農食環境学群・循環農学類
教員 今井敬 イマイ ケイ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2017/09/12

研究者基本情報

氏名

今井敬
イマイ ケイ

所属(マスタ)

農食環境学群・循環農学類, 教員

所属・職名

農食環境学群循環農学類

学歴

1984年04月 - 1986年03月, 帯広畜産大学大学院, 畜産学研究科, 家畜生産科学専攻
1980年04月 - 1984年03月, 帯広畜産大学, 畜産学部, 家畜生産科学科

所属学協会

国際胚テクノロジー学会
北海道牛受精卵移植研究会
日本卵子学会
日本胚移植研究会
日本畜産学会
日本繁殖生物学会

研究活動情報

研究分野

動物生命科学, 動物生産科学, 動物生殖工学

研究キーワード

ウシ,
生体卵子吸引,
体外受精,
胚移植,
家畜繁殖,

論文

Selection of viable in vitro-fertilized bovine embryos using time-lapse monitoring in microwell culture dishes. , Sugimura S, Akai T, Imai K., J Reprod Dev., 63, (4) 353 - 357,   2017年08月, 査読有り
Transcriptomic signature of the follicular somatic compartment surrounding an oocyte with high developmental competence, Satoshi Sugimura, Norio Kobayashi, Hiroaki Okae, Tadayuki Yamanouchi, Hideo Matsuda, Takumi Kojima, Akira Yajima, Yutaka Hashiyada, Masahiro Kaneda, Sato Kan, Kei Imai, Kentaro Tanemura, Takahiro Arima, Robert Gilchrist, Scientific Reports, 7, (1) ,   2017年07月, 査読有り
ウシ体外受精胚の卵割形態が胚の発生および新鮮胚移植の受胎率に及ぼす影響, 高山茉莉、今井 敬、森好政晴、堂地 修, 日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer, 39, (2) 73 - 80,   2017年05月, 査読有り
ウシ選別精液が体外受精後の卵割開始時間および胚盤胞発生に与える影響, 高山茉莉、今井 敬、堂地 修, 日本胚移植学雑誌, 39, (2) 67 - 72,   2017年05月, 査読有り
Effect of supplemented sericin on the development, cell number, cryosurvival and number of lipid droplets in cultured bovine embryos., Hosoe M, Inaba Y, Hashiyada Y, Imai K, Kajitani K, Hasegawa Y, Irie M, Teramoto H, Takahashi T, Niimura S, Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 88, (2) 241 - 247,   2017年02月, 査読有り
乳牛の繁殖性低下の現状と繁殖技術による受胎性向上, 今井 敬, 日本胚移植学雑誌, 38, (3) 161 - 168,   2016年09月
3D画像解析による牛の尻のフェイス面積と生産形質の関連, 高橋茂, 河原孝吉, 栗生要, 今井敬, 堂地修, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 40, (2) 79-86 (WEB ONLY) - imai@rakuno,   2016年03月, 査読有り
エチレングリコールを用いた牛胚のダイレクト法の技術開発, 堂地修, 今井敬, 日本胚移植学雑誌, 38, (1) 23 - 27,   2016年01月
多排卵処理後に採取した卵胞内卵子と性選別精液の体外受精によるウシ性判別胚の生産, 秋山清, 坂上信忠, 中川浩, 瀬田剛史, 河合愛美, 長井誠, 林みち子, 的場理子, 稲葉泰志, 松田秀雄, 今井敬, 下司雅也, 日本畜産学会報, 87, (2) 107‐113(J‐STAGE) - imai@rakuno,   2016年, 査読有り
Cytoskeletal and mitochondrial properties of bovine oocytes obtained by Ovum Pick-Up: the effects of follicle stimulation and in vitro maturation., Somfai T, Matoba S, Inaba Y, Nakai M, Imai K, Nagai T, Geshi M, Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 86, (12) 970 - 980,   2015年12月, 査読有り
The efficacy of the well of the well (WOW) culture system on development of bovine embryos in a small group and the effect of number of adjacent embryos on their development., Kang SS, Ofuji S, Imai K, Huang W, Koyama K, Yanagawa Y, Takahashi Y, Nagano M, Zygote (Cambridge, England), 23, (3) 412 - 415,   2015年06月, 査読有り
Comparison of Cryotop and micro volume air cooling methods for cryopreservation of bovine matured oocytes and blastocysts., Punyawai K, Anakkul N, Srirattana K, Aikawa Y, Sangsritavong S, Nagai T, Imai K, Parnpai R, The Journal of reproduction and development, 61, (5) 431 - 437,   2015年, 査読有り
卵胞波を調節した経腟採卵―体外受精による効率的な胚生産, 今井敬, 大竹正樹, 相川芳雄, 松田秀雄, 山之内忠幸, 稲葉泰志, 的場理子, 杉村智史, 橋谷田豊, 日本胚移植学雑誌, 36, (2) 109 - 114,   2014年05月
Optimizing production of in vivo-matured oocytes from superstimulated Holstein cows for in vitro production of embryos using X-sorted sperm, Matoba S, Yoshioka H, Matsuda H, Sugimura S, Aikawa Y, Ohtake M, Hashiyada Y, Seta T, Nakagawa K, Lonergan P, Imai K, Journal of Dairy Science, 97, 743 - 753,   2014年02月, 査読有り
受胎性の高いウシ体外受精胚の選別指標とその方法, 今井 敬、杉村智史、松田秀雄、稲葉泰志、橋谷田 豊, 日本胚移植学雑誌, 36, (1) 37 - 41,   2014年01月
Successful production of piglets derived from expanded blastocysts vitrified using a micro volume air cooling method without direct exposure to liquid nitrogen., Misumi K, Hirayama Y, Egawa S, Yamashita S, Hoshi H, Imai K, The Journal of reproduction and development, 59, (6) 520 - 524,   2013年12月, 査読有り
Effect of co-culture with intact embryos on development of bovine separated blastomeres., Nagai M, Hori N, Miyamoto M, Sakaguchi M, Hayakawa Y, Kawai M, Kita M, Furuya T, Imai K, Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 84, (6) 461 - 465,   2013年06月, 査読有り
雌雄産み分け技術共同試験のこれまでの取り組み, 田中 政嗣, 陰山 聡一, 星 一美, 秋山 清, 鈴木 希伊, 神藤 学, 佐野 文彦, 佐藤 義政, 北山 智広, 林 みち子, 犬養 尚子, 高田 広達, 長谷川 清寿, 中原 仁, 磯崎 良寛, 林 武司, 鍋西 久, 亀樋 成美, 齋藤 公治, 稲葉 泰志, 今井 敬, 日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer, 日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer, 35, (2) 61 - 66,   2013年05月
Effect of embryo density on in vitro development and gene expression in bovine in vitro-fertilized embryos cultured in a microwell system., Sugimura S, Akai T, Hashiyada Y, Aikawa Y, Ohtake M, Matsuda H, Kobayashi S, Kobayashi E, Konishi K, Imai K, The Journal of reproduction and development, 59, (2) 115 - 122,   2013年, 査読有り
Bovine trophoblastic cell differentiation and binucleation involves enhanced endogenous retrovirus element expression., Koshi K, Suzuki Y, Nakaya Y, Imai K, Hosoe M, Takahashi T, Kizaki K, Miyazawa T, Hashizume K, Reproductive biology and endocrinology : RB&E, 10,   2012年05月, 査読有り
The effect of single epidural plus intramusculer injection of FSH on superovulatory response in anatolian black cow, Umut Taşdemir, Muharrem Satilmiş, Tahir Karaşahin, Sedat Hamdi Kizil, Mustafa Kaymaz, Kei Imai, Ankara Universitesi Veteriner Fakultesi Dergisi, 59, 211 - 216,   2012年04月, 査読有り
Follicular growth-stimulated cows provide favorable oocytes for producing cloned embryos., Sugimura S, Kobayashi S, Hashiyada Y, Ohtake M, Kaneda M, Yamanouchi T, Matsuda H, Aikawa Y, Watanabe S, Nagai T, Kobayashi E, Konishi K, Imai K, Cellular reprogramming, 14, (1) 29 - 37,   2012年02月, 査読有り
Promising system for selecting healthy in vitro-fertilized embryos in cattle., Sugimura S, Akai T, Hashiyada Y, Somfai T, Inaba Y, Hirayama M, Yamanouchi T, Matsuda H, Kobayashi S, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi E, Konishi K, Imai K, PloS one, 7, (5) ,   2012年, 査読有り
Oxidative phosphorylation-linked respiration in individual bovine oocytes., Sugimura S, Matoba S, Hashiyada Y, Aikawa Y, Ohtake M, Matsuda H, Kobayashi S, Konishi K, Imai K, The Journal of reproduction and development, 58, (6) 636 - 641,   2012年, 査読有り
The effect of ovary storage and in vitro maturation on mRNA levels in bovine oocytes; a possible impact of maternal ATP1A1 on blastocyst development in slaughterhouse-derived oocytes., Somfai T, Imai K, Kaneda M, Akagi S, Watanabe S, Haraguchi S, Mizutani E, Dang-Nguyen TQ, Inaba Y, Geshi M, Nagai T, The Journal of reproduction and development, 57, (6) 723 - 730,   2011年12月, 査読有り
Bone morphogenetic protein 4 accelerates the establishment of bovine trophoblastic cell lines., Suzuki Y, Koshi K, Imai K, Takahashi T, Kizaki K, Hashizume K, Reproduction (Cambridge, England), 142, (5) 733 - 743,   2011年11月, 査読有り
Relationships of survival time, productivity and cause of death with telomere lengths of cows produced by somatic cell nuclear transfer., Konishi K, Yonai M, Kaneyama K, Ito S, Matsuda H, Yoshioka H, Nagai T, Imai K, The Journal of reproduction and development, 57, (5) 572 - 578,   2011年10月, 査読有り
In-straw cryoprotectant dilution for bovine embryos vitrified using Cryotop., Inaba Y, Aikawa Y, Hirai T, Hashiyada Y, Yamanouchi T, Misumi K, Ohtake M, Somfai T, Kobayashi S, Saito N, Matoba S, Konishi K, Imai K, The Journal of reproduction and development, 57, (4) 437 - 443,   2011年09月, 査読有り
DNA methylation analysis on satellite I region in blastocysts obtained from somatic cell cloned cattle., Yamanaka K, Kaneda M, Inaba Y, Saito K, Kubota K, Sakatani M, Sugimura S, Imai K, Watanabe S, Takahashi M, Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 82, (4) 523 - 530,   2011年08月, 査読有り
Improvement of the developmental ability of nuclear transfer embryos by using blastomeres from in vitro fertilized embryos selected according to the early developmental stage and cell division status as donor cells in cattle., Goto Y, Matoba S, Imai K, Geshi M, The Journal of reproduction and development, 57, (2) 249 - 255,   2011年04月, 査読有り
腟内クリーム(プロジェステロン混入クリーム)スポンジの留置期間が未経産豚の排卵同期化, 採胚および繁殖成績に及ぼす影響, 平山 祐理, 大久保 美希, 松田 秀雄, 吉岡 一, 今井 敬, 三角 浩司, 日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science, 日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science, 48, (1) 20 - 26,   2011年03月10日
ホルスタイン種体細胞クローン牛の初産泌乳期における血液生化学成分の推移, 小西 一之, 米内 美晴, 金山 佳奈子, 別府 哲郎, 今井 敬, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 82, (1) 17 - 24,   2011年02月, 査読有り
過剰排卵処理への反応性における同一ドナー牛より作出した黒毛和種体細胞クローン牛群の斉一性, 小西 一之, 米内 美晴, 大藪 武史, 松田 秀雄, 今井 敬, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 82, (1) 9 - 15,   2011年02月, 査読有り
腟内クリーム(プロジェステロン混入クリーム)スポンジの留置期間が未経産豚の排卵同期化,採胚および繁殖成績に及ぼす影響, 平山 祐理, 大久保 美希, 松田 秀雄, 吉岡 一, 今井 敬, 三角 浩司, 日本養豚学会誌, 日本養豚学会誌, 48, (1) 20 - 26,   2011年
Culture of bovine embryos in polyester mesh sections: The effect of pore size and oxygen tension on in vitro development, T. Somfai, Y. Inaba, Y. Aikawa, M. Ohtake, S. Kobayashi, T. Akai, H. Hattori, K. Konishi, K. Imai, Reproduction in Domestic Animals, 45, 1104 - 1109,   2010年12月, 査読有り
Time-lapse cinematography-compatible polystyrene-based microwell culture system: a novel tool for tracking the development of individual bovine embryos., Sugimura S, Akai T, Somfai T, Hirayama M, Aikawa Y, Ohtake M, Hattori H, Kobayashi S, Hashiyada Y, Konishi K, Imai K, Biology of reproduction, 83, (6) 970 - 978,   2010年12月, 査読有り
Development of bovine embryos cultured in CR1aa and IVD101 media using different oxygen tensions and culture systems., Somfai T, Inaba Y, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi S, Konishi K, Nagai T, Imai K, Acta veterinaria Hungarica, 58, (4) 465 - 474,   2010年12月, 査読有り
ウシ性判別胚の超急速保存法 : クライオトップ法の直接移植へ向けての検討, 佐野 文彦, 北山 智広, 増山 龍一, 白石 徹, 河野 良輝, 稲谷 憲一, 小田 頼政, 林 みち子, 森安 悟, 稲葉 泰志, 今井 敬, 日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer, 日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer, 32, (3) 113 - 119,   2010年09月, 査読有り
Relationship between the length of cell cycles, cleavage pattern and developmental competence in bovine embryos generated by in vitro fertilization or parthenogenesis., Somfai T, Inaba Y, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi S, Konishi K, Imai K, The Journal of reproduction and development, 56, (2) 200 - 207,   2010年04月, 査読有り
A comparison of cryotop and solid surface vitrification methods for the cryopreservation of in vitro matured bovine oocytes., Sripunya N, Somfai T, Inaba Y, Nagai T, Imai K, Parnpai R, The Journal of reproduction and development, 56, (1) 176 - 181,   2010年02月, 査読有り
ホルスタイン種体細胞クローン牛後代における分娩前後1年間にわたる血液性状の調査, 松田 秀雄, 吉岡 一, 大藪 武史, 今井 敬, 米内 美晴, 日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer, 日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer, 31, (1) 1 - 8,   2009年01月, 査読有り
Interspecies nuclear transfer embryos reconstructed from cat somatic cells and bovine ooplasm., Thongphakdee A, Kobayashi S, Imai K, Inaba Y, Tasai M, Tagami T, Nirasawa K, Nagai T, Saito N, Techakumphu M, Takeda K, The Journal of reproduction and development, 54, (2) 142 - 147,   2008年04月, 査読有り
Production of monozygotic twin calves using the blastomere separation technique and Well of the Well culture system, M. Tagawa, S. Matoba, M. Narita, N. Saito, T. Nagai, K. Imai, Theriogenology, 69, 574 - 582,   2008年03月, 査読有り
ウシ子宮・胎盤マイクロアレイの開発と胎盤における遺伝子発現動態の解析, 橋爪 一善, 木崎 景一郎, 牛澤 浩一, 細江 実佐, 今井 敬, 高橋 透, Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌, Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌, 24, (3) 79 - 91,   2007年10月, 査読有り
凍結-融解したウシ栄養膜小胞の子宮内投与が発情周期および移植胚の受胎率に及ぼす影響, 橋谷田豊、谷口雅律、藤井陽一、宮地利江、渡辺晃行、小財千明、高橋ひとみ、岡田真人、菅原 徹、藤井満貴、横田昌己、浦田博文、高橋昌志、今井 敬, 日本胚移植学雑誌, 29, (3) 114 - 124,   2007年09月, 査読有り
Gene expression and maintenance of pregnancy in bovine: roles of trophoblastic binucleate cell-specific molecules., Hashizume K, Ushizawa K, Patel OV, Kizaki K, Imai K, Yamada O, Nakano H, Takahashi T, Reproduction, fertility, and development, 19, (1) 79 - 90,   2007年, 査読有り
ウシ切断2分離あるいはバイオプシーした胚の超低温保存後の生存性に及ぼす要因, 的場理子、田川真人、金山佳奈子、吉岡 一、斉藤則夫、今井 敬, 日本胚移植学雑誌, 28, (2) 69 - 80,   2006年05月
Epigenetic characterization of the CpG islands of bovine Leptin and POU5F1 genes in cloned bovine fetuses., Kremenskoy M, Kremenska Y, Suzuki M, Imai K, Takahashi S, Hashizume K, Yagi S, Shiota K, The Journal of reproduction and development, 52, (2) 277 - 285,   2006年04月, 査読有り
DNA methylation profiles of donor nuclei cells and tissues of cloned bovine fetuses., Kremenskoy M, Kremenska Y, Suzuki M, Imai K, Takahashi S, Hashizume K, Yagi S, Shiota K, The Journal of reproduction and development, 52, (2) 259 - 266,   2006年04月, 査読有り
Developmental aberrations of liver gene expression in bovine fetuses derived from somatic cell nuclear transplantation., Herath CB, Ishiwata H, Shiojima S, Kadowaki T, Katsuma S, Ushizawa K, Imai K, Takahashi T, Hirasawa A, Takahashi S, Izaike Y, Tsujimoto G, Hashizume K, Cloning and stem cells, 8, (2) 79 - 95,   2006年, 査読有り
Transition of the pregnancy rate of bisected bovine embryos after co-transfer with trophoblastic vesicles prepared from in vivo-cultured in vitro-fertilized embryos., Hashiyada Y, Okada M, Imai K, The Journal of reproduction and development, 51, (6) 749 - 756,   2005年12月, 査読有り
The cytoplasmic expression of E-cadherin and β-catenin in bovine trophoblasts during binucleate cell differentiation, H. Nakano, H. Nakano, A. Shimada, K. Imai, T. Takahashi, K. Hashizume, K. Hashizume, Placenta, 26, 393 - 401,   2005年05月, 査読有り
Characterization of native and recombinant bovine pregnancy-associated glycoproteins, O. V. Patel, T. Takahashi, K. Imai, Kazuha Hashizume, Kazuha Hashizume, Research in Veterinary Science, 77, 203 - 210,   2004年12月, 査読有り
Generation and characterization of anti-leptin antisera against synthetic peptides and recombinant protein., Takahashi T, Imai K, Hashizume K, The Journal of reproduction and development, 50, (6) 717 - 724,   2004年12月, 査読有り
Generation and purification of recombinant bovine pregnancy associated glycoprotein, O. V. Patel, T. Takahashi, K. Imai, Kazuha Hashizume, Veterinary Journal, 168, 328 - 335,   2004年11月, 査読有り
cDNA microarray analysis of bovine embryo gene expression profiles during the pre-implantation period., Ushizawa K, Herath CB, Kaneyama K, Shiojima S, Hirasawa A, Takahashi T, Imai K, Ochiai K, Tokunaga T, Tsunoda Y, Tsujimoto G, Hashizume K, Reproductive biology and endocrinology : RB&E, 2,   2004年11月, 査読有り
Temporospatial expression of placental lactogen and prolactin-related protein-1 genes in the bovine placenta and uterus during pregnancy, O. V. Patel, O. Yamada, K. Kizaki, K. Kizaki, J. Todoroki, T. Takahashi, K. Imai, L. A. Schuler, Kazuyoshi Hashizume, Kazuyoshi Hashizume, Molecular Reproduction and Development, 69, 146 - 152,   2004年10月, 査読有り
Expression of trophoblast cell-specific pregnancy-related genes in somatic cell-cloned bovine pregnancies., Patel OV, Yamada O, Kizaki K, Takahashi T, Imai K, Takahashi S, Izaike Y, Schuler LA, Takezawa T, Hashizume K, Biology of reproduction, 70, (4) 1114 - 1120,   2004年04月, 査読有り
A direct time-resolved fluoroimmunoassay (TR-FIA) for measuring plasma estradiol-17beta concentrations in cattle., Takahashi T, Hamanaka S, Imai K, Hashizume K, The Journal of veterinary medical science, 66, (3) 225 - 229,   2004年03月, 査読有り
Quantitative analysis throughout pregnancy of placentomal and interplacentomal expression of pregnancy-associated glycoproteins-1 and -9 in the cow., Patel OV, Yamada O, Kizaki K, Takahashi T, Imai K, Hashizume K, Molecular reproduction and development, 67, (3) 257 - 263,   2004年03月, 査読有り
Pregnancy-associated changes in genome-wide gene expression profiles in the liver of cow throughout pregnancy., Herath CB, Shiojima S, Ishiwata H, Katsuma S, Kadowaki T, Ushizawa K, Imai K, Takahashi T, Hirasawa A, Tsujimoto G, Hashizume K, Biochemical and biophysical research communications, 313, (3) 666 - 680,   2004年01月, 査読有り
ウシ体外受精胚の正常性に関する生理学的研究, 今井 敬, 東京大学大学院,   2003年09月, 査読有り
ATP-evoked increase in intracellular calcium via the P2Y receptor in proliferating bovine trophoblast cells., Nakano H, Shimada A, Imai K, Takahashi T, Hashizume K, Cell and tissue research, 313, (2) 227 - 236,   2003年08月, 査読有り
Characterization of gene expression profiles in early bovine pregnancy using a custom cDNA microarray., Ishiwata H, Katsuma S, Kizaki K, Patel OV, Nakano H, Takahashi T, Imai K, Hirasawa A, Shiojima S, Ikawa H, Suzuki Y, Tsujimoto G, Izaike Y, Todoroki J, Hashizume K, Molecular reproduction and development, 65, (1) 9 - 18,   2003年05月, 査読有り
Cloning and localization of heparanase in bovine placenta, K. Kizaki, K. Kizaki, O. Yamada, H. Nakano, T. Takahashi, N. Yamauchi, K. Imai, Kazuha Hashizume, Placenta, 24, 424 - 430,   2003年04月01日
Matrix metalloproteinases-2 and -9 activities in bovine follicular fluid of different-sized follicles: Relationship to intra-follicular inhibin and steroid concentrations, K. Imai, M. A M Y Khandoker, M. A M Y Khandoker, M. Yonai, M. Yonai, T. Takahashi, T. Sato, A. Ito, Y. Hasegawa, K. Hashizume, Domestic Animal Endocrinology, 24, 171 - 183,   2003年03月, 査読有り
A three-dimensional cell culture model for bovine endometrium: Regeneration of a multicellular spheroid using ascorbate, N. Yamauchi, O. Yamada, T. Takahashi, K. Imai, T. Sato, T. Ito, K. Hashizume, Placenta, 24, 258 - 269,   2003年02月, 査読有り
Effects of butyrolactone-l on GVBD in bovine oocytes and subsequent maturation, fertilization and development in vitro, Kei Imai, Shuji Kobayashi, Kanako Kaneyama, Toshiyuki Kojima, Takashi Nagai, Journal of Reproduction and Development, 48, 249 - 255,   2002年12月, 査読有り
Cell culture on thin tissue sections commonly prepared for histopathology., Takezawa T, Takenouchi T, Imai K, Takahashi T, Hashizume K, FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 16, (13) 1847 - 1849,   2002年11月, 査読有り
顕微操作により透明帯と一部の細胞を除去したウシ胚の凍結保存法の検討, 堂地修、的場理子、今井 敬、工藤茂, Journal of Rakuno Gakuen University, 27, (1) 95 - 99,   2002年10月, 査読有り
Different factors affect developmental competence and cryotolerance in in vitro produced bovine embryo., Imai K, Matoba S, Dochi O, Shimohira I, The Journal of veterinary medical science, 64, (10) 887 - 891,   2002年10月, 査読有り
Expression of prolactin-related protein I at the fetomaternal interface during the implantation period in cows, O. Yamada, J. Todoroki, K. Kizaki, T. Takahashi, K. Imai, O. V. Patel, L. A. Schuler, K. Hashizume, Reproduction, 124, 427 - 437,   2002年09月01日
Fecal progesterone analysis by time-resolved fluoroimmunoassay (TR-FIA) for monitoring of luteal function in the sika doe (Cervus nippon centralis)., Takahashi T, Hamanaka S, Imai K, Hashizume K, The Journal of veterinary medical science, 64, (7) 565 - 569,   2002年07月, 査読有り
Erratum: Bovine trophoblastic cell differentiation on collagen substrata: Formation of binucleate cells expressing placental lactogen (Cell and Tissue Research (2001)), Haruo Nakano, Arata Shimada, Kei Imai, Toshiaki Takezawa, Toru Takahashi, Kazuyoshi Hashizume, Kazuyoshi Hashizume, Cell and Tissue Research, 307, 273 - imai@rakuno,   2002年02月, 査読有り
Bovine trophoblastic cell differentiation on collagen substrata: formation of binucleate cells expressing placental lactogen., Nakano H, Shimada A, Imai K, Takezawa T, Takahashi T, Hashizume K, Cell and tissue research, 307, (2) 225 - 235,   2002年02月, 査読有り
Implantation and placental development in somatic cell clone recipient cows., Hashizume K, Ishiwata H, Kizaki K, Yamada O, Takahashi T, Imai K, Patel OV, Akagi S, Shimizu M, Takahashi S, Katsuma S, Shiojima S, Hirasawa A, Tsujimoto G, Todoroki J, Izaike Y, Cloning and stem cells, 4, (3) 197 - 209,   2002年, 査読有り
リノール酸アルブミンがウシ体外受精由来切断分離胚の凍結・融解後の生存性に及ぼす影響, 堂地修・今井 敬, Journal of Rakuno Gakuen University, 26, (1) 51 - 56,   2001年10月
Role of gelatinase on follicular atresia in the bovine ovary, M. A M Yahia Khandoker, K. Imai, T. Takahashi, K. Hashizume, Biology of Reproduction, 65, 726 - 732,   2001年09月03日
Isolation and characterization of a bovine blastocyst-derived trophoblastic cell line, BT-1: Development of a culture system in the absence of feeder cell, A. Shimada, H. Nakano, T. Takahashi, K. Imai, K. Hashizume, Placenta, 22, 652 - 662,   2001年09月, 査読有り
黒毛和種供胚牛への脂肪酸カルシウム給与が過剰排卵処理成績に及ぼす影響, 小西一之、新納正之、今井 敬、後藤裕司, 肉用牛研究会報, 71, 2 - 10,   2001年06月, 査読有り
Expression of heparanase mRNA in bovine placenta during gestation, K. Kizaki, H. Nakano, H. Nakano, T. Takahashi, K. Imai, K. Hashizume, Reproduction, 121, 573 - 580,   2001年04月28日
Expression of placental lactogen and cytokeratin in bovine placental binucleate cells in culture, Haruo Nakano, Toru Takahashi, Kei Imai, Kazuyoshi Hashizume, Cell and Tissue Research, 303, 263 - 270,   2001年03月, 査読有り
ウシ凍結胚の直接移植法, 堂地 修・今井 敬, 日本胚移植学雑誌, 21, (1) 28 - 34,   2001年01月
Dynamic Changes in Plasma Concentrations of Gonadotropins, Inhibin, Estradiol-17β and Progesterone in Cows with Ultrasound-guided Follicular Aspiration, Atsushi Tohei, FangXiong Shi, FangXiong Shi, FangXiong Shi, Manao Ozawa, Kei Imai, Hiroto Takahashi, Itsuo Shimohira, Toshiyuki Kojima, Gen Watanabe, Gen Watanabe, Kazuyoshi Taya, Kazuyoshi Taya, Journal of Veterinary Medical Science, 63, 45 - 50,   2001年01月, 査読有り
Effect of one-step dilution procedures on the viability of bovine embryos frozen-thawed in ethylene glycol, Dochi O, Imai K, Goto Y, Shimohira I., Journal of Rakuno Gakuen University, 25, (1) 53 - 58,   2000年10月, 査読有り
過剰排卵誘起処置の Syncro-Mate B を用いた反復が黒毛和種雌牛の胚回収成績に及ぼす影響, 堂地 修, 小西 一之, 今井 敬, 富澤 宗高, 奥地 弘明, 岡田 真人, 後藤 裕司, 高倉 宏輔, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 69, (4) 370 - 375,   1998年04月, 査読有り
黒毛和種未経産牛におけるCIDRとFSHを用いた過剰排卵処理成績に及ぼす Estradiol-17β の効果, 小西 一之, 堂地 修, 岡田 真人, 宮沢 彰, 橋谷田 豊, 後藤 裕司, 小林 修司, 今井 敬, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 68, (11) 1075 - 1084,   1997年11月, 査読有り
ガラス化溶液への種々の単糖類の添加による牛体外受精由来胚の生存性への影響, 斉藤 則夫, 今井 敬, 低温生物工学会誌, 43, (1) 34 - 39,   1997年07月
Relation between Bulls and Semen Preparation on In Vitro Produced Bovine Embryos., Larocca Clara, Romano Juan E., Calvo Juan, Lago Ignacio, Fila Danilo, Roses Gonzalo, Viqueira Monica, Kmaid Sergio, 今井 敬, Journal of Mammalian Ova Research, Journal of Mammalian Ova Research, 14, (2) 139 - 142,   1997年, 査読有り
Effect of sugars-addition on the survival of vitrified bovine blastocysts produced in vitro, N. Saito, K. Imai, M. Tomizawa, Theriogenology, 41, 1053 - 1060,   1994年01月, 査読有り
1.5Mエチレングリコールで凍結されたウシ体外受精胚からの耐凍剤除去条件の検討, 下平 乙夫, 後藤 裕司, 今井 敬, 富沢 宗高, 奥地 弘明, 堂地 修, 哺乳動物卵子学会誌, 哺乳動物卵子学会誌, 11, (2) 233 - 238,   1994年, 査読有り
β-メルカプトエタノールを用いたウシ体外受精由来胚盤胞の培養, 今井 敬, 富沢 宗高, 下平 乙夫, 家畜繁殖技術研究会誌, 15, (2) 35 - 40,   1993年05月
ブタ6日目胚の発育とフィーダー細胞への付着に及ぼすフィーダー細胞,β-メルカプトエタノールおよび子宮内膜細胞コンディションド•メディウムの影響, 今井 敬, 大西 彰, 武田 久美子, 小松 正憲, 小島 敏之, 日本畜産学会報, 日本畜産学会報, 63, (10) 1081 - 1084,   1992年, 査読有り
ガラス化により超低温保存したウシ胚の移植, 堂地 修, 高倉 宏輔, 今井 敬, 家畜繁殖学雑誌, 家畜繁殖学雑誌, 36, (1) p69 - 72,   1990年03月, 査読有り
Follicle culture enhances fertilizability and cleavage of bovine oocytes matured in vitro, Fukui Y, Imai K, Alfonso NF, Ono H, Journal of Animal Science, 64, (3) 935 - 941,   1987年03月, 査読有り
卵胞培養による牛卵母細胞の体外成熟後の受精および発育能, 今井 敬, 帯広畜産大学大学院,   1986年03月, 査読有り
デキサメサゾン注射によるめん羊の分娩誘起に関する研究, 小林 正之, 福井 豊, 椿 実, 今井 敬, 菊地 宣幸, 小島 正也, 中藤 秀樹, 小野 斉, 日本緬羊研究会誌, 日本緬羊研究会誌, 1984, (21) 26 - 32,   1985年

書籍等出版物

新しい牛の繁殖, 今井 敬, 分担執筆, 牛における胚移植関連技術の変遷, 緑書房,   2017年06月
乳牛改良で生産性向上 , 今井 敬, 生体卵子吸引と体外受精によるウシ胚の生産, デーリィマン社,   2016年10月, 監修 寺脇良悟
体内成熟卵子採取法(リーフレット), 今井 敬・的場理子・松田秀雄・堀口英司, 共著, 家畜改良センター,   2012年02月
これだけは知っておきたい 酪農基本ワード130, 今井 敬, 分担執筆, 受精卵移植, Dairy Japan,   2003年10月
受精卵移植技術マニュアル 「ウシ体外受精技術」, 今井 敬・小林修司, 共著, (社)畜産技術協会,   1997年03月
受精卵移植の新技術紹介, 今井 敬, 分担執筆, エチレングリコールを用いたダイレクト法, 家畜受精卵移植技術研究組合・(社)家畜改良事業団,   1997年03月
タイ国中部酪農開発計画長期調査報告書, 松原敏春、今井 敬、清水芳洋, 共著, 国際協力事業団,   1993年01月

講演・口頭発表等

酪農学園肉牛農場における教育研究を目的とした牛群整備の取り組み, 今井 敬, 平成29年度東北・北海道地区農学系学部長会議,   2017年08月24日
Panelist, Practitioners’ Forum "What do you want to know about OPU/IVF in cattle?", 今井 敬, 43th annual meeting of International Embryo Technology Society, Renaissance Hotel, Austin, USA,   2017年01月14日, 招待有り
Successful cryopreservation using low ethylene glycol concentration for in vitro-produced bovine embryos, Takayama M, Sato S, Nishimura Y, Imai K and Dochi O, 43rd Annual Conference of the International Embryo Technology Society, Reprod Fertil Dev 29(1):132, Austin, Texas, USA,   2017年01月14日
Prediction of calving time using body-surface temperature sensors and pedometers in beef cattle, Y. Nishimura, M. Mise, K. Imai and O. Dochi, 43rd Annual Conference of the International Embryo Technology Society, Reprod Fertil Dev 29(1):112-113, Austin, Texas, USA,   2017年01月14日
Impact of selection system by kinetics on the early embryonic development in bovine ovum pickup-IVF embryos, M. Takayama, M. Moriyoshi, O. Dochi and K. Imai, 43rd Annual Conference of the International Embryo Technology Society, Reprod Fertil Dev 29(1):176, Austin, Texas, USA,   2017年01月14日
Effect of the addition of folic acid to maturation and culture media on development of the bovine blastocyst and its survival rate after freeze-thawing, S. Sato, O. Dochi and K. Imai, 43rd Annual Conference of the International Embryo Technology Society, Reprod Fertil Dev 29(1): 177, Austin, Texas, USA,   2017年01月14日
The relationship between the normality of first cleavage, the gene expression in blastomeres, and the ability to develop to the blastocyst stage in IVF-derived bovine 2-cell stage embryos., S. Matoba, M. Kaneda, T. Somfai, K. Imai and M. Geshi, 43rd Annual Conference of the International Embryo Technology Society, Reprod Fertil Dev 29(1):177, Austin, Texas, USA,   2017年01月14日
黒毛和種の分娩時の所見と子牛の健康状態との関係性, 西村陽佑、山田竜太郎、今井 敬、堂地 修, 第72回北海道家畜人工授精技術研修大会、研究発表要旨・特別講演資料, 28,   2016年10月
保温方法の違いが牛凍結精液融解後のストロー内精液温度の変化に及ぼす影響, 稲生琢仁、倉田大地、堤 悠人、城島絵理香、八尾成海、乙名 輝、持田泰成、今井 敬、堂地 修, 第72回北海道家畜人工授精技術研修大会、研究発表要旨・特別講演資料, 31,   2016年10月
卵胞切除により採取したウシ卵子の形態, 細野清範、中村良平、新林琴乃、岸田理恵、渋谷 凱、杉浦友樹、岡本汰一、川島明日香、堂地 修、今井 敬, 第72回北海道家畜人工授精技術研修大会、研究発表要旨・特別講演資料, 35,   2016年10月
ホルスタイン種および黒毛和種のOPU-IVF成績に年齢が及ぼす影響, 高山茉莉、森好政晴、堂地 修、今井 敬, 第72回北海道家畜人工授精技術研修大会、研究発表要旨・特別講演資料, 36,   2016年10月
酪農学園肉牛農場における受精卵移植技術を用いた新規黒毛和種牛群整備の8年間の成果, 佐藤 駿、高山茉莉、西村陽佑、今井 敬、高橋 茂、堂地 修, 第72回北海道家畜人工授精技術研修大会、研究発表要旨・特別講演資料, 41,   2016年10月
ビール粕サイレージの多給が日本短角種の肥育成績に及ぼす影響, 渕瀬賢規、福田充紀、沼田剛志、高橋 茂、今井 敬、堂地 修, 第72回北海道家畜人工授精技術研修大会、研究発表要旨・特別講演資料, 44,   2016年10月
ウシ超音波誘導経腟採卵技術, 今井 敬、高山茉莉、佐藤 駿、森好政晴、堂地 修, 第109回日本繁殖生物学会大会, シンポジウム3, 麻布大学, 日本, 相模原市,   2016年09月, 招待有り
ここまで進んだOPU技術, 今井 敬, 第64回石狩家畜人工授精研修会, 北農ビル, 札幌, 日本,   2016年09月, 招待有り
ウシ卵胞内卵子の発生能を制御する卵丘細胞シグナルネットワーク, 杉村智史、小林記緒、岡江寛明、山之内忠幸、兒島匠、金田正弘、今井 敬、佐藤幹、橋谷田豊、有馬隆博、種村健太郎、Gilchrist R, 第109回日本繁殖生物学会大会, J Reprod Dev 62(Suppl):j124,   2016年09月
Application of OPU and IVP in dairy and beef cattle, 今井 敬, Seminar in Suranaree University of Technology, Suranaree University of Technology, Thailand, Nakhon Ratchasima,   2016年08月, 招待有り
卵巣の長時間輸送がウシ体外受精胚の発生率に及ぼす影響の検討, 佐藤 駿・堂地 修・今井 敬, 第35回北海道牛受精卵移植研究会研究発表会、会報35:14,   2016年08月
OPU-IVFの胚生産成績にホルスタイン種と黒毛和種の品種の違いが与える影響, 高山茉莉・森好政晴・堂地 修・今井 敬, 第35回北海道牛受精卵移植研究会研究発表会、会報35:16,   2016年08月
Embryo selection system using the kinetics of early embryo development in bovine embryos produced in vitro and pregnancy outcome, Mari Takayama, Shun Sato, Masaharu Moriyoshi, Osamu Dochi, Kei Imai, 18th International Congress on Animal Reproduction, Abstract book, 403,   2016年06月28日, 招待有り
Cattle ovum pick-up (OPU) and its application, 今井 敬, Far-East Asia Networking of Dairy Technology Connected with ICAR Guidelines for Young Farmers, Taiwan Livestock Research Institute, Tainan, Taiwan,   2016年05月, 招待有り
高受胎率を可能にしたタイムラプスと胚代謝評価による牛体外受精胚のセレクション, 今井 敬, 日本卵子学会ランチョンセミナー1, 朱鷺メッセ, 新潟市, 日本,   2016年05月, 招待有り
Efficient production of monozygotic twin bovine embryos using blastomere separation technique with commercial well of the well culture dish, Y. Hashiyada, Y. Aikawa , S. Sugimura, H. Matsuda, M. Ohtake, T. Yamanouchi, Y. Goto, S. Kobayashi and K. Imai, 42nd Annual Conference of the International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 28(1&2):177, Louisville, KY, USA,   2016年01月
Effects of kinetics and morphology on early embryonic development in bovine OPU-IVF embryos, M. Takayama , O. Dochi and K. Imai, 42nd Annual Conference of the International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 28(1&2):212-213, Louisville, KY, USA,   2016年01月
個別管理培養ディッシュを用いた牛体外受精胚の培養個数が胚の発生率に与える影響, 高山茉莉、片桐成二、森好政晴、堂地 修、今井 敬, 第71回北海道家畜人工授精技術研修大会,   2015年11月
直径6mm以上の卵胞から吸引したウシ卵子の形態, 市毛里奈、水野志保、上佐賢央、別惣厚仁、星住智樹、松山 楓、三井寛貴、吉永貴紀、堂地 修、今井 敬, 第71回北海道家畜人工授精技術研修大会,   2015年11月
全道共進会に参加した黒毛和種農家における子牛生産および育成に関する意識調査, 山田竜太郎、岩淵美紅、太田 啓、須藤美里、田中明日香、長橋孝倫、渕瀬賢規、皆川宥成、山田杏奈、高橋 茂、今井 敬、堂地 修, 第71回北海道家畜人工授精技術研修大会,   2015年11月
歩数計を用いた黒毛和種の発情行動の観察と授精適期, 西村陽佑、今井 敬、堂地 修, 第71回北海道家畜人工授精技術研修大会,   2015年11月
Bovine Embryo Production System Using Ovum Pick-Up and In Vitro Fertilization in Donors Treated with Follicular Wave Synchronization and Superstimulation Treatments, Kei Imai, Yutaka Hashiyada, Osamu Dochi, The 6th NationalCongress of Turkish Society of Veterinary Gynaecology, Liberty Hotel Lykia, Fethiye, Turkey,   2015年10月, 招待有り
スターターとしてのアルファルファ発酵飼料の給与が黒毛和種子牛の発育に及ぼす影響, 堂地修, 高山恵, 増田萌李, 小岩政照, カークランド ネイサン, 高橋茂, 今井敬, 日本畜産学会大会講演要旨,   2015年09月11日
OPU-IVFによるウシ胚の生産成績および新鮮胚移植における受胎成績, 高山茉莉、石原功一、片桐成二、森好政晴、堂地 修、今井 敬, 第34回北海道牛受精卵移植研究会研究発表会,   2015年08月
ウシ胚の融解時における空中保持時間の違いが透明帯の損傷と胚の生存性に与える影響, 山本悠ノ介、佐藤 駿、杉本佳奈子、本田 望、高山茉莉、今井 敬、堂地 修, 第34回北海道牛受精卵移植研究会研究発表会,   2015年08月
Advances in embryo collection and embryo transfer in cattle, 今井 敬, International Training Course on Dairy Herd Improvement by the use of Reproductive Biotechnology, Food and Fertilizer Technology Center and Philippine Carabao Center National Headquarters, Science City of Munoz, Philippine,   2015年07月, 招待有り
Current status of embryo transfer and in vitro embryo production using ovum pick-up, 今井 敬, International Training Course on Dairy Herd Improvement by the use of Reproductive Biotechnology, Food and Fertilizer Technology Center and Philippine Carabao Center National Headquarters, Science City of Munoz, Philippine,   2015年07月, 招待有り
体内成熟後に採取した卵子と雌選別精子を用いて生産したウシ体外受精胚の品質, 的場理子, 稲葉泰志, 松田秀雄, ソムファイタマス, 今井敬, 下司雅也, 日本胚移植研究会,   2015年01月21日
Promising two-step evaluation system for selecting high developmental competence in vitro fertilized embryos in cattle using well-of-the-well dish, M Taniai, M Takayama, O Dochi, K Imai, 41st Annual Conference of the International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 27(1):210-211, Versailles, France,   2015年01月
Development of in vivo-matured oocytes collected from Japanese black cattle stimulated with different durations of follicular growth, Yamanouchi T, Matsuda H, Ohtake M, Aikawa Y, Kobayashi S, Imai K, Hashiyada Y, 41st Annual Conference of the International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 27(1):207, Versailles, France,   2015年01月
The effect of sucrose concentration for single-step dilution on the viability of cryotop-vitrified in vitro-produced bovine embryos, Kondo S, Imai K, Dochi O, 41st Annual Conference of the International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 27(1):115, Versailles, France,   2015年01月
Development of embryo transfer around the world, Franck Becker, Patrick Blondin, Osamu Dochi/Kei Imai, John Hepburn, Joao Henrique Viana, HASAC-OIE Pre-Symposium: Safe international trade in embryos, Paris, France,   2015年01月, 招待有り
肉用牛における分娩後の受胎性に及ぼす要因のモニタリング, 松田秀雄, 山之内忠幸, 後藤由希, 今井敬, 今井敬, 橋谷田豊, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2015年
黒毛和種増産を目的としたOPU‐IVF由来胚の選別方法の検討, 菅原紀, 金田義之, 渥美孝雄, 芳賀美友紀, 長谷川昇司, 今井敬, 堂地修, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2015年
超急速ガラス化保存したウシ性判別胚のストロー内希釈における温度および時間の検討, 佐野文彦, 北山智広, 中原仁, 辻井隆宏, 陰山聡一, 高田広達, 稲葉泰志, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2015年
ホルスタイン種性選別精液を用いた体内胚生産における過排卵処理法の検討, 澤香代子, 川野辺章夫, 秋山清, 神藤学, 北山智広, 長谷川清寿, 中原仁, 磯崎良寛, 亀樋成美, 原澤幹夫, 濱野晴三, 今井敬, 今井敬, 稲葉泰志, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2015年
Improvement of in vitro bovine embryo production by selecting system using kinetics of embryo development, 今井 敬, Session 1, Plenary, The 11th Annual Conference of the Asian Reproductive Biotechnology Society, The Sukosol Hotel, Bangkok, Thailand,   2014年11月, 招待有り
酪農学園肉牛農場の黒毛和種における生時体重と枝肉成績に及ぼす父牛と母牛の父の影響, 片山美香、情野祐樹、高見育也、立石奈恵、永井慎太郎、今井 敬、堂地 修、高橋 茂, 第70回北海道家畜人工授精技術研修記念大会,   2014年10月
歩数計を用いた肉牛の発情時、分娩直前・直後および放牧地の行動観察, 高山 恵、近藤伸一、白石一馬、今井 敬、高橋 茂、堂地 修, 第70回北海道家畜人工授精技術研修記念大会,   2014年10月
超音波診断装置を用いた牛胎子の性判別技術の模擬練習法の検討, 山本悠ノ介、福田充紀、大木琴未、太田 啓、志村亜湖、美勢柾宏、三好 彩、若山星舟、今井 敬、堂地 修, 第70回北海道家畜人工授精技術研修記念大会,   2014年10月
発情誘起した黒毛和種の受胎に影響する要因の検討, 本田 望、門田麻衣子、杉本佳奈子、片江篤子、片平耀子、佐藤 駿、西村陽佑、増田萌李、堂地 修、今井 敬, 第70回北海道家畜人工授精技術研修記念大会,   2014年10月
黒毛和種子牛における哺乳量および代用乳の栄養成分が子牛の発育に及ぼす影響, 高山 恵、高橋 茂、今井 敬、小岩政照、堂地 修, 第70回北海道家畜人工授精技術研修記念大会,   2014年10月
体内成熟後に採取した卵子と雌選別精子を用いて生産したウシ体外受精胚の品質, 的場理子、稲葉泰志、松田秀雄、ソムファイタマス、今井 敬、下司雅也, 第21回日本胚移植研究会大会,   2014年09月
ウシ体外作出胚の受胎性に関わる品質分析パラメーターによる体外成熟培地へのFSH,EGFおよびジブチリルcAMP添加効果の評価, 山之内忠幸, 松田秀雄, 相川芳雄, 大竹正樹, 小林修司, 今井敬, 橋谷田豊, J Reprod Dev,   2014年08月10日
マイクロカプセル化したウシ切断2分離胚の受胎性および凍結融解後の生存性, 小林修司, 小野寺健一, 作田直之, 松田秀雄, 山之内忠幸, 相川芳雄, 大竹正樹, 今井敬, 菊池工, 橋谷田豊, J Reprod Dev,   2014年08月10日
超音波診断装置による妊娠診断技術の向上を目的とした胎子モデルを用いた模擬練習法の検討, 大田 啓・山本悠ノ介・大木琴未・志村亜胡・福田充紀・美勢柾宏・三好 彩・若山星舟・今井 敬・堂地 修, 第33回北海道牛受精卵移植研究会研究発表会,   2014年08月
OPUのプローブの当て方が水浸法による牛卵胞の超音波画像診断に与える影響, 佐藤 駿・西村陽佑・片江篤子・片平耀子・杉本佳奈子・本田 望・増田萌李・門田麻衣子・堂地 修・今井 敬, 第33回北海道牛受精卵移植研究会研究発表会,   2014年08月
胚移植および人工授精時における卵胞と黄体の共存の有無が受胎率に及ぼす影響, 高山 恵・近藤伸一・今井 敬・高橋 茂・堂地 修, 第33回北海道牛受精卵移植研究会研究発表会,   2014年08月
生体卵子吸引・体外受精・受精卵移植による子牛生産の現状, 今井 敬, 松田秀雄, 橋谷田豊, 庄司圭佑, 高橋 茂, 片桐成二, 堂地 修, 平成25年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会, 日本獣医学会・日本産業動物獣医学会-シンポジウム「生体卵子吸引技術を用いたウシ体外受精卵生産技術の現状と課題」, 幕張メッセ(国際会議場), 千葉県, 日本,   2014年02月
Effect of size and culture period of frozen-thawed bovine trophoblastic vesicles on interferon-τ secretion, Y Hashiyada, H Takahashi, D Yamaguchi, K Imai, M Geshi, 40th annual conference of International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 26(1):151, Reno, Nevada, USA,   2014年01月
Effects of x-sorted sperm in quality of bovine blastocyst derived from in vivo-matured oocytes, K Imai, M Ohtaku, Y Aikawa, H Matsuda, S Kobayashi, E Horiguchi, S Matoba, Y Hashiyada, 40th annual conference of International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 26(1):182, Reno, Nevada, USA,   2014年01月, 招待有り
Detection of embryonic death by monitoring ovarian steroids balance and ultrasonography in Japanese black cattle, H Matsuda, Y Hashiyada, T Yamanouchi, K Imai, 40th annual conference of International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 26(1):151-152, Reno, Nevada, USA,   2014年01月
Comparison of kinetics and patterns of the first cleavage of in vivo and in vitro-matured Holstein oocytes after in vitro fertilization with x-sorted sperm, S Matoba, S Sugimura, H Matsuda, Y Aikawa, M Ohtake, S Kobayashi, E Horiguchi, Y Hashiyada, M Nagai, K Imai, 40th annual conference of International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 26(1):182-183, Reno, Nevada, USA,   2014年01月
Superiority of female embryo production system by in vivo-matured oocyte and x-sorted sperm in Brown Swiss cows, T Yamanouchi, H Matsuda,M Ohtake, K Masaki, E Horiguchi, Y Aikawa, Y Hashiyada, K Imai, 40th annual conference of International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 26(1):184, Reno, Nevada, USA,   2014年01月
Effect of progesterone supplementation of maturation medium on the development of in vitro-matured-in vitro-fertilized-in vitro-cultured bovine embryos, K Syoji, K Imai, H Koyama, O Dochi, 40th annual conference of International Embryo Transfer Society, Reno, Nevada, USA, Reproduction Fertility and Development 26(1):180,   2014年01月
The effects of intervals of mechanical vibration during in vitro culture on the development of bovine embryo derived from low-quality oocytes, M Takehisa, S Kondo, K Imai, O Dochi, H Koyama, 40th annual conference of International Embryo Transfer Society, Reprod Fertil Dev 26(1):183, Reno, Nevada, USA,   2014年01月
パーコール液で選別を行ったウシ卵丘細胞‐卵子複合体のガラス化保存の検討, 松田秀雄, 相川芳雄, 大竹正樹, 山之内忠幸, 小林修司, 今井敬, 橋谷田豊, 日本畜産学会大会講演要旨,   2013年09月09日
人工授精あるいは受精卵移植後の早期受胎状況のモニタリング, 山之内忠幸, 松田秀雄, 橋谷田豊, 今井敬, 日本畜産学会大会講演要旨,   2013年09月09日
ウシ2,4および8細胞期胚の割球分離集合後の胚発育, 橋谷田豊, 相川芳雄, 松田秀雄, 大竹正樹, 山之内忠幸, 今井敬, 日本畜産学会大会講演要旨,   2013年09月09日
マイクロカプセル化したウシ体外受精由来切断2分離胚の生存性の観察, 小林修司, 松田秀雄, 相川芳雄, 大竹正樹, 今井敬, 橋谷田豊, J Reprod Dev,   2013年08月20日, 【目的】ウシ切断2分離胚移植の受胎率は完全胚と比較して低い。これは,切断2分離胚は胚を切断後,透明帯への帰納をせずに移植に供していることが影響している可能性がある。一方,ブタでは体細胞クローン胚をマイクロカプセル化して卵管へ仮移植し,クローン胚の桑実胚~胚盤胞への発生率が向上したことが報告されている。これは核移植時に生じる透明帯の孔からの白血球の侵襲に対してマイクロカプセルが防除した結果と考えられる。本実験では,ウシ切断2分離胚をマイクロカプセル化して培養し,マイクロカプセルからの胚の脱出および生存性について観察したので報告する。【材料及び方法】家畜改良センター定法にて作出した体外受精胚を供試した。試験は,胚を切断2分離後,カプセル化しないでそのまま培養した区をCap(-)区,切断30分後にカプセル化した区を30min Cap(+)区,4時間後にカプセル化した区を4H Cap(+)区の3試験区とし,20%FCS+0.1mMβメルカプトエタノール+TCM199で培養(2demi /25 µl)して24,48および72時間後にマイクロカプセルからの胚の脱出および生存を観察した。マイクロカプセルは,1%アルギン酸ナトリウム+生理食塩水中の胚を0.1%塩化カルシウム+乳酸加リンゲル液中でゲル化して作製した。【結果および考察】脱出率については,30min Cap(+)区と4H Cap(+)区に有意差は認められなかった。生存率については,48時間目に30min Cap(+)区が4H Cap(+)区に対し有意に高い割合を示した(p<0.05)。24–48時間目にかけて,30minCap(+)区がCap(-)区に対し有意に高い割合を示した(p<0.05)。以上より,ウシ切断2分離胚を移植する場合,切断からマイクロカプセル化までの培養時間は,4時間よりも30分の方が適していた。
ウシ体内成熟卵子および体外成熟卵子へのヒアルロニダーゼ処理が胚発生に及ぼす影響, 橋谷田豊, 相川芳雄, 松田秀雄, 大竹正樹, 今井敬, J Reprod Dev,   2013年08月20日, 【目的】多排卵処置後の体内成熟卵子を用いた体外受精では,高品質胚が高率に得られる。しかし,体内成熟卵子の卵丘細胞は,著しく膨潤化し粘張性が高いため,卵子の検索が難しく見落としが多いと考えられる。これに対し,卵丘細胞を溶解する酵素処理により改善が可能であるが,卵子への悪影響が懸念される。本研究では,体外成熟により卵丘細胞が膨潤化した卵丘細胞-卵子複合体(COC)への酵素処理が胚発生に及ぼす影響について検討し,さらにOPUにより採取した体内成熟COCについて同様に比較を行った。【方法】体外成熟には,食肉処理場由来卵巣から採取した卵丘細胞が2または3層以上付着したCOCを用いた。卵丘細胞の膨潤化を促すためFSH添加あるいは無添加培地で20h成熟培養したCOCを0.1%(最終濃度0.004%)ヒアルロニターゼ添加溶液に5 min曝して酵素処理した。COCは洗浄後に体外受精に供した。また,酵素無処理のものを対照区とした。体内成熟COCは,CIDR留置,8 mm以上の卵胞の吸引除去,FSHによる多排卵処置を行い,GnRH投与後25から26h目に5 mm以上の卵胞から吸引採取した。採取液を希釈しCOCを検索して取り出した。その後,採取液の残渣を酵素処理し,再度検索しCOCを回収した。これら酵素処理前後で回収したCOCを2hの培養後に体外受精に供し,胚盤胞発生率を比較した。【結果】FSH添加培地により卵丘細胞が膨潤化したCOCの胚盤胞発生率は,酵素処理区と対照区の間で差がなかった。また,FSH無添加培地で培養したCOCの胚盤胞発生率も両区で差がなかった。一方,酵素処理後の採取液の残渣から回収総数の12%にあたるCOCが検索された。体内成熟COCの胚盤胞発生率は,酵素処理区と無処理の対照区の間で差がなかった。以上のことから,本研究で用いたヒアルロニダーゼ処理が体外成熟および体内成熟したCOCの体外受精後の胚発生に及ぼす影響は少ないことが示唆された。
ホルスタイン種未経産牛における栄養水準の改善が卵胞の発育に及ぼす影響, 山之内忠幸, 吉岡一, 橋谷田豊, 今井敬, J Reprod Dev,   2013年08月20日
ウシ末梢血に発現する妊娠成立関連遺伝子の探索, 菊地美緒, 松田秀雄, 茂野智子, 橋谷田豊, 今井敬, 平田統一, 木崎景一郎, 橋爪一善, J Reprod Dev,   2013年08月20日, 【目的】授精後ウシ末梢血顆粒球には,妊娠情報に関連する遺伝子群が発現することから,血中遺伝子発現動態を検出することにより妊娠成立の予知が可能である。その由来は,胚の栄養膜細胞が産生,分泌する妊娠認識シグナルであるインターフェロンτ(IFNT)と考えられている。末梢血球には多数の遺伝子情報が含まれており,直接IFNTと関連しない遺伝子群の妊娠成立過程との関わりは明らかでない。本研究では,マイクロアレイにより得た末梢血白血球中に発現する遺伝子データを精査し,既知のIFNT関連遺伝子の他に妊娠の成立と関わる遺伝子が存在するかを検討した。【材料及び方法】人工授精当日(AI0),受精後21日(AI21),胚移植日(ET7),移植後14日(妊娠21日に相当,ET21),ET24に白血球を採取,遺伝子発現を解析したマイクロアレイデータを用い,関連する遺伝子を抽出した。抽出した遺伝子の発現動態をAI0, AI14, AI21, ET7, ET14, ET21及びET24の各日に採取した顆粒球中の遺伝子発現をRT-PCR並びにQRT-PCRにより検証した。【結果】マイクロアレイデータから,AI0と比較してAI21で末梢血白血球中に発現が上昇したのは24遺伝子,ET7と比較してET21で発現が上昇したのは213遺伝子であり,両者で共通して発現が上昇したのは7遺伝子であった。その遺伝子群にはOAS1及びISG15が含まるが,他はこれまで未検証の遺伝子であった。既知のISG15, MX1, MX2及びOAS1の4遺伝子の検証ではAI21, ET24から妊娠判定が可能であり,早期胚死滅が疑われる事例でも4遺伝子による判定が可能であった。新規ESTの検証では,妊娠21日において2遺伝子の上昇を認めた。以上のことから,末梢血白血球中には,IFNTに関連する既知の4遺伝子以外にも妊娠成立に伴い発現が上昇する遺伝子の存在することが示唆された。
性選別精液を用いたブラウンスイス種雌胚生産における採胚とOPU由来体内成熟卵子‐IVF成績の比較, 山之内忠幸, 真崎匡, 松田秀雄, 堀口英司, 大竹正樹, 相川芳雄, 橋谷田豊, 今井敬, 東北畜産学会報,   2013年08月10日
受胎性の高いウシ体外受精胚の選別方法, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2013年08月, 招待有り
Applecation of OPU-IVF in cattle and buffalo production, 今井 敬, 10th World Buffalo congress, Pre-congress workshop, Suranaree University of Technology, Nakhon Ratchasima, Thailand,   2013年05月05日, 招待有り
ホルスタイン種泌乳牛から多排卵処理後に採取した卵子と性選別精液の体外受精による性判別胚の生産, 秋山清, 坂上信忠, 中川浩, 瀬田剛史, 長井誠, 林みち子, 松田啓介, 的場理子, 今井敬, 稲葉泰志, 下司雅也, 日本はい移植学雑誌,   2013年01月21日
OPUで採取した体内成熟卵子による胚生産における雌選別精子の影響, 今井敬, 大竹正樹, 相川芳雄, 松田秀雄, 小林修司, 堀口英司, 的場理子, 板橋朋子, 橋谷田豊, 日本はい移植学雑誌,   2013年01月21日
ガラス化液をストロー内希釈したウシ低品質胚の移植受胎性, 橋谷田豊, 相川芳雄, 平山宗幸, 山之内忠幸, 松田秀雄, 大竹正樹, 小林修司, 杉村智史, 今井敬, 日本胚移植学雑誌,   2013年01月21日
体内成熟卵子と性選別精子を用いたホルスタイン種体外受精胚の生産における卵子採取時間の検討, 的場理子, 杉村智史, 松田秀雄, 相川芳雄, 大竹正樹, 小林修司, 堀口英司, 橋谷田豊, 長井誠, 下司雅也, 今井敬, 日本胚移植学雑誌,   2013年01月21日
Effect of superstimulatory treatment to donor cows on oxygen consumption of matured oocytes, Imai K, Sugimura S, Ohtake M, Aikawa Y, Inaba Y, Somfai T, Matoba S, Kobayashi S, Hashiyada Y, 39th International Embryo Transfer Society Annual Conference, Hannover, Germany,   2013年01月
Kinetics and patterns of the first cleavage of in vitro fertilizedembryo by in vivo matured oocytes and X-sorted spermatozoa in dairy cattle, Matoba S, Sugimura S, Matsuda H, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi S, Horiguchi E, Hashiyada Y, Nagai M, Imai K, 39th International Embryo Transfer Society Annual Conference, Hannover, Germany,   2013年01月
Multi-well plate (MWP)とWell of the well (WOW)が牛卵子の体外成熟,受精,発生に及ぼす影響, 姜 成植, 今井 敬, 大藤 壮輔, 黄 偉平, 古山 敬祐, 柳川 洋二郎, 高橋 芳幸, 永野 昌志, 日本繁殖生物学会 講演要旨集,   2013年08月, To develop individual culture system for bovine oocytes, effect of individual maturation in MWP and individual culture in WOW were examined. For investigating influence of MWP on IVM, IVF and IVC (Exp. 1), oocytes were matured individually in MWP or 10-µl droplet and in 50-µl droplet in a group as control. Nuclear maturation, fertilization and development were evaluated in all experimental groups. Maturation rates were similar in all experimental groups. After fertilization, oocytes from 10-µl droplet IVM showed significantly higher rate of enlarged sperm head compared with those of other groups even though fertilization rates of all groups were similar. Blastocyst rates of oocytes matured in MWP and in 50-µl droplets tended to be higher than that in 10-µl droplets. For investigating influence of WOW on IVC (Exp. 2), fertilized oocytes were cultured in WOW. Cleavage and blastocyst development were assessed, and effect of number of neighbor embryos (0, 3, 5 and 8) in a WOW on embryonic development was also examined. As control, 5 or 25 embryos were cultured in a 40-µl droplet. No differences of blastocyst rate were observed in all experimental groups. However, cell numbers in blastocysts of 5 embryos in droplets were significantly low. Number of adjacent embryos in a WOW dish did not affect blastocyst development and cell numbers of blastocysts. In conclusion, MWP supports the acquisition of developmental competence of individual bovine oocytes as same as conventional group maturation system. Further, WOW can provide high and stable blastocyst development in small embryo group wherever embryos are placed in micro-wells of WOW.
分娩後日数がホルスタイン種における異なる方法によるOPUで採取した卵子と性選別精液を用いた体外受精による胚生産に及ぼす影響, 河合愛美, 坂口政信, 長井誠, 林みち子, 松田啓介, 中川浩, 瀬田剛史, 秋山清, 坂上信忠, 今井敬, 稲葉泰志, 的場理子, 下司雅也, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2013年
クライオトップを用いたウシ卵子の超急速ガラス化保存法の検討, 橋谷田豊, 相川芳雄, 松田秀雄, 山之内忠幸, 大竹正樹, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2013年
ウシ性選別精子を用いた体外受精胚の凍結融解後の生存性における種雄牛,雌選別の有無および胚の発育ステージの影響, 的場理子, 稲葉泰志, 松田秀雄, 相川芳雄, 大竹正樹, 小林修司, 堀口英司, 橋谷田豊, 下司雅也, 永井卓, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2013年
褐毛和種におけるOPU‐IVFによる胚生産, 大竹正樹, 塚口大祐, 高橋信二, 相川芳雄, 斉藤邦彦, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2013年
ウシ卵子の超急速ガラス化保存における卵巣の保存時間および術者の影響, 相川芳雄, 橋谷田豊, 松田秀雄, 山之内忠幸, 大竹正樹, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2013年
ホルスタイン種経産牛における性選別精液を用いた採胚成績, 中原仁, 川野辺章夫, 秋山清, 神藤学, 北山智広, 辻井隆宏, 長谷川清寿, 澤香代子, 磯崎良寛, 亀樋成美, 原澤幹夫, 濱野晴三, 今井敬, 稲葉泰志, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2013年
植氷器具および凍結媒液層の長さの違いが氷晶形成に与える影響, 石原功一, 井上望, 佐藤信, 佐藤真惟, 宍戸里帆, 高山茉莉, 田村和貴, 沼田剛志, ギルヌス ジャスミン, 今井敬, 堂地修, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2013年
Improvement of bovine embryo production systems using OPU-IVF, 今井 敬, 12th International Sympojium on Developmental Biology, Jeju, Korea,   2012年10月, 招待有り
In-straw cryoprotectant dilution and transfer in bovine embryos vitrified using Cryotop, 今井 敬, 1st International Embryo Transfer Society, Innovative Workshop, St. Augastine, FL, USA,   2012年10月, 招待有り
OPU‐IVFによる効率的なウシ胚の体外生産技術の開発, 今井敬, J Reprod Dev,   2012年08月20日, 招待有り
ウシガラス化卵子の体外受精に及ぼす希釈液中のCa2+の影響, 橋谷田豊, 山之内忠幸, 相川芳雄, 大竹正樹, 杉村智史, 小林修司, 松田秀雄, 今井敬, J Reprod Dev,   2012年08月20日
ウシガラス化卵子の体外受精に及ぼすガラス化液中のCa2+の影響, 松田秀雄, 山之内忠幸, 相川芳雄, 大竹正樹, 杉村智史, 今井敬, 橋谷田豊, J Reprod Dev,   2012年08月20日
ガラス化保存したウシ成熟卵子の修復培養におけるカフェインの影響, 山之内忠幸, 相川芳雄, 大竹正樹, 杉村智史, 松田秀雄, 今井敬, 橋谷田豊, J Reprod Dev,   2012年08月20日
OPU由来卵子を用いたウシクローン胚の酸素消費量と形態, 小林修司, 相川芳雄, 大竹正樹, 杉村智史, 橋谷田豊, 今井敬, J Reprod Dev,   2012年08月20日
受胎性の高い体外受精胚の選別指標を用いたウシ卵子の品質評価, 今井敬, 杉村智史, 松田秀雄, 大竹正樹, 相川芳雄, 小林修司, 的場理子, 橋谷田豊, J Reprod Dev,   2012年08月20日
ウシ卵母細胞における酸化的リン酸依存的酸素消費, 杉村智史, 的場理子, 橋谷田豊, 相川芳雄, 大竹正樹, 松田秀雄, 小林修司, 小西一之, 今井敬, J Reprod Dev,   2012年08月20日
Quality assessment of in vitro produced bovine embryos by time-lapse cinematography, 今井 敬, 17th International Congress on Animal Reproduction, Workshop-18, Vancouver, Canada,   2012年08月01日, 招待有り
Efficiency of embryo production by OPU-IVF, 今井 敬, 17th International Congress on Animal Reproduction, Workshop-3, Vancouver International Congress Center, Vancouver, Canada,   2012年07月30日, 招待有り
Gene expression of endogenous retrovirus-like transcripts in bovine trophoblastic cell lines, Koshi K, Suzuki Y, Nakaya Y, Imai K, Takahashi T, Kizaki K, Miyazawa T, Hashizume K, 44th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction, Portland, Oregon, USA, Biology of Reproduction 85 (1 Supplement): 455,   2012年07月
Improved bovine embryo production by in vitro fertilization with X-sorted sperm using in vivo matured oocytes obtained by follicle superstimulation and ovum pick-up following transvaginal follicle aspiration and in vitro fertilization, Matoba S, Yoshioka H, Matsuda H, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi S, Horiguchi E, Hashiyada Y, Nagai M, Imai K, 17th International Congress on Animal Reproduction, Vancouver, Canada, Reproduction in Domestic Animals 47 Supplement 4 (CD): 515,   2012年07月
Pregnancies after transfer of bovine embryos cultured in a novel microfluidic device applied with a trap and release system, Imai K, Sugimura S, Kimura H, Nakamura H, Akai T, Hashiyada Y, Matsuda H, Fujii T, Sakai Y, 17th International Congress on Animal Reproduction, Vancouver, Canada, Reproduction in Domestic Animals 47 Supplement 4 (CD): 510-511,   2012年07月
Cryotopにより超急速ガラス化したウシ低品質胚の生存性, 橋谷田豊, 相川芳雄, 山之内忠幸, 平山宗幸, 大竹正樹, 杉村智史, 今井敬, 日本はい移植学雑誌,   2012年01月19日
卵胞発育同調‐卵胞刺激処理したドナーよりOPUで採取したウシ卵子の酸素消費量, 今井敬, 杉村智史, 大竹正樹, 相川芳雄, 山之内忠幸, 小林修司, 小西一之, 橋谷田豊, 日本はい移植学雑誌,   2012年01月19日
多排卵処置後に採取した体内成熟卵子または無処置で採取した卵子と性選別雌精液を用いた体外受精によるウシ胚生産, 的場理子, 吉岡一, 相川芳雄, 大竹正樹, 小林修司, 松田秀雄, 堀口英司, 橋谷田豊, 長井誠, 今井敬, 日本はい移植学雑誌,   2012年01月19日
ホルスタイン種泌乳牛からの性選別された移植可能胚作出方法の比較, 中川浩, 中川邦昭, 長井誠, 早川裕二, 松田啓介, 秋山清, 今井敬, 稲葉泰志, 下司雅也, 日本はい移植学雑誌,   2012年01月19日
ウシ体外受精由来胚のマイクロカプセルからの脱出の観察, 小林修司, 松田秀雄, 山之内忠幸, 相川芳雄, 大竹正樹, 杉村智史, 橋谷田豊, 今井敬, 日本はい移植学雑誌,   2012年01月19日
Interferon-τ secretion of cryopreserved bovine trophoblastic vesicles derived from in vivo, Hashiyada Y, Takahashi H, Imai K, Geshi M, 38th annual conference of International Embryo Transfer Society, Phoenix, AZ, USA, Reprod Fert Dev 24(1):151-152,   2012年01月
Relationship between duration of fourth cell cycle and post-transfer viability in in vitro fertilized bovine embryos, Sugimura S, Hashiyada Y, Aikawa Y, Ohtake M, Matsuda H, Yamanouchi T, Kobayashi S, Kobayashi E, Konishi K, Imai K, 38th annual conference of International Embryo Transfer Society, Phoenix, AZ, USA, Reprod Fert Dev 24(1):191,   2012年01月
Relationship between cleavage patterns of first cell cycle and post-transfer viability in bovine embryos obtained by ovum pick-up and in vitro fertilization, Imai K, Sugimura S, Somfai T, Inaba Y, Aikawa Y, Ohtake M, Hirayama M, Yamanouchi T, Kobayashi S, Konishi K, Hashiyada Y, 38th annual conference of International Embryo Transfer Society , Phoenix, AZ, USA, Reprod Fert Dev 24(1):191-192,   2012年01月
Effect of individual culture system on in vitro development of in vitro-matured–in vitro-fertilized bovine embryos, Nishii R, Imai K, Koyama H, Dochi O, 38th annual conference of International Embryo Transfer Society, Phoenix, AZ, USA, Reprod Fert Dev 24(1):195,   2012年01月
性選別精液を用いて生産した牛性選別体外受精胚の超低温保存法の検討, 稲葉泰志, 江副大輔, 阿部玲佳, SOMFAI Tamas, 今井敬, 長井誠, 下司雅也, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2012年
連続FGT‐OPUにおけるFSH投与量がウシ体外受精胚生産に与える影響, 大竹正樹, 相川芳雄, 杉村智史, 山之内忠幸, 松田秀雄, 小林修司, 橋谷田豊, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2012年
ウシ体内成熟卵子および性選別雌精子を用いた体外受精における初期卵割, 的場理子, 松田秀雄, 杉村智史, 相川芳雄, 大竹正樹, 小林修司, 堀口英司, 橋谷田豊, 長井誠, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2012年
ウシ体外受精系における卵子成熟培地への“セリシン”添加濃度の検討, 橋谷田豊, 細江実佐, 相川芳雄, 寺本英敏, 大竹正樹, 杉村智史, 松田秀雄, 高橋透, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2012年
Time‐lapse cinematographyを用いたウシ体外受精胚の観察, 今井敬, 杉村智史, 相川芳雄, 大竹正樹, 松田秀雄, 小林修司, 橋谷田豊, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2012年
ウシ末梢白血球に発現する妊娠シグナル, 橋爪一善, 木崎あゆみ, 茂野智子, 木崎景一郎, 松田秀雄, 橋谷田豊, 今井敬, 古澤軌, 細江実佐, 高橋透, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2012年
BoviPureまたはPercollを用いて精子洗浄を行ったウシ体外受精成績の比較, 相川芳雄, 橋谷田豊, 杉村智史, 大竹正樹, 松田秀雄, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2012年
Birth weights of calves derived from in vitro fertilized embryos cultured a novel polystyrene-based WOW system, Imai K, Sugimura S, Ohtake M, Aikawa Y, Yamanouchi T, Kobayashi S, Hashiyada Y, 2nd World Congress on Reproductive Biology,   2011年10月
Promising system for selecting healthy in vitro fertilized embryos in cattle., Sugimura S, Akai T, Hashiyada Y, Yamanouchi T, Matsuda H, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi S, Kobayashi E, Konishi K, Imai K, 2nd World Congress on Reproductive Biology,   2011年10月
Involvement of first cytokinesis on gene expression at blastocyst stage, Sugimura S, Yamanouchi T, Hashiyada Y, Kobayashi E, Imai K, 16th World Congress on In Vitro Fertilization,   2011年09月
ウシ体細胞核移植における融合後の活性化方法が胚発生に及ぼす影響, 小林修司, 相川芳雄, 大竹正樹, 杉村智史, 橋谷田豊, 今井敬, 日本畜産学会大会講演要旨,   2011年08月26日
Time‐lapse cinematographyによるウシ体外受精由来胚盤胞の核型に関与する要因の解析, 杉村智史, 山之内忠幸, 橋谷田豊, 相川芳雄, 大竹正樹, 小林修司, 小西一之, 今井敬, 日本畜産学会大会講演要旨,   2011年08月26日
多排卵処置牛へのGnRH投与における排卵時間と血中LH濃度, 吉岡一, 的場理子, 瀬田剛史, 中川邦昭, 今井敬, 日本畜産学会大会講演要旨,   2011年08月26日
由来の異なる3種類のウシ体外成熟培養卵子における核及び細胞骨格の比較, SOMFAI Tamas, 稲葉泰志, 今井敬, 下司雅也, 永井卓, J Reprod Dev,   2011年08月20日
Cryotopを用いた超急速ガラス化がウシ体外受精胚の生存性および受胎性に及ぼす影響, 橋谷田豊, 相川芳雄, 平山宗幸, 山之内忠幸, 杉村智史, 大竹正樹, 稲葉泰志, 今井敬, J Reprod Dev,   2011年08月20日
FSH前処理の有無によるOPU由来卵子を用いたウシクローン胚の核移植成績と胚の酸素消費量, 小林修司, 相川芳雄, 大竹正樹, 杉村智史, 橋谷田豊, 今井敬, J Reprod Dev,   2011年08月20日
ウシ体外受精胚の発生追跡による受胎成否予測因子の探索, 杉村智史, 山之内忠幸, 橋谷田豊, 相川芳雄, 大竹正樹, 小林修司, 小西一之, 今井敬, J Reprod Dev,   2011年08月20日
多排卵処置後に採取したウシ体内成熟卵子の形態と性選別精液を用いた体外受精, 的場理子, 吉岡一, 相川芳雄, 大竹正樹, 小林修司, 橋谷田豊, 今井敬, J Reprod Dev,   2011年08月20日
第1卵割に異常があるウシ体外受精胚からの子牛の誕生, 今井敬, SOMFAI Tamas, 杉村智史, 稲葉泰志, 相川芳雄, 大竹正樹, 小林修司, 橋谷田豊, J Reprod Dev,   2011年08月20日
Recent advances in bovine embryo transfer technologies by follicular wave control, 今井 敬, 6th National congress on animal reproduction and artificial insemination,   2011年05月, 招待有り, Reproduction and Artificial Insemination Science Association in Turkey
ウシOPU‐IVFによる胚発生におけるドナーの個体差, 今井敬, 杉村智史, 大竹正樹, 相川芳雄, 山之内忠幸, 小林修司, 橋谷田豊, 小西一之, 日本胚移植学雑誌,   2011年01月19日
ウシ体外受精胚の凍結に及ぼす血清代替タンパク質“セリシン”の効果, 橋谷田豊, 細江実佐, 相川芳雄, 寺本英敏, 杉村智史, 大竹正樹, 高橋透, 下司雅也, 小西一之, 今井敬, 日本胚移植学雑誌,   2011年01月19日
ガラス化方法の違いによる胚マウント部分の液体窒素浸漬による細菌汚染の可能性, 江川紗智子, 三角浩司, 平山祐理, 相田善勝, 今井敬, 小西一之, 日本胚移植学雑誌,   2011年01月19日
ブタ拡張胚盤胞のMicro Volume Air Cooling(WVAC)法によるガラス化保存後の生存性, 三角浩司, 江川紗智子, 平山祐理, 山下祥子, 星宏良, 今井敬, 小西一之, 日本胚移植学雑誌,   2011年01月19日
Effect of consecutive super-stimulatory treatment-induced follicular wave synchronization to optimize oocytes retrieval and embryo production by ovum pick-up and in vitro fertilization in cows, Imai K, Ohtake M, Aikawa Y, Sugimura S, Hirayama M, Hashiyada Y, Kobayashi S, Konishi K, 37th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2011年01月
Time-lapse cinematography-compatible injection-molded microwell culture system for tracking the development of individual bovine embryos, Sugimura S, Akai T, Somfai T, Hirayama M, Aikawa Y, Ohtake M, Hattori H, Kobayashi S, Hashiyada Y, Konishi K, Imai K今井 敬, 37th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2011年01月
The effect of source and in vitro maturation on the abundance of maternal mRNA of selected genes in follicular bovine oocytes and their influence on in vitro development, Somfai T, Imai K, Kaneda M, Akagi S, Haraguchi S, Watanabe S, Mizutani E, Dang-Nguyen TQ, Inaba Y, Geshi M, Nagai T, 37th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2011年01月
ホルスタイン種泌乳牛における分娩後の栄養状態と繁殖機能の関係, 吉岡一, 山之内忠幸, 廣岡俊行, 今井敬, 青木康浩, 小西一之, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2011年
卵胞発育同調‐卵胞刺激処理‐経膣採卵により採取した卵子の特性, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2011年
OPU‐IVFにより発生した胚の耐凍性に及ぼすドナー牛への卵胞刺激処理の影響, 相川芳雄, 杉村智史, 大竹正樹, 山之内忠幸, 橋谷田豊, 小林修司, 小西一之, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2011年
体細胞クローン牛の特性調査―ホルスタイン種初産泌乳期における血液生化学成分の推移―, 小西一之, 米内美晴, 金山佳奈子, 別府哲郎, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2011年
卵胞刺激処理した黒毛和種経産牛におけるOPU‐IVFによる胚生産, 大竹正樹, 相川芳雄, 杉村智史, 山之内忠幸, 橋谷田豊, 小林修司, 小西一之, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2011年
OPUにより採取したウシ卵子および体外受精胚のガラス化保存, 稲葉泰志, SOMFAI Tamas, 今井敬, 下司雅也, 永井卓, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2011年
Production of OPU-IVF embryos in Wagyu cattle and their developmental competence, 今井 敬, Reproduction seminar in Maejo University,   2010年11月, 招待有り
過剰排卵処理および経膣採卵‐体外受精による体細胞クローン牛の胚生産性, 今井敬, 杉村智史, 大竹正樹, 相川芳雄, 平山宗幸, 小林修司, 橋谷田豊, 小西一之, J Reprod Dev,   2010年08月20日
融合液中の二価イオンがウシ体細胞核移植における活性化に及ぼす影響, 小林修司, 相川芳雄, 大竹正樹, 杉村智史, 今井敬, J Reprod Dev,   2010年08月20日
Time‐lapse cinematography対応型マイクロウェル培養システム:単一胚の発生追跡ツール, 杉村智史, 赤井智紀, ソムファイ タマス, 平山宗幸, 相川芳雄, 大竹正樹, 服部秀志, 小林修司, 橋谷田豊, 小西一之, 今井敬, J Reprod Dev,   2010年08月20日
Specific characters of new established bovine trophoblastic cell lines, Hashizume K, Suzuki Y, Imai K, Takahashi T, Kizaki K,, 43rd Society for the study of reproduction annual meeting,   2010年07月
射出成形型Well of the Well培養システムによるウシ体外受精胚の発生, 杉村智史, 赤井智紀, ソムファイ タマス, 相川芳雄, 大竹正樹, 平山宗幸, 小林修司, 服部秀志, 小西一之, 今井敬, 日本畜産学会大会講演要旨,   2010年03月28日
ウシOPU‐IVF胚のtime lapse cinematographyによる解析, 今井敬, タマス ソムファイ, 大竹正樹, 相川芳雄, 稲葉泰志, 平山宗幸, 小林修司, 小西一之, 日本はい移植学雑誌,   2010年01月19日
ウシ性判別胚のガラス化ストロー内希釈における希釈液の検討, 高木哲, 鍋西久, 山本伸治, 新楽和孝, 秋山清, 瀬田剛史, 林みち子, 長谷川清寿, 佐々木恵美, 引田久美子, 上田修二, 今井敬, 日本はい移植学雑誌,   2010年01月19日
The effect of oxygen tension on in vitro development of bovine embryos in polydimethylsiloxane (PDMS) based WOW dishes prepared under atmospheric or reduced air pressure, Somfai T, Inaba Y, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi S, Akai T, Hattori H, Sugimura S, Konishi K, Nagai T, Imai K, 36th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2010年01月
Effect of follicular wave synchronization and superstimulation on the normality of bovine embryos produced in vitro, Imai K, Somfai T, Ohtake M, Inaba Y, Aikawa Y, Sugimura S, Yoshioka H, Kobayashi S, Konishi K, 36th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2010年01月
高泌乳牛における多排卵の発生および受胎の関係, 吉岡一, 山之内忠幸, 青木康浩, 今井敬, 小西一之, 日本畜産学会大会講演要旨,   2009年09月28日
体細胞クローン牛後代胚のsatellite I領域におけるDNAメチル化解析, 山中賢一, 金田正弘, 稲葉泰志, 齋藤公治, 阪谷美樹, 今井敬, 渡邊伸也, 永井卓, 高橋昌志, 日本畜産学会大会講演要旨,   2009年09月28日
卵胞刺激処理したドナー牛より採取した高品質卵子の体外受精, 今井敬, ソムファイ タマス, 稲葉泰志, 大竹正樹, 相川芳雄, 小林修司, 小西一之, J Reprod Dev,   2009年08月25日
Effects of BMP4 on the establishment of bovine trophoblast cell lines, Hashizume K, Suzuki Y, Kizaki K, Imai K, Takahashi T, Hosoe M, 42nd Society for the study of reproduction annual meeting,   2009年07月
Trophoblast specific genes induce formation of feto-maternal interface and implantation in cattle, Kizaki K, Takahashi T, Ushizawa K, Hosoe M, Imai K, Hashizume K, International Symposium on Declining Fertility in Dairy Cows in the World; Its Cause and Possible Solutions,   2009年07月
ウシ伸長期胚における遺伝子発現動態の解析, 木崎景一郎, 今井敬, 牛澤浩一, 細江実佐, 高橋透, 橋爪一善, 日本畜産学会大会講演要旨,   2009年03月27日
ウシ栄養膜細胞系樹立におよぼすBMP4の作用, 鈴木康規, 木崎景一郎, 今井敬, 高橋透, 橋爪一善, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   2009年03月01日
Cryotopを用いてガラス化したウシ体外受精胚のストロー内加温・希釈後の生存性, 稲葉泰志, 三角浩司, 相川芳雄, 大竹正樹, 小林修司, 小西一之, 今井敬, 日本胚移植学雑誌,   2009年01月28日
ウシ体細胞クローン胚に特徴的な発現遺伝子の同定と胚評価への応用, 黄捷, 中本善之, 朴志秀, 志賀一穂, 梅木英伸, 小林修司, 今井敬, 池田省吾, 山口浩, 森安悟, 渡辺伸也, 山田雅保, 南直治郎, 今井裕, 日本胚移植学雑誌,   2009年01月28日
ウシにおける経膣採卵後の優勢卵胞除去による過剰排卵処理, 今井敬, 大竹正樹, 相川芳雄, 吉岡一, 稲葉泰志, 小林修司, 小西一之, 日本胚移植学雑誌,   2009年01月28日
ホルスタイン種体細胞クローン牛後代における分娩前後1年間にわたる血液性状の調査, 松田秀雄, 吉岡一, 大藪武史, 今井敬, 米内美晴, 日本胚移植学雑誌,   2009年01月28日
Time lapse cinematographic analysis of cleavage and blastulation in bovine embryos obtained by ovum pick-up and in vitro fertilization, Imai K, Somfai T, Inaba Y, Kobayashi S, Aikawa Y, Ohtake M, Konishi K, 35th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2009年01月
Relationship between the length of cell cycles, cleavage pattern and developmental competence during in vitro culture of IVM/IVF bovine oocytes, Somfai T, Inaba Y, Aikawa Y, Ohtake M, Kobayashi S, Konishi K, Imai K, 35th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2009年01月
Relationship between multiple ovulations and conception in lactating dairy cows, Yoshioka H, Matsuda H, Yamanouchi Y, Aoki Y, Konishi K, Imai K, 35th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2009年01月
卵胞刺激処理した黒毛和種から採取したウシ卵子より発生した胚の品質, 相川芳雄, 大竹正樹, 杉村智史, 平山宗幸, 橋谷田豊, 小林修司, 小西一之, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2009年
マイクロカプセル化したウシ切断2分離胚移植の試み, 小林修司, 稲葉泰志, 平山宗幸, 相川芳雄, 大竹正樹, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2009年
OPU‐IVFによるウシ胚生産における卵胞刺激処理期間の影響, 大竹正樹, 稲葉泰志, 平山宗幸, 相川芳雄, 杉村智史, 橋谷田豊, 小林修司, 小西一之, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2009年
Cryotopを用いてガラス化したウシ胚のストロー内加温・希釈後の移植成績, 稲葉泰志, 平井朋和, 相川芳雄, 大竹正樹, 平山宗幸, 三角浩司, 小林修司, SOMFAI Tamas, 小西一之, 今井敬, 下司雅也, 永井卓, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2009年
超急速ガラス化保存したウシ性判別胚の直接移植へ向けたストロー内希釈法の検討, 白石徹, 佐野文彦, 北山智広, 小田頼政, 林みち子, 森安悟, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2009年
BMP4添加培地で培養したウシ胚の発生および受胎性, 今井敬, 福田淳郎, 作田直之, 遠山牧人, 稲葉泰志, 大竹正樹, 相川芳雄, 平山宗幸, 高橋透, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2009年
Cryotopを用いてガラス化保存したウシ核移植‐バイオプシー胚の生存性, 橋谷田豊, 稲葉泰志, 小林修司, 相川芳雄, 大竹正樹, 平山宗幸, 渡辺伸也, 小西一之, 今井敬, 東日本家畜受精卵移植技術研究会大会資料,   2009年
Efficiencies of various embryo production systems on cattle, 今井 敬, Embryo Technology and Stem Cell Research Center Seminar, Suranaree University of Technology,   2008年11月01日, 招待有り
Pregnancy and calving from in vitro produced blastocysts using oocytes classified by the brilliant cresyl blue staining in prepubertal cattle, Imai K, Tagawa M, Matoba S, Metoki K and Saito N, The 13th annual science congress of the Asian-Australasian Association of Animal Production Sciences,   2008年09月
Development of polyspermic embryos in IVP systems of farm animals, Somfai T, Kikuchi K, Nagai T, Imai K, The 4th JSAR-KSAR Joint Symposium “Recent Advances in Animal Reproductive Biotechnology”,   2008年06月, 招待有り
Effect of two different dosage of FSH in aluminum hydroxide gel by a single injection on induction of estrus and superovulatory response in Holstein cattle, Yoshioka H, Inaba Y, Matsuda H, Matoba S, Kimura K, Imai K, 34th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2008年01月
Effect of follicular wave synchronization and superstimulation on embryo production in vitro, Imai K, Inaba Y, Yoshioka H, Ohtake M, Aikawa Y, Suzuki M, Kobayashi S, 34th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2008年01月, 招待有り, International Embryo Transfer Society
Effect of assisted hatching on the survival and the development of bovine embryos produced in vitro after cryopreservation, Fukuhara J, Takuma T, Kasa S, Imai K, 34th annual conference of International Embryo Transfer Society,   2008年01月
Developmental competence of oocytes selected by the brilliant cresyl blue staining in prepubertal and adult cattle, Tagawa m, Matoba S, Okada M, Metoki K, Imai K, 33rd annual conference of International Embryo Transfer Society, Kyoto, Japan, Reprod Fert Dev 19(1): 273-274,   2007年01月
Superovulation treatment by single injection of FSH with aluminum hydroxide gel in Holstein cattle, Matoba S, Tagawa M, Matsuda H, Yoshioka H, Kimura K, Kadokawa H, Yonai M, Imai K, 33rd annual conference of International Embryo Transfer Society, Kyoto, Japan, Reprod Fert Dev 19(1): 309-310,   2007年01月
Bovine somatic cell nuclear transfer using cumulus–oocyte complexes collected from the identical individual by ovum pickup, Hasegawa K, Takahashi S, Akagi S, Takeda K, Imai K, Shimizu M, Okazaki T, Abe S, Izaike Y, 33rd annual conference of International Embryo Transfer Society,   2007年01月
The Efficiency of Embryo Production by Ovum Pick-Up and in vitro Fertilization in Cattle, 今井 敬, Post-conference Symposium, 33rd annual conference of International Embryo Transfer Society,   2007年01月, 招待有り
Detection of tissue dependant differentially methylated regions in bovine fetal brain and placental membrane, Kizaki, K., Koshi, K., Kremenskoy, M., Ushizawa, K., Imai, K., Takahashi, T., Shiota, K. and Hashizume, K, 7th International Ruminant Reproduction Symposium, Wellington, NZ,   2006年08月
Bovine placentomal gene expression profiles during gestation, Hashizume K, Ushizawa K, Kizaki K, Kaneyama K, Yoshikawa Y, Hosoe M, Takahashi T, Imai K, 7th International Ruminant Reproduction Symposium, Wellington, NZ,   2006年08月
Spheroidal bovine blastocyst-derived trophoblast cell stimulates blastocyst development and estrous cycle in bovine, Hashizume K, Kizaki K, Yamauchi N, Imai K, Ushizawa K, Takahashi T, 39th Society for the study of reproduction annual meeting, Omaha, NB, USA, Biology of Reproduction, 2006 special issue: 163,   2006年07月
In vitro and in vivo survivability on vitrified embryos obtained by bovine somatic cell nuclear transfer, Kaneyama K, Kobayashi S, Matoba S, Hashiyada Y, Imai K, Yonai M, Saito N, 32nd Annual conference of International Embryo Transfer Society, Orlando, FL, USA, Reprod Fert Dev18: 131,   2006年01月
Follicular growth subsequent ovum pick-up and dominant follicle removal in cows, Imai K, Tagawa M, Matoba S, Narita M, 32nd Annual conference of International Embryo Transfer Society, Orlando, FL, USA, Reprod Fert Dev18: 246,   2006年01月
Follicular development and oocytes quality after ovum pick-up in donor cows, Imai K, Tagawa M, Matoba S, Narita M, Saito N, 31st Annual conference of International Embryo Transfer Society, Copenhagen, Denmark, Reprod Fert Dev 17: 273-274,   2005年01月
Effects of the storage of bovine ovaries on the nuclear maturation and development of in vitro produced embryos, Narita M, Goda S, Inaba Y, Imai K, Matoba S, Tagawa M, Nagai T, Saito N, Yonai M and Dochi O, 31st Annual conference of International Embryo Transfer Society, Copenhagen, Denmark, Reprod Fert Dev 17: 295,   2005年01月
Efficiency of needle depressions in production of identical twin embryos by the separation of blastomeres from an in vitro derived eight-cell bovine embryo, Tagawa M, Narita M, Matoba S, Saito N, Imai K, The 11th Asian-Australasian Association of Animal Production Congress, Kuala Lumpur, Malaysia, Proc. 11th AAAP Congress 2004 Vol.3:221-223,   2004年10月
Follicular size specific gene expression profiles analyzed Follicular size specific gene expression profiles analyzed by a custom by a custom cDNA microarray in the cow, Kaneyama K, Ushizawa K, Takahashi T, Imai K, Hashizume K, 37th annual meeting of society for study of reproduction, Vancouver, BC, Canada, Biol Reprod, special Issue, p453,   2004年07月
Toxicity of ethylene glycol on frozen and thawed IVP bovine embryos in direct transfer method, Matoba S, Imai K, Mimaki Y, Narita M, Tagawa M, Dochi O, Saito N, 30th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Portland, USA, Reprod Fert Dev 16(1,2):175,   2004年01月
Similarity of embryos production by ovum pick-up and in vitro fertilization in identical twins cattl, Imai K, Kobayashi S, Matoba S, Tagawa M, Saito N, 30th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Portland, USA, Reprod Fert Dev 16(1,2): 257,   2004年01月
Effects of buthyrolactone-I and cycloheximide on germinal vesicle breakdown in bovine oocytes and subsequent in vitro development after IVM-IVF-IVC, Narita M, Imai K, and Dochi O, 30th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Portland, USA, Reprod Fert Dev,16(1,2): 280,   2004年01月
A three-demensional cell culture model for bovine endometrium: regeneration of a multicellular spheroid using ascorbate, Yamauchi N, Yamada O, Takahashi T, Imai K, Sato T, Ito A, Hashizume K, 5th Annual conference of the Japanese Society of Tissue Engineering & Asian Tissue engineering Society, Kobe, Japan,   2002年12月
A novel cell culture substratum reflecting tissue conditions in vivo and its potential applications, Takezawa T, Takenouchi Y, Imai K, Takahashi T, Hashizume K, 5th Annual conference of the Japanese Society of Tissue Engineering & Asian Tissue engineering Society, Kobe, Japan,   2002年12月
Trophoblast cell-specific bovine pregnancy associated glycoprotein -9 expression and localization in cloned pregnancies, Patel OV, Yamada O, Kizaki K, Takahashi T, Imai K, Takahashi S, Izaike Y, Hashizume K, Sixth International Symposium on Reproduction in Domestic Ruminants, Crieff, Scotland, UK, p.A62,   2002年08月
Extra-cellular matrix remodeling during placentogenesis in cloned embryo recipient cows, Yamada O, Imai K, Patel OV, Akagi S, Takahashi S, Todoroki J, Takahashi T, Izaike Y, Hashizume K, Sixth International Symposium on Reproduction in Domestic Ruminants, Crieff, Scotland, UK, p.A91,   2002年08月
Effect of temperature on the reservation of bovine ovary and oocyte viability, Imai K, Shimada A, Yamada O, Hashizume K, Sixth International Symposium on Reproduction in Domestic Ruminants, p35, Crieff, Scotland, UK,   2002年08月
Construction of endometrium-like structure for in vitro blastocyst culture, Konno T, Takezawa T, Yamauchi N, Imai K, Takahashi T, Hashizume K, Society for the Study of Reproduction 35th annual meeting, Baltimore, Maryland, USA, p.119,   2002年07月
Expression of DNA methyltransferase in somatic-cell cloned bovine pregnancies, Imai K, Ishiwata H, Akagi S, Takahashi S, Yamada O, Patel OV, Todoroki J, Kizaki K, Takahashi T, Izaike Y, Hashizume K, Society for the Study of Reproduction 35th annual meeting, Baltimore, Maryland, USA, p.231,   2002年07月
Expression of pregnancy-associated glycoprotein-9 during the first trimester of bovine pregnancy, Patel O, Kizaki K, Yamada O, Todoroki J, Takahashi T, Imai K, Hashizume K, Society for the Study of Reproduction 35th annual meeting, Baltimore, Maryland, USA, p.231-232,   2002年07月
Sequential expression of specific genes during early pregnancy of somatic cell clone-recipient cows, Kizaki K, Ishiwata H, Hirasawa A, Shiojima S, Katsuma S, Ikawa K, Imai K, Takahashi T, Akagi S, Tsujimoto G, Hashizume K, Society for the Study of Reproduction 35th annual meeting, Baltimore, Maryland, USA, p.242,   2002年07月
組織切片を利用した新しい細胞培養技術, 竹澤 俊明, 竹之内 敬人, 今井 敬, 高橋 透, 橋爪 一善, Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究,   2002年03月
Survival of Day 14 bovine conceptuses after transfer to Day 7-9 recipient, Hashiyada Y, Okada M, Imai K, Yamauchi K, Kojima T, 28th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Foz do Iguacu, Brazil, Theriogenology 57:543,   2002年01月
Expression of DNA methyltransferase in bovine placenta during early pregnancy, Imai K, Kizaki K, Takahashi T, Izaike Y, Hashizume K, 28th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Foz do Iguacu, Brazil, Theriogenology 57:64,   2002年01月
Cell culture substratum made of a tissue section induces unique cell behaviors, Takezawa T, Takenouchi Y, Imai K, Takahashi T, Hashizume K, Aegean conferences, Symposium on tissue engineering science: critical elements in the research and development continuum, Myconos, Greece, p.87,   2002年
Effects of ascorbic acid albumin in culture medium on in vitro development and post-cryopreservation survival of bovine embryos, Hariyama A, Dochi O, Ieda S, Imai K, Koyama H, The international workshop, Current status and perspectives in cloning and related studies, Tsukuba, Japan, p60,   2001年10月
Implantation and placental development in somatic cell clone recipient cows, Hashizume K, Ishiwata H, Kizaki K, Yamada O, Imai K, Takahashi T, Patel OV, Akagi S, Shimizu M, Takahashi S, Tsujimoto G, Izaike Y, The international workshop, Current status and perspectives in cloning and related studies, Tsukuba, Japan, p22,   2001年10月
Expression of pregnancy related proteins in artificially inseminated and somatic cell clone recipient cows, Patel OV, Kizaki K, Takahashi T, Imai K, Hashizume K, 4th International Conference on Farm Animal Endocrinology, Salsomaggiore-Parma, Italy, p.31,   2001年10月
Morphological difference of placentome formation by somatic cell nuclear transferred embryo, Yamada O, Kosaka T, Shimizu M, Akagi S, Takahashi S, Geshi M, Imai K, Takahashi T, Takezawa T, Hashizume K, Society for the Study of Reproduction 34th annual meeting, Ottawa, Ontario, Canada, p.339,   2001年07月
Characterization of inducible genes in gestating bovine uterus employing cDNA Microarray, Ishiwata H, Kizaki K, Nakano H, Takahashi T, Imai K, Hirasawa A, Shiojima S, Katsuma S, Suzuki Y, Ikawa K, Tsujimoto G, Hashizume K, Society for the Study of Reproduction 34th annual meeting, Ottawa, Ontario, Canada, p.268,   2001年07月
Temporal and spatial profiles of leptin and its receptor expression in bovine placenta, Takahashi T, Kizaki K, Yamada O, Imai K, Takezawa T, Hashizume K, Society for the Study of Reproduction 34th annual meeting, Ottawa, Ontario, Canada, p.338,   2001年07月
Differential expression of vascular endothelial growth factor and basic fibroblast growth factor in bovine uterus and placenta, Kizaki K, Nakano H, Takahashi T, Imai K, Takezawa T, Todoroki J, Fuchimoto D, Izaike Y, Hashizume K, Society for the Study of Reproduction 34th annual meeting, Ottawa, Ontario, Canada, p.165,   2001年07月
Complex post-translational modification of native and recombinant bovine pregnancy-associated glycoprotein, Patel OV, Takahashi T, Imai K, Hashizume , 14th International Congress of Developmental Biology, Kyoto, Japan, Program and Abstracts, b, P.3,   2001年07月
Identification of bovine heparanase cDNA and its localization in placenta, Hashizume K, Kizaki K, Nakano H, Nakano H, Takahashi T, Imai K, Sixth International Conference on the Extracellular Matrix of the Female reproductive Tract. NIH, Bethesda, MD, USA,   2001年05月
A bovine endometrial organoid convenient for the co-culture of blastocyst, Takezawa T, Imai K, Takahashi T, Hashizume K, Sixth International Conference on the Extracellular Matrix of the Female reproductive Tract. NIH, Bethesda, MD, USA,   2001年05月
ウシのIVM-IVF, 今井 敬, Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌,   2001年04月01日, 招待有り
Enhancement of pregnancy rate after co-transfer of bovine demi or frozen-thawed embryos with trophoblastic vesicles, Hashiyada Y, Okada M, Abe H, Aikawa Y, Imai K, Yamauchi K, Yanagitani K, Takahashi M, 27th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Omaha, USA, Theriogenology, Vol. 55:p36,   2001年01月
Matrix metalloproteinases in bovine ovarian follicles during estrous cycle and superovulation, Imai K, Khandoker Y, Yamada O, Takahashi T, Takezawa T, Hashizume K, 27th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Omaha, USA, Theriogenology, 55: p515,   2001年01月
Effect of ascorbic acid in culture medium on the development of in vitro-produced bovine embryos, Ieda S, Dochi O, Hariyama A, Imai K, Koyama H, 27th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Omaha, USA, Theriogenology, 55: p335,   2001年01月
Isolation and characterization of bovine trophoblastic cell line developed by feeder-cell free culture system, Shimada A, Nakano H, Takahashi T, Imai K, Hashizume K, Society for study of fertility, Vereniging Voor Fertilities studies Joint Winter Meeting, Utrecht, Netherlands, Abstract series, no.26, p33,   2000年12月
Heparanase expression in bovine placenta, Kizaki K, Takahashi T, Imai K, Hashizume K, 33rd Annual Meeting of SSR, Madison, WI, USA, Biol Reprod Supplement 1, p311,   2000年07月
Recombinant expression, antisera generation and characterization of bovine pregnancy-associated glycoprotein, Takahashi T, Imai K, Hashizume K, 33rd Annual Meeting of SSR, Madison, WI, USA, Biol. Reprod. Supplement 1, p257,   2000年07月
Specific expression of bovineprolactin-related-protein-1 (PRP-1)in placentome during early gestation, Yamada O, Nakano H, Takahashi T, Imai K, Schular LA, Hashizume K, 33rd Annual Meeting of SSR, Madison, WI, USA, Biol. Reprod. Supplement 1, p326-327,   2000年07月
Role of matrix metalloproteinases and inhibin in bovine ovarian function, Khandoker Y, Imai K, Yonai M, Takahashi T, Hasegawa Y, Hashizume K, The joint meeting of 2nd Sendai symposium on Follicle development & Atresia in Mammals & 5th Asian Symposium on Animal Technology of Reproduction, Sendai Japan. p.35,   2000年03月
Effect of frequency of ovum pick-up intervals on follicle number, oocytes recovery and embryo production rates in cattle, Imai K, Kobayashi S, Tsujino T, Shin-nou M, Goto Y, Kaneyama K, Kojima T, 26th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Maastricht, Netherlands, Theriogenology, Vol. 53: p359,   2000年01月
Matrix-metalloproteinases-2 and -9 expression in bovine endometrium, Hashizume K, Sato T, Takahashi T, Yamada O, Todoroki J, Takita M, Imai K, Ito A, Society of study on Fertility winter Meeting, Warwick, UK, J Reprod Fert, 24 (Supplement): 27,   1999年12月
Leptin and its receptor (ob-r) expressed in bovine endometrium, Takahashi T, Kizaki K, Imai K, Hashizume K, Society of study on Fertility winter Meeting, Warwick, UK, J Reprod Fert, 24 (Supplement): 26,   1999年12月
ウシ胎盤・絨毛叢における血管新生関連因子の発現, 木崎 景一郎, 高橋 透, 今井 敬, 橋爪 一善, 日本血栓止血学会誌,   1999年10月
A possible method for increasing cell number of reconstituted embryos, Kobayashi S, Imai K, Goto Y, Kaneyama K, Kojima T, International Workshop on Embryogenesis and Implantation, Kauai, Hawaii, USA, Program and abstract p.84,   1999年02月
Nuclear transfer of cultured bovine oviductal epithelial cells, Goto Y, Kaneyama K, Kobayashi S, Imai K, Kojima T, International Workshop on Embryogenesis and Implantation, Kauai, Hawaii, USA, Program and abstract p.86,   1999年02月
Effects of butyrolactone-1 on GVBD in bovine oocytes and their subsequent maturation, fertilization and development in vitro, Imai K, Nagai T, Kobayashi S, Tsujino T, Kojima T, 25th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Quebec, Canada, Theriogenology, Vol. 51: 377,   1999年01月, 招待有り
Effect of in-vitro culture of bovine embryos biopsied with a microblade on in-vitro survival after vitrification, Shin-nou M, Imai K, Kobayashi S, Goto Y, Miyazawa A, Tsujino T, Kojima T, 24th Annual conference of International Embryo Transfer Society, Boston, USA, Theriogenology 49: 227,   1998年01月
ウシ未成熟卵子及び体外受精由来胚盤胞期胚における脂肪酸組成, 今井 敬, 日本畜産学会大会講演要旨集,   1997年08月
受精培地及び受精培地への添加物がウシの体外受精に及ぼす影響, 今井 敬, 日本胚移植学雑誌,   1997年01月
Cryopreservation of bovine embryos obtained by in vitro culture of IVM-IVF oocytes in the presence of linoleic acid albumin, Imai K, Kobayashi S, Goto Y, Dochi O, Shimohira I, 23rd Annual conference of International Embryo Transfer Society, Nice, France, Theriogenology, 47: 347,   1997年01月
CR1aaで培養したウシ体外受精胚の発生および凍結融解後の生存性, 今井 敬, The Journal of Reproduction and Development,   1994年06月
ウシ体外受精由来胚盤胞の発育とフィーダー細胞との接着に及ぼす培地およびフィーダー細胞の影響, 今井 敬, The Journal of Reproduction and Development,   1993年06月
卵胞培養によるウシ卵母細胞の体外成熟後の受精および発育能, 今井 敬, 日本畜産学会大会講演要旨集,   1986年03月

MISC

OPU‐IVFによる効率的な胚の生産 経腟採卵による胚生産技術の概要, 今井敬, 臨床獣医, 34, (9) 12 - 17,   2016年09月, 招待有り, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602234987629313
全道共進会に参加した黒毛和種農家における子牛生産および育成に関する意識調査, 山田竜太郎, 岩淵美紅, 大田啓, 須藤美里, 田中明日香, 長橋孝倫, 渕瀬賢規, 皆川宥成, 山田杏奈, 高橋茂, 今井敬, 堂地修, 繁殖技術, 35, (3) 53 - 58,   2015年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602212377094586
歩数計を用いた黒毛和種の発情行動の観察と授精適期, 西村陽佑, 今井敬, 堂地修, 繁殖技術, 35, (3) 49 - 52,   2015年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602214509974923
直径6mm以上の卵胞から吸引した牛卵子の形態, 市毛里奈, 水野志保, 吉永貴紀, 別惣厚仁, 星住智樹, 上佐賢央, 堂地修, 今井敬, 繁殖技術, 35, (3) 62 - 65,   2015年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602219561182816
牛の繁殖管理の理論と実際 012 妊娠から分娩までの牛の繁殖管理(2)―良好な繁殖を保つ飼養管理とは―, 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (12) 34 - 35,   2015年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502207401963069
個別管理培養ディッシュを用いた牛体外受精胚の培養個数が胚の発生率に与える影響, 高山茉莉, 片桐成二, 片桐成二, 森好政晴, 堂地修, 今井敬, 繁殖技術, 35, (3) 59 - 61,   2015年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602210361293128
牛の繁殖管理の理論と実際 Number 011 妊娠から分娩までの牛の繁殖管理(1), 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (11) 34 - 35,   2015年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502207052550673
牛の繁殖管理の理論と実際 Number 010 体外受精卵の移植による子牛生産―最近の事情―, 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (10) 34 - 35,   2015年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502205467357698
牛の繁殖管理の理論と実際 009 性選別精液の利用, 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (9) 34 - 35,   2015年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502209860277588
牛の繁殖管理の理論と実際 008 受精卵移植技術の利用, 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (8) 34 - 35,   2015年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502211528142100
牛の繁殖管理の理論と実際 Number 007 夏場の受胎率低下の原因を探る, 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (7) 34 - 35,   2015年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502217033081188
牛の繁殖管理の理論と実際 006 発情および排卵同期化, 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (6) 34 - 35,   2015年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502290798893332
牛の繁殖管理の理論と実際 Number 005 牛における種付け時期(授精適期), 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (5) 34 - 35,   2015年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502233009314079
牛の繁殖管理の理論と実際 004 牛の発情行動と発情発見, 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (4) 34 - 35,   2015年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502201155779041
超音波診断装置を用いた牛胎子の性判別技術の模擬練習法の検討, 山本悠ノ介, 福田充紀, 大木琴未, 大田啓, 志村亜胡, 美勢柾宏, 三好彩, 若山星舟, 今井敬, 堂地修, 繁殖技術, 34, (4) 68 - 70,   2015年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502274463567834
牛の繁殖管理の理論と実際 Number 003 牛の発情周期における卵胞波, 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (3) 34 - 35,   2015年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502264956644174
歩数計を用いた肉牛の発情時,分娩直前・直後および放牧地の行動観察, 高山恵, 白石一馬, 近藤伸一, 今井敬, 高橋茂, 堂地修, 繁殖技術, 34, (4) 70 - 74,   2015年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502240119384087
牛の繁殖管理の理論と実際 Number 002 雌牛におけるホルモンの分泌とその作用, 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (2) 34 - 35,   2015年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502216406859080
牛の繁殖管理の理論と実際 001 卵子は始原生殖細胞から, 今井敬, 酪農ジャーナル, 68, (1) 42 - 43,   2015年01月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502266364318781
酪農学園肉牛農場の黒毛和種における生時体重と枝肉成績に及ぼす父牛と母の父の影響, 片山美香, 情野祐樹, 高見育成, 立石奈恵, 永井慎太郎, 今井敬, 堂地修, 高橋茂, 繁殖技術, 34, (3) 37 - 38,   2014年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502280684607563
発情誘起した黒毛和種の受胎に影響する要因の検討, 本田望, 門田麻衣子, 杉本佳奈子, 片江篤子, 片平耀子, 佐藤駿, 西村陽佑, 増田萌李, 堂地修, 今井敬, 繁殖技術, 34, (3) 42 - 44,   2014年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502221076833643
黒毛和種子牛における哺乳量および代用乳の栄養成分が子牛の発育に及ぼす影響, 高山恵, 高橋茂, 今井敬, 小岩政照, 堂地修, 繁殖技術, 34, (3) 39 - 41,   2014年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502202594103158
牛肉の消費に関するアンケート調査結果報告, 佐藤信, 高山茉莉, 石原功一, 井上望, 佐藤真惟, 宍戸里帆, 田村和貴, 沼田剛志, ギルヌス ジャスミン, 高橋茂, 今井敬, 堂地修, 繁殖技術, 34, (1) 4 - 8,   2014年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402276274790145
酪農家が求める乳牛の理想的体型と機能性, 久我果奈, 薄井泉佳, 長坂将志, 籾井京子, 山岸美咲, 今井敬, 堂地修, 高橋茂, 繁殖技術, 33, (3) 36 - 38,   2013年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402214226250397
新規就農者のための酪農教室 牛の繁殖管理, 今井敬, 酪農ジャーナル, 66, (10) 70 - 71,   2013年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302246759938023
臨床現場における受精卵移植の有用性 牛の受精卵移植の概要・現状・課題, 今井敬, 臨床獣医, 31, (9) 8 - 13,   2013年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302260226366438
多排卵処置牛からの成熟卵子の採取と体外受精による雌胚生産技術の開発, 今井 敬、的場理子、吉岡 一、大竹正樹、相川芳雄、稲葉泰志、松田秀雄、小林修司、堀口英司、橋谷田 豊, 平成24年度核移植・受精卵移植技術全国会議(第17回)、平成24年度問題別研究会「家畜繁殖技術の現状と展望」,   2013年02月, 招待有り
OPU‐IVFによるウシ胚の生産, 今井敬, 麻布大学雑誌, 24,   2013年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302230036609990
ウシの受精卵移植技術と雌雄判別技術の現状と展望, 今井 敬, 平成24年度中央畜産技術研修会、畜産新技術A・B,   2012年10月
家畜受精卵生体外育成用マイクロバイオリアクターシステムの開発, 今井 敬, 平成23年度核移植・受精卵移植全国会議,   2012年02月, 招待有り
世界における体内・体外胚移植の状況2009および第37回国際胚移植学会大会の概要, 今井 敬, 日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer, 33, (2) 61 - 66,   2011年05月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029616095
2009年国際胚移植学会(IETS)第35回大会の概要, 今井 敬、吉岡 一, ETニュースレター, 33,   2009年03月
ウシ生体卵子吸引--体外受精技術の進展, 今井 敬, 畜産技術, (633) 14 - 18,   2008年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015845865
肉用牛繁殖技術の向上について, 今井 敬, 牛トレーサビリティ制度及び肉用牛繁殖技術に関する研修会資料,   2008年02月, 招待有り
2006年国際胚移植学会(IETS)第32回大会の概要, 今井 敬, ETニュースレター, 30,   2006年03月
OPU技術-ウシ超音波ガイド・経膣生体卵子吸引法と体外受精による胚生産, 今井 敬, ETニュースレター, 29,   2005年03月
平成15年度核移植技術全国検討会(第8回)のトピックス, 今井 敬, 畜産技術, (591) 45 - 48,   2004年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006359326
Needle depressionによるホール培養法が牛体外受精胚の少数培養に及ぼす影響, 浅田正嗣、今井 敬、田川真人、成田真知、橋谷田豊、斉藤則夫、小西一之, 北海道牛受精卵移植研究会報, (23) 12 - 17,   2004年08月
第18回東日本家畜受精卵移植技術研究大会のトピックス, 今井 敬, 畜産技術, (577) 26 - 29,   2003年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005835997
Detection method for follicle and oocyte normality based on MMP activity, Imai K, Takahashi T, Hashizume K, Annual Report 2002, National Institute of Agrobiological Sciences,   2002年05月
MMPs発現を指標とした卵胞の正常性の判定法, 今井 敬、高橋 透、橋爪一善, 農業生物資源研究所 平成13年度の主要な研究成果,   2002年05月
OPU-IVFによる胚生産と今後の課題, 今井 敬, 平成13年度 畜産新技術普及推進事業近畿・中国四国地域技術研修会、講演要旨,   2002年03月
効率的な受精胚の作成技術, 今井 敬, 平成13茨城県ウシ受精卵移植協議会 資料,   2002年03月
技術情報 EOガス滅菌後の胚移植ストローに対する加温処理が胚の生存性に及ぼす影響, 遠山 牧人, 今井 敬, 小林 修司, 畜産技術, (541) 29 - 31,   2000年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40002345192
過剰排卵処理技術, 今井 敬, 平成11年度新産業技術等指導者養成講習、講義・実習テキスト,   1999年08月
第25回世界胚移植学会, 今井 敬, 家畜改良センターだより,   1999年04月
ウシ体外受精胚の発生および凍結融解後の生存性に及ぼす培養液およびリノ-ル酸アルブミンの影響, 今井 敬, 畜産技術, (523) 2 - 6,   1998年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40002345018
体外受精技術における発生率改善のための培養条件の検討, 森田善尚、細野英則、山本 実、岡田真人、今井 敬、鈴木 稔, 農林水産省家畜改良センター調査試験報告書, 5,   1998年03月
超音波ガイド・生体卵子吸引法, 今井 敬, 受精卵移植の新技術紹介、家畜受精卵移植技術研究組合,   1998年03月
平成8年度海外先端技術調査「牛における効率的な生体卵子吸引-体外受精法」, 今井 敬, 国際化時代の畜産技術協力, 4,   1998年03月
エチレングリコールを用いたダイレクト法, 今井 敬、堂地 修, 受精卵移植の新技術紹介、家畜受精卵移植技術研究組合,   1997年03月
超音波ガイド・生体卵子吸引と体外受精, 今井 敬, 平成8年度九州地域技術研修会講演要旨集,   1997年
家畜改良センターにおけるウシ体外受精, 今井 敬, 家畜人工授精, (173) 28 - 35,   1996年03月
ウシ体外受精胚の発生に及ぼすβ-メルカプトエタノールの影響, 今井 敬, 畜産技術, 475, (12) 2 - 6,   1994年12月
米国の体外受精技術に関する最近の動向, 今井 敬, 畜産技術, 473, (10) 12 - 15,   1994年10月
牛の体外受精技術, 今井 敬, 家畜人工授精, (159) 17 - 24,   1993年11月
タイ国中部酪農開発計画長期調査報告書, 松原敏春、今井 敬、清水芳洋, 国際協力事業団,   1993年01月
受胚牛の選択方法としての超音波断層装置の利用と血中プロジェステロン値の測定, 堂地 修、高倉宏輔、今井 敬, 福島県獣医畜産総合研究会報,   1991年08月
日高種畜牧場における双子生産技術, 高倉宏輔、堂地 修、 今井 敬, 繁殖技術, 434, (7) 1 - 5,   1991年07月
簡易凍結装置によるマウス胚の凍結 ウシ胚凍結のための基礎試験, 堂地 修, 高倉 宏輔, 今井 敬, 畜産の研究, 44, (12) 1403 - 1404,   1990年12月
胚移植における流産, 堂地 修、高倉宏輔、今井 敬、橋谷田 豊, 北海道牛受精卵移植研究会報, 9, (1) 25 - 28,   1990年05月
繁殖障害のホルスタイン種長期乾乳牛における反復過剰排卵処置, 堂地 修、高倉宏輔、今井 敬、橋谷田 豊、今井明美、頼田勝見、有山賢一、高橋博人, 北海道牛受精卵移植研究会報, 9, (1) 16 - 20,   1990年05月
ウシ体外受精卵の胚盤胞への体外発生に及ぼす卵管上皮細胞および子宮内膜細胞の影響, 今井 敬、堂地 修、高倉宏輔, 北海道牛受精卵移植研究会報, 8, (1) 35 - 37,   1989年05月
ウシ体外受精胚の移植試験, 福井 豊、青柳敬人、今井 敬、岡本 康、小野 斉, 北海道牛受精卵移植研究会報, 8, (1) 38 - 41,   1989年05月
人工授精後の胚移植によるウシの双子生産, 堂地 修、今井 敬、高倉宏輔、武田哲夫、橋谷田 豊、高橋博人、有山賢一, 北海道牛受精卵移植研究会報, 8, (1) 26 - 30,   1989年05月
切断二分離胚移植によるウシの双子生産, 高倉宏輔、堂地 修、今井 敬、高橋博人、有山賢, 北海道牛受精卵移植研究会報, 7, (1) 55 - 58,   1988年12月
ストロー内でグリセロール除去した牛凍結胚の移植成績について, 高倉宏輔、高橋博人、堂地 修、有山賢一、今井 敬, 北海道牛受精卵移植研究会報, 6, (1) 42 - 44,   1987年12月
早期妊娠診断時における子宮、胎子及び卵巣の超音波断層像について, 堂地 修、高倉宏輔、高橋博人、有山賢一、今井 敬, 北海道牛受精卵移植研究会報, 6, (1) 51 - 55,   1987年12月
ウシ卵胞卵子の体外成熟に及ぼす種々の要因に関する研究, 福井 豊, 藤井 勝己, 久万田 満, 今井 敬, ALFONSO Noel M., 小野 斉, 帯広畜産大学学術研究報告. 第I部, 15, (1) 27 - 34,   1986年11月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006454532, ウシ卵胞卵子(第一次卵母細胞)の体外成熟に及ぼす種々の要因に関して5つの実験を行なった。直径2〜5mmの卵胞から採取された卵子をHam F-12を基礎培地とする培養液で28時間培養した。実験1では,3種の培養方法(A法:5〜10個の卵子を1mlの培養液が入った小試験管に5%CO_2 in airを1分間注入し,ふ卵器内で培養,B法:同小試験管を37℃の振とう恒水槽に設置し,5%CO_2 in airを常時通気して培養,C法:同小試験管を5%CO_2 in airに調整した炭酸ガス培養装置内で培養)を用いた。3種の方法による体外成熟率に有意差は認められなかった(実験1および2)が,方法3で最高の成熟率(60.6%)が得られた。実験2,3では,培養前の卵子の生存性を検討するため,0.2%トリパンブルー染色(2分間)を行なった。染色卵子の成熟率(7.5〜8.0%)は不染卵子のそれ(37.8〜60.6%)と比べて有意に(P<0.01)低かった。しかし,不染卵子のみと染色を行なわないで培養した卵子の成熟率(49.6%,53.7%)に有意差が認められなかった(実験3)ことから,不染(生存)卵子と判定された卵子は同染色により何らかの悪影響を受けたものと思われた。実験4,5では,培養後の卵子成熟度を判定するために卵丘細胞層の膨潤化(実験4)と伸長度(実験5)について検討した。両実験結果より,卵丘細胞層の膨潤化の程度が大きく("++"以上),伸長度が<5mmの卵子の成熟率はそれ以下のものより高かった。よって,卵丘細胞層の膨潤化と伸長度は培養後の卵子が成熟しているか否かを判定する指標になるものと考えられた。

特許

体外培養による胚の製造方法、並びに胚を選別するための方法、装置、及びシステム, 赤井智紀、今井 敬、相川芳雄、大竹正樹、杉村智史, 特願200-149500, 特開2012-029686
細胞培養容器, 赤井 智紀, 大西 康仁, 今井 敬, 相川 芳雄, 大竹 正樹, ソムファイ・タマス, 特願2009-027845, 特開2010-200748, 特許4724854
受精卵品質評価支援システム、受精卵品質評価支援装置および受精卵品質評価支援方法, 大西 康仁・佐波 晶 ・今井 敬, 特願2009-3785, 特開2010-181402, 特許5481696
生物の組織を薄切した切片からなる動物細胞の培養担体と、この担体を用いる動物細胞の培養方法および移植方法, 竹澤 俊明・今井 敬・高橋 透・橋爪一善, 特願2001-101961, 特許4876275
動物(但し、ヒトを除く。)の受精卵の共培養担体及びこの担体を用いる動物(但し、ヒトを除く。)の受精卵の培養方法, 竹澤俊明・今井 敬・高橋 透・橋爪一善, 特願2000-347924, 特許3603103
Carrier for co-culturing a fertilized ovum of an animal and method of culturing a fertilized ovum an animal using the carrier, Toshiaki Takezawa, Kei Imai, Toru Takahashi, Kazuyoshi Hashizume, 特願 AU19711/01, 特許AU2001019711

受賞

  2012年09月, 日本繁殖生物学会, 技術賞
  2004年04月, (独)家畜改良センター, 功績者賞, ウシ体外受精胚の正常性に関する生理学的研究
  2003年01月, 中央畜産会, 畜産大賞
  2001年09月, 日本繁殖生物学会, 第94回日本繁殖生物学会大会 優秀ポスター賞
  1998年03月, 畜産技術協会, 優秀畜産技術者賞

競争的資金

内閣府, SIP戦略的イノベーション創造プログラム 「生体センシング技術を活用した次世代精密家畜個体管理システムの開発」, 繁殖成績の向上や栄養管理の高度化のための次世代精密家畜個体管理システムの開発(研究分担者), 新井鐘蔵(農研機構動物衛生研究部門)
文部科学省, 科学研究費補助金、基盤研究(C), 異常卵割から発生した胚は子牛になりうるか(研究分担者), 的場理子(農研機構畜産研究部門)
受託研究, ウシ卵子および胚盤胞の血清不含細胞凍結保存液による超低温保存に関する研究, 今井 敬
ジェネティクス北海道, 共同研究、研究分担者, 長距離・長時間輸送した牛卵巣からの体外受精胚生産性向上に関する研究, 堂地 修
JSPS, 外国人研究者招へい事業(短期), 集合キメラによるウシ胚の発育性の改善, 今井 敬
農林水産省, 平成24年度委託プロジェクト研究「ゲノム情報を活用した家畜の革新的な育種・繁殖・疾病予防技術の開発」, 超早期妊娠診断法を組み合わせた繁殖管理技術の体系化(研究分担者)
農林水産省, 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業, 生体内吸引卵子と性選別精子を用いた効率的な体外受精卵生産技術の開発(研究分担者), 下司雅也(畜産草地研究所)
生物系特定産業技術支援機構,, , 85400,, 生物系産業創設のための異分野融合研究支援事業, マイクロバイオリアクターを用いたウシ受精卵の培養と受胎試験(研究分担者), 酒井康行(東京大学生産技術研究所)
農林水産省, , , , 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業, ウシの着床誘導物質の同定とこれを応用した受胎促進技術の開発(研究分担者), 橋爪一善(農業生物資源研究所)
農林水産省, 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業, 産業利用に向けた体細胞クローン牛に関する技術開発と調査(研究分担者)
農林水産省, 先端技術を活用した農林水産高度化事業, 牛のワンショット過排卵誘起法の確立
生物系特定産業研究機構, 基礎研究事業, バイオ胎盤の組織工学的構築に関する基盤的研究
科学技術振興事業団, 二国間型国際共同研究事業, ウシの妊娠特異物質群の分子構造と機能の解明, 今井 敬

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2017年08月08日 - 2017年08月08日, OPU-IVF技術についての講演と実技指導, 助言・指導, 全農ET研究所
  2017年08月02日 - 2017年08月02日, OPU-IVF技術の現状と活用方法, 講師, 道北三地区家畜人工授精授精師協会
  2017年06月10日 - 2017年06月10日, 石狩当別和牛改良組合選抜会, その他, 石狩当別和牛改良組合
  2017年06月08日 - 2017年06月08日, 委員, 助言・指導, 畜産技術協会
  2016年05月30日 - 2017年03月31日, 肉用牛遺伝資源情報検討委員会, 委員, 助言・指導, 畜産技術協会
  2014年10月31日 - 2017年03月31日, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業評価分科会委員, 助言・指導, 農林水産技術会議
  2017年03月21日 - 2017年03月21日, 記事掲載「OPU体外受精全国で」, コメンテーター
  2017年01月11日, 米国におけるWagyuの現状, 調査担当, 畜産技術協会
  2016年11月02日 - 2016年11月13日, 調査委員(米国における肉用牛の視察調査), 調査担当, 畜産技術協会
  2016年10月05日, 受精卵の不思議, 講師, 田園調布学園
  2016年08月24日, 受精卵の不思議, 講師, 新潟県立新発田農業高等学校
  2016年06月07日, 受精卵の不思議, 講師, 群馬県立勢多農林高校
  2015年06月20日 - 2016年03月31日, 肉用牛遺伝資源情報検討委員会, 委員, 助言・指導, 畜産技術協会・農林水産省
  2016年01月25日, 委員, 助言・指導, 国際胚テクノロジー学会
  2016年01月19日, 豪州におけるWagyuの現状, 調査担当
  2015年11月19日 - 2015年11月20日, 選考委員, 運営参加・支援, 北海道家畜人工授精協会
  2015年10月29日 - 2015年11月07日, 調査委員(豪州における肉用牛の視察調査), 調査担当, 畜産技術協会
  2015年10月07日, 受精卵の不思議, 講師, 田園調布学園中等部高等部
  2015年06月04日 - 2015年06月05日, OPUに関する講演・実習, 講師, 講師, ノベルズ
  2015年05月11日 - 2015年05月12日, OPUに関する講演・実習, 講師, 講師, ノベルズ
  2014年12月07日 - 2014年12月09日, OPU-IVFの技術指導, 講師, 講師, トータルハード・エンブリオサービス
  2014年10月08日, 受精卵の不思議, 講師, 田園調布学園中等部高等部
  2014年10月01日, 現場技術ルポ 「ET, OPU-IVF もはや特別技術にあらず」この中でOPU-IVFの指導者として紹介, 助言・指導, デーリィジャパン社
  2014年03月05日 - 2014年03月06日, 技術指導, 講師, 講師, 家畜改良センター岩手牧場
  2014年01月12日, 北海道牛受精卵移植研究会の活動を説明 , 情報提供, 国際胚移植学会
  2013年11月19日 - 2013年11月20日, OPU-IVFの技術指導, 講師, 家畜改良センター新冠牧場,
  2013年10月09日, 受精卵の不思議, 講師, 田園調布学園中等部高等部
  2013年10月01日, 受精卵移植概論, 講師, 家畜改良センター
  2013年06月12日 - 2013年06月15日, OPU-IVFの指導と講演, 講師, 韓国忠清北道畜産衛生研究所
  2011年05月 - 2013年03月, 専門委員, コメンテーター, (独)科学技術振興機構
  2013年02月, OPU-IVF-ETによる子牛の効率的な生産など話題提供, 情報提供, Dairy Japan
  2012年11月, 牛の受精卵移植技術と雌雄判別技術の現状と課題, 講師, 農林水産省
  2012年11月, 講師, 講師, 宮城県
  2012年10月, 牛の受精卵移植技術と雌雄判別技術の現状と課題, 講師, 農林水産省
  2012年09月, 受精卵移植講習会(OPU-IVF技術), 講師, 石川県畜産総合センター
  2012年08月, 査読評価, その他, (独)科学技術振興機構
  2012年07月, 牛の受精卵移植技術と雌雄判別技術の現状と課題, 講師, 農林水産省
  2012年06月, 共同試験技術アドバイザー, 助言・指導, 滋賀県
  2012年03月, 牛の受精卵移植技術と雌雄判別技術の現状と課題, 講師, 農林水産省
  2012年02月, 査読事後評価, 取材協力, (独)科学技術振興機構
  2011年12月, 牛の受精卵移植技術と雌雄判別技術の現状と課題, 講師, 農林水産省
  2011年10月, 12) 牛の受精卵移植技術と雌雄判別技術の現状と課題, 講師, 農林水産省
  2011年09月14日, 受胎率アップ 受精卵を個別管理, 取材協力
  2011年09月05日, 体外培養技術を効率化:受胎率が大幅向上, 取材協力
  2011年09月, 発育の良い受精卵を選別し家畜の受胎率を高めるマイクロバイオリアクターシステムを開発, インタビュイー, 大日本印刷
  2011年08月, 人工授精の基礎, 講師, 家畜改良センター
  2011年06月, 共同試験技術アドバイザー, 講師, 栃木県
  2011年05月, 査読評価, その他, (独)科学技術振興機構
  2011年02月, 共同試験技術アドバイザー, 助言・指導, 茨城県
  2011年01月, 審査委員, 助言・指導, (独)農業・食品産業技術総合研究所、畜産草地研究所
  2010年12月, 講師, 講師, 石川県農業総合研究センター畜産研究所
  2010年10月, 研修講師, 講師, 農林水産省中央畜産技術研修、畜産新技術A
  2010年06月, 共同試験技術アドバイザー, 助言・指導, 和歌山県畜産試験場
  2010年02月, 卵胞刺激処理およびOPU-IVFによるウシ胚生産, 講師, 家畜改良センター
  2009年11月30日 - 2009年12月04日, 講義および実習の講師, 講師, (社)中央畜産会
  2009年10月, 牛の受精卵移植技術と雌雄判別技術の現状と課題, 講師, 農林水産省
  2009年10月, 委員, 助言・指導, (社)家畜改良事業団
  2009年06月, 共同試験技術アドバイザー, 助言・指導, 石川県畜産総合センター
  2009年03月, 評価委員, コメンテーター, (社)家畜改良事業団
  2009年02月, 講師, 講師, 神奈川県畜産技術センター
  2008年12月, 委員, コメンテーター, (社)家畜改良事業団
  2008年10月, 牛体外受精技術と雌雄判別技術の現状と課題, 講師, 農林水産省
  2008年07月, 受精卵から家畜を生産する, 講師, 東京大学大学院


教員総覧