農食環境学群・循環農学類
教員 森志郎 モリ シロウ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2017/08/22

研究者基本情報

氏名

森志郎
モリ シロウ

所属(マスタ)

農食環境学群・循環農学類, 教員

所属・職名

農食環境学群 循環農学類
准教授

学歴

2003年04月 - 2006年03月, 新潟大学大学院, 自然科学研究科博士後期課程
2001年04月 - 2003年03月, 新潟大学大学院, 自然科学研究科博士前期課程

学位

博士(学術), 新潟大学

所属学協会

北海道園芸研究談話会
日本植物細胞分子生物学会
日本農業教育学会
園芸学会

研究活動情報

研究分野

科学教育・教育工学, 科学教育
生産環境農学, 遺伝育種科学
生産環境農学, 園芸科学

研究キーワード

園芸学,

論文

大雪山におけるエゾコザクラの葉緑体ゲノムの遺伝変異 (第47回大会特集), 澤田 円, 我妻 尚広, 岡本 吉弘, 森 志郎, 日本緑化工学会誌, 日本緑化工学会誌, 42, (1) 160 - 162,   2016年08月
Chromosome doubling in Limonium bellidifolium (Gouan) dumort. by colchicine treatment of seeds, Shiro Mori, Takuya Yamane, Masaki Yahata, Koichi Shinoda, Naho Murata, Horticulture Journal, 85, 366 - 371,   2016年01月, 査読有り
切り花の品質保持を学ぶカーネーションの教材化とその実践 (創立50周年記念号), 森 志郎, 中島 一樹, 小野崎 隆, 日本農業教育学会誌, 日本農業教育学会誌, 45, (2) 37 - 45,   2014年11月, 査読有り
Overexpression of the gibberellin 20-oxidase or gibberellin 3-oxidase gene from Torenia fournieri affecting plant morphology in transgenic Tricyrtis sp., M. Otani, S. Meguro, H. Gondaira, M. Hayashi, M. Saito, D. S. Han, M. Nakano, S. Mori, T. Li, T. Niki, T. Nishijima, M. Koshioka, Acta Horticulturae, 1025, 23 - 30,   2014年03月, 査読有り
Isolation and characterization of the dihydroflavonol 4-reductase gene in the monocotyledonous ornamental Agapanthus praecox ssp. orientalis (Leighton) Leighton, Shiro Mori, Masahiro Otani, Hitoshi Kobayashi, Masaru Nakano, Scientia Horticulturae, 166, 24 - 30,   2014年02月, 査読有り
Horticultural characterization of a tetraploid transgenic plant of Tricyrtis sp. Carrying the gibberellin 2-oxidase gene, Masahiro Otani, Mitsuyo Ishibe, Phithak Inthima, Phithak Inthima, Kanyaratt Supaibulwatana, Shiro Mori, Tomoya Niki, Takaaki Nishijima, Masaji Koshioka, Masaru Nakano, Plant Biotechnology, 31, 335 - 340,   2014年01月, 査読有り
Overexpression of the gibberellin 2-oxidase gene from Torenia fournieri induces dwarf phenotypes in the liliaceous monocotyledon Tricyrtis sp., Masahiro Otani, Shuhei Meguro, Haruka Gondaira, Megumi Hayashi, Misaki Saito, Dong Sheng Han, Phithak Inthima, Kanyaratt Supaibulwatana, Shiro Mori, Yusuke Jikumaru, Yuji Kamiya, Tuoping Li, Tomoya Niki, Takaaki Nishijima, Masaji Koshioka, Masaru Nakano, Journal of Plant Physiology, 170, 1416 - 1423,   2013年11月, 査読有り
Flower color alteration in the liliaceous ornamental Tricyrtis sp. by RNA interference-mediated suppression of the chalcone synthase gene, Yukiko Kamiishi, Masahiro Otani, Hiroki Takagi, Dong Sheng Han, Shiro Mori, Fumi Tatsuzawa, Hiroaki Okuhara, Hitoshi Kobayashi, Masaru Nakano, Molecular Breeding, 30, 671 - 680,   2012年08月, 査読有り
寒地・寒冷地の農学系学部・学科の栽培実習におけるトルコギキョウ (Eustoma grandiflorum) の教材化 : 短日処理とポリエチレンマルチの色が開花と切り花形質に及ぼす影響, 森 志郎, 塩尻 一馬, 森川 陽平, 日本農業教育学会誌, 日本農業教育学会誌, 43, (1) 17 - 26,   2012年05月, 査読有り
消費段階における切り花の品質保持を学ぶトルコギキョウの教材化, 森 志郎, 中村 節子, 扇谷 弘子, 日本農業教育学会誌, 日本農業教育学会誌, 42, (2) 55 - 63,   2011年11月, 査読有り
寒地・寒冷地の農学系学部・学科の栽培実習におけるスターチス・シヌアータ (Limonium sinuatum) の教材化, 森 志郎, 日本農業教育学会誌, 日本農業教育学会誌, 41, (2) 53 - 60,   2010年11月, 査読有り
短期大学における花きの生産・流通を学ぶ地域連携型学習プログラムの実践とその評価, 森 志郎, 日本農業教育学会誌, 日本農業教育学会誌, 41, (2) 41 - 52,   2010年11月, 査読有り
Morphological variation in Tricyrtis hirta plants regenerated from heavy ion beam-irradiated embryogenic calluses, Masaru Nakano, Junji Amano, Yusuke Watanabe, Yusuke Watanabe, Toshikazu Nomizu, Toshikazu Nomizu, Mami Suzuki, Keiko Mizunashi, Shiro Mori, Sachiko Kuwayama, Don Sheng Han, Hiroyuki Saito, Hiromichi Ryuto, Hiromichi Ryuto, Nobuhisa Fukunishi, Tomoko Abe, Plant Biotechnology, 27, 155 - 160,   2010年08月, 査読有り
Promotion of somatic embryo production from embryogenic calluses of monocotyledonous and dicotyledonous plants by heavy-ion beam irradiation, Masaru Nakano, Yusuke Watanabe, Yusuke Watanabe, Toshikazu Nomizu, Toshikazu Nomizu, Mami Suzuki, Keiko Mizunashi, Shiro Mori, Shiro Mori, Junji Amano, Dong Sheng Han, Hiroyuki Saito, Hiromichi Ryuto, Hiromichi Ryuto, Nobuhisa Fukunishi, Tomoko Abe, Plant Growth Regulation, 60, 169 - 173,   2010年04月, 査読有り
Stability of β-glucuronidase gene expression in transgenic Tricyrtis hirta plants after two years of cultivation, S. Mori, S. Mori, E. Oka, H. Umehara, H. Kobayashi, Y. Hoshi, M. Kondo, K. Ogata, M. Nakano, Biologia Plantarum, 52, 513 - 516,   2008年09月, 査読有り
Somaclonal variation and stability of GUS gene expression in transgenic agapanthus (Agapanthus praecox ssp. orientalis) plants at the flowering stage, Shiro Mori, Shiro Mori, Eriko Oka, Hiroto Umehara, Sakae Suzuki, Sakae Suzuki, Hitoshi Kobayashi, Yosuke Hoshi, Masayoshi Kondo, Yosuke Koike, Masaru Nakano, In Vitro Cellular and Developmental Biology - Plant, 43, 79 - 87,   2007年03月, 査読有り
Somaclonal variation in Tricyrtis hirta plants regenerated from 1-year-old embryogenic callus cultures, Masaru Nakano, Toshikazu Nomizu, Keiko Mizunashi, Mami Suzuki, Shiro Mori, Sachiko Kuwayama, Megumi Hayashi, Hiroto Umehara, Eriko Oka, Hiroyuki Kobayashi, Megumi Asano, Shintaro Sugawara, Hiroki Takagi, Hiroyuki Saito, Masashi Nakata, Toshinari Godo, Yoshihiro Hara, Junji Amano, Scientia Horticulturae, 110, 366 - 371,   2006年11月, 査読有り
Isolation and characterization of a cytochrome P450 gene from Muscari armeniacum, S. Mori, M. Nakano, M. Kondo, Y. Hoshi, H. Kobayashi, Acta Horticulturae, 673, 429 - 435,   2005年12月, 査読有り
Agrobacterium-mediated transformation of Lilium longiflorum, Y. Hoshi, M. Kondo, H. Kobayashi, S. Mori, M. Nakano, Acta Horticulturae, 673, 543 - 547,   2005年12月, 査読有り
Agrobacterium-mediated production of transgenic plants in tricyrtis hirta (Liliaceae), Y. Adachi, S. Mori, M. Nakano, Acta Horticulturae, 673, 415 - 419,   2005年12月, 査読有り
Callus formation and plant regeneration in various Lilium species and cultivars, Shiro Mori, Yukiko Adachi, Sakae Horimoto, Sakae Horimoto, Sakae Suzuki, Sakae Suzuki, Masaru Nakano, In Vitro Cellular and Developmental Biology - Plant, 41, 783 - 788,   2005年11月, 査読有り
Somatic embryogenesis from leaf- and flower bud- derived calluses in various Muscari species and cultivars., 森 志郎, Propagation of Ornamental Plants, 4, 58 - 62,   2004年04月, 査読有り
Heterologous expression of the flavonoid 3′,5′-hydroxylase gene of Vinca major alters flower color in transgenic Petunia hybrida, S. Mori, H. Kobayashi, Y. Hoshi, M. Kondo, M. Nakano, Plant Cell Reports, 22, 415 - 421,   2004年01月, 査読有り
Production of transgenic lily plants by Agrobacterium-mediated transformation, Y. Hoshi, M. Kondo, S. Mori, Y. Adachi, M. Nakano, H. Kobayashi, Plant Cell Reports, 22, 359 - 364,   2004年01月, 査読有り
Detection of cucumber mosaic virus, lily symptomless virus and lily mottle virus in Lilium species by RT-PCR technique, Yoshiji Niimi, Dong Sheng Han, Shiro Mori, Hitoshi Kobayashi, Scientia Horticulturae, 97, 57 - 63,   2003年01月, 査読有り

書籍等出版物

Production of transgenic plants via Agrobacterium-mediated transformation in Liliaceous ornamentals., 森 志郎, 分担執筆, Global Science Books,   2006年

講演・口頭発表等

ミチノクコザクラの系統分類学的位置, 澤田円、我妻尚広、東隆行、岡本吉弘、森志郎, 日本植物分類学会研究発表要旨集,   2017年03月
種球のサイズが多芽性ユリ‘きたきらり’の球根養成1年目の生育に及ぼす影響, 千石紗矢香, 石川翔太, 森志郎, 大宮知, 黒島学, 園芸学研究 別冊,   2016年09月10日
温度がエケベリアおよびその近縁種の葉挿しに及ぼす影響, 森志郎, 宇佐美綾, 園芸学研究 別冊,   2016年03月26日
多芽性ユリ‘きたきらり’における球根養成2年目の生育特性, 石川翔太, 小田島大輔, 森志郎, 園芸学研究 別冊,   2015年09月26日
スターチス・カスピアのコルヒチン処理により作出した四倍体の形態的特性, 山根拓也, 八幡昌紀, 篠田浩一, 村田奈芳, 森志郎, 園芸学研究 別冊,   2015年03月28日
多芽性ユリ‘きたきらり’における球根養成1年目の生育特性, 森志郎, 松平聖良, 阿地春菜, 園芸学研究 別冊,   2015年03月28日
岩木山におけるミチノクコザクラの葉緑体ゲノムtrn L (UAA) 3' exon - trn F (GAA) 領域の遺伝変異, 澤田円、我妻尚広、岡本吉弘、森志郎, 日本育種学会・日本作物学会北海道談話会 ,   2012年12月
北海道における黄色コスモスの花色と開花に及ぼす栽培時期の影響, 森志郎, 篠原裕史, 北郷勝也, 小崎達也, 直井弘典, 石田潔, 園芸学研究 別冊,   2009年09月26日
RANi法を用いたchalcone synthase(CHS)遺伝子の発現抑制によるホトトギス(Tricyrtis hirta)の花色改変, 上石友紀子, 高木宏樹, 森志郎, 小林仁, 中野優, 園芸学研究 別冊,   2009年09月26日
紫黒米(黒米)モチ品種「きたのむらさき」と新育成ウルチ品種「TMK^*」の育成, 石村 櫻, 岡田 佳菜子, 森 志郎, 石田 潔, 直井 弘典, 立澤 文見, 木下 厚, 岡本 吉弘, 佐竹 徹夫, 半場 吉之助, 日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報,   2007年12月
γ線照射によるヒメイワダレソウの稔性回復と染色体倍加, 星 洋介, 近藤 正剛, 小潟 慶司, 〓山 幸子, 森 志郎, 中野 優, 小林 仁, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2005年10月01日
アグロバクテリウム法によるホトトギス(Tricyrtis hirta)へのアントシアニン生合成経路関連遺伝子の導入, 森志郎, 小林仁, 星洋介, 近藤正剛, 中野優, 園芸学会雑誌 別冊,   2005年04月03日
開花期のホトトギス形質転換体における形態およびuidA遺伝子発現の調査, 岡 恵理子, 森 志郎, 安達 由希子, 星 洋介, 近藤 正剛, 小林 仁, 中野 優, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2005年03月20日
センノウ属植物(Lychnis spp.)およびその近縁種の花弁におけるアントシアニジンおよびアントシアニン分析, 桑山幸子, 森志郎, 神戸敏成, 中野優, 園芸学会雑誌 別冊,   2004年04月03日
アグロバクテリウム法によるシンテッポウユリ‘ホワイト阿賀’へのMADS‐box遺伝子の導入, 安達由希子, 小林仁, 星洋介, 近藤正剛, 森志郎, 中村徹, 中野優, 園芸学会雑誌 別冊,   2004年04月03日
数種・品種のムスカリ(Muscari spp.)におけるカルスからの体細胞はい形成, 森志郎, 中野優, 園芸学会雑誌 別冊,   2004年04月03日
アガパンサス形質転換体における形態およびuidA遺伝子発現の調査, 森 志郎, 鈴木 栄, 星 洋介, 近藤 正剛, 小林 仁, 中野 優, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2003年09月20日
アグロバクテリウムによるユリへの遺伝子導入法, 星 洋介, 近藤 正剛, 森 志郎, 安達 由希子, 中野 優, 松本 伊左尾, 小林 仁, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2003年04月04日
アガパンサスからのジヒドロフラボノール4-還元酵素(DFR)遺伝子の単離とその発現解析, 森 志郎, 武田 祥尚, 山元 皓二, 星 洋介, 近藤 正剛, 小林 仁, 中野 優, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2003年04月04日
数種のユリ属植物におけるカルスからの植物体再生および Agrobacterium 法によるgusA遺伝子の一過性発現, 安達 由希子, 森 志郎, 小林 仁, 星 洋介, 近藤 正剛, 中野 優, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2003年04月04日
アグロバクテリウム法による形質転換における紙ヤスリ処理による形質転換効率の向上, 星 洋介, 近藤 正剛, 森 志郎, 安達 由希子, 中野 優, 松本 伊佐尾, 小林 仁, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2003年04月04日
ツルニチニソウからのフラボノイド3',5'位水酸化酵素(F3'5'H)遺伝子の単離と特徴づけ, 森 志郎, 小林 仁, 星 洋介, 近藤 正剛, 中野 優, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2002年10月13日
ムスカリ花弁におけるアントシアニジンおよびアントシアニン分析, 森 志郎, 浅野 聡, 小林 仁, 中野 優, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2002年04月03日

MISC

珪酸塩白土がハイドロカルチャーにおけるポトス(Epipremnum aureum (Lind. & Andre) Bunting)およびコルジリーネ(Cordyline sp.)の生育に及ぼす影響, 森 志郎, 櫻井 綾乃, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 41, (1) 71 - 75,   2016年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005860819
北国の管理・作業 3月の手入れ, 森 志郎, 趣味の園芸 2016年3月号,   2016年03月, 招待有り
北国の管理・作業 2月の手入れ, 森 志郎, 趣味の園芸 2016年2月号,   2016年02月, 招待有り
北国の管理・作業 1月の手入れ, 森 志郎, 趣味の園芸 2016年1月号,   2016年01月, 招待有り
北海道における厳冬期の切り花栽培, 森 志郎, 大道 雅之, 農業および園芸, 84, (7) 697 - 701,   2009年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016733417, 農業分野においてもCO2排出量の抑制をはじめとして環境に配慮した生産の実践が求められている。また、ここ2、3年の原油価格の高騰は省エネ技術への注目を著しく高める要因となった。施設園芸における省エネ技術の基本は断熱性の向上による保温性の確保にあり、次いで効率的なエネルギー利用や石油代替燃料の活用、適温での栽培管理などが挙げられる。これらを実践するための手引きとして、農林水産省はそのホームページ上で施設園芸省エネルギー生産管理マニュアルを公開している。近年、北海道はわが国における主要な切り花産地に成長した。2007年の調査では北海道の園芸用ガラス室およびハウスにおける花き(鉢物類を除く)栽培延面積は4,867千m2で、愛知県、和歌山県、鹿児島県に次いで第4位である。これら切り花の基本的な作型は春に定植して夏秋期に出荷するものであるが、加温施設を用いた周年または促成、抑制栽培がカーネーションやトルコギキョウ、アルストロメリア、シュッコンカスミソウ、バラなど多くの品目において取り組まれている。北海道は高緯度に位置するため、春の気温上昇が遅く、秋の気温低下が早い。また、冬の冷え込みはきわめて厳しく、いずれの地域にも積雪がある。このような気象条件の中で花き生産農家は創意工夫を重ね、低コストでの切り花栽培に取り組んでいる。筆者らは原油価格の高騰が問題となっていた2008年に道内のトルコギキョウおよびカーネーションの先進農家を視察し、とくに省エネ技術について聞き取りを行った。本稿では現地視察で得られた情報を中心にして北海道における厳冬期(1、2月)の切り花栽培の現状を報告する。
北国の施設園芸と主な品目の加温エネルギーについて, 森 志郎, 第27回技術士CPD・技術士業績・研究発表年次大会論文集,   2009年
ナデシコ科センノウ(Lychnis senno)およびその近縁種の花弁におけるアントシアニジンおよびアントシアニン分析, 桑山 幸子, 森 志郎, 中田 政司[他], 新潟大学農学部研究報告, 58, (1) 35 - 38,   2005年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004471684, Flower petal anthocyanidins were analyzed by high-performance liquid chromatography (HPLC) in Lychnis senno, a traditional ornamental plant conserved in Japan, and its related species (Caryophyllaceae). According to the anthocyanidin composition, 8 species analyzed were classified into 4 types. For Type-I species (L. senno), flower color was vivid red (JHS 0707), and petals accumulated both 3'-hydroxylated anthocyanidins (cyanidin and peonidin) and pelargonidin. Both Type-II and Type-III species contained only 3'-hydroxylated anthocyanidins in their flower petals. For Type-II species (Silene. coeli-rosa 'Cherry Blossom' and S. yunnanensis), flower color was light purplish pink (JHS 9203) or deep purplish pink (JHS 9205), and the relative level of cyanidin in petals was much higher than peonidin. On the other hand, for Type-III species (L. coronaria), flower color was vivid reddish purple (JHS 9207), and the relative level of peonidin in petals was much higher than cyanidin. For Type-IV species (L. chalcedonica, L. coronata, L. miqueliana and L. wilfordii 'Karafuto-enbisennou'), flower color was vivid reddish orange (JHS 0706), strong orange (JHS 1305) or strong reddish orange (JHS 0713), and flower petals exclusively accumulated pelargonidin. When L. senno (Type-I) and L. miqueliana (Type-IV) were analyzed by HPLC for anthocyanin composition in flower petals, only No. 4 peak was common to these species, indicating that this peak may be a pelargonidin-type anthocyanin. The results obtained in the present study may be helpful in systematic breeding for flower color alteration of L. senno and its related species.日本における伝統的な園芸植物であるナデシコ科のセンノウ(Lychnis senno)およびその近縁種について、HPLCにより花弁のアントシアニジンを分析した。実験に供試した8種は、アントシアニジンの組成により4つのタイプに分類された。タイプIに分類された種(センノウ)の花弁にはシアニジン、ペオニジンおよびペラルゴニジンが含まれ、花色はvivid red (JHS 0707)であった。タイプIIに分類された種(Silene coeli-rosa 'Cherry Blossom'およびS. yunnanensis)の花弁には主にシアニジンが含まれ、ペオニジンも蓄積されていた。これらの種の花色はlight purplish pink (JHS 9203)またはdeep purplish pink (JHS 9205)であった。一方、タイプIIIに分類された種(L. coronaria)の花弁には主にペオニジンが含まれ、シアニジンも蓄積されていた。この種の花色はvivid reddish purple (JHS 9207)であった。また、タイプIVに分類された種(L. chalcedonica、L. coronata、L. miquelianaおよびL. wilfordii 'カラフトエンビセンノウ')の花弁には主にペラルゴニジンが含まれ、花色はvivid reddish orange (JHS 0706)、strong orange (JHS 1305)またはstrong reddish orange (JHS 0713)であった。タイプIに分類されたセンノウとタイプIVに分類されたL. miquelianaについて、HPLCにより花弁のアントシアニンを分析した。その結果、No. 4のピークのみが両種において検出され、このピークがペラルゴニジンを骨格にもつ色素であることが示唆された。本実験において得られた結果は、センノウおよびその近縁種の花色改変に関する育種を計画的に行う際に有用であると考えられる。
ムスカリ(Muscari spp)の花におけるアントシア二ジンおよびアントシアニン分析, 森 志郎, 浅野 聡, 小林 仁〔他〕, 新潟大学農学部研究報告, 55, (1) 13 - 18,   2002年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000300855

競争的資金

日本科学協会, 笹川科学研究助成, ユリ科植物ムスカリを用いた単子葉花き園芸植物における花色改変分子育種モデルの構築, 森 志郎

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2017年03月06日, 青森県立柏木農業高校 出張セミナー, 講師
  2017年02月28日, 北海道さつまいも懇話会 情報交換会, 運営参加・支援
  2016年12月22日, 北海道養液栽培研究会 冬季講座, 司会
  2016年12月21日, 北海道施設園芸高度化フォーラム, 司会
  2016年12月19日, 東京都立農芸高校 出張セミナー, 講師
  2016年08月10日, 北海道養液栽培研究会 現地見学会, 運営参加・支援
  2016年08月05日, 日本種苗協会 全日本品種審査会, その他
  2016年07月31日, いわみざわ公園 園芸講座, 講師
  2016年07月09日, 北海道花き懇話会 現地研修会, 講師
  2016年06月25日, 第7回北海道農業高校生ガーデニングコンテスト, その他
  2016年06月24日, 北海道石狩農業普及センター 研修会, 講師
  2016年05月23日, 酪農学園大学 市民公開講座, 講師


教員総覧