獣医学群・獣医学類
教員 桐澤力雄 キリサワ リキオ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2021/03/04

研究者基本情報

氏名

桐澤力雄
キリサワ リキオ

所属(マスタ)

獣医学群・獣医学類, 教員

所属・職名

獣医学群 獣医学類
教授

学歴

 - 1982年, 北海道大学大学院, 獣医学研究科修士課程
 - 1980年03月, 北海道大学, 獣医学部

学位

博士(獣医学), 北海道大学

所属学協会

日本分子生物学会
日本免疫学会
日本ウイルス学会
日本獣医学会

研究活動情報

研究分野

ライフサイエンス, 獣医学, 獣医ウイルス学
ライフサイエンス, 獣医学, 獣医ウイルス学
ライフサイエンス, 獣医学, 獣医ウイルス学

研究キーワード

ポックスウイルス,
レオウイルス,
下痢ウイルス,
レトロウイルス,
ウマ,
サイトカイン,
ヘルペスウイルス,

論文

Period of excretion of equine herpesvirus 3 (EHV-3) from a stallion before showing clinical signs of equine coital exanthema and the effect of acyclovir treatment on the duration of EHV-3 excretion, Yuko TOISHI, Nobuo TSUNODA, Rikio KIRISAWA, Journal of Veterinary Medical Science, Journal of Veterinary Medical Science, 82, (9) 1299 - 1305,   2020年09月, 査読有り
Introduction of a plasmid and a protein into bovine and swine cells by water-in-oil droplet electroporation, Takeshi Ishino, Hirofumi Kurita, Rikio Kirisawa, Yoshinori Shimamoto, Rika Numano, Hiroshi Kitamura, Journal of Veterinary Medical Science, Journal of Veterinary Medical Science, 82, (1) 14 - 22,   2020年01月, 査読有り
Isolation of an Equine Foamy Virus and Sero-Epidemiology of the Viral Infection in Horses in Japan., Kirisawa R, Toishi Y, Hashimoto H, Tsunoda N, Viruses, Viruses, 11, (7) ,   2019年07月, 査読有り
Countermeasures for avian influenza outbreaks among captive avian collections at zoological gardens and aquariums in Japan., Kakogawa M, Onuma,M, Kirisawa R, Asakawa M, J. Microbiol.Exp., J. Microbiol.Exp., 7, (3) 167 - 171,   2019年06月, 査読有り
Isolation and molecular characterization of a variant of Chinese gC-genotype II pseudorabies virus from a hunting dog infected by biting a wild boar in Japan and its pathogenicity in a mouse model., Minamiguchi K, Kojima S, Sakumoto K, Kirisawa R, Virus genes, Virus genes, 55, (3) 322 - 331,   2019年06月, 査読有り
Evaluation of the chemiluminescent enzyme immunoassay system for the measurement of testosterone in the serum and whole blood of stallions, J Reprod Dev., J Reprod Dev., 64, (1) 41 - 47,   2018年02月, 査読有り
Establishment of protocol for preparation of gene-edited bovine ear-derived fibroblasts for somatic cell nuclear transplantation, Takeshi Ishino, Mayuko Hashimoto, Misato Amagasa, Natsuko Saito, Osamu Dochi, Rikio Kirisawa, Hiroshi Kitamura, Biomedical Research (Japan), Biomedical Research (Japan), 39, (2) 95 - 104,   2018年, 査読有り
Evaluation of calcium hydrogen carbonate mesoscopic crystals as a disinfectant for influenza A viruses, Ryuji Nakashima, Masaomi Kawamoto, Shigeru Miyazaki, Rumiko Onishi, Koichi Furusaki, Maho Osaki, Rikio Kirisawa, Akikazu Sakudo, Takashi Onodera, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 79, (5) 939 - 942,   2017年05月, 査読有り
Occurrence of equine coital exanthema (ECE) in stallions in Japan and effectiveness of treatment with valacyclovir for ECE, Yuko Toishi, Nobuo Tsunoda, Rikio Kirisawa, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 79, (3) 632 - 635,   2017年03月, 査読有り
Isolation of equine herpesvirus 3 (EHV-3) from equine coital exanthema of two stallions and sero-epidemiology of EHV-3 infection in Japan, Rikio Kirisawa, Yuko Toishi, Ai Akamatsu, Kosuke Soejima, Taisuke Miyashita, Nobuo Tsunoda, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 79, (3) 636 - 643,   2017年03月, 査読有り
The full genome sequences of 8 equine herpesvirus type 4 isolates from horses in Japan, Satoko Izume, Rikio Kirisawa, Kenji Ohya, Aiko Ohnuma, Takashi Kimura, Tsutomu Omatsu, Yukie Katayama, Tetsuya Mizutani, Hideto Fukushi, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 79, (1) 206 - 212,   2017年01月, 査読有り
Isolation and genomic characterization of a novel orthoreovirus from a brown-eared bulbul (Hypsipetes amaurotis) in Japan, Yoshitaka Ogasawara, Hiromi Ueda, Naoya Kikuchi, Rikio Kirisawa, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 96, (Pt 7) 1777 - 1786,   2015年07月, 査読有り
Identification and functional characterization of novel feline cytochrome P450 2A, Gaku Okamatsu, Tetsuya Komatsu, Akira Kubota, Takenori Onaga, Tsuyoshi Uchide, Daiji Endo, Rikio Kirisawa, Guojun Yin, Hiroki Inoue, Takio Kitazawa, Yasuhiro Uno, Hiroki Teraoka, XENOBIOTICA, XENOBIOTICA, 45, (6) 503 - 510,   2015年06月, 査読有り
The haemagglutination activity of equine herpesvirus type 1 glycoprotein C, Kiyohiko Andoh, Shiho Hattori, Hassan Y. A. H. Mahmoud, Maaya Takasugi, Hiroshi Shimoda, Hiroshi Bannai, Koji Tsujimura, Tomio Matsumura, Takashi Kondo, Rikio Kirisawa, Masami Mochizuki, Ken Maeda, VIRUS RESEARCH, VIRUS RESEARCH, 195, 172 - 176,   2015年01月, 査読有り
Genomic Reassortants of Pandemic A (H1N1) 2009 Virus and Endemic Porcine H1 and H3 Viruses in Swine in Japan, Rikio Kirisawa, Yoshitaka Ogasawara, Hayato Yoshitake, Asuka Koda, Tokujiro Furuya, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 76, (11) 1457 - 1470,   2014年11月, 査読有り
牛鼻炎Bウイルスと牛アデノウイルス7型に対する各処理を施した消毒液の抗ウイルス効果, 桐沢力雄, 川本哲, 永幡肇, 日本獣医師会雑誌, 日本獣医師会雑誌, 65, (11) 864 - 870,   2012年12月, 査読有り
Changes in acute-phase proteins and cytokines in serum and milk whey from dairy cows with naturally occurring peracute mastitis caused by Klebsiella pneumoniae and the relationship to clinical outcome., Keiichi Hisaeda, Haruki Arima, Takahisa Sonobe, Masanobu Nasu, Katsuro Hagiwara, Rikio Kirisawa, Tatsufumi Takahashi, Naoya Kikuchi, Hajime Nagahata, The Journal of veterinary medical science, The Journal of veterinary medical science, 73, (11) 1399 - 404,   2011年11月, 査読有り
Virological and Serological Studies of Porcine Respiratory Coronavirus Infection on a Japanese Farm, Yoshihide Usami, Katsuhiko Fukai, Yutaka Ichikawa, Yo Okuda, Isao Shibata, Chihiro Motoyama, Kunitoshi Imai, Rikio Kirisawa, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 70, (9) 929 - 936,   2008年09月, 査読有り
Localization of CCK-1 R in the omasum and role of CCK in the regulation of ornasal contractions in sheep, Takenori Onaga, Aya Sugita, Rena Wakaiki, Ichiro Hara, Kanji Kagawa, Rikio Kirisawa, Hideaki Hayashi, DOMESTIC ANIMAL ENDOCRINOLOGY, DOMESTIC ANIMAL ENDOCRINOLOGY, 35, (2) 231 - 244,   2008年08月, 査読有り
Detection of bovine torovirus in fecal specimens of calves with diarrhea in Japan, Rikio Kirisawa, Ai Takeyama, Masateru Koiwa, Hiroshi Iwai, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 69, (5) 471 - 476,   2007年05月, 査読有り
Effect of heat on synthesis of gelatinases and pro-inflammatory cytokines in equine tendinocytes, Yoshinao Hosaka, Sachiko Ozoe, Rikio Kirisawa, Hiromi Ueda, Kazushige Takehana, Mamoru Yamaguchi, BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 27, (5) 233 - 241,   2006年10月, 査読有り
Molecular characterization and functional expression of equine interleukin-1 type I and type II receptor cDNAs., Rikio Kirisawa, Norikazu Hashimoto, Mizuho Tazaki, Hitoki Yamanaka, Risako Ishii, Katsuro Hagiwara, Hiroshi Iwai, Veterinary immunology and immunopathology, Veterinary immunology and immunopathology, 109, (3-4) 219 - 31,   2006年02月15日, 査読有り
Isolation of equine herpesvirus-1 lacking glycoprotein C from a dead neonatal foal in Japan, R Kirisawa, Y Hosoi, R Yamaya, H Taniyama, M Okamoto, N Tsunoda, K Hagiwara, H Iwai, ARCHIVES OF VIROLOGY, ARCHIVES OF VIROLOGY, 150, (12) 2549 - 2565,   2005年12月, 査読有り
Development of a sandwich ELISA assay for measuring bovine soluble type II IL-1 receptor (IL1R2) concentration in serum and milk., Katsuro Hagiwara, Keiko Kitajima, Hitoki Yamanaka, Rikio Kirisawa, Hiroshi Iwai, Cytokine, Cytokine, 32, (3-4) 132 - 6,   2005年11月03日, 査読有り
Differences in tumor necrosis factor (TNF)alpha and TNF receptor-1-mediated intracellular signaling factors in normal, inflamed and scar-formed horse tendons, Y Hosaka, R Kirisawa, H Ueda, M Yamaguchi, K Takehana, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 67, (10) 985 - 991,   2005年10月, 査読有り
The role of IFN-gamma in cattle infected with Theirelia sergenti., Katsuro Hagiwara, Masafumi Tokuda, Tomohisa Baba, Hitoki Yamanaka, Rikio Kirisawa, Masayoshi Tsuji, Chiaki Ishihara, Hiroshi Iwai, Veterinary parasitology, Veterinary parasitology, 127, (2) 105 - 10,   2005年01月20日, 査読有り
Enzootic intranasal tumour virus infection in apparently healthy sheep in Japan., Kawasako K, Okamoto M, Kurosawa T, Nakade T, Kirisawa R, Miyashou T, Komine M, Go T, Imazu S, Takeuchi N, Tomonaga K, Ikuta K, Akihara Y, Shimoyama Y, Hirayama K, Taniyama H, Vet Rec., Vet Rec., 157, (4) 118 - 120,   2005年, 査読有り
Species-independent detection of RNA virus by representational difference analysis using non-ribosomal hexanucleotides for reverse transcription, D Endoh, T Mizutani, R Kirisawa, Y Maki, H Saito, Y Kon, S Morikawa, M Hayashi, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 33, (6) ,   2005年, 査読有り
Downregulation of decorin and transforming growth factor-beta 1 by decorin gene suppression in tendinocytes, Y Hosaka, R Kirisawa, N Mafune, K Takehana, CONNECTIVE TISSUE RESEARCH, CONNECTIVE TISSUE RESEARCH, 46, (1) 9 - 17,   2005年01月, 査読有り
Changes in interleukin-6 concentration in peripheral blood of pre- and post-partum dairy cattle and its relationship to postpartum reproductive diseases., Yukikazu Ishikawa, Ken Nakada, Katsuro Hagiwara, Rikio Kirisawa, Hiroshi Iwai, Masaharu Moriyoshi, Yutaka Sawamukai, The Journal of veterinary medical science, The Journal of veterinary medical science, 66, (11) 1403 - 8,   2004年11月, 査読有り
Distribution of TNF receptors and TNF receptor-associated intracellular signaling factors on equine tendinocytes in vitro, Y Hosaka, Y Sakamoto, R Kirisawa, T Watanabe, H Ueda, K Takehana, M Yamaguchi, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 52, (3) 135 - 144,   2004年11月, 査読有り
Growth of recombinant equine herpesvirus 1 (EHV-1) replaced with passage-induced mutant gene 1 and gene 71 derived from an attenuated EHV-1 in cell cultures and in the lungs of mice, R Kirisawa, T Kobayashi, R Uematsu, A Ikeda, R Kuroiwa, A Urakami, H Iwai, VETERINARY MICROBIOLOGY, VETERINARY MICROBIOLOGY, 95, (3) 159 - 174,   2003年09月, 査読有り
Experimental vertical transmission of Borna disease virus in the mouse, M. Okamoto, K. Hagiwara, W. Kamitani, T. Sako, K. Hirayama, R. Kirisawa, M. Tsuji, C. Ishihara, H. Iwai, T. Kobayashi, K. Tomonaga, K. Ikuta, H. Taniyama, Archives of Virology, Archives of Virology, 148, (8) 1557 - 1568,   2003年08月, 査読有り
Transient detection of proinflammatory cytokines in sera of colostrum-fed newborn calves., Hitoki Yamanaka, Katsuro Hagiwara, Rikio Kirisawa, Hiroshi Iwai, The Journal of veterinary medical science, The Journal of veterinary medical science, 65, (7) 813 - 6,   2003年07月, 査読有り
Proinflammatory cytokines in bovine colostrum potentiate the mitogenic response of peripheral blood mononuclear cells from newborn calves through IL-2 and CD25 expression., Hitoki Yamanaka, Katsuro Hagiwara, Rikio Kirisawa, Hiroshi Iwai, Microbiology and immunology, Microbiology and immunology, 47, (6) 461 - 8,   2003年, 査読有り
Analysis of serum cytokine profile in a holstein heifer with leukocyte adhesion deficiency which survived for long period., Hajime Nagahata, Katsuro Hagiwara, Hidetoshi Higuchi, Rikio Kirisawa, Hiroshi Iwai, The Journal of veterinary medical science, The Journal of veterinary medical science, 64, (8) 683 - 7,   2002年08月, 査読有り
Borna disease in a dog in Japan, M Okamoto, Y Kagawa, W Kamitani, K Hagiwara, R Kirisawa, H Iwai, K Ikuta, H Taniyama, JOURNAL OF COMPARATIVE PATHOLOGY, JOURNAL OF COMPARATIVE PATHOLOGY, 126, (4) 312 - 317,   2002年05月, 査読有り
Borna disease in a heifer in Japan, M Okamoto, H Furuoka, K Hagiwara, W Kamitani, R Kirisawa, K Ikuta, H Taniyama, VETERINARY RECORD, VETERINARY RECORD, 150, (1) 16 - 18,   2002年01月, 査読有り
Equine Borna disease in Japan, H Taniyama, M Okamoto, K Hirayama, K Hagiwara, R Kirisawa, W Kamitani, N Tsunoda, K Ikuta, VETERINARY RECORD, VETERINARY RECORD, 148, (15) 480 - 482,   2001年04月, 査読有り
Mucosal disease induced in cattle persistently infected with bovine viral diarrhea virus by antigenically different cytopathic virus, H Sentsui, T Nishimori, R Kirisawa, A Morooka, ARCHIVES OF VIROLOGY, ARCHIVES OF VIROLOGY, 146, (5) 993 - 1006,   2001年, 査読有り
Oral administration of IL-1 beta enhanced the proliferation of lymphocytes and the O(2)(-) production of neutrophil in newborn calf, Hagiwara K, Yamanaka H, Higuchi H, Nagahata H, Kirisawa R, Iwai H, Vet Immunol Immunopathol, Vet Immunol Immunopathol, 81, (1-2) ,   2001年
Concentrations of IL-6 in serum and whey from healthy and mastitic cows, Hagiwara K, Yamanaka H, Hisaeda K, Taharaguchi S, Kirisawa R, Iwai H, Vet Res Commun, Vet Res Commun, 25, (2) ,   2001年
Detection of cytokines in bovine colostrum, K Hagiwara, S Kataoka, H Yamanaka, R Kirisawa, H Iwai, VETERINARY IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, VETERINARY IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, 76, (3-4) 183 - 190,   2000年10月, 査読有り
Detection of Borna disease virus in a pregnant mare and her fetus., Hagiwara K, Kamitani W, Takamura S, Taniyama H, Nakaya T, Tanaka H, Kirisawa R, Iwai H, Ikuta K, Veterinary Microbiology, Veterinary Microbiology, 72, (3-4) 207 - 216,   2000年03月, 査読有り
ウシ急性乳房炎におけるIFN-γ動態, 江口 純子, 久枝 啓一, 山中 仁木, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 128回, 255 - 255,   1999年09月, 査読有り
ウシIL-1レセプターアンタゴニスト検出ELISAの確立とそのウシ臨床試料への応用, 山中 仁木, 久枝 啓一, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 127回, 138 - 138,   1999年03月, 査読有り
Effects of lipopolysaccharide on production of interleukin-1 and interleukin-6 by bovine mammary epithelial cells in vitro, H Okada, H Ohtsuka, S Kon-Nai, R Kirisawa, Y Yokomizo, T Yoshino, TJ Rosol, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 61, (1) 33 - 35,   1999年01月, 査読有り
急性乳房炎罹患牛における血清及び乳清中のIL-6,TNF-αの推移, 久枝 啓一, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 126回, 61 - 61,   1998年08月, 査読有り
サンドイッチELISA法によるウシ血清及び乳清中のIL-6,TNF-αの検出, 萩原 克郎, 高柳 博之, 久枝 啓一, 桐沢 力雄, 岩井 浤, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 125回, 272 - 272,   1998年03月, 査読有り
Protective effect of passive immunization against TNF-alpha in mice infected with Sendai virus, H Iwai, A Morioka, Y Shoya, Y Obata, M Goto, R Kirisawa, H Okada, T Yoshino, EXPERIMENTAL ANIMALS, EXPERIMENTAL ANIMALS, 47, (1) 49 - 54,   1998年01月, 査読有り
Abnormal G1 arrest in the cell lines from LEC strain rats after X-irradiation, M Hayashi, K Uehara, R Kirisawa, D Endoh, S Arai, T Okui, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 59, (9) 769 - 773,   1997年09月, 査読有り
Detection of interleukin-1 and interleukin-6 on cryopreserved bovine mammary epithelial cells in vitro, H Okada, T Ito, H Ohtsuka, R Kirisawa, H Iwai, K Yamashita, TO Yoshino, TJ Rosol, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 59, (7) 503 - 507,   1997年07月, 査読有り
Detection of interleukin-1 beta in sera and colostrum of dairy cattle and in sera of neonates, M Goto, M Maruyama, K Kitadate, R Kirisawa, Y Obata, M Koiwa, H Iwai, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 59, (6) 437 - 441,   1997年06月, 査読有り
Distribution of bovine immunodeficiency virus in the organs of experimentally infected cows, Tajima,M, Sato,N, Kirisawa,R, Onuma,M, Maede,Y, Japanese Journal of Veterinary Research, Japanese Journal of Veterinary Research, 45, (3) 163 - 167,   1997年, 査読有り
Nucleotide sequences of open reading frames 1, 24 and 71 of an attenuated equine herpesvirus-1, Rikio Kirisawa, Tsutomu Kobayashi, Yoshimi Kawakami, Hiroshi Iwai, Journal of Equine Science, Journal of Equine Science, 7, (4) 79 - 87,   1996年, 査読有り
GROWTH AND PROTECTIVE POTENTIALS OF ATTENUATED STRAINS OF EQUID HERPESVIRUS-1 IN THE LUNGS OF MICE, R KIRISAWA, M TERADA, N SEKIYA, Y KAWAKAMI, H IWAI, JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES B-ZENTRALBLATT FUR VETERINARMEDIZIN REIHE B-INFECTIOUS DISEASES AND VETERINARY PUBLIC HEALTH, JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES B-ZENTRALBLATT FUR VETERINARMEDIZIN REIHE B-INFECTIOUS DISEASES AND VETERINARY PUBLIC HEALTH, 42, (7) 391 - 396,   1995年09月, 査読有り
ATTEMPT TO DISCRIMINATE BETWEEN BOVINE VIRAL-DIARRHEA VIRUS-STRAINS USING POLYMERASE CHAIN-REACTION, M TAJIMA, R KIRISAWA, M TAGUCHI, H IWAI, Y KAWAKAMI, K HAGIWARA, H OHTSUKA, H SENTSUI, K TAKAHASHI, JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES B-ZENTRALBLATT FUR VETERINARMEDIZIN REIHE B-INFECTIOUS DISEASES AND VETERINARY PUBLIC HEALTH, JOURNAL OF VETERINARY MEDICINE SERIES B-ZENTRALBLATT FUR VETERINARMEDIZIN REIHE B-INFECTIOUS DISEASES AND VETERINARY PUBLIC HEALTH, 42, (5) 257 - 265,   1995年07月, 査読有り
A BIOASSAY FOR BOVINE INTERLEUKIN-1 BY THE A375 CELL-GROWTH INHIBITION, M GOTO, R KIRISAWA, M TAJIMA, K TAKAHASHI, H IWAI, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 57, (3) 523 - 525,   1995年06月, 査読有り
COMPARISON OF THE GENOMES OF ATTENUATED EQUINE HERPESVIRUS-1 STRAINS WITH THEIR PARENT VIRULENT-STRAIN, R KIRISAWA, S UI, A TAKAHASHI, Y KAWAKAMI, H IWAI, VIROLOGY, VIROLOGY, 200, (2) 651 - 660,   1994年05月, 査読有り
DETECTION AND IDENTIFICATION OF EQUINE HERPESVIRUS-1 AND HERPESVIRUS-4 BY POLYMERASE CHAIN-REACTION, R KIRISAWA, A ENDO, H IWAI, Y KAWAKAMI, VETERINARY MICROBIOLOGY, VETERINARY MICROBIOLOGY, 36, (1-2) 57 - 67,   1993年07月, 査読有り
EQUID HERPESVIRUS-1 INFECTION IN MICE, M INAZU, O TSUHA, R KIRISAWA, Y KAWAKAMI, H IWAI, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 55, (1) 119 - 121,   1993年02月, 査読有り
THE GENOMIC DIVERSITY AMONG EQUINE HERPESVIRUS-1 STRAINS ISOLATED IN JAPAN, R KIRISAWA, H OHMORI, H IWAI, Y KAWAKAMI, ARCHIVES OF VIROLOGY, ARCHIVES OF VIROLOGY, 129, (1-4) 11 - 22,   1993年, 査読有り
ISOLATION OF TUMOR-ASSOCIATED ANTIGEN FROM SERA OF BOVINE LEUKEMIA VIRUS-INFECTED CATTLE, R KITAMURA, M ONUMA, K KAWAKAMI, R KIRISAWA, Y KAWAKAMI, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 34, (2) 163 - 170,   1990年, 査読有り

書籍等出版物

主要症状を基礎にした牛の臨床, 小岩, 政照, 田島, 誉士, 共著, 牛のウイルス性呼吸器病(pp99-105);牛流行熱(pp106-107);口蹄疫(pp146-149);牛のウイルス性下痢(pp211-215), デーリィマン社,   2020年05月, 9784864530705
動物の感染症 第四版, 桐澤 力雄, 共著, 牛伝染性鼻気管炎(p88-89)、馬鼻肺炎(p152-153), 近代出版,   2019年03月, 9784874022504, 牛伝染性鼻気管炎と馬鼻肺炎の解説をした。
獣医微生物学, 桐沢 力雄, 分担執筆, ポリオーマウイルスとその感染症 pp300-302., 文永堂出版,   2018年07月, ポリオーマウイルスの性状とポリオーマウイルス感染症について解説した。
動物感染症学, 桐澤 力雄, 共著, 第12章 馬の家畜伝染病 1)ウイルス病 pp134-135、第13章 馬の届出伝染病 1)ウイルス病 pp138-141, 近代出版,   2016年04月, 9784874022238, 第12章では、馬の日本脳炎、馬伝染性貧血とアフリカ馬疫について解説した。第13章では、馬インフルエンザ、馬鼻肺炎、馬ウイルス性動脈炎、馬モルビリウイルス肺炎と馬痘について解説した。

講演・口頭発表等

野生のカラスから分離された新規レオウイルスの抗腫瘍療法の腫瘍溶解性ウイルスとしての検討, 滝沢 逸志, 桐澤 力雄, 第162回日本獣医学会学術集会,   2019年09月12日, 日本獣医学会
植物ミネラル機能水(テラヘルツ水)加工セラミック処理水(殺菌消毒水)の抗菌・抗ウイルス効果, 田中良子, 村田亮, 内田郁夫, 古崎孝一, 小野寺節, 太西るみ子, 桐澤力雄, 令和元年度産業動物獣医学会(北海道),   2019年08月29日, 北海道獣医師会
植物ミネラル機能水(テラヘルツ水)加工セラミックの抗ウイルス効果, 加藤 里佳, 古崎 孝一, 小野寺 節, 太西 るみ子, 桐澤 力雄, 第161回日本獣医学会学術集会,   2018年09月13日
北海道の種牡馬牧場における馬ヘルペスウイルス3型の血清疫学調査, 川口 敦規, 加藤 里佳, 三好 舞, 登石 裕子, 角田 修男, 前田 健, 桐澤, 力, 第161回日本獣医学会学術集会,   2018年09月12日
2シーズン連続でウマヘルペスウイルス1型(EHV-1)による流産を起こした繁殖牝馬の流産胎子から分離したEHV-1の性状比較, 三好 舞, 岡本 実, 松田 一哉, 登石 裕子, 角田 修男, 桐澤 力雄, 第161回日本獣医学会学術集会,   2018年09月12日
Inactivation effects of calcium hydrogen carbonate mesoscopic crystals on enveloped or non-enveloped animal DNA and RNA viruses., 桐澤 力雄, 古崎 孝一, 太西 るみ子, Hoang Vu Dang, 小野寺 節, 31st International Conference on Antiviral Research,   2018年06月12日
IARS異常にゲノム編集治療を施した黒毛和種耳朶組織由来繊維芽細胞の作成, 橋本茉由子, 石野武志, 桐澤力雄, 堂地 修, 小岩政照, 北村 浩, 第160回日本獣医学会学術集会,   2017年09月13日
カルシウム‐水素‐炭素メゾ構造物の口蹄疫ウイルスを含む種々のウイルスに対する不活化作用, 尾﨑万穂, 古崎孝一, 太西るみ子, 小野寺 節, Hoang Vu Dang, 桐澤力雄, 第17回国際ウイルス学会,   2017年07月19日, カルシウム‐水素‐炭素メゾ構造体を含む水溶液(以下、CAC-717)は強アルカリ(pH 12.3)で電磁波を発生するが、化学物質を含まないため人や動物には無害である。CAC-717の抗ウイルス作用を、口蹄疫ウイルス、牛鼻炎Bウイルス、牛アデノウイルス7型、牛伝染性鼻気管炎ウイルス、牛パラインフルエンザウイルス3型、牛RSウイルス、牛ウイルス性下痢ウイルス、ウマヘルペスウイルス1型、馬インフルエンザAウイルス(H3N8)、オーエスキー病ウイルス、豚インフルエンザAウイルス(パンデミック、H1N1)、犬パルボウイルス2型、犬ジステンパーウイルス、ニューカッスル病ウイルスとヒヨドリレオウイルスを用いて調べた。その結果、全てのウイルスに対して抗ウイルス効果を示した。牛ウイルス性下痢ウイルス以外のRNAウイルスでは、ウイルス内部のゲノムまで破壊されていた。
口蹄疫ウイルスを含む種々のウイルスに対するテラヘルツ水の抗ウイルス効果, 尾崎万穂, 古崎孝一, 小野寺節, Vu Dang Hoang, 桐澤力雄, 第159回日本獣医学会学術集会,   2016年09月07日, 日本獣医学会, テラヘルツ水は水に含まれる植物ミネラルの起電力で水を分解して得られるpH12の強アルカリ水である。この水の抗ウイルス効果を、口蹄疫ウイルス、牛鼻炎Bウイルス、牛アデノウイルス7型、牛伝染性鼻気管炎ウイルス、牛パラインフルエンザウイルス3型、牛RSウイルス、牛ウイルス性下痢ウイルス1型・2型、馬ヘルペスウイルス1型、馬インフルエンザウイルス、豚インフルエンザウイルス、犬パルボウイルス2型、犬ジステンパーウイルス、犬ヘルペスウイルス1型、ニューカッスル病ウイルス、ヒヨドリオルトレオウイルスに対して調べた。その結果、全てのウイルスに対して抗ウイルス効果を示した。
野生のカラスから分離された新規レオウイルスの遺伝子解析, 石田るり, 伊吾田宏正, 岡本実, 谷山弘行, 桐澤力雄, 第159回日本獣医学会学術集会,   2016年09月07日, 日本獣医学会, 野生のカラスのコブからVero細胞とウズラ線維肉腫(QT6)細胞にシンシチウムを形成するウイルスが分離された。分離ウイルスの遺伝子解析を行なった結果、分離ウイルスはオルトレオウイルス属に属し、2002年にフィンランドのカラスから分離されたTVarmine avian virusと最も近縁であることが明らかとなった。
宮崎の猟犬から分離されたオーエスキー病ウイルスの遺伝子解析, 南口浩平, 作本香奈, 小嶋聖, 谷山弘行, 桐澤力雄, 第159回日本獣医学会学術集会,   2016年09月06日, 日本獣医学会, 2015年、宮崎県においてイノシシを咬んだ猟犬が急性経過で死亡し、その猟犬の下顎腺と小脳からオーエスキー病ウイルスが分離された。そのウイルスの遺伝子解析を詳細の行なった結果、近年、中国で分離されているgenotype 2に近縁であることが明らかとなった。
生体に無毒なテラヘルツ水の口蹄疫ウイルスを始めとする種々のウイルスに対する抗ウイルス効果, 桐澤力雄, 尾崎万穂, 古崎孝一, 小野寺節, Hoang Vu Dang, 平成28年度産業動物獣医学会(北海道),   2016年09月02日, テラヘルツ水は水に含まれる植物ミネラルの起電力で水を分解して得られるpH12の強アルカリ水である。この水の抗ウイルス効果を、口蹄疫ウイルス、牛鼻炎Bウイルス、牛アデノウイルス7型、牛伝染性鼻気管炎ウイルス、牛パラインフルエンザウイルス3型、牛RSウイルス、牛ウイルス性下痢ウイルス1型・2型、馬ヘルペスウイルス1型、馬インフルエンザウイルス、豚インフルエンザウイルス、犬パルボウイルス2型、犬ジステンパーウイルス、犬ヘルペスウイルス1型、ニューカッスル病ウイルス、ヒヨドリオルトレオウイルスに対して調べた。その結果、全てのウイルスに対して抗ウイルス効果を示した。
馬における非霊長類ヘパシウイルスの長期持続感染と垂直感染について, 桐澤力雄, 第10回国際馬伝染病学会議,   2016年04月07日, 北海道のサラブレッドにおける非霊長類ヘパシウイルスの感染状況をRT-PCRで調べた。その結果、種牡馬で11.4%、繁殖牝馬で5.7%、当歳馬で5.7%が陽性を示した。陽性馬の中、当教室で経過血清が保存されていた馬について回顧的調査を行った結果、10年以上陽性を示すものがいた。また、シークエンス解析の結果、母馬から子馬への感染が示唆され、その感染ルートとして初乳を介することが示された。

MISC

植物ミネラル機能水(テラヘルツ水)加工セラミック処理水(殺菌消毒水)の抗菌・抗ウイルス効果, 田中 良子, 村田 亮, 内田 郁夫, 古崎 孝一, 小野寺 節, 太西 るみ子, 桐澤 力雄, 北海道獣医師会雑誌, 63, (8) 294 - 294,   2019年08月
IARS異常にゲノム編集治療を施した黒毛和種耳朶組織由来線維芽細胞の作成, 橋本 茉由子, 石野 武志, 桐沢 力雄, 堂地 修, 小岩 政照, 北村 浩, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 160回,   2017年08月
犬の骨肉腫の抗体標的化学療法(ミサイル療法)に関する基礎研究, 桐澤 力雄, 七戸 新太郎, 金山 弓華, 廉澤 剛, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 37, (2) 173 - 180,   2013年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009559304
増加する牛白血病に注意!, 桐澤 力雄, 酪農ジャ-ナル, 63, (8) 25 - 27,   2010年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017251104
Escherichia coli による乳牛の甚急性乳房炎における血清中および乳清中サイトカインの動態と臨床症状, 久枝 啓一, 有馬 春樹, 園部 隆久, 那須 正信, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, 永幡 肇, 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association, 61, (6) 443 - 448,   2008年06月20日, 10.12935/jvma1951.61.443, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025574175, <I>Escherichia coli</I>による甚急性乳房炎牛および健康牛の血清中ならびに乳清中サイトカイン (IL-1β, IL-1ra, IL-6, IFN-γおよびTNF-α) 濃度を測定し臨床症状との関連性を検討した.乳房炎牛群の初診時の血清中IL-1β, IL-6およびIFN-γ濃度は, 健康牛群のそれより高値であった.初診時の乳清中サイトカイン濃度は, いずれも健康牛群のそれよりも高値を示したが, 回復に伴い減少傾向が認められた.乳房炎牛群の初診時の血清中および乳清中IL-6濃度, 乳清中IFN-γ濃度と臨床症状との問に相関性 (それぞれ<I>P</I><0.05) を認めた.乳房炎牛群の初診時における血清中および乳清中サイトカイン濃度は, 全身ならびに乳房の特徴的な病態の発現に関与しているものと示唆される.
馬ヘルペスウイルス1型による流産 (特集 疾患の病理発生--分子から個体まで), 桐澤 力雄, 獣医畜産新報, 60, (10) 814 - 817,   2007年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015647170
ウマ浅指屈筋腱細胞の性状は存在部位によって異なる, 浦辻雄央, 保坂善真, 桐沢力雄, 植田弘美, 竹花一成, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 142nd,   2006年08月31日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200902288311902062
腱の状態によるTNFαとTNF-R1を介する細胞内シグナル伝達因子の分布と発現の差違, 保坂 善真, 桐澤 力雄, 植田 弘美, ほか, The journal of veterinary medical science, 67, (10) 985 - 991,   2005年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/220000103799
けん変性過程での熱,炎症性サイトカインおよびゼラチナーゼの関連, 保坂善真, 尾添紗知子, 桐沢力雄, 植田弘美, 竹花一成, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 140th,   2005年08月31日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200902226607552720
遺伝子配列上のオリゴマー配列パターン解析を利用した新興ウイルス検出技術, 遠藤 大二, 水谷 哲也, 桐沢 力雄, 斎藤 秀俊, 牧 与志幸, 森川 茂, 昆 泰寛, 林 正信, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 140回,   2005年08月
牛新生子血清サイトカイン濃度と生後4ヵ月間の疾病発生状況との関連, 平子 毅, 久枝 啓一, 泉 賢一, 黒澤 隆, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, 酪農学園大学紀要(自然科学編), 29, (2) 171 - 175,   2005年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002970372
B20 腱細胞のデコリンおよびTGF-β1の産生はデコリン遺伝子の発現抑制によって制御される(第36回日本結合組織学会学術大会), 保坂 善真, 桐澤 力雄, 真船 直樹, 渡辺 敬文, 尾添 紗知子, 植田 弘美, 竹花 一成, Connective tissue, 36,   2004年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004014497
けん細胞へのデコリンアンチセンスオリゴヌクレオチド遺伝子の導入効果, 保坂善真, 桐沢力雄, 真船直樹, 山本悦子, 渡辺敬文, 尾添紗知子, 植田弘美, 竹花一成, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 137th,   2004年03月01日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200902244553234008
腱細胞におけるTNFα細胞内シグナル伝達因子の発現, 保坂 善真, 桐沢 力雄, 岩永 敏彦, 山本 悦子, 植田 弘美, 竹花 一成, 解剖学雑誌, 78, (Suppl.) 319 - 319,   2003年04月
けん炎における腫よう壊死因子(TNF)αの関与, 保坂善真, 桐沢力雄, 岩永敏彦, 山本悦子, 植田弘美, 竹花一成, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 135th,   2003年03月25日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200902267146310581
馬浅指屈筋腱の腱細胞におけるサイトカインの局在(短報), 保坂 善真, 桐沢 力雄, 山本 悦子, 植田 弘美, 岩井 浤, 竹花 一成, The journal of veterinary medical science, 64, (10) 945 - 947,   2002年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920969, 馬浅指屈筋腱における4種類のサイトカイン(IL-1α,IL-1β,TNFαおよびIFNγ)の局在を免疫組織化学的手法で検索した.炎症腱では腱細胞は用いた全てのサイトカイン抗体に陽性で,腱内膜細胞と血管内皮細胞も陽性を示したが,正常腱では腱細胞は陰性を示した.腱細胞の反応性が炎症の有無およびサイトカイン種によって異なったことは,浅指屈筋腱の生理的,病理的状態を反映しているものと推察された.
けんにおける炎症性サイトカインとアポトーシス関連シグナル伝達因子の発現, 保坂善真, 桐沢力雄, 岩永敏彦, 山本悦子, 坂本由梨恵, 植田弘美, 竹花一成, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 134th,   2002年08月20日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200902186770203242
新生子牛血清中サイトカイン動態とその意義, 山中仁木, 萩原克郎, 桐沢力雄, 岩井ひろし, 北海道獣医師会雑誌, 46,   2002年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902119911389516
ボルナ病発生牛のボルナ病ウイルス垂直感染, 岡本実, 小岩政照, 古岡秀文, 萩原克郎, 桐沢力雄, 岩井ひろし, 鈴木隆秀, 谷山弘行, 北海道獣医師会雑誌, 46,   2002年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902186707353960
IL-1レセプターアンタゴニスト(IL-1ra)のコンカナバリンAによる新生仔牛末梢血単核球幼若化反応に対する影響(短報)(免疫学), 山中 仁木, 片桐 慶人, 道見 真由美, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, The journal of veterinary medical science, 63, (8) 933 - 935,   2001年08月25日, 10.1292/jvms.63.933, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920721, 牛の初乳中にIL-1βとIL-1raが共存し, 仔牛血中に移行する事を先に報告した. そこで初乳中IL-1raの存在意義を考えるため, IL-1介在性のコンカナバリンAによる新生仔牛PBMC幼若化反応へのIL-1raの影響を調べた結果, IL-1raの前処置により有意に抑制されたが, IL-1βが共在した場合, この抑制は見られなかった. 以上よりIL-1raはIL-1βによる新生仔牛免疫機能活性に大きな影響はないと考えられた.
大腸菌性乳房炎牛の血清および乳清中IFN-γならびにTNF-α濃度の推移(短報)(免疫学), 久枝 啓一, 萩原 克郎, 江口 純子, 山中 仁木, 桐沢 力雄, 岩井 浤, The journal of veterinary medical science, 63, (9) 1009 - 1011,   2001年08月25日, 10.1292/jvms.63.1009, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920736, 大腸菌性乳房炎牛の血清と乳清を発生から2週間にわたり採取し, 牛IFN-γおよびTNF-α特異的ELISAで両サイトカインを測定し, 健康牛のそれと比較した.健康牛の血清と乳清中にはIFN-γはほとんど検出されず, TNF-αは低濃度検出された.乳房炎牛では, 乳房炎発症日の血清, 乳清中IFN-γおよび乳清中TNF-α濃度は健康牛と比べると有意に高かった.乳清中の両サイトカイン濃度は牛が回復するに伴い有意に低下した.
わが国における馬ボルナ病の初発生例, 岡本実, 萩原克郎, 桐沢力雄, 岩井ひろし, 谷山弘行, 北海道獣医師会雑誌, 45, (7) 205 - 207,   2001年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902197325119888
Representational Difference Analysis (RDA) 法のヘルペスウイルスゲノムの制限酵素切断解析への応用, 遠藤 大二, 桐沢 力雄, 林 正信, 獣医生化学 = Veterinary biochemistry, 38, (1) 13 - 25,   2001年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008023132
血小板減少と粘膜下出血がみられた牛ウイルス性下痢ウイルス1感染症の1例, 伊東 登, 小岩 正照, 桐澤 力雄, 大塚 浩通, 渡辺 卓俊, 近藤 博, 日本獣医師会雑誌, 53, (9) 586 - 589,   2000年09月20日, 10.12935/jvma1951.53.586, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010853258
ウシIL-1レセプターアンタゴニスト(bIL-1ra)検出ELISAの確立とその臨床試料への応用(短報), 山中 仁木, 久枝 啓一, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, The journal of veterinary medical science, 62, (6) 661 - 664,   2000年06月, 10.1292/jvms.62.661, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920385, 大腸菌由来組換え型bIL-1ra, これに特異的なウサギIgGとそのビオチン標識したものを用いて検討したサンドイッチELISAの検出限界は約2ng/mlであった.本ELISAを乳房炎牛, 健康牛の血清, 乳清に応用した結果, 両群のIL-1raレベルに大きな違いは無いが, 廃用群の血清中IL-1ra/IL-1β値は治癒群に比べ, 有意に低かった.
Enzymatic amplification and expression of bovine interleukin-1 receptor antagonist cDNA, R Kirisawa, T Fukuda, H Yamanaka, K Hagiwara, M Goto, Y Obata, T Yoshino, H Iwai, VETERINARY IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, 62, (3) 197 - 208,   1998年04月, 10.1016/S0165-2427(98)00099-3, cDNA generated from lipopolysaccharide-stimulated bovine peripheral blood mononuclear cells was used to amplify and clone the bovine interleukin-1 receptor antagonist (IL-1ra) using primers derived from semi-conserved regions between human and mouse IL-1ra sequences. 5' and 3' terminal sequences of bovine IL-1ra were amplified by 5' and 3' rapid amplification of cDNA ends. The deduced amino acid sequence of bovine IL-1ra demonstrated 80%, 78%, 78%, 77% and 76% homology with human, mouse, rat, rabbit and equine sequences, respectively. Recombinant bovine IL-1ra produced in Escherichia coli suppressed the growth inhibitory activity of bovine IL-1 beta on A375 cells in a dose-dependent manner, indicating that the present bovine IL-1ra cDNA encodes biologically active proteins. (C) 1998 Elsevier Science B.V.
Antigenic and genetic diversities of Babosia data in persistenthy infected cattle, Satoru ARAI, Masayoshi TSUJI, Sam-Ju KIM, Ken NAKADA, Rikio KIRISAWA, Masato OHTA, Chiaki ISHIHARA, J. Vet. Med. Sci, 60, (12) 1321 - 1327,   1998年, 10.1292/jvms.60.1321
Gazelle herpesvirus 1 : A new neurotropic herpesvirus immunologically related to equine herpesvirus 1, FUKUSHI H, TOMITA T, TANIGUCHI A, OCHIAI Y, KIRISAWA R, MATSUMURA T, YANAI T, MASEGI T, HIRAI K, Virology, 227, (1) 34 - 44,   1997年, 10.1006/viro.1996.8296
ウシパラインフルエンザウイルス3型,ウシRSウイルスおよびウシウイルス性下痢・粘膜病ウイルス感染のPCRによる検出, 桐沢 力雄, 荻窪 恭明, 田島 誉士, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 19, (1) 225 - 237,   1994年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000363077
牛白血球粘着異常症とその遺伝子診断, 田島 誉士, 桐沢 力雄, 高橋 清志, 獣医畜産新報, 46, (11) p929 - 932,   1993年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001680550
ウシ白血球粘着異常症(BLAD)におけるCD18変異遺伝子の検出, 田島 誉士, 入江 充洋, 桐沢 力雄, 萩原 克郎, 黒沢 隆, 高橋 清志, The journal of veterinary medical science, 55, (1) 145 - 146,   1993年02月, 10.1292/jvms.55.145, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003915772, 肺炎および重度の歯肉炎を呈した5および9か月齢の2頭の子牛が, ウシ白血球粘着異常症(BLAD)と診断された. これらのBLAD子牛とそれぞれの母牛(キャリアー牛)の白血球粘着分子CD18をコードする遺伝子をPCR法および制限酵素処理法により検索した. BLAD牛およびキャリアー牛のCD18をコードするmRNAと健康牛のmRNAのそれぞれ一部をPCR法により増幅し比較したところ, ヒト症例において報告されているようなmRNAの大きさの違いは認められなかった. しかし, ヒト症例において報告されている点突然変異部を含む領域をPCR法で増幅し, TaqIにより制限酵素処理したところ, 切断パターンの明らかな違いが確認された. したがって, ヒト症例の一家系において報告されている点突然変異が, BLADにおいても生じていることが示唆された. 本法は, 変異した遺伝子を持つキャリアー牛の摘発にも有効であると考えられた.
EVALUATION OF HIGH SENSITIVE DNA PROBE FOR THE DETECTION OF THEILERIA-SERGENTI INFECTION IN CATTLE, A HIRANO, R KIRISAWA, T MATSUBA, R KOMATSU, M TANAKA, K TAKAHASHI, Y KAWAKAMI, M ONUMA, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 53, (5) 933 - 935,   1991年10月
ELISA法によるイヌパルボウイルス抗体の検出, 石渡 陽子, 桐沢 力雄, 小沼 操, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 11, (2) 355 - 360,   1986年10月, 10.15021/00004368, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000362894

競争的資金

日本学術振興会, 基盤研究(C)(一般), 馬媾疹の迅速診断法と貼るワクチンによる新規予防法の確立
農林水産省, 平成22年度新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業, 各種処理を施した消毒薬のピコルナウイルスとアデノウイルスに対する抗ウイルス効果
文部科学省, 科研費基盤研究C, ウマヘルペスウイルス1型野外分離変異株の変異遺伝子の同定と機能解析
文部科学省, 科研費基盤研究C, 免疫増強配列を導入した組換えウマヘルペスウイルス1型の作出とその性状解析
ウマヘルペスウイルスの病原性に関する遺伝子の検索

その他

20160700, 大学入試相談会, 大学と入試の説明を高校生と保護者に行った。 7月17日:東京
20160600, 大学入試相談会, 以下の都市で大学と入試の説明を高校生と保護者に行った。 6月25日:仙台市 6月26日:盛岡市

教育活動情報

担当経験のある科目

獣医ウイルス病学実習, 酪農学園大学
動物感染症学, 酪農学園大学
微生物学, 美唄精華高等学校
獣医伝染病学, 酪農学園大学
動物ウイルス病学, 酪農学園大学
獣医ウイルス病学, 酪農学園大学
獣医ウイルス学, 酪農学園大学


教員総覧