獣医学群・獣医学類
教員 萩原克郎 ハギワラ カツロウ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2019/05/08

研究者基本情報

氏名

萩原克郎
ハギワラ カツロウ

所属(マスタ)

獣医学群・獣医学類, 教員

所属・職名

獣医学部 獣医学科
教授

学位

博士(獣医学)

所属学協会

腸内細菌学会
日本感染症学会
日本獣医学会
日本ウイルス学会
日本免疫学会

研究活動情報

研究分野

畜産学・獣医学, 基礎獣医学・基礎畜産学

研究キーワード

ウイルス、腸内細菌、腫瘍免疫、感染症免疫,

論文

Influence of changes in the intestinal microflora on the immune function in mice., Kishida S, Kato-Mori Y, Hagiwara K, The Journal of veterinary medical science, 80, (3) 440 - 446,   2018年02月, 査読有り
Socio-economic factors associated with voluntary rabies control measures in Vietnam., Kadowaki H, Duc PP, Sato K, Phuong PTM, Hagiwara K, Makita K, Preventive veterinary medicine, 157, 105 - 114,   2018年09月01日, 査読有り
Bacteriophage ΦSA012 Has a Broad Host Range against Staphylococcus aureus and Effective Lytic Capacity in a Mouse Mastitis Model., Iwano H, Inoue Y, Takasago T, Kobayashi H, Furusawa T, Taniguchi K, Fujiki J, Yokota H, Usui M, Tanji Y, Hagiwara K, Higuchi H, Tamura Y, Biology, 7, (1) ,   2018年01月, 査読有り
Survey of tick-borne zoonotic viruses in wild deer in Hokkaido, Japan., Uchida L, Hayasaka D, Ngwe Tun MM, Morita K, Muramatsu Y, Hagiwara K, The Journal of veterinary medical science, 80, (6) 985 - 988,   2018年06月, 査読有り
Determining the Frequency of Dry Lake Bed Formation in Semi-Arid Mongolia From Satellite Data, Demura Yuta, Hoshino Buho, Baba Kenji, McCarthy Christopher, Sofue Yuki, Kai Kenji, Purevsuren Tsedendamba, Hagiwara Katsuro, Noda Jun, LAND, 6, (4) ,   2017年12月, 査読有り
Zoonotic Enterobacterial Pathogens Detected in Wild Chimpanzees., McLennan MR, Mori H, Mahittikorn A, Prasertbun R, Hagiwara K, Huffman MA, EcoHealth, 15, (1) 143 - 147,   2017年11月, 査読有り
Regulation of Constitutive Interferon-Stimulated Genes (Isgs) in Tumor Cells Contributes to Enhanced Antitumor Response of Newcastle Disease Virus-Infected Tumor Vaccines., Takamura-Ishii M, Nakaya T, Hagiwara K, Cancers, 10, (6) ,   2018年06月, 査読有り
Problems in the Protection of Reintroduced Przewalski's Horses (Equus ferus przewalskii) Caused by Piroplasmosis., Tarav M, Tokunaga M, Kondo T, Kato-Mori Y, Hoshino B, Dorj U, Hagiwara K, Journal of wildlife diseases, 53, (4) 911 - 915,   2017年07月, 査読有り
Induction of antitumor response to fibrosarcoma by Newcastle disease virus-infected tumor vaccine., Takamura-Ishii M, Miura T, Nakaya T, Hagiwara K, Medical oncology (Northwood, London, England), 34, (10) ,   2017年09月, 査読有り
Postnatal changes in the relative abundance of intestinal Lactobacillus spp. in newborn calves., Takino T, Kato-Mori Y, Motooka D, Nakamura S, Iida T, Hagiwara K, The Journal of veterinary medical science, 79, (3) 452 - 455,   2017年03月, 査読有り
Neutralizing activities against seasonal influenza viruses in human intravenous immunoglobulin., Onodera H, Urayama T, Hirota K, Maeda K, Kubota-Koketsu R, Takahashi K, Hagiwara K, Okuno Y, Ikuta K, Yunoki M, Biologics : targets & therapy, 11, 23 - 30,   2017年, 査読有り
Sero-epidemiological analysis of vertical transmission relative risk of Borna disease virus infection in dairy herds., Ando T, Takino T, Makita K, Tajima M, Koiwa M, Hagiwara K, The Journal of veterinary medical science, 78, (11) 1672 - 1672,   2016年12月, 査読有り
Change in the responsiveness of interferon-stimulated genes during early pregnancy in cows with Borna virus-1 infection., Takino T, Okamura T, Ando T, Hagiwara K, BMC veterinary research, 12, (1) ,   2016年11月14日, 査読有り
Phage Therapy Is Effective in a Mouse Model of Bacterial Equine Keratitis., Furusawa T, Iwano H, Hiyashimizu Y, Matsubara K, Higuchi H, Nagahata H, Niwa H, Katayama Y, Kinoshita Y, Hagiwara K, Iwasaki T, Tanji Y, Yokota H, Tamura Y, Applied and environmental microbiology, 82, (17) 5332 - 5339,   2016年09月, 査読有り
Hepatitis E virus derived from different sources exhibits different behaviour in virus inactivation and/or removal studies with plasma derivatives., Yunoki M, Tanaka H, Takahashi K, Urayama T, Hattori S, Ideno S, Furuki R, Sakai K, Hagiwara K, Ikuta K, Biologicals : journal of the International Association of Biological Standardization, 44, (5) 403 - 411,   2016年09月, 査読有り
Isolation and characterization of a novel Rhabdovirus from a wild boar (Sus scrofa) in Japan., Sakai K, Hagiwara K, Omatsu T, Hamasaki C, Kuwata R, Shimoda H, Suzuki K, Endoh D, Nagata N, Nagai M, Katayama Y, Oba M, Kurane I, Saijo M, Morikawa S, Mizutani T, Maeda K, Veterinary microbiology, 179, (3-4) 197 - 203,   2015年09月, 査読有り
Viral detection by high-throughput sequencing., Motooka D, Nakamura S, Hagiwara K, Nakaya T, Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 1236, 125 - 134,   2015年, 査読有り
The influence of Borna disease viral infection on dairy cow reproduction., Hagiwara K, Ando T, Koiwa M, The Journal of veterinary medical science, 74, (4) 419 - 421,   2012年04月, 査読有り
Hepatitis E virus in Norway rats (Rattus norvegicus) captured around a pig farm., Kanai Y, Miyasaka S, Uyama S, Kawami S, Kato-Mori Y, Tsujikawa M, Yunoki M, Nishiyama S, Ikuta K, Hagiwara K, BMC research notes, 5,   2012年01月, 査読有り
Changes in acute-phase proteins and cytokines in serum and milk whey from dairy cows with naturally occurring peracute mastitis caused by Klebsiella pneumoniae and the relationship to clinical outcome., Hisaeda K, Arima H, Sonobe T, Nasu M, Hagiwara K, Kirisawa R, Takahashi T, Kikuchi N, Nagahata H, The Journal of veterinary medical science, 73, (11) 1399 - 1404,   2011年11月, 査読有り
Interleukin-6 in quarter milk as a further prediction marker for bovine subclinical mastitis., Sakemi Y, Tamura Y, Hagiwara K, The Journal of dairy research, 78, (1) 118 - 121,   2011年02月, 査読有り
Fermentation metabolites from Lactobacillus gasseri and Propionibacterium freudenreichii exert bacteriocidal effects in mice., Kato-Mori Y, Orihashi T, Kanai Y, Sato M, Sera K, Hagiwara K, Journal of medicinal food, 13, (6) 1460 - 1467,   2010年12月, 査読有り
Significant neutralizing activity of human immunoglobulin preparations against pandemic 2009 H1N1., Yunoki M, Kubota-Koketsu R, Urayama T, Sasaki T, Analiwa D, Konoshima Y, Ideno S, Fukunaga Y, Morikawa S, Hiroi S, Takahashi K, Okuno Y, Hagiwara K, Ikuta K, British journal of haematology, 148, (6) 953 - 955,   2010年03月, 査読有り
Leptin inhibits mitogen-induced proliferation of peripheral T lymphocytes from Holstein cows., Ahmed M, Kimura K, Soliman M, Yamaji D, Okamatsu-Ogura Y, Ishioka K, Makondo K, Hagiwara K, Saito M, Veterinary journal (London, England : 1997), 176, (3) 361 - 368,   2008年06月, 査読有り
Characterization of a Borna disease virus field isolate which shows efficient viral propagation and transmissibility., Watanabe Y, Ibrahim MS, Hagiwara K, Okamoto M, Kamitani W, Yanai H, Ohtaki N, Hayashi Y, Taniyama H, Ikuta K, Tomonaga K, Microbes and infection, 9, (4) 417 - 427,   2007年04月, 査読有り
Molecular characterization and functional expression of equine interleukin-1 type I and type II receptor cDNAs., Kirisawa R, Hashimoto N, Tazaki M, Yamanaka H, Ishii R, Hagiwara K, Iwai H, Veterinary immunology and immunopathology, 109, (3-4) 219 - 231,   2006年02月, 査読有り
The role of IFN-gamma in cattle infected with Theirelia sergenti., Hagiwara K, Tokuda M, Baba T, Yamanaka H, Kirisawa R, Tsuji M, Ishihara C, Iwai H, Veterinary parasitology, 127, (2) 105 - 110,   2005年01月, 査読有り
Changes in interleukin-6 concentration in peripheral blood of pre- and post-partum dairy cattle and its relationship to postpartum reproductive diseases., Ishikawa Y, Nakada K, Hagiwara K, Kirisawa R, Iwai H, Moriyoshi M, Sawamukai Y, The Journal of veterinary medical science, 66, (11) 1403 - 1408,   2004年11月, 査読有り
Epizootiologic survey for Babesia microti among small wild mammals in northeastern Eurasia and a geographic diversity in the beta-tubulin gene sequences., Zamoto A, Tsuji M, Wei Q, Cho SH, Shin EH, Kim TS, Leonova GN, Hagiwara K, Asakawa M, Kariwa H, Takashima I, Ishihara C, The Journal of veterinary medical science, 66, (7) 785 - 792,   2004年07月, 査読有り
Transient detection of proinflammatory cytokines in sera of colostrum-fed newborn calves., Yamanaka H, Hagiwara K, Kirisawa R, Iwai H, The Journal of veterinary medical science, 65, (7) 813 - 816,   2003年07月, 査読有り
Proinflammatory cytokines in bovine colostrum potentiate the mitogenic response of peripheral blood mononuclear cells from newborn calves through IL-2 and CD25 expression., Yamanaka H, Hagiwara K, Kirisawa R, Iwai H, Microbiology and immunology, 47, (6) 461 - 468,   2003年, 査読有り
Cytokine profile of a Holstein calf with bovine leukocyte adhesion deficiency during the acute-phase inflammatory response., Nagahata H, Hagiwara K, Kasamatsu M, Higuchi H, Kurosawa T, The Journal of veterinary medical science, 64, (12) 1141 - 1143,   2002年12月, 査読有り
Analysis of serum cytokine profile in a holstein heifer with leukocyte adhesion deficiency which survived for long period., Nagahata H, Hagiwara K, Higuchi H, Kirisawa R, Iwai H, The Journal of veterinary medical science, 64, (8) 683 - 687,   2002年08月, 査読有り
Nosological study of Borna disease virus infection in race horses., Hagiwara K, Okamoto M, Kamitani W, Takamura S, Taniyama H, Tsunoda N, Tanaka H, Iwai H, Ikuta K, Veterinary microbiology, 84, (4) 367 - 374,   2002年02月, 査読有り
Meriones meridianus and Lagurus lagurus as alternative definitive hosts of Echinococcus multilocularis and E. granulosus., Oku Y, Wei J, Chai JJ, Osman I, Wei J, Liao LF, Asakawa M, Hagiwara K, Kobayashi K, Ito M, Experimental animals, 51, (1) 27 - 32,   2002年01月, 査読有り
Northeast Asian Dust Transport: A Case Study of a Dust Storm Event from 28 March to 2 April 2012., 萩原 克郎, Atmosphere, 10, (69) , 査読有り

書籍等出版物

獣医微生物学 第4版, 萩原 克郎, 分担執筆, E型肝炎ウイルス, 文永堂,   2018年06月
Borna Disease Virus and its role in neurobehavioral disease. Edited by K. M. Carborne., Epidemiology and Infection of Natural Animal Hosts., ASM press, Washington, D.C.,   2002年

講演・口頭発表等

One HealthとE型肝炎, 萩原 克郎, モンゴル IVM研究所セミナー,   2019年01月31日
Takhiにおける腸内細菌叢, 萩原 克郎, HNP年度会議,   2019年01月27日
私たちと共に暮らす微生物, 萩原 克郎, ILRI Vietnam 研究所セミナー,   2019年01月23日
One health とヒトの健康, 萩原 克郎, One Health symposium講演,   2018年11月12日, 招待有り
A potential reservoir animal of hepatitis E virus in Mongolia, 萩原 克郎, 第66回日本ウイルス学会学術集会,   2018年10月29日
Influence of ruxolitinib, Janus-kinase (JAK) inhibitor, on Murine leukemia Virus (MuLV)multiplication, 萩原 克郎, 第66回日本ウイルス学会学術集会,   2018年10月29日
Possibility of Mx expression to reflect differences in Influenza virus susceptibility in birds, 萩原 克郎, 第66回日本ウイルス学会学術集会,   2018年10月29日
The concept of Onea Health in Zoonosis, 萩原 克郎, Mahidol大学熱帯医学部セミナー,   2018年08月27日, 招待有り
reatment of JAK inhibitor improve the infectivity to tumor and immune response by Newcastle disease virus-infected tumor vaccine, ○Mai Ishii, Takaaki Nakaya, Katsuro Hagiwara, 第65回日本ウイルス学会学術集会,   2017年10月
マウス線維肉腫に対するニューカッスル病ウイルス(NDV)感染線維肉腫ワクチンによる抗 腫瘍応答の誘導, ○高村 摩衣、中屋 隆明、萩原 克郎, 日本獣医学会,   2017年09月
ベトナム・タイグェン省の狂犬病ワクチン接種に関わる社会学的因子の解析, ○門脇 弾、萩原 克郎、佐藤 和夫、Phuc Pham Duc、蒔田 浩平, 日本獣医学会,   2017年09月
腸内細菌叢中のLactobacillus菌株特異的な炎症制御, ○岸田 滋史1 、加藤(森) ゆうこ、岡本 実、萩原 克郎, 日本獣医学会,   2017年09月
野生動物におけるE型肝炎ウイルス感染, 萩原 克郎, 日本獣医学会 食肉シンポジウム,   2017年09月, 招待有り
機能性乳酸菌Lactobacillus plantarum RGU-Lp1のインフルエンザ感染における炎症抑制, 萩原 克郎, 日本獣医学会,   2017年09月
Anti-viral effect of Lactobacilli on Influenza A (H1N1) virus infection., 萩原 克郎, International Union of Microbiological Societies Congresses,   2017年06月

作品

ELISA法によるウシサイトカイン検出系の確立,   1998年

MISC

呼吸の病態生理学 第51回 呼吸器疾患の臨床微生物学 2:呼吸器疾患関連ウイルスによる発症機序(後編), 萩原克郎, 鈴木一由, 加藤敏英, 臨床獣医, 34,   2016年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602292192288446
自然界由来のLactobacillus plantarumを用いたサイレージ製造, 石井智美, 森ゆうこ, 萩原克郎, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 41,   2016年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217359111392
呼吸器疾患関連ウイルスによる発症機序(後編), 萩原 克郎, 臨床獣医, 34,   2016年10月, 招待有り
道内で特用家畜・家禽として飼育されるアルパカ(Vicugna pacos)とエミュー(Dromaius novaehollandiae)の寄生虫保有状況に関する予備試験, 高野結衣, 竹内萌香, 立本完吾, 萩原克郎, 浅川満彦, 北海道獣医師会雑誌, 60,   2016年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602257790438430
呼吸の病態生理学 第50回 呼吸器疾患の臨床微生物学 1:呼吸器疾患関連ウイルスによる発症機序(前編), 萩原克郎, 鈴木一由, 加藤敏英, 臨床獣医, 34,   2016年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602214653251230
呼吸器疾患関連ウイルスによる発症機序(前編), 萩原 克郎, 臨床獣医, 9,   2016年09月, 招待有り
エゾシカにおけるE型肝炎ウイルス感染の疫学調査, 萩原克郎, 高橋万世, 加藤(森)ゆうこ, 加藤(森)ゆうこ, 岡本実, 浅川満彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 159th,   2016年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602216726879762
採卵鶏3種におけるワクチン応答の違いについて, 中村優臣, 瀧野祥司, 瀧野祥司, 峯苫健太, 加藤(森)ゆうこ, 萩原克郎, 北海道獣医師会雑誌, 60,   2016年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602269636157263
大気ブラックカーボン及びその役割を知る, 安成哲平, 兼保直樹, 能田淳, 星野仏方, 野口泉, 村尾直人, 秋山雅行, 藤岡真路, 馬場賢治, 萩原克郎, 甲斐憲次, 山口高志, 鈴木啓明, 松本利恵, 細氷(Web),   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802267117231037
北海道内乳牛におけるボルナ病ウイルスの感染状況の把握, 小林洋平, 近藤達成, 加藤(森)ゆうこ, 安藤達哉, 小岩政照, 萩原克郎, 北海道獣医師会雑誌, 59,   2015年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502211864098666
乳牛におけるボルナ病ウイルス母子感染の分析疫学的相対リスク, 安藤達哉, 小林洋平, 近藤達成, 蒔田浩平, 田島誉士, 萩原克郎, 小岩政照, 北海道獣医師会雑誌, 59,   2015年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502206183800148
競走馬の細菌性角膜炎に対するファージセラピーの有効性, 古澤貴章, 岩野英知, 樋口豪紀, 萩原克郎, 丹羽秀和, 田村豊, 感染症学雑誌, 89,   2015年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502212881115120
C-3 下北半島に生息するニホンザル(Macaca fuscata)の寄生虫症および感染症に関する疫学調査, 浅川 満彦, 萩原 克郎, 村松 康和, 岡本 実, 渡辺 洋子, 三觜 慶, 霊長類研究所年報, 44,   2014年12月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005758467
牛初乳中の細菌叢と利用方法の検討, 高橋沙季, 武井誠子, 石井智美, 萩原克郎, 栄養学雑誌, 72,   2014年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402236455417002
生乳(初乳)中にLactobacillus plantarumを入れて発酵した際の細菌叢の変化, 武井誠子, 高橋沙季, 石井智美, 萩原克郎, 栄養学雑誌, 72,   2014年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402255704783221
競走馬の細菌性角膜炎に対するファージセラピーの検討, 岩野英知, 冷清水雄太郎, 古澤貴章, 樋口豪紀, 永幡肇, 萩原克郎, 丹羽秀和, 片山芳也, 木下優太, 横田博, 田村豊, 北海道獣医師会雑誌, 58,   2014年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402288695854604
マウス馴化vCJD株を用いた血漿分画製剤工程のプリオン除去, 上平崇, 久保純, 大久保祐士, 坂井薫, 加藤(森)ゆうこ, 萩原克郎, 生田和良, 柚木幹弘, 血液事業, 37,   2014年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402204544946419
大脳萎縮が顕著に認められたボルナ病ウイルス抗体陽性の猫の1例, 坂大智洋, 新野猛, 萩原克郎, 二瓶和美, チェンバーズ ジェームズ, 内田和幸, 獣医神経病学会, 40th,   2014年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502265315208532
プロバイオティクスとプレバイオティクス~プレバイオティクスとしての発酵代謝産物の利用~, 加藤(森)ゆうこ, 安井勝巳, 後藤正光, 萩原克郎, 宮城県獣医師会会報, 67,   2014年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702222511586476
Lactobacillus plantarum投与マウスにおける抗炎症効果の検討, 加藤(森)ゆうこ, 萩原克郎, 日本細菌学雑誌, 69,   2014年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402299813946154
北海道日高地方におけるエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の内部寄生虫相および道内エゾシカ寄生日本産肝蛭(Fasciola sp.)の分布域について, 森昇子, 三觜慶, 鈴木瑞穂, 萩原克郎, 浅川満彦, 北海道獣医師会雑誌, 58, (2) 44 - 47,   2014年02月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402244380515022
北海道日高地方におけるエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の内部寄生虫相および道内エゾシカ寄生日本産肝蛭(Fasciola sp.)の分布域について, 森 昇子, 三觜 慶, 鈴木 瑞穂, 萩原 克郎, 浅川 満彦, 北海道獣医師会雑誌, 58, (2) 8 - 11,   2014年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005762005, 北海道において、エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の個体数は増加の一途をたどっており、その生息域はヒトの生活環境および家畜の飼養領域にまで達している。このため、エゾシカの排泄物を介して家畜やヒトへも肝蛭などの寄生虫感染の波及が懸念される。本研究では、2011年11月から2012年9月において、北海道日高地方で得られたエゾシカの新鮮直腸便437検体について寄生虫検査を行い、内部寄生虫の感染状況を調査した。一般線虫卵の寄生率は95.0%、日本産肝蛭(Fasciola sp.)の寄生率は9.5%であった。今回の調査によりエゾシカにおける肝蛭寄生率は既報の釧路および十勝で報告されている寄生率と比較して低い値であった。この結果は、中間宿主であるヒメモノアラガイの道内分布域と関連性があると考えられた。
由来の異なるE型肝炎ウイルスの熱感受性の違いについて, 高橋一惠, 大久保祐士, 古木理恵, 服部眞次, 浦山健, 坂井薫, 柚木幹弘, 萩原克郎, 生田和良, 血液事業, 36, (3) 679 - 685,   2013年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402267579352769
C-4 下北半島に生息するニホンザル (Macaca fuscata) の寄生虫症および感染症に関する疫学調査, 浅川 満彦, 渡辺 洋子, 萩原 克郎, 村松 康和, 岡本 実, 後藤 俊二, 霊長類研究所年報,   2013年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005357124
血液製剤の安全対策―プリオン除去の現状―, 加藤(森)ゆうこ, 柚木幹弘, 生田和良, 萩原克郎, モダンメディア, 59, (9) 231 - 237,   2013年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302219531888142
高淘汰更新牛群におけるボルナ病ウイルスの感染状況と抗体陽性牛の母系血統的考察, 安藤達哉, 小岩政照, 萩原克郎, 及川伸, 太田浩運, 篠田浩二郎, 山本康朗, 矢崎美恵, 染谷勇介, 大野和吉, 藪崎尚弘, 阿部竜大, 北海道獣医師会雑誌, 57,   2013年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302275730263728
知床半島を中心に生息するエゾシカCervus nippon yesoensisから見出された外部寄生虫性昆虫2種の記録, 水主川剛賢, 石名坂豪, 増田泰, 小川人士, 高須恵美, 森昇子, 萩原克郎, 浅川満彦, 知床博物館研究報告, (35) 11 - 14,   2013年05月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402278195919658
知床半島を中心に生息するエゾシカ Cervus nippon yesoensis から見出された外部寄生虫性昆虫2種の記録, 水主川 剛賢, 石名坂 豪, 増田 泰, 小川 人士, 高須 恵美, 森 昇子, 萩原 克郎, 浅川 満彦, 知床博物館研究報告, (35) 11 - 14,   2013年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761888, Case reports on two species of parasitic insects including Solenopotes sp. cf. binipilosus (Linognathidae: Anoplura) and Lipoptera fortisetosa (Hippoboscidae: Diptera) obtained from sika deer Cervus nippon yesoensis in Shiretoko Peninsula and its proximity, Hokkaido, Japan, were presented. Parasitism of Solenopotes sp. cf. binipilosus on C. nippon was first established, although a record of Solenopotes sp. without any morphological data was presented in the other part of Hokkaido in the 1990's. Photographs of both insect species and their brief epidemiological comments are given.
宮城県石巻市津波被災地域における環境リスクおよび仮設住宅居住者の現状, 蒔田浩平, 伊下一人, 渡辺洋子, 茅野大志, 萩原克郎, 浅川満彦, 小川健太, 能田淳, 佐々木均, 中谷暢丈, 樋口豪紀, 岩野英知, 田村豊, Journal of Epidemiology, 23,   2013年01月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502253576358126
P411 黄砂が運ぶ生物由来物質の時空間解析 : 2012年春季の事例(ポスター・セッション), 馬場 賢治, 能田 淳, 星野 仏方, 萩原 克郎, 大会講演予講集, 103,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009730713
機能性飼料投与による新生子牛の免疫機能変化, 和田雄治, 岡村卓, 加藤(森)ゆうこ, 萩原克郎, 北海道獣医師会雑誌, 56,   2012年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202288151910107
E型肝炎ウイルス(HEV)の熱感受性の違いについて, 高橋一恵, 大久保祐士, 古木理恵, 服部眞次, 浦山健, 坂井薫, 柚木幹弘, 萩原克郎, 生田和良, 血液事業, 35,   2012年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202298709979937
HEV mini‐pool‐NAT法確立とベネシスにおける原料血漿の試験成績, 皆木隆男, 井手野祥次, 上田千晶, 高橋一恵, 浦山健, 服部眞次, 坂井薫, 柚木幹弘, 萩原克郎, 生田和良, 血液事業, 35,   2012年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202207553492670
宮城県石巻市津波被災地域における環境リスクの評価, 蒔田浩平, 伊下一人, 茅野大志, 萩原克郎, 浅川満彦, 小川健太, 能田淳, 佐々木均, 中谷暢丈, 樋口豪紀, 岩野英知, 田村豊, 獣医疫学雑誌, 16,   2012年07月20日, 10.2743/jve.16.9, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202245200355113
飼育下チンパンジーにおける酸化ストレス評価に対する尿中8‐hydroxyguanosine(8‐OHdG)量測定ELISAキットを応用した一例, 大島由子, 水尾愛, 洲鎌圭子, 伊谷原一, 志村良治, 上林亜紀子, 高橋悟, 大沼学, 翁長武紀, 萩原克郎, 浅川満彦, 動物園水族館雑誌, 52, (4) 140 - 144,   2012年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202263046002995
Escherichia coliおよびKlebsiella pneumoniaeによる甚急性乳房炎牛の病態による原因菌の判別と予後評価, 久枝 啓一, 今村 智子, 園部 隆久, 杉山 美恵子, 那須 正信, 永幡 肇, 家畜衛生学雑誌, 37, (4) 121 - 130,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005451093, E. coliおよびK. pneumoniaeによる甚急性乳房炎牛における初診時の臨床所見、急性相蛋白濃度およびサイトカイン濃度からの原因菌の判別および治癒牛と廃用牛における初診時の臨床所見および急性相蛋白と予後との関連を検討した。原因菌病態識別値は、呼吸数40回/分、BUN値19mg/dL、血清および乳清中Hp濃度2000μg/mlであり半別スコアは2以上でK. pneunmoniaeと示された。E. coliの予後判別病態識別値は、総スコア8、BUN値17mg/dL、血清中Hp濃度2000μg/mlおよび乳清中Hp濃度1000μg/mlであり、予後判定スコア2以上、また、K. pneumoniaeの予後判別病態識別値は、総スコア8、BUN値22mg/dL、血清中Hp濃度2030μg/mlおよび乳清中Hp濃度2050μg/mlであり、予後判定スコア3以上で予後不良と示された。E. coliおよびK. pneumoniaeによる甚急性乳房炎の初診時のスコアリングにより原因菌の判別や予後判定が可能であり、治療方針の策定や治療法の選択に有用と考えられた。
Escherichia coliおよびKlebsiella pneumoniaeによる甚急性乳房炎牛の病態による原因菌の判別と予後評価, 久枝 啓一, 今村 智子, 園部 隆久, 杉山 美恵子, 那須 正信, 永幡 肇, 家畜衛生学雑誌, 37, (4) 121 - 130,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761798, This study was conducted to evaluate the characteristics and prognosis of dairy cows with naturally occurring peracute Escherichia coli (E. coli) and Klebsiella pneumoniae (K. Pneumoniae) mastitis on dairy farms. Clinical findings, concentrations of acute-phase proteins and cytokines in serum and milk from dairy cows with naturally occurring coliform mastitis were evaluated. The classification values for K. pneumoniae peracute mastitis of dairy cows were respiratory rates of 40 beats/min, blood urea nitrogen (BUN) 19 mg/di, haptoglobin (Hp) in serum and milk of 2000 μg/ml and score >2. The values for total score 8, BUN17mg/dl, serum Hp2000 μg/ml and milk Hp1000 μg/ml and score for prognosis > 2 were considered to be fatal by E. coli peracute mastitis. The values for total score 8, BUN22mg/dl, serum Hp2030 μg/ml, and milk Hp2050 μg/ml and prognosis score >3 were considered to be fatal in K. pneumoniae mastitis. The evaluation of dairy cows with peracute coliform-mastitis by scoring selective measures employed may be valuable for estimating pathogen causing coliform mastitis and its prognosis.
札幌市内のペットショップで販売されていたトカゲ類の寄生虫保有状況, 岩尾一, 篠田理恵, 吉田宗則, 吉田宗則, 萩原克郎, 浅川満彦, 北海道獣医師会雑誌, 56, (1) 5 - 7,   2012年01月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202216567278425
鳥類の感染・寄生虫症モニタリング調査に基盤を置く保全医学研究 : 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業2008年度~2010年度の概要, 浅川 満彦, 遠藤 大二, 萩原 克郎, 村松 康和, 寺岡 宏樹, 松田 一哉, 岡本 実, 谷山 弘行, 田村 豊, 横田 博, 鳥類臨床研究会報, (14) 25 - 28,   2011年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761666
試作発酵乳(TFM)200mlを21日間2回飲用した女子学生の排便状況と脂質代謝, 石井智美, 堀江雅美, 川見祥代, 森ゆうこ, 萩原克郎, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 36,   2011年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202290807422664
試作発酵乳(TFM)200mlを21日間2回飲用した女子学生の排便状況と脂質代謝, 石井 智美, 堀江 雅美, 川見 祥代, 森 ゆうこ, 萩原 克郎, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 36, (1) 67 - 73,   2011年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008678193
野鳥で観察された高病原性鳥インフルエンザの臨床所見および簡易検査における注意点, 渡辺有希子, 亀ケ谷千尋, 齊藤慶輔, 萩原克郎, 北海道獣医師会雑誌, 55,   2011年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102295840725766
マウス馴化型vCJDを用いた工程評価系;作用機序が異なる3種類のろ過膜のプリオン除去能評価, 久保純, 大久保祐士, 中川典子, 川見祥代, 坂井薫, 柚木幹弘, 萩原克郎, 生田和良, 血液事業, 34,   2011年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102285493397200
バイオ医薬品におけるプリオンの問題―ヒト赤血球を原料とする人工酸素運搬体をめぐる問題―, 柚木幹弘, 萩原克郎, 生田和良, 人工血液, 18, (4) 142 - 150,   2011年03月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102263905628110
知っておきたい!ボルナ病 ボルナ病ウイルスの疫学―家畜から野生動物まで―, 萩原克郎, 臨床獣医, 29,   2011年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102248323283348
E型肝炎ウイルスRNAの核酸増幅検査(NAT)用参照パネルの作製, 内田恵理子, 岡田義昭, 水澤左衛子, 柚木幹弘, 辻川宗男, 皆木隆男, 稲田耕一, 小西久郎, 五十嵐正志, 鈴木光, 嘉悦洋, 下瀬克郎, 萩原克郎, 安江博, 生田和良, 鈴木和博, 山口照英, 生化学,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202283172617203
Influenza A/H1N1 virus(seasonal/pandemic)に対する人免疫グロブリン製剤の抗体価, 井手野祥次, 浦山健, 辻川宗男, 柚木幹弘, 萩原克郎, 高橋和郎, 奥野良信, 生田和良, 感染症学雑誌, 84, (6) 813 - 814,   2010年11月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002219745619082
A型インフルエンザ感染マウスモデルにおける人免疫グロブリン製剤の投与効果, 小林不二夫, 萩原克郎, 浦山健, 柏原純一, 柚木幹弘, 高橋和郎, 奥野良信, 生田和良, 感染症学雑誌, 84,   2010年11月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002297550708006
動物の感染症から学ぶ Vol.5 E型肝炎ウイルス―食品媒介性の人獣共通感染症, 萩原克郎, 医学のあゆみ, 234, (12) 1131 - 1136,   2010年09月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002258908614321
動物の感染症から学ぶ(5)E型肝炎ウイルス--食品媒介性の人獣共通感染症, 萩原 克郎, 医学のあゆみ, 234, (12) 1131 - 1136,   2010年09月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017273874
乳牛の大腸菌群による甚急性乳房炎における低カルシウム血症とサイトカインとの関係, 久枝 啓一, 今村 智子, 有馬 春樹, 家畜診療, 57, (6) 371 - 376,   2010年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017170476
反芻家畜における血液代替物としての初乳, 萩原克郎, 人工血液, 18, (1) 9 - 14,   2010年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002217712122430
Lactobacillus gasseriおよびPropionibacterium freudenreichiiの発酵代謝産物による自然免疫賦活化作用, 加藤(森)ゆうこ, 折橋毅典, 世良健司, 萩原克郎, 腸内細菌学雑誌, 24,   2010年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002255757754240
獣医医療における血液代替物の意義, 萩原克郎, 人工血液, 17,   2009年09月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288071463678
黒毛和種牛および半血種馬にみられたボルナ病抗体陽性の2症例, 福永成己, 小松勝一, 大場光洋, 大西光徳, 渡邊敬文, 小岩正照, 萩原克郎, 北海道獣医師会雑誌, 53,   2009年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902271953078037
Lactobacillus gasseriおよびPropionibacterium freudenreichiiの発酵代謝産物混合剤がマウスにおけるリステリア菌排菌能に及ぼす影響, 加藤(森)ゆうこ, 折橋毅典, 佐藤倫子, 金井祐太, 世良健司, 萩原克郎, 腸内細菌学雑誌, 23,   2009年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286153904114
動物園で飼育されるニシローランドゴリラ (Gorilla gorilla gorilla) の尿中8-OHdG量を指標とした健康評価に関する予備研究-特に原虫感染個体との比較, 水尾 愛, 大島 由子, 今西 亮, 北田 祐二, 笠原 道子, 橋崎 文隆, 和田 晴太郎, 松永 雅之, 高井 進, 大沼 学, 翁長 武紀, 萩原 克郎, 真田 良典, 浅川 満彦, Japanese journal of zoo and wildlife medicine = 日本野生動物医学会誌, 14, (1) 77 - 80,   2009年03月01日, 10.5686/jjzwm.14.77, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007225779, Urinary 8-liydroxyguanosine (8-OHdG), a common biomarker of oxidative stress, was measured in 9 captive western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla) by EL1SA kit. T1ie data showed that urinary 8-OHdG ranged from 4.3 to 193.1 ng/mg creatinine. An individual range of median value was 6.8-52.4ng/mg creatinine. No statistically significant effect was found for infection of protozoan parasites (Balanitidium coil and Isospora sp.) without any symptoms (> 0.05). 生体内の酸化ストレスを評価する一般的な生体指標である尿中 8-hydroxyguanosine (以下・8-OHdG)量を国内飼育下の9頭のニシローランドゴリラにおいて定量した。検査対象個体に原虫感染が認められたが,臨床症状は観察されなかった。全個体の8-OHdG値 (ng/mg creannine)の範囲は4.3~193.1,各個体の中央値の幅は6.8~52.4であった。原虫陽性と陰性個体との8-OHdG値の比較を行い,有意差は認められなかった(>0.05)。
牛の内科実習 第76回 黒毛和種牛のボルナ病, 染谷勇介, 小岩政照, 鈴木一由, 田口清, 萩原克郎, 福永成己, 臨床獣医, 26, (10) 46 - 50,   2008年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902259635265359
母牛の産歴における黒毛和種子牛の免疫機能の比較, 中山哲也, 田原口貞生, 上野大作, 加藤(森)ゆうこ, 折橋毅典, 萩原克郎, 北海道獣医師会雑誌, 52,   2008年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290212012262
Escherichia coliによる乳牛の甚急性乳房炎における血清中および乳清中サイトカインの動態と臨床症状, 久枝啓一, 有馬春樹, 園部隆久, 那須正信, 萩原克郎, 桐沢力雄, 岩井浤, 永幡肇, 日本獣医師会雑誌, 61, (6) 443 - 448,   2008年06月20日, 10.12935/jvma1951.61.443, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294339310284
Escherichia coli による乳牛の甚急性乳房炎における血清中および乳清中サイトカインの動態と臨床症状, 久枝 啓一, 有馬 春樹, 園部 隆久, 那須 正信, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, 永幡 肇, 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association, 61, (6) 443 - 448,   2008年06月20日, 10.12935/jvma1951.61.443, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025574175, Escherichia coliによる甚急性乳房炎牛および健康牛の血清中ならびに乳清中サイトカイン (IL-1β, IL-1ra, IL-6, IFN-γおよびTNF-α) 濃度を測定し臨床症状との関連性を検討した.乳房炎牛群の初診時の血清中IL-1β, IL-6およびIFN-γ濃度は, 健康牛群のそれより高値であった.初診時の乳清中サイトカイン濃度は, いずれも健康牛群のそれよりも高値を示したが, 回復に伴い減少傾向が認められた.乳房炎牛群の初診時の血清中および乳清中IL-6濃度, 乳清中IFN-γ濃度と臨床症状との問に相関性 (それぞれP<0.05) を認めた.乳房炎牛群の初診時における血清中および乳清中サイトカイン濃度は, 全身ならびに乳房の特徴的な病態の発現に関与しているものと示唆される.
奈良公園におけるニホンジカ Cervus nippon のE型肝炎ウイルス疫学調査, 萩原 克郎, 辻 正義, 川渕 貴子, 鳥居 春己, 小林 朋子, 浅川 満彦, 石原 智明, Japanese journal of zoo and wildlife medicine = 日本野生動物医学会誌, 13, (1) 35 - 37,   2008年03月01日, 10.5686/jjzwm.13.35, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006781658, Hepatitis E Virus (HEV) infections have been reported in deer as well as in domestic animals; however, the precise epidemiological information regarding HEV infections in the Shika Deer in Nara Park in Japan remains to be investigated. In this study, we examined the anti-HEV antibodies and HEV-RNA in sera from 173 of female sika deer in the park. The reactivity to HEV antigen in the serum samples were low levels. The detection of HEV-RNA in sera from the deer revealed no positive samples by RT-PCR analysis. In conclusion, we could not able to identify the HEV antibody and HEV-RNA positive individual in the sika deer which inhabited Nara Park. Therefore, 1h possibility of the HEV infection in the deer of the park would be extremely low.
奈良公園におけるニホンジカ(Cervus nippon)のE型肝炎ウイルス疫学調査, 萩原克郎, 辻正義, 川渕貴子, 鳥居春己, 小林朋子, 浅川満彦, 石原智明, 日本野生動物医学会誌, 13, (1) 35 - 37,   2008年03月, 10.5686/jjzwm.13.35, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218604749252
ブタの胆管周囲嚢胞と胆管嚢胞における病理組織学的検索, 小嶺美紗, 岡本実, 溝奥尋子, 高田豊樹, 川迫一史, 周本剛大, 萩原克郎, 谷山弘行, 北海道獣医師会雑誌, 51,   2007年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288316321602
輸入牧草に混入し北海道にてその死体が確認されたホシムクドリSturnus vulgarisの記録とウイルス学的検査, 吉野智生, 国藤泰輔, 渡辺竜己, 久木田優美, 前田秋彦, 萩原克郎, 大沼学, 桑名貴, 村田浩一, 浅川満彦, 北海道獣医師会雑誌, 51, (3) 68 - 70,   2007年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257435271378
輸入牧草に混入し北海道にてその死体が確認されたホシムクドリSturnus vulgarisの記録とウイルス学的検査, 吉野 智生, 国藤 泰輔, 渡辺 竜己, 久木田 優美, 前田 秋彦, 萩原 克郎, 大沼 学, 桑名 貴, 村田 浩一, 浅川 満彦, 北海道獣医師会雑誌, 51, (3) 68 - 70,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005761172, 2007年1月17日、北海道日高町内某所の競走馬飼育施設内餌槽にてホシムクドリ Sturnus vulgalisのミイラ状の死体が発見された。当該牧草は北米ワシントン州から2006年11月某日に輸入されたロール状の乾草であったことから、この死体は北米から牧草に紛れて我が国に到達したと考えられた。北米産ホシムクドリはウエストナイル熱ウイルスの保有宿主種の一つとされるので、このウイルス感染を含む検査を実施した。その結果、陰性結果を得たが、本事例のように輸入牧草から本来我が国で生息しない動物(死体)が紛れ込んでいる可能性があり、今後も警戒する必要があろう。
腫瘍疾患を有する犬におけるリンパ球分画の動態, 山本竜太, 三輪祐一郎, 萩原克郎, 廉澤剛, 北海道獣医師会雑誌, 50,   2006年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262387199566
牛群検診で高体細胞を呈する乳牛に対するステビア抽出発酵液経口投与の効果, 酒見蓉子, 青木ひとみ, 藤平ひとみ, 小岩政照, 萩原克郎, 澤向豊, 北海道獣医師会雑誌, 50,   2006年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221030929126
乳房炎の新知見―ここまで進んだ乳房炎研究―サイトカインと予後診断, 萩原克郎, 獣医畜産新報, (1019) 453 - 457,   2006年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261291355404
サイトカインと予後診断 (特集 乳房炎の新知見--ここまで進んだ乳房炎研究), 萩原 克郎, 獣医畜産新報, 59, (6) 453 - 457,   2006年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007328076
ボルナ病ウイルス感染牛群における臨床および繁殖調査成績, 三好正一, 萩原克郎, 小岩政照, 青木創, 虻川孝秀, 望月誠, 山中栄, 北海道獣医師会雑誌, 49,   2005年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902227189128475
敗血症小動物モデル重症化における経時的採血の影響とその対策, 須田康一, 北川雄光, 小沢壮治, 才川義朗, 上田政和, 矢野和仁, 大山隆史, 小熊潤也, 田淵悟, 安藤崇史, 宮庄拓, 萩原克郎, 横田博, 石坂彰敏, 北島政樹, 外科と代謝・栄養, 39,   2005年06月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231199582619
牛新生子血清サイトカイン濃度と生後4ケ月間の疾病発生状況との関連, 平子毅, 久枝啓一, 泉賢一, 黒沢隆, 萩原克郎, 桐沢力雄, 岩井ひろし, 酪農学園大学紀要 自然科学編, 29, (2) 171 - 175,   2005年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278175899570
牛新生子血清サイトカイン濃度と生後4ヶ月間の疾病発生状況との関連, 平子 毅, 久枝 啓一, 泉 賢一, 黒澤 隆, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 29, (2) 171 - 175,   2005年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002970372
乳牛の分娩前後の末梢血中インターロイキン-6濃度変化と分娩後繁殖障害発症との関係(臨床繁殖学), 石川 行一, 中田 健, 萩原 克郎, 桐澤 力雄, 岩井 浤, 森好 政晴, 澤向 豊, Journal of Veterinary Medical Science, 66, (11) 1403 - 1408,   2004年11月25日, 10.1292/jvms.66.1403, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003963621, 乳牛では,分娩後の胎盤停滞,子宮内膜炎,卵胞嚢腫などの繁殖障害がその後の繁殖性,生産性を低下させる.これらの疾患を早期に診断し,予防法を開発することが重要な課題である.そこで本研究は,乳牛の妊娠末期の生殖,免疫機能と分娩後の繁殖障害発生との関連を明らかにするため,分娩前後の末梢血中IL-6濃度の動態について繁殖障害疾病群に分類し,検討した.供試牛は,分娩後に繁殖障害が認められなかった13頭,胎盤停滞8頭,予宮内膜炎4頭および卵胞嚢腫2頭で,これらの血中IL-6,プロジェステロン(P_4)およびエストラジオール-17β濃度を測定するため,分娩前後120日間にわたり血液採取を行った.供試牛の血中IL-6濃度は妊娠後期と比べ,分娩後は減少する動態を示した.胎盤停滞牛の分娩前血中IL-6とP_4濃度は,分娩後に繁殖障害が認められなかったものと比べ,低く推移した.子宮内膜炎牛の血中IL-6濃度は,高くなる傾向を示したが,P_4濃度には相違を認めなかった.以上の結果より,分娩前後の血中IL-6濃度のモニタリングは,分娩後生殖器疾患を予知する一つの指標になる可能性が示唆された.
第30回家畜診療等全国研究集会 入賞論文 農林水産省経営局長賞 バルク乳中体細胞数に影響を及ぼす要因の検討, 杉山 美恵子, 園部 隆久, 久枝 啓一, 家畜診療, 51, (10) 603 - 611,   2004年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006442750
房総半島に生息するニホンザル (Macaca fuscata) の寄生虫症および感染症に関する予備調査, 里吉 亜也子, 蒲谷 肇, 萩原 光, 谷山 弘行, 吉澤 和徳, 辻 正義, 萩原 克郎, 村松 康和, 浅川 満彦, Japanese journal of zoo and wildlife medicine = 日本野生動物医学会誌, 9, (2) 79 - 83,   2004年09月01日, 10.5686/jjzwm.9.79, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002665451, Because alien macaques (probably, Macaca mulatta) occur in the southern part of the Boso Peninsula, Japan, there is a possibility that their parasites and/or other pathogens may infect Japanese macaques (M.fuscata). To verify the possibility, this study was conducted mainly on parasites that included protozoan, helminth and arthropod, and other pathogens including Rickettsia and the Borna virus of 50 free ranging Japanese macaques in the peninsula. Consequently, 5 arthropod and nematode parasite species common to the Japanese macaque, namely Pedicinus obtusus, P.eurygaster, Streptopharagus pigmentatus, Strongyloides fulleborni, and Trichuris trichiura, were obtained in this survey. It is the first record of sites where Pedicinus spp. are seen in a host species.Coccidia and Babesia sp. were not obtained. Coxciella and the Borna virus from the same host samples will be published elsewhere. 千葉県房総半島にはアカゲザル(Macaca mulatta)と疑われるサル類が生息する。この外来種のサル類の存在により,在来種であるニホンザルへの新たな寄生体感染の危険性も指摘されている。そこで,この基礎情報として当該地域におけるニホンザルの寄生生物の保有状況を把握するため,有害駆除されたニホンザル50個体について,寄生虫(節足動物,蠕虫および原虫)全般および一部ウイルス・細菌の検査を実施した。その結果,Pedicinus obtusus, P.eurygaster, Streptopharagus pigmentatus, Storongyloides fulleborniおよびTrichuris trichiuraの5種の寄生虫が認められた。いずれもニホンザルにおいて既に報告のある種であった。シラミ類Pedicinus属2種の濃厚寄生が認められた個体については,両種の詳細な寄生部位の記録を行なった。今回の調査では,コクシジウム類とBabesia属の寄生は認められなかった。Rickettsia,Coxciellaおよびボルナウイルスの感染状況については,別に報告予定である。
ユーラシア大陸北東部の野鼠類に寄生するBabesia microtiの疫学調査(公衆衛生学), 座本 綾, 辻 正義, 魏 強, 趙 信衡, 申 二鉉, 金 東洙, LEONOVA Galina N., 萩原 克郎, 浅川 満彦, 苅和 宏明, 高島 郁夫, 石原 智明, The journal of veterinary medical science, 66, (7) 785 - 792, s-vii-s-viii,   2004年07月25日, 10.1292/jvms.66.785, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003960139, わが国の野鼠には神戸型および穂別型と呼ばれる2種類の新型Babesia microti様原虫の寄生が認められるのに対し,ヒトバベシア症の流行地である米国北東部に分布する北米型の原虫はほとんど見られない.これらの新型原虫が日本の近隣地域にも分布するかを調べるため,ユーラシア大陸北東部の3地域(韓国,ロシアウラジオストック,中国新彊ウイグル自治区)で野外疫学調査を実施した.24種の野鼠類合計387個体の血液からDNAを抽出し,B. microtiの小サブユニットリボゾームRNA遺伝子(rDNA)を標的としたnested PCRを行ったところ,いずれの地域からも陽性例が検出された.それらのrDNA塩基配列は全て北米型のB. microtiについて以前に報告されたものとほぼ同一であったが,β-tubulin遺伝子の塩基配列には明らかな地理的多様性が認められた.神戸,穂別および北米型の各β-tubulin遺伝子に特異的なプライマーを設定することでPCRによる型別が可能となったが,神戸および穂別型の原虫は上記3地域のいずれからも検出されなかった.以上の結果から,北米型B. microtiが北米大陸だけでなくユーラシア大陸の温帯地域にも広く分布していること,ならびに,神戸および穂別型は日本固有の原虫型である可能性が示された.
脳に感染するウイルス―日本におけるボルナ病ウイルスについて―, 萩原克郎, 酪農ジャーナル, 56, (7) 33 - 35,   2003年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213357486381
脳に感染するウイルス--日本におけるボルナ病ウイルスについて, 萩原 克郎, 酪農ジャ-ナル, 56, (7) 33 - 35,   2003年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/80016061494
牛白血球粘着不全症に罹患した子牛の急性炎症期におけるサイトカインプロファイル(短報)(免疫学), 永幡 肇, 萩原 克郎, 笠松 雅彦, 樋口 豪紀, 黒澤 隆, The journal of veterinary medical science, 64, (12) 1141 - 1143,   2002年12月25日, 10.1292/jvms.64.1141, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003886083, 牛白血球粘着不全症(BLAD)に罹患した子牛の急性反応期における血清サイトカイン,インターロイキンIL-1β,IL-6およびIL-8濃度ならびに好中球におけるそれらのmRNAの発現を検索した.正常対照牛における血清IL-1β濃度は2.7ng/ml以下であったが,143-162日齢のBLAD罹患子牛では8.7〜16.6ng/mlと増高を認めた.血清IL-6はBLAD罹患子牛の初診時(143日齢)において0.04ng/ml検出された.IL-1βとIL-8に対するBLAD罹患子牛の好中球mRNAの発現は対照牛のそれとほぼ同程度であった.BLAD罹患子牛の血清サイトカインレベルおよびサイトカインプロファイルはβ_2インテグリンの欠損に直接的な影響を受けず炎症刺激による修飾を受けるものと推察された.
長期間生存した牛白血球粘着不全症牛の血清サイトカイン動態に関する検討(臨床病理学), 永幡 肇, 萩原 克郎, 樋口 豪紀, 桐沢 力雄, 岩井 浤, The journal of veterinary medical science, 64, (8) 683 - 687, s・iv,   2002年08月25日, 10.1292/jvms.64.683, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920898, 骨髄移植を施した牛白血球粘着不全症(BLAD)牛のサイトカイン動態の検討を目的に臨床ならびに臨床病理学的観察を移植後27カ月目から死亡までの19カ月間に渡って実施した.疾患牛の臨床状態は概ね良好に推移した.持続性高γ-グロブリン血症と血清免疫グロブリンIgGの増高が継続して確認された.疾患牛の血清中IL-1βの濃度は15.8〜321.7ng/mlであり,最高値は血清中のIL-6のピークと一致した.血清IL-6は0.32〜27.9ng/mlであり,この増高は血清IgGの増加にほぼ付随した動きを示すように見られた.IL-1β,IL-6,IL-8および顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)の各mRNAは疾患牛の好中球において,対照牛のそれらに比較して増加していた.持続性高γ-グロブリンはIL-6 mRNAの発現増高とその血清レベルと関連しているように見られた.以上の結果は骨髄移植後の長期間の生存環境においては,貪食細胞のβ_2-インテグリン欠損状態において疾患牛の液性免疫産生の亢進とともに,血液中のサイトカイン活性ならびに好中球のサイトカイン発現の増高との関連性が示唆された.
新生子牛血清中サイトカイン動態とその意義, 山中仁木, 萩原克郎, 桐沢力雄, 岩井ひろし, 北海道獣医師会雑誌, 46,   2002年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902119911389516
ボルナ病発生牛のボルナ病ウイルス垂直感染, 岡本実, 小岩政照, 古岡秀文, 萩原克郎, 桐沢力雄, 岩井ひろし, 鈴木隆秀, 谷山弘行, 北海道獣医師会雑誌, 46,   2002年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902186707353960
IL-1レセプターアンタゴニスト(IL-1ra)のコンカナバリンAによる新生仔牛末梢血単核球幼若化反応に対する影響(短報)(免疫学), 山中 仁木, 片桐 慶人, 道見 真由美, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, The journal of veterinary medical science, 63, (8) 933 - 935,   2001年08月25日, 10.1292/jvms.63.933, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920721, 牛の初乳中にIL-1βとIL-1raが共存し, 仔牛血中に移行する事を先に報告した. そこで初乳中IL-1raの存在意義を考えるため, IL-1介在性のコンカナバリンAによる新生仔牛PBMC幼若化反応へのIL-1raの影響を調べた結果, IL-1raの前処置により有意に抑制されたが, IL-1βが共在した場合, この抑制は見られなかった. 以上よりIL-1raはIL-1βによる新生仔牛免疫機能活性に大きな影響はないと考えられた.
大腸菌性乳房炎牛の血清および乳清中IFN-γならびにTNF-α濃度の推移(短報)(免疫学), 久枝 啓一, 萩原 克郎, 江口 純子, 山中 仁木, 桐沢 力雄, 岩井 浤, The journal of veterinary medical science, 63, (9) 1009 - 1011,   2001年08月25日, 10.1292/jvms.63.1009, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920736, 大腸菌性乳房炎牛の血清と乳清を発生から2週間にわたり採取し, 牛IFN-γおよびTNF-α特異的ELISAで両サイトカインを測定し, 健康牛のそれと比較した.健康牛の血清と乳清中にはIFN-γはほとんど検出されず, TNF-αは低濃度検出された.乳房炎牛では, 乳房炎発症日の血清, 乳清中IFN-γおよび乳清中TNF-α濃度は健康牛と比べると有意に高かった.乳清中の両サイトカイン濃度は牛が回復するに伴い有意に低下した.
乳房炎り患時における臨床症状と炎症性サイトカインの動態, 秦秀明, 岡井和彦, 田原口貞夫, 萩原克郎, 北海道獣医師会雑誌, 45,   2001年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902130379634446
わが国における馬ボルナ病の初発生例, 岡本実, 萩原克郎, 桐沢力雄, 岩井ひろし, 谷山弘行, 北海道獣医師会雑誌, 45, (7) 205 - 207,   2001年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902197325119888
牛の免疫(6)牛の母子および新生子牛の免疫, 萩原 克郎, 家畜診療, 47, (7) 477 - 486,   2000年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004434061
ウシIL-1レセプターアンタゴニスト(bIL-1ra)検出ELISAの確立とその臨床試料への応用(短報), 山中 仁木, 久枝 啓一, 萩原 克郎, 桐沢 力雄, 岩井 浤, The journal of veterinary medical science, 62, (6) 661 - 664,   2000年06月25日, 10.1292/jvms.62.661, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920385, 大腸菌由来組換え型bIL-1ra, これに特異的なウサギIgGとそのビオチン標識したものを用いて検討したサンドイッチELISAの検出限界は約2ng/mlであった.本ELISAを乳房炎牛, 健康牛の血清, 乳清に応用した結果, 両群のIL-1raレベルに大きな違いは無いが, 廃用群の血清中IL-1ra/IL-1β値は治癒群に比べ, 有意に低かった.
母子免疫機構について, 臨床獣医, 17, (13) 20 - 24,   1999年
Seroprevalence of Borna Disease Virus in domestic animals in Xinjiang, China, Vet. Microbiol, 80: 383-389,   2001年, 10.1016/S0378-1135(01)00324-8
Detection of Cytokines in Bovine colostrum., Vet. Immunol. Immunopathol, 76: 183-190,   2000年, 10.1016/S0165-2427(00)00213-0
Concentrations of IL-6 in serum and whey from healthy and mastitic cows, Vet. Res. Communun, 25: 99-108,   2001年, 10.1023/A:1006400801305
Detection of Borna disease virus in a pregnant mare and her fetus. , Vet. Microbiol. , 72: 207-216,   2000年, 10.1016/S0378-1135(99)00206-0
Oral administration of IL-1βenhanced the proliferation of lymphocytes and the O2- production of neutrophils in newborn calves., Vet. Immunol. Immunopathol, 81: 59-69,   2001年, 10.1016/S0165-2427(01)00322-1
Nosological study of Borna Disease Virus infection in racehorses., Vet. Microbiol, 84: 367-374.,   2001年, 10.1016/S0378-1135(01)00446-1
The role of IFN-γ in cattle infected with Theirelia sergenti., Hagiwara K, Tokuda M, Baba T, Yamanaka H, Kirisawa R, Tsuji M, Ishihara C, Iwai H, Vet. Parasitol., 127, (20) 105 - 110,   2005年, 10.1016/j.vetpar.2004.09.022
Development of a sandwich ELISA assay for measuring bovine soluble type II IL-1 receptor (IL1R2) concentration in serum and milk. , Hagiwara K, Kitajima K, Yamanaka H, Kirisawa R, Iwai H, Cytokine, 3, (32) 132 - 136,   2005年, 10.1016/j.cyto.2005.08.007
Borna disease virus RNA detected in Japanese macaques (Macaca fuscata). , Hagiwara K, Tsuge Y, Asakawa M, Kabaya H, Okamoto M, Miyasho T, Taniyama H, Ishihara C, de la Torre JC, Ikuta K, Primates, 49, (1) 57 - 64,   2007年, 10.1007/s10329-007-0068-8
Distribution and Propagation of Hepatitis E Virus in Experimentally Infected Swine , Hagiwara K, Iwabub Y, Kanaia Y, Miyashoa T, Daidojib T, Yunoki M, Tsujikawa M, Ohkubo Y, Yasue H and Ikuta K, The Open Veterinary Science Journal, 1,   2007年
Tumorcidal Effect of Recombinant Newcastle Disease Virus. , Hagiwara K, Kadosawa T and Nakaya T, The Open Veterinary Science Journal, 2,   2008年
Bovine colostral CD8-positive cells are potent IFN-gamma-producing cells, Hagiwara K, Domi M, Ando J, Vet Immunol Immunopathol, 124, (1-2) 93 - 98,   2008年, 10.1016/j.vetimm.2008.02.018
Borna disease virus in Raccoons (Procyon lotor) in Japan. , Hagiwara K, Matoba Y, Asakawa M., J Vet Med Sci, 71, (8) 1009 - 1015,   2009年, 10.1292/jvms.71.1009
Long-term shedding of hepatitis E virus in the faeces of pigs infected naturally, born to sows with and without maternal antibodies. , Kanai Y, Tsujikawa M, Yunoki M, Nishiyama S, Ikuta K, Hagiwara K, J Med Virol, 82, (1) 69 - 76,   2009年, 10.1002/jmv.21647
Infectious prion protein in the filtrate even after 15nm filtration. , Yunoki M, Tanaka H, Urayama T, Kanai Y, Nishida A, Yoshikawa M, Ohkubo Y, Kawabata Y, Hagiwara K, Ikuta K. 2009. , Biologicals, 38, (2) 311 - 313,   2009年, 10.1016/j.biologicals.2009.10.018
Theileria sergentiピロプラズムの赤血球間での感染観察系の開発 (短報), 寺田 裕, 辻 正義, 中村 百合恵, 萩原 克郎, 高橋 清志, 石原 智明, The journal of veterinary medical science, 60, (1) 115 - 117,   1998年01月25日, 10.1292/jvms.60.115, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003918388, 牛赤血球置き換えSCIDマウスモデルを用いたTheileria sergentiピロプラズムの赤血球間での感染を観察する手法を開発した. ホルスタイン種赤血球に対するマウスモノクローナル抗体を作製, これを用いてSCIDマウスに移入したホルスタイン種赤血球と黒毛和種赤血球を免疫染色により識別し, 赤血球内のピロプラズムを同時に染色することによりピロプラズムの赤血球から赤血球への感染を経時的に観察することが可能となった.
ウマ,ウシ,ヒツジ,ネコおよびヒトにおけるボルナ病ウイルス感染状況, 中村 百合恵, 萩原 克郎, 中屋 隆明, 獣医畜産新報, 50, (3) 193 - 196,   1997年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001680900
Theileria sergenti感染動物実験モデルの作出とその応用, 萩原 克郎, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 20, (1) 131 - 132,   1995年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000363115
異種動物赤血球のSCIDマウスへの定着とその排除, 石原 智明, 辻 正義, 萩原 克郎, 日置 恭司, 有川 二郎, 東 市郎, 日本獣医学雑誌, 56, (6) 1149 - 1154,   1994年12月15日, 10.1292/jvms.56.1149, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003916178, 最近我々は, SCIDマウスにウシ赤血球を頻回輸血する方法で赤血球をマウスからウシに置き換えることが可能であること, この赤血球置き換えマウスはウシの小型ピロプラズマ症の病因原虫である Theileria sergenti を増殖させる実験モデルとなることなどを報告した. 本研究では, ウシなど異種動物赤血球のSCIDマウスへの定着とその排除について検討するため, ウシ, ヒト, ウマのほかマウス赤血球をSCIDマウスに輸血してその消長を追う一方で, マウス血漿中の血球排除因子についても検討した. PKH色素(Zyaxis Cell Science)で染色した赤血球の2.5×10^8個をマウスに輸血し, 時間を追って静脈血を採取し, 血液中の蛍光陽性細胞数を顕微鏡下で測定した. その結果, 標識赤血球数が輸血5分後の値の1/100に減少するまでの時間は血球によって特異的であり, ウシ, ヒト, ウマそれぞれ2〜7日, 4〜7時間, 1〜2時間であった. 対照としたマウス赤血球は, 血流中に50日以上存在し, マウスの赤血球寿命とほぼ一致した. 蛍光色素標識赤血球と非標識赤血球を同時に輸血した場合, 同種赤血球の組み合わせでは標識血球の排除が抑制されるのに対して, 異種血球の組み合わせではこのような効果が認められないこと, 培養した脾臓マクロファージによる異種動物赤血球貧食試験でヒト赤血球がウシ赤血球に比べて高率に貧食されることなどから, SCIDマウスの細網内皮系組織が特異的に異種赤血球を排除しているものと考えられた. また, SCIDマウスの補体第3成分がヒト赤血球に付着し, ウシ及びウマ赤血球に付着しないことがわかった. 従って, 少なくともヒト赤血球の排除にはマウスの補体が関与していると考えられた.
ウシ白血球粘着異常症(BLAD)におけるCD18変異遺伝子の検出, 田島 誉士, 入江 充洋, 桐沢 力雄, 萩原 克郎, 黒沢 隆, 高橋 清志, The journal of veterinary medical science, 55, (1) 145 - 146,   1993年02月15日, 10.1292/jvms.55.145, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003915772, 肺炎および重度の歯肉炎を呈した5および9か月齢の2頭の子牛が, ウシ白血球粘着異常症(BLAD)と診断された. これらのBLAD子牛とそれぞれの母牛(キャリアー牛)の白血球粘着分子CD18をコードする遺伝子をPCR法および制限酵素処理法により検索した. BLAD牛およびキャリアー牛のCD18をコードするmRNAと健康牛のmRNAのそれぞれ一部をPCR法により増幅し比較したところ, ヒト症例において報告されているようなmRNAの大きさの違いは認められなかった. しかし, ヒト症例において報告されている点突然変異部を含む領域をPCR法で増幅し, TaqIにより制限酵素処理したところ, 切断パターンの明らかな違いが確認された. したがって, ヒト症例の一家系において報告されている点突然変異が, BLADにおいても生じていることが示唆された. 本法は, 変異した遺伝子を持つキャリアー牛の摘発にも有効であると考えられた.

受賞

  1999年, 第128回日本獣医学会学術集会会長賞

競争的資金

受託研究, ウシの免疫に関する研究, ウシの年齢別免疫機能とストレス下におけるその影響
ボルナ病ウイルスの疫学的研究
E型肝炎ウイルスの疫学的研究と動物感染モデルにおける解析, ウイルスの感染動態と環境汚染モニタリングの検討

教育活動情報

担当経験のある科目

Fish pathology, Rakuno gakuen University
Biology, Rakuno Gakuen University
Virology, Rakuno Gakuen University
Microbiology, Rakuno Gakuen University, Kyoto Prefectural University of Medicine

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2018年08月01日 - 2019年08月31日, Mahidol 大学熱帯医学部 客員教授, 講師, Mahidol 大学


教員総覧