獣医学群・獣医学類
教員 岩野英知 イワノ ヒデトモ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2020/07/01

研究者基本情報

氏名

岩野英知
イワノ ヒデトモ

所属(マスタ)

獣医学群・獣医学類, 教員

所属・職名

獣医学部 獣医学科
教授

学歴

 - 1999年, 酪農学園大学, 酪農学部
 - 1999年, 酪農学園大学, 獣医学研究科
 - 1999年, 酪農学園大学
 - 1999年, 酪農学園大学

学位

獣医学博士, 酪農学園大学

所属学協会

内外環境応答・代謝酵素研究会
環境ホルモン学会 [正式名称;日本内分泌撹乱化学物質学会]
日本細菌学会
日本獣医師会
日本毒性学会
日本分子生物学会
日本生化学会
日本獣医学会
The Molecular Biology Society of Japan
The Japanese Biochemical Society
The Japanese Society of Veterinary Science

研究活動情報

研究分野

ライフサイエンス, 獣医学
ライフサイエンス, 獣医学
ライフサイエンス, 獣医学
ライフサイエンス, 分子生物学
ライフサイエンス, 遺伝学

研究キーワード

診断学,
薬物代謝,
ファージセラピー,
発生生物学,
エピジェネティクス,
Developmental Biology,
epigenetics,
developmental genetics,

論文

Local biosynthesis of corticosterone in rat skeletal muscle., Michiko Sato, Kimikazu Sugiyama, Naoyuki Maeda, Jumpei Fujiki, Takahiro Ieko, Yoshio Kawamura, Hidetomo Iwano, Kuniaki Mukai, Hiroshi Yokota, The Journal of steroid biochemistry and molecular biology, The Journal of steroid biochemistry and molecular biology, 201, 105693 - 105693,   2020年05月11日, 査読有り
Immunosuppression in Cows following Intramammary Infusion of Mycoplasma bovis., Satoshi Gondaira, Koji Nishi, Takahiro Tanaka, Takashi Yamamoto, Takanori Nebu, Reina Watanabe, Satoru Konnai, Tomohito Hayashi, Yoshio Kiku, Mariko Okamoto, Kazuya Matsuda, Masateru Koiwa, Hidetomo Iwano, Hajime Nagahata, Hidetoshi Higuchi, Infection and immunity, Infection and immunity, 88, (3) ,   2020年02月20日, 査読有り
Glucuronidation as a metabolic barrier against zearalenone in rat everted intestine, Ieko T, Inoue S, Inomata Y, Inoue H, Fujiki J, Iwano H., J Vet Med Sci., J Vet Med Sci.,   2019年12月, 査読有り
Effect of Mycoplasma bovis on expression of inflammatory cytokines and matrix metalloproteinases mRNA in bovine synovial cells., Koji Nishi, Satoshi Gondaira, Mariko Okamoto, Takanori Nebu, Masateru Koiwa, Hiromichi Ohtsuka, Kiyokazu Murai, Kazuya Matsuda, Jumpei Fujiki, Hidetomo Iwano, Hajime Nagahata, Hidetoshi Higuchi, Veterinary immunology and immunopathology, Veterinary immunology and immunopathology, 216, 109920 - 109920,   2019年10月, 査読有り
Analysis of Corticosterone and Testosterone Synthesis in Rat Salivary Gland Homogenates., Ieko T, Sasaki H, Maeda N, Fujiki J, Iwano H, Yokota H., Front Endocrinol (Lausanne)., Front Endocrinol (Lausanne).,   2019年07月, 査読有り
小学生・中学生向けの獣医師体験〜ひらめき授業報告〜, 岩野英知, 樋口豪紀, 臨床獣医, 臨床獣医, 37, (8) 56 - 58,   2019年, 査読有り
Role of the Biotransformation of Bisphenol A concerning with the adverse effects on the Next Generation., Hidetomo Iwano, Hiroki Inoue, Miyu Nishikawa, Jumpei Fujiki, Hiroshi Yokota, Endocrine Disruptors, Endocrine Disruptors, (5) 63 - 77,   2018年10月, 査読有り
Corticosterone biosynthesis in mouse clonal myoblastic C2C12 cells., Fujiki J, Maeda N, Sato M, Ieko T, Inoue H, Iwasaki T, Iwano H, Yokota H, Steroids, Steroids, 138, 64 - 71,   2018年10月, 査読有り
Biotransformation of Bisphenol A and Adverse Effects on the Next Generation, Iwano H, Inoue H, Nishikawa M, Fujiki J, Yokota H, IntechOpen, Book title: Endocrine Disruptors (Chapter 5) doi:10.5772/intechopen.78275, IntechOpen, Book title: Endocrine Disruptors (Chapter 5) doi:10.5772/intechopen.78275,   2018年09月, 査読有り
飼育類人猿の糞便による寄生虫保有状況の検査とコルチゾル値測定事例, 秋葉悠希, 吉田淳一, 高江洲 昇, 石橋佑規, 渡辺洋子, 竹田正裕, 石井和子, 岩田光一, 山本達也, 小出健太郎, 平田晴之, 翁長武紀, 岩野英知, 横田 博, 浅川満彦, 野生動物医誌, 野生動物医誌, 23, 27 - 31,   2018年06月, 査読有り
Identification of a novel mechanism of action of bovine IgG antibodies specific for Staphylococcus aureus., Mutsumi Furukawa, Hiroshi Yoneyama, Eiji Hata, Hidetomo Iwano, Hidetoshi Higuchi, Tasuke Ando, Mika Sato, Tomohito Hayashi, Yoshio Kiku, Yuya Nagasawa, Kanae Niimi, Katsuki Usami, Kumiko Ito, Kouichi Watanabe, Tomonori Nochi, Hisashi Aso, Veterinary research, Veterinary research, 49, (1) 22 - 22,   2018年02月26日, 査読有り
Characterization of the Lytic Capability of a LysK-Like Endolysin, Lys-phiSA012, Derived from a Polyvalent Staphylococcus aureus Bacteriophage., Fujiki J, Nakamura T, Furusawa T, Ohno H, Takahashi H, Kitana J, Usui M, Higuchi H, Tanji Y, Tamura Y, Iwano H, Pharmaceuticals (Basel, Switzerland), Pharmaceuticals (Basel, Switzerland), 11, (1) ,   2018年02月, 査読有り
Bacteriophage ΦSA012 Has a Broad Host Range against Staphylococcus aureus and Effective Lytic Capacity in a Mouse Mastitis Model., Iwano H, Inoue Y, Takasago T, Kobayashi H, Furusawa T, Taniguchi K, Fujiki J, Yokota H, Usui M, Tanji Y, Hagiwara K, Higuchi H, Tamura Y, Biology, Biology, 7, (1) ,   2018年01月09日, 査読有り
Late pregnancy is vulnerable period for exposure to BPA., Ohtani N, Suda K, Tsuji E, Tanemura K, Yokota H, Inoue H, Iwano H, The Journal of veterinary medical science, The Journal of veterinary medical science, 80, (3) 536 - 543,   2018年01月, 査読有り
Innate immune response of bovine mammary epithelial cells to Mycoplasma bovis., Gondaira S, Higuchi H, Iwano H, Nishi K, Nebu T, Nakajima K, Nagahata H, Journal of veterinary science, Journal of veterinary science, 19, (1) 79 - 87,   2018年01月, 査読有り
Blood biochemistry and hematological changes in rats after administration of a mixture of three anesthetic agents., Ochiai Y, Baba A, Hiramatsu M, Toyota N, Watanabe T, Yamashita K, Yokota H, Iwano H, The Journal of veterinary medical science, The Journal of veterinary medical science, 80, (2) 387 - 394,   2017年12月, 査読有り
Adverse effects of materal exposure to bisphenol F on the anxiety- and depression- like behavior offspring, Naoko Ohtani, Hidetomo Iwano, Koshi Suda, Erika Tsuji, Kentaro Tanemura, Hiroki Inoue, Hiroshi Yokota, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 79, (2) 432 - 439,   2017年02月, 査読有り
Mycoplasma bovis escapes bovine neutrophil extracellular traps, Satoshi Gondaira, Hidetoshi Higuchi, Koji Nishi, Hidetomo Iwano, Hajime Nagahata, VETERINARY MICROBIOLOGY, VETERINARY MICROBIOLOGY, 199, 68 - 73,   2017年02月, 査読有り
Phage Therapy Is Effective in a Mouse Model of Bacterial Equine Keratitis., Takaaki Furusawa, Hidetomo Iwano, Yutaro Hiyashimizu, Kazuki Matsubara, Hidetoshi Higuchi, Hajime Nagahata, Hidekazu Niwa, Yoshinari Katayama, Yuta Kinoshita, Katsuro Hagiwara, Tomohito Iwasaki, Yasunori Tanji, Hiroshi Yokota, Yutaka Tamura, Applied and environmental microbiology, Applied and environmental microbiology, 82, (17) 5332 - 9,   2016年09月01日, 査読有り
Suppression of liver Apo E secretion leads to HDL/cholesterol immaturity in rats administered ethinylestradiol, Kosuke Yamaguchi, Mariko Ishii, Naoyuki Maeda, Hidetomo Iwano, Hiroshi Yokota, FEBS OPEN BIO, FEBS OPEN BIO, 6, (9) 928 - 936,   2016年09月, 査読有り
Therapeutic potential of endothelin inhibitors in canine hemangiosarcoma, Shinya Fukumoto, Kaname Saida, Hiroki Sakai, Hiroshi Ueno, Hidetomo Iwano, Tsuyoshi Uchide, LIFE SCIENCES, LIFE SCIENCES, 159, 55 - 60,   2016年08月, 査読有り
Bacteriophage can lyse antibiotic-resistant Pseudomonas aeruginosa isolated from canine diseases, Takaaki Furusawa, Hidetomo Iwano, Hidetoshi Higuchi, Hiroshi Yokota, Masaru Usui, Tomohito Iwasaki, Yutaka Tamura, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 78, (6) 1035 - 1038,   2016年06月, 査読有り
Blood biochemical changes in mice after administration of a mixture of three anesthetic agents, Yuichiro Ochiai, Hidetomo Iwano, Takako Sakamoto, Manabu Hirabayashi, Eiji Kaneko, Toshihiko Watanabe, Kazuto Yamashita, Hiroshi Yokota, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 78, (6) 951 - 956,   2016年06月, 査読有り
Bisphenol A glucuronide/sulfate diconjugate in perfused liver of rats, Hiroki Inoue, Shino Kemanai, Chie Sano, Seiyu Kato, Hiroshi Yokota, Hidetomo Iwano, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 78, (5) 733 - 737,   2016年05月, 査読有り
Complete Genome Sequences of Broad-Host-Range Pseudomonas aeruginosa Bacteriophages ΦR18 and ΦS12-1., Furusawa T, Iwano H, Higuchi H, Usui M, Maruyama F, Nakagawa I, Yokota H, Tamura Y, Genome announcements, Genome announcements, 4, (3) ,   2016年05月, 査読有り
Weak activity of UDP-glucuronosyltransferase toward Bisphenol analogs in mouse perinatal development, Risa Yabusaki, Hidetomo Iwano, Sumito Tsushima, Nanako Koike, Naoko Ohtani, Kentaro Tanemura, Hiroki Inoue, Hiroshi Yokota, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 77, (11) 1479 - 1484,   2015年11月, 査読有り
Big endothelin-1 as a tumour marker for canine haemangiosarcoma, Shinya Fukumoto, Taku Miyasho, Kiwamu Hanazono, Kaname Saida, Tsuyoshi Kadosawa, Hidetomo Iwano, Tsuyoshi Uchide, VETERINARY JOURNAL, VETERINARY JOURNAL, 204, (3) 269 - 274,   2015年06月, 査読有り
Cytokine mRNA profiling and the proliferative response of bovine peripheral blood mononuclear cells to Mycoplasma bovis, Satoshi Gondaira, Hidetoshi Higuchi, Hidetomo Iwano, Keiichi Nakajima, Kazuhiro Kawai, Shuhei Hashiguchi, Satoru Konnai, Hajime Nagahata, VETERINARY IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, VETERINARY IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, 165, (1-2) 45 - 53,   2015年05月, 査読有り
Epidermal growth factor receptor expression in canine transitional cell carcinoma, Kiwamu Hanazon, Shinya Fukumoto, Yoshio Kawamura, Yoshifumi Endo, Tsuyoshi Kadosawa, Hidetomo Iwano, Tsuyoshi Uchide, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 77, (1) 1 - 6,   2015年01月, 査読有り
Serum big endothelin-1 as a clinical marker for cardiopulmonary and neoplastic diseases in dogs, Shinya Fukumoto, Kiwamu Hanazono, Taku Miyasho, Yoshifumi Endo, Tsuyoshi Kadosawa, Hidetomo Iwano, Tsuyoshi Uchide, LIFE SCIENCES, LIFE SCIENCES, 118, (2) 329 - 332,   2014年11月, 査読有り
Effect of dietary eugenol on xenobiotic metabolism and mediation of UDP-glucuronosyltransferase and cytochrome P450 1A1 expression in rat liver, Hidetomo Iwano, Wakako Ujita, Miyu Nishikawa, Satomi Ishii, Hiroki Inoue, Hiroshi Yokota, INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD SCIENCES AND NUTRITION, INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD SCIENCES AND NUTRITION, 65, (2) 241 - 244,   2014年03月, 査読有り
Antimicrobial susceptibilities of Mycoplasma isolated from bovine mastitis in Japan, Kazuhiro Kawai, Hidetoshi Higuchi, Hidetomo Iwano, Akihiro Iwakuma, Ken Onda, Reiichiro Sato, Tomohito Hayashi, Hajime Nagahata, Toshio Oshida, ANIMAL SCIENCE JOURNAL, ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 85, (1) 96 - 99,   2014年01月, 査読有り
L-type amino acid transporter 1 (LAT1): A new therapeutic target for canine mammary gland tumour, Shinya Fukumoto, Kiwamu Hanazono, Takahiro Komatsu, Hiroshi Ueno, Tsuyoshi Kadosawa, Hidetomo Iwano, Tsuyoshi Uchide, VETERINARY JOURNAL, VETERINARY JOURNAL, 198, (1) 164 - 169,   2013年10月, 査読有り
A new treatment for human malignant melanoma targeting L-type amino acid transporter 1 (LAT1): A pilot study in a canine model, Shinya Fukumoto, Kiwamu Hanazono, Dah-Renn Fu, Yoshifumi Endo, Tsuyoshi Kadosawa, Hidetomo Iwano, Tsuyoshi Uchide, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 439, (1) 103 - 108,   2013年09月, 査読有り
Relationship between concentration of lingual antimicrobial peptide and somatic cell count in milk of dairy cows, Kazuhiro Kawai, Hirohisa Akamatsu, Tetsu Obayashi, Hajime Nagahata, Hidetoshi Higuchi, Hidetomo Iwano, Toshio Oshida, Yukinori Yoshimura, Naoki Isobe, VETERINARY IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, VETERINARY IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, 153, (3-4) 298 - 301,   2013年06月, 査読有り
Mycoplasma species isolated from intramammary infection of Japanese dairy cows, H. Higuchi, S. Gondaira, H. Iwano, K. Hirose, K. Nakajima, K. Kawai, K. Hagiwara, Y. Tamura, H. Nagahata, VETERINARY RECORD, VETERINARY RECORD, 172, (21) 557 - +,   2013年05月, 査読有り
Effects of vitamin E supplementation on cellular α-tocopherol concentrations of neutrophils in Holstein calves., Higuchi H, Ito E, Iwano H, Oikawa S, Nagahata H, Canadian journal of veterinary research = Revue canadienne de recherche veterinaire, Canadian journal of veterinary research = Revue canadienne de recherche veterinaire, 77, (2) 120 - 125,   2013年04月, 査読有り
L-Type Amino Acid Transporter 1 (LAT1) Expression in Canine Mammary Gland Tumors, Shinya Fukumoto, Kiwamu Hanazono, Takahiro Komatsu, Hidetomo Iwano, Tsuyoshi Kadosawa, Tsuyoshi Uchide, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 75, (4) 431 - 437,   2013年04月, 査読有り
Temporal Changes in Environmental Health Risks and Socio-psychological Status in Areas Affected by the 2011 Tsunami in Ishinomaki, Japan, Makita, K, Inoshita, K, Kayano, T, Uenoyama, K, Hagiwara, K, Asakawa, M, Ogawa, K, Kawamura, S, Noda, J, Sera, K, Sasaki, H, Nakatani, N, Higuchi, H, Ishikawa, N, Iwano, H, Tamura, Y, Environment and Pollution, Environment and Pollution, 3, (1) ,   2013年, 査読有り
Pathological Classification of Canine Mammary Tumor Based on Quantifying mRNA Levels of Hormonal Receptors, SATB1, and Snail in Tissue and Fine Needle Biopsy Samples, Takahiro Komatsu, Hidetomo Iwano, Masashi Ebisawa, Ai Watabe, Yoshifumi Endo, Kazuko Hirayama, Hiroyuki Taniyama, Tsuyoshi Kadosawa, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 74, (6) 719 - 726,   2012年06月, 査読有り
Analysis of Trace and Major Elements in Bronchoalveolar Lavage Fluid of Mycoplasma Bronchopneumonia in Calves, Kazuyuki Suzuki, Hidetoshi Higuchi, Hidetomo Iwano, Jeffrey Lakritz, Kouichiro Sera, Masateru Koiwa, Kiyoshi Taguchi, BIOLOGICAL TRACE ELEMENT RESEARCH, BIOLOGICAL TRACE ELEMENT RESEARCH, 145, (2) 166 - 171,   2012年02月, 査読有り
Prevalence of Mycoplasma species in bulk tank milk in Japan, H. Higuchi, H. Iwano, S. Gondaira, K. Kawai, H. Nagahata, VETERINARY RECORD, VETERINARY RECORD, 169, (17) 442B - U53,   2011年10月, 査読有り
A simplified PCR assay for fast and easy mycoplasma mastitis screening in dairy cattle, Hidetoshi Higuchi, Hidetomo Iwano, Kazuhiro Kawai, Takehiro Ohta, Tetsu Obayashi, Kazuhiko Hirose, Nobuhiko Ito, Hiroshi Yokota, Yutaka Tamura, Hajime Nagahata, JOURNAL OF VETERINARY SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY SCIENCE, 12, (2) 191 - 193,   2011年06月, 査読有り
Placental Transfer of Conjugated Bisphenol A and Subsequent Reactivation in the Rat Fetus, Miyu Nishikawa, Hidetomo Iwano, Risa Yanagisawa, Nanako Koike, Hiroki Inoue, Hiroshi Yokota, ENVIRONMENTAL HEALTH PERSPECTIVES, ENVIRONMENTAL HEALTH PERSPECTIVES, 118, (9) 1196 - 1203,   2010年09月, 査読有り
Histone H1 null vertebrate cells exhibit altered nucleosome architecture, Hideharu Hashimoto, Yasunari Takami, Eiichiro Sonoda, Tomohito Iwasaki, Hidetomo Iwano, Makoto Tachibana, Shunichi Takeda, Tatsuo Nakayama, Hiroshi Kimura, Yoichi Shinkai, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 38, (11) 3533 - 3545,   2010年06月, 査読有り
Isolation from Sewage Influent and Characterization of Novel Staphylococcus aureus Bacteriophages with Wide Host Ranges and Potent Lytic Capabilities, Aidan J. Synnott, Ying Kuang, Miki Kurimoto, Keiko Yamamichi, Hidetomo Iwano, Yasunori Tanji, APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 75, (13) 4483 - 4490,   2009年07月, 査読有り
Metabolic barrier against bisphenol a in rat uterine endometrium, Junya Matsumoto, Hidetomo Iwano, Hiroki Inoue, Naomi Iwano, Naoko Yamashiki, Hiroshi Yokota, TOXICOLOGICAL SCIENCES, TOXICOLOGICAL SCIENCES, 99, (1) 118 - 125,   2007年09月, 査読有り
Expression of monocarboxylate transporter 1 (MCT1) in the dog intestine, Yumiko Shimoyama, Doaa Kirat, Yuko Akihara, Kazufumi Kawasako, Misa Komine, Kazuko Hirayama, Kazuya Matsuda, Minoru Okamoto, Hidetomo Iwano, Seiyu Kato, Hiroyuki Taniyama, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 69, (6) 599 - 604,   2007年06月, 査読有り
Monocarboxylate transporter 1 (MCT1) plays a direct role in short-chain fatty acids absorption in caprine rumen, Doaa Kirat, Junji Masuoka, Hideaki Hayashi, Hidetomo Iwano, Hiroshi Yokota, Hiroyuki Taniyama, Seiyu Kato, JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON, JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON, 576, (2) 635 - 647,   2006年10月, 査読有り
Down regulation of bisphenol A glucuronidation in carp during the winter pre-breeding season, Torno Daidoji, Taeko Kaino, Hidetorno Iwano, Hiroki Inoue, Ryo Kurihara, Shinya Hashimoto, Hiroshi Yokota, AQUATIC TOXICOLOGY, AQUATIC TOXICOLOGY, 77, (4) 386 - 392,   2006年05月, 査読有り
UDP-glucuronosyltransferase isoforms catalyzing glucuronidation of hydroxy-polychlorinated biphenyls in rat, T Daidoji, K Gozu, H Iwano, H Inoue, H Yokota, DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 33, (10) 1466 - 1476,   2005年10月, 査読有り
Bisphenol A glucuronidation and excretion in liver of pregnant and nonpregnant female rats, H Inoue, A Tsuruta, S Kudo, T Ishii, Y Fukushima, H Iwano, H Yokota, S Kato, DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 33, (1) 55 - 59,   2005年01月, 査読有り
Xenopus MBD3 plays a crucial role in an early stage of development, H Iwano, M Nakamura, S Tajima, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 268, (2) 416 - 428,   2004年04月
Inoue, H., Tsuruta, A., Kudo, S., Ishii, T., Fukushima, Y., Iwano, H., Yokota, H., Kato, S.Bisphenol A glucuronidation and excretion in liver of Pregnant and Nonpregnant Female Rats, Drug Metab. Dispos, Drug Metab. Dispos, in press,   2004年
cDNA cloning and expression of a bovine phenol UDP-glucuronosyltransferase, BovUGT1A6, H Iwano, N Yotsumoto, H Yokota, A Yuasa, LIFE SCIENCES, LIFE SCIENCES, 68, (18) 2131 - 2139,   2001年03月
Smooth muscle layer-dependent distribution of 5-hydroxytryptamine(7) receptor in the porcine myometrium, T Kitazawa, Y Yamada, H Iwano, H Yokota, A Yuasa, T Taneike, BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 130, (1) 79 - 89,   2000年05月
5-Hydroxytryptamineのブタ子宮筋収縮抑制作用とその細胞内メカニズム, 北澤 多喜雄, 山田 裕子, 宮庄 拓, 岩野 英知, 横田 博, 湯浅 亮, 種池 哲朗, 獣医生化学, 獣医生化学, 37, 39 - 50,   2000年, 査読有り
Glucuronidation of environmental oestrogen bisphenol A by an isoform of UDP-glucuronosyltransferase, UGT2B1, in the rat liver(共著), YOKOTA H, IWANO H, ENDO M, KOBAYASHI T, INOUE H, IKUSHIRO S, YUASA A, Biochemical Journal, Biochemical Journal, 340, (2) 405 - 409,   1999年06月
The significance of aminoacid residue Asp446 for enzymatic stability of rat UDP-glucuronosyltransferase UGTlA6(共著), Archives of Biochemistry and Biophysics, Archives of Biochemistry and Biophysics, 363, (1) 116 - 120,   1999年03月
UDP-glucuronosyltransferase UGT1A7 induced in rat small intestinal mucosa by oral administration of 2-naphthoflavone, T Kobayashi, H Yokota, S Ohgiya, H Iwano, A Yuasa, EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 258, (3) 948 - 955,   1998年12月
Inhibitory effects of uridine diphosphate on UDP-glucuronosyltransferase, H Yokota, F Ando, H Iwano, A Yuasa, LIFE SCIENCES, LIFE SCIENCES, 63, (19) 1693 - 1699,   1998年10月
High induction of phenol UDP-glucuronosyltransferase in the kidney medulla of β-naphthoflavone-treated rats., Biochimica Biophysica Acta, Biochimica Biophysica Acta, 1336, (2) 165 - 170,   1997年08月
A critical amino acid residue, Asp446, in UDP-glucuronosyltransferase(共著), Biochemical Journal, Biochemical Journal, 325, 587 - 591,   1997年08月

書籍等出版物

目指せ未来の獣医師, 岩野 英知, 農業共催新聞,   2017年10月
ひらめき事業報告:未来の獣医師育成のための小中学生向け体験プログラム, 岩野 英知, 共著, 緑書房 臨床獣医,   2017年04月
ひらめき事業報告(小学生&中学生), 岩野 英知, 樋口豪紀, 共著, 緑書房 臨床獣医,   2016年03月
ひらめきときめきサイエンス ウシのお乳を守れ ミクロも決死隊2014 体験プログラムを開催, 岩野 英知, 樋口豪紀, 共著, 緑書房 臨床獣医,   2015年03月
臨床獣医 「未来の獣医師たちへ」酪農学園大学の新たな取り組み 〜小学生への研究、産業動物獣医師へのいざない〜, 岩野 英知, 樋口豪紀, 鈴木一由, 立川直生, 緑書房,   2013年10月
臨床獣医 牛乳房炎のファージセラピー, 岩野 英知, 緑書房,   2013年06月
細菌の生き残り戦略~最も繁栄している生物の仕組み~, 岩野 英知, 動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会,   2012年06月
酪農ジャーナル「バクテリオファージ」による乳房炎治療への応用, 岩野 英知, 酪農学園大学エクステンションセンター,   2012年04月
犬と猫の早期疾病診断学 がん(乳腺腫瘍), 岩野 英知, 新井敏郎ほか, チクサン出版社 (緑書房),   2011年07月

講演・口頭発表等

Mycoplasma bovisP81特異抗体を用いたELISA法の構築, 中村光、西航司、権平智、藤木純平、岩野英知、樋口豪紀, 日本家畜衛生学会第91回大会,   2019年12月20日
エンドサイトーシス経路を介したMycoplasma bovisのウシ滑膜細胞に対する侵入機構の解明, 西航司, 権平智, 片方美智子, 澤田千鶴, 岩崎智仁, 藤木純平, 岩野英知, 樋口豪紀, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月05日
P. aeruginosaにおけるファージ耐性はFitness costとしてファージ感受性をシフトする, 藤木純平, 古澤貴章, マンビ・モンゴメリ, 川口千佳, 松田由美恵, 佐々木道仁, 臼井優, 樋口豪紀, 澤洋文, 田村豊, 岩野英知, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月05日
多剤耐性大腸菌におけるファージ耐性形質獲得に伴う進化学的トレードオフのForward genomics解析, マンビ・モンゴメリ, 藤木純平, 青木弘太郎, 川口千佳, 佐々木道仁, 臼井優, 石井良和, 舘田一博, 澤洋文, 田村豊, 岩野英知, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月05日
Staphylococcus aureusに対するバクテリオファージライブラリー構築に向けたファージ選抜法の検討, 北名純也, 高橋宏充, 中村暢宏, マンビ・モンゴメリ, 藤木純平, 樋口豪紀, 臼井優, 田村豊, 岩野英知, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月05日
バクテリオファージを用いた新規アトピー性皮膚炎制御戦略の構築, 中村暢宏, 藤木純平, 松田研史郎, 松田浩珍, 岩野英知, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月05日
胎盤由来細胞におけるビスフェノールAによるユビキチン/プロテアソーム系を介した毒性発現機構の解析, 角田桜子, 藤木純平, 中村暢宏, 内田めぐみ, 高橋勇匡, 岩野英知, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月03日
薬剤耐性菌に対するファージセラピーの応用と課題, 岩野英知, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月, 招待有り
Trade-off effects on phage sensitivity induced by phage resistance has a potential for strategic phage cocktails construction in phage therapy., Fujiki J, Furusawa T, Montgomery Munby, Nakamura T, Usui M, Iwasaki T, Gondaira S, Higuchi H, Tamura Y, Iwano H, Phage Futures Europe,   2019年09月25日
ビスフェノールはSCFユビキチンリガーゼを介して胎盤におけるステロイド合成遺伝子の転写制御をかく乱する, 藤木純平, 薮崎梨沙, 角田桜子, 大谷尚子, 家子貴裕, 井上博紀, 岩野英知, 令和元年度内外環境応答・代謝酵素研究会,   2019年09月21日
表皮疾患由来Pseudomonas aeruginosaに対する広域スペクトル溶菌性ファージの探索, 藤木純平, 古澤貴章, マンビ・モンゴメリ, 川口千佳, 松田由美恵, 権平智, 臼井優, 樋口豪紀, 岩野英知, 第92回日本生化学会大会,   2019年09月20日
Investigation of the Placental Steroidogenesis Disruption Caused by Bisphenol and the Role of Sulfate., Fujiki J, Yabusaki R, Ohtani N, Ieko T, Inoue H, Iwasaki T, Iwano H, Yokota H, International Federation of Placenta Associations,   2019年09月12日
ウシ滑膜細胞に対するMycoplasma bovisの細胞内侵入機構, 西航司、権平 智、片方 美智子、岩崎 智仁、藤木 純平、岩野 英知、樋口豪紀, 第162回日本獣医学会学術集会,   2019年09月11日
Mycoplasma属菌がウシ乳腺上皮細胞のサイトカインmRNA発現量に及ぼす影響, 渡辺麗奈、西航司、権平智、野地 智法、藤木純平、麻生久、岩野英知、樋口豪紀, 第6回乳房炎サマーキャンプ,   2019年09月04日
ウシ乳房炎由来Staphylococcus aureusに対する効果的なバクテリオファージの応用, 北名純也, 中村暢宏, 藤木純平, 権平智, 臼井優, 樋口豪紀, 田村豊, 岩野英知, 第6回乳房炎サマーキャンプ,   2019年09月04日
キノロン耐性大腸菌HUE1に対する新規バクテリオファージの探索, マンビ・モンゴメリ, 藤木純平, 青木弘太郎, 川口千佳, 臼井優, 石井良和, 舘田一博, 田村豊, 岩野英知, 第6回乳房炎サマーキャンプ,   2019年09月04日
ファージ感受性トレードオフを応用した戦略的ファージカクテルの構築, 藤木純平, 古澤貴章, マンビ・モンゴメリ, 川口千佳, 松田由美恵, 権平智, 臼井優, 樋口豪紀, 田村豊, 岩野英知, 第6回乳房炎サマーキャンプ,   2019年09月04日
薬剤耐性菌に対するファージセラピーの応用, 岩野英知、藤木純平 、中村暢宏、北名純也、樋口豪紀、臼井優、田村豊, 第64回日本ブドウ球菌研究会,   2019年08月30日
バクテリオファージの耐性菌感染症への応用, 岩野英知, 細菌学会北海道支部会 酪農学園大学,   2019年08月23日, 招待有り
Mycoplasma bovisのウシ滑膜細胞に対する侵入メカニズムの解明, 澤田千鶴、西航司、藤木純平、岩野英知、権平智、樋口豪紀, 第85回日本細菌学会北海道支部学術総会,   2019年08月23日
ファージ耐性化のFitness costはP. aeruginosaのファージ感受性にトレードオフを誘導する, 藤木純平, 古澤貴章, マンビ・モンゴメリ, 中村暢宏, 権平智, 佐々木道人, 臼井優, 樋口豪紀, 澤洋文, 田村豊, 岩野英知, 第85回日本細菌学会北海道支部会学術総会,   2019年08月23日
多剤耐性大腸菌におけるファージ耐性形質獲得に伴う進化学的トレードオフのForward genomics解析, マンビ・モンゴメリ, 藤木純平, 青木弘太郎, 石井良和, 舘田一博, 川口千佳, 臼井優, 田村豊, 岩野英知, 第85回日本細菌学会北海道支部会学術総会,   2019年08月23日
黄色ブドウ球菌ファージ由来溶菌酵素(LysΦSA012)の機能解析, 中村暢宏, 藤木純平, 北名純也, 岩野英知, 第85回日本細菌学会北海道支部会学術総会,   2019年08月23日
Staphylococcus aureusに対するバクテリオファージライブラリー構築に向けた溶菌活性評価法の検討, 北名純也, 高橋宏充, マンビ・モンゴメリ, 中村暢宏, 藤木純平, 樋口豪紀, 臼井優, 田村豊, 岩野英知, 第85回日本細菌学会北海道支部会学術総会,   2019年08月23日
P. aeruginosaが獲得した特異的ファージ耐性が示すファージ感受性の進化学的トレードオフ, 藤木純平, 古澤貴章, マンビ・モンゴメリ, 川口千佳, 松田由美恵, 佐々木道仁, 臼井優, 樋口豪紀, 澤洋文, 田村豊, 岩野英知, 第13回細菌学若手コロッセウム,   2019年08月19日
黄色ブドウ球菌ファージ由来溶菌酵素(LysΦSA012)の機能解析, 中村暢宏, 藤木純平, 北名純也, 岩野英知, 第13回細菌学若手コロッセウム,   2019年08月19日
古くて新しい治療法、ファージセラピーの獣医療への応用 〜細菌感染症対策の切り札となりうるか?〜, 岩野英知, 山形NOSAI 家畜診療所等職員研修会,   2019年07月24日, 招待有り
ファージセラピーは細菌感染症対策の切り札となりうるか?, 岩野英知, 第3回ヒトと伴侶動物の比較医学研究会 国立がんセンター研究所,   2019年06月29日, 招待有り
Mycoplasma bovisにおけるウシ滑膜細胞への侵入, 片方美智子、西 航司、権平 智、岡本真理子、根布貴則、岩崎智仁、岩野英知、樋口豪紀, 日本マイコプラズマ学会第46回学術集会,   2019年05月25日
Mycoplasma bovisがウシ滑膜細胞のMMP-3産生能およびその調節機構へ及ぼす影響, 西航司、権平 智、片方美智子、岡本真理子、根布貴則、岩野英知、樋口豪紀, 日本マイコプラズマ学会第46回学術集会,   2019年05月25日
獣医療域へのファージセラピーの応用, 岩野英知, 第92回日本細菌学会総会 札幌ワークショップ02 宿主と病原体が織りな す進化の謎,   2019年04月23日, 招待有り
フルオロキノロン耐性大腸菌HUE1に対する新規バクテリオファージの探索, マンビ・モンゴメリ, 藤木純平, 岩野英知, 第92回日本細菌学会総会,   2019年04月23日
Staphylococcus aureuに対するファージライブラリー構築に向けたファージ選抜法の検討, 北名純也, 高橋宏充, 藤木純平, 中村暢宏, 臼井優, 樋口豪紀, 猪俣夢, 岩野英知, 第92回日本細菌学会総会,   2019年04月23日
多価黄色ブドウ球菌ファージ由来エンドライシンの溶菌活性の検討, 藤木純平, 中村暢宏, 北名純也, 臼井優, 樋口豪紀行, 田村豊, 岩野英知, 第92回日本細菌学会総会,   2019年04月23日
イヌ皮膚感染症より分離されたStaphylococciの薬剤耐性調査及びバクテリオファージ由来酵素による溶菌評価, 中村暢宏, 藤木純平, 北名純也, 伊従慶太, 下地健太, 高瀬雅行, 岩野英知, 第92回日本細菌学会総会,   2019年04月23日
緑膿菌感染症に対するファージセラピーの有効性の検討, 猪俣夢, 小原潤也, 藤木純平, 古澤貴章, 中村暢宏, 佐和貞治, 岩野英知, 第92回日本細菌学会総会,   2019年04月23日
マイコプラズマ関節炎におけるMMP-3発現量の評価とその調節機構の解明, 西 航司, 権平 智, 岡本真理子, 根布貴則, 藤木純平, 岩野英知, 樋口豪紀, 第92回日本細菌学会総会,   2019年04月23日
ファージセラピーは細菌感染症征圧への1つの有効な武器となりうるか?―獣医療への応用―, 岩野英知, 日本薬学会 第139年会 シンポジウム18 多剤耐性菌への挑戦〜バクテリオファージの感染症治療への応用〜,   2019年03月21日, 招待有り
獣医療域へのファージセラピーの応用とその意義, 岩野英知, 日生研,   2019年01月23日, 招待有り
ビスフェノールによる胎盤におけるステロイド合成かく乱機構の解析, 藤木純平, 薮崎梨沙, 家子貴裕, 井上博紀, 西川美宇, 生城真一, 榊利之, 岩野英知, 環境ホルモン学会,   2018年12月16日
薬剤耐性菌に対するファージセラピーの応用と展開, 藤木純平, 臼井優, 樋口豪紀, 田村豊, 岩野英知, Medical Cluster City Sapporo (MeCCS) フォーラム,   2018年12月10日, 招待有り
ラット肝臓灌流によるカビ毒ゼアラレノンの代謝動態の解明, 家子貴裕, 岡田実和, 林良弥, 井上博紀, 藤木純平, 岩野英知, 第41回日本分子生物学会年会,   2018年12月01日
胎盤におけるステロイドホルモン合成とビスフェノールによるかく乱機構の解析, 藤木純平, 薮崎梨沙, 家子貴裕, 井上博紀, 西川美宇, 生城真一, 榊利之, 岩野英知, 第41回日本分子生物学会年会,   2018年11月30日
ビスフェノールの胎盤におけるステロイド合成かく乱機構、および胎盤への移行動態の解析, 藤木純平, 薮崎梨沙, 家子貴裕, 井上博紀, 西川美宇, 生城真一, 榊利之, 岩野英知, 平成30年度 内外環境応答・代謝酵素研究会,   2018年11月23日
ファージ療法の獣医臨床への応用について, 岩野 英知, CVDD学術セミナー2018,   2018年11月13日, 招待有り
ウシ滑膜細胞における骨融解形成因子の同定およびその調節機構の解明, 西 航司, 岡本 真理子, 権平 智, 根布 貴則, 大塚 浩通, 藤木 純平, 岩野 英知, 樋口 豪紀, 第161回日本獣医学会学術集会,   2018年09月11日
獣医療域におけるファージセラピーの可能性, 岩野 英知, 藤木 純平, 中村 暢宏, 樋口 豪紀, 樋口 優, 田村 豊, 第161回日本獣医学会学術集会,   2018年09月11日
Mycoplasma bovisが免疫担当細胞の細胞死に及ぼす影響, 津田尚樹, 西航司, 藤木純平, 岩野英知, 権平智, 樋口豪紀, 第5回乳房炎サマーキャンプ,   2018年09月04日
Mycoplasma bovis特異抗原を用いた ELISA 系の構築, 杉本侃司, 西航司, 藤木純平, 岩野英知, 権平智, 樋口豪紀, 日本家畜衛生学会第 89 回大会,   2018年09月
黄色ブドウ球菌ファージ由来LysK様エンドライシン(LysφSA012)の機能解析, 藤木純平, 中村暢宏, 高橋宏充, 北名純也, 臼井優, 古澤貴章, 樋口豪紀, 田村豊, 岩野英知, 第7回ファージ研究会・2018年日本細菌学会関東支部インターラボセミナー合同大会,   2018年09月01日
バクテリオファージ由来溶菌酵素「エンドライシン」の構成能化の検討, 高橋宏充, 北名純也, 藤木純平, 臼井優, 樋口豪紀, 田村豊, 岩野英知, 第7回ファージ研究会・2018年日本細菌学会関東支部インターラボセミナー合同大会,   2018年08月31日
ファージ療法の獣医臨床への応用について, 岩野 英知, 第7回ファージ研究会・2018年日本細菌学会関東支部インターラボセミナー合同大会,   2018年08月31日, 招待有り
伴侶動物における多角的な腫瘍診断法の開発, 岩野 英知, ヒトと伴侶動物の比較医学研究会プログラム,   2018年06月30日, 招待有り
薬剤耐性菌問題に対するファージセラピーの可能性, 岩野 英知, 第92回日本感染症学会総会/第66回日本化学療法学会総会,   2018年05月31日, 招待有り
Characterization of the Lytic Capability of Lys-phiSA012 Derived from a Polyvalent Staphylococcus aureus Bacteriophage, FUJIKI Jumpei, TANJI Yasunori, HIGUCHI Hidetoshi, IWANO Hidetomo, 5th World Congress on Targeting Infectious Diseases Targeting phage & antibiotic resistance,   2018年05月17日
Bacteriophage ΦSA012 Has a Broad Host Range against Staphylococcus aureus and Effective Lytic Capacity in a Mouse Mastitis Model, IWANO Hidetomo, FUJIKI Jumpei, TANJI Yasunori, HIGUCHI Hidetoshi, 5th World Congress on Targeting Infectious Diseases Targeting phage & antibiotic resistance,   2018年05月17日
バクテリオファージの耐性菌感染症への応用, 岩野 英知, 動物用抗菌剤研究会,   2018年04月28日, 招待有り
ミルクエクソソームの電子顕微鏡観察, 森咲子, 長谷川靖洋, 渡邉大裕, 藤木純平, 樋口豪紀, 井上博紀, 西潟(勝谷, 久美子, 山口昭博, 山口(浅野)さより, 平敏夫, 岩野英知, 岩崎智仁, 平成29年度 日本顕微鏡学会北海道支部学術講演会,   2017年12月16日
ラット肝灌流試験、及び硫酸転移酵素(SULTs)スクリーニング系を用いたビスフェノール類(BPs)代謝動態の解析, 藤木純平, 家子貴裕, 岡田実和, 林良弥, 井上博紀, 西川美宇, 生城真一, 榊利之, 岩野英知, 環境ホルモン学会 第20回研究発表会,   2017年12月12日
ラットにおけるビスフェノール類の代謝動態の解明, 家子貴裕, 岡田実和, 林良弥, 大谷尚子, 佐々木千尋, 井上博紀, 藤木純平, 岩野英知, 環境ホルモン学会 第20回研究発表会,   2017年12月11日
ドラッグデリバリーシステムにおけるミルク由来エクソソームの可能性, 渡邊大裕, 藤木純平, 井上博紀, 樋口豪紀, 岩崎智仁, 曽宮正晴, 吉岡祐亮, 落谷孝広, 山口昭博, 山口さより, 平敏夫, 岩野英知, 生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 第40回日本分子生物学会年会/第91回日本生化学会大会,   2017年12月07日
ラット肝灌流によるビスフェノール類の代謝動態の解明, 家子貴裕, 岡田実和, 林良弥, 大谷尚子, 井上博紀, 藤木純平, 岩野英知, 生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 第40回日本分子生物学会年会/第90回日本生化学会大会,   2017年12月06日
バクテリオファージ由来溶菌酵素(エンドライシン)を用いた黄色ブドウ球菌に対する溶菌活性の検討, 藤木純平, 中村暢宏, 大野葉月, 北名純也, 高橋宏充, 古澤貴章, 岩野英知, 生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 第40回日本分子生物学会年会/第90回日本生化学会大会,   2017年12月06日
Staphylococcus aureusファージ由来溶菌酵素の分子進化に基づく最適化溶菌酵素の検討, 大野葉月, 中村暢宏, 藤木純平, 北名純也, 高橋宏充, 古澤貴章, 岩野英知, 第160回日本獣医学会学術集会,   2017年09月14日
骨格筋におけるコルチコステロン局所合成とプレグネノロン硫酸抱合体の役割, 藤木純平, 前田尚之, 佐藤倫子, 家子貴裕, 岩野英知, 横田博, 第160回日本獣医学会学術集会,   2017年09月13日
唾液腺におけるステロイドホルモン局所合成の可能性, 佐々木裕邦, 家子貴裕, 藤木純平, 岩野英知, 横田博, 第160回日本獣医学会学術集会,   2017年09月13日
ラット肝潅流によるビスフェノール類の代謝動態の解明, 家子貴裕, 岡田実和, 林良弥, 大谷尚子, 井上博紀, 藤木純平, 岩野英知, 第160回日本獣医学会学術集会,   2017年09月13日
犬血漿中アミノ酸量のバランス変化による腫瘍診断法の確立, 猿渡菜美香, 樋口豪紀, 北澤多喜雄, 福本真也, 藤木純平, 打出毅, 遠藤能史, 廉澤剛, 井上博紀, 岩野英知, 第160回日本獣医学会学術集会,   2017年09月13日
ドラッグデリバリーシステムとしてのミルク由来エクソソームの可能性, 渡邊大裕, 藤木純平, 曽宮正晴, 吉岡祐亮, 落谷孝広, 樋口豪紀, 井上博紀, 岩崎智仁, 西潟久美子, 山口昭博, 岩野英知, 第160回日本獣医学会学術集会,   2017年09月13日
アカエゾマツ精油の抗菌活性成分の解析, 友善良兼, 井上博紀, 家子貴裕, 土居拓務, 酒巻美子, 萩原寛暢, 藤木純平, 岩野英知, 横田博, 第160回日本獣医学会学術集会,   2017年09月13日
ラット肝潅流によるビスフェノール類の代謝動態, 家子貴裕, 岡田実和, 林良弥, 大谷尚子, 井上博紀, 藤木純平, 岩野英知, 平成29年度 内外環境応答・代謝酵素研究会,   2017年09月10日
骨格筋におけるコルチコステロン局所合成とプレグネノロン硫酸抱合体の役割, 藤木純平, 前田尚之, 佐藤倫子, 家子貴裕, 岩野英知, 横田博, 平成29年度 内外環境応答・代謝酵素研究会,   2017年09月10日
Possibility of bovine milk-derived exosome for drug delivery, 岩野 英知, 第9回日本RNAi研究会・第4回日本細胞小胞学会,   2017年09月01日, 招待有り
ドラッグデリバリーシステムにおけるミルク由来エクソソームの可能性, 渡邊大裕, 藤木純平, 井上博紀, 樋口豪紀, 曽宮正晴, 吉岡祐亮, 落谷孝広, 岩崎智仁, 山口昭博, 山口さより, 平敏夫, 岩野英知, 第9回日本RNAi研究会・第4回日本細胞外小胞学会,   2017年08月30日
次世代型エンドライシンの構築と臨床展開に向けた検討, 藤木純平, 中村暢宏, 大野葉月, 北名純也, 高橋宏充, 古澤貴章, 岩野英知, 第4回乳房炎サマーキャンプ,   2017年08月26日
ラット肝潅流によるビスフェノール類の代謝動態の解明, 家子貴裕, 岡田実和, 林良弥, 大谷尚子, 井上博紀, 藤木純平, 岩野英知, 第31回北海道薬物作用談話会,   2017年08月05日
骨格筋におけるコルチコステロン局所合成と基質供給機構の解明, 藤木純平, 前田尚之, 佐藤倫子, 家子貴裕, 岩野英知, 横田博, 第31回北海道薬物作用談話会,   2017年08月05日
ビスフェノール類の代謝から見えてきた薬物抱合の役割, 岩野英知, 藤木純平, 横田博, 井上博紀, 第54回日本生化学会北海道支部例会,   2017年07月07日
細菌感染症に対するファージセラピーの可能性, 岩野 英知, 京都府立医科大学大学院特別講演会,   2017年06月30日, 招待有り
乳房炎治療におけるファージセラピーについて, 岩野 英知, 平成29年度特別講演会(農林水産省動物医薬品検査所),   2017年04月14日, 招待有り
イヌ血漿中アミノ酸量のバランス変化による腫瘍診断法の確立, 岩野英知, 猿渡菜美, 大野 さや, 澤多, 獣医師会,   2017年02月24日
獣医療におけるファージセラピーの可能性と課題, 岩野英知, 緑膿菌感染症研究会,   2017年02月10日, 招待有り
獣医分野における細菌感染症へのファージ応用とその可能性, 神奈川県獣医師会, 研修会,   2017年01月24日, 招待有り
獣医療におけるファージセラピーの応用, 岩野英知, 樋口豪紀, 田村豊, ファージ研究会,   2016年11月21日
The mechanism of influences on the next-generation of mice caused by prenatal Bisphenol F exposure, XIV International Congress of Toxicology,   2016年10月16日
Pharmacokinetic study of adverse effects in offspring caused by prenatal Bisphenol F exposure., Hidetomo Iwano, Naoko Ohtani, Nagae Hozumi, Hiroki Inoue, Hiroshi Yokota, XIV International Congress of Toxicology,   2016年10月16日
環境汚染化学物質ビスフェノール類の代謝から見えてきた薬物抱合の役割, 岩野英知, 大谷尚子, 井上博紀, 横田博, 内外環境応答・代謝酵素研究会,   2016年09月17日
犬血漿由来エクソソームを用いた血管肉腫特異的miRNAの同定, 長江 嶺, 岩野 英知, 蛯沢 雅司, 渡邊 大裕, 坂田 恵美, 横田 博, 獣医学会,   2016年09月06日
Endothelin-1(ET-1)受容体拮抗薬による犬血管肉腫(HSA)に対する治療効果の基礎的検討, 福本 真也, 岩野 英知, 酒井 洋樹, 打出 毅, 獣医学会,   2016年09月06日
イヌ血漿中アミノ酸量のバランス変化による腫瘍診断法の確立, 岩野英知, 猿渡菜美, 大野 さや, 澤多, 横田博, 北海道獣医師会,   2016年09月01日
犬血管肉腫におけるmicroRNA診断マーカーの探索, 蛯沢 雅司, 岩野 英知, 長江 嶺, 渡邊 大裕, 福本真也, 打出毅, 遠藤能史, 廉澤剛, 横田 博, 第8回日本RNAi研究会,   2016年08月31日
獣医療におけるファージセラピーの可能性, 岩野英知, 三風会,   2016年08月29日, 招待有り
妊娠期ビスフェノールF曝露による次世代の行動影響, 大谷尚子, 岩野英知, 長江穂積, 井上博紀, 横田博, DOHaD研究会,   2016年07月23日
環境汚染化学物質ヒ_スフェノール類の代謝から見えてきた薬物抱合の役割, 岩野 英知, 大谷 尚子, 井上 博紀, 横田 博, 毒性学会,   2016年06月28日
Phage therapy is effective in a mouse model of bacterial equine keratitis, Phage Therapy 2016,   2016年06月02日
L-type amino acid transporter1(LAT1)阻害薬の犬悪性黒色腫に対する治療効果, 福本真也, 河村芳朗, 遠藤能史, 廉澤剛, 打出毅岩野, 第158回日本獣医学会学術集会,   2015年09月
Bisphenol Fの代謝物の胎盤通過メカニズム, 大谷尚子, 辻恵利華, 長江穂積, 井上博紀, 横田博岩野, 第158回日本獣医学会学術集会,   2015年09月
Staphylococcus pseudintermediusによるイヌ膿皮症へのファージセラピーの応用, 佐伯尭, 間瀬香織, 臼井優, 田村豊岩野, 第158回日本獣医学会学術集会,   2015年09月
Mycoplasma bovisがウシ好中菌のNeutrophil extracellular traps形成に及ぼす影響, 権平智, 樋口豪紀, 永幡肇岩野, 第158回日本獣医学会学術集会,   2015年09月
次世代シーケンサーによる緑膿菌とバクテリオファージのゲノム解析, 古澤貴章, 樋口豪紀, 臼井優, 丸山史人, 中川一路, 横田博, 田村豊岩野, 第158回日本獣医学会学術集会,   2015年09月
子牛のマイコプラズマ性関節炎に関する微生物学的解析, 岩野 英知根布貴則, 松田一哉, 谷山弘行, 小岩政照, 樋口豪紀, 永幡肇, 獣医学術北海道地区学会,   2015年09月
ビスフェノール類の肝臓における代謝動態, 藪﨑梨沙, 對馬澄人, 井上博紀, 横田博岩野, 第29回北海道薬物作用談話会,   2015年08月
Bisphenol F代謝物の胎盤通過メカニズム, 大谷尚子, 辻恵利華, 長江穂積, 井上博紀, 横田博岩野, 第29回北海道薬物作用談話会,   2015年08月
旭川 化学物質の抱合体化による胎盤通過メカニズムについて, 岩野 英知, 内外環境応答・代謝酵素研究会(旭川),   2015年07月
ビスフェノールF代謝物の胎盤通過性, 辻恵利華, 岩野 英知, 内外環境応答・代謝酵素研究会(旭川),   2015年07月
ビスフェノールFによる次世代行動影響, 大谷尚子, 岩野 英知, 内外環境応答・代謝酵素研究会(旭川),   2015年07月
競走馬の細菌性角膜炎に対するファジーセラピーの検討, 岩野 英知, 第2回ファジーセラピー臨床応用検討会(2015),   2015年07月
犬膀胱移行上皮癌におけるEGFRの遺伝子発現および免疫組織化学的発現, 華園 究, 福本真也, 谷山弘行, 廉澤 剛, 打出 毅, 獣医学術学会,   2015年02月
BPAの代替品であるBPFの妊娠期暴露が及ぼすマウスの次世代行動影響, 岩野 英知大谷尚子, 辻 恵利華, 井上博紀, 横田 博, 環境ホルモン学会,   2014年12月
競走馬の細菌性角膜炎に対するファージセラピーの検討, 冷清水雄太郎, 古澤貴章, 樋口豪紀, 永幡 肇, 萩原克郎, 丹波秀和, 片山芳也, 木下優太, 横田 博, 田村 豊,   2014年09月
L-type amino acid transporter1(LAT1)阻害薬の犬悪性黒色腫に対する治療効果, 福本真也, 遠藤能史, 廉澤 剛, 打出 毅, 獣医学会,   2014年09月
犬胆嚢粘液嚢腫とATP-binding cassette B4(ABCB4)遺伝子変異の関連, 鈴木啓也, 福本真也, 玉本隆司, 打出 毅, 獣医学会,   2014年09月
競走馬の細菌性角膜炎におけるファージセラピーの応用, 冷清水雄太郎, 古澤貴章, 樋口豪紀, 萩原克郎, 丹波秀和, 片山芳也, 木下優太, 横田 博, 田村 豊, 獣医学会,   2014年09月
αトコフェノール、レチノールおよびレチノイン酸が単核球サイトカインmRNAの発現量に及ぼす影響, 岡本みさき, 権平 智, 樋口豪紀, 永幡 肇,   2014年09月
化学物質代謝物の胎盤通過による次世代影響メカニズムの解明, 大谷尚子, 辻 恵利華, 井上博紀, 横田 博, 獣医学会,   2014年09月
乳房炎に対するファーセラピーの応用への課題, 岩野 英知, 乳房炎サマーキャンプ,   2014年08月
日本の酪農場におけるMycoplamsma spp.の浸潤状況, 樋口豪紀, 田村 豊,   2014年03月
緑膿菌性角膜炎に対するファージセラピーの有効性, 古澤貴章, 樋口豪紀, 丹波秀和, 田村 豊,   2014年03月
黄色ブドウ球菌によるウシ乳房炎へのファージ療法応用に関する検討, 樋口豪紀, 古澤貴章, 田村 豊,   2014年03月
ラット子宮灌流モデルを用いたビスフェノールF グルクロン酸/硫酸抱合体動態の解明, 井上博紀, 大谷尚子, 柳沢梨沙, 小池奈々子, 細川佳純, 岩野英知, 環境ホルモン学会第16回研究発表会,   2013年12月
妊娠期ビスフェノールA_暴露による次世代個体の行動影響, 大谷尚子, 岩野英知, 須田光紫, 井上博紀, 横田博, 環境ホルモン学会第16回研究発表会,   2013年12月
胎仔腸におけるビスフェノールAグルクロン酸抱合体の動態, 柳沢梨沙, 岩野英知, 大谷尚子, 須田光紫, 井上博紀, 横田博, 環境ホルモン学会第16回研究発表会,   2013年12月
Prognostic significance of Caveolin-1 and urokinase plasminogen activator gene expression in canine mammary tumors, 31st World Veterinary Congress,   2013年09月
イヌ乳腺腫瘍におけるTEM8発現と腫瘍性状との相関, 中村更紗, 岩野英知, 福本真也, 打出毅, 遠藤能史, 平山和子, 谷山弘行, 廉澤剛, 横田博, 第156回日本獣医学会学術集会,   2013年09月
L-type amino acid transporter1 (LAT1)阻害薬の犬乳腺腫瘍に対する治療効果, 福本真也, 華園究, 岩野英知, 溝奥尋子, 松田一哉, 谷山弘行, 廉澤剛, 打出毅, 第156回日本獣医学会学術集会,   2013年09月
緑膿菌性角膜炎に対するファージセラピーの有効性について, 古澤貴章, 岩野英知, 冷清水健太郎, 樋口豪紀, 萩原克郎, 横田博, 田村豊, 第156回日本獣医学会学術集会,   2013年09月
妊娠期ビスフェノールA暴露による次世代の行動影響, 大谷尚子, 岩野英知, 須田光紫, 井上博紀, 横田博, 第156回日本獣医学会学術集会,   2013年09月
黄色ブドウ球菌によるウシ乳房炎へのファージ療法応用に関する検討, 岩野 英知, 薬物作用談話会,   2013年07月
胎仔腸におけるビスフェノールAグルクロン酸抱合体の動態, 藪崎梨沙, 岩野英知, 大谷尚子, 須田光紫, 井上博紀, 横田博, 第156回日本獣医学会学術集会,   2013年03月
臓器灌流モデルを用いた、ラット体内におけるビスフェノールAおよびビスフェノールF代謝動態の比較, 井上博紀, 奥山大輔, 光石和馬, 村上由里子, 細川佳純, 鈴木千鶴, 佐々木千尋, 岩野英知, 環境ホルモン学会第15回研究発表会,   2012年12月
妊娠後期ビスフェノールA暴露による次世代個体の行動への影響, 大谷尚子, 岩野英知, 須田光紫, 柳沢梨沙, 種村健太郎, 井上博紀, 横田博, 境ホルモン学会第15回研究発表会,   2012年12月
妊娠後期のビスフェノールA曝露による胎仔脳核酸合成系中間代謝物の変化, 木千鶴, 岩野英知, 大谷尚子, 柳沢梨沙, 西川美宇, 井上博紀, 環境ホルモン学会第15回研究発表会,   2012年12月
ラット肝灌流モデルを用いたビスフェノールA関連物質の抱合活性比較, 佐々木千尋, 塚原千恵, 奥山大輔, 細川佳純, 加藤美保, 岩野英知, 井上博紀, 環境ホルモン学会第15回研究発表会,   2012年12月
ラット反転腸管を用いたビスフェノールA関連物質の吸収と動態, 米田倫子, 加藤由季, 細川佳純, 佐々木千尋, 樺沢阿子, 岩野英知, 環境ホルモン学会第15回研究発表会,   2012年12月
妊娠ラット肝臓における、ビスフェノールF代謝動態の解明, 光石和馬, 村上由里子, 奥山大輔, 細川佳純, 鈴木千鶴, 岩野英知, 井上博紀, 環境ホルモン学会第15回研究発表会,   2012年12月
Multidrug Resistance Associated Protein 2 を介したビスフェノールF 抱合体の輸送, 村上由里子, 細川佳純, 奥山大輔, 鈴木千鶴, 光石和馬, 岩野英知, 井上博紀, 環境ホルモン学会第15回研究発表会,   2012年12月
ラット肝灌流モデルを用いた、ビスフェノールF代謝・動態の雌雄差, 奥山大輔, 加藤美保, 光石和馬, 鈴木千鶴, 細川佳純, 岩野英知, 井上博紀, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年12月
ビスフェノールA暴露による次世代影響機序について, 岩野英知, 柳沢梨沙, 對馬澄人, 井上博紀, 横田博, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年12月
黄色ブドウ球菌によるウシ乳房炎へのファージ療法応用に関する検討, 岩野英知, 樋口豪紀, 井上博紀, 横田博, 永幡肇, 丹治保典, 田村豊, 第17回日本乳房炎研究会,   2012年10月
ビスフェノールA暴露による次世代影響機序について, 岩野英知, 柳沢梨沙, 對馬澄人, 井上博紀, 横田博, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年09月
イヌ乳腺腫瘍におけるuPA発現と腫瘍性状との相関, 早苗梓紗, 岩野英知, 中村更紗, 福本真也, 打出毅, 長尾幸奈, 遠藤能史, 平山和子, 谷山弘行, 廉澤剛, 横田博, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年09月
犬乳腺腫瘍におけるL-type amino acid transporter1 (LAT1)に関する研究, 福本真也, 華園究, 岩野英知, 遠藤大二, 林正信, 廉澤剛, 打出毅, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年09月
Mycoplasma bovisがウシ単核球サイトカインmRNAの発現量に及ぼす影響, 権平 智, 樋口豪紀, 岩野英知, 永幡 肇, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年09月
イヌ乳腺腫瘍における腫瘍診断マーカーの検索, 岩野英知, 蛯澤雅司, 早苗梓紗, 遠藤能史, 平山和子, 谷山弘行, 廉澤剛, 横田博, 北海道獣医師会・平成24年度獣医学術学会北海道地区学会・北海道獣医師大会,   2012年09月
北海道における子ウシ鼻腔内Mycoplasma 種の浸潤調査, 樋口豪紀, 岩野英知, 河合一洋, 榊原優子, 佐藤豊孝, 小岩政照, 田村豊, 永幡肇, 北海道獣医師会・平成24年度獣医学術学会北海道地区学会・北海道獣医師大会,   2012年09月
犬乳腺腫瘍におけるL-type amino acid transpoter1(LAT1)に関する研, 福本 真也, 華園 究, 石井 俊治, 大山 紀彦, 岩野 英知, 廉澤 剛, 打出 毅, 北海道獣医師会・平成24年度獣医学術学会北海道地区学会・北海道獣医師大会,   2012年09月
犬血管肉腫の診断における末梢血中Big endothelin-1(Big ET-1)の有, 吉田 智彦, 福本 真也, 華園 究, 岩野 英知, 宮庄 拓, 廉澤 剛, 打出 毅, 北海道獣医師会・平成24年度獣医学術学会北海道地区学会・北海道獣医師大会,   2012年09月
Characterization of novel Staphylococcus aureus bacteriophages with wide host ranges and their potential as therapeutic agents for bovine mastitis., 岩野 英知, World buiatrics congress 2012,   2012年06月
ラットにおける妊娠期低容量ビスフェノールA(BPA)暴露による胎仔影響メカニズムの解明~BPA代謝物の胎盤痛毛と胎仔内における活性化~, 西川美宇, 岩野英知, 井上博紀, 横田博,   2012年03月
イヌ乳腺腫瘍におけるホルモンレセプター遺伝子発現解析と細胞診遺伝子診断への応用,   2012年03月
犬乳腺腫瘍におけるL-type amino acid transporter 1(LAT1)の発現, 福本真也, 岩野英知, 華園究, 小松嵩広, 遠藤能史, 平山和子, 谷山弘行, 廉澤剛, 打出毅,   2012年03月
Mycoplasma bovisがウシ単核球サイトカインmRNAの発現量に及ぼす影響, 権平智, 樋口豪紀, 岩野英知, 永幡肇,   2012年03月
乳房炎由来ブドウ球菌に対するバクテリオファージの有効性と体内動態, 小林弘典, 岩野英知, 樋口豪紀, 井上博紀, 萩原克郎, 丹治保典, 永幡肇, 田村豊, 横田博,   2012年03月
ラット反転腸管を用いた、ビスフェノールF動態の解明, 樺澤, 岩野, 井上ほか,   2011年12月
ラット肝灌流モデルを用いた、ビスフェノールF動態の解明, 加藤, 岩野, 井上ほか,   2011年12月
ラット肝臓におけるビスフェノールA、ビスフェノールFおよびビスフェノールAFの抱合, 鈴木, 岩野, 井上ほか,   2011年12月
マウス胎仔各種臓器におけるビスフェノールAグルクロン酸抱合体の脱抱合活性, 菊池, 岩野, 井上ほか,   2011年12月
新生マウスの成長における肝臓のBPA代謝とUGT発現量の変動, 對馬, 岩野, 井上ほか,   2011年12月
臓器灌流モデルを用いた、ラット消化管におけるビスフェノールF代謝動態の解明, 井上, 岩野, 横田ほか,   2011年12月
ウシ乳房炎由来ブドウ球菌に対するバクテリオファージの有効性と体内動態, 小林, 岩野, 樋口, 井上, 丹治, 永幡, 横田, 田村ほか,   2011年09月
イヌ乳腺腫瘍におけるCaveolim-1発現と腫瘍性状との相関, 蛯澤, 岩野, 西川, 廉澤, 横田ほか,   2011年09月
マイコプラズマ性乳房炎の摘発を目的としたバルクスクリーニングの実施とその評価, 樋口, 岩野, 河合, 永幡ほか,   2011年09月
メタボローム解析によるビスフェノールAの妊娠期暴露影響の新規探索, 岩野英知, 西川美宇, 森田安奈, 柳沢梨沙, 對馬澄人, 井上博紀, 横田博,   2010年12月
臓器灌流モデルを用いたビスフェノールA体内動態の解明, 井上博紀, 西川美宇, 佐野千枝, 太田有耶, 櫻田泰樹, 岩野英知, 横田博,   2010年12月
妊娠期ビスフェノールA暴露による胎児脳のメタボローム解析~核酸合成系への影響, 森田安奈, 岩野英知, 西川美宇, 柳沢梨沙, 對馬澄人, 井上博紀, 横田博,   2010年12月
妊娠期ビスフェノールA暴露による胎児脳のメタボローム解析~葉酸代謝系への影響, 西川美宇, 岩野英知, 森田安奈, 柳沢梨沙, 對馬澄人, 井上博紀, 横田博,   2010年12月
黄色ブドウ球菌に対する特異的なファージを用いたウシ乳房炎治療応用への可能性, 岩野英知, 樋口豪紀, 井上博紀, 萩原克郎, 横田博, 永幡肇, 丹治保典, 田村豊,   2010年10月
妊娠期ビスフェノールA投与による胎児影響メカニズムの解明, 西川美宇, 岩野英知, 森田安奈, 柳沢梨沙, 井上博紀, 横田博,   2010年09月
ウシ乳房炎由来黄色ブドウ球菌に対するバクテリオファージの有効性, 井上裕介, 岩野英知, 樋口豪紀, 井上博紀, 高砂拓志, 萩原克郎, 丹治保典, 永幡肇, 田村豊, 横田博,   2010年09月
北海道におけるウシ乳房炎由来マイコプラズマ種の浸潤調査, 伊藤暢彦, 樋口豪紀, 岩野英知, 河合一洋, 大林哲, 永幡肇,   2010年09月
妊娠期ビスフェノールA投与による胎児影響メカニズムの解明, 西川美宇, 岩野英知, 柳沢梨沙, 森田安奈, 井上博紀, 横田博,   2010年03月
黄色ブドウ球菌の乳腺感染モデルマウスに対するファージセラピーの検討, 岩野英知, 樋口豪紀, 井上博紀, 井上裕介, 高砂拓志, 萩原克郎, 丹治保典, 永幡肇, 横田博,   2010年03月
牛マイコプラズマ性乳房炎の迅速簡易診断技術の開発とその応用に関する研究, 樋口豪紀, 岩野英知, 伊藤暢彦, 河合一洋, 草場信之, 大林哲, 廣瀬和彦, 横田博, 永幡肇,   2010年01月
Bisphenol A was transferred across placenta into the fetus as an inactivated metabolite and subsequently reactivated in hte fetus., 西川美宇, 岩野英知, 柳沢梨沙, 小池奈々子, 井上博紀, 横田博,   2009年12月
ラット胎仔小腸におけるビスフェノールAグルクロン酸抱合体動態の解明, 窪之内雅美, 佐野千枝, 西川美宇, 岩野英知, 井上博紀,   2009年12月
妊娠期におけるビスフェノールAの胎盤通過および胎仔蓄積メカニズムの解明, 西川美宇, 岩野英知, 柳沢梨沙, 井上博紀, 横田博,   2009年12月
ビスフェノールAによる胎仔大脳におけるエピジェネティクス調節系の撹乱, 柳沢梨沙, 岩野英知, 西川美宇, 森田安奈, 井上博紀, 横田博,   2009年12月
胎仔におけるビスフェノールAの蓄積メカニズムとエピジェネティック調節の撹乱, 岩野英知, 西川美宇, 柳沢梨沙, 森田安奈, 井上博紀, 横田博,   2009年12月
牛マイコプラズマ性乳房炎の迅速簡易診断技術の開発とその応用に関する研究, 樋口豪紀, 岩野英知, 河合一洋, 草場信之, 大林哲, 横田博, 永幡肇,   2009年09月
妊娠後期におけるビスフェノールA胎盤通過機序の解明, 柳沢梨沙, 西川美宇, 小池奈々子, 井上博紀, 岩野英知, 横田博,   2009年09月
イヌ乳腺腫瘍におけるSATB1発現と腫瘍動態との相関, 津山悠, 岩野英知, 山上雅人, 平山和子, 谷山弘行, 平体留美, 中尾千春, 小松嵩広, 遠藤能史, 廉澤剛, 横田博,   2009年09月
黄色ブドウ球菌の乳腺感染モデルマウスに対するファージセラピーの有用性, 岩野英知, 樋口豪紀, 井上博紀, 井上裕介, 萩原克郎, 丹治保典, 永幡肇, 横田博,   2009年09月
ナチュラルチーズ由来乳酸菌の薬剤耐性と伝達性, 岸本智子, 中島久美子, 石原加奈子, 上野弘志, 村松康和, 岩野英知, 石井智美, 田村豊,   2009年09月
Bisphenol A was transported across the placenta to fetus as an inactivated metabolite and subsequently reactivated in the fetus., 岩野 英知,   2009年08月
妊娠後期ラットにおけるビスフェノールAの胎盤通過機序の解明, 西川美宇, 岩野英知, 小池菜々子, 柳沢梨沙, 井上博紀, 横田博,   2008年12月
妊娠後期におけるビスフェノールA胎盤通過機序の解明, 小池菜々子, 岩野英知, 西川美宇, 柳沢梨沙, 井上博紀, 横田博,   2008年12月
ビスフェノールAの胎児毒性発揮におけるBPA代謝物の選択的な胎盤移行機序, 岩野英知, 西川美宇, 小池菜々子, 柳沢梨沙, 井上博紀, 横田博,   2008年12月
マイクロアレイを用いたイヌ乳腺腫瘍におけるDNAメチル化異常の検出, 岩野 英知, 北田 裕子, 山上 雅人, 西川 美宇, 松田 一哉, 平山 和子, 谷山 弘行, 廉澤 剛, 中村 正彦, 横田 博,   2008年09月
内分泌撹乱化学物質が引き起こすエピジェネティックな変化による次世代影響, 西川美宇, 岩野英知, 井上博紀, 松田一哉, 谷山弘之, 山舗直子, 横田博,   2008年09月
内分泌撹乱化学物質が引き起こすエピジェネティックな変化による次世代への影響, 西川美宇, 岩野英知, 井上博紀, 山舗直子, 横田博,   2007年12月
成雄ラットへのDES投与による精巣毒性発現における酸化ストレスの関与, 岩野英知, 尾首雅史, 村上正浩, 落合雄一郎, 松田有未, 井上博紀, 山舗直子, 横田博,   2007年12月
ホエイ蛋白含有αーラクトアルブミン並びにその加水分解物の新規鎮痛作用ー既知ラクトフェリン効果との比較, 和田慎司, 岩野英知, 加藤清雄, 斉藤征子, 大友英生, 原田悦守,   2007年09月
妊娠後期におけるビスフェノールAの胎盤通過機序の解明, 岩野英知, 真鍋志穂, 玉木百合, 西川美宇, 松田有未, 井上博紀, 山舗直子, 横田博,   2007年09月
成雄ラットへのDES投与による精巣毒性発現におけるNOの関与, 尾首雅史, 落合雄一郎, 岩野英知, 松田有未, 井上博紀, 山舗直子, 横田博,   2006年12月
成雄ラットへのDES投与による精巣毒性発現におけるNOの関与, 尾首雅史, 落合雄一郎, 岩野英知, 松田有未, 井上博紀, 山舗直子, 横田博,   2006年11月
エピジェネティクス制御に関わる蛋白質xMBD3による初期胚発生過程の遺伝子発現制御, 岩野英知, 渡邉愛, 横田博, 中村正彦, 竹島一仁,   2006年09月
伝統的アイヌ食に学ぶ, 石井智美, 貝澤美和子, 貝澤太一, 岩野英知, 井上博紀, 岩崎まさみ,   2005年09月
Monocarboxylate transpo-ter 1 (MCT1) in liver of pre-ruminant and adult bovines, ○Doaa kirat, 井上博紀, 岩野英知, 横田博, 谷山弘行, 加藤清雄,   2005年09月
アフリカツメガエル初期胚発生過程におけるメチル化DNA結合蛋白質(xMBD3)の役割, 岩野英知, 中村正彦, 横田博, 田嶋正二,   2005年09月
ラット肝灌流モデルを用いた、門脈中ビスフェノールAグルクロン酸抱合体の胆汁中への排泄, 内山信樹, 毛馬内志乃, 岩野英知, 横田博, 翁長武紀, 加藤清雄, 井上博紀,   2005年09月
ラット肝灌流モデルを用いた、ビスフェノールAグルクロン酸/硫酸抱合体動態の解明, 毛馬内志乃, 内山信樹, 岩野英知, 横田博, 翁長武紀, 加藤清雄, 井上博紀,   2005年09月
ES投与ラットにおける精巣毒性とテストステロン合成酵素への影響, 落合雄一郎, 厚木理彩, 井上博紀, 大道寺智, 岩野英知, 横田博,   2005年09月
ノニルフェノールによるラット肝でのエストラジオールの代謝、排泄の撹乱, 大道寺 智, 井上 博紀, 岩野 英知, 横田 博,   2005年09月
ビスフェノールAのラット子宮における代謝・動態, 岩野 英知,   2005年09月
北海道二風谷 先住民族の伝統的食文化の調査報告, 岩崎まさみ, 貝澤美和子, 貝澤太一, 岩野英知, 井上博紀, 石井智美,   2005年08月
ラット肝灌流モデルを用いたビスフェノールAグルクロン酸/硫酸抱合体動態の性差, 岩野 英知,   2004年12月
ラット消化管におけるdiethylstilbestrolの代謝・排泄, 岩野 英知,   2004年12月
ビスフェノールAのラット子宮上皮細胞及び間質細胞での代謝, 岩野 英知,   2004年12月
DES投与による成熟ラット精巣・下垂体組織および発現蛋白質の変化, 岩野 英知,   2004年12月
Expression and Distribution of Monocarboxylate Transporter1 (MCT1) in Gastrointestinal Tract of Calves, 岩野 英知,   2004年04月
ウマ血清、乳汁、乳腺組織におけるニューモシスティス・カリニの検出, 岩野 英知,   2004年04月
メチル化CpG結合蛋白質MBD3はMi-2/NuRD complexの重要な構成員でありXenopusの胚発生に重要である, 岩野 英知,   2002年05月
メチル化DNA結合タンパク質MBD3のアフリカツメガエル胚発生における重要性, 岩野 英知,   2001年12月
マウスメチル化CpG結合蛋白質(MBD4)の性質と新規アイソフォームの発現, 岩野 英知,   2001年10月
メチル化DNA結合蛋白質(MBD)の初期胚発生における重要性, 岩野 英知,   2001年10月
Expression of methyl-CpG binding proteins in Xenopus early embryos., 岩野 英知,   2001年10月
メチル化DNA結合蛋白質の初期発生における機能, 岩野 英知,   2001年06月
Expression of methyl-CpG binding proteins in Xenopus early embryos., 岩野 英知,   2001年03月
マウスメチル化DNA結合蛋白質(BD4)の新規アイソフォームの発見とその性質, 岩野 英知,   2001年03月
アフリカツメガエルの初期発生におけるメチル化DNA結合タンパク質の役割, 岩野 英知,   2000年12月
ラットUDP-グルクロン酸転移酵素(UGT1A6)における446番目アスパラギン酸残基の重要性とその役割, 岩野 英知,   1999年09月
Glucuronidation of the environmental estrogens bisphenol A and diethylstilbestrol by an isoform of UDP-glucuronosyltr ansferase, UGT2B1, in the rat liver., 岩野 英知,   1998年10月
A Critical Amino Acid Residue, Asp446,forEnzymatic Stability of UDP-glucuronosyltransferase, 岩野 英知,   1998年10月
UDP-グルクロン酸転移酵素における446番目のアスパラギン酸残基の役割, 岩野 英知,   1998年08月
UDP-グルクロン酸転移酵素における446番目のアスパラギン酸の働き, 岩野 英知,   1997年10月
UDP-グルクロン酸転移酵素における446番目のAspの重要性, 岩野 英知,   1997年09月
ラット肝UDP-グルクロン酸転移酵素(UGT1*O6) の酵母内発現とその酵素的性状, 岩野 英知,   1996年08月
Mycoplasma bovisのウシ滑膜細胞に対する侵入と局在, 片方 美智子, 西 航司, 岡本 真理子, 根布 貴則, 藤木 純平, 岩野 英知, 萩原 克郎, 権平 智, 樋口 豪紀, 第161回日本獣医学会学術集会

MISC

ファージセラピーの現状と動物医療への応用, 岩野英知、藤木純平、中村暢宏、権平智、樋口豪紀, 産業動物臨床医誌, 10, (2) 53 - 59,   2019年07月
ファージセラピーの臨床応用と課題, Bio Clinica 感染症とワクチン, 34,   2019年, 査読有り, 招待有り
ファージセラピーの臨床応用と世界の動向 - パターソン症例から, 藤木純平, 樋口豪紀, 岩野英知, ケミカルタイムス, 4,   2018年10月, 査読有り, 招待有り
ラットにおけるビスフェノール類の代謝動態の解明, 家子貴裕, 岡田実和, 林良弥, 大谷尚子, 佐々木千尋, 井上博紀, 藤木純平, 岩野英知, ENDOCRINE DISRUPTER NEWS LETTER (環境ホルモン学会ニュースレター), 21,   2018年07月, 招待有り
病原細菌に対するファージセラピー ~薬剤耐性菌問題の切り札となるか?~, 岩野 英知, 動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会 ニュースレター17号,   2018年06月, 査読有り, 招待有り
ロボット搾乳機導入酪農場における黄色ブドウ球菌(SA)罹患状況, 岩野英知, 樋口豪紀, 髙橋俊彦, 畜産の情報,   2018年03月
ラット肝灌流試験、及び硫酸転移酵素(SULTs)スクリーニング系を用いたビスフェノール類(BPs)代謝動態の解析, 藤木 純平, 家子 貴裕, 岡田 美和, 林 良弥, 井上 博紀, 西川 美宇, 生城 真一, 榊 利之, 岩野 英知, 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 20回,   2017年12月
獣医領域におけるファージセラピーの可能性, 岩野 英知, 家畜診療, 64, (8) 431 - 439,   2017年08月, 招待有り
イヌ血液中アミノ酸量の変化に基づいた腫瘍診断法の確立, 猿渡 菜美香, 大野 さや, 北澤 多喜雄, 井上 博紀, 福本 真也, 打出 毅, 遠藤 能史, 廉澤 剛, 岩野 英知, Veterinary Nursing, 22, (1) 29 - 29,   2017年07月
黄色ブドウ球菌(SA)の死菌接種によって産生されるポリクローナル抗体はSAに対する増殖阻害効果を有する, 古川 睦実, 米山 裕, 秦 英司, 岩野 英知, 樋口 豪紀, 安藤 太助, 佐藤 美佳, 林 智人, 菊 佳男, 長澤 裕哉, 新實 香奈枝, 宇佐美 克紀, 佐々木 志保, 伊藤 駿, 渡邊 康一, 麻生 久, 野地 智法, 家畜感染症学会誌, 5, (4) 181 - 181,   2016年12月
Pharmacokinetic study of adverse effects in offspring caused by prenatal Bisphenol F exposure, H. Iwano, N. Ohtani, N. Hozumi, H. Inoue, H. Yokota, TOXICOLOGY LETTERS, 259,   2016年10月, 10.1016/j.toxlet.2016.07.288
The mechanism of influences on the next-generation of mice caused by prenatal Bisphenol F exposure, N. Ohtani, H. Iwano, N. Hozumi, H. Inoue, H. Yokota, TOXICOLOGY LETTERS, 259,   2016年10月, 10.1016/j.toxlet.2016.07.287
Endothelin‐1(ET‐1)受容体拮抗薬による犬血管肉腫(HSA)に対する治療効果の基礎的検討, 福本真也, 岩野英知, 酒井洋樹, 打出毅, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 159th,   2016年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602290821775827
黄色ブドウ球菌のin vitroでの増殖阻害を可能にするウシポリクローナル抗体の作製, 古川睦実, 米山裕, 秦英司, 岩野英知, 樋口豪紀, 安藤太助, 佐藤美佳, 林智人, 菊佳男, 長澤裕哉, 新實香奈枝, 宇佐美克紀, 佐々木志保, 伊藤駿, 渡邊康一, 麻生久, 野地智法, 東北畜産学会報, 66, (2) 27 - 27,   2016年08月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602245434378520
犬血漿中アミノ酸量のバランス変化による腫瘍診断法の確立, 岩野英知, 猿渡菜美香, 大野さや, 樋口豪紀, 北澤多喜雄, 福本真也, 打出毅, 遠藤能史, 廉澤剛, 横田博, 北海道獣医師会雑誌, 60, (8) 406 - 406,   2016年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602243043412162
エクソソーム内miRNAを用いたLiquid Biopsyによる犬血管肉腫診断マーカーの探索, 長江嶺, 岩野英知, 蛯沢雅司, 渡邉大裕, 福本真也, 打出毅, 遠藤能史, 廉澤剛, 横田博, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 39th,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702222777203510
三尖弁逆流を伴う僧帽弁閉鎖不全症の犬の血清Big Endothelin-1濃度による肺高血圧症検出の試み, 華園究, 福本真也, 小川雄基, 吉田智彦, 吉田慧, 岩野英知, 宮庄拓, 打出毅, 動物の循環器, 49,   2016年, 10.11276/jsvc.49.1, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702224398720043
L‐type amino acid transporter1(LAT1)阻害薬の犬悪性黒色腫に対する治療効果, 福本真也, 河村芳朗, 岩野英知, 遠藤能史, 廉澤剛, 打出毅, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 158th,   2015年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502207129002321
競走馬の細菌性角膜炎に対するファージセラピーの有効性, 古澤貴章, 岩野英知, 樋口豪紀, 萩原克郎, 丹羽秀和, 田村豊, 感染症学雑誌, 89,   2015年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502212881115120
競走馬の細菌性角膜炎に対するファージセラピーの検討, 岩野英知, 冷清水雄太郎, 古澤貴章, 樋口豪紀, 永幡肇, 萩原克郎, 丹羽秀和, 片山芳也, 木下優太, 横田博, 田村豊, 北海道獣医師会雑誌, 58,   2014年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402288695854604
犬胆嚢粘液嚢腫とATP-binding cassette B4(ABCB4)遺伝子変異の関連, 鈴木 啓也, 福本 真也, 玉本 隆司, 岩野 英知, 打出 毅, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 157回,   2014年08月
犬膀胱移行上皮癌におけるEGFRの遺伝子発現及び免疫組織化学的発現, 華園究, 福本真也, 岩野英知, 谷山弘行, 廉澤剛, 打出毅, 日本獣医師会雑誌, 67,   2014年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402264612124115
イヌ乳腺腫瘍におけるTEM8発現と腫瘍性状との相関, 中村更紗, 岩野英知, 福本真也, 打出毅, 遠藤能史, 平山和子, 谷山弘行, 廉澤剛, 横田博, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th,   2013年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302271502657885
L‐type amino acid transpoter1(LAT1)阻害薬の犬乳腺腫瘍に対する治療効果, 福本真也, 華園究, 岩野英知, 溝奥尋子, 松田一哉, 谷山弘行, 廉澤剛, 打出毅, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 156th,   2013年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302271689490644
犬膀胱移行上皮癌におけるEGFRの遺伝子発現および免疫組織化学的発現, 華園究, 福本真也, 岩野英知, 河村芳朗, 遠藤能史, 谷山弘行, 廉澤剛, 打出毅, 北海道獣医師会雑誌, 57,   2013年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302216172823545
犬のBig Endothelin‐1の血管肉腫腫瘍マーカーとしての特異性, 吉田慧, 福本真也, 華園究, 岩野英知, 宮庄拓, 遠藤能史, 廉澤剛, 打出毅, 北海道獣医師会雑誌, 57,   2013年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302231295021620
犬血管肉腫の診断における末梢血中Big endothelin‐1(Big ET‐1)の有用性, 吉田智彦, 福本真也, 華園究, 岩野英知, 廉沢剛, 打出毅, 日本獣医師会雑誌, 66,   2013年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302236987959647
宮城県石巻市津波被災地域における環境リスクおよび仮設住宅居住者の現状, 蒔田浩平, 伊下一人, 渡辺洋子, 茅野大志, 萩原克郎, 浅川満彦, 小川健太, 能田淳, 佐々木均, 中谷暢丈, 樋口豪紀, 岩野英知, 田村豊, Journal of Epidemiology, 23,   2013年01月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502253576358126
妊娠後期におけるビスフェノールA暴露による次世代影響機序, 岩野 英知, 大谷 尚子, 須田 光紫, 柳沢 梨沙, 種村 健太郎, 井上 博紀, 横田 博, 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 15回,   2012年12月
妊娠後期ビスフェノールA暴露による次世代個体の行動への影響, 大谷 尚子, 岩野 英知, 須田 光紫, 柳沢 梨沙, 種村 健太郎, 井上 博紀, 横田 博, 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 15回,   2012年12月
犬乳腺腫瘍におけるL‐type amino acid transporter1(LAT1)に関する研究, 福本真也, 華園究, 岩野英知, 遠藤大二, 林正信, 廉澤剛, 打出毅, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 154th,   2012年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202247834506494
犬血管肉腫の診断における末梢血中Big endothelin‐1(Big ET‐1)の有用性, 吉田智彦, 福本真也, 華園究, 岩野英知, 宮庄拓, 廉澤剛, 打出毅, 北海道獣医師会雑誌, 56,   2012年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202250590158627
犬乳腺腫瘍におけるL‐type amino acid transpoter1(LAT1)に関する研究, 福本真也, 華園究, 石井俊治, 大山紀彦, 岩野英知, 廉澤剛, 打出毅, 北海道獣医師会雑誌, 56,   2012年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202251745897959
宮城県石巻市津波被災地域における環境リスクの評価, 蒔田浩平, 伊下一人, 茅野大志, 萩原克郎, 浅川満彦, 小川健太, 能田淳, 佐々木均, 中谷暢丈, 樋口豪紀, 岩野英知, 田村豊, 獣医疫学雑誌, 16,   2012年07月20日, 10.2743/jve.16.9, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202245200355113
犬乳腺腫瘍におけるL‐type amino acid transporter1(LAT1)の発現, 福本真也, 岩野英知, 華園究, 小松嵩弘, 遠藤能史, 平山和子, 谷山弘行, 廉澤剛, 打出毅, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 153rd,   2012年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202232645194603
アイヌ民族が伝承してきたシケレペの効用に関する研究, 石井智美, 玉城美佳, 柴田千晶, 岩野英知, 酪農学園大学紀要, 32, (2) 139 - 144,   2008年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006630170
Expression of monocarboxylate transporter 1 in oral and ocular canine melanocytic tumors, Y. Shimoyama, Y. Akihara, D. Kirat, H. Iwano, K. Hirayama, Y. Kagawa, T. Ohmachi, K. Matsuda, M. Okamoto, T. Kadosawa, H. Yokota, H. Taniyama, VETERINARY PATHOLOGY, 44, (4) 449 - 457,   2007年07月, 10.1354/vp.44-4-449, Solid tumors are composed of a heterogeneous population of cells surviving in various concentrations of oxygen. In a hypoxic environment, tumor cells generally up-regulate glycolysis and, therefore. generate more lactate that must be expelled from the cell through proton transporters to prevent intracellular acidosis. Monocarboxylate transporter I (MCTI) is a major proton transporter in mammalian cells that transports monocarboxylates, such as lactate and pyruvate, together with a proton across the plasma membrane. Melanocytic neoplasia occurs frequently in dogs, but the prognosis is highly site-dependent. In this study, 50 oral canine melanomas, which were subdivided into 3 histologic subtypes, and 17 ocular canine melanocytic neoplasms (14 melanocytomas and 3 melanomas) were used to examine and compare MCTI expression. Immunohistochemistry using a polyclonal chicken anti-rat MCTI antibody showed that most oral melanoma exhibited cell membrane staining, although there were no significant differences observed among the 3 histologic Subtypes. In contrast, the majority of ocular melanocytic tumors were not immunoreactive. Additionally, we documented the presence of a 45-kDa band in cell membrane protein Western blots, and sequencing of a reverse transcriptase polymerase chain reaction band of expected size confirmed its identity as a partial canine MCTI transcript in 3 oral tumors. Increased MCTI expression in oral melanomas compared with ocular melanocytic tumors may reflect the very different biology between these tumors in dogs. These results are the first to document canine MCT1 expression in canine tumors and suggest that increased MCTI expression may provide a potential therapeutic target for oral melanoma.
Monocarboxylate transporter 1 (MCT1) in the liver of pre-ruminant and adult bovines, D. Kirat, H. Inoue, H. Iwano, H. Yokota, H. Taniyama, S. Kato, VETERINARY JOURNAL, 173, (1) 124 - 130,   2007年01月, 10.1016/j.tvjl.2005.07.005, This study investigated the distribution and expression of monocarboxylate transporter 1 (MCT1) in the livers of pre-ruminant calves and adult bovines (bulls and cows), using different molecular biological techniques. Reverse transcription-polymerase chain reaction (RT-PCR) verified the presence of mRNA encoding for MCT 1 in both pre-ruminant and adult bovine livers. Immunohistochemically, MCT1 was clearly demonstrated on the sinusoidal surfaces of bovine hepatocytes but its expression varied widely between pre-ruminants and adult bovines. In pre-ruminants, a faint hepatocellular expression of MCTI was observed in a few hepatocytes, whereas an intense immunoreactive staining for MCT1 was shown in the majority of adult bovine hepatocytes. Western blot analysis also confirmed the results of the immunohistochemistry. Quantitative immunoblotting, as estimated by densitometric analysis, showed that the level of MCT1 in the liver of adult bovines was 8-9-fold greater (P < 0.01) than that in pre-ruminant calf livers although no significant differences were detected between bulls and cows. The results demonstrated that NICTI may play a crucial role in the transport of propionate in bovine liver, suggesting that MCT1 expression may be influenced by developmental and metabolic regulations. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.
Monocarboxylate transporter 1 gene expression in the ovine gastrointestinal tract, D Kirat, H Inoue, H Iwano, K Hirayama, H Yokota, H Taniyama, S Kato, VETERINARY JOURNAL, 171, (3) 462 - 467,   2006年05月, 10.1016/j.tvjl.2004.12.009, In this study, we investigated the tissue distribution and expression of monocarboxylate transporter I (MCTI) along the gastrointestinal tract of sheep. Western blot analysis suggested the presence of MCTI as a 43-kDa protein in immunoblots of membranes from the various tissues examined. The results of Western blotting were further confirmed by immunohistochemical studies, which revealed intense immunoreactivity for the MCTI protein in the forestomach (rumen, reticulum and omasum) and large intestine (caecum, proximal and distal colon). Moderate reactivity, however, was detected in the abomasum, while no immunoreactivity could be seen in any regions of the small intestine examined. Furthermore, MCTI was expressed at the mRNA level as determined by reverse transcriptase polymerase chain reaction (RT-PCR), which showed a band of the expected size (300 bp) in all tissues examined. From these results we concluded that MCT1 protein is highly expressed and distributed in the stomach and large intestine of sheep suggesting that MCTI may play a significant role in the transport of short chain fatty acids and their metabolites in the gastrointestinal tract of ruminants. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.
Expression and distribution of monocarboxylate transporter 1 (MCT1) in the gastrointestinal tract of calves, D Kirat, H Inoue, H Iwano, K Hirayama, H Yokota, H Taniyama, S Kato, RESEARCH IN VETERINARY SCIENCE, 79, (1) 45 - 50,   2005年08月, 10.1016/j.rvsc.2004.11.007, In the present study the expression and distribution of monocarboxylate transporter I (MCTI) along the gastrointestinal tract (rumen, reticulum, omasum, abomasum, duodenum, jejunum, ileum, cecum and colon) of calves were investigated on both mRNA and protein levels. The expression of MCTI protein and its distribution were determined by Western blotting and immunohistochemical staining, respectively by using antibody for MCT1. MCT1 protein was visualized as a 43-kDa band on immunoblots of the membrane proteins prepared from the various regions examined, and it was more highly expressed in forestomach and large intestine than in abomasum and small intestine. With the use of reverse transcriptase-polymerase chain reaction, mRNA encoding for MCTI was demonstrated in the different tissues examined. The immunohistochemical study confirmed the Western blot findings and showed strong MCT1 immunopositive staining in the stratified squamous epithelia of the forestomach as well as the epithelial cells lining the digestive tract in the cecum, proximal colon, and distal colon. The results suggest that MCT1 may play a role in the transport of SCFA and their metabolites in the gastrointestinal tract of bovines. (c) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.
沙流川流域のアイヌ民族の食文化に関する応用研究(上), 岩崎グッドマンまさみ, 石井智美, 岩野英知, 貝澤美和子, 井上博紀, 北海学園大学大学院研究科年報 新人文学, 1,   2005年
ウマ血清,乳汁,乳腺組織におけるニューモシスティス・カリニの検出, 川迫 一史, 小嶺 美紗, 平山 和子, 佐古 敏郎, 秋原 祐子, 下山 由美子, 川田 耕司, 菊池 直哉, 宮庄 拓, 岩野 英知, 横田 博, 角田 修男, 岡本 実, 谷山 弘行, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 137回,   2004年03月
The significance of amino acid residue Asp446 for enzymatic stability of rat UDP-glucuronosyltransferase UGT1A6, H Iwano, H Yokota, S Ohgiya, A Yuasa, ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 363, (1) 116 - 120,   1999年03月, 10.1006/abbi.1998.1065, Asp446 in rat UDP-glucuronosyltransferase (UGT), UGT1A6, is an essential amino acid residue for its enzymatic activity (H. Iwano ef al. Biochem. J. 325, 587-591, 1997). The role of Asp446 in UGT1A6 was investigated by comparing some properties of UGT mutant proteins that have a single mutation (D446K, D446E, D446N, D446Q, D446A, and D446T). These mutants, except D446K, had catalytic activities toward l-naphthol and 4-methylumbelliferone. The UGT activities of D446E and D446N were about half of that of the wild type, and the activities of the other mutants were only about 1/5-1/10 of that of the wild type. The K-m values for l-naphthol of these mutants were similar to that of the wild type, while the values for UDP-glucuronic acid were slightly higher. The mutants were unstable in a low-pH buffer solution and were dramatically inactivated by heat treatments. Interestingly, after 30 min of treatment at 37 degrees C in the presence of UDP-glucuronic acid, the UGT activities of all functional mutants were elevated. These results suggest that Asp446 is an indispensable residue for folding a functional conformation of rat UGT1A6 by cooperation with UDP-glucuronic acid. (C) 1999 Academic Press.

特許

スタフィロコッカス・アウレウス溶菌性バクテリオファージ, 丹治 保典, 宮永 一彦, 岩野 英知, 樋口 豪紀, 井上 博紀, 田村 豊, 永幡 肇, 横田 博, 近藤 昭宏, 小倉 俊樹, 特願2009-293846, 特開2011-050373, 特許第5720045号
新規乳酸菌及び新規乳酸菌含有組成物, 萩原 克郎, 石井 智美, 岩野 英知, 森 ゆうこ, 特願2010-141049, 特開2012-000093, 特許第5610472号

受賞

  2019年09月, 第6回乳房炎サマーキャンプ, 最優秀発表賞, ウシ乳房炎由来Staphylococcus aureusに対する効果的なバクテリオファージの応用
  2019年08月, 第13回細菌学若手コロッセウム, 微生態特別賞, 黄色ブドウ球菌由来溶菌酵素(LysΦSA012)の機能解析
  2019年08月, 第85回日本細菌学会北海道支部会学術総会, 優秀発表賞, ファージ耐性化のFitness costはP. aeruginosaのファージ感受性にトレードオフを誘導する
  2019年04月, 第92回日本細菌学会総会, 優秀発表賞, ルオロキノロン耐性大腸菌HUE1に対する新規バクテリオファージの探索
  2018年09月, 日本獣医学会微生物学分科会, 第9回若手奨励賞, ウシ滑膜細胞における骨融解形成因子の同定およびその調節機構の解明
  2018年09月, 乳房炎サマーキャンプ実行委員会, 第5回乳房炎サマーキャンプ優秀ポスター賞, Mycoplasma bovisのウシ滑膜細胞に対する侵入機構の解明
  2017年12月, 環境ホルモン学会, 優秀発表賞, ラットにおけるビスフェノール類の代謝動態の解明
  2017年09月, 内外環境応答・代謝酵素研究会, 学生発表部門最優秀発表賞, ラット肝灌流によるビスフェノール類の代謝動態
  2017年07月, 日本学術振興会, ひらめきときめきサイエンス推進賞
  2015年02月, 日本獣医師会, 獣医学術学会賞
  2014年09月, 北海道獣医師会, 北海道地区学会長賞
  2012年09月, 北海道獣医師会, 北海道獣医師会長賞
  2010年10月, 日本獣医師会, 学術奨励賞
  2010年10月, 日本獣医師会, 日本産業動物獣医学会会長賞
  2010年04月, 北海道獣医師会, 北海道動物器薬協会会長賞
  2010年04月, 北海道獣医師会, 北海道獣医師会長賞
  2009年09月, 日本獣医師会, 北海道地区学会長賞
  1999年, 獣医学奨励賞(第21号)
  1999年, 日本獣医学会学術集会大会長賞
  1999年, Young Investigator Award, Japan Veterinary Council
  1999年, Best Paper Award, Japan Veterinary Council

競争的資金

文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 次世代ファージ療法の開発と臨床応用
日本学術振興会, 挑戦的研究(萌芽), 重症緑膿菌性肺炎に対するバクテリオファージ療法の前臨床試験
酪農学園大学, 酪農学園大学共同研究(競争的資金), 肝臓における硫酸抱合反応の包括的理解に向けた研究
日本学術振興会, ひらめきときめきサイエンス, 動物の体を守るミクロの決死隊 2017!!~細菌とミクロの戦士達~
農林水産省, 平成29年度抗菌性物質薬剤耐性評価情報整備事業, 乳房炎の臨床的ブレイクポイント等の検討
農林水産省, 農水委託プロジェクト研究, 薬剤耐性問題に対応した家畜 疾病防除技術の開発
農林水産省, 平成28年度 抗菌性物質薬剤耐性評価情報整備委託事業
独立行政法人農畜産業振興機構, 平成28年度畜産関係学術研究委託調査委託費
農研機構, 平成28年度委託プロジェクト研究
文科省, 科研費 基盤研究B, 細菌感染症に対するファージセラピーとファージワクチンの応用研究
厚生労働省, 科学研究費補助金, 神経系発生ー発達期の化学物質暴露による遅発中枢影響解析に基づく統合的な情動認知行動毒性評価系確立に資する研究
酪農学園大学, 学内共同研究, 被災地復興を目的とした環境アセスメント支援プロジェクト
日本エヌ・ユー・エス, 平成24年度EXTEND2010基盤的研究 易代謝性化学物質の体内動態と次世代への影響に関する研究
文科省, 科研費 基盤研究B, ウシ乳房炎制圧へのファージセラピーの実践的応用研究
厚生労働省, 科学研究費補助金, 神経系発生ー発達期の化学物質暴露による遅発中枢影響解析に基づく統合的な情動認知行動毒性評価系確立に資する研究
三井物産, 三井物産環境基金, 被災地復興を目的とした環境アセスメント支援プロジェクト
日本エヌ・ユー・エス, 平成23年度EXTEND2010基盤的研究 易代謝性化学物質の体内動態と次世代への影響に関する研究
日本エヌユーエス, 環境省フィージビリティースタディー, 平成22年化学物質の内分泌かく乱に関する総合的調査・研究業務 易代謝性化学物質の体内動態と次世代への影響に関する研究
北海道科学技術総合振興センター, スタートアップ研究補助金, ウシ乳房炎原因菌に対するファージセラピーの検討
財団法人 栗林育英学術財団, 個人研究費, ウシ乳房炎原因菌に対するファージセラピーによる乳房炎りりょうへの検討
酪農育英会, 研究奨励金, 乳房炎原因菌に対するファージセラピーによる乳房炎治療への検討〜抗生物質使用削減に向けて〜
メチル化DNAの役割
The role of DNA methylation
The role of methyl-CpG binding proteins in early development

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2019年07月31日 - 2019年08月01日, ウシのお医者さん体験「ウシのお乳を守れ ミクロの決死隊2019! 悪いバイ菌とミクロの戦士達」, 講師, 酪農学園大学社会連携センター ひらめき教室(小学生)
  2019年07月20日 - 2019年07月20日, HBC「あぐり王国北海道」, 出演, HBC北海道放送 報道制作センター 情報制作部 あぐり王国北海道NEXT
  2019年01月31日, 遺伝子って何?, 講師, 創造学園
  2019年01月31日, 遺伝子とは?, 講師, 創造学園
  2019年01月09日 - 2019年01月09日, ウシのからだのふしぎなしくみ, 講師, 酪農学園大学、遠軽町、湧別町、佐呂間町、オホーツク農業共済組合、えんゆう農業協同組合、湧別町農業協同組合、佐呂間町農業協同組合
  2018年09月29日 - 2018年09月29日, 古くて新しい科学で獣医療と革新する!, 講師, 酪農学園大学
  2018年08月06日 - 2018年08月07日, ウシのお医者さん体験!健康と病気の仕組みについて~ウシのお乳を守れ、ミクロの決死隊2018!!悪いバイ菌とミクロの戦士達, 講師, 酪農学園大学社会連携センター
  2018年08月02日 - 2018年08月03日, 動物の体を守るミクロの決死隊2018!!~細菌とミクロの戦士達~,ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ, 講師, 日本学術振興会
  2018年07月29日, 体のしくみを知ろう, 講師, 酪農学園大学社会連携センター
  2018年01月30日, 遺伝子とは?, 講師, 創造学園
  2017年08月07日 - 2017年08月08日, ウシのお医者さん体験!健康と病気の仕組みについて~ウシのお乳を守れ、ミクロの決死隊2017!!悪いバイ菌とミクロの戦士達, 講師, 酪農学園大学ひらめき教室
  2017年08月03日 - 2017年08月04日, 動物の体を守るミクロの決死隊2017!!~細菌とミクロの戦士達~,ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ, 講師, 文部科学省
  2016年08月09日 - 2016年08月10日, ひらめき事業, 出演, 酪農学園大学エクステンションセンター
  2016年08月02日 - 2016年08月03日, ひらめきトキメキサイエンス(文科省事業 中学生), 講師, 文科省
  2016年07月10日, 生命の誕生とは・体のしくみとは, 講師, 酪農学園大学エクステンションセンター
  2016年01月26日, 遺伝子ってなに?, 講師, 創造学園


教員総覧