獣医学群・獣医学類
教員 田島誉士 タジマ モトシ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2022/08/09

研究者基本情報

氏名

田島誉士
タジマ モトシ

所属(マスタ)

獣医学群・獣医学類, 教員

所属・職名

獣医学群
教授

学歴

1984年04月 - 1989年03月, 北海道大学大学院, 獣医学研究科
1980年04月 - 1984年03月, 北海道大学, 獣医学部

学位

獣医学博士, 北海道大学
獣医学修士, 北海道大学

所属学協会

日本産業動物獣医学会
家畜感染症学会
大動物臨床研究会
日本獣医学会
北海道獣医師会
さっぽろ獣医師会

研究活動情報

研究分野

ライフサイエンス, 獣医学
ライフサイエンス, 獣医学
ライフサイエンス, 獣医学

研究キーワード

感染症学,
牛病学,
獣医内科学,

論文

Prevalence of Bovine Viral Diarrhea Virus Infection in Japan: 2000–2019, Motoshi Tajima, Frontiers in Veterinary Science, Frontiers in Veterinary Science, 8,   2021年04月30日, 査読有り
Changes in mRNA of immune factors expressed by milk somatic cells of Holstein cows with hypocalcemia after calving., Hiromichi Ohtsuka, Misa Ohsawa, Kenji Murakami, Ryo Murata, Toshihide Kato, Motoshi Tajima, Canadian journal of veterinary research = Revue canadienne de recherche veterinaire, Canadian journal of veterinary research = Revue canadienne de recherche veterinaire, 85, (1) 72 - 76,   2021年01月
Comparison of distal forelimb conformations between Japanese Black and Holstein-Friesian newborn calves, Ayano SATO, Toshihide KATO, Motoshi TAJIMA, Journal of Veterinary Medical Science, Journal of Veterinary Medical Science, 83, (6) 940 - 946,   2021年, 査読有り
The Suppression of Th1 Response by Inducing TGF-β1 From Regulatory T Cells in Bovine Mycoplasmosis, Yamato Sajiki, Satoru Konnai, Shinya Goto, Tomohiro Okagawa, Kosuke Ohira, Honami Shimakura, Naoya Maekawa, Satoshi Gondaira, Hidetoshi Higuchi, Motoshi Tajima, Yuki Hirano, Junko Kohara, Shiro Murata, Kazuhiko Ohashi, Frontiers in Veterinary Science, Frontiers in Veterinary Science, 7,   2020年12月02日, 査読有り
Clinical efficacy of the combined treatment of anti-PD-L1 rat-bovine chimeric antibody with a COX-2 inhibitor in calves infected with Mycoplasma bovis, Shinya Goto, Satoru Konnai, Yuki Hirano, Junko Kohara, Tomohiro Okagawa, Naoya Maekawa, Yamato Sajiki, Kei Watari, Erina Minato, Atsuhi Kobayashi, Satoshi Gondaira, Hidetoshi Higuchi, Masateru Koiwa, Motoshi Tajima, Eiji Taguchi, Masaru Ishida, Ryoko Uemura, Shinji Yamada, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato, Keiichi Yamamoto, Mikihiro Toda, Yasuhiko Suzuki, Shiro Murata, Kazuhiko Ohashi, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 68, (2) 77 - 90,   2020年05月, 査読有り
Upregulation of PD-L1 Expression by Prostaglandin E2 and the Enhancement of IFN-γ by Anti-PD-L1 Antibody Combined With a COX-2 Inhibitor in Mycoplasma bovis Infection, Shinya Goto, Satoru Konnai, Yuki Hirano, Junko Kohara, Tomohiro Okagawa, Naoya Maekawa, Yamato Sajiki, Kei Watari, Erina Minato, Atsuhi Kobayashi, Satoshi Gondaira, Hidetoshi Higuchi, Masateru Koiwa, Motoshi Tajima, Eiji Taguchi, Ryoko Uemura, Shinji Yamada, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato, Keiichi Yamamoto, Mikihiro Toda, Yasuhiko Suzuki, Shiro Murata, Kazuhiko Ohashi, Frontiers in Veterinary Science, Frontiers in Veterinary Science, 7, 12 - 12,   2020年02月20日, 査読有り
Flexor tendon transection and post-surgical external fixation in calves affected by severe metacarpophalangeal flexural deformity, Ayano SATO, Toshihide KATO, Motoshi TAJIMA, Journal of Veterinary Medical Science, Journal of Veterinary Medical Science, 82, (10) 1480 - 1483,   2020年, 査読有り
Cytokine levels of peripheral blood mononuclear cells in the clinical cases of Holstein calves infected with Mycoplasma bovis, Hiromichi OHTSUKA, Masatomo NAKAZONO, Takahiro KONDOH, Hidetoshi HIGUCHI, Motoshi TAJIMA, Masateru KOIWA, Journal of Veterinary Medical Science, Journal of Veterinary Medical Science, 82, (1) 27 - 30,   2020年, 査読有り
Relationship Between mRNA of Immune Factors Expressed by Milk Somatic Cells and Bacteria Present in Healthy Lactating Holstein Cows., Hiromichi Ohtsuka, Honami Hirose, Kenji Murakami, Ryo Murata, Toshihide Kato, Motoshi Tajima, Journal of veterinary research, Journal of veterinary research, 63, (3) 369 - 373,   2019年09月, 査読有り
牛白血病蔓延農場における牛免疫不全ウイルスの浸潤状況, 髙橋俊彦, 北野菜奈, 田島誉士, 酪農学園大学紀要, 酪農学園大学紀要, 43, (2) 69 - 72,   2019年03月
分娩後に低Ca血症を発症した乳牛における分娩後の乳汁中細胞の免疫因子の変化, 大澤 光紗, 大塚 浩通, 村田 亮, 村上 賢司, 田島 誉士, 北海道獣医師会雑誌, 北海道獣医師会雑誌, 62, (8) 325 - 325,   2018年08月
Radiographic analysis of the angle in the lateromedial projection of the metacarpophalangeal joint and the distal interphalangeal joint in metacarpophalangeal flexural deformities in calves, Ayano Sato, Osamu Ishii, Motoshi Tajima, Veterinary Record Open, Veterinary Record Open, 5, (1) e000271 - e000271,   2018年03月, 査読有り
Relationship between bovine endometrial thickness and plasma progesterone and estradiol concentrations in natural and induced estrus, Tomochika Sugiura, Shun Akiyoshi, Fumihiro Inoue, Yojiro Yanagawa, Masaharu Moriyoshi, Motoshi Tajima, Seiji Katagiri, Journal of Reproduction and Development, Journal of Reproduction and Development, 64, (2) 135 - 143,   2018年, 査読有り
Intrauterine infection with bovine leukemia virus in pregnant dam with high viral load., Yamato Sajiki, Satoru Konnai, Asami Nishimori, Tomohiro Okagawa, Naoya Maekawa, Shinya Goto, Masashi Nagano, Junko Kohara, Nana Kitano, Toshihiko Takahashi, Motoshi Tajima, Hirohisa Mekata, Yoichiro Horii, Shiro Murata, Kazuhiko Ohashi, The Journal of veterinary medical science, The Journal of veterinary medical science, 79, (12) 2036 - 2039,   2017年12月22日, 査読有り
Increase of cells expressing PD-1 and PD-L1 and enhancement of IFN-γ production via PD-1/PD-L1 blockade in bovine mycoplasmosis, Goto S, Konnai S, Okagawa T, Nishimori A, Maekawa N, Gondaira S, Higuchi H, Koiwa M, Tajima M, Kohara J, Ogasawara S, Kato Y, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K, Immun Inflamm Dis., Immun Inflamm Dis., 5, (3) 355 - 363,   2017年09月, 査読有り
Increase of cells expressing PD-1 and PD-L1 and enhancement of IFN-γ production via PD-1/PD-L1 blockade in bovine mycoplasmosis., Goto, S, Konnai, S, Okagawa, T, Nishimori, A, Maekawa, N, Gondaira, S, Higuchi, H, Koiwa, M, Tajima, M, Kohara, J, Ogasawara, S, Kato, Y, Suzuki, Y, Murata, S, Ohashi, K, Immunity, Inflammation and Disease, Immunity, Inflammation and Disease, 10, 1 - 9,   2017年, 査読有り
Sero-epidemiological analysis of vertical transmission relative risk of Borna disease virus infection in dairy herds, Tatsuya Ando, Tadashi Takino, Kohei Makita, Motoshi Tajima, Masateru Koiwa, Katsuro Hagiwara, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 78, (11) 1669 - 1672,   2016年11月, 査読有り
Immunological effects of chitosan on bovine peripheral blood mononuclear cells in vitro., Ohtsuka, H, Kamikawa,N, Tomioka, M, Maeda, Y, Hirose, K, Tajima, M, J. Chitin and Chitosan Sci., J. Chitin and Chitosan Sci., 4, (1) 74 - 79,   2016年, 査読有り
エンドトキシン中和剤を含む牛サルモネラ不活化ワクチン接種牛の臨床病理学的所見, 加藤肇, 中尾茂, 中田悟史, 佐藤礼一郎, 大西守, 田島誉士, 日獣会誌, 日獣会誌, 68, (6) 379 - 383,   2015年06月, 査読有り
Comparison of vaccination protocols for bovine herpesvirus type1 and bovine viral diarrhea virus., J. Vet. Med. Res., J. Vet. Med. Res., 2, (5) 1034 - 1037,   2015年, 査読有り
牛ウイルス性下痢ウイルス感染症の地域的な対策事例と効果の検証, 斎野仁, 臼井章, 大野浩, 川内京子, 迫田義博, 田島誉士, 日獣会誌, 日獣会誌, 66, (11) 791 - 796,   2013年11月, 査読有り
C-X-C chemokine receptor type 4 and cytokine expressions in cows of a dairy herd with high prevalence of calves persistently infected with bovine viral diarrhea virus, Mahmoud Atef Youssef Helal, Yuki Hoshino, Satoshi Takagi, Motoshi Tajima, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 61, (3) 109 - 116,   2013年08月, 査読有り
Mannheimia haemolyticaワクチンの早期接種による子牛の抗体応答調査., 加藤肇, 杉山昌継, 澤向陽一, 佐久間元希, 米山修, 佐藤礼一郎, 大西守, 田島誉士, 日獣会誌, 日獣会誌, 65, (9) 694 - 697,   2012年09月, 査読有り
Effects of interferon-tau on cattle persistently infected with bovine viral diarrhea virus, Junko Kohara, Yumiko Nishikura, Satoru Konnai, Motoshi Tajima, Misao Onuma, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 60, (2-3) 63 - 70,   2012年08月, 査読有り
Bovine viral diarrhea virus infection in a dairy herd with high prevalence of persistently infected calves, Mahmoud Atef Youssef Helal, Hiroyuki Okamatsu, Motoshi Tajima, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 60, (2-3) 111 - 117,   2012年08月, 査読有り
Two-step vaccine programの牛ウイルス性下痢ウイルス2型に対する有用性評価., 加藤肇, 江村有希子, 澤向陽一, 佐藤洋平, 西松栄光, 佐藤礼一郎, 大西守, 田島誉士, 日獣会誌, 日獣会誌, 64, (6) 453 - 456,   2011年06月, 査読有り
Molecular detection of Anaplasma phagocytophilum in cattle and Ixodes persulcatus ticks, Yusuke Murase, Satoru Konnai, Arata Hidano, Naftali W. Githaka, Takuya Ito, Ai Takano, Hiroki Kawabata, Manabu Ato, Tomoko Tajima, Motoshi Tajima, Misao Onuma, Shiro Murata, Kazuhiko Ohashi, VETERINARY MICROBIOLOGY, VETERINARY MICROBIOLOGY, 149, (3-4) 504 - 507,   2011年05月, 査読有り
Sonodynamic Antitumor Effect of Benzoporphyrin Derivative Monoacid Ring A on KLN205 Cells, Tomohiro Osaki, Motoshi Tajima, Yoshiharu Okamoto, Satoshi Takagi, Takeshi Tsuka, Tomohiro Imagawa, Saburo Minami, Journal of Cancer Therapy, Journal of Cancer Therapy, 02, (02) 99 - 104,   2011年, 査読有り
A Case Control Study of Bovine Viral Diarrhea Virus (BVDV) Persistent Infection (PI) in Betsukai, Hokkaido, Japan, Mutsuyo Kadohira, Motoshi Tajima, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 72, (5) 635 - 638,   2010年05月, 査読有り
牛ウイルス性下痢ウイルスワクチンによる中和抗体価維持期間に関する調査., 田島誉士, 日本獣医師会雑誌, 日本獣医師会雑誌, 63, (1) 33 - 37,   2010年, 査読有り
Classification of new BVDV isolates from Philippine water buffalo using the viral E2 region, Claro N. Mingala, Satoru Konnai, Motoshi Tajima, Misao Onuma, Kazuhiko Ohashi, JOURNAL OF BASIC MICROBIOLOGY, JOURNAL OF BASIC MICROBIOLOGY, 49, (5) 495 - 500,   2009年10月, 査読有り
Cleavage of the NS2-3 protein in the cells of cattle persistently infected with non-cytopathogenic bovine viral diarrhea virus, Ken-ichiro Kameyama, Yoshihiro Sakoda, Keita Matsuno, Asako Ito, Motoshi Tajima, Shigeyuki Nakamura, Hiroshi Kida, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 52, (5) 277 - 282,   2008年05月, 査読有り
Availability of oral swab sample for the detection of bovine viral diarrhea virus (BVDV) gene from the cattle persistently infected with BVDV, Motoshi Tajima, Tomohiro Ohsaki, Manabu Okazawa, Ichiro Yasutomi, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 56, (1) 3 - 8,   2008年05月, 査読有り
Relative quantification of canine CD56 mRNA expression by real-time polymerase chain reaction method in normal tissues and activated lymphocytes, Yuki Hoshino, Motoshi Tajima, Satoshi Takagi, Tomohiro Osaki, Masahiro Okumura, Toru Fujinaga, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 70, (3) 309 - 312,   2008年03月, 査読有り
Heat shock response of Babesia gibsoni heat shock protein 70, Masahiro Yamasaki, Motoshi Tajima, Osamu Yamato, Shiang-Jyl Hwang, Hiroshi Ohta, Yoshimitsu Maede, JOURNAL OF PARASITOLOGY, JOURNAL OF PARASITOLOGY, 94, (1) 119 - 124,   2008年02月, 査読有り
北海道湧別町における牛ウイルス性下痢ウイルス感染に関する量的リスク評価, 門平 睦代, 安富 一郎, マルコフ ジェニファー, 田島 誉士, 獣医疫学雑誌, 獣医疫学雑誌, 11, (1) 32 - 39,   2007年
Development of an immunochromatographic test kit for rapid detection of bovine viral diarrhea virus antigen, K. Kameyama, Y. Sakoda, K. Tamai, H. Igarashi, M. Tajima, T. Mochizuki, Y. Namba, H. Kida, JOURNAL OF VIROLOGICAL METHODS, JOURNAL OF VIROLOGICAL METHODS, 138, (1-2) 140 - 146,   2006年12月, 査読有り
The prevalent genotypes of bovine viral diarrhea virus in Japan, Germany and the United States of America, Motoshi Tajima, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 54, (2-3) 129 - 134,   2006年11月, 査読有り
Relationship of bovine viral diarrhea virus persistent infection to incidence,of diseases on dairy farms based on bulk tank milk test by RT-PCR, T Kozasa, M Tajima, Yasutomi, I, K Sano, K Ohashi, M Onuma, VETERINARY MICROBIOLOGY, VETERINARY MICROBIOLOGY, 106, (1-2) 41 - 47,   2005年03月, 査読有り
Heinz body hemolytic anemia with eccentrocytosis from ingestion of Chinese chive (Allium tuberosum) and garlic (Allium sativum) in a dog, Osamu Yamato, Ei Kasai, Taro Katsura, Shinichi Takahashi, Takuji Shiota, Motoshi Tajima, Masahiro Yamasaki, Yoshimitsu Maede, Journal of the American Animal Hospital Association, Journal of the American Animal Hospital Association, 41, (1) 68 - 73,   2005年, 査読有り
Genetic and clinical analyses of bovine viral diarrhea virus isolates from dairy operations in the United States of America, Motoshi Tajima, Edward J. Dubovi, Journal of Veterinary Diagnostic Investigation, Journal of Veterinary Diagnostic Investigation, 17, (1) 10 - 15,   2005年, 査読有り
Heinz body hemolytic anemia with eccentrocytosis from ingestion of Chinese chive (Allium tuberosum) and garlic (Allium sativum) in a dog, O Yamato, E Kasai, T Katsura, S Takahashi, T Shiota, M Tajima, M Yamasaki, Y Maede, JOURNAL OF THE AMERICAN ANIMAL HOSPITAL ASSOCIATION, JOURNAL OF THE AMERICAN ANIMAL HOSPITAL ASSOCIATION, 41, (1) 68 - 73,   2005年01月, 査読有り
Bovine viral diarrhea virus 1 is classified into different subgenotypes depending on the analyzed region within the viral genome, M Tajima, VETERINARY MICROBIOLOGY, VETERINARY MICROBIOLOGY, 99, (2) 131 - 138,   2004年04月, 査読有り
バルク乳中抗体の検出による牛ウイルス性下痢ウイルスの浸潤状況調査, 小佐々隆志, 田島誉士, 安富一郎, 佐野公洋, 大橋和彦, 小沼操, 日獣会誌, 日獣会誌, 57, (11) 705 - 709,   2004年, 査読有り
臨床症状を指標とした牛ウイルス性下痢ウイルスの汚染状況調査, 小佐々隆志, 田島誉士, 大橋和彦, 小沼操, 日獣会誌, 日獣会誌, 57, (8) 511 - 514,   2004年, 査読有り
Molecular cloning and phylogenetic analysis of Babesia gibsoni heat shock protein 70, M Yamasaki, M Tajima, KW Lee, Jeong, JR, O Yamato, Y Maede, VETERINARY PARASITOLOGY, VETERINARY PARASITOLOGY, 110, (1-2) 123 - 129,   2002年12月, 査読有り
A novel mutation in the gene for canine acid β-galactosidase that causes GM1-gangliosidosis in Shiba dogs, Yamato,O, Endoh,D, Kobayashi ,A, Masuoka,Y, Yonemura ,M, Hatakeyama ,A, Satoh.H, Tajima,M, Yamasaki ,M, Maede,Y, J. Inherit. Metab. Dis., J. Inherit. Metab. Dis., 25, (6) 525 - 526,   2002年11月, 査読有り
Prevalence of genotypes 1 and 2 of bovine viral diarrhea virus in Lower Saxony, Germany, M Tajima, HR Frey, O Yamato, Y Maede, Moennig, V, H Scholz, Greiser-Wilke, I, VIRUS RESEARCH, VIRUS RESEARCH, 76, (1) 31 - 42,   2001年07月, 査読有り
Acute phase response in naturally occurring coliform mastitis, H Ohtsuka, K Kudo, K Mori, F Nagai, A Hatsugaya, M Tajima, K Tamura, F Hoshi, M Koiwa, S Kawamura, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 63, (6) 675 - 678,   2001年06月, 査読有り
Use of canine red blood cell with high concentrations of potassium, reduced glutathione, and free amino acid as host cells for in vitro cultivation of Babesia gibsoni, M Yamasaki, H Asano, Y Otsuka, O Yamato, M Tajima, Y Maede, AMERICAN JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, AMERICAN JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 61, (12) 1520 - 1524,   2000年12月, 査読有り
Hematologic changes associated with the appearance of eccentrocytes after intragastric administration of garlic extract to dogs, KW Lee, O Yamato, M Tajima, M Kuraoka, S Omae, Y Maede, AMERICAN JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, AMERICAN JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 61, (11) 1446 - 1450,   2000年11月, 査読有り
The cause of the predilection of Babesia gibsoni for reticulocytes, M Yamasaki, Y Otsuka, O Yamato, M Tajima, Y Maede, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 62, (7) 737 - 741,   2000年07月, 査読有り
GM1 gangliosidosis in shiba dogs, O Yamato, K Ochiai, Y Masuoka, E Hayashida, M Tajima, S Omae, M Iijima, T Umemura, Y Maede, VETERINARY RECORD, VETERINARY RECORD, 146, (17) 493 - 496,   2000年04月, 査読有り
Relation between Erythrocyte Reduced Glutathione and Glutamate Concentrations in Korean Jindo Dogs with Erythrocytes Possessing Hereditary High Activity of Na-K-ATPase and a High Concentration of Potassium, Osamu Yamato, Keun-Woo Lee, Hye-Sook Chang, Motoshi Tajima, Yoshimitsu Maede, Journal of Veterinary Medical Science, Journal of Veterinary Medical Science, 61, (10) 1179 - 1182,   1999年10月, 査読有り
Relation between erythrocyte reduced glutathione and glutamate concentrations in Korean Jindo dogs with erythrocytes possessing hereditary high activity of Na-K-ATPase and a high concentration of potassium, O Yamato, KW Lee, HS Chang, M Tajima, Y Maede, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 61, (10) 1179 - 1182,   1999年10月, 査読有り
Gene defect of dermatan sulfate proteoglycan of cattle affected with a variant form of Ehlers-Danlos syndrome, M Tajima, S Miyake, K Takehana, A Kobayashi, O Yamato, Y Maede, JOURNAL OF VETERINARY INTERNAL MEDICINE, JOURNAL OF VETERINARY INTERNAL MEDICINE, 13, (3) 202 - 205,   1999年05月, 査読有り
Rumen Bacteria are Involved in the Onset of Onion-induced Hemolytic Anemia in Sheep, Hatem Mohamed Selim, Osamu Yamato, Motoshi Tajima, Yoshimitsu Maede, Journal of Veterinary Medical Science, Journal of Veterinary Medical Science, 61, (4) 369 - 374,   1999年04月, 査読有り
Reduced glutathione accelerates the oxidative damage produced by sodium n-propylthiosulfate, one of the causative agents of onion-induced hemolytic anemia in dogs", Biochim.Biophys.Acta・・・, Yamato,O, Hayashi,M, Kasai,E, Tajima,M, Yamasaki,M, Maede,Y, Biochim.Biophys.Acta, Biochim.Biophys.Acta, 1427, (2) 175 - 182,   1999年04月, 査読有り
Rumen bacteria are involved in the onset of onion-induced hemolytic anemia in sheep, HM Selim, O Yamato, M Tajima, Y Maede, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 61, (4) 369 - 374,   1999年04月, 査読有り
Possible causes of diabetes mellitus in cattle infected with bovine viral diarrhoea virus, M Tajima, M Yuasa, M Kawanabe, H Taniyama, O Yamato, Y Maede, JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES B-INFECTIOUS DISEASES AND VETERINARY PUBLIC HEALTH, JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES B-INFECTIOUS DISEASES AND VETERINARY PUBLIC HEALTH, 46, (3) 207 - 215,   1999年04月, 査読有り
デルマタン硫酸形成不全による牛皮膚無力症の1例, 小林中, 竹花一成, 田島誉士, 額爾敦朝魯, 岩佐憲二, 高橋清志, 阿部光雄, 日獣会誌, 日獣会誌, 52, (5) 294 - 298,   1999年, 査読有り
Histopathological and immunohistochemical analysis of the endocrine and exocrine pancreas in twelve cattle with insulin-dependent diabetes mellitus (IDDM)., TANIYAMA Hiroyuki, KHIRAYAMA azuko, KAGAWA Yumiko, KUROSAWA Takashi, TAJIMA Masashi, YOSHINO Tomoo, FURUOKA Hidefumi, Journal of Veterinary Medical Science, Journal of Veterinary Medical Science, 61, (7) 803 - 810,   1999年, 査読有り
Distribution of bovine immunodeficiency virus in the organs of experimentally infected cows, M Tajima, N Sato, R Kirisawa, M Onuma, Y Maede, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 45, (3) 163 - 167,   1997年11月, 査読有り
Circulating tumor necrosis factor and interleukin-1 after administration of LPS in adult cows, H Ohtsuka, K Ohki, T Tanaka, M Tajima, TO Yoshino, K Takahashi, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 59, (10) 927 - 929,   1997年10月, 査読有り
Evaluation of blood acid-base balance after experimental administration of endotoxin in adult cow, H Ohtsuka, K Ohki, M Tajima, T Yoshino, K Takahashi, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 59, (6) 483 - 485,   1997年06月, 査読有り
Oxidative damage and enhanced erythrophagocytosis in canine erythrocytes infected with Babesia gibsoni, T Murase, T Ueda, O Yamato, M Tajima, Y Maede, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 58, (3) 259 - 261,   1996年03月, 査読有り
ATTEMPT TO DISCRIMINATE BETWEEN BOVINE VIRAL-DIARRHEA VIRUS-STRAINS USING POLYMERASE CHAIN-REACTION, M TAJIMA, R KIRISAWA, M TAGUCHI, H IWAI, Y KAWAKAMI, K HAGIWARA, H OHTSUKA, H SENTSUI, K TAKAHASHI, JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES B-ZENTRALBLATT FUR VETERINARMEDIZIN REIHE B-INFECTIOUS DISEASES AND VETERINARY PUBLIC HEALTH, JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES B-ZENTRALBLATT FUR VETERINARMEDIZIN REIHE B-INFECTIOUS DISEASES AND VETERINARY PUBLIC HEALTH, 42, (5) 257 - 265,   1995年07月, 査読有り
A BIOASSAY FOR BOVINE INTERLEUKIN-1 BY THE A375 CELL-GROWTH INHIBITION, M GOTO, R KIRISAWA, M TAJIMA, K TAKAHASHI, H IWAI, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 57, (3) 523 - 525,   1995年06月, 査読有り
SPOROGONY OF THEILERIA-SERGENTI IN THE SALIVARY-GLANDS OF THE TICK VECTOR HAEMAPHYSALIS-LONGICORNIS, K TAKAHASHI, S KAWAI, K YAEHATA, S KAWAMOTO, K HAGIWARA, T KUROSAWA, M TAJIMA, M SONODA, PARASITOLOGY RESEARCH, PARASITOLOGY RESEARCH, 79, (1) 1 - 7,   1993年01月, 査読有り
Seroepidemiological Survey for Antibody toBorrelia burgdorferiin Cows, Hiroshi Isogai, Emiko Isogai, Toshiyuki Masuzawa, Yasutake Yanagihara, Mitsunori Matsubara, Masamichi Shimanuki, Toshiyuki Seta, Kenji Fukai, Nobumichi Kurosawa, Masafumi Enokidani, Toshio Nakamura, Motoshi Tajima, Kiyoshi Takahashi, Koichi Takahashi, Nobuhiro Fujii, Microbiology and Immunology, Microbiology and Immunology, 36, (10) 1029 - 1039,   1992年10月, 査読有り
BABESIA AND THEILERIA PROTOZOA DETECTED FROM WILD SIKA-DEER (CERVUS-NIPPON-YESOENSIS) IN HOKKAIDO, K TAKAHASHI, S KUBOTA, S KAWAI, K HAGIWARA, T KUROSAWA, M TAJIMA, M SONODA, Y MAEDE, JOURNAL OF PROTOZOOLOGY RESEARCH, JOURNAL OF PROTOZOOLOGY RESEARCH, 2, (4) 158 - 164,   1992年10月, 査読有り
DIABETES-MELLITUS IN CATTLE INFECTED WITH BOVINE VIRAL DIARRHEA MUCOSAL DISEASE VIRUS, M TAJIMA, T YAZAWA, K HAGIWARA, T KUROSAWA, K TAKAHASHI, JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES A-ZENTRALBLATT FUR VETERINARMEDIZIN REIHE A-PHYSIOLOGY PATHOLOGY CLINICAL MEDICINE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES A-ZENTRALBLATT FUR VETERINARMEDIZIN REIHE A-PHYSIOLOGY PATHOLOGY CLINICAL MEDICINE, 39, (8) 616 - 620,   1992年10月, 査読有り
THE WOLFF-PARKINSON-WHITE SYNDROME IN A HOLSTEIN-FRIESIAN COW, Y ENDO, M TAJIMA, T KUROSAWA, K TAKAHASHI, M SONODA, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY SCIENCE, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY SCIENCE, 52, (6) 1156 - 1161,   1990年12月, 査読有り
The Distributions of Phytohemagglutinin‐P and Concanavalin A Binding Sites on Equine, Bovine and Canine Peripheral Blood Lymphocytes, Motoshi Tajima, Toru Fujinaga, Shinya Mizuno, Kanjuro Otomo, Journal of Veterinary Medicine, Series B, Journal of Veterinary Medicine, Series B, 37, (1-10) 290 - 296,   1990年, 査読有り

書籍等出版物

新しい子牛の科学 : 胎生期から初産分娩まで, 家畜感染症学会, 緑書房, 2021.3,   2021年, 9784895315876
主要症状を基礎にした牛の臨床3, 小岩, 政照, 田島, 誉士, デーリィマン社,   2020年05月, 9784864530705
これからの乳牛群管理のためのハードヘルス学<成牛編>, 田島 誉士, 共著, 牛群における疾病コントロール, 緑書房,   2017年11月
テレビドクター4 よく分かる乳牛の病気100選, 小岩, 政照, 田島, 誉士, 監修, デーリィマン社,   2017年10月, 9784864530491
コアカリ産業動物臨床学, コアカリ獣医内科学, 編集委員会, 共著, 文永堂出版,   2016年12月
子牛の医学, 田島 誉士, 共著, 緑書房,   2014年
獣医内科学第2版(大動物編), 田島 誉士, 編者(編著者), 文永堂出版,   2014年
牛の呼吸器病, 田島 誉士, 共著, デーリィマン,   2013年
動物の感染症第三版, 田島 誉士, 分担執筆, 牛ウイルス性下痢・粘膜病, 近代出版,   2011年
クリニカルベテリナリーアドバイザー(犬と猫の診療指針), インターズー,   2010年
子牛の科学, 田島 誉士, 分担執筆, チクサン出版社,   2009年
新獣医学辞典, 田島誉士, 分担執筆, チクサン出版社、緑書房,   2008年
テレビ・ドクター3 乳牛の病気と対処100選, デーリィマン社,   2007年
主要症状を基礎にした犬の臨床, デーリィマン社,   2007年
獣医5分間コンサルト-犬と猫の診療のために-.第三版, 学窓社,   2006年
動物の感染症第二版, 田島 誉士, 分担執筆,   2006年
獣医内科学(大動物編), 田島 誉士, 共編者(共編著者),   2005年
「主要症状を基礎にした猫の臨床」, デーリィマン社,   2004年
『主要症状を基礎にした牛の臨床』, デーリィマン社,   2002年
動物の感染症, 田島 誉士, 分担執筆,   2002年
獣医5分間コンサルト-犬と猫の診療のために-., 学窓社,   2001年
『乳牛疾病の早期発見・応急処置・予防対策』酪総研選書No.71, 酪農総合研究所,   2001年
『最新獣医診療ハンドブック』, インターズー,   1999年
『続テレビドクター症状から知る乳牛の病気100』, デーリィマン社,   1999年
小動物臨床の実際Ⅹ, 医歯薬出版,   1993年
小動物外科臨床の実際, 興仁社,   1991年

講演・口頭発表等

新生子牛の前肢背側蹄壁角度について品種および性別による比較, 佐藤綾乃, 加藤敏英, 田島誉士, 第162回日本獣医学会(つくば),   2019年09月
ホルスタイン種および黒毛和種新生子牛における体重、体高、大腿部筋肉厚、頚部胸腺厚の成長比較, 佐藤綾乃, 加藤敏英, 田島誉士, 平成31年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2019年08月
BVDの病態と現状, 田島 誉士, 平成30年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(横浜),   2019年02月, 招待有り
牛出血性腸症候群とClostridium perfringensとの関連., 加藤肇, 中尾茂, 佐藤礼一郎, 大西守, 佐藤博昭, 田島誉士, 第8回家畜感染症学会学術集会,   2018年12月
新生期子牛への細菌ワクチン接種の免疫機能に及ぼす効果., 上西鋼騎, 田口英司, 田島誉士, 大塚浩通, 石田優, 林尚良, 平成30年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2018年09月
分娩後に低Ca血症を発症した乳牛における分娩後の乳汁中細胞の免疫因子の変化., 大澤光紗, 大塚浩通, 村田亮, 村上賢司, 田島誉士, 平成30年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2018年09月
乳用牛群におけるボルナ病ウイルス感染牛群に対する清浄化対策と牛群成績改善の検討., 安藤達哉, 萩原克郎, 蒔田浩平, 田島誉士, 小岩政照, 平成30年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2018年09月
牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)1aおよびBVDV2aを含むワクチンによるBVDV1bに対する抗体応答., 加藤肇, 大西守, 狩野潤子, 田島誉士, 平成30年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2018年09月
Relationship between thymus thickness and physical features in the healthy Holstein calves., Ohtsuka, H, Kudo, S, Tajima, 第30回世界牛病学会2018札幌,   2018年08月
Relationship between hemorrhagic bowel syndrome and Clostrium perfringens type A α toxin., Kato, H, Nakao, S, Sato, R, Ohnishi, M, Sato, H, Tajima, M, 第30回世界牛病学会2018札幌,   2018年08月
Outbreak of acute infection of bovine viral diarrhea virus (BVDV) in a farm., Tajima, M, Endo, K, Kudo, A, Hiruta, A, Fukane, A, Ohtsuka, H, 第30回世界牛病学会2018札幌,   2018年08月
Control of bovine infectious diseases in Japan., 田島 誉士, 韓国牛病学会2018,   2018年05月, 招待有り
子牛の重度肺炎における臨床病理病態と動脈血ガス分析による予後診断の有効性., 小岩政照, 川本哲, 大塚浩通, 田島誉士, 加藤敏英, 鈴木一由, 平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(大分),   2018年02月
出生後から生菌剤を給与したホルスタイン種子牛における早期ワクチン接種効果., 大塚浩通, 茂木宏樹, 廣瀬帆南美, 村田亮, 田島誉士, 平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(大分),   2018年02月
健康な乳牛における乳汁内白血球の免疫因子., 廣瀬帆南美, 大塚浩通, 加藤敏英, 佐藤綾乃, 清野貴志, 田島誉士, 第7回家畜感染症学会学術集会,   2017年12月
乾乳期乳牛への鼻腔粘膜ワクチン接種による分娩後の炎症性疾患の予防効果の検証., 内倉翔真, 川本哲, 田島誉士, 大塚浩通, 加藤敏英, 小岩政照, 平成29年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2017年09月
新たな視点からの牛ウイルス性下痢ウイルス清浄化対策法の必要性., 田島誉士, 遠藤恭子, 山本浩平, 田中志奈, 大塚浩通, 平成29年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2017年09月
黄体期におけるエストロジェン投与が牛の子宮内膜厚変化に及ぼす効果とその機序に関する検討., 杉浦智親, 北村亘, 奥山みなみ, 柳川洋二郎, 田島誉士, 片桐成二, 森好政晴, 第160回日本獣医学会,   2017年09月
牛マイコプラズマ感染症における免疫抑制機序の解明., 後藤伸也, 今内覚, 岡川朋弘, 西森朝美, 前川直也, 樋口豪紀, 小岩政照, 田島誉士, 小原潤子, 加藤幸成, 鈴木定彦, 村田史郎, 大橋和彦, 第160回日本獣医学会,   2017年09月
鼻粘膜ワクチンを接種した黒毛和種におけるサイトカイン動態の評価., 小中一成, 米山修, 富田大祐, 田島誉士, 大塚浩通, 平成28年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(石川),   2017年02月
マイコプラズマ感染子牛における予後と免疫因子との関係, 近藤高広, 大塚浩通, 樋口豪紀, 松田一哉, 田島誉士, 小岩政照, 平成28年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(石川),   2017年02月
培養系における乳腺上皮細胞機能に及ぼすIRAPの効果, 大塚浩通, 中島恵一, 富岡美智子, 鈴木豊, 田島誉士, 第159回日本獣医学会(藤沢),   2016年09月
呼吸器病発症した子牛へのTSV-2接種後の免疫機能の変化., 富田大祐, 田口英司, 石田優, 林尚良, 米山修, 田島誉士, 大塚浩通, 成28年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2016年09月
子牛のマイコプラズマ感染症とパスツレラ感染症における免疫因子の比較., 大塚浩通, 中薗将友, 小岩政照, 樋口豪紀, 田島誉士, 平成28年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2016年09月
牛ウイルス性下痢ウイルス2型の急性感染事例., 吉田隆志, 西村恭一, 吉田美葉, 田島誉士, 平成28年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2016年09月
Comparison of cytokine mRNA of peripheral CD4+CD8+ and gamma delta T cells between healthy Holstein and Japanese Black calves., 第29回世界牛病学会2016ダブリン,   2016年07月
Prevalence of bovine viral diarrhea virus infection in Hokkaido, Japan; epidemiological analyses based on the viral genotype., 田島 誉士, 第29回世界牛病学会2016ダブリン,   2016年07月
ホルスタイン種子牛の体型と胸腺幅および末梢血白血球数との関連性, 第5回家畜感染症学会学術集会,   2015年12月
乳牛におけるボルナ病ウイルス母子感染の分析疫学的相対リスク, 安藤達哉, 小林洋平, 近藤達成, 蒔田浩平, 田島誉士, 萩原克郎, 小岩政照, 平成27年度獣医学術地区学会産業動物獣医学会(北海道),   2015年09月
2014年11月以降に北海道内で摘発された牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)持続感染牛の疫学的解析, 平成27年度獣医学術地区学会産業動物獣医学会(北海道),   2015年09月
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛発生農家を基にした感染拡大様式の分析, 平成27年度獣医学術地区学会産業動物獣医学会(北海道),   2015年09月
LPS中和剤を含む牛サルモネラ不活化ワクチン接種牛の臨床病理学的所見, 平成26年度獣医学術地区学会産業動物獣医学会(北海道),   2014年09月
牛白血病ウイルス遺伝子検出法の簡易化の検討, 平成26年度獣医学術地区学会産業動物獣医学会(北海道),   2014年09月
The Japanese approach to the control of paratuberculosis, 第28回世界牛病学会2014ケアンズ,   2014年07月, 招待有り
Transmission of bovine viral diarrhea virus (BVDV)by pregnant cows; observation in a farm, 第28回世界牛病学会2014ケアンズ,   2014年07月
北海道産妊娠牛による牛ウイルス性下痢ウイルス伝播の実態, 佐々木良輔, 北海道獣医師会雑誌,   2013年09月
ホルスタイン種育成牛預託農場におけるHistophilus somniの浸潤状況調査, 加藤肇, 三宅英之, 横川武史, 佐藤礼一郎, 大和田真紀, 手塚聡, 田島誉士, 平成24年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2012年09月
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛における卵胞液へのウイルス分布., 小倉有美子, 田島誉士, 平成24年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会,   2012年09月
Bulk tank milk test for surveillance of persistentlyinfected cattle with bovine viral diarrhea virus (BVDV);; effect for eradication in Hokkaido, Japan., Tajima, M, Helal, M, 第27回世界牛病学会,   2012年06月
Two-step vaccine programの牛ウイルス性下痢ウイルス2型に対する有用性評価., 加藤肇, 江村有希子, 澤向陽一, 佐藤洋平, 西松栄光, 佐藤礼一郎, 大西守, 田島誉士, 平成23年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(北海道),   2012年02月
Availability of tank lorry milk for the surveillance of persistently infected cattle with bovine viral diarrhea virus (BVDV)., 第26回世界牛病学会,   2010年11月
メガファームにおける取組紹介—牛白血病ウイルス感染伝播阻止トライアルの実例—., 今内覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, 平成22年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会・獣医公衆衛生学会合同シンポジウム,   2010年09月
牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)感染症のウイルス遺伝子の多様性と防疫対策に関する研究., 第147回日本獣医学会,   2009年04月
牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)ワクチンによる中和抗体価持続期間に関する調査., 加藤肇, 一條祐一, 佐藤礼一郎, 江村有紀子, 高久英徳, 田島誉士, 平成20年度日本産業動物獣医学会(北海道),   2008年09月
Epidemic of bovine viral diarrhea virus (BVDV) infection originated from 3 persistently infected cattle on a farm during a 5-year period., 田島誉士, 佐野公洋, 第25回世界牛病学会,   2008年07月
Epidemiology and control of BVD and bovine leukosis in Japan, 田島 誉士, 韓国牛病学会2008,   2008年05月, 招待有り
北海道湧別町における牛ウイルス性下痢ウイルス感染に関する量的リスク評価., 門平睦代, 安富一郎, ジェニファーマルコフ, 田島誉士, 第144回日本獣医学会,   2007年08月
3頭の持続感染牛に起因した牛ウイルス性下痢ウイルスの一農家での流行とその清浄化対策, 田島誉士, 佐野公洋, 西修, 山下政秀, 山口麻衣子, 小林康治, 井上統, 平成19年度日本産業動物獣医学会(北海道),   2007年08月
牛ウイルス性下痢ウイルス感染症摘発のための検査材料の簡易な採取法., 田島誉士, 岡沢学, 安富一郎, 平成18年度日本産業動物獣医学会(北海道),   2006年09月
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛に対するウシインターフェロン-τおよびヒトインターフェロン-αの効果., 小原潤子, 西倉由美子, 田島誉士, 小沼操, 横溝祐一, 第142回日本獣医学会,   2006年09月
Easy sampling method for the detection of bovine viral diarrhea virus (BVDV) gene from persistently infected cattle with BVDV., 第24回世界牛病学会,   2006年07月
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛の体内におけるウイルス非構造蛋白NS2−3の開裂., 亀山健一郎, 迫田義博, 田島誉士, 喜田宏, 第141回日本獣医学会,   2006年04月
Easy sampling method for the detection of bovine viral diarrheaI virus (BVDV) gene from persistently infected cattle with BVDV, XXIV World Buiatrics Congress,   2006年
バルク乳中和抗体の検出による牛ウイルス性下痢ウイルスの浸潤状況調査., 田島誉士, 小佐々隆志, 安富一郎, 佐野公洋, 大橋和彦, 小沼操, 平成16年度日本産業動物獣医学会(北海道),   2004年08月
牛ウイルス性下痢ウイルスに対するバルク乳スクリーニング検査の有用性., 岡沢学, 安富一郎, 田島誉士, 小沼操, 平成16年度日本産業動物獣医学会(北海道),   2004年08月
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛の白血球ではウイルス非構造蛋白NS2−3は開裂している., 亀山健一郎, 迫田義博, 田島誉士, 中村成幸, 喜田宏, 第138回日本獣医学会,   2004年08月
The prevalent pattern of field isolates of bovine viral diarrhea virus in the world based on genotyping., 第23回世界牛病学会,   2004年07月
北海道内で確認された牛ウイルス性下痢症ウイルスの抗原遺伝子解析に基づく流行パターン., 平成15年度日本産業動物獣医学会,   2004年02月
北海道内で確認された牛ウイルス性下痢症ウイルスの抗原遺伝子解析に基づく流行パターン., 平成15年度日本産業動物獣医学会(北海道),   2003年09月
Prospective Study of Bovine Viral Diarrhea Virus (BVDV) Infection in Japan Based on the Phylogenetic Analysis of the Viral Gene, XXII World Buiatrics Congress,   2002年

作品

牛ウイルス性下痢ウイルスの牛群汚染様式に関する疫学的・免疫学的解明,   2010年
牛ウイルス性下痢ウイルス感染の清浄化対策:コホート研究によるリスク分析,   2006年 - 2009年
犬アレルギー性皮膚疾患診断のためのマイクロチップ技術の応用,   2009年
慢性疾病低減飼養管理技術の開発,   2004年 - 2006年
牛ウイルス性下痢症ウイルス感染牛の呈する非典型的臨床症状と病原因子との関連性,   2003年 - 2005年
平成17年度大動物臨床研究会研究助成,   2005年
生産衛生向上飼養管理技術の開発,   2001年 - 2003年
ウシウイルス性下痢症ウイルスの遺伝的多様性:貿易のための防疫対策確立,   2001年 - 2003年
ウシウイルス性下痢粘膜病ウイルスの抗原遺伝子解析による遺伝子型と病態との関連性,   2001年 - 2002年
ウシウイルス性下痢症ウイルス(BVDV)の遺伝的多様性と病態との関係,   2001年

MISC

牛ウイルス性下痢症の病態と対策, 田島 誉士, 臨床獣医37(7); 18-20, 37, (7) 18 - 20,   2019年07月, 招待有り
哺育育成牛の防疫対策, 田島 誉士, 臨床獣医, 37, (1) 55 - 57,   2019年01月, 招待有り
Mycoplasma bovis感染症における免疫抑制機序の解析, 後藤伸也, 今内覚, 岡川朋弘, 前川直也, 佐治木大和, 渡慧, 樋口豪紀, 小岩政照, 田島誉士, 鈴木定彦, 村田史郎, 大橋和彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 161st,   2018年08月21日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802255989334512
牛マイコプラズマ感染症における免疫抑制機序の解明, 後藤伸也, 今内覚, 岡川朋弘, 西森朝美, 前川直也, 樋口豪紀, 小岩政照, 田島誉士, 小原潤子, 加藤幸成, 鈴木定彦, 村田史郎, 大橋和彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 160th,   2017年08月30日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201702225838237517
乳牛におけるボルナ病ウイルス母子感染の分析疫学的相対リスク, 安藤達哉, 小林洋平, 近藤達成, 蒔田浩平, 田島誉士, 萩原克郎, 小岩政照, 北海道獣医師会雑誌, 59,   2015年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502206183800148
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛対策とは!?, 田島 誉士, 臨床獣医, 33, (7) 12 - 15,   2015年07月, 招待有り
BVDウイルス感染症の現状と対策, 田島 誉士, 家畜診療, 62, (1) 5 - 10,   2015年01月, 招待有り
牛の内科実習− 皮膚に異常を示す疾病の診断, 田島 誉士, 臨床獣医, 31, (6) 45 - 48,   2013年06月, 招待有り
知らぬ間に被害を及ぼす伝染病を防ぐには−牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)感染症, 田島 誉士, 酪農ジャーナル, (10) 32 - 34,   2013年, 招待有り
牛の内科実習− 牛ウイルス性下痢ウイルス感染症対策, 田島 誉士, 臨床獣医, 30, (6) 59 - 62,   2012年06月, 招待有り
牛ウイルス性下痢ウイルス感染症, 田島 誉士, 日獣会誌, 65, (2) 111 - 117,   2012年02月, 招待有り, 10.12935/jvma.65.111
牛白血病の感染予防対策 最終回 4 ある農場における清浄化の取り組み事例, 今内覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, Dairy Jpn, 56, (15) 63 - 65,   2011年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102222566313718
牛白血病の感染予防対策 —診療・生産現場からの声に対して—, 今内 覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, Dairy Japan, 12,   2011年12月, 招待有り
牛白血病の感染予防対策 3 牛白血病に対する風評被害と間違った知識とは?, 今内覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, Dairy Jpn, 56, (14) 38 - 40,   2011年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102228306592255
牛白血病の感染予防対策 牛白血病に対する風評被害と間違った知識とは?, 今内 覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, Dairy Japan, 11,   2011年11月, 招待有り
牛白血病の感染予防対策 —今からできる予防策とは?—, 今内 覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, Dairy Japan, 10,   2011年10月, 招待有り
現場で活かす酪農技術 牛白血病の感染予防対策 1 牛白血病はなぜ増えたのか?, 今内覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, Dairy Jpn, 56, (11) 53 - 55,   2011年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102231820114746
牛白血病の感染予防対策 —牛白血病はなぜ増えたのか?—, 今内 覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, Dairy Japan, 9,   2011年09月, 招待有り
ウイルスを原因とする牛白血病の防疫(感染牛を把握し、伝播リスクを抑える), 今内 覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, DAIRYMAN, 61,   2011年06月, 招待有り
牛白血病の感染防御対策, 今内 覚, 田島誉士, 小沼 操, 村田史郎, 大橋和彦, 北海道しゃくなげ会会報, 50,   2011年02月, 招待有り
国内の牛白血病の現状と今後の対策について, 今内 覚, 田島 誉士, 村田 史郎, 大橋 和彦, 牛臨床寄生虫研究会誌, 2,   2011年02月, 招待有り
牛白血病の正体と予防を考察する, 今内 覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, HOLSTEIN MAGAZINE, 505,   2011年01月, 招待有り
牛の内科実習− 牛ウイルス性下痢・粘膜病(BVD-MD), 田島 誉士, 臨床獣医, 29, (6) 45 - 49,   2011年, 招待有り
PI牛の発生を抑える効果的ワクチンはない−シリーズ バイオセキュリティーを見直す, 田島 誉士, デーリィマン, 61, (8) 30 - 31,   2011年, 招待有り
牛ウイルス性下痢ウイルスと繁殖障害, 加藤肇, 田島 誉士, 家畜診療, 57, (11) 689 - 691,   2010年11月
メガファームにおける取り組み紹介―牛白血病ウイルス感染伝播阻止トライアルの実例―, 今内覚, 安富一郎, 田島誉士, 村田史郎, 大橋和彦, 北海道獣医師会雑誌, 54,   2010年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002229697041443
増加傾向にある牛白血病の現状と対策 〜診療現場からの声に対して〜, 今内 覚, 田島 誉士, 小沼 操, 村田 史郎, 大橋 和彦, 産業動物臨床医学雑誌, 1,   2010年06月, 招待有り, 10.4190/jjlac.1.110
KLN205腫瘍細胞における光感受性物質BPD-MAの超音波力学的抗腫瘍効果に関する検討, 大崎智弘, 田島誉士, 日本レーザー医学会誌, 31,   2010年
増加傾向にある白血病の傾向と対策(2);診療・生産現場からの声に対して, 今内 覚, 田島誉士, 小沼 操, 大橋和彦, 家畜診療, 57, (4) 201 - 207,   2010年, 招待有り
BVDウイルス感染症の今, 田島 誉士, 家畜診療, 56, (12) 707 - 712,   2009年, 招待有り
牛白血病ウイルス感染症の現状と対策—清浄化への道、まず新たな感染を防ぐことからー, 今内 覚, 田島誉士, 小沼 操, 大橋和彦, 北獣会誌, 53, (9) 529 - 534,   2009年, 招待有り
犬の甲状腺機能低下症の診断基準としての化学発光免疫測定法(CLIA法)による甲状腺ホルモン値, 佐々木 東, 山崎 真大, 大田 寛, 田島 誉士, 前出 吉光, 北海道獣医師会雑誌, 50, (8) 77 - 77,   2006年08月
犬の皮膚病における血清アレルギー検査の臨床的意義, 原田絵梨子, 山崎真大, 佐藤裕之, 大田寛, 田島誉士, 前出吉光, 北海道獣医師会雑誌, 50,   2006年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902265166897799
リンパ節転移巣切除およびメルファラン投与を行った肛門嚢腺癌の犬の1例, 高木 哲, 星野 有希, 奥村 正裕, 田島 誉士, 藤永 徹, 獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery, 37,   2006年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019279237
牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)持続感染子牛, 小岩政照, 酒見蓉子, 田口清, 田島誉士, 大塚浩通, 佐野公洋, 高山直寛, 臨床獣医, 24, (4) 42 - 47,   2006年04月
イヌ・バベシア症(Babesia gibsoni感染症)急性期におけるひ臓の組織学的,免疫組織化学的,電子顕微鏡学的特徴, 大前省吾, 山崎真大, 田島誉士, 大和修, 前出吉光, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 126th,   1998年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902146867586950
網状赤血球内でBabesia gibsoniの増殖が高まる原因について, 山崎真大, 田島誉士, 大和修, 前出吉光, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 125th,   1998年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902148336952971
Laboratory of Internal Medicine, MAEDE Yoshimitsu, TAJIMA Motoshi, YAMATO Osamu, Japanese journal of veterinary research, 45, (1) 34 - 35,   1997年05月30日, http://hdl.handle.net/2115/2598
網状赤血球におけるBabesia gibsoni増殖促進因子に関する研究, 山崎真大, 田島誉士, 大和修, 前出吉光, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 123rd,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902159146245987
Babesia gibsoniの体外培養に関する研究 特に原虫増殖促進物質について, 浅野敬之, 山崎真大, 大和修, 田島誉士, 前出吉光, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 121st,   1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902145253366656
SERUM FROM THEILERIA SERGENTI-INFECTED CATTLE ACCELERATES THE CLEARANCE OF BOVINE ERYTHROCYTES IN SCID MICE, K HAGIWARA, M TSUJI, C ISHIHARA, M TAJIMA, T KUROSAWA, K TAKAHASHI, PARASITOLOGY RESEARCH, 81, (6) 470 - 474,   1995年07月, Anemia is a major clinical sign of Japanese bovine theileriosis caused by Theileria sergenti. To investigate the possible factors causing anemia in cattle, we developed a clearance test for bovine erythrocytes (Bo-RBC) in severe combined immunodeficient (SCID) mice. Clearance of Bo-RBC in the SCID mice was significantly accelerated when the mice were inoculated with a serum sample obtained from an infected calf during a highly parasitized phase but not when they were injected with a serum sample obtained during the convalescence phase. Acceleration of the clearance of Bo-RBC was also observed in mice treated with merozoite extract. Furthermore, the clearance of Bo-RBC that had been treated with merozoite extract was accelerated. A significant hemolytic activity in infected serum (highly parasitized phase) was observed. Activities sufficient to accelerate the clearance of Bo-RBC in SCID mice and to induce in vitro hemolysis of Bo-RBC were also observed with a merozoite extract from T. sergernti. The results suggest a possible linkage between the in vitro hemolysis of Bo-RBC and the acceleration of Bo-RBC clearance in SCID mice.
ウシパラインフルエンザウイルス3型,ウシRSウイルスおよびウシウイルス性下痢・粘膜病ウイルス感染のPCRによる検出, 桐沢 力雄, 荻窪 恭明, 田島 誉士, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 19, (1) 225 - 237,   1994年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000363077
牛白血球粘着異常症とその遺伝子診断, 田島 誉士, 桐沢 力雄, 高橋 清志, 獣医畜産新報, 46, (11) p929 - 932,   1993年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001680550
THEILERIA-SERGENTI INFECTION IN THE BO-RBC-SCID MOUSE MODEL, K HAGIWARA, M TSUJI, C ISHIHARA, M TAJIMA, T KUROSAWA, H IWAI, K TAKAHASHI, PARASITOLOGY RESEARCH, 79, (6) 466 - 470,   1993年08月, We have previously developed the Bo-RBC-SCID mouse model for Theileria sergenti infection. In the present study, this model was further examined to delineate the mode of parasite infection. The Bo-RBC-SCID mice were prepared by periodically transfusing uninfected bovine erythrocytes (Bo-RBCs) into splenectomized SCID mice via the intraperitoneal (i.p.) route. The mice, separated into three groups, were inoculated i.p., intravenously (i.v.), or subcutaneously (s.c.) with T. sergenti-infected Bo-RBCs. Examination of samples of peripheral blood demonstrated that the parasite infected mice inoculated via any one of the three routes. The mice inoculated i.v., however, developed parasitemia earlier than those inoculated i.p. or s.c. When Bo-RBC-SCID mice prepared without splenectomy were infected with T. sergenti, a high-level parasitemia appeared only once. After that, not only the level of parasitemia but also the number of Bo-RBCs in the peripheral blood rapidly decreased despite the continuation of Bo-RBC transfusions. The results suggest that T. sergenti proliferates primarily in the circulating blood in Bo-RBC-SCID mice and that in response to the parasites growth, the spleen may play an important role in the removal of both parasitized and unparasitized Bo-RBCs from the blood circulation.
ウシ白血球粘着異常症(BLAD)におけるCD18変異遺伝子の検出, 田島 誉士, 入江 充洋, 桐沢 力雄, 萩原 克郎, 黒沢 隆, 高橋 清志, The journal of veterinary medical science, 55, (1) 145 - 146,   1993年02月, 10.1292/jvms.55.145, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003915772, 肺炎および重度の歯肉炎を呈した5および9か月齢の2頭の子牛が, ウシ白血球粘着異常症(BLAD)と診断された. これらのBLAD子牛とそれぞれの母牛(キャリアー牛)の白血球粘着分子CD18をコードする遺伝子をPCR法および制限酵素処理法により検索した. BLAD牛およびキャリアー牛のCD18をコードするmRNAと健康牛のmRNAのそれぞれ一部をPCR法により増幅し比較したところ, ヒト症例において報告されているようなmRNAの大きさの違いは認められなかった. しかし, ヒト症例において報告されている点突然変異部を含む領域をPCR法で増幅し, TaqIにより制限酵素処理したところ, 切断パターンの明らかな違いが確認された. したがって, ヒト症例の一家系において報告されている点突然変異が, BLADにおいても生じていることが示唆された. 本法は, 変異した遺伝子を持つキャリアー牛の摘発にも有効であると考えられた.
THE BO-RBC-SCID MOUSE MODEL FOR EVALUATING THE EFFICACY OF ANTI-THEILERIAL DRUGS, K HAGIWARA, M TSUJI, C ISHIHARA, M TAJIMA, T KUROSAWA, H IWAI, K TAKAHASHI, INTERNATIONAL JOURNAL FOR PARASITOLOGY, 23, (1) 13 - 16,   1993年02月, We have previously developed a mouse model which allowed the proliferation of Theileria sergenti in severe combined immunodeficiency (SCID) mice with circulating bovine erythrocytes (Bo-RBC). In the present study, this model was utilized to test the efficacy of anti-theilerial drugs. Bo-RBC-SCID mice were created by giving periodic transfusions of T. sergenti-free Bo-RBC, and subsequently infecting with T. sergenti. Three anti-protozoal compounds, Pamaquine (Yamanouchi Pharmaceutical Co. Ltd), Ganaseg (Japan CIBA-GEIGY Ltd) and Buparvaquone (Coopers Animal Health Ltd), were subcutaneously administered into the mice at doses recommended for cattle therapy. Blood examinations demonstrated that all three drugs significantly reduced the level of parasitemia although Ganaseg was effective only at a dose five times higher than that recommended for cattle therapy. Administration of the drugs neither caused any sign of acute toxicity nor changed the rate of Bo-RBC in the SCID mice's circulating blood cells. The results indicate that the Bo-RBC-SCID mouse model may offer a useful in vivo system for evaluating the efficacy of anti-protozoal drugs against T. sergenti.
イヌの正常染色体の各種染色法による核形解析, 藤永 徹, 山下 満, 吉田 廸弘, 水野 信哉, 田島 誉士, 岡本 芳晴, 大友 勘十郎, 日本獣医学雑誌, 51, (2) 294 - 299,   1989年04月15日, http://id.ndl.go.jp/bib/3238085, 正常イヌの培養白血球から染色体標本を作製し,それらについてG-,Q-,C-およびN-バンド染色を施し,各々のバンドパターンを解析した.雌イヌの正常染色体は38対・76本の端部着糸型染色体と,XおよびYの性染色体からなり,そのG-およびQ-バンドパターンはManolacheら(1976)によって報告されたそれらとほぼ一致することが追認された.C-バンドは第7,26,34,35,37および38番目の6対・12本の染色体の動原体部に存在することが確認された.さらに,これまで未報告であったイヌの染色体上のN-バンド,すなわち仁形成部位は第7,9および22番目の3対・6本の染色体の末端部に存在することが始めて確認された.
犬可移植性肉腫再接種犬におけるリンパ球の役割, 水野 信哉, 藤永 徹, 田島 誉士, 大友 勘十郎, 小池 壽男, 日本獣医学雑誌, 51, (1) 86 - 95,   1989年02月15日, http://id.ndl.go.jp/bib/3224868, 可移植性肉腫再接種犬におけるリンパ球の役割を組織学的および免疫学的に検討した.腫瘍は再接種後3日目に発現し,6日目には退縮し始め,15日目にはほぼ消失した.再接種後早期より肉腫組織内にリンパ球が浸潤し,肉腫細胞はリンパ球に囲環され,変性・脱落した.これらリンパ球の大部分は胸腺抗原陽性細胞であった.腫痕の成長に伴い,末梢血リンパ球および胸腺抗原陽性リンパ球の増加が認められたが,表面免疫グロブリン陽性リンパ球には著変は認められなかった.マイトジェンに対する末梢リンパ球の幼若化能は,再接種後早期に著明な上昇を認め,腫瘍の退縮に伴い低下した.以上の結果から,in vivoでは胸腺抗原陽性リンパ球が犬可移植性肉腫の退行に重要な役割を果し,in vivoではリンパ球の幻若化能が再接種後すみやかに増強されることが示された.
イヌの皮下に発生した巨大な血管肉腫の1例, 藤永徹, 諏訪隆彦, 成清美智代, 奥村正裕, 井上久美子, 滝口満喜, 村上正晃, 田島誉士, 大友勘十郎, 日本獣医師会雑誌, 42,   1989年
犬可移植性肉腫(CTS)のX線照射マウスおよびヌードマウスへの移植 (短報), 岡本 芳晴, 藤木 徹, 田島 誉士, 大友 勘十郎, 小池 壽男, 日本獣医学雑誌, 50, (1) 283 - 285,   1988年02月15日, http://id.ndl.go.jp/bib/3173555, 犬の可移植性性器肉腫由来CTS細胞を皮下接種されたX線照射マウスでは,接種10日後に直径約8mmの腫瘤が形成されて後,徐々に退縮した. ヌードマウスではCTSの発育は緩慢で,接種17週後に最大直径約6〜8mmに達し,ヌードマウスから得られたCTS細胞を幼犬皮下に継代接種したところ,接種7週後に直径約1cmの腫瘤が形成された.
エチジウムブロマイドを用いたウマ末梢血リンパ球幼若化機能検査法, 田島 誉士, 藤永 徹, 小池 寿男, 岡本 芳晴, 大友 勘十郎, 日本獣医学雑誌, 49, (3) 567 - 570,   1987年06月15日, http://id.ndl.go.jp/bib/3147276, エチジウムブロマイドを用いてウマ末梢血リンパ球幼若化機能検査法を検討した。その反応条件を設定するとともに, 本法の有用性を検討するためトリチウムーチミジン取り込み法と比較したところ, 両者に高い正の相関関係が認められ, 本法はウマにおいて有用であると考えられた。

受賞

  2009年, 日本獣医学会賞
  2003年, 日本産業動物獣医学会(北海道)地区学会長賞

競争的資金

日本学術振興会, 科学研究費基盤研究(B), 潜在性感染症としての牛ウイルス性下痢ウイルス対策:牛群間伝播様式の解明と防疫法
日本学術振興会, 科学研究費基盤研究(B), 牛ウイルス性下痢ウイルスの牛群汚染様式に関する疫学的・免疫学的解明
日本学術振興会, 科学研究費基盤研究(B), 牛ウイルス性下痢ウイルス感染の清浄化対策:コホート研究によるリスク分析
日本学術振興会, 科学研究費基盤研究(B), 牛ウイルス性下痢症ウイルス感染牛の呈する非典型的臨床症状と病原因子との関連性
農林水産省, 家畜生産衛生向上対策事業, 生産衛生向上飼養管理技術の開発—感染症
日本学術振興会, 科学研究費基盤研究B(2)海外, ウシウイルス性下痢症ウイルスの遺伝的多様性:貿易のための防疫対策確立
日本学術振興会, 科学研究費基盤研究C(2), ウシウイルス性下痢粘膜病ウイルスの抗原遺伝子解析による遺伝子型と病態との関連性
北海道大学, 総長裁量経費教育研究用設備充実費, 獣医学臨床教育指導システム
文部省, 科学研究費基盤研究(B), シグナル伝達から見た牛白血球粘着不全症(BLAD)の生体防御欠損機構の解析
文部省, 科学研究費奨励研究A, ウシウイルス性下痢粘膜病における免疫寛容成立機序の解明とその予防法の確立
文部省, 科学研究費一般研究B, 家畜バベシア症の貧血発生機序の解明とその病態制御
文部省, 科学研究費総合研究A, 動物における難治性疾患の分子機構に関する研究
文部省, 科学研究費奨励研究A, ウシの白血球粘着異常症の遺伝子治療に関する基礎的研究
秋山財団, 奨励研究, 牛の白血球粘着異常症の遺伝子治療に関する基礎的研究
文部省, 科学研究費奨励研究A, PCR増幅パターンに変化のある牛ウイルス性下痢粘膜病ウイルスの遺伝子解析
文部省, 科学研究費総合研究A, 獣医臨床DNA診断の確立
文部省, 科学研究費奨励研究A, 牛ウイルス性下痢粘膜病ウイルスの遺伝子型と併発症との関係
文部省, 科学研究費奨励研究A, 牛ウイルス性下痢粘膜病ウイルスによる糖尿病発症機序の解明
伊藤記念財団, 牛ウイルス性疾患のPCR法による診断
文部省, 科学研究費奨励研究A, 牛ウイルス性下痢-粘膜病罹患牛における糖尿病発症機序の解明
文部省, 科学研究費奨励研究A特, ウマ、ウシおよびイヌの末梢血リンパ球幼若化反応における反応性の違いに関する研究
Genetical analyses of bovine herditary disorders and viral infectious diseases
ホクサイテック財団, 研究開発シーズ育成事業, 家畜の感染病ならびに遺伝病の分子・遺伝子レベルでの解析

教育活動情報

担当経験のある科目

産業動物臨床学実習B, 酪農学園大学
産業動物臨床学実習A, 酪農学園大学
臨床学総論, 酪農学園大学
馬・中小家畜臨床学, 酪農学園大学
産業動物臨床学B, 酪農学園大学
病院実習専修コース, 酪農学園大学
クリニカルローテーション, 酪農学園大学
内科学実習A, 酪農学園大学
獣医内科学実習, 酪農学園大学
診断治療学実習, 北海道大学
生産獣医療学演習, 北海道大学
獣医専門科診療実習, 北海道大学
臨床総合実習, 北海道大学
産業動物内科学, 北海道大学
産業動物臨床学A, 酪農学園大学
獣医臨床学総論, 酪農学園大学
循環器呼吸器内科学, 酪農学園大学
生産動物内科学総論, 酪農学園大学
消化器内科学, 酪農学園大学
家畜疾病学, 北海道大学
獣医内科学, 北海道大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2017年11月21日 - 2017年11月21日, 牛ウイルス性下痢粘膜病(BVD-MD)の現状と対策, 講師, 鹿児島県家畜畜産物衛生指導協会
  2017年08月04日 - 2017年08月04日, BVD-MDの防疫対策について, 講師, 全国酪農業協同組合連合会
  2017年03月07日 - 2017年03月08日, 牛ウイルス性下痢粘膜病(BVD−MD)の現状と対策について, 講師, 静岡県東部および西部家畜保健衛生推進協議会
  2016年11月21日 - 2017年01月26日, BVDウイルス感染症jの病態と対策, 講師, 中央畜産会
  2016年09月16日 - 2016年09月16日, 大分県畜産協会, その他
  2016年09月16日 - 2016年09月16日, BVDV感染症の現状と今後の衛生対策j, 講師, 群馬県JAあがつま酪農部
  2016年09月16日, BVDV感染症の現状と対策, 講師, 大分県畜産協会
  2016年09月06日 - 2016年09月06日, JAあがつま, その他
  2014年05月31日 - 2016年05月30日, 北海道農業共済組合連合会, その他
  2015年02月02日 - 2016年03月28日, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業, その他
  2016年02月18日 - 2016年02月18日, 長野県松本家畜保健衛生所, その他
  2016年02月18日, 牛ウイルス性下痢粘膜病(BVD-MD)の病態と衛生対策について, 講師, 長野県松本家畜保健衛生所
  2015年11月05日 - 2015年11月06日, 北海道酪農技術セミナー, その他
  2015年10月28日 - 2015年10月28日, 北海道農政部, その他
  2015年08月03日 - 2015年08月04日, 化血研, その他
  2015年07月11日 - 2015年07月12日, 九州沖縄産業動物臨床研究会, その他
  2015年02月24日 - 2015年02月24日, 陸別町, その他
  2014年12月01日, 日本学術振興会, その他
  2014年08月21日 - 2014年08月21日, 北海道公共牧場会, その他
  2014年06月, 農林水産省獣医事審議会, その他
  2014年02月10日 - 2014年03月28日, 平成26年度「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」, その他
  2014年02月 - 2014年03月, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業, その他
  2014年01月09日 - 2014年01月09日, 道南獣医師会, その他
  2013年11月07日 - 2013年11月08日, 株式会社微生物化学研究所, その他
  2013年11月02日 - 2013年11月02日, 鹿児島県家畜臨床研究会、鹿児島県獣医師会、ゾエティス, その他
  2013年10月24日 - 2013年10月24日, 北海道農政部, その他
  2013年07月17日 - 2013年07月17日, 栃木県獣医師会, その他
  2011年07月 - 2013年07月, 日本学術振興会, その他
  2013年07月01日, さっぽろ獣医師会, その他
  2013年06月, 北海道獣医師会石狩支部, その他
  2013年05月30日 - 2013年05月30日, JA道央恵庭・北広島営農センター, その他
  2013年02月13日 - 2013年02月14日, 陸別町, その他
  2010年02月 - 2013年02月, ゼノアック, その他
  2012年11月20日 - 2012年11月20日, 道央農協, その他
  2011年11月 - 2012年04月, 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, その他
  2012年04月, 家畜感染症学会, その他
  2011年05月 - 2011年05月, 北海道獣医師会オホーツク支部, その他
  2011年04月, 北海道獣医師会, その他
  2010年09月 - 2010年09月, 北海道農業共済組合連合会, その他
  2007年11月 - 2007年11月, 北海道獣医師会根室支部, その他
  2006年11月 - 2006年11月, 北海道獣医師会留萌支部, その他
  2004年12月 - 2004年12月, 北海道獣医師会胆振支部, その他
  2003年11月 - 2003年11月, 北海道獣医師会石狩支部, その他
  2002年02月 - 2002年02月, 日本獣医師会, その他
  1999年05月 - 1999年05月, 酪農学園大学エクステンションセンター, その他
  1999年03月 - 1999年03月, 北海道大学獣医学学術交流基金群, その他
  1996年07月 - 1996年07月, 全農, その他
  1995年06月 - 1996年06月, 北海道農業共済組合連合会, その他
  1996年04月, 日本獣医学会, その他
  1993年03月 - 1993年03月, 北海道家畜衛生技術協議会, その他
  1992年12月 - 1992年12月, 北海道, その他


教員総覧