農食環境学群・環境共生学類
教員 星野仏方 ホシノ ブホウ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2017/11/17

研究者基本情報

氏名

星野仏方
ホシノ ブホウ

所属(マスタ)

農食環境学群・環境共生学類, 教員

所属・職名

教授

学歴

1992年09月 - 1995年07月, (Ph. D) Chinese Academy of Sciences, The Institute of Geographic Sciences and Natural Resources Research (IGSNRR), State Key Laboratory of Resources and Environmental Information System
1987年09月 - 1990年07月, (MSc) Northeast Normal University, The School of Geography, Graduate School of Geography
1982年09月 - 1985年07月, (BSc) Inner Mongolia Normal University, The School of Geography, Department of Geography

学位

理学博士, 中国科学院(Chinese Academy of Science)

所属学協会

共生社会システム学会
国際生物地理学会IBS
アメリカ宇宙学会(COSPAR)
IEEE IGARSS
日本沙漠学会
日本生態学会
日本リモートセンシング学会
日本景観生態学会

研究活動情報

研究分野

生物資源保全学, 生物資源保全学, リモートセンシング
地理学, 地理学, GIS
環境学, 自然共生システム, 砂漠化・黄砂
地域研究, 地域研究, 遊牧と定住の比較

研究キーワード

チベット高原,
生息地モデル,
野生動物の保護管理,
モンゴルハタネズミ,
地理的変異,
大型哺乳類,
青海・チベット横段鉄道(青蔵鉄路),
季節移動,
野生動物,
衛星追跡,
ココシリ保護区,
チベット横断鉄道,
チベットカモシカ,
チルー(Pantholops hodgsonii),
青海-チベット鉄道,
アルゴスシステム(Argos System),
チルー,
ARGOS追跡,
哺乳類,
生息地の分断,
ARGOS衛星追跡,
乾燥地,
生態学,
植物,
国際情報交換,
環境分析,
クチジロジカ,
アフリカ,
資源保全,
リモートセンシング,
土地利用・土地被覆,
変化の抽出,
砂漠化,
植林,
動物追跡,

論文

内モンゴル半農半牧地域における「新たな農地開発」の実態と課題 -赤峰市の末端行政レベルからの考察-, 永海, 星野仏方, ソリガ, 笹村尚司, 梅垣和幹, 那音太, 沙漠研究, 27, (1) 9 - 16,   2017年08月, 査読有り
REMOTE SENSING METHODOLOGY FOR DETECTION OF ENVIRONMENTAL REGIME SHIFTS IN SEMI-ARID REGION, Yuki Sofue, Buho Hoshino*, Eunice Nduati, Akihiko Kondoh, Kenji Kai, Ts. Purevsuren, Kenji Baba, IEEE IGARSS 2017, 2017, (1) 5113 - 5116,   2017年07月, 査読有り
Movements of dams milked for fermented horse milk production in Mongolia, Tserenpurev Bat-Oyun, TAKEHIKO Y ITO, Yadamjav Purevdorj, MASATO SHINODA, SATOMI ISHII, Hoshino BUHO, Yuki MORINAGA, Animal Science Journal,   2017年04月, 査読有り
Problems in the Protection of Reintroduced Przewalski’s Horses (Equus ferus przewalskii) Caused by Piroplasmosis, Munkhbat Tarav, Makoto Tokunaga, Tatsunari Kondo, Yuko Kato-Mori, Buho Hoshino, Usukhjargal Dorj, and Katsuro Hagiwara, Journal of Wildlife Diseases, 53, (4) 911 - 915,   2017年03月, 査読有り
Properties and seasonal variation of milk produced by One-humped Camels (camelus dromedarius) and Two-humped camels (C. bactrianus) in Republic of Kazakhstan , Satomi Ishii, Buho Hoshino, Sabir T. Nurtazin, Journal of Arid Land Studies, 26, (4) 219 - 222,   2017年03月, 査読有り
The Interactions Between Precipitation, Vegetation and Dust Emission Over Semi-Arid Mongolia, Yuki Sofue, Buho Hoshino, Yuta Demura, Eunice Nduati, and Akihiko Kondoh, Atmospheric Chemistry and Physics (ACP),   2017年03月, 査読有り
A New Methodology for the Evaluation of Ecological Characteristic of the Camel - A case Study of Climate Change and Breeding of Camel -, 星野 仏方, Journal of Arid Land Studies, 26, (4) 203 - 207,   2017年03月, 査読有り
Seasonal Migration and Home Ranges of Tibetan Antelopes (Pantholops hodgsonii) Based on Satellite Tracking, Karina Manayeva, Buho Hoshino, Hiromasa Igota, Takashi Nakazawa and Ganzorig Sumiya, International Journal of Zoological Research, 13, (1) 26 - 37,   2016年12月, 査読有り
Estimates of ground surface characteristics for outbreaks of the Asian Dust Storms in the sources region, 星野 仏方, ProScience, 3, (1) 21 - 30,   2016年12月, 査読有り
Evaluation of the Effect of a Rain Pulse on the Initial Growth of Prosopis Seedlings, Kiyotsugu Yoda, Wataru Tsuji, Tomoe Inoue, Tadaomi Saito, Mohamed A. M. Abd Elbasit, Ahmed M. Eldoma, Magzoub K. Magzoub, Buho Hoshino, Hiroshi Nawata, and Hiroshi Yasuda, Arid Land Research And Management, 29, (2) 210 - 221,   2015年09月, 査読有り
Understating Dilemma and Sophism of Prosopis juliflora Eradication in Sudan, Mahgoub Suliman, Hiroshi Nawata, Buho Hoshino and Ismail Mohamed Fangama,, International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences, 4, (8) 10 - 16,   2015年08月, 査読有り
Estimates of critical ground surface condition for Asian dust storm outbreak in Gobi desert region based on remotely sensed data, Demura, Yuta; Hoshino, Buho; Sofue, Yuki; Kai, Kenji; Purevsuren, Ts.; Baba, Kenji; Chen, Jan-Chang; Mori, Kaori, IEEE IGARSS, 2015, (1) 870 - 873,   2015年07月, 査読有り
モンゴル草原の遊牧から定住への社会変遷と日本への影响, 星野仏方・ソリガ・祖父江侑紀・出村雄太・ツェデンバプレブスレン・永海, 共生社会システム研究, 9, (1) 1 - 27,   2015年05月, 査読有り
内モンゴル『半農半牧』地域における生態回復・貧困対策の特徴とその住民へおの影响, 永海・ソリガ・祖父江侑紀・出村雄太・星野仏方, 共生社会システム研究, 9, (1) 171 - 190,   2015年05月, 査読有り
REDD+推進にむけた森林リモートセンシング技術研修の設計と実施 : 酪農学園大学での研修事例から, 吉村 暢彦,日野 貴文,金子正美,星野 仏方,小川 健太, 酪農学園大学紀要, 40, (1) 35 - 45,   2015年03月
ゴビ砂漠における植生環境と強風頻度を用いたダストストーム発生傾向の解析, 出村雄太・星野仏方*, ・祖父江侑紀・馬場賢治,, 沙漠研究, 24, (3) 359 - 365,   2015年03月, 査読有り
Habitat selection and ecosystem resilience role of Microtus brandti voles in degraded pasture in Mongolia, B. Hoshino*, S. Ganzorig, K. Umegaki, S. T. Nurtazin, CEBE, 14, (16) 14 - 17,   2014年12月
Evaluation of the Effect of a Rain Pulse on the Initial Growth of Prosopis Seedlings, Kiyotsugu Yoda , Wataru Tsuji , Tomoe Inoue , Tadaomi Saito , Mohamed A. M. Abd Elbasit , Ahmed M. Eldoma , Magzoub K. Magzoub , Buho Hoshino , Hiroshi Nawata&Hiroshi Yasuda, Arid Land Research and Management,, 29, (2) 1 - 12,   2014年08月, 査読有り
Comparative characteristics of the home ranges of domestic and wild animals in arid and sub-arid Afro-Eurasia, and watering places as hot spot for the pasture degradation, Hoshino BUHO*, Hiroshi NAWATA, Kenji KAI, Hiroshi YASUDA, Kenji BABA, Sumiya GANZORIG, SURIGA, Manayeva KARINA, Tsedendamba PUREVSUREN, Miki HASHIMOTO, Kenji KAWASHIMA, Jun NODA, Katsuro HAGIWARA and Yuka SHIBATA, Journal of Arid Land Studies, 24, (1) 51 - 56,   2014年06月, 査読有り
Grazing behavior of livestock in settled and nomadic herders households in Mongolian plateau, Suriga, Miki, Hashimoto, Buho Hoshino, Sumiya Ganzorig, Saixialt, Yong Hai, Karina Manayeva, Tsedendamba Purevsuren,, Journal of Arid Land Studies, 24, (1) 184 - 189,   2014年06月, 査読有り
Studies on long-term changes in herders household and land use in Inner Mongolia, China, Yong Hai, Buho Hoshino (corresponding), Sumiya Ganzorig, Suriga, Tsedendamba Purevsuren, Manayeva Karina, Journal of Arid Land Studies, 24, (1) 191 - 194,   2014年06月, 査読有り
空間情報を用いた高山帯の植生変化と環境変動のセンサス, 金子正美、星野仏方、雨谷教弘, 地球環境, 19, (1) 13 - 21,   2014年03月, 査読有り
Mesquite Risk Mapping and Assessment in Tokar Delta-Eastern Sudan, Mahgoub Suliman, Hiroshi NAWATA, Buho Hoshino, JOUR. OF NAT. RESOUR.&ENVIRON. STU., 3, (1) 9 - 13,   2014年, 査読有り
ELUCIDATIVE MECHANISM OF THE RECESSION OF ALPINE PLANTS AND THE INVASIONOFDWARF BAMBOO KURILENSIS IN THE TAISETSUMOUNTAINS, 星野 仏方, IEEE IGARSS, 1, (2013) 2778 - 2781,   2013年07月, 査読有り
黄砂が運ぶ生物由来物質の時空間解析~2012年春季の事例~, 馬場賢治, 能田淳, 星野仏方, 萩原克郎, 日本気象学会大会講演予稿集, (103) ,   2013年04月30日
極乾環境における外来植物メスキートの分布拡大の戦略―スーダンの事例, 星野仏方, 日本生態学会大会講演要旨集, 60th,   2013年03月05日
モンゴル国過放牧地域における生態系エンジニアの働きによる草原回復のメカニズム, 川島健二・星野 仏方・澤向麻里絵・S.Ganzorig・浅川満彦・N.Batsaikhan・C.Augugliaro, 日本草地学会, VOl.59, (No.3) 217 - 220,   2013年, 査読有り
A new spectral index to detect Poaceae grass abundance in Mongolian grasslands, S Shimada, J Matsumoto, A Sekiyama, B Aosier, M Yokohana, Advances in Space Research, 50, (9) 1266 - 1273,   2012年11月, 査読有り
家畜行動解析によるモンゴル高原の持続可能な利用方法について, 橋本未来, 星野仏方, GANZORIG Sumiya, SURIGA, 松原奈央, SAIXIALT, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 37, (1) 79 - 85,   2012年10月
衛星追跡によるチベットアンテロープ(Pantholops hodgsonii)の季節移動に対する鉄道の影響について―生物多様性保全のための野生動物と家畜の両立を目指して―, 仲澤峻, LIU Chuguang, MANAYEVA Karina, 星野仏方, 伊吾田宏正, 吉田剛司, 金子正美, 梶光一, JIANG Zhaowen, 浅川満彦, 本川雅治, 亀山哲, 大泰司紀之, 増田隆一, MAHAMUT Halik, WU Xaomin, GANZORIG Sumiya, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 37, (1) 61 - 70,   2012年10月
スーダンの外来植物メスキート(Prosopis juliflora)の河川による分布の拡大, 矢吹俊輔, 星野仏方, 依田清胤, 安田裕, 縄田浩志, ABDELAZIZ Karamalla, 相田樹人, 森悠祐, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 37, (1) 71 - 77,   2012年10月
降雨パルスに対する外来侵略樹種メスキートの実生初期成長応答の評価, 依田清胤, 辻渉, 井上知恵, 齋藤忠臣, ELBASIT Mohamed, 星野仏方, 縄田浩志, 安田裕, 日本植物学会大会研究発表記録, 76th,   2012年09月14日
モンゴル国の過放牧地域における小型哺乳類の生態系エンジニアリングの働き, 川島健二, 星野仏方, 澤向麻里絵, GANZORIG S., 浅川満彦, BATSAIKHAN N., AUGUGLIARO C., 日本草地学会誌, 58, (1) 29 - 30,   2012年08月, 査読有り
Preliminary Results on Surface and Soil Characteristics of Brandt's Vole (Microtus brandti) Habitat in Central Mongolia using Satellite Data, SAWAMUKAI Marie, HOSHINO Buho, GANZORIG Sumiya, PUREVSUREN Tsedendamba, ASAKAWA Mitsuhiko, KAWASHIMA Kenji, Journal of Arid Land Studies, 22, (1) 295 - 298,   2012年06月, 査読有り
Root System Development of Prosopis Seedlings under Different Soil Moisture Conditions, YODA Kiyotsugu, ELBASIT Mohamed A.M.Abd, HOSHINO Buho, NAWATA Hiroshi, YASUDA Hiroshi, Journal of Arid Land Studies, 22, (1) 13 - 16,   2012年06月, 査読有り
Evaluating the Invasion Strategic of Mesquite (Prosopis juliflora) in Eastern Sudan Using Remotely Sensed Technique, HOSHINO Buho, KARAMALLA Abdelaziz, ABD ELBASIT Mohamed A.M., MANAYEVA Karina, YODA K., SULIMAN Mahgoub, ELGAMRI Mohamed, NAWATA H., YASUDA H., Journal of Arid Land Studies, 22, (1) 1 - 4,   2012年06月, 査読有り
Spatial and Temporal Patterns of NDVI Response to Precipitation and Temperature in Mongolian Steppe, PUREVSUREN Tsedendamba, HOSHINO Buho, GANZORIG Sumiya, SAWAMUKAI Marie, Journal of Arid Land Studies, 22, (1) 247 - 250,   2012年06月, 査読有り
Mesquite (Prosopis spp.) Water Uptake under Different Simulated Drought Conditions, ABD ELBASIT Mohamed A.M., ABD ELBASIT Mohamed A.M., YASUDA Hiroshi, YODA Kiyotsugu, ELDOMA Ahmed M., NAWATA Hiroshi, HOSHINO Buho, MAGZOUB Magzoub K., Journal of Arid Land Studies, 22, (1) 5 - 8,   2012年06月, 査読有り
Root System Development of Prosopis Deedlings under Different Soil Moisture Conditions, K YODA, MA ELBASIT, B HOSHINO, H NAWATA, H YASUDA, Journal of Arid Land Studies, 22, (1) 13 - 16,   2012年05月, 査読有り
モンゴル国における家畜ウマの行動パターンと放牧地利用について, 一條将克, 一條将克, 星野仏方, GANZORIG Sumiya, 川島健二, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 36, (2) 363 - 375,   2012年04月
モンゴルの山地ステップにおける小型哺乳類の生息地の空間異質性と共同性ギルド, 川島健二, 星野仏方, GANZORIG Sumiya, 澤向麻里絵, 浅川満彦, BATSAIKHAN Nyamsuren, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 36, (2) 357 - 362,   2012年04月
Spatial and Temporal Distribution of Tibetan Antelope at Hoh Xil National Reserve, MANAYEVA Karina, HOSHINO Buho, GANZORIG Sumiya, NAKAZAWA Takashi, MINARI Yuka, IGOTA Hiromasa, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 36, (2) 339 - 345,   2012年04月
Patterns of grazing behavior of livestock in settlements of Inner Mongolia, SURIGA, HOSHINO Buho, SAIXIALT, GANZORIG Sumiya, HASHIMOTO Miki, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 36, (2) 347 - 355,   2012年04月
地球は乾いている―進行する砂漠化と畜産(遊牧)と地球環境―《24》モンスーンアジアの生態系と日本の安全 3), 星野仏方, 酪農ジャーナル, 65, (3) 46 - 47,   2012年03月01日
A NEW METHOD FOR ESTIMATION OF SOIL MOISTURE FROM PALSAR POLARIZATION DATA IN HIGH DENSITY VEGETATED AREA, B. Hoshino, G. Kudo, Y. Amagai, M. Kaneko, T. Yabuki, The 32nd Asian Conference on Remote Sensing, 3 - 7,   2011年10月
Parasitological investigation of wild rodents collected from Mongolia: Its outline and preliminary results, ASAKAWA Mitsuhiko, KHALIUNAA Tsevegmid, GANTIGMAA Chuluunbaatar, BATTULGA Sumiya, ABMED Davaajav, ANU Davaasuren, HOSHINO Buho, ITO Ryo, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 152nd,   2011年08月31日
Invasion of dwarf bamboo into alpine snow-meadows in northern Japan: pattern of expansion and impact on species diversityo alpine snow-meadows in northern Japan: pattern of expansion and impact on species diversity, Gaku Kudo, Yukihiro Amagai, Buho Hoshino, Masami Kaneko, Ecology and evolution, 1, (1) 85 - 96,   2011年08月, 査読有り
Remote sensing methods for the evaluation of the mesquite tree (Prosopis juliflora) environmental adaptation to semi-arid Africa, Buho Hoshino, Maino Yonemori, Karina Manayeva, Abdelaziz Karamalla, Kiyotsugu Yoda, Mahgoub Suliman, Mohamed Elgamri, Hiroshi Nawata, Yusuke Mori, Shunsuke Yabuki, Shigeto Aida星野 仏方, Geoscience and remote sensing symposium (IGARSS), 2011 IEEE international, 2011, (1) 1910 - 1913,   2011年07月, 査読有り
RAPID EVALUATION OF FOREST DAMAGED BY TYPHOON USING MULTISPECTRAL SATELLITE DATA – CASE STUDY IN HOKKAIDO JAPAN, Buho Hoshino, Sabyr Nurtazin, Masayuki Takada, KazNU Journal of Ecology, 3, (32) 53 - 58,   2011年05月, 査読有り
Remote Sensing Methods of Vegetation and Surface Run-off Change in Eastern Sudan Area, HOSHINO Buho, NAWATA Hiroshi, JIA Ruichen, ABDELAZIZ Karamalla, YODA Kiyotsugu, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 35, (2) 33 - 43,   2011年04月
Spatial and temporal patterns of NDVI response to precipitation in Mongolian Steppe, PUREVSUREN Tsedendamba, HOSHINO Buho, GANZORIG Sumiya, TSERENDULAM Ts., 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 35, (2) 55 - 62,   2011年04月
Preliminary study on migration pattern of the Tibetan antelope (Pantholops hodgsonii) based on satellite tracking, Buho Hoshino, Jiang, Z., Liu, C., Yoshida, T., Halik, M., Kaneko, M., Asakawa, M., Motokawa, M., Kaji, K., Wu, H., Ohtaishi, N., Ganzorig, S., Masuda, R, Advances in Space Research, 48, (1) 43 - 48,   2011年02月, 査読有り
CLASSIFICATION OF CASI-3 HYPERSPECTRAL IMAGE BY SUBSPACE METHOD, Buho Hoshino, Hasi Bagan, Akihiro Nakazawa, Masami Kaneko, Masaki Kawai, and Tetuo Yabuki, IEEE,   2011年, 査読有り
REMOTE SENSING METHODS METHODS FOR THE EVALUATION OF THE THE MESQUITE TREE (Prosopis juliflora) ENVIRONMENTAL ADAPTATION TO SEMI-ARID AFRICA, Buho Hoshino, Maino Yonemori, Karina Manayeva, Abdelaziz Karamalla, Kiyotsugu Yoda, Mahgoub Suliman, Mohamed Elgamri, Hiroshi Nawata, Yusuke Mori, Shunsuke Yabuki, and Shigeto Aida, IEEE,   2011年, 査読有り
青海省チベット高原で捕獲されたスズメ目鳥類の外部計測値, 浅川 満彦, Hongfeng Zhang, Junfeng Pei, 浅原 正和,Wei-Jan Wen, Chuguang Lui, Halik Mahmut, Xiaomin Wu, 本川 雅治, 星野仏方, 酪農学園大学紀要, 35, (1) ,   2010年
Evaluate the Eco- Effectiveness of Grain for Green Project of China Using a Satellite-Derived Land Surface Parameter, Buho Hoshino, H.Nawata, R.Nagasawa, R.Sato, N.Yamanaka, S.Ganzorig, INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL CREATION, 10, (2) 29 - 36,   2009年, 査読有り
A comparative study of pasture degradation of Inner Mongolian fenced and unfenced land based on remotely sensed data, Buho HOSHINO, Masami KANEKO, Teruo MATSUNAKA, Satomi ISHII, Yoshihito SHIMADA, and Chifumi ONO, 酪農学園大学紀要, 34, (1) 15 - 22,   2009年
Investigation on the water stress in alpine vegetation using Hyperspectral Sensors, Buho Hoshino, Gaku Kudo, Tetsuo Yabuki, Masami Kaneko, Sumiya Ganzorig, IEEE IGARSS, 3, (3) 554 - 556,   2009年, 査読有り
中国・内モンゴルにおける草原の砂漠化と緑化をめぐって, 星野仏方,賽西雅拉図, 佐藤藍, 中村修平, 沙漠研究, (20-1) 43 - 48,   2009年, 査読有り
リモートセンシング地表面パラメーターを用いた中国黄土高原「退耕還林(草)緑化プロジェクトの生態効果の検証, ブホーオーツル, 縄田浩志, 長澤良太, 佐藤廉也, 山中典和, ZHANG W., and HOU, Q., 沙漠研究, 17, (2) 87 - 91,   2007年09月, 査読有り
Land cover of oases and forest in XinJiang, China retrieved from ASTER data, Aosier Buhe, K.Tsuchiya, M.Kaneko, N.Ohtaichi, Mahmut Halik, Advances in Space Reserch, 39, (1) 39 - 45,   2007年, 査読有り
衛星リモートセンシング技術を用いた北海道サロベツ湿原の植生区分, 高田雅之・布和敖斯尓・棗 庄輔・齋藤健一・加藤晃司, 景観生態学, 11, (1) 3 - 14,   2006年11月, 査読有り
Extraction of Poplar(Populus euphratica) Forest and Tamaric(Tamarix taklamakanensis) Bushes in Taklamakan Desert Using Terra/ASTER Data, BUHE Aosier, M.KANEKO, N.OHTAISHI, MAHAMUT Halik, and K. TSUCHIYA, Journal of Arid Land Studies, 15, (4) 391 - 397,   2006年, 査読有り
Scaling transformation of remote sensing digital image with multiple resolutions from different sensors, A Buhe, J Ma, Q Wang, Journal of Geographical Sciences, 59, (1) 101 - 110,   2004年08月, 査読有り
Terra/ASTERマルチスペクトル(VNIR, SWIR&TIR)データを用いた湿原環境評価に関する基礎的研究(サロベツ湿原を例として), 布和欺斯尓, 高田雅之, 北海道環境科学研究センター所報, (31) ,   2004年
COMPARISON OF IMAGE DATA ACQUIRED WITH AVHRR, MODIS, ETM+ AND ASTER OVER HOKKAIDO, JAPAN, Buheaosier, K.Tsuchiya, M.kaneko, S.J.Sung, Advance in Space research, 32, (11) 2211 - 2216,   2003年, 査読有り
湿原植生分類のためのリモートセンシング手法の研究 -北海道釧路湿原の場合-, 布和欺斯尓, 金子正美, 高田雅之, 土屋清, 福間博史, 北海道環境科学研究センター所報, (29) 53 - 58,   2002年
Quantitative assessment of vegetation coverage factor in USLE model using remote sensing data, Ma C F, Ma J W and Buhe A, Bulletin of Soil and Water Conservation, 21, (1) 6 - 9,   2001年06月, 査読有り
Quantitative assessment of vegetation coverage factor in USLE model using remote sensing data, CF Ma, JW Ma, A Buhe, Bulletin of Soil and Water Conservation, 21, (4) 6 - 9,   2001年05月, 査読有り
Study on spatial-temporal feature of modern land-use change in China: using remote sensing techniques, Liu Jiyuan, Buheaosier, Quaternary sciences, 20, (3) 229 - 239,   2000年05月, 査読有り
Correction of NDVI calculated form ASTER L1B and ASTER(AST07) data based on ground measurement, Hoshino Buho,Masami Kaneko, Kenta Ogawa, Advances in Geoscience and Remote Sensing, 45 - 56
The impact of land cover change on patterns of zoogeomorphological influence: Case study of zoogeomorphic activity of Microtus brandti and its role in degradation of Mongolian steppe, Buho Hoshino, Sumiya Ganzorig, Marie Sawamukai, Kenji Kawashima, Kenji Baba1, Kenji Kai. Sabyr Nurtazin, IEEE IGARSS, 2014, (1) 3518 - 3521,   2014年07月, 査読有り
Regional environmental differentiation and regional safety threshold of soil selenium, Buber Aoseer, Dongwe Zhang, Li Liu, Acta Pedologica Sinica(土壌学報), 32, (2) 186 - 193, 査読有り
Change detection method for pasture degradation using RGB color composite image of multitemporal Landsat TM - A case study of the Inner Mongolian settlement region , Suriga,S.; Hashimoto, M. ; Hoshino, B. ; Saixialt, S.;Sumiya Ganxorig., IEEE IGARSS 2012, 6267 - 6270,   2012年07月, 査読有り
Estimated soil moisture in vegetated area using multitemporal multipolarization data , Buho Hoshino,G.Kudo,M.Kaneko,H.Taniuchi,H.Iino,T.Yabuki, IEEE IGRASS 2012, 654 - 657,   2012年, 査読有り
Preliminary study on migration pattern of the Tibetan antelope (Pantholops hodgsonii) based on satellite tracking, Buho Hoshino,Jiang.Z.,Liu,C.,Yoshida,T.,Halik,M.,Kaneko,M.,Asakawa,M.,Motokawa,M.,Kaji,K.,Wu,H.,Ohtaishi,N.,Ganzorig,S.,Masuda,R., Advances in Space Research, 48, 43 - 48,   2011年07月

書籍等出版物

GIS・リモートセンシング技術の農学領域への活用の意義, 星野 仏方, 単著, 1ページの特約原稿, 酪農ジャーナル,   2016年08月
内モンゴルを知るための60章, 星野 仏方, 共著, 黄砂と内モンゴルの砂漠化, 明石書店,   2015年07月
On the Helminth Fauna of small mammals in Hustai National Park, Mongolia, S. Ganzorig, N. Batsaikhan, K. Hagiwara, K. Baba, B. Hoshino, 共著, 84-92, Takhi (Mongolia),   2015年03月
Spatial distribution of Microtus brandti colonies in abandoned cropland in a buffer zone of the Hustai National Park, Mongolia, S. Ganzorig, B. Hoshino, T. Toda, A. Saitoh, K. Umegaki, N. Batsaihan, R. Samiya, S. T. Nurtazin, 共著, 69-75, Takhi (Mongolia),   2015年03月
砂漠誌-人間・動物・植物が水を分かち合う智慧, 星野 仏方, 共著, 第1章3-7, 第3.5章, 173-179,  第4.5章, 249-260, 第3.4章, 165-179, 東海大学出版社,   2014年03月
Home ranges and habitat selection of Microtus brandti voles in abandoned cropland in a buffer zone of the Hustai National Park, Mongolia, 星野 仏方, 共著, 76-83, Takhi (Mongolia),   2014年03月
外来植物メスキート, 星野 仏方・縄田浩志, 共著, 編著, 臨川書店,   2013年12月
アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明研究叢書7「多様化するモンゴル世界 Ⅱ」, 星野 仏方, 編者, 変動する自然環境に左右されるモンゴル高原の遊牧, 名古屋大学,   2013年03月
Remote Sensing --- An Introductory Textbook, Buho Hoshino, 共著, Desertidfication, MARUZEN PLANET,   2013年03月
基礎からわかるリモートセンシング, 星野 仏方, 共著, 砂漠化: 50-52, 理工図書,   2011年06月
Advances in Geoscience and Remote Sensing, Buho Hoshino, Masami Kaneko, Kenta Ogawa, 共著, Correction of NDVI calculated from ASTER L1B and ASTER(AST07) data based on ground measurement, In-Tech Press,   2009年09月
「沙漠の事典」, 星野 仏方, 共著, 生態移民, 丸善株式会社,   2008年10月
『自然環境解析のためのリモートセンシング・GISハンドブック』, 星野 仏方, 共著, 乾燥地と半乾燥地の解析, 古今書院,   2007年11月
『森林の科学』, 星野 仏方, 共著, リモートセンシング技術と森林環境モニター, 朝倉書店,   2005年08月
Estimating soil moisture in the arid and semi-arid region using Terra/ASTER data, BUHE Aosier, M. Kaneko, S. Shimada,K. Tsuchiya,, 共著, One chapter, ERECON,   2004年07月

講演・口頭発表等

Seasonal Dynamics for Vegetation Response to Precipitation and Detection of Environmental Regime Shifting in Semi-Arid Region , Buho Hoshino, International Workshop on Asian Dust, Bioaerosols and Environmental Regime Shift,   2017年11月03日, 招待有り
Seasonal Dynamics of Vegetation and Dust Emission in Dryland, Buho Hoshino, Yuki Sofue, and Kenji Kai, Third COSPAR Symposium (第三回宇宙学会),   2017年09月18日
乾燥環境下の植物の生存戦略と降水への応答, 星野 仏方, 第六回モンゴル高原環境問題研究会,   2017年09月16日, 招待有り
REMOTE SENSING METHODOLOGY FOR DETECTION OF ENVIRONMENTAL REGIME SHIFTS IN SEMI-ARID REGION, Yuki Sofue, Buho Hoshino*, Eunice Nduati, Akihiko Kondoh, Kenji Kai, Ts. Purevsuren, Kenji Baba, IEEE IGARSS 2017,   2017年07月23日
環境レジームシフトとダストの発生, 星野 仏方, JSPS公開セミナー,   2017年02月23日
乾燥環境下の植物の生存戦略と降水への応答, 星野 仏方, 公開シンポ「気候変動の中での(植物)生態系へのマクロ、ミクロからの考察~」,   2017年02月20日
Studies on the Betula platyphylla Suk. Forest dieback phenomenon in Hustai National Park, Mongolia based on remotely sensed data , 星野 仏方, 8th Biennial Conference of the International Biogeography Society ,   2017年01月09日, the International Biogeography Society, This study we approached the dieback phenomenon of the Betula platyphylla Suk. forest in Hustai National Park in Mongolian using remotely sensed data. Recently the significant growth reduction in semi-arid pine forest, why? Our approaches including such as a rapider warming in dryer region; more evaporation; less available soil water; growth reduction and more frequent drought or long drought are major driving forces. But in our study region, we have chronic forest dieback, likely because in winter the temperature is < 0 0C and water storage in winter benefits tree growth. Early spring warming could exhaust this water storage. It is therefore hypothesized that early spring temperature is most crucial for tree growth. Rising temperature in spring overly evaporates winter water storage and leads to more frequent drought events in early spring. Frequency of spring drought in 1990s is 2.6 times of the average for the last century as a whole, explaining the most recent forest dieback. Remaining of this trend in the future will lead to more serious forest dieback and even vanishing of the semi-arid forests. Soil moisture is higher in deciduous broadleaved forest than in coniferous forest; Water consuming is more in deciduous broadleaved forest than in coniferous forest during the growing season.
ドルノゴビ県サインシャンドの火力発電所から排出される煤の動態, 星野 仏方, 第四回大気エアロゾルシンポジウム,   2016年11月25日
リモートセンシングを用いたアジア内陸黄砂発生源地域における地表面変化抽出への新知見, 星野 仏方, 第57 回 大気環境学会年会・酸性雨分科会,   2016年09月07日, 招待有り
Estimates of ground surface characteristics for outbreaks of the Asian Dust Storms in the sources region, 星野 仏方, DUST2016,   2016年06月14日
Remote sensing approach for the dieback phenomenon of Betula platyphylla Suk. forest in Hustai National Park, Mongolia, 星野 仏方, Annual Scientific Council Meeting of Hustai National Park, Mongolia,   2016年01月23日, 招待有り
Remote Sensing Tracking Change Over Time 時間の変化を追い続けて10年, 星野 仏方, GIS Day in Hokkaido, 基調講演,   2015年10月
-日本のアジア縁ー日本と大陸アジア間の人と者の流れについて考察, 星野 仏方, 江別日中友好会,   2015年10月
Habitat selection and ecosystem resilience role of Microtus brandti voles in degraded pasture in Mongolia, HNP, Ulanbaatar, Mongolia, 星野 仏方, SCIENTIFIC COUNCIL MEETING OF HUSTAI, Mongolia,   2015年01月
「アフロ・ユーラシアの乾燥・半乾燥地域の生態・環境の変動と人間のなりわいに ついて~リモートセンシング技術を用いたアプローチ」, 星野 仏方, 日本科学史学会2014年度総会・第61回年会,   2014年11月16日, 招待有り
アジア内陸発生黄砂の発生メカニズム、輸送経路と日本への影響ーハタネズミとマーモットが創る草原ー, , 星野 仏方, 動物臨床医学会記念年次大会 市民公開野生動物フォーラム講演,   2014年11月
モンゴル草原における遊牧から定住への社会変遷と日本への影響, 星野 仏方, 共生社会システム学会, 招待講演,   2014年08月
アフロ・ユーラシアの乾燥・半乾燥地域の生態・環境の変動と人間のなりわいについて ~リモートセンシング技術を用いたアプローチ, 星野 仏方, 日本科学史学会, 特別講演 (一般公開),   2014年05月
水場を中心に描かれるホームレンジ, 星野 仏方, 国立科学博物館, ,   2014年01月
Sudan Remote Sensing Authority (RSA), , 星野 仏方, スーダン国立リモートセンシング局(センター)での招待講演, ,   2013年12月
Workshop on Afro-Eurasian Dry Lands Civilizations , 星野 仏方, アメリカインディアナ大学,   2012年10月
三千年の遊牧生業(なりわい)を支えるモンゴルの大草原, 星野 仏方, 江別市,   2012年08月
モンゴル高原の環境問題を考える, 星野 仏方, 日本モンゴル学会,,   2008年12月

作品

歌詞:いにしえの 雫 しずく , 星野 仏方, 芸術活動,   1990年 - 2017年05月
歌詞:路 (草原の道), 星野 仏方(布和), 芸術活動,   1997年09月 - 2015年09月
Remote Sensing An Introductory Textbook, 星野 仏方, 教材,   2011年04月 - 2013年03月
シリーズ:地球は乾いている(全24回)-酪農ジャーナル, 星野 仏方, その他,   2011年05月 - 2012年03月
基礎からわかるリモートセンシング, 星野 仏方, 教材,   2011年03月 - 2011年12月
歌詞 蒼狼大地(蒼き狼の大地), 星野 仏方(布和傲斯尔), 芸術活動,   1990年03月 - 2006年04月

受賞

  2012年05月, 日本沙漠学会, ベストポスター賞, 家畜行動解析によるモンゴル高原の持続可能な利用方法について
  2010年05月, 日本沙漠学会, ベストポスター賞, 内モンゴルにおける放牧強度による植生変化について
  2004年07月, サイエンスデレックトトップ25ホット論文
  1997年, 中国環境省、科学技術進歩賞
  1995年, 中国科学院院長賞(優秀博士論文賞)
  1995年, 中国科学院(Hong Kong, Elite Co., 共同):優秀博士論文賞
  1995年, 中国科学院地理研究所 所長優秀論文賞を受賞

競争的資金

文部科学省, 科学研究費補助金, 気候変動による急速な高山植生変化の検出とそのメカニズム解明のモデル構築・データ解析, 矢吹 哲夫
文部科学省, 科学研究費補助金, 樹木年輪の幅・酸素・炭素および窒素安定同位対比を用いた生態系総合環境変動解析, 杉本 敦子
文部科学省, 科学研究費補助金, 中央アジアにおける大型家畜利用の再評価ーラクダ牧畜の変遷を中心に, 今村 薫
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 西アジア・アフリカ乾燥地における外来移入植物種メスキートの統合管理法の研究, 縄田浩志
現地と衛星データを用いた黄砂発生時の地表面臨界条件の特定, 酪農学園大学学内共同研究, 星野 仏方
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B)), 乾燥環境下における外来植種の排他的侵入特性と地下水文系のヘテロ性との関連, 安田 裕, I.現地調査調査活動Bahri(Al Kadar)農地に地下水位計設置し、データを得た。Al Rawakeebワジで物理探査を実施し、その結果によりボーリング・さく井を行った。また、既存井戸の修復により観測井を得た。得られた結果 1.ワジでの浅層地下水: Al Rawakeebワジで侵入過程のメスキートの水源として、同地で主要な地下水帯水層である80m深のヌビア帯水層は深すぎると推察されていたが、同地区には20-30m深に浅層地下水が散在することが物理探査結果からわかった。同地区のメスキートはこの浅層地下水が水源であると推察される。この浅層地下水は規模が小さいので、これらの帯水層の地下水賦存量を解明することが今後の課題である。また、浅層であるので、降水やワジ流出からの涵養が想定され、ワジ流域の水文過程とメスキートの侵入・定着との関係が定量的に評価されることが期待される。2.メスキート吸水による地下水位変動:樹高2-3mのメスキートが23m深の地下水面から吸水していた。これは下記の国内栽培実験の結果(根の長さは地上部の10倍)と一致するものであった。メスキートの地下水からの吸水は日照量に連動するものであったが、日中低下(midday depression)現象により、正午前後に地下水位回復が見られた。II.国内研究室内メスキート栽培実験1.根の伸長 メスキートは1ヶ月半で1.5m根を伸長させた。また、根の長さは地上部の10倍になった。2.発芽に必要な水分量: 発芽には雨量換算で50mm以上の灌水が必要であるが、発芽に最適な水分量があり、過多の場合は発芽が阻害される。スーダン降水量時系列解析 季節(雨期・乾期)変動、周期変動 昨年度は購入した降水量データを解析し、季節(雨期・乾期)変動、周期変動を解明し、それによりスーダン全土を4つの雨域に分割できることがわかった。上記の発芽に必要な50mm以上の月雨量出現にも周期性があることがわかった。
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究B), 黄砂とサハラダストの比較研究ーダストフラックスの推定と気候への影響, 甲斐 憲次
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(S), 基盤研究(S)), 牧畜文化解析によるアフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明とその現代的動態の研究, 嶋田 義仁, 本研究は、アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明を4類型にわけ、その内的構造と歴史動態の解明を目的とした。本年の成果は以下の如し。1.3年間の研究成果を、アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明研究3巻(1巻はイタリアなど4ケ国海外研究書と日本人研究者による欧文論集)と、アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明研究叢書4巻を発刊:児玉香菜子『内モンゴル牧畜民の現代的変容状況における「砂漠化」と「脱社会主義政策」』、楊紅『現代満州族シャーマニズムの研究』、中山千冬『アフリカ文学と西洋文明』、水谷徹哉『キブツ・サマール』。2.雑誌論文は86本(査読43本)、学会発表65(招待3)、図書12。3.国際セミナー「岩絵のメッセージ:遊牧・牧畜民の信仰と宗教」「西アフリカイスラーム文明」を開催。嶋田、今村、児玉、星野、サコは第二回オックスフォード砂漠会議(オックスフォード大学)で研究発表し、海外砂漠研究者との共同研究推進に合意。このほか、国際セミナー参加と主催は多数あった。4.分野別研究も旺盛であった。冷帯草原型文化研究:児玉5本、ブレンサイン3本、大野(楊)4本。昨年司馬遼太郎賞受賞の大野は、本年も『続墓標なき草原』により社会主義時時代中国の過酷な牧畜民弾圧史を明らかにした。児玉論文は改革開放時代の牧畜民動態研究。熱帯砂漠型乾文化研究:縄田4本、中村3本、石山2本、今村5本によるラクダ文化解明。熱帯サヴァンナ型文化:サコ住文化論4本、石山1本。山地オアシス型文化:鷹木5本、中川原3本。乾燥地の通文化的研究:平田乳文化論21本、星野環境分析18本、坂田ラクダ研究2本。平田はアフロ・ユーラシアの乳文化論を展開し、新フード・インダストリー誌にて乳文化論を13回連載。池谷も獣医畜産新報に「人と家畜のエピソード」を12回連載。星野も生態学エッセイを酪農ジャーナルに12回連載。5.大学院生の研究参加による若手研究者育成もすすんだ。
科学研究費補助金, チベット高原横断鉄道による野生動物への影響に関する研究 , 本研究は2006年7月開通した中国・青海省のゴルムト市とチベットのラサを結ぶ青海-チベット横断鉄道によるチベット高原に生息する大型哺乳類のチルー(Tibetan antelope or Chiru (Pantholops hodgsonii))、及び小型の哺乳類野生動物への影響を調査することを目的にし、4年間の調査と研究を通してチベット横断鉄道による野生動物への影響を明らかにした。
地球環境研究推進費, 「気候変動に対する森林帯-高山帯エコトーンの多様性消失の実態とメカニズムの解明」による山岳生態系における植生変動の定量化に関する研究, 北アルプス周辺の植生変化パタンの解析と、立地環境と植物の生理活性の対応関係についての解析を中心に行う。そして、山域間の違いについて解析を行う。
国立試験研究機関技術開発研究費, アラブ社会におけるなりわい生態系の研究-ポスト石油時代に向けて , 衛星画像解析によって、スーダン紅海沿岸地域をフィールドにして、南アメリカ原産・アフリカにとって輸入種のマメ科の外来植物メスキートの分布域を特定し、マイクロ波衛星データなどを用いて、土壌水分の空間分布からメスキートの拡大域を予測する。
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 高解像度衛星画像を用いた尖閣諸島魚釣島のヤギによる生態系変化の追跡, 横畑 泰志, 航空写真(1978年)および高解像度人工衛星イコノス(2000年)、Quickbird(2004、2006年)およびALOS(2007年)の衛星画像を分析した。1978、2000、2006年の画像を用いて3次元立体化画像の観察と裸地面積の推定を行い、裸地の増加や崖崩れの発生などの状況を具体的に把握した。ALOS画像による植生指数値(NDVI)の分布の分析により、裸地化に至っていない森林にもヤギの影響が及んでいることが示され、場所ごとの違いが把握された。これらの結果とヤギによる変化のなかった時期に作成されていた植生図(新納・新城、1980)との比較照合によって、ヤギの影響を特に強く受けている植生区分が特定された。以上の研究成果は第55、56回日本生態学会、第31回日本土壌動物学会、第14回日本野生生物保護学会で発表され、論文などで公表されたほか、今後さらに学術論文として順次公表してゆく予定である。本研究の成果は、新聞、テレビなどのマスメディアでも繰り返し取り上げられ、関心を呼んだ。本研究の成果発表にともない、2008年3月に石垣市議会が政府に野生化ヤギの対策を要請している。
文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 瀕危シカ類;タリムアカシカおよびクチジロジカの保護区設立のための保全生物学的研究, 大泰司 紀之, タリムアカシカについては、亜種内の遺伝的多様度および環境変動(乾燥化)に伴う個体数・分布域の減少・縮小について調査を進めた。その成果に基づき、チェルチェン個体群の保護区設立計画を作成した。タリムアカシカとその生息環境の危機的状況については、第9回国際哺乳類学会において、発表し、クチジロジカとあわせて議論した結果、2007年9月にイタリアで行われる第1回国際シカ(Cervus)属学会において、両種についてさらに討論を進めることになり、大泰司はそのScintific Committeeのメンバーとなった。クチジロジカについては、四川省甘孜チベット族自治州においては、1986年大泰司らが調査を実施した折には5000頭前後と見積もられたが、現在は倍増して約1万頭になったものと考えられた。調査がきっかけとなって、袋角の購入が中止されたこと、保護区が作られたことなどによる。クチジロジカは絶滅の危機を脱したため、クチジロジカ保護を目的とした保護区の整備は必要なくなった。そこで本種を含むチベット高原の典型的な地域を世界自然遺産に登録して、国際監視の下に保全する必要があるため、中国側共同研究者(主として四川省林業庁関係者)とその方針について協議を進めた。クチジロジカ生息地を含む地域を横断するチベット高原鉄道対策が緊急の案件として浮上したため、われわれは、中国の研究所と共同して、同鉄道の野生動物に対する影響評価のプロジェクトを立ち上げるため、2006年8月にチベット高原で調査を行い、中国林業部西北頻危動物研究所(陜西省西安市)および中国科学院西北高原生物研究所(青海省西寧市)とし、チベット高原の調査を共同で実施することに合意、契約書を交わした。その一環としてブホー准教授を代表とする科研費(基盤A)が採択となり、現在4年間の実施計画に沿って調査の準備を進めている。

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2016年10月01日 - 2016年10月02日, 夢ナビ講演とトーク, 講師, 株式会社フロムページ 営業推進部
  2016年02月21日 - 2016年02月23日, フランスマスコミのインタービュー, 出演, FL concepts (http://www.flconcepts.com)
  2016年01月15日 - 2016年01月15日, アジア・アフリカ乾燥地の社会・生態変化への適応, 司会, 総合地球環境学研究所『砂漠化をめぐる風と人と土』プロジェクト,日本沙漠学会沙漠誌分科会
  2014年11月16日 - 2014年11月16日, アジア内陸発生黄砂の発生のメカニズム、輸送経路と日本への影響 -ハタネズミとマーモットが創る草原- , 講師, 公益財団法人 動物臨床医学研究所主催


教員総覧