農食環境学群・食と健康学類
教員 小野寺秀一 オノデラ シュウイチ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2018/01/14

研究者基本情報

氏名

小野寺秀一
オノデラ シュウイチ

所属(マスタ)

農食環境学群・食と健康学類, 教員

所属・職名

農食環境学群 食と健康学類
教授

学歴

1980年04月 - 1984年03月, 北海道大学, 農学部, 農芸化学科
1984年04月 - 1986年03月, 北海道大学大学院, 農学研究科, 農芸化学専攻修士課程

学位

博士(農学), 北海道大学

所属学協会

日本農芸化学会
日本栄養・食糧学会
日本応用糖質科学会
日本生化学会

研究活動情報

研究分野

農芸化学, 応用生物化学
農芸化学, 食品科学

研究キーワード

ごぼう,
たまねぎ,
アスパラガス,
生活習慣病,
腸内細菌,
機能性,
オリゴ糖,
フルクタン,

論文

Structural analysis of a novel oligossacharide isolated from fermented beverage of plant extracts, A. Yamamori, Y. Takata, E. Fukushi, J. Kawabata, H. Okada, N. Kawazoe, K. Ueno, S. Onodera, N. Shiomi, J. Appl. Glycosci., 64, 123 - 127,   2017年10月, 査読有り
Analysis of Varietal Differences in the Fructo-oligosaccharide Accumulation Profile among Onion (Allium cepa L.) Cultivars Grown by Spring-sown Cultivation, T. Maeda, A. Watanabe, W. D. Zadrak, S. Osanai, K. Honda, S. Oku, H. Shimura, T. Suzuki, A. Yamasaki, Y. Okabe, K. Ueno, S. Onodera, Hort. J., 86, 501 - 510,   2017年03月, 査読有り
Structural analysys of novel low-digestible sucrose isomers synthesized from D-glucose and D-fructose by thermal treatment, A. Yamamori, Y. Takata, E. Fukushi, J. Kawabata, H. Okada, N. Kawazoe, K. Ueno, S. Onodera, N. Shiomi, J. Appl. Glycosci., 64, 15 - 19,   2017年03月, 査読有り
Structural analysis of novel kestose isomers isolated from sugar beet molasses, N Shiomi, T. Abe, H. Kikuchi, T. Aritsuka, Y. Takata, E. Fukushi, Y. Fukushi, J. Kawabata, K. Ueno, S. Onodera, Carbohydr. Res., 424, 1 - 7,   2016年02月, 査読有り
Structural confirmation of novel oligosaccharides isolated from sugar beet molasses, T. Abe, H. Kikuchi, T. Aritsuka, Y. Takata, E. Fukushi, Y. Fukushi, J. Kawabata, K. Ueno, S. Onodera, N. Shiomi, Food Chem., 202, 284 - 290,   2016年02月, 査読有り
Structure of Fructan Prepared from Onion Bulbs (Allium cepa L.), A. Yamamori, H. Okada, N. Kawazoe, K. Ueno, S. Onodera, N. Shiomi, J. Appl. Glycosci., 62, 95 - 99,   2015年04月, 査読有り
Structural analysis of difructose anhydride (DFAs) synthesized from monosaccharides by thermal treatment, A. Yamamori, Y. Takata, E.Fukushi, J. Kawabata, H. Okada, N. Kawazoe, K. Ueno, S. Onodera, N. Shiomi, J. Appl. Glycosci., 62, 121 - 125,   2015年04月, 査読有り
Two Fructan 1-Exohydrolase Isoforms Hydrolyze Fructans in Edible Burdock (Arctium lappa L.) during Storage at a Low Temperature, K. Ueno, S. Yokoshima, Y. Sasajima, Y. Ishiguro, M. Yoshida, N. Shiomi, S. Onodera, J. Appl. Glycosci., 62, 65 - 72,   2015年02月, 査読有り
Characteristics of a-D-fructosyl-(2-6)-D-glucose synthesized from D-glucose and D-fructose by thermal treatment, A. Yamamori, H. Okada, N. Kawazoe, K. Muramatsu, S. Onodera, N. Shiomi, J. Appl. Glycosci., 61, 99 - 104,   2014年08月, 査読有り
Structural confirmation of oligosaccharides newly isolated from sugar beet molasses, T. Abe, K. Horiuchi, H. Kikuchi, T. Aritsuka, Y. Takata, E. Fukushi, Y. Fukushi, J. Kawabata, K. Ueno, S. Onodera and N. Shiomi, Chem. Cent. J., 6,   2012年08月, 査読有り
Isolation and structural confirmation of the oligosaccharides containing α-d-fructofuranoside linkages isolated from fermented beverage of plant extracts, H. Okada, E. Fukushi, A. Yamamori, N. Kawazoe, S. Onodera, J. Kawabata, N. Shiomi, Carbohydr. Res., 346, 2633 - 2637,   2011年11月, 査読有り
Effect of temperatures on inulobiose and inulooligosaccharides in burdock roots during storage, Y. Ishiguro, K. Ueno, S. Onodera, N. Benkeblia, N. Shiomi, J. Food Compos. Anal., 24, 398 - 401,   2011年04月, 査読有り
Cloning and functional characterization of a fructan 1-exohydrolase (1-FEH) in edible burdock (Arctium lappa L.), K. Ueno, Y. Ishiguro, M. Yoshida, S. Onodera and N. Shiomi, Chem. Cent. J., 5,   2011年04月, 査読有り
Synthesis of b-D-fructopyranosyl-2-6-D-glucopyranosse from D-glucose and D-fructose by a thermal treatment, A. Yamamori, H. Okada, N. Kawazoe, S. Onodera, N. Shiomi, Biosci. Biotechnol. Biochem., 74, 2130 - 2132,   2010年10月, 査読有り
Variation of 1-kestose, nystose and higher fructooligosaccharides in burdock root stored under different temperature regimes., Y. Ishiguro, S. Onodera, T. yoshihira, S. Kosaka, N. Benkebria, N. Shiomi, Agric. Biol. J. N. Am., 1, 491 - 494,   2010年07月, 査読有り
Properties of recombinant b-fructofuranosidase from Bifidobacterium longum JCM1217, T. Omori, K. Ueno, M. Kikuchi, S. Onodera, N. Shiomi, J. Appl. Glycosci., 57, 73 - 76,   2010年05月, 査読有り
Characterization of recombinant β-fructofuranosidase from Bifidobacterium adolescentis G1., T. Omori, K. Ueno, K. Muramatsu, M. Kikuchi, S. Onodera, N. Shiomi, Chem. Cent. J., 4,   2010年04月, 査読有り
Variation of total FOS, total IOS, inulin and their related-metabolizing enzymes in burdock roots (Arctium lappa L.) stored under different temperatures, Y. Ishiguro, S. Onodera, N. Benkeblia, N. Shiomi, Postharvest Biol. Technol., 56, 232 - 238,   2010年03月, 査読有り
Novel fructopyranose oligosaccharides isolated from fermented beverage of plant extract, H. Okada, E. Fukushi, A. Yamamori, N. Kawazoe, S. Onodera, J. Kawabata, N. Shiomi, Carbohydr. Res., 345, 414 - 418,   2010年01月, 査読有り
Structural analysis and characteristics of oligosaccharides isolated from fermented beverage of plant extract, H. Okada, N. kawazoe, A. Yamamori, S. Onodera, N. Shiomi, Dyn. Biochem. Process Biotechnol. Mol. Biol., 3, 1 - 9,   2009年12月, 査読有り
NMR analysis of oligosaccharides containing fructopyranoside, E. Fukushi, H. Okada, A.Yamamori,N. kawazoe, S. Onodera, J. Kawabata, N. Shiomi, Dyn. Biochem. Process Biotechnol. Mol. Biol., 3, 10 - 15,   2009年12月, 査読有り
Chromosome engeneering technics modify contents and constituents of fructans in cultivated Allium species, S. Yaguchi, J. McCallum, M. Shaw, M. Pither-Joyce, T.T.M. Hang, H. Tsukazaki, V. Q. Hoa, S. Masuzaki, T. Wako, S. Onodera, N. Shiomi, N. Yamauchi, M. Shigyo, Dyn. Biochem. Process Biotechnol. Mol. Biol., 3, 70 - 77,   2009年12月, 査読有り
Purification, cloning and functional characterization of fructan:fructan 1-fructosyltransferase from edible burdock (Arctium lappa L.), M. Abe, K. Ueno, Y. Ishiguro, T. Omori, S. Onodera, N. Shiomi, J. Appl. Glycosci., 56, 239 - 246,   2009年11月, 査読有り
Isolation and structural determination of reducing fructooligosaccharides newly produced in stored edible burdock, Y. Ishiguro, K. Ueno, M. Abe, S. Onodera, E. Fukushi, N. Benkeblia, N. Shiomi, J. Appl. Glycosci., 56, 159 - 164,   2009年09月, 査読有り
Structural analysis of three novel trisaccharides isolated from the fermented beverage of plant extracts, H. Okada, E. Fukushi, A. Yamamori, N. Kawazoe, S. Onodera, J. Kawabata and N. Shiomi, Chem. Cent. J., 3,   2009年08月, 査読有り
Isolation and structural analysis in vivo of newly synthesized fructooligosaccharides in onion bulbs tissues (Allium cepa L.) during storage, M. Fujishima, K. Furuyama, Y. Ishiguro, S. Onodera, E. Fukushi, N. Benkeblia, and N. Shiomi, Int. J. Carbohydr. Chem., 2009,   2009年06月, 査読有り
Antioxidative activities of some peptides isolated from hydrolyzed potato protein extract, K. Kudo, S. Onodera, Y. Takeda, N. Benkeblia and N. Shiomi, J. Funct. Foods, 1, 170 - 176,   2009年04月, 査読有り
Molecular and biochemical idetification of alien chromosome additions in shallot (Allium cepa L. Aggregatum group) carrying extra chromosome(s) of bunching onion (A. fistulosum L.), S. Yaguchi, T. T. M. Hang, H. Tsukazaki, V. Q. Hoa, S. Masuzaki, T. Wako, N. masamura, S. Onodera, N. Shiomi, N. Yamauti and M. Shigyo, Genes Genet. Syst., 84, 43 - 56,   2009年04月, 査読有り
Characteristics of O-b-D-fructopyranosyl-(2-6)-D-glucopyranose isolated from fermented beverage of plant extract, H. Okada, N. Kawazoe, A. Yamamori, S. Onodera, M. Kikuchi and N. Shiomi, J. Appl. Glycosci., 55, 179 - 182,   2008年12月, 査読有り
Saccharide and fructooligosaccharide accumulation across leaf-bases during growth and bulb developement of onion (Allium cepa L.), N. Shiomi, N. Benkeblia, S. Onodera, N. Takahashi, M. Fujishima and T. Nagamine, Acta Agron. Hung., 56, 21 - 31,   2008年06月, 査読有り
Structural analysis of two trisaccharides isolated from fermented beverage of plant extract., Kawazoe, N., H. Okada, E. Fukushi, A. Yamamori, S. Onodera, J. Kawabata and N. Shiomi, Open Glycosci., 1, 25 - 30,   2008年05月, 査読有り
Biochemical and genetic analysis of carbohydrate accumuration in Allium cepa L., S. Yaguchi, J. McCallum, M. Shaw, M. Pither-Joyce, S. Onodera, N. Shiomi, N. Yamauchi and M. Shigyo, Plant Cell Physiol., 49, 730 - 739,   2008年05月, 査読有り
Two noble oligosaccharides isolated from a bevarage produced by fermentation of a plant extract, N. Kawazoe, H. Okada, E. Fukushi, A. Yamamori, S. Onodera, J. Kawabata and N. Shiomi, Carbohydr. Res, 343, 549 - 555,   2008年03月, 査読有り
Variation of carbohydrate content and invertase activity in green and white asparagus spears -Effect of spesr length and portion, N. Benkeblia, N. Yoshida, Y. Ooi, T. Nagamine, S. Onodera and N. Shiomi, Acta Hort., 776, 459 - 464,   2008年03月, 査読有り

書籍等出版物

食品の機能 (食べ物と健康II)第2版, 中河原 俊治、荒川 義人, 金澤 匠, 菊地 和美, 松坂 裕子, 西 隆司, 小野寺 秀一, 知地 英征, 共著, 三共出版,   2016年04月, 978-4-7827-0747-0
Recent advances in fructooligosaccharides research, 塩見 徳夫, Noureddine Benkeblia, 小野寺 秀一, 共著, Research Signpost,   2007年, 81-308-0146-9
ニューフードサイエンス, 鮫島 邦彦, 小野寺 秀一, 竹田 保之, 松本 久美子, 高橋 史生, 塩見 徳夫, 中村 邦男, 共著, 三共出版,   2005年04月, 4-7827-0512-3
基礎栄養学(最新栄養科学シリーズ1), 渡邊早苗、山岸博之、成瀬克子、川端輝江、小野寺秀一、中嶋洋子、辻村卓、屋代彰子、小原郁夫、宮崎由子, 共著, 朝倉書店,   2004年04月, 4-254-61621-X

講演・口頭発表等

タマネギ鱗茎のフルクトオリゴ糖蓄積に及ぼすフルクタン分解系の影響, 奥 聡史、志村華子、鶴田 遊、上野敬司、小野寺秀一、前田智雄、実山 豊、鈴木 卓, 平成29年度北海道園芸研究談話会研究発表会,   2017年12月04日, 北海道園芸研究談話会
アスパラガス根のフルクタン加水分解酵素(FEH)の四、五糖に対する作用, 上野敬司、大嶋智美、米田麻衣子、塩見徳夫、小野寺秀一, 日本応用糖質科学会平成29年度大会,   2017年09月07日, 日本応用糖質科学会
アスパラガス根のフルクタンエキソハイドロラーゼの性質, 上野敬司、米田麻衣子、塩見徳夫、小野寺秀一, 日本応用糖質科学会平成28年度大会,   2016年09月14日, 日本応用糖質科学会
高濃度糖添加培地で培養したタマネギ葉組織におけるフルクタン含量および遺伝子発現解析, 奥 聡史・志村華子・上野敬司・小野寺秀一・前田智雄・実山 豊・鈴木 卓, 園芸学会平成28年度秋季大会,   2016年09月11日, 園芸学会
伏せ込み促成栽培におけるアスパラガス品種の収穫前後の糖組成と糖代謝酵素活性, 上野敬司・高橋慶多 ・秋庭翔太 ・園田高広・小野寺秀一, 園芸学会平成28年度秋季大会,   2016年09月11日, 園芸学会
Characterization of fructan exohydrolase from Asparagus roots, K. Ueno, M. Yoneta, N. Shiomi, and S. Onodera, 8th International Fructan Symposium,   2016年06月29日, IFS2016 Organizing Committee
タマネギ鱗茎のフルクタン含量に及ぼすフルクタン合成関連遺伝子の影響, 奥 聡史、志村華子、上野敬司、小野寺秀一、前田智雄、実山 豊、鈴木 卓, 平成27年度北海道園芸研究談話会研究発表会,   2015年12月07日
タマネギにおけるフルクタン生合成関連遺伝子の品種間差および発現解析, 奥 聡史、志村華子、上野敬司、小野寺秀一、前田智雄、実山 豊、鈴木 卓, 園芸学会平成27年度秋季大会,   2015年09月27日
アスパラガス伏せ込み促成栽培において根株充実期に発生した新根が収量に及ぼす影響, 園田高広、新濱惇平、大谷恭伸、近藤冴子、上野敬司、小野寺 秀一, 平成27年度北海道園芸研究談話会研究発表会,   2014年12月07日
北海道のアスパラガス半促成栽培における冬期の茎葉刈取り時期が翌春の若茎品質に及ぼす影響, 新濱惇平、西田忠雄、園田高広、下野七海、上野敬司 、小野寺秀一, 平成27年度北海道園芸研究談話会研究発表会,   2014年12月07日
アスパラガスりん芽直下の貯蔵根に含まれる未同定物質について, 上野敬司、松橋拓哉、福島瑠美、園田高広、元木悟、松永邦則、塩見徳夫、小野寺秀一, 園芸学会平成26年度秋季大会,   2014年09月28日
萌芽性の異なるアスパラガス 2 品種のフルクトオリゴ糖組成, 福島瑠美、松橋拓哉、上野敬司、園田高広、午来博、塩見徳夫、小野寺秀一 , 園芸学会平成26年度秋季大会,   2014年09月28日
Ethylfructosidesの非酵素的合成, 川添直樹、岡田秀紀、山森昭、上野敬司、小野寺秀一、塩見徳夫, 日本応用糖質科学会平成26年度大会,   2014年09月24日
植物エキス発酵飲料中のethylglycosidesの単離と構造解析, 岡田秀紀、高田祐輔、福士江里、山森昭、川添直樹、上野敬司、小野寺秀一、塩見徳夫, 日本応用糖質科学会平成26年度大会,   2014年09月24日
ビート廃糖蜜中のオリゴ糖類に関する研究, 阿部達也、菊地裕人、有塚勉、高田祐輔、福士江里、福士幸治、川端潤、上野敬司、小野寺秀一、塩見徳夫, 日本応用糖質科学会平成26年度大会,   2014年09月24日
ビート廃糖蜜中のオリゴ糖類に関する研究, 阿部達也、菊地裕人、有塚勉、高田祐輔、福士江里、福士幸治、川端潤、上野敬司、小野寺秀一、塩見徳夫, 第68回日本栄養・食糧学会大会,   2014年06月01日
ゴボウ貯蔵中のフルクタン加水分解酵素遺伝子の発現解析, 上野敬司、笹嶋優樹、横嶋悟、石黒陽二郎、吉田みどり、塩見徳夫、小野寺秀一, 第68回日本栄養・食糧学会大会,   2014年05月31日
ヘキソースの加熱処理により合成したβ-fructofuranosyl-(2-1)-β-D-glucopyranosideの特性, 山森昭、福士江里、岡田秀紀、川添直樹、上野敬司、小野寺秀一、川端潤、塩見徳夫, 日本応用糖質科学会平成25年度大会,   2013年09月25日
ビート廃糖蜜中のオリゴ糖類に関する研究, 阿部達也、菊地裕人、有塚勉、高田祐輔、福士江里、福士幸治、川端潤、上野敬司、小野寺秀一、塩見徳夫, 日本応用糖質科学会平成25年度大会,   2013年09月25日
伏せ込み栽培時のアスパラガス根のフルクトオリゴ糖組成とその 代謝関連酵素活性の変動, 松橋拓哉・上野敬司・園田高広・元木悟・松永邦則・塩見 徳夫・小野寺秀一, 平成24年度 北海道園芸研究談話会研究発表会,   2012年12月03日
ごぼう由来fructan 1-exohydrolaseアイソザイム組み換えタンパク質の諸性質, 横嶋悟、上野敬司、小野寺秀一、塩見徳夫, 日本応用糖質科学会平成24年度大会,   2012年09月19日
Bifidobacterium infantis JCM1222由来の2種のβ-fructofuranosidase遺伝子の大腸菌発現, 関口誠、上野敬司、小野寺秀一、塩見徳夫、村松圭、菊地政則, 日本応用糖質科学会平成24年度大会,   2012年09月19日
Novel fructan exohydrolase in asparagus hydrolyzed both β 2, 6 linkage of neokestose and β 2, 1 linkage of fructan except for 1-kestose, K. Ueno, Y. Matsumura, T. Yamagami, M. Sugawara, S. Onodera and N. Shiomi, 7th International Fructan Symposium,   2012年07月03日
Enzymes concerning synthesis and degradation of β-D-fructofuranosyl-(2,6)- α-D-glucopyranosyl linkage of plant fructan, N. Shiomi, K. Ueno and S. Onodera, 7th International Fructan Symposium,   2012年07月03日
Bifidobacteriumのハチミツ構成糖の利用性およびフラクトオリゴ糖分解酵素生産, 村松圭、鎌塚心和子、小野寺秀一、上野敬司、塩見徳夫、菊地政則, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月24日
ヘキソースの加熱処理により合成した新規異性体蔗糖の構造解析, 山森昭、福士江里、岡田秀紀、川添直樹、上野敬司、小野寺秀一、川端潤、塩見徳夫, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月23日
Epilactose for use as functional foods, H. Taguchi, W. Saburi, M. Nishimukai, S. Yokoshima, T. Ojima, T. Yamamoto, H. Hara, I. Kaneda, S. Onodera, N. Shiomi, H. Matsui, International Society for Nutraceuticals and Functional Foods 2011 Annual Conference,   2011年11月14日
ハチミツの糖組成の分析およびBifidobacteriumの利用性, 村松圭、鎌塚心和子、上野敬司、小野寺秀一、塩見徳夫、菊地政則, 日本応用糖質科学会平成23年度大会,   2011年09月28日
ビート廃糖蜜中のオリゴ糖類に関する研究, 堀内賢一、菊地裕人、有塚勉、福士江里、川端潤、上野敬司、小野寺秀一、塩見徳夫, 日本応用糖質科学会平成23年度大会,   2011年09月28日
ヘキソースの加熱処理により合成したα-D-fructofuranosyl-(2-6)-D-glucoseの特性, 山森昭、福士江里、岡田秀紀,川添直樹、小野寺秀一、川端潤、塩見徳夫, 日本応用糖質科学会平成23年度大会,   2011年09月28日
植物エキス発酵飲料中の新規三糖類の単離と構造解析, 岡田秀紀,福士江里、山森昭、川添直樹、小野寺秀一、川端潤、塩見徳夫, 日本応用糖質科学会平成23年度大会,   2011年09月28日
ごぼう由来fructan 1-exohydrolase (1-FEH) アイソザイム遺伝子のクローニング, 上野敬司、小野元気、横嶋悟、小野寺秀一、塩見徳夫, 日本応用糖質科学会平成23年度大会,   2011年09月28日

MISC

タマネギ鱗茎のフルクタン含量に及ぼすフルクタン合成関連遺伝子の影響, 奥 聡史、志村華子、上野敬司、小野寺秀一、前田智雄、実山 豊、鈴木 卓, 北海道園芸研究談話会報, 49,   2016年03月
北海道のアスパラガス半促成栽培における冬期の茎葉刈取り時期が翌春の若茎品質に及ぼす影響, 新濱惇平、西田忠雄、園田高広、下野七海、上野敬司 、小野寺秀一, 北海道園芸研究談話会報, 49,   2016年03月
アスパラガス伏せ込み促成栽培において根株充実期に発生した新根が収量に及ぼす影響, 園田高広、新濱惇平、大谷恭伸、近藤冴子、上野敬司、小野寺 秀一, 北海道園芸研究談話会報, 49,   2016年03月
伏せ込み促成栽培におけるアスパラガス品種の特性評価と収穫前根株の糖組成, 高村俊太、上野敬司、園田高広、小野寺秀一, 酪農学園大学紀要, 40,   2015年10月
伏せ込み栽培時のアスパラガス根のフルクトオリゴ糖組成とその代謝関連酵素活性の変動, 松橋拓哉、上野敬司、園田高広、元木悟、松永邦則、塩見徳夫、小野寺秀一, 北海道園芸研究談話会報, 46,   2013年
Structural analysis and synthesis of oligosaccharides isolated from fermented bevarage of plant extract, H. Okada, N. Kawazoe, A. Yamamori, S. Onodera amd N. Shiomi, J. Appl. Glycosci., 55,   2008年05月, 招待有り, 10.5458/jag.55.143

特許

新規オリゴ糖, 阿部 達也, 菊地 裕人, 有塚 勉, 上野 敬司, 小野寺 秀一, 塩見 ▲徳▼夫, 特願2014-024402, 特開2015-151348, 特許6210901
ラフィノースの精製方法, 大森 俊馬, 上野 敬司, 菊地 政則, 小野寺 秀一, 塩見 徳夫, 堀内 賢一, 菊地 裕人, 特願2011-166064, 特開2013-027359, 特許第5856402号
ネオケストースの製造方法, 上野 敬司, 小野寺 秀一, 塩見 徳夫, 阿部 雅美, 中川 綾乃, 菊地 裕人, 特願2009-205081, 特開2011-050363, 特許第5680290号
新規異性体蔗糖、その製造方法及び用途, 山森 昭, 岡田 秀紀, 川添 直樹, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 上野 敬司, 特願2011-241214, 特開2014-131963, 特許第5044717号
α−D−フルクトフラノシル−(2←→1)−α−D−グルコピラノシドの製造方法, 山森 昭, 岡田 秀紀, 川添 直樹, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 上野 敬司, 特願2010-212107, 特開2012-067028, 特許第4684361号
α−D−フルクトフラノシル−(2→6)−D−グルコピラノース及びその製造方法, 岡田 秀紀, 山森 昭, 川添 直樹, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 上野 敬司, 特願2010-119877, 特許第4674828号
新規オリゴ糖及びその製造方法, 山森 昭, 岡田 秀紀, 川添 直樹, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 上野 敬司, 特願2010-204236, 特開2012-056918, 特許第4667533号
β−D−フルクトフラノシル−(2→6)−D−グルコピラノースおよび/またはα−D−フルクトフラノシル−(2→6)−D−グルコピラノースの製造方法, 山森 昭, 岡田 秀紀, 川添 直樹, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 上野 敬司, 特願2010-121793, 特開2011-246401, 特許第4583505号
新規フラクトピラノシド型ホモオリゴ糖及びその製造方法, 岡田 秀紀, 山森 昭, 川添 直樹, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 上野 敬司, 特願2009-294297, 特許第4558093号
新規オリゴ糖及びその製造方法, 岡田 秀紀, 山森 昭, 川添 直樹, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 特願2007-140344, 特開2008-290995, 特許第4558005号
β−D−フルクトピラノシル−(2→6)−D−グルコピラノースの製造方法, 山森 昭, 岡田 秀紀, 川添 直樹, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 上野 敬司, 特願2009-263086, 特許第4485602号
新規オリゴ糖、新規オリゴ糖を添加した食品、その製造方法、非う蝕性食品組成物、及びビフィズス菌増殖組成物, 岡田 秀紀, 山森 昭, 川添 直樹, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 川端 潤, 福士 江里, 菊地 政則, 特願2006-141688, 特開2007-001973, 特許第3871222号
1−ケストースの製造方法および1−ケストース産生酵素の製造方法、1−ケストース産生酵素, 竹田 博幸, 福森 保則, 古賀 裕, 岡田 龍二, 塩見 ▲徳▼夫, 小野寺 秀一, 特願2006-123617, 特開2007-289128
フルクタン−フルクタン−6G−β−D−フルクトシルトランスフェラーゼ遺伝子, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 上野 敬司, 吉田 みどり, 川上 顕, 寺見 文宏, 特願2003-013265, 特開2004-222573
フラクトシル転移酵素、並びに該酵素を用いた1−ケストース及びニストースの分別製造方法, 竹田 博幸, 伊藤 義春, 古賀 裕, 塩見 ▲徳▼夫, 小野寺 秀一, 佐々木 博, 特願平11-034787, 特開2000-232878
α−グルコシダーゼ阻害物質及びその混合物, 井上 敦, 道下 徹, 小原 光夫, 塩見 ▲徳▼夫, 小野寺 秀一, 特願平10-048793, 特開平10-292000
α−グルコシダーゼ阻害剤、それを含む糖を主体とする組成物、甘味料、食品及び飼料, ▲塚▼田 正幸, 竹田 博幸, 前田 ▲徳▼雄, 福森 保則, 塩見 ▲徳▼夫, 小野寺 秀一, 特願平7-287820, 特開平9-104624
α−グルコシダーゼ阻害剤、それを含む糖組成物、甘味料、食品及び飼料, 道下 徹, 小原 光夫, 奥田 等, 塩見 ▲徳▼夫, 小野寺 秀一, 特願平7-246722, 特開平9-065836
α−グルコシダーゼ阻害剤を含む糖を主体とする組成物を有効成分とする食品及び飼料, ▲塚▼田 正幸, 竹田 博幸, 前田 ▲徳▼雄, 福森 保則, 塩見 ▲徳▼夫, 小野寺 秀一, 藤沢 卓爾, 特願平7-119163, 特開平8-289783, 特許第3580900号
α−グルコシダーゼ阻害剤、それを含む糖組成物、甘味料、食品、及び飼料, ▲塚▼田 正幸, 竹田 博幸, 前田 徳雄, 福森 保則, 塩見 徳夫, 小野寺 秀一, 藤沢 卓爾, 特願平6-190968, 特開平8-023973, 特許第2790610号
新規DNA, 小野寺 秀一, 塩見 徳夫, 中村 武史, 福岡 章男, 吉見 文伸, 特願平5-229448, 特開平7-059574

受賞

  2016年07月, 8th 国際フルクタンシンポジウム, ポスター賞, Characterization of fructan exohydrolase from asparagus roots
  2013年10月, 公益社団法人発明協会, 平成25年度北海道地方発明表彰発明協会会長奨励賞, 新規異性体蔗糖の製造方法及び用途
  2011年03月, Elsevier., Journal of Functional Foods Top Cited Article 2008-2010., Antioxidative activities of some peptides isolated from hydrolyzed potato protein extract.
  2008年10月, 公益社団法人発明協会, 平成20年度北海道地方発明表彰文部科学大臣発明奨励賞, 新規オリゴ糖とその製造方法及び機能性

教育活動情報

担当経験のある科目

食品化学, 酪農学園大学
食品栄養学, 酪農学園大学
基礎栄養学, 酪農学園大学
応用栄養学, 酪農学園大学
食の安全安心の科学, 酪農学園大学
食品分析学, 酪農学園大学
食品機能論, 酪農学園大学
食品原料学, 酪農学園大学
有機化学, 酪農学園大学
科学史, 酪農学園大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2016年11月04日, 職業説明会「自然に係わる職業」, 講師, 北海道倶知安高等学校
  2014年06月07日, 「続・食と農・健康の大切さについて 2.たまねぎの健康パワー」, 講師, 美唄サテライトキャンパス・市民教養講座
  2013年07月03日 - 2014年03月31日, 研究開発助成事業審査委員会専門委員, その他, 北海道科学技術総合振興センター
  2013年09月13日, 講義・実験「食品の成分と健康」(札幌西陵高校), 講師, (独)科学技術振興機構・SPP事業
  2011年10月05日, 講義・実験「PCR法を体験してみよう」(倶知安高校), 講師, (独)科学技術振興機構・SPP事業
  2010年11月08日, 講義・実験「PCR法を体験してみよう」(倶知安高校), 講師, (独)科学技術振興機構・SPP事業
  2007年07月23日 - 2008年03月31日, 研究開発助成事業審査委員会専門委員, その他, 北海道科学技術総合振興センター
  2003年05月09日 - 2005年03月31日, バイオ人材育成事業カリキュラム委員, 運営参加・支援, NPO法人北海道バイオ産業振興協会
  2002年08月02日 - 2003年03月31日, 地域産学官連携技術開発推進委員「規格外馬鈴薯の酵素処理による新食品の開発」, 運営参加・支援, 北海道立食品加工研究センター
  2001年11月07日 - 2002年03月31日, 事業計画検討会議アドバイザー「規格外馬鈴薯の酵素処理による新食品の開発部会」, 助言・指導, 北海道科学技術総合振興センター


教員総覧