されたヒガラの剖検記録, 竹内萌香、水主川剛賢、尾崎伸雄、大沼 学、浅川満彦, 北獣会誌, 60, 144 - 146,   2016年04月, 査読有り
青森県下北半島に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生蠕虫保有状況, 渡辺洋子、三觜 慶、石井奈穂美、名切幸枝、羽山伸一、中西せつ子、近江俊徳、岡本宗裕、浅川 満彦, 青森自然誌, (21) 87 - 90,   2016年04月
都内の愛玩用ヨツユビハリネズミAtelerix albiventrisより検出されたCaparinia属ダニ類(キュウセンダニ科Psoroptidae), 田中祥菜、三輪恭嗣、浅川 満彦, 獣畜新報, 69, 443 - 445,   2016年04月, 査読有り
Parasitic nematodes obtained from marsupials reared at a semi-free ranging facility in a Japanese zoological park, Sotohira Y, Ito Y, Sano T, Hayashi H, Suzuki K, Asakawa M, Res One Health, http://hdl.handle.net/10659/4830,   2016年03月, 査読有り
北日本の動物園で飼育された爬虫類から得られたRaillietiella属舌虫類, 高木佑基、浅川満彦, 衛生動物, 67, 35 - 36,   2016年01月, 査読有り
動物園飼育哺乳類から得られた寄生虫標本に基づくその保有状況に関する回顧的調査, 佐渡晃浩、吉野智生、志村良治、浅川満彦, 北獣会誌, 60, 6 - 9,   2016年01月, 査読有り
半自然状態で飼育される有袋類の糞便による内部寄生虫保有状況の予備調査, 外平友佳理、伊藤友貴、佐野忠士、林 英明、鈴木一由、浅川満彦, 酪農大紀 自然科学, 41, 97 - 100,   2016年10月
Ticks and mites from a survey of wild birds performed by the Wild Animal Medical Center of Rakuno Gakuen University in Japan, Yoshino T, Ushiyama K, Asakawa M, J Acarol Soc Jpn, 25, (S1) 189 - 192,   2016年03月, 査読有り

書籍等出版物

野生動物との軋轢を回避するために-保全生態学的アプローチからの「餌付け問題」, 吉野智生、浅川満彦/福井大祐、浅川満彦, 分担執筆, 観光地における水鳥の窒息事故-食パンがオオハクチョウの咽喉部を塞栓/餌づけがもたらす感染症伝播-スズメの集団死の事例から, 地人書館,   2016年09月
感染症の生態学, 浅川 満彦, 共著, 防除対策(隔離、ワクチン、環境管理), 共立出版,   2016年03月
浅川満彦 (1995): タイガの妖精オナガネズミ., 丸善ブックス『いま、野生動物たちは』丸善、東京,   1995年
鼠類に見られる寄生虫とその採集, 獣医寄生虫学検査マニュアル,文永堂,東京,   1997年
離島に生息する野ネズミの寄生線虫-特に絶滅現象に着目して., 北海道森林保全協会創立50周年記念誌「50年の歩み」,同・協会,札幌,   1998年
獣医大学における野生動物種の扱い-特に北海道における現状と展望., (北海道獣医師会五十年史編集委員会編)北海道獣医師会五十年史 北海道獣医師会,札幌,   1998年
アライグマの運ぶ疾病の項(北海道石狩支庁編), アライグマによる農業等被害防止の手引き,札幌,   1999年
陸上動物の寄生虫相,(亀谷 了・大鶴正満・林 滋生 監)『日本における寄生虫学の研究』, 目黒寄生虫館,東京,   1999年
哺乳動物の寄生虫類・内部寄生虫.(安曇村誌編纂委員会編), 安曇村誌・自然,長野,   1998年
小田深山およびその周辺に生息するコウモリ目の寄生線虫, 小田深山の自然第1巻,愛媛県小田町:983-994,   2000年
今後の移入動物について(感染症の項), (北海道空知支庁 編)アライグマをはじめとする移入動物を考えるフォーラム報告書,   2000年
寄生虫病(共著), 動物の衛生 文永堂出版,東京,   2001年
野生動物の衛生(共著), 動物の衛生 文永堂出版,東京,   2001年
Asakawa, M., Suzuki, Y., Kimoto, Y. and M. T. FOX (2001). Parasitic nematodes of pet tortoises in Japan: clinical and ecological view points., In: (Innis, C. and Willette, M. M. Eds.) Proceedings of Association of Reptilian and Amphibian Veterinarians 8th annual Conference: Joint Conference with the American Association of Zoo Veterinarians, September 19-23, 2001, Florida, USA:,   2001年
浅川満彦(2002).輸入ペットの寄生蠕虫類-宿主-寄生体関係の均衡を乱すエイリアン (村上興正・鷲谷いづみ, 編)外来種ハンドブック、地人書館、東京,   2002年
Hasegawa, H. and Asakawa, M. 2003?. Parasitic helminth fauna of terrestrial vertebrates in Japan., In: (Otsuru, M., Kamegai, S. and Hayashi, S.eds.)Progress of Medical Parasitology in Japan, Vol. 7, Meguro Parasitological Museum, Tokyo
浅川満彦.2001.解説:キタキツネとエキノコックス,(鎌田信一・清水晃・永幡肇 編)動物の衛生, 文永堂出版,   2001年
浅川満彦.2002.北海道宮島沼におけるマレック病感染マガン.(ラムサールシンポジウム新潟実行委員会 編)第2回ラムサールシンポジウム新潟, 第2回ラムサールシンポジウム新潟、新潟市環境対策課,   2002年
  1996年
  2000年
  2000年
  2000年
  2000年
  2000年
  2000年
  2001年

講演・口頭発表等

獣医の卵たちによる勉強会-爬虫類・哺乳類を知ろう(前後編), 浅川満彦, ゼミ生, 酪農学園大学EXセンター主催市民公開講座,   2016年12月03日
静岡県内の小学校で飼育されていた淡水カメ類から得られた寄生虫, 吉田圭太,加藤英明,浅川満彦, 第14回爬虫類・両生類の臨床と病理のための研究会ワークショップ,   2016年11月29日
野生動物医学分野で活躍する獣医師とは, 浅川 満彦, 酪農学園大学EXセンター主催市民公開講座,   2016年11月20日
無ファスミッド亜綱の獣医寄生虫病学教育における現状と課題-ネコのソボリフィーメ症(仮称)に遭遇して, 浅川 満彦, 第10回蠕虫研究会,   2016年11月18日
Wild animal medical short course fo students of Kasesart University, Thailand, Asakawa, M., his students, Advanced Hygiene and Environmental Sciences, Collaboration of Veterinary Education between Japan and Thailand (Sekai-Tenkai-Ryoku),   2016年10月31日
生物地理と病原体疫学:そのモデルとしての島におけるアカネズミApodemus speciosusとその寄生線虫の宿主-寄生体関係, 浅川 満彦, 生物群横断系統地理ワークショップ,   2016年10月29日
下北半島のニホンザルにおけるE型肝炎ウイルス感染の疫学調査, 川村卓史, 立本完吾, 石井奈穂美, 名切幸枝, 羽山伸一, 中西せつ子, 近江俊徳, 浅川満彦, 萩原克郎, 第64回日本ウイルス学会学術集会,   2016年10月23日
獣医さんと野生動物の好ましい関係とは?, 浅川 満彦, 酪農学園大学入試部主催サタセミ,   2016年10月22日
Parasitic nematodes obtained from marsupials reared at a semi-free ranging facility in a Japanese zoological park, Sotohira, Y., Ito, Y., Sano, T., Hayashi, H., Suzuki, K., Asakawa, M., 9th Asian Meeting on Zoo and Wildlife Medicine/Conservation,   2016年10月22日
Molecular surveillance of avian influenza virus, using waterfowl fecal samples collected between 2008 and 2015 in Japan, Onuma, M., Kakogawa, M., Asakawa, M., 9th Asian Meeting on Zoo and Wildlife Medicine/Conservation,   2016年10月22日
外来種および家庭動物のハリネズミ類から検出された外部寄生虫, 浅川 満彦, 第62回日本寄生虫学会・日本衛生動物学会北日本支部合同大会,   2016年10月15日
Cyclocoelidae科吸虫寄生による呼吸器疾患, 金谷麻里杏, 浅川満彦, 鳥類臨床研究会第20回大会,   2016年10月09日
地域における野生動物と感染症について, 浅川 満彦, 大麻地区自治連合会連絡協議会主催役員研修会,   2016年09月30日
東日本大震災被災地・宮城県石巻で捕獲されたネズミ類, 浅川 満彦, 日本哺乳類学会2016年度大会,   2016年09月23日
ロンドン動物園で学び、酪農学園大学で教える野生動物医学, 浅川 満彦, 日本野生動物医学会国際交流・アジア保全医学会委員会主催シンポジウム:グローバルな人材育成の進め方の招待・特別講演,   2016年09月16日
自由集会・研究する動物園9コーデイネーター, 佐々木基樹, 遠藤秀紀, 浅川満彦, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年09月16日
酪農学園大学公認学生サークル野生動物生態研究会と同大野生動物医学センターとの連携で鳥類を対象にした研究概要, 浅川満彦, 石黒佑紀, 日本鳥学会2016年度大会,   2016年09月16日
飼育下ワオキツネザルにみられた条虫寄生の一例, 佐藤伸高,中村亮平,池谷優子,林 豊枝,金谷麻里杏,浅川満彦,藤本彩子,坂東 元, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年09月16日
北海道内で特用家畜として飼育されるアルパカとエミューの寄生蠕虫類保有状況と駆虫に関する予備試験, 高野結衣,竹内萌香, 立本完吾, 萩原克郎,浅川満彦, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年09月16日
たとえばSoboliphyme属線虫が新興動物疾病の病原体として正しく認識されるのであろうか?-野生動物を介在とした多様な寄生虫病と対峙するために予め知っておくべきタクサとは, 浅川 満彦, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年09月16日
飼育下エボシドリ科鳥類に認められた血液寄生原虫, 水主川剛賢,小野文菜, 浅川満彦,佐藤 雪太, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年09月16日
静岡県内の小学校で飼育されていた淡水カメ類から得られた寄生虫, 吉田圭太,加藤英明,浅川満彦, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年09月16日
新興呼吸器寄生虫病の病原体Cyclocoelidae科吸虫-展示ムクドリ類から見出された事例と当該科に関する基本情報, 金谷麻里杏, 奥村ちはる, 浅川満彦, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年09月16日
静岡県内で外来種として定着したアムールハリネズミErinaceus amurensisから得られた内外寄生虫, 竹内萌香, 加藤英明, 浅川満彦, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年09月16日
東日本大震災後に東北地方で捕獲されたアカネズミ蠕虫相, 垣内京香, 岡野 司, 石庭寛子, 進藤順次, 横畑泰志, 玉置雅紀, 浅川満彦, 大沼 学, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年09月16日
Echinophthiriidae科シラミ類の日本新記録および海獣類と同科シラミ類とで形成された宿主-寄生体関係の生態学的な一論考, 城戸美紅, 水島 亮, 浅川満彦, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年09月16日
WAMC-SSC, 浅川満彦・WAMC/SSC開催委員会, 日本野生動物医学会主催SSC,   2016年09月15日
飼育ネコのSoboliphyme属寄生事例と無ファスミッド亜綱に関する教育上の問題点, 浅川 満彦, 2016年度日本線虫学会東京大会,   2016年09月14日
消化器症状を呈したイエネコにおける線虫Soboliphyme baturiniの寄生事例, 竹内萌香, 鳥居善和, 浅川満彦, 第159回日本獣医学会学術集会,   2016年09月06日
エゾシカにおけるE型肝炎ウイルス感染の疫学調査, 萩原克郎, 高橋万世, 森ゆうこ, 岡本 実, 浅川満彦, 第159回日本獣医学会学術集会,   2016年09月06日
ネコのソボリフィーメ症(仮称)について, 浅川満彦, 獣医臨床寄生虫学研究会例会,   2016年09月04日
2016年における酪農学園大学野生動物医学センターWAMCの研究概要, 浅川満彦, 横田 博, 第67回北海道獣医師大会・北海道地区学会,   2016年09月02日
Lumpy Jaw Disease(LJD)罹患カンガルーにおける被毛中コルチゾールを用いたストレス評価, 荒井千種, 林 英明, 外平友佳理, 佐野忠士, 鈴木一由, 浅川満彦, 第67回北海道獣医師大会・平成28年度北海道地区学会,   2016年09月02日
獣医さんと野生動物の好ましい関係とは?, 浅川 満彦, 全国入試説明会,   2016年08月28日
国外学生を対象にした野生動物医学研修と日本人学生への波及効果, 浅川 満彦, 第66回東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会,   2016年08月25日
獣医師はいかにして野生動物を救うのか, 浅川 満彦, 帯広農業高等学校出張セミナー,   2016年08月13日
「ミクロ戦士」ナイトハイク, 浅川 満彦, (独)日本学術振興会ひらめき☆ときめきサイエンス事業,   2016年08月09日
獣医の卵達と一緒に、野生動物保護とその病気の関係について考えよう!, 浅川満彦, ゼミ生, (独)日本学術振興会ひらめき☆ときめきサイエンス事業,   2016年08月03日
アザラシに寄生するシラミ類Echinophthiriidae科の種と生態, 城戸美紅, 浅川満彦, 第27回日本セトロジー研究会大会,   2016年06月25日
東北地方のニホンザル(Macaca fuscata)におけるボルナ病ウイルス抗体保有状況, 立本完吾, 川村卓史, 石井奈穂美, 名切幸枝, 羽山伸一, 中西せつ子, 近江俊徳, 浅川満彦, 萩原克郎, 第22回日本野生動物医学会大会,   2016年06月16日
野生動物医学入門研修(野生動物医学と地域貢献-WAMCが果たした役割をモデル事例として), 浅川満彦, ゼミ生, とわの森三愛高等学校獣医進学コース1年・課外授業,   2016年06月11日
獣医学における研究とは, 浅川 満彦, とわの森三愛高等学校獣医進学コース1年感染/病理学分野長講話,   2016年06月07日
爬虫類・鳥類を知ろう(全7回), 浅川満彦, ゼミ生, WAMC主催獣医の卵たちによる勉強会,   2016年06月06日
獣医さんと野生動物の好ましい関係とは?, 浅川 満彦, 全国獣医系大学フェア,   2016年06月05日
救護実習・遺体を使って保定・経口投与、接骨術、計測の実習, 浅川 満彦, 野生動物リハビリテーター協会初級認定講座,   2016年05月29日
獣医さんと野生動物の好ましい関係とは?, 浅川 満彦, 酪農学園大学入試部主催サタセミ,   2016年05月28日
野生動物医学入門研修(スライド座学、吹き矢デモ、野外踏査実習), 浅川満彦, そのゼミ生, とわの森三愛高等学校獣医進学コース3年・プレゼミ,   2016年05月26日
札幌市豊平公園におけるカラスのフンに関する危険性の啓発, 浅川 満彦, 札幌市豊平公園管理事務所啓発活動,   2016年05月01日
北海道産ゼニガタアザラシPhoca vitulinaのEchinophthiriidae科のシラミ類について, 城戸美紅, 水島 亮, 浅川満彦, 第68回日本衛生動物学会大会,   2016年04月15日
アザラシの疾病-特に,最近見出された寄生虫病について, 浅川 満彦, 第71回日本生物地理学会年次大会,   2016年04月07日
最近経験した野鳥大量死の剖検事例から-特に, 長野県産イワツバメと北海道産ヒガラの事例を中心に, 竹内萌香, 水主川剛賢, 大沼 学, 岡本 実, 浅川満彦, 北海道鳥類学セミナー2016年大会,   2016年03月26日
とわの森三愛高等学校獣医進学コースにおける野生動物医学入門, 浅川 満彦, 酪農学園大学共通教育開発室主催学会・研究会等参加報告会,   2016年03月22日
飼育稀少ウミワシ類から見出された寄生蠕虫, 牛山喜偉, 平山琢郎, 角田真穂, 渡邊有希子, 齊藤慶輔, 吉野智生, 浅川満彦, 第85回日本寄生虫学会大会,   2016年03月19日
高等学校における野生動物医学入門の学びについて, 浅川 満彦, 北海道環境教育研究会研究成果発表会,   2016年03月06日
アザラシの寄生虫病-特に,シラミとこれを媒介する線虫について, 浅川 満彦, 第29回北海道水生昆虫研究会,   2016年03月05日
ウミガメ血液の多元素同時定性定量(PIXE)法による生体/海洋保全評価, 小西奈々子, 森本康世, 能田 淳, 浅川満彦, 横田 博, 世良耕一郎, 鈴木一由, 第22回NMCC共同利用研究成果発表会,   2016年03月01日
酪農学園大学野生動物医学センターWAMCを拠点にした私立大学戦略的研究拠点形成支援事業(2013年~2015年)中間報告, 浅川 満彦, 平成27年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会,   2016年02月26日
ワオキツネザルの条虫症の一例, 佐藤伸高,中村亮平,池谷優子,林 豊枝,金谷麻里杏,浅川満彦,坂東 元, 第22回動物園水族館獣医師臨床研究会,   2016年02月13日
アザラシ類から, 最近,見出された寄生虫病-海洋環境との変化に関係があるのだろうか, 浅川 満彦, 日本生態学会北海道地区会,   2016年02月09日
オオサンショウウオの寄生虫病, 浅川 満彦, 第2回オオサンショウウオ共同研究シンポジウム-オオサンショウウオの今とこれから,   2016年01月24日

作品

北海道内各地における両生・ハ虫類および哺乳類の分布・生息に関する調査研究.,   1987年
中国新疆ウイグル自治区におけるLeishmania症と野生哺乳類調査,   1998年 - 2000年
中央シベリアにおける野生哺乳類と寄生虫,   1995年
ネパールと日本の野生小哺乳類と寄生虫の宿主-寄生体関係
野生動物(鳥類・哺乳類)の感染症,   2001年
  1987年
  1998年 - 2000年
  1995年
  2001年

MISC

書籍紹介『最新 家畜衛生ハンドブック』, 高野結衣・浅川満彦, Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会ニュースレター), (43) 28 - 29,   2016年12月
書籍紹介『動物飼養学』/『動物の栄養第2版』, 疋田知奈都・浅川満彦, Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会ニュースレター), (42) 15 - 16,   2016年12月
書籍紹介『新編 家畜生理学』, 浅川 満彦, Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会ニュースレター), (42) 16 - 17,   2016年12月
2016年度酪農学園大学野生動物医学センターにおける日本野生動物医学会主催SSC(Student Seminar Course)の実施報告, 浅川 満彦, Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会ニュースレター), (43) 9 - 15,   2016年12月
酪農学園大学公認学生サークル野生動物生態研究会との連携による野生動物医学研究の概要, 浅川 満彦, 酪農大紀 自然科学, 41,   2016年10月
獣医さんと野生動物の好ましい関係とは?, 浅川 満彦, Animate, (13) 4 - 9,   2016年09月
書籍紹介『増補版野生動物管理-理論と技術』, 浅川 満彦, 獣畜新報, 69,   2016年07月
書評「線虫の研究とノーベル賞への道」, 浅川 満彦, 線虫学会ニュース, (67) 5 - 6,   2016年07月
書籍紹介『ダニのはなし』, 浅川 満彦, Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会ニュースレター), (43) 30 - 31,   2016年06月
書籍紹介『外来魚のレシピ-捕って、さばいて、食ってみた』/『深海魚のレシピ-釣って、拾って、食ってみた』, 浅川 満彦, ズー・アンド・ワイルドライフニュース(日本野生動物医学会ニュースレター), (42) 18 - 18,   2016年06月
附属高校内に設置された「獣医進学コース」での野生動物医学の初歩に関する授業事例, 浅川 満彦, 第65回東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会研究集録,山形大学,   2016年05月
酪農学園大学獣医学類卒業者の就職動向とその対応, 浅川 満彦, 獣医学振興, (5) 37 - 40,   2016年05月
『フンコロガシ先生の京都昆虫記』, 浅川 満彦, Field Note, (132) 10 - 11,   2016年04月
巻頭言『生物科学』の書評欄-原稿用紙四枚の格闘技, 浅川 満彦, 生物科学, 67,   2016年04月
書評「ウイルス・細菌・真菌図鑑①~③」, 浅川 満彦, 獣畜新報, 69,   2016年04月
酪農学園大学野生動物医学センターWAMCが関わった北海道根釧地方における研究活動概要, 浅川 満彦, 釧路博紀, (36) 35 - 40,   2016年04月
書評『形態学 形づくりにみる動物進化のシナリオ』, 浅川 満彦, 生物科学, 68,   2016年03月
書評『ゲノムに書いてないこと』, 浅川 満彦, 生物科学, 68,   2016年03月
書評『センス・オブ・ワンダーへのまなざし-レイチェル・カーソンの感性』, 浅川 満彦, 生物科学, 68,   2016年03月
2015年における酪農学園大学野生動物医学センターWAMCの活動報告 (2), 浅川 満彦, 北獣会誌, 60,   2016年03月
書評「猛毒生物大図鑑」, 浅川 満彦, 獣畜新報, 69,   2016年02月
2015年における酪農学園大学野生動物医学センターWAMCの活動報告 (1), 浅川 満彦, 北獣会誌, 60,   2016年02月
書評『スター生物学』, 浅川 満彦, 生物科学, 67,   2016年01月
書評『イルカの認知科学-異種間コミュニケーションへの挑戦』, 浅川 満彦, 生物科学, 67,   2016年01月
書評『生命起源論の科学哲学ー創発か、還元的説明か』, 浅川 満彦, 生物科学, 67,   2016年01月
書評『日本のタカ学-生態と保全』, 浅川 満彦, 生物科学, 67,   2016年01月
日本列島産野ネズミ類に見られる寄生線虫相の生物地理学的研究一特にヘリグモソームム科線虫の由来と変還に着目して, 酪農学園大学紀要 自然科学, 19,   1995年
日本に分布する野ネズミ類の内部寄生ぜん虫相., 哺乳類科学, 29,   1989年
日本産ビロードネズミ属の内部寄生虫相とその動物地理学的研究の方向性, 日本生物地理学会々報, 44,   1989年
対馬・壱岐産アカネズミ類の内部寄生蠕虫相, 日本生物地理学会々報, 46,   1991年
四国地方に産する野ネズミ類の寄生蠕虫相とその特色, 徳島県立博物館研究報告, 2,   1992年
台湾南投県産キクチハタネズミから得られたヘリグモソームム科線虫Heligmosomoides sp., 日本生物地理学会々報, 45,   1990年
琉球列島を含む日本産ネズミのギョウチュウ類とその由来, 沖縄生物学会誌, 29,1-9,   1991年
ハタネズミの内部寄生虫相について., 日本生物地理学会会報, 43,19-23,   1988年
中国瀋陽産ネズミ類に見られた寄生蠕虫相(予報)., 酪農学園大学紀要,自然科学, 14, (2) 135 - 146,   1990年
ヒメネズミから見出された昆虫寄生性桿線虫類Diplogasteridae gen.sp.(Rhabditoidea)の記録., 酪農学園大学紀要,自然科学, 15, (1-2) 153 - 158,   1990年
1990年6月から9月にかけて行った北海道の島での小哺乳類採集の記録., 森林保護, 224,26-28,   1991年
内部寄生虫による示唆されたコノハズクの食性に関する一知見., ワイルドライフ・レポート, 13,8-14,   1991年
洞爺湖中島産ヒメネズミに見られた条虫科幼虫armathyridiumの形態学的検討., 酪農学園大学紀要,自然科学, 16,9-13,   1991年
北海道サロマ湖の砂州部に生息する小哺乳類の寄生蠕虫相., 酪農学園大学紀要,自然科学, 17,9-16,   1992年
石川県能登島に分布する野ネズミ類の内部寄生虫類に関する調査., 酪農学園大学紀要,自然科学, 17,75-79,   1992年
大滝村村営牧場の両生・爬虫類と哺乳類., ワイルドライフ・レポート, 14,2-16,   1992年
北海道利尻島産齧歯類に寄生する線虫類., 国立科学博物館専報, 25,105-110,   1992年
佐渡島産野ネズミ類の内部寄生線虫類., 寄生虫学雑誌, 41,527-530,   1992年
中華人民共和国東部におけるヘリグモソームム科線虫┣DBHeligmosomoides(/)-┫DB ┣DBneopolygyrus(/)-┫DBの分布., 日本生物地理学会会報, 48,49-52,   1993年
北海道根室半島および野付崎産齧歯類の内部寄生蠕虫, 国立科学博物館専報, 26,75-82,   1993年
サハリン産モリレミングから検出されたヘリグモソームム科線虫┣DBHeligmosomum(/)-┫DB(┣DBParaheligmosomum(/)-┫DB)sp.の記録., 酪農学園大学紀要,自然科学編, 18, (1-2) 1 - 4,   1993年
1993年3月から4月における隠岐諸島での小哺乳類の採集の記録., 森林保護, 236,28-30,   1993年
本州中央部に産するアカネズミ類の寄生蠕虫相., 市立大町山岳博物館研究報告, 43,1-19,   1993年
本州西部および九州産アカネズミ属2種の寄生蠕虫相., 大阪市立自然史博物館研究報告, 47,25-35,   1993年
サハリン産モリレミングから検出されたヘリグモソームム科線虫Heligmosomum(Paraheligmosomum)sp.の記録., 酪農学園大学紀要,自然科学,, 18,   1993年
北海道根室半島および野付崎産齧歯類の内部寄生蠕虫類., 国立科学博物館専報, (26) 75 - 82,   1993年
中華人民共和国東部におけるヘリグモソームム科線虫Heligmosomoides neopolygyrusの分布, 日本生物地理学会会報, 48, (2) 49 - 52,   1993年
日本産野ネズミ類の寄生線虫ーそのルーツを探る., 山と博物館,, 39, (9) 2 - 4,   1994年
タイガの妖精ーオナガネズミ., 毎日新聞・日曜くらぶ,1994年12月11日発行, 6,   1994年
アルタイに暮らす一牛飼い., 酪農学園後援会・身土不二,   1995年
北海道南部および本州北部産野ネズミ類の寄生線虫相., 日本生物地理学会会報,, 49, (1) 51 - 59,   1994年
夏期放牧経過牛の線虫感染状況と駆虫の効果., 獣医畜産新報, 46, (8) 634 - 637,   1993年
日本列島産野ネズミ類に見られる寄生線虫相の生物地理学的研究ー特にヘリグモソームム科線虫の由来と変遷に着目して., 酪農学園大学紀要,自然科学, 19, (2) 285 - 379,   1995年
ロシア中央部シベリアで採集された食虫類6種および齧歯類6種におけるスクラーゼ活性の検索., 名古屋大学環境医学研究所年報, 46,   1995年
シベリア野ネズミ紀行., ふるさとの自然, (55) 19 - 23,   1995年
ヤマネマウス属におけるニッポ ストロンギルス属線虫, 酪農学園大学紀要,自然科学,, 20,   1995年
野ネズミの寄生虫探訪記ー1993年夏、中国・極東ロシア編., ワイルドライフ・レポート,   1995年
日本列島の離島産アカネズミの寄生線虫相調査ー途中経過と要望., 長崎県生物学会誌, (45) 54 - 57,   1995年
浅川満彦 (1995): 今、寄生虫が旬です., くらしのサイエンス., 21,   1995年
浅川満彦 ・森田千春 (1995):野幌原始林にもエキノコックスがいる., ふるさとの自然, 56,   1995年
浅川満彦 (1995): 今、寄生虫が旬です., ふるさとの自然, 56,   1995年
浅川満彦 (1995): 国後島およびサハリン産野ネズミ類の寄生線虫相の生物地理学的検討, 秋山記念生命科学振興財団研究成果報告集, 7,   1995年
浅川満彦 (1996):「第1回野生動物救護技術講座」に参加して, 北海道獣医師会誌, 40,   1996年
浅川満彦 (1996): 屋久島および種子島における野ネズミ採集記録., 森林保護, 253,   1996年
浅川満彦 (1996): 「第1回野生動物救護技術講座」に参加して, ふるさとの自然, 57,   1996年
牛舎近辺に出没する野生動物が引き起こす諸問題, 酪農ジャーナル, 582,   1996年
寄生虫を全地球的視野と歴史的視野で眺めよう, 生物科学, 48,   1996年
江別市産ドブネズミRattus norvegicusから検出されたネコジョウチュウTaenia taeniaeformisの異常型幼虫の報告, 酪農学園大学紀要,自然科学, 21, (2) 171 - 172,   1997年
日本列島産野ネズミ類の寄生線虫の生物地理, 北海道獣医師会誌, 40,   1996年
獣医学の教育現場で野生動物(学)をどのように扱えばよいか?, 日本野生動物医学会, (3) 2 - 4,   1996年
酪農学園大学獣医学科における野生動物関連の卒業論文の紹介, 日本野生動物医学会, (3) 14 - 15,   1996年
夏休みの「野生動物医学」の宿題, 日本野生動物医学会,   1996年
牛舎近辺に出没する野生動物が引き起こす諸問題, ふるさとの自然, (58) 11 - 15,   1996年
琉球諸島の踏査レポート, ふるさとの自然, (58) 16 - 20,   1996年
獣医大学で野生動物を教育の対象とするための試み, 日本獣医師会雑誌, 50, (1) 63 - 65,   1997年
日本産陸上哺乳類の寄生線虫相の研究-その生物地理学的アプローチ, 獣医畜産新報, 50,   1997年
日本列島に生息する野ネズミ類から検出された寄生線虫の生物地理学, 日本野生動物医学会誌, 2,   1997年
北海道の研究機関・団体が実施する野生動物調査・実習への酪農大獣医学部学生の参加状況, 日本野生動物医学会, (4) 9 - 11,   1997年
野ネズミの寄生虫の生物地理, 森林野生動物研究会誌,   1997年
日本列島産野ネズミ類の寄生線虫類-その宿主、生活史および地理的分布, 日本線虫学会誌, 27,   1997年
朝鮮半島および日本列島に産するネズミ亜科とハタネズミ亜科に寄生するヘリグモソームム科線虫-その分類と生物地理, 長崎県生物学会誌, (48) 74 - 78,   1997年
宮城県金華山島で採集されたヒメネズミApodemus argenteus(ネズミ科:齧歯目)の寄生蠕虫類, 酪農学園大学紀要,自然科学, 22,   1997年
野ネズミと奇生線虫の自然史., 草食実験動物, (22) 1 - 12,   1998年
文化としての獣医学., 日本獣医師会雑誌, 50,   1997年
酪農学園大学獣医学科卒業生の動物園、水族館あるいは野生動物関連の進路., 日本野生動物医学会,   1997年
獣医大学で野生動物を教育の対象とするための試み., ふるさとの自然, (60) 19 - 22,   1997年
北海道当別町で有害駆除された野生タヌキにおけるセンコウヒゼンダニの重度感染例., 北海道獣医誌会誌, 42,   1998年
「小中学生のための野生動物教室」開催報告., 12,   1998年
酪農学園大学における野生動物学教育の試み., 野生動物救護研究会フォーラム'96・'97報告集,エコ・ネットワーク,札幌,   1998年
日本産野鳥類の内部奇生虫-特に最近検出された内部奇生虫を中心に., 野生動物救護研究会フォーラム'96・'97報告集,エコ・ネットワーク,札幌,   1998年
公開野生動物教室-小中学生に対する野生動物関連の啓蒙教育の事例と必要性., 日本獣医師会雑誌, 51,   1998年
獣医学を文化として位置づけるには., 秋山財団10周年記念誌,秋山記念生命科学財団,札幌,   1998年
農学教育を語る会., ふるさとの自然, (61) 14 - 15,   1998年
日本列島産ヤチネズミ類と寄生線虫類との宿主-寄生体関係成立に関しての一考察., 哺乳類科学, 38,   1998年
「傷ついた野生鳥獣を救護する」とはどのような意味があるのか., くらしのサイエンス, (24) 119 - 123,   1998年
北海道江別市内のペットショップで市販されていたカメ類の寄生線虫類., 日本野生動物医学会誌, 3,   1998年
北海道におけるタヌキのセンコウヒゼンダニの重度感染例とその公衆衛生学的意義, 野生動物救護研究会フォーラム'98報告集,エコ・ネットワーク,札幌,   1998年
第126回獣医学会ワークショップ「獣医学教育における野生動物」開催報告, 獣医畜産新報, 52,   1999年
第4回大会開催される(日本野生動物医学会), 7,   1998年
酪農学園大学における野生動物学教育の試み.(「農学教育を語る会」), 第15回全国集会報告集,宮崎,   1998年
利尻島および礼文島で発見された鳥類の内部寄生蠕虫類(予報), 利尻研究, 18,   1999年
北海道産アライグマの寄生蠕学虫類, 酪農学園大学野生動物生態研究会.日本野生動物医学会誌, 4, (2) 101 - 103,   1999年
欧米哺乳類会議への参加報告-特に疾病と寄生体に関連したセッションについて.(日本野生動物医学会), 8,   1999年
北海道のアライグマから検出された蛔虫の5.8 SrDNA およびITS-2rDNAの塩基配列の決定による寄生虫種の同定, 道衛研所報, (49),   1999年
野生動物(医)学教育担当教員の配置について, 日本野生動物医学会, (9),   1999年
新彊ウイグルにおける野生齧歯類調査, 日本野生動物医学会, 10,   1999年
北海道野幌森林公園を中心に生息する移入種アライグマの寄生蠕虫類ほか病原生物とその伝播に関わる食性-その調査の進捗状況と今後の方向性, 酪農学園大学紀要,自然科学 25, (1),   2000年
野幌森林公園で発見されたコテングコウモリと考えられる幼獣について, 森林保護, (278),   2000年
道内ダチョウ牧場での寄生虫学的予備調査ならびに走鳥類の寄生虫について, 北海道獣医師会誌, 44,   2000年
最近経験したコアラ、ウシおよびカイウサギの外部寄生虫について, 北海道獣医師会誌, 44,   2000年
クッチャロ湖で死亡したコハクチウの住血吸虫科吸虫(共著), 北海道獣医師会誌, 44,   2000年
有袋目と貧歯目を中心とするペット用輸入哺乳類の寄生蠕虫類保有状況(共著), 野生動物医学会誌, 5, (2) 157 - 162,   2000年
札幌市内のペットショップで販売されていたヌマガメ科など5科のカメ類における寄生蠕虫類調査-特にSerpinema属線虫の分布について(共著), 野生動物医学会誌, 5, (2) 163 - 170,   2000年
野幌森林公園におけるコウモリの関連情報, 森林保護,   2001年
紀伊大島、日間賀島および篠島の野ネズミ類調査について, 森林保護, 279, 39-40,   2000年
吸虫類Leucochloridium属寄生のオカモノアラガイについて(共著), 北海道獣医師会誌, 44,   2000年
野生アライグマの病原生物, 北海道獣医師会誌, 44,   2000年
国後島植古丹で採集された野ネズミ類の寄生蠕虫類(共著), 根室市博物館開設準備室紀要, 15,   2001年
解説:キタキツネとエキノコックス(共著), 動物の衛生 文永堂出版,東京,   2001年
ロンドン動物園Web of Lifeにおける生物多様性に関して展示-その事例報告と特色, 酪農学園大学紀要, 26, 7-21,   2001年
厚岸湖周辺の湿原における野ネズミ類の寄生蠕虫相, 酪農学園大学紀要,自然科学, 26, 1-6,   2001年
ロンドン動物園からの留学報告, 日本野生動物医学会, 12, 7-10,   2001年
英国王立獣医学校およびロンドン動物園による野生動物医学コースの概要と参加者の印象について(共著), 獣医畜産新報, 54, 7-10,   2001年
Hasegawa, H., Murata, K. and Asakawa, M. (2002): Enterobius (Colobenterobius) pygathrichus sp. n. (Nematoda: Oxyuridqae) colloected from a golden monkey, Pygathrix roxellana (Milne-Edwards, 1870) (Primates: Cercopithcidae: Colobinae)., Comparatibe Parasitology, 69: 62-65,   2002年
浅川満彦(2001).「生物多様性」を展示する-ロンドン動物園における例, Zoo and Wildlife News (日本野生動物医学会), (13): 30-32,   2001年
浅川満彦(2001).ロンドン動物園で、ネズミの線虫に遭遇する, 北海道獣医師会誌, 45: 370-371,   2001年
浅川満彦(2001).移入種タイワンリスの寄生虫調査, リスとムササビ, (9): 18-19,   2001年
Hagiwara, K., Asaakawa, M. Kiao, L., Jiang., Yan, S., Chai, J. J., Oku, Y., Ikuta, K. and Ito, M., 2001. Seroprevalence of Borna disease virus in domestic animals in Xinjiang, China., Vet. Microbiol., 80: 383-389,   2001年
酪農大野生動物医学グループ・富川 徹・大橋和彦・小沼 操(2001).北海道宮島沼におけるマレック病感染マガン, Zoo and Wildlife News (日本野生動物医学会), (13): 23-29,   2001年
浅川満彦(2002).米国フロリダにて開催された動物園動物および野生動物関連獣医師会合同大会, 獣医畜産新報, 55: 105-108,   2002年
浅川満彦(2002).書評「野生動物の研究と管理技術」, 獣医畜産新報, 55: 109-110,   2002年
的場洋平・淺野玄・増渕寿子・浅川満彦(2002):外来種アライグマ(Procyon lotor)からのコクシジウム類Eimeria属およびIsospora属の初確認とトキソプラズマ抗体の保有状況, 野生動物医学会誌, 7(1): 87-90,   2002年
坪田敏男・和秀雄・羽山伸一・大泰司紀之・甲斐知恵子・柵木利昭・島田章則・大西義博・浅川満彦・酒井健夫(2000):日本における野生動物医学教育の確立に向けての提言, 野生動物医学会誌, 5(2): ろ-ほ,   2000年
的場洋平・横山祐子・里吉亜也子・浅川満彦. 2002. 野幌森林公園産野生タヌキにおける疥癬の初症例報, 野幌研究, (1): 17-20,   2002年
Oku, Y., Wei, J., Chai, J.-J., Osman, I., Wei, J., Liao, L.-f., Asakawa, M., Hagiwara, K., Kobayashi, K. and Ito, M.2002. Meriones meridianus and Lagurus lagurus as alternative definitive hosts of Echoinococcus multilocularis and E. granulosus., Exp. Anim.,, 51: 27-32,   2002年
浅川満彦.2002.野生森林公園における寄生虫相の研究-エゾアカガエル編, 野幌研究, (1): 31-36,   2002年
浅川満彦.2002.野生マガンからのマレック病腫瘍病変発見が意味するもの, 森林保護, (286): 9-11,   2002年
浅川満彦.2002.野生小哺乳類の内部寄生蠕虫相を野生動物医学教育で応用する-酪農学園大に隣接した野幌森林公園をフィールドにした事例, フィールドノート, (74): 3-9,   2002年
浅川満彦.2002.渡り鳥の感染症-マレック病感染マガン発見を機に考える, 日本獣医師会雑誌, 55: 264-265,   2002年
浅川満彦.2002.応用動物学と獣医学との連繋による専門職大学院構想-英国野生動物医学MScコースを一例にして, 畜産の研究, 56: 779-784,   2002年
浅川満彦.2002.シンポジウム「動物園の生物学:動物園動物を研究対象にするためには」に参加して, Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会), (14): 9-11,   2002年
浅川満彦.2002.野幌の杜でも野生動物の疥癬、発見される, 森林保護, (287): 22-23,   2002年
浅川満彦(2002).酪農学園大学獣医学部で登録された獣医鳥類学標本(第1報), 酪農学園大学紀要、自然科学, 27, 印刷中
Asakawa, M., Tenora. F. and Koubkova, B. 2002. Arostrilepis horrida (Linstow, 1901)(Cestoda, Hymenolepididae) from Eothenomys spp.(Rodentia) in Japan., Biogeography, 4: 51-55,   2002年
Asakawa, M., Nakamura, S. and Brazil, M. A. 2002. An overview of infectious and parasitic diseases in relation to the conservation biology of the Japanese avifauna., Journal of Yamashina Institute for Ornithology, 34, in press
Hasegawa, H. and Asakawa, M. 2003. Parastic helminth fauna of terrestrial vertebrates in Japan. In: (Otsuru, M., Kamegai, S. and Hayashi, S. eds.) Progress of Medical Parasitology in Japan, Meguro Parasitological Museum, 7,   2003年
的場洋平・坂田金正・湯川満彦.2002.新潟佐渡島産タヌキの内部寄生蠕虫相., 日本生物地理学会報, 57 : 31-36,   2002年
湯川満彦.2003.ロシア・カムチャツカ半島におけるガン類の野生動物医学調査-生態学と獣医学の接点の一事例として., JVM,, 56 : 62-67,   2003年
湯川満彦.2002.第8回国際会議「齧歯類とその生息域」-会議に参加して., Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会), (15): 18-20,   2002年
浅川満彦.2002.Okinawa Shame., Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会), 15: 21-22,   2002年
浅川満彦.2002.愛知学院大学歯学資料展示室の紹介., Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会), (15): 22-23,   2002年
浅川満彦.2003.書評「外来種ハンドブック」., Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会), (15) : 49,   2003年
浅川満彦・中村茂.2003.酪農学園大学獣医学部にある野生鳥類標本カタログ刊行される., ふるさとの自然, (69): 10-19,   2003年
松立大史・三好康子・田村典子・村田浩一・丸山総一・木村順平・野上貞雄・前田喜四雄・福本幸夫・赤迫良一・浅川満彦(2003)我が国に定着した外来齧歯類(タイワンリスCallosciurus erythraeusおよびヌートリアMyocastor coypus)の寄生蠕虫類に関する調査, 野生動物医学会雑誌, 8(1): 63-67,   2003年
Hiroshi MATSUDATE1),8), Yasuko MIYOSHI2), Noriko TAMURA3), Koichi MURATA4), Soichi MARUYAMA4), Junpei KIMURA4), Sadao NOGAMI4), Kishio MAEDA5), Yukio FUKUMOTO6・・・,   2003年, Hiroshi MATSUDATE1),8), Yasuko MIYOSHI2), Noriko TAMURA3), Koichi MURATA4), Soichi MARUYAMA4), Junpei KIMURA4), Sadao NOGAMI4), Kishio MAEDA5), Yukio FUKUMOTO6), Ryoichi AKASAKO7), Mitsuhiko ASAKAWA1) (2003) A survey of the parasitic helminths of alien rodents (Belly-banded squirrel Callosciurus erythraeus and nutria Myocastor coypus) in Japan.
浅川満彦(2003). ヌートリアにおける肝蛭寄生とその食品衛生に与える影響., 食品衛生研究, 53(3): 27-30,   2003年
坂田金正・新垣英美・蔭山麻里子・本川雅治・湯川満彦(2003).トカラ列島口之島および中之島産アカネズミApodemus speciosus (Temminck)の消化管から得られた寄生蠕虫類の種構成の特色., 沖縄生物学会誌, (41): 1-5,   2003年
浅川満彦(2003).一中年野生動物医学マスター誕生の日., 酪農ジャーナル, 56(3): 58-61,   2003年
浅川満彦(2003).走鳥類の寄生虫病学概論., 日本ダチョウ・走鳥類研究会誌, (3): 19-25,   2003年
坂田金正・浅川満彦(2003).サドモグラ(Mogera tokudae)の寄生線虫類-特にTricholinstowia talpae (Morgen, 1928)の佐渡島からの初記録とその形態., 酪農学園大学紀要、自然科学, 27(2): 211-214,   2003年
横山祐子・稲葉智之・浅川満彦(2003).我が国に輸入された愛玩用サル類の寄生蠕虫類保有状況(予報), 野生動物医学会雑誌, 8(2): 83-93,   2003年
Nakamura, S., Morita, T. and Asakawa, M. (2003). New host records of arthropod parasites from sea birds in Hokkaido, Japan., Jpn. J. Zoo Wildl. Med., 8(2): 131-133,   2003年
Asano, M., Matoba, Y., Ikeda, T., Suzuki, M., Asakawa, M. and Ohtaishi, N. (2003). Reproductive characteristics of the feral raccoon (Procyon lotor) in Hokkaido, Japan., J. Vet. Med. Sci.,, 65: 369-373,   2003年
Asano, M., Matoba, Y., Ikeda, T., Suzuki, M., Asakawa, M. and Otaishi, N. (2003). Growth pattern and seasonal weight changes of the feral raccoon (Procyon lotor) in Hokkaido, Japan., Jpn. J. Vet. Res.,, 50: 165-173,   2003年
浅川満彦・的場洋平・木村朗子・佐々木尚子(2003).野幌森林公園における寄生虫相の研究-コテングコウモリ., 野幌研究, 2: 28-30,   2003年
浅川満彦(2003).野幌森林公園における寄生虫相の研究-野幌森林公園における野生小哺乳類の内部寄生蠕虫相の研究概要とその野生動物医学教育における応用の可能性., 野幌研究, 2: 19-27,   2003年
浅川満彦(2003).国際獣類会議で報告された感染症・寄生虫症の研究動向., JVM(獣医畜産新報), 56: 243-246,   2003年
Ishih, A., Sekijima, T., Asakawa, M., Tenora, F., Uchikawa, R. (2003) Hymenolepis pseudodiminuta Tenora et al. 1994 from Apodemus speciosus and H. diminuta: a comparison of experimental infections in rats., Parasitol. Res.,, 89: 297-301,   2003年
吉野智生・川上和人・佐々木均・宮本健司・浅川満彦(2003):日本における外来鳥類ガビチョウGarrulax canorusおよびソウシチョウLeiothrix lutea(スズメ目:チメドリ科)の寄生虫学的調査., 日本鳥学会誌, 51(2): 39-42,   2003年
Asakawa, M. and Nicolas, V. 2003. A new host and locality records of a spirurid nematode species, protospirura muricola, from Gabonese wild murids., Biogeography, 5: 67-70,   2003年
浅川満彦・北村健一,2003.動物園水族館雑誌上に掲載された展示動物と野生動物における感染症発生記録., 酪農学園大学紀要,自然科学, 28(1),   2003年
浅川満彦,2003.酪農学園大学新家畜病院の『野生動物管理棟』について., 北海道獣医師会雑誌, 47: 229-230,   2003年
浅川満彦,2003.英国の野生動物医学専門職大学院における爬虫類と鳥類の臨床教育について., 北海道獣医師会雑誌., 47: 382-385,   2003年
浅川満彦,2003.第83回米国哺乳類学会要旨集からの感染症関連題目, 北海道獣医師会雑誌, 47: 385-386,   2003年
浅川満彦.2003. 野生動物の感染症対策に適した人材育成を., 科学(岩波書店), 73(12): in press.,   2003年
浅川満彦.2003.書籍紹介「線虫の生物学」, 日本生物地理学会会報, 58:,   2003年
浅川満彦・長谷川英男.2003.日本で記録された鳥類と哺乳類の寄生線虫類., 日本生物地理学会報, 58: in press.,   2003年
Asakawa, M. and Hasegawa, H. 2003. Parasitic nematodes from avian and mammalian species in Japan., Bull. biogeogr. Soc. Japan, 58: in press,   2003年
浅川満彦.2003.酪農学園大学野生動物医学センター設立について., Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会), (17):,   2003年
浅川満彦.2003.書評「線虫の生態学」, Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会), (17):,   2003年
浅川満彦.2004.ツル類の感染症とその対策., 日本野鳥の会会誌「野鳥」2004年1月号,   2004年
浅川満彦.2004.鳥には虫がいっぱい?鳥と寄生虫の腐れ縁.森の鳥に学ぶ101のヒント, 日本林業技術協会,   2004年
浅川満彦.2004.野鳥もかかれば大量死?鳥の感染症の話.森の野鳥に学ぶ101のヒント., 日本林業技術協会,   2004年
野鳥の感染症・寄生虫症.(森田正治編)野生動物のレスキューマニュアル , 文永堂, 東京, 印刷中,   2003年
齧歯類と線虫による宿主―寄生体関係の生物地理(増田隆一編)「動物地理の自然史」 , 北海道大学図書刊行会, 札幌 , 印刷中,   2004年
新潟産野生鳥類の寄生蠕虫類の記録 , 日本鳥学会誌 , 52:116-118,   2004年
新潟県愛鳥センターで飼育されていたガン類のマレック病ウイルス感染に関する予備調査 , 酪農大紀要, 自然科学 , 28(2),   2004年
野生動物医学的ネットワーク構築の必要性:ラムサール条約登録湿地「佐潟」とその周辺湖沼群の水鳥類保護活動の例から , ワイルドライフ・フォーラム, 9(1,   2004年
白化現象の認められた野生アライグマの捕獲 , 森林保護 , (235): 6-7,   2004年
マレーバク(Tapirus indicus)糞便中に認められた虫卵のCOX1およびITS領域塩基配列を指標とした寄生蠕虫類同定の試み, 野生動物医学会雑誌 , 9(1): 31-37,   2004年
Detection of taenid species (Taenia taeniaeformis) from a feral raccoon (Procyon lotor) and its epidemiological meanings. , Mammal. Study , 28: 157-160,   2003年
教員の選択は自分の責任で , ふるさとの自然 , (71): 5-18,   2004年
野幌森林公園にエゾシカ, ふるさとの自然 , (71): 2-3,   2004年
エキゾチック・アニマルの輸入状況とその感染症・寄生虫症に関する最近の動向 , 酪農大紀要,自然科学 , 28(2): 221-231,   2004年
北海道産シマフクロウ(ketupa blakistoni blakistoni) における住血原虫ヘモプロテウス属の感染状況 , 野生動物医学会雑誌 , 9(2), Page85-89,   2004年
Parasitic helminths from exhibited avian species kept in Kinki District, Med., 9: in press,   2004年
房総半島に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生虫症および感染症に関する予備調査 , 野生動物医学会雑誌 , 9(2), 79-83,   2004年
国内の飼育下ケープハイラックスに認められた寄生蠕虫3種とEimeria属原虫の初記録 , 野生動物医学会雑誌 , 9:印刷中,   2004年
北海道森町倉知川右岸遺跡のタヌキ溜糞と推定された灰状堆積物から検出された小哺乳類の同定および寄生蠕虫類虫卵検査について , (財)北海道埋蔵文化財センター(編)森町倉知川右岸遺跡,北埋調報 , 196:329-332,   2004年
Notes to the Nematoa of the genus Heligmosomum Railliet et Henry,1909 (Nematoda, Heli gmosomidae) parasitizing Rodentia in Japan. , Acta Univ. Agric. Silvic Mendel. Brun. , 52: 23-26,   2004年
Epizoot iologic survey for Babesia microti among small wild mammals in East Asia. , J. Vet. Med. Sci. , 66: 785-792,   2004年
サル類に関する最近実施された寄生虫学的調査の概要について , 獣医寄生虫学会誌 , 3:印刷中,   2004年
日本で外来種化した陸上脊椎動物の寄生蠕虫の概要について , 獣医寄生虫学会誌 , 3:印刷中,   2004年
Parasitic nematodes recorded from wild amphibians and reptiles in Japan. , Current Herpetlog , 23: 27-35,   2004年
東海大学出版会「フィールドの寄生虫学―水族寄生虫学の最前線」(長澤和也編著) , 野生動物医学会ニュースレター , (18): 34,   2004年
石垣島バンナ公園で捕獲されたカンムリワシから検出された鉤頭虫 , 環境省報告書 ,   2004年
Biosis刊Zoological Recordに掲載された文献データによる酪農学園大学動物学研究の動向 , 酪農大紀要,自然科学 , 29(1):印刷中,   2004年
U. S. -type Babesia microti isolated from small wild mammals in eastern Hokkaido, Japan. , J. Vet. Med. Sci. , 66: 919-926,   2004年
原虫症と寄生虫.酪農ジャーナル臨時増刊号「たくましい母さんに育てる科学と技術」(岡本全弘監修) , 酪農学園大学エクステンションセンター ,   2005年
獣医師会・行政組織・大学・研究機関との連携による調査体制と酪農学園大学野生動物医学センターの役割 , 北海道獣医師会雑誌
Research and educational act ivities of the wild Animal Medical Center in Rakuno Gakuen University-Past, Present, and Future , J. Rakuno Gakuen Univ. , 29: in press,   2005年
日本野生動物医学会大会における一般演題に見た当該分野における今後の研究動向についての私見 , 北海道獣医師会雑誌 ,   2005年
書評「これだけは知っておきたい人獣共通感染症―ヒトと動物がよりよい関係を築くために」, (神山恒夫 著、地人書館)野生動物医学会ニュースレター , (19):印刷中,   2005年
酪農学園大学野生動物医学センターにおける両生爬虫類医学の今後の教育研究について, 日本獣医師会誌(資料あるいは解説)投稿中 ,   2005年
顧問挨拶-多くの皆さんが支えて下さり、野生動物医学会江別大会、終わりました!, 浅川 満彦, 酪農学園大学野生動物生態研究会2015年度年間報告書『夢喰』, (34) 4 - 5
書籍紹介『乗馬の楽しみとホースセラピー』, 竹内萌香・浅川満彦, Zoo and Wildlife News(日本野生動物医学会ニュースレター), (43) 29 - 29

受賞

  2016年09月, 日本獣医臨床寄生虫学研究会, 功労賞
  2012年03月, 日本獣医疫学会, 獣医疫学会論文賞
  2008年09月, 北海道獣医師会, 北海道獣医師会長賞
  2007年09月, 北海道獣医師会, 北海道獣医師会会長賞
  2002年07月, 日本土木学会, 地球環境貢献賞, 野生鳥類の感染症
  1992年, 日本生物地理学会賞
  1997年, 北海道獣医師会長賞

競争的資金

文部科学省/日本学術振興会, kakenhi, 基盤C26460513動物園水族館動物に密かに蔓延する多様な寄生虫病の現状把握とその保全医学的対応, 浅川 満彦
文部科学省/日本学術振興会, kakenhi, 基盤C18510205陸上脊椎動物と線虫の宿主-寄生体関係に関する保全医学的な試み, 浅川 満彦
文部科学省/日本学術振興会, kakenhi, 基盤C14560271野生動物および動物園動物の保護増殖計画上問題になる寄生線虫症に関する疫学的研究, 浅川 満彦
旧北区産アカネズミ属の内部寄生線虫の総括
野生動物と動物園動物の内部寄生蠕虫類の分類学的研究
日本産野生鳥類の寄生蠕虫の形態分類学的研究
動物園動物における蠕虫症
生物相の調査・研究
野生動物医学教育zoo andシステムの確立

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2016年09月26日 - 2016年09月26日, あなたの家も危ない!?都会を侵略”エイリアン”外来動物, 出演, NHK
  2016年07月07日 - 2016年07月07日, アフリカマイマイ食すための広東住血線虫感染防止法について, 助言・指導, フジテレビ
  2016年01月10日 - 2016年03月15日, 学術振興会科研費第二段審査, 助言・指導


教員総覧