農食環境学群・食と健康学類
教員 大谷克城 オオタニ カツキ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2020/09/01

研究者基本情報

氏名

大谷克城
オオタニ カツキ

所属(マスタ)

農食環境学群・食と健康学類, 教員

所属・職名

農食環境学群 食と健康学類
教授

学歴

 - 1993年, 神戸大学, 農学研究科
 - 1991年, 摂南大学, 薬学部

学位

医学博士, 旭川医科大学

所属学協会

日本栄養改善学会
日本食品化学工学会
日本補体学会
日本動脈硬化学会
日本糖質学会
日本免疫学会
日本分子生物学会
日本生化学会

研究活動情報

研究分野

ライフサイエンス, 食品科学, 抗酸化機能
ライフサイエンス, 免疫学, 自然免疫
ライフサイエンス, 医化学

研究キーワード

ポリフェノール,
抗酸化物質,
動脈硬化,
スカベンジャー受容体,
自然免疫,
生体防御,
補体,
コレクチン,
レクチン,

論文

Eculizumab for Severe Thrombotic Microangiopathy Secondary to Surgical Invasive Stress and Bleeding., Yoko Fujita, Maho Terashita, Masahiko Yazawa, Yukitaka Yamasaki, Tomonori Imamura, Junichiro Kibayashi, Toshihiro Sawai, Yoshihiko Hidaka, Katsuki Ohtani, Norimitsu Inoue, Yugo Shibagaki, Internal medicine (Tokyo, Japan), Internal medicine (Tokyo, Japan), 59, (1) 93 - 99,   2020年, 査読有り
補体検査系10項目の構築とそれらの基準値策定, 大谷 克城, 井上 徳光, 日高 義彦, 若宮 伸隆, 補体, 補体, 56, (2) 13 - 22,   2019年12月, 査読有り
[New Complement Therapeutics in Complement-Related Diseases]., Nobutaka Wakamiya, Katsuki Ohtani, Yoshihiko Hidaka, Norimitsu Inoue, Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 71, (6) 555 - 564,   2019年06月, 査読有り
Changes in Mannose-Binding Lectin and Collectin Kidney 1 Levels in Sepsis Patients With and Without Disseminated Intravascular Coagulation., Mineji Hayakawa, Katsuki Ohtani, Nobutaka Wakamiya, Clin Appl Thromb Hemost, Clin Appl Thromb Hemost,   2019年01月, 査読有り
Three pentraxins C-reactive protein, serum amyloid p component and pentraxin 3 mediate complement activation using Collectin CL-P1, Nitai Roy, Katsuki Ohtani, Yoshihiko Hidaka, Yoshiro Amano, Yasuyuki Matsuda, Kenichiro Mori, Insu Hwang, Norimitsu Inoue, Nobutaka Wakamiya, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1861, (2) 1 - 14,   2017年02月, 査読有り
Three pentraxins C-reactive protein, serum amyloid p component and pentraxin 3 mediate complement activation using Collectin CL-P1., Nitai Roy, Katsuki Ohtani, Yoshihiko Hidaka, Yoshiro Amano, Yasuyuki Matsuda, Kenichiro Mori, Insu Hwang, Norimitsu Inoue, Nobutaka Wakamiya, Biochimica et biophysica acta. General subjects, Biochimica et biophysica acta. General subjects, 1861, (2) 1 - 14,   2017年02月, 査読有り
Collectin Kidney 1 Plays an Important Role in Innate Immunity against Streptococcus pneumoniae Infection, Insu Hwang, Kenichiro Mori, Katsuki Ohtani, Yasuyuki Matsuda, Nitai Roy, YounUck Kim, Yasuhiko Suzuki, Nobutaka Wakamiya, JOURNAL OF INNATE IMMUNITY, JOURNAL OF INNATE IMMUNITY, 9, (2) 217 - 228,   2017年, 査読有り
The collectins CL-L1, CL-K1 and CL-P1, and their roles in complement and innate immunity, Soren W. K. Hansen, Katsuki Ohtani, Nitai Roy, Nobutaka Wakamiya, IMMUNOBIOLOGY, IMMUNOBIOLOGY, 221, (10) 1058 - 1067,   2016年10月, 査読有り
Collectin CL-P1 utilizes C-reactive protein for complement activation., Nitai Roy, Katsuki Ohtani, Yasuyuki Matsuda, Kenichiro Mori, Insu Hwang, Yasuhiko Suzuki, Norimitsu Inoue, Nobutaka Wakamiya, Biochimica et biophysica acta, Biochimica et biophysica acta, 1860, (6) 1118 - 28,   2016年06月, 査読有り
Collectin CL-LK Is a Novel Soluble Pattern Recognition Receptor for Mycobacterium tuberculosis, Anthony Troegeler, Geanncarlo Lugo-Villarino, Soren Hansen, Voahangy Rasolofo, Maiken Lumby Henriksen, Kenichiro Mori, Katsuki Ohtani, Carine Duval, Ingrid Mercier, Alan Benard, Jerome Nigou, Denis Hudrisier, Nobutaka Wakamiya, Olivier Neyrolles, PLOS ONE, PLOS ONE, 10, (7) ,   2015年07月, 査読有り
Molecular basis of sugar recognition by collectin-K1 and the effects of mutations associated with 3MC syndrome, Umakhanth Venkatraman Girija, Christopher M. Furze, Alexandre R. Gingras, Takayuki Yoshizaki, Katsuki Ohtani, Jamie E. Marshall, A. Katrine Wallis, Wilhelm J. Schwaeble, Mohammed El-Mezgueldi, Daniel A. Mitchell, Peter C. E. Moody, Nobutaka Wakamiya, Russell Wallis, BMC BIOLOGY, BMC BIOLOGY, 13,   2015年04月, 査読有り
Scavenger receptor CL-P1 mainly utilizes a collagen-like domain to uptake microbes and modified LDL., Kenichiro Mori, Katsuki Ohtani, SeongJae Jang, YounUck Kim, Insu Hwang, Nitai Roy, Yasuyuki Matsuda, Yasuhiko Suzuki, Nobutaka Wakamiya, Biochimica et biophysica acta, Biochimica et biophysica acta, 1840, (12) 3345 - 56,   2014年12月, 査読有り
Scavenger receptor CL-P1 mediates endocytosis by associating with AP-2 mu 2, SeongJae Jang, Katsuki Ohtani, Atsushi Fukuoh, Kenichiro Mori, Takayuki Yoshizaki, Noritoshi Kitamoto, YounUck Kim, Yasuhiko Suzuki, Nobutaka Wakamiya, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1840, (11) 3226 - 3237,   2014年11月, 査読有り
Scavenger receptor CL-P1 mediates endocytosis by associating with AP-2μ2., Jang S, Ohtani K, Fukuoh A, Mori K, Yoshizaki T, Kitamoto N, Kim Y, Suzuki Y, Wakamiya N, Biochimica et biophysica acta, Biochimica et biophysica acta, 1840, (11) 3226 - 37,   2014年11月, 査読有り
Elevated plasma CL-K1 level is associated with a risk of developing disseminated intravascular coagulation (DIC), Kazue Takahashi, Katsuki Ohtani, Mykol Larvie, Patience Moyo, Lorencia Chigweshe, Elizabeth M. Van Cott, Nobutaka Wakamiya, JOURNAL OF THROMBOSIS AND THROMBOLYSIS, JOURNAL OF THROMBOSIS AND THROMBOLYSIS, 38, (3) 331 - 338,   2014年10月, 査読有り
Differential cell-protective function of two resveratrol (trans-3,5,4'-trihydroxystilbene) glucosides against oxidative stress., Ryusuke Hosoda, Atsushi Kuno, Yusuke S Hori, Katsuki Ohtani, Nobutaka Wakamiya, Azusa Oohiro, Hiroki Hamada, Yoshiyuki Horio, The Journal of pharmacology and experimental therapeutics, The Journal of pharmacology and experimental therapeutics, 344, (1) 124 - 32,   2013年01月, 査読有り
[Novel collectins play double roles in embryonic and fetal development as well as innate immunity]., Katsuki Ohtani, Nobutaka Wakamiya, Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 85, (1) 38 - 42,   2013年01月, 査読有り
Comparison of human blood concentrations of collectin kidney 1 and mannan-binding lectin, Takayuki Yoshizaki, Katsuki Ohtani, Wataru Motomura, Seong-Jae Jang, Ken-ichiro Mori, Noritoshi Kitamoto, Itsuro Yoshida, Yasuhiko Suzuki, Nobutaka Wakamiya, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 151, (1) 57 - 64,   2012年01月, 査読有り
Biological Functions of the Novel Collectins CL-L1, CL-K1, and CL-P1, Katsuki Ohtani, Yasuhiko Suzuki, Nobutaka Wakamiya, JOURNAL OF BIOMEDICINE AND BIOTECHNOLOGY, JOURNAL OF BIOMEDICINE AND BIOTECHNOLOGY, 2012,   2012年, 査読有り
Molecular cloning and functional analysis of scavenger receptor zebrafish CL-P1, Mitsuko Fukuda, Katsuki Ohtani, Seong-Jae Jang, Takayuki Yoshizaki, Ken-ichiro Mori, Wataru Motomura, Itsuro Yoshida, Yasuhiko Suzuki, Yutaka Kohgo, Nobutaka Wakamiya, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1810, (12) 1150 - 1159,   2011年12月, 査読有り
Molecular cloning and functional analysis of scavenger receptor zebrafish CL-P1., Mitsuko Fukuda, Katsuki Ohtani, Seong-Jae Jang, Takayuki Yoshizaki, Ken-Ichiro Mori, Wataru Motomura, Itsuro Yoshida, Yasuhiko Suzuki, Yutaka Kohgo, Nobutaka Wakamiya, Biochimica et biophysica acta, Biochimica et biophysica acta, 1810, (12) 1150 - 9,   2011年12月, 査読有り
The induction of human CL-P1 expression in hypoxia/reoxygenation culture condition and rat CL-P1 after ischemic/reperfusion treatment., Satoshi Koyama, Katsuki Ohtani, Jun Fukuzawa, Naoyuki Yao, Mitsuko Fukuda, Seong-Jae Jang, Naoyuki Hasebe, Kenjiro Kikuchi, Hiroyuki Itabe, Itsuro Yoshida, Yasuhiko Suzuki, Nobutaka Wakamiya, Biochimica et biophysica acta, Biochimica et biophysica acta, 1810, (9) 836 - 42,   2011年09月, 査読有り
Gene regulation function of the three specificity protein-1 (Sp1) within the human collectin placenta-1 proximal promoter, Youn Uck Kim, Katsuki Ohtani, Kenichiro Mori, Seong Jae Jang, Yasuhiko Suzuki, Nobutaka Wakamiya, GENES & GENOMICS, GENES & GENOMICS, 33, (3) 273 - 281,   2011年06月, 査読有り
Mannose binding lectin and lung collectins interact with Toll-like receptor 4 and MD-2 by different mechanisms., Takeyuki Shimizu, Chiaki Nishitani, Hiroaki Mitsuzawa, Shigeru Ariki, Motoko Takahashi, Katsuki Ohtani, Nobutaka Wakamiya, Yoshio Kuroki, Biochimica et biophysica acta, Biochimica et biophysica acta, 1790, (12) 1705 - 10,   2009年12月, 査読有り
Scavenger Receptor Collectin Placenta 1 (CL-P1) Predominantly Mediates Zymosan Phagocytosis by Human Vascular Endothelial Cells, SeongJae Jang, Katsuki Ohtani, Atsushi Fukuoh, Takayuki Yoshizaki, Mitsuko Fukuda, Wataru Motomura, Kenichiro Mori, Jun Fukuzawa, Noritoshi Kitamoto, Itsuro Yoshida, Yasuhiko Suzuki, Nobutaka Wakamiya, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 284, (6) 3956 - 3965,   2009年02月, 査読有り
Mannose-binding lectin variant alleles are not a risk factor for arterial thrombosis in Japanese patients with systemic lupus erythematosus(letter), Takahashi, R, Tsutsumi, A, Ohtani, K, Wakamiya, N, Sumida, T, Mod.Rheumatol., Mod.Rheumatol., 15,   2005年01月, 査読有り
Dual-chamber pacing in hypertrophic obstructive cardiomyopathy with biventricular outflow tract obstruction and severe drug-refractory symptoms in a 9-year-old girl., Ohtani K, Satoh A, Eto S, Satoh T, Ichinose K, Satoh S, Takahashi T, Koda M, Kinjo M, Yonesaka S, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 45, (6) 743 - 746,   2003年12月, 査読有り

書籍等出版物

シンプル微生物学(改訂第6版), 大谷 克城, 分担執筆, 第3編 感染防御と免疫 2. 自然免疫, 南江堂,   2018年03月
The novel collectins, CL-L1, CL-P1, CL-K1, Research Signpost,   2007年, 8130801558

講演・口頭発表等

妊娠高血圧症候群における補体マーカー検査および補体関連遺伝子解析についての検討, 根木 玲子, 宮田 敏行, 伊田 和史, 小西 妙, 中西 篤史, 吉松 淳, 小亀 浩市, 大谷 克城, 日高 義彦, 若宮 伸隆, 井上 徳光, 日本人類遺伝学会 第64回大会,   2019年11月06日
抗酸化機能分析からみる北海道果汁の評価, 若宮 伸隆, 大谷 克城, 第62回果汁技術研究発表会,   2019年09月20日
Biochemical and genetic analyses of complement-related factors in Japanese patients with hypertensive disorders of pregnancy, Norimitsu Inoue, Reiko Neki, Katsuki Ohtani, Yoshihiko Hidaka, Kazufumi Ida, Tae Yokouchi-Konishi, Atsushi Nakanishi, Jun Yoshimatsu, Koichi Kokame, Nobutaka Wakamiya, Toshio Miyata, 17th Europian Meeting on complement in human disease,   2019年09月15日
北海道産小果実の抗酸化機能について, 大谷 克城, 日本食品科学工学会 第66回大会 第11回 研究小集会 果汁,   2019年08月31日, 招待有り
補体検査プロジェクト報告 検査受諾状況と遺伝子検査, 日高 義彦, 井上 徳光, 中村 道子, 福森 泰雄, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 第56回 日本補体学会学術集会,   2019年08月24日, 招待有り
補体検査プロジェクト報告 補体関連タンパク質検査, 大谷 克城, 井上 徳光, 日高 義彦, 中村 道子, 福森 泰雄, 若宮 伸隆, 第56回 日本補体学会学術集会,   2019年08月24日, 招待有り
日本補体学会に依頼のあった先天性補体欠損症疑い患者の補体異常, 福森 泰雄, 日高 義彦, 中村 道子, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 塚本 浩, 井上 徳光, 第56回 日本補体学会学術集会,   2019年08月24日
広がる補体の可能性-基礎研究・病態- コレクチンと補体, 大谷 克城, 第56回 日本補体学会学術集会,   2019年08月23日, 招待有り
妊娠高血圧症候群における補体マーカー検査と補体関連遺伝子解析の検討, 根木 玲子, 宮田 敏行, 伊田 和史, 小西 妙, 中西 篤史, 吉松 淳, 小亀 浩市, 大谷 克城, 日高 義彦, 若宮 伸隆, 井上 徳光, 第56回 日本補体学会学術集会,   2019年08月23日
播種性淋菌感染を来した補体第7因子欠損の1例, 植田 康敬, 萩谷 英大, 影山 美沙紀, 米田 菜乃香, 木村 圭吾, 永澤 元規, 中神 太志, 西 功, 大谷 克城, 西村 純一, 井上 徳光, 若宮 伸隆, 金倉 譲, 楽木 宏実, 第56回 日本補体学会学術集会,   2019年08月23日
抗酸化機能分析教育研究センターのこれまでの取り組みと今後の展開について, 大谷 克城, 北海道栄養士会 研究教育栄養士協議会2019 年度 春期職域別専門研修会,   2019年06月15日, 招待有り
補体関連疾患の現状, 日高 義彦, 井上 徳光, 福森 泰雄, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 日本小児科学会,   2019年04月19日
食品素材の抗酸化能の評価技術, 大谷 克城, バイオ関連研究シーズ公開会 in 北海道,   2019年03月20日, 招待有り
日本補体学会による補体欠損症の検査方法の確立, 井上 徳光, 福森 泰雄, 大谷 克城, 日高 義彦, 赤澤 隆, 塚本 浩, 若宮 伸隆, 第2回日本免疫不全・自己炎症学会学術集会,   2019年02月02日
抗酸化機能分析研究センターにおける取り組み, 大谷 克城, 第28回 日本メイラード学会年会,   2018年10月06日, 招待有り
aHUSによる一次腎喪失後の二次腎移植例における補体因子の経時的観察, 三浦 正義, 東山 寛, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 第55回 日本補体学会学術集会,   2018年09月01日
播種性淋菌感染症を契機に先天性C6欠損症と診断した一例, 小暮 雅哉, 島田 利彦, 内田 隆一, 福森 泰雄, 大谷 克城, 塚本 浩, 若宮 伸隆, 井上 徳光, 第55回 日本補体学会学術集会,   2018年09月01日
補体検査システムにおける検査受諾状況, 日高 義彦, 井上 徳光, 福森 泰雄, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 第55回 日本補体学会学術集会,   2018年09月01日
デジタルPCR法を用いた日本人のC4遺伝子コピー数多型解析, 福森 泰雄, 日高 義彦, 中村 道子, 大谷 克城, 赤澤 隆, 塚本 浩, 若宮 伸隆, 井上 徳光, 第55回 日本補体学会学術集会,   2018年08月31日
Comprehensive analysis of complement proteins and genes in thrombotic microangiopathy in Japan, Yoshihiko Hidaka, Norimitsu Inoue, Yasufumi Ohtsuka, Toshihiro Sawai, Toshiyuki Miyata, Isao Osawa, Hidechika Okada, Taroh Kinoshita, Hideharu Sekine, Minoru Takahashi, Hiroshi Tsukamoto, Miki Nakao, Masaru Nonaka, Misao Matsushita, Tetsuro Yamamoto, Takahiko Horiuchi, Nobutaka Wakamiya, 27th International Complement Workshop,   2018年08月17日
補体関連タンパク質とその検査法, 大谷 克城, 移植腎病理研究会 第22回学術集会,   2018年07月21日, 招待有り
スカベンジャー受容体CL-P1を介した新規の補体活性化経路, 大谷 克城, ロイ ニタイ, 若宮 伸隆, 第55回 日本生化学会 北海道支部例会,   2018年07月13日, 招待有り

MISC

補体検査プロジェクト報告 検査受諾状況と遺伝子検査, 日高 義彦, 井上 徳光, 中村 道子, 福森 泰雄, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 補体, 56, (1) 21 - 22,   2019年07月
補体検査プロジェクト報告 補体関連タンパク質検査, 大谷 克城, 井上 徳光, 日高 義彦, 中村 道子, 福森 泰雄, 若宮 伸隆, 補体, 56, (1) 23 - 24,   2019年07月
妊娠高血圧症候群における補体マーカー検査と補体関連遺伝子解析の検討, 根木 玲子, 宮田 敏行, 伊田 和史, 小西 妙, 中西 篤史, 吉松 淳, 小亀 浩市, 大谷 克城, 日高 義彦, 若宮 伸隆, 井上 徳光, 補体, 56, (1) 40 - 41,   2019年07月
日本補体学会に依頼のあった先天性補体欠損症疑い患者の補体異常, 福森 泰雄, 日高 義彦, 中村 道子, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 塚本 浩, 井上 徳光, 補体, 56, (1) 57 - 58,   2019年07月
【補体標的治療の現状と展望】補体関連疾患に対する新規治療法, 若宮 伸隆, 大谷 克城, 日高 義彦, 井上 徳光, BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩, 71, (6) 0555 - 0564,   2019年06月, <文献概要>補体は,抗体を補助する分子として「補体」と名づけられた。その発見は100年以上前であるが,近年補体経路の機能の解明が飛躍的に進み,微生物感染症のみならず,さまざまな疾患の病態形成に補体系が深く関与することが明らかになっている。2007年,抗C5モノクローナル抗体であるエクリズマブ(ECZ)が米国で発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の薬剤として承認され,その後日本においても2010年PNH, 2013年に非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)に対して,ECZが承認された。このECZの成功は,製薬企業が補体系を標的とした新規薬剤の開発に参入する契機となり,現在世界中の製薬企業で補体薬の開発が進められている。現在承認されている補体薬と開発・治験中の補体薬について概説する。
補体関連疾患の現状, 日高 義彦, 井上 徳光, 福森 泰雄, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 日本小児科学会雑誌, 123, (5) 918 - 918,   2019年05月
【溶血性貧血up to date】補体系の役割と補体関連疾患, 大谷 克城, 日高 義彦, 井上 徳光, 若宮 伸隆, 血液内科, 78, (2) 184 - 191,   2019年02月
補体検査システムにおける検査受諾状況, 日高 義彦, 井上 徳光, 福森 泰雄, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 補体, 55, (1) 58 - 59,   2018年08月
デジタルPCR法を用いた日本人のC4遺伝子コピー数多型解析, 福森 泰雄, 日高 義彦, 中村 道子, 大谷 克城, 赤澤 隆, 塚本 浩, 若宮 伸隆, 井上 徳光, 補体, 55, (1) 60 - 61,   2018年08月
補体関連検査とその考え方, 大谷克城, 井上徳光, 若宮伸隆, 腎と透析, 83, (4) 538 - 543,   2017年10月, 特集 補体と腎疾患
補体関連疾患に対する網羅的な補体検査システムの構築, 井上 徳光, 日高 義彦, 大谷 克城, 大塚 泰史, 澤井 俊宏, 宮田 敏行, 大澤 勲, 岡田 秀親, 木下 タロウ, 関根 英治, 塚本 浩, 中尾 実樹, 水野 正司, 村上 良子, 堀内 孝彦, 若宮 伸隆, TMAレジストリーチーム, 補体, 54, (1) 19 - 21,   2017年09月
スカベンジャー受容体CL-P1は、Pentraxinを介して補体系を活性化する, ロイ・ニタイ, 大谷 克城, 日高 義彦, 天野 芳郎, 松田 泰幸, 森 健一郎, 黄 仁秀, 井上 徳光, 若宮 伸隆, 補体, 54, (1) 33 - 34,   2017年09月
日本補体学会における血栓性微小血管症(TMA)レジストリーと検査体制の現況, 日高 義彦, 井上 徳光, 大塚 泰史, 澤井 俊宏, 宮田 敏行, 大澤 勲, 大谷 克城, 岡田 秀親, 木下 タロウ, 関根 英治, 塚本 浩, 中尾 実樹, 水野 正司, 村上 良子, 堀内 孝彦, 若宮 伸隆, 日本小児腎臓病学会雑誌, 30, (1Suppl.) 116 - 116,   2017年05月
膜型コレクチンCL-P1は、CRPを介して補体経路を活性化する, Roy Nitai, 大谷 克城, 松田 泰幸, 森 健一郎, 黄 仁秀, 井上 徳光, 若宮 伸隆, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 89回,   2016年09月
新規コレクチンCL-K1は、マウスにおける肺炎球菌感染に対して防御的に働く, 黄 仁秀, 森 健一郎, 大谷 克城, 松田 泰幸, ロイ・ニタイ, 若宮 伸隆, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 89回,   2016年09月
コレクチンCL-K1の糖鎖認識と3MC症候群における変異の分子機構への影響, 大谷 克城, Girija Umakhanth Venkatraman, 森 健一郎, 吉崎 隆之, 松田 泰幸, 黄 仁秀, Roy Nitani, Wallis Russell, 若宮 伸隆, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回,   2015年12月
スカベンジャー受容体CL-P1は、CRPを介して古典的経路を活性化する, ロイ・ニタイ, 大谷 克城, 松田 泰幸, 森 健一郎, 黄 仁秀, 若宮 伸隆, 補体, 52, (1) 46 - 46,   2015年08月
コレクチン研究の新展開, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 補体, 51, (2) 13 - 21,   2014年12月
コレクチンCL-K1の凝固系への関与について, 大谷 克城, Takahashi Kazue, 早川 峰司, 森 健一郎, 黄 仁秀, 吉崎 隆之, 松田 泰幸, ニタイ・ロイ, 丸藤 哲, 若宮 伸隆, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 87回,   2014年10月
コレクチンCL-K1の生体防御機能に関する検討, 黄 仁秀, 森 健一郎, 松田 泰幸, ロイ・ニタイ, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 補体, 51, (1) 58 - 59,   2014年08月
コレクチンCL-L1の組織局在と分子構造に関する解析, 松田 泰幸, ニタイ・ロイ, 森 健一郎, 黄 仁秀, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 86回,   2013年09月
コレクチンCL-L1の組織局在と分子構造に関する解析, 松田 泰幸, ロイ・ニタイ, 森 健一郎, 黄 仁秀, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 補体シンポジウム講演集, 50,   2013年07月
コレクチンCL-K1血中濃度測定ELISAシステムの樹立と日本人における正常値について, 吉崎 隆之, 大谷 克城, 本村 亘, 張 成宰, 北元 憲利, 森 健一郎, 吉田 逸朗, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia, 88,   2013年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031165896, 著者最終原稿版
抗酸化機能分析研究センターの取り組みと「食品素材抗酸化データベース」の構築 The researcher consortium that carries the future, 大谷 克城, 和漢薬, 63, (2) 3 - 7,   2013年02月
新規コレクチンは生体防御と形態形成に関与する二重機能性分子である, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 生化学, 85, (1) 38 - 42,   2013年01月, 著者等はCL-K1遺伝子とMASP遺伝子が、哺乳類において自然免疫と形態形成に関与する二重機能性分子であると考えている。特に、コレクチンは分子内部に多様な機能ドメインを有しており、補体関連因子を含め、多様な生体内分子との結合が予想される。著者等が逆遺伝学法を用いて発見したCL-P1、CL-K1の新規コレクチン関連分子の二重機能性について概説した。
組織におけるコレクチンCL-K1の生化学的検討, 大谷 克城, 本村 亘, 吉崎 隆之, 森 健一郎, 松田 泰幸, 黄 仁秀, ニタイ・ロイ, 吉田 逸朗, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 85回,   2012年12月
コレクチンCL‐K1のマウスおよびヒト組織における発現検討, 大谷克城, 本村亘, 吉崎隆之, 森健一郎, 松田泰幸, HWANG Insu, CHANDRA Roy, 吉田逸朗, 鈴木定彦, 若宮伸隆, 日本糖質学会年会要旨集, 31st,   2012年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202225283012866
ゼブラフィッシュCL-P1の遺伝子クローニングとその機能解析, 福田 光子, 大谷 克城, 張 成宰, 吉崎 隆之, 森 健一郎, 本村 亘, 吉田 逸朗, 鈴木 定彦, 高後 裕, 若宮 伸隆, 北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia, 87,   2012年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030993088
コレクチンCL-K1の組織における発現検討, 大谷 克城, 本村 亘, 吉崎 隆之, 森 健一郎, 松田 泰幸, 黄 仁秀, ロイ・ニタイ, 吉田 逸朗, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 補体シンポジウム講演集, 49,   2012年08月
地方発バイオイノベーションの進展と機能性食素材開発 さっぽろバイオクラスター構想"Bio-S"の取組み、概要紹介 抗酸化機能分析研究センターによる拠点構築, 大谷 克城, 若宮 伸隆, FOOD Style 21, 16, (2) 23 - 24,   2012年02月
コレクチンCL-P1の生体における機能解明, 大谷 克城, 旭川医科大学研究フォーラム, 12,   2012年02月
コレクチンCL-K1のヒト血中濃度, 大谷 克城, 吉崎 隆之, 森 健一郎, 本村 亘, 松田 泰幸, 黄 仁秀, 吉田 逸朗, 金 然旭, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 補体シンポジウム講演集, 48,   2011年09月
各種アントシアニン類のヒト培養細胞への作用の比較, 竹内 昌之, 大谷 克城, 馬 艶菊, 加藤 早苗, 仙葉 愼吾, 加藤 剛志, 若宮 伸隆, 谷口 隆信, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 84回,   2011年09月
コレクチンCL-K1の機能について, 大谷 克城, 吉崎 隆之, 森 健一郎, 本村 亘, 黄 仁秀, 吉田 逸朗, 金 然旭, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 84回,   2011年09月
コレクチンCL‐P1のリガンド認識ドメインについての解析, 森健一郎, 大谷克城, JANG SeongJae, KIM YounUc, 本村亘, HWANG Insu, 吉田逸朗, 鈴木定彦, 若宮伸隆, 日本糖質学会年会要旨集, 30th,   2011年06月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102221588444941
コレクチンCL‐K1の糖鎖特異性と機能解析, 大谷克城, 吉崎隆之, 森健一郎, 本村亘, HWANG Insu, 吉田逸朗, KIM YounUck, 鈴木定彦, 若宮伸隆, 日本糖質学会年会要旨集, 30th,   2011年06月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102231066445587
コレクチンCL-P1の発生における役割解明, 大谷 克城, 旭川医科大学研究フォーラム, 11,   2011年02月
コレクチンCL‐K1の機能とヒト血中濃度について, 大谷克城, 吉崎隆之, 森健一郎, 本村亘, 松田泰幸, HWANG Insu, 吉田逸朗, KIM Younuck, 鈴木定彦, 若宮伸隆, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 34th,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202248210038336
スカベンジャー受容体CL-P1はAP-2μ2との結合によりOxLDLエンドサイトーシスを媒介する(SCAVENGER RECEPTOR, CL-P1 MEDIATES OXLDL ENDOCYTOSIS BY ASSOCIATING WITH AP-2 μ2), 張 成宰, 福應 温, 大谷 克城, 森 健一郎, 本村 亘, 吉田 逸朗, 若宮 伸隆, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 83回・33回,   2010年12月
コレクチンCL-K1の機能解析, 大谷 克城, 吉崎 隆之, 森 健一郎, 本村 亘, 吉田 逸朗, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 補体シンポジウム講演集, 47,   2010年09月
新規コレクチンの発見, 大谷 克城, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 旭川医科大学研究フォーラム, 10, (1) 2 - 12,   2010年02月, コレクチンは、コラーゲン様ドメインを内部構造にもつ、C型レクチンのスーパーファミリーであり、自然免疫に重要な役割を果たすと考えられている。我々は、従来の生化学的アプローチでは得ることができなかった新しいコレクチンファミリー(新規コレクチン)を、リバースジェネティックスを活用したアプローチにより、初めてクローニングすることに成功した。本稿では、3つの新規コレクチンのクローニングと構造および機能に関する最新の知見を紹介する。(著者抄録)
スカベンジャー受容体コレクチンCL-P1のリガンド認識ドメインの解析, 森 健一郎, 大谷 克城, 張 成宰, 金 然旭, 本村 亘, 孫 啓輝, 吉田 逸朗, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 82回,   2009年09月
アントシアニンとアントシアニジンのヒト培養細胞への作用の検討, 竹内 昌之, 大谷 克城, 馬 艶菊, 加藤 早苗, 若宮 伸隆, 谷口 隆信, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 82回,   2009年09月
ドメイン欠損CL-P1のリガンド結合解析, 森 健一郎, 大谷 克城, 張 成宰, 金 然旭, 本村 亘, 孫 啓輝, 吉田 逸朗, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 補体シンポジウム講演集, 46,   2009年08月
コレクチンCL‐P1のリガンド認識ドメインの解析, 森健一郎, 大谷克城, JANG SeongJae, KIM YounUck, 本村亘, SUN QiHui, 吉田逸朗, 鈴木定彦, 若宮伸隆, 日本分子生物学会年会講演要旨集, 32nd,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002267174782180
【自然免疫と生体防御レクチン】新規コレクチンCL-L1,CL-P1,CL-K1の構造と機能, 鈴木 定彦, 大谷 克城, 張 成宰, 本村 亘, 若宮 伸隆, 臨床検査, 52, (8) 861 - 869,   2008年08月, 10.11477/mf.1542101665, コレクチンは動物界において幅広く保存されているコラーゲン様構造を有する動物C型レクチンであり,自然免疫のキープレイヤーとして活躍していることが知られている.最近,従来の遺伝子クローニング戦略では得ることができなかった新しいコネクチンファミリー蛋白質(新規コレクチン)が,リバースジェネティックスを活用したアプローチによりヒト組織からクローニングされた.本稿では,新規コレクチンのクローニングと構造および機能に関する最新の知見を紹介する.(著者抄録)
ヒト血管内皮細胞では酵母ファゴサイトーシスはCL-P1が担う, 張 成宰, 大谷 克城, 森 健一郎, 本村 亘, 福澤 純, 吉田 逸朗, 若宮 伸隆, 補体シンポジウム講演集, 45,   2008年07月
Immunolocalization of a novel collectin CL-K1 in murine tissues, Wataru Motomura, Takayuki Yoshizaki, Katsuki Ohtani, Toshikatsu Okumura, Mituko Fukuda, Jun Fukuzawa, Kenichiro Mori, Seong-Jae Jang, Naoki Nomura, Itsuro Yoshida, Yasuhiko Suzuki, Yutaka Kohgo, Nobutaka Wakamiya, JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY, 56, (3) 243 - 252,   2008年03月, 10.1369/jhc.7A7312.2007, We have recently identified a novel collectin, CL-K1, that may play a role in innate immunity as a member of the collectin family. In this study using mice, we investigated the tissue distribution of CL-K1 for better understanding of its pathophysiological relevance. Real-time PCR analyses demonstrated that CL-K1 mRNA was expressed in all tissues tested. Immunohistochemical analyses demonstrated that CL-K1 was expressed in proximal tubules of kidney, in mucosa of the gastrointestinal tract, and in bronchial glands of bronchioles similar to the localization of SP-A and SP-D in these pulmonary structures. Immunohistochemistry also showed that CL-K1 was highly expressed in hepatocytes around the central which suggests that murine CL-K1 may be mainly produced in the liver and veins in liver, secreted into the blood stream as is human CL-K1. CL-K1 was especially detected in vascular smooth muscle in several types of tissues. In addition, it was also expressed in intestinal Paneth cells, in mesangial cells of kidney, in pancreatic islet D cells, and in neurons of the brain. It is of interest that this profile of CL-K1 expression is unique among the collectins. Together these histological findings may be useful for understanding the biological function of this novel collectin.
【胎盤】ヒト胎盤コレクチン1, 大谷 克城, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 臨床検査, 51, (13) 1714 - 1718,   2007年12月, 10.11477/mf.1542101393
肺コレクチンとマンノース結合レクチンは異なる機構でToll様受容体に結合する(Lung collectins and mannose binding lectin interact with Toll-like receptors by different mechanisms), 清水 健之, 西谷 千明, 光澤 博昭, 高橋 素子, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 黒木 由夫, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 80回・30回,   2007年11月
生体防御レクチンである新規コレクチンファミリーの発見とその役割, 若宮 伸隆, 大谷 克城, 坂本 隆志, 芥子 宏行, 福應 温, 張 成宰, 吉崎 隆之, 福田 光子, 小山 聡, 福澤 純, 本村 亘, 吉田 逸朗, 鈴木 定彦, 補体シンポジウム講演集, 44,   2007年08月
尾索動物ホヤのコレクチン遺伝子の検索と分子進化, 大谷克城, 安住薫, 鈴木定彦, JANG Seong‐Jae, 吉崎隆之, 森健一郎, 本村亘, 福澤純, 吉田逸朗, 若宮伸隆, 日本糖質学会年会要旨集, 27th,   2007年07月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902296148384647
酸化LDL研究の最前線 血液透析患者における血中酸化LDL値の決定因子, 福澤 純, 矢尾 尚之, 長谷部 直幸, 菊池 健次郎, 板部 洋之, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, 39回,   2007年06月
マンナン結合レクチンとコングルチニンの抗インフルエンザウイルス活性(短報)(Anti-Influenza A Virus Activities of Mannan-Binding Lectins and Bovine Conglutinin), 河合 高生, 加瀬 哲男, 鈴木 定彦, 江田 宗司, 坂本 隆志, 大谷 克城, 若宮 伸隆, The Journal of Veterinary Medical Science, 69, (2) 221 - 224,   2007年02月
ヒト胎盤コレクチン1, 大谷 克城, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 臨床検査, 51, (13) 1714 - 8,   2007年, 10.11477/mf.1542101393
Anti-influenza A virus activities of mannan-binding lectins and bovine conglutinin., Kawai T, Kase T, Suzuki Y, Eda S, Sakamoto T, Ohtani K, Wakamiya N, J Vet Med Sci, 69, (2) 221 - 224,   2007年, 10.1292/jvms.69.221
尾索動物ホヤのコレクチン遺伝子群の検索と遺伝子進化について, 大谷克城, 安住薫, 鈴木定彦, JANG Seong‐Jae, 吉崎隆之, 森健一郎, 本村亘, 福澤純, 吉田逸朗, 若宮伸隆, 生化学,   2007年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902235155810830
ウイルス感染と宿主応答・ウイルス側の要因 ヒトPBMC移植NOD/SCIDマウスを用いたin vivoにおけるマンノースバインディングレクチンの抗HIV活性の評価, 堀端 重男, 大谷 克城, 坂本 隆志, 岸 雄一郎, 木佐木 博, 鈴木 定彦, 駒野 淳, 山本 直樹, 若宮 伸隆, 本多 三男, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 36,   2006年11月
動脈硬化研究におけるバイオインフォマティクスの応用 バイオインフォマティクスを応用した新規スカベンジャー受容体の発見, 福澤 純, 小山 聡, 長谷部 直幸, 菊池 健次郎, 矢尾 尚之, 板部 洋之, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, 38回,   2006年07月
低コレステロール血症を呈する血液透析(HD)患者では血漿酸化LDL値は上昇している, 矢尾 尚之, 福澤 純, 小山 聡, 櫻木 均, 長谷部 直幸, 菊池 健次郎, 板部 洋之, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 石田 裕則, 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, 38回,   2006年07月
Specific recognition of the collagen triple helix by chaperone HSP47 II. The HSP47-binding structural motif in collagens and related proteins, T Koide, Y Nishikawa, S Asada, CM Yamazaki, Y Takahara, DL Homma, A Otaka, K Ohtani, N Wakamiya, K Nagata, K Kitagawa, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 281, (16) 11177 - 11185,   2006年04月, 10.1074/jbc.M601369200, The endoplasmic reticulum-resident chaperone heat-shock protein 47 (HSP47) plays an essential role in procollagen biosynthesis. The function of HSP47 relies on its specific interaction with correctly folded triple-helical regions comprised of Gly-Xaa-Yaa repeats, and Arg residues at Yaa positions have been shown to be important for this interaction. The amino acid at the Yaa position (Yaa(-3)) in the N-terminal-adjoining triplet containing the critical Arg ( defined as Arg(0)) was also suggested to be directly recognized by HSP47 (Koide, T., Asada, S., Takahara, Y., Nishikawa, Y., Nagata, K., and Kitagawa, K. ( 2006) J. Biol. Chem. 281, 3432 - 3438). Based on this finding, we examined the relationship between the structure of Yaa(-3) and HSP47 binding using synthetic collagenous peptides. The results obtained indicated that the structure of Yaa(-3) determined the binding affinity for HSP47. Maximal binding was observed when Yaa(-3) was Thr. Moreover, the required relative spatial arrangement of these key residues in the triple helix was analyzed by taking advantage of heterotrimeric collagen-model peptides, each of which contains one Thr(-3) and one Arg(0). The results revealed that HSP47 recognizes the Yaa(-3) and Arg(0) residues only when they are on the same peptide strand. Taken together, the data obtained led us to define the HSP47-binding structural epitope in the collagen triple helix and also define the HSP47-binding motif in the primary structure. A motif search against human protein database predicted candidate clients for this molecular chaperone. The search result indicated that not all collagen family proteins require the chaperoning by HSP47.
【TLR以外のパターン認識レセプターとその役割】コレクチンとその免疫応答における役割, 大谷 克城, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 臨床免疫, 45, (3) 266 - 274,   2006年03月
コレクチンとその免疫応答における役割, 大谷 克城, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 臨床免疫, 45, (3) 266 - 74,   2006年
Identification and characterization of a novel human collectin CL-K1., Keshi H, Sakamoto T, Kawai T, Ohtani K, Katoh T, Jang SJ, Motomura W, Yoshizaki T, Fukuda M, Koyama S, Fukuzawa J, Fukuoh A, Yoshida I, Suzuki Y, Wakamiya N, Microbiol Immunol, 50, (12) 1001 - 13,   2006年
Lack of relationship between mannose-binding lectin variant alleles and risk of arterial thrombosis in Japanese patients with systemic lupus erythematosus, Reiko Takahashi, Akito Tsutsumi, Katsuki Ohtani, Nobutaka Wakamiya, Takayuki Sumida, Modern Rheumatology, 15, (6) 459 - 460,   2005年12月, 10.1007/s10165-005-0429-3
Mannose binding lectinによるHIV-1複製の非特異的抑制効果, 滝澤 万里, 大谷 克城, 岸 雄一郎, 坂本 高志, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 本多 三男, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 35,   2005年11月
循環器臨床におけるバイオインフォーマティクス 新規スカベンジャー受容体発見に関わるバイオインフォマティクスの応用, 福澤 純, 小山 聡, 長谷部 直幸, 菊池 健次郎, 大谷 克城, 若宮 伸隆, Journal of Cardiology, 46, (Suppl.I) 135 - 135,   2005年08月
血管内皮に発現する膜結合型コレクチンCL-P1の機能解析 ゼブラフィッシュを用いた検討, 福田 光子, 古川 健太, 内田 司, 張 成宰, 吉崎 隆之, 大谷 克城, 小笠原 正洋, 吉田 逸朗, 若宮 伸隆, 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, 37回,   2005年07月
新規スカベンジャー受容体CL-P1の生体内における役割, 小山 聡, 福澤 純, 矢尾 尚之, 張 成宰, 大谷 克城, 福田 光子, 吉田 逸郎, 菊池 健次郎, 若宮 伸隆, 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, 37回,   2005年07月
血液透析(HD)患者におけるMTHFR遺伝子多型,血圧,血中酸化LDL値と動脈硬化性疾患との関係, 矢尾 尚之, 福澤 純, 長谷部 直幸, 小山 聡, 石田 裕則, 板部 洋之, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 菊池 健次郎, 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, 37回,   2005年07月
【感染と発症をコントロールする因子】Innate Immunity 補体系異常と感染, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 臨床と微生物, 32, (3) 261 - 267,   2005年05月
Association of mannose binding lectin (MBL) gene polymorphism and serum MBL concentration with characteristics and progression of systemic lupus erythematosus, R Takahashi, A Tsutsumi, K Ohtani, Y Muraki, D Goto, Matsumoto, I, N Wakamiya, T Sumida, ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES, 64, (2) 311 - 314,   2005年02月, 10.1136/ard.2003.020172, Objective: To determine whether occurrence, characteristics, and progression of systemic lupus erythematosus (SLE) are associated with polymorphism of the mannose binding lectin (MBL) gene and with serum MBL concentration. Methods: Codon 54 MBL gene polymorphism of 147 patients with SLE and 160 healthy controls was determined by polymerase chain reaction-restriction fragment length polymorphism. Serum concentration of MBL was measured by enzyme immunoassay. Fluctuations of serum MBL were analysed with respect to disease characteristics and activity. Results: Frequency of homozygosity for codon 54 minority allele was 6% (9/147) in patients with SLE, and significantly higher than in controls (p = 0.0294, Fisher's exact test). MBL polymorphism in patients with SLE was not significantly associated with disease characteristics or immunological phenotypes. Patients homozygous for the B allele tended to have a higher risk of infection during treatment. Levels of C3 and CH50 were slightly, but significantly, associated with serum MBL concentration in patients with SLE homozygous for the majority allele. During the course of SLE, serum MBL concentration increased in 6/14 patients, and decreased in 7 after initiation of immunosuppressive treatment. Conclusions: MBL gene polymorphism influences susceptibility to SLE, but has no direct effect on disease characteristics. Serum MBL levels fluctuate during the course of SLE in individual patients. MBL genotyping may be useful in assessing the risk of infection during treatment of SLE.
補体系異常と感染, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 臨床と微生物, 32, (3) 261 - 7,   2005年
新規コレクチンCL-K1(Colec11)の生体内局在と分子生物学的解析, 芥子 宏行, 坂本 隆志, 大谷 克城, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 34,   2004年11月
酸化脂質と動脈硬化 血液透析患者における動脈硬化進展にかかわるMTHFR遺伝子多型と酸化LDLとの関係, 福澤 純, 矢尾 尚之, 小山 聡, 長谷部 直幸, 菊池 健次郎, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 羽根田 俊, 石田 裕則, 板部 洋之, 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, 36回,   2004年07月
虚血/再灌流負荷におけるCL-P1の発現への影響, 小山 聡, 張 成宰, 福田 光子, 大谷 克城, 福澤 純, 小笠原 正洋, 吉田 逸朗, 菊池 健次郎, 若宮 伸隆, 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, 36回,   2004年07月
Anti-mannose binding lectin antibodies in sera of Japanese patients with systemic lupus erythematosus, R Takahashi, A Tsutsumi, K Ohtani, D Goto, Matsumoto, I, S Ito, N Wakamiya, T Sumida, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 136, (3) 585 - 590,   2004年06月, 10.1111/j.1365-2249.2004.02477.x, Mannose-binding lectin (MBL) is a key element in innate immunity with functions and structure similar to that of complement C1q. It has been reported that MBL deficiency is associated with occurrence of systemic lupus erythematosus (SLE). We hypothesized that anti-MBL antibodies, if present, would affect the occurrence or disease course of SLE, by reduction of serum MBL levels, interference of MBL functions, or binding to MBL deposited on various tissues. To address this hypothesis, we measured the concentration of anti-MBL antibodies in sera of 111 Japanese SLE patients and 113 healthy volunteers by enzyme immunoassay. The titres of anti-MBL antibodies in SLE patients were significantly higher than those in healthy controls. When the mean + 2 standard deviations of controls was set as the cut off point, individuals with titres of anti-MBL antibodies above this level were significantly more frequent in SLE patients (9 patients) than in controls (2 persons). One SLE patient had an extremely high titre of this antibody. No associations of titres of anti-MBL antibodies and (i) genotypes of MBL gene, (ii) concentrations of serum MBL, or (iii) disease characteristics of SLE, were apparent. Thus, we have confirmed that anti-MBL antibodies are indeed present in sera of some patients with SLE, but the significance of these autoantibodies in the pathogenesis of SLE remains unclear.
血液透析患者における酸化LDLとMTHFR遺伝子多型との関係, 矢尾 尚之, 福澤 純, 小山 聡, 櫻木 均, 住友 和弘, 森本 寛, 幸村 近, 長谷部 直幸, 若宮 伸隆, 大谷 克城, 板部 洋之, 石田 裕則, 小林 武, 安済 勉, 石田 真理, 八竹 攝子, 羽根田 俊, 菊池 健次郎, 日本腎臓学会誌, 46, (3) 266 - 266,   2004年04月
全身性エリテマトーデス(SLE)患者における抗mannose binding lectin(MBL)抗体の検討, 高橋 令子, 堤 明人, 後藤 大輔, 松本 功, 伊藤 聡, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 住田 孝之, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 48回,   2004年03月
生体防御レクチンとしてのコレクチンファミリー, 若宮 伸隆, 吉田 逸朗, 小笠原 正洋, 福澤 純, 大谷 克城, 小山 聡, 北海道医学雑誌, 79, (1) 3 - 7,   2004年01月
[Collectin family as a host defense lectin]., Nobutaka Wakamiya, Itsuro Yoshida, Masahiro Ogasawara, Jun Fukuzawa, Katsuki Ohtani, Satoshi Koyama, [Hokkaido igaku zasshi] The Hokkaido journal of medical science, 79, (1) 3 - 7,   2004年01月
全身性エリテマトーデス患者における抗mannose binding lectin(MBL)抗体の検討, 高橋 令子, 堤 明人, 後藤 大輔, 松本 功, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 住田 孝之, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 33,   2003年11月
Differential mutation patterns in thymidine kinase and DNA polymerase genes of herpes simplex virus type 1 clones passaged in the presence of acyclovir or penciclovir, T Suzutani, K Ishioka, E De Clercq, K Ishibashi, H Kaneko, T Kira, K Hashimoto, M Ogasawara, K Ohtani, N Wakamiya, M Saijo, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 47, (5) 1707 - 1713,   2003年05月, 10.1128/AAC.47.5.1707-1713.2003, A total of 21 clones of acyclovir (ACV)-resistant (ACV) herpes simplex virus type 1 (HSV-1) and 23 clones of penciclovir (PCV)-resistant (PCVr) HSV-1, emerging during serial passages in the presence of ACV or PCV, were isolated under conditions excluding contamination of resistant mutants in the starting virus culture, and their mutations in the thymidine kinase (TK) and DNA polymerase (DNA Pol) genes were analyzed comparatively. Mutations in the TK genes from ACV(r) mutants consisted of 50% single nucleotide substitutions and 50% frameshift mutations, while the corresponding figures for the PCVr mutants were 4 and 96%, respectively (P<0.001). Eight of the 21 ACV(r) clones, but none of the 23 PCVr clones, had mutations in DNA Pol. Only nucleotide substitution(s) could be detected in the DNA Pol gene, as the gene is essential for virus replication. Therefore, the results for the DNA Pol mutants are concordant with those for the TK mutants in that a single nucleotide substitution was commonly observed in the ACV(r), but not in the PCVr, mutants. These results clearly point to differential mutation patterns between ACV(r) and PCVr HSV-1 clones.
Mannose binding lectin(MBL)遺伝子の多型性と全身性エリテマトーデスの発症,病態,病勢の関係, 高橋 令子, 堤 明人, 村木 祥文, 鈴木 英二, 林 大智, 千野 裕介, 後藤 大輔, 松本 功, 村田 秀行, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 住田 孝之, リウマチ, 43, (2) 343 - 343,   2003年03月
Haplotype analysis of the human collectin placenta 1 (hCL-P1) gene., Ohmori H, Makita Y, Funamizu M, Chiba S, Ohtani K, Suzuki Y, Wakamiya N, Hata A, J Hum Genet, 48, (2) 82 - 85,   2003年, 10.1007/s100380300011
Molecular cloning of mouse collectin liver 1, T Kawai, Y Suzuki, S Eda, T Kase, K Ohtani, Y Sakai, H Keshi, A Fukuoh, T Sakamoto, M Nozaki, NG Copeland, NA Jenkins, N Wakamiya, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 66, (10) 2134 - 2145,   2002年10月, 10.1271/bbb.66.2134, Collectins are members of the superfamily of vertebrate C-type lectins that contain a collagen-like region, and are involved in first-line host defense. We earlier cloned and characterized a new kind of collectin, collectin liver 1 (CL-L1). In this study, we isolated the mouse homologue of CL-L1 encoding 277 amino acid residues; its deduced protein sequence was 88% identical with human CL-L1. Mouse CL-L1 mRNA was expressed mainly in the liver and stomach, but was found also in muscles, testes, intestines, and embryos. In mouse embryos, the level of CL-L1 mRNA gradually increased with embryonic age. In 16-day-old mouse embryos, CL-L1 mRNA was expressed in the liver, amnion, and visceral yolk sac. The mouse CL-L1 gene, Cll1 was found on chromosome 15 in a region syntenic with human chromosome 8q. CL-L1 was a highly conserved protein in mammals, birds, and fish.
全身性エリテマトーデス患者におけるMannose binding lectin遺伝子の多型性, 高橋 令子, 堤 明人, 村木 祥文, 後藤 大輔, 松本 功, 村田 秀行, 大谷 克城, 若宮 伸隆, 住田 孝之, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 32,   2002年10月
心血管疾患と炎症 新しくクローニングされた内皮特異的スカベンジャー受容体CL-P1, 福澤 純, 小山 聡, 高下 圭一, 長谷部 直幸, 菊池 健次郎, 大谷 克城, 福應 温, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, Journal of Cardiology, 40, (Suppl.1) 91 - 91,   2002年08月
血管内皮特異的スガベンジャー受容体CL-P1の細胞内領域結合分子の解析, 福應 温, 大谷 克城, 坂本 隆志, 芥子 宏行, 鈴木 定彦, 福澤 純, 小山 聡, 高下 圭一, 小笠原 正洋, 吉田 逸朗, 若宮 伸隆, 生化学, 74, (8) 1097 - 1097,   2002年08月
血管内皮に発現するスカベンジャー受容体様コレクチンCL‐P1のクローニングと機能の解析, 大谷克城, 鈴木定彦, 坂本隆志, 江田宗司, 河合高生, 福応温, 芥子宏行, 若宮伸隆, 日本糖質学会年会要旨集, 23rd,   2002年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902129576372307
新規コレクチン遺伝子群のクローニングとその分子進化について, 鈴木定彦, 大谷克城, 坂本隆志, 江田宗司, 河合高生, 福応温, 芥子宏行, 若宮伸隆, 日本糖質学会年会要旨集, 23rd,   2002年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902192444975812
Mannose-binding lectin and the prognosis of fulminant hepatic failure caused by HBV infection, Y Hakozaki, M Yoshiba, K Sekiyama, E Seike, J Iwamoto, K Mitani, M Mine, T Morizane, K Ohtani, Y Suzuki, N Wakamiya, LIVER, 22, (1) 29 - 34,   2002年02月, 10.1046/j.0106-9543.2001.01516.x, Background/Aims: The mannose-binding lectin (MBL) gene was reported to play an important role in determining the clinical outcome of persistent hepatitis B virus (HBV) infection. We investigated serum MBL concentrations and MBL gene mutations to determine whether they were related to the prognosis of patients with fulminant hepatic failure (FHF) caused by HBV infection. Methods: We investigated serum MBL concentrations and MBL gene mutations in 43 HBV-infected Japanese patients with FHF and 260 HBsAg-negative healthy controls. Serum MBL concentrations were measured by an enzyme-linked immunosorbent assay, and mutations in the MBL gene were analysed by nested PCR and direct DNA sequencing. Results: Only a mutation in codon 54 of the MBL gene was found. The frequency of this mutation in nonsurvivors (40%, 8/20) was higher than in survivors (13%, 3/23), and the difference was slightly significant (p = 0.043). The H allele frequency in survivors (70.5%, 31/44) was higher than in nonsurvivors (39.5%, 15/38) (p = 0.0048). Because of these factors the mean serum MBL concentration in survivors, 1.61 mug/ml (range 0.3-3.86), was significantly higher than in nonsurvivors, 0.79 mug/ml (range 0.04-1.51) (p < 0.0001). The likelihood ratio for nonsurvival was 0 for over 2.0 mug/ml, 0.67 for 1.0-2.0 mug/ml, and 2.24 for 0-1.0 mug/ml. Conclusions: The mutation in codon 54 of the MBL gene tended to be higher in nonsurvivors than in survivors. The H allele frequency (high producing allele in H/Y) in survivors was higher than that in nonsurvivors. High levels of serum MBL correlated with the survival of patients with FHF due to HBV infection. Serum MBL may be useful as a predictive factor for the survival of patients with FHF caused by HBV.
新規膜型コレクチンCL-P1のクローニングと機能解析, 大谷 克城, 鈴木 定彦, 坂本 隆志, 芥子 宏行, 福應 温, 若宮 伸隆, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 31,   2001年12月
腎臓由来新規コレクチン(CL-K1)のクローニング, 芥子 宏行, 河合 高生, 鈴木 定彦, 大谷 克城, 福應 温, 若宮 伸隆, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 31,   2001年12月
感染症学における新分子 Collectin Family, 大谷 克城, 若宮 伸隆, Surgery Frontier, 8, (3) 301 - 305,   2001年09月
Mannose-binding lectin gene: polymorphisms in Japanese patients with systemic lupus erythematosus, rheumatoid arthritis and Sjögren's syndrome., Tsutsumi A, Sasaki K, Wakamiya N, Ichikawa K, Atsumi T, Ohtani K, Suzuki Y, Koike T, Sumida T, Genes Immun, 2, (2) 99 - 104,   2001年04月
Collectin family, 大谷 克城, 若宮 伸隆, Surgery Frontier, 8, (3) 301 - 5,   2001年
The membrane-type collectin CL-P1 is a scavenger receptor on vascular endothelial cells., Ohtani K, Suzuki Y, Eda S, Kawai T, Kase T, Keshi H, Sakai Y, Fukuoh A, Sakamoto T, Itabe H, Suzutani T, Ogasawara M, Yoshida I, Wakamiya N, J Biol Chem, 276, (47) 44222 - 44228,   2001年, 10.1074/jbc.M103942200
膜型コレクチンCL‐P1は血管内皮に発現し,スカベンジャーレセプター様の機能を示す, 大谷克城, 鈴木定彦, 坂本隆志, 芥子宏行, 福応温, 若宮伸隆, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 23rd,   2000年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902117127001193
日本人におけるMBL(mannan-binding lectin)遺伝子変異と血中濃度の検討, 芥子 宏行, 大谷 克城, 坂本 隆志, 岸 雄一郎, 荒木 宏昌, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 医学のあゆみ, 194, (12) 957 - 958,   2000年09月, 健常日本人497例におけるMBL遺伝子変異と血中濃度の測定により,MBLの遺伝子多型はコドン54のみにみられ,その頻度は野生型70.8%,ヘテロ変異型22.5%,ホモ変異型6.7%であった.本ホモ変異型の比率は欧米の比率に比べて高値であるが,血中濃度とgenotypeが十分相関しており,今後,MBLの関与が考えられる各種疾患群との比較において日本人のMBL遺伝子多型と血中濃度の一つのスタンダードになりうる
Mannose-binding lectin polymorphisms in patients with hepatitis C virus infection., Sasaki K, Tsutsumi A, Wakamiya N, Ohtani K, Suzuki Y, Watanabe Y, Nakayama N, Koike T, Scand J Gastroenterol, 35, (9) 960 - 5,   2000年
ヒト胎盤由来新規コレクチンCL‐P1遺伝子のクローニング, 大谷克城, 鈴木定彦, 江田宗司, 河合高生, 加瀬哲男, 坂本隆志, 芥子宏行, 酒井善典, 若宮伸隆, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 22nd,   1999年11月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902148677474121
MBPのGenotype・血中濃度と慢性C型肝炎の感受性との関連性, 芥子 宏行, 大谷 克城, 箱崎 幸也, 白濱 龍興, 坂本 隆志, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 29,   1999年10月
自然免疫と獲得免疫の接点 アビディティー,アフィニティーの利用方法 コレクチンとウイルス感染, 若宮 伸隆, 大谷 克城, 加瀬 哲男, 江田 宗司, 河合 高生, 坂本 隆志, 芥子 宏行, 酒井 善典, 福應 温, 鈴木 定彦, 生化学, 71, (8) 604 - 604,   1999年08月
Human mannan-binding lectin inhibits the infection of influenza A virus without complement, T Kase, Y Suzuki, T Kawai, T Sakamoto, K Ohtani, S Eda, A Maeda, Y Okuno, T Kurimura, N Wakamiya, IMMUNOLOGY, 97, (3) 385 - 392,   1999年07月, 10.1046/j.1365-2567.1999.00781.x, Mannan-binding lectin (MBL) is a C-type serum lectin that is believed to play an important role in innate immunity. It is one of the collectin family, which is characterized by having a collagenlike sequence and a carbohydrate recognition domain. MBL can bind to sugar determinants of several micro-organisms, neutralize them and inhibit infection by complement activation through the lectin pathway and opsonization by collectin receptors. Bovine conglutinin and mouse MBL inhibit the infective and haemagglutinating activities of influenza A viruses. To identify the direct antiviral activity of human MBL against influenza A viruses that does not depend on complement activation or opsonization, we isolated native MBL from human serum and produced a recombinant MBL in Chinese hamster ovary (CHO) cells using a pNOW/CMV-A expression vector system. Native and recombinant human MBL exhibited neutralization activity against A/Ibaraki/1/90 (H3N2), with the plaque focus reduction assay at the viral attachment phase. Their activities were inhibited by EDTA, mannose and anti-human MBL antibody. Furthermore, at the viral expansion phase both MBL in culture medium prevented viral spreading from primary infected cells to neighbour cells. A virus recovery study using EDTA indicated that interaction between MBL and virus was reversible and non-damaging to the virus. Lectin blot and immunohistochemistry assays showed that these antiviral activities involved binding between MBL and two viral envelope proteins, haemagglutinin and neuraminidase. These findings suggest that human MBL can play an important role in innate immunity by direct viral neutralization and inhibition of viral spread, as well as an indirect role through opsonization and complement activation.
健常人におけるMBP(mannan-binding protein)の血中濃度とgenotype, 芥子 宏行, 大谷 克城, 坂本 隆志, 江田 宗司, 加瀬 哲男, 河合 高生, 酒井 善典, 福應 温, 鈴木 定彦, 若宮 伸隆, 補体シンポジウム講演集, 36,   1999年06月
Molecular cloning of a novel human collectin from liver (CL-L1)., Ohtani K, Suzuki Y, Eda S, Kawai T, Kase T, Yamazaki H, Shimada T, Keshi H, Sakai Y, Fukuoh A, Sakamoto T, Wakamiya N, J Biol Chem, 274, (19) 13681 - 13689,   1999年, 10.1074/jbc.274.19.13681
High-level and effective production of human mannan-binding lectin (MBL) in Chinese hamster ovary (CHO) cells, K Ohtani, Y Suzuki, S Eda, T Kawai, T Kase, H Keshi, Y Sakai, S Yamamoto, T Sakamoto, N Wakamiya, JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS, 222, (1-2) 135 - 144,   1999年01月, 10.1016/S0022-1759(98)00190-2, We have developed a high-expression system of recombinant human mannan-binding lectin (MBL) with CHO cells. Geneticin-resistant transformants harboring human MBL cDNA in the expression vector pNOW/CMV-A were screened by immunoblot analysis for secretion of recombinant MEL. Cloning and selection by both geneticin and methotrexate resulted in the production of recombinant MBL to a final concentration of 128.8 mu g/ml in media after four days of culture. SDS-PAGE and gel-filtration analyses showed that recombinant MBL is characterized by two lower-order oligomeric structures (apparent molecular weights: 1150 kDa and 300 kDa) compared to native MBL (apparent molecular weight: 1300 kDa). The recombinant human MBL has both sugar-binding and complement activation activity and, like native MEL, can inhibit hemagglutination of influenza A virus. Lectin blots with recombinant MBL indicate that it can bind such microorganisms as HIV and influenza virus suggesting that it might inhibit their infection of hosts. This high-level expression of human MBL with the full range of biological activity will be useful for studies on the immunological role of MBL in humans. (C) 1999 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
ヒト肝臓細胞質に存在する新規コレクチンCL‐L1の遺伝子クローニング, 大谷克城, 鈴木定彦, 江田宗司, 河合高生, 加瀬哲男, 坂本隆志, 芥子宏行, 酒井善典, 若宮伸隆, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 21st,   1998年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902101865320976
動物血清中のマンナン結合蛋白(MBP)はin vivoにおけるインフルエンザウイルス増殖に関与する, 加瀬哲男, 大谷克城, 江田宗司, 河合高生, 鈴木定彦, 前田章子, 奥野良信, 坂本隆志, 若宮伸隆, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 28,   1998年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902150300857659
動物血清中のマンナン結合蛋白(MBP)はin vivoにおけるインフルエンザウイルス増殖に関与する, 加瀬 哲男, 大谷 克城, 江田 宗司, 河合 高生, 鈴木 定彦, 前田 章子, 奥野 良信, 坂本 隆志, 若宮 伸隆, 日本臨床免疫学会会誌, (26回抄録集) 184 - 184,   1998年10月
3R(複製・修復・組換え) ヒト肝臓由来新規コレクチンCL-L1の生化学的検討, 大谷 克城, 鈴木 定彦, 江田 宗司, 河合 高生, 加瀬 哲男, 坂本 隆志, 若宮 伸隆, 生化学, 70, (8) 727 - 727,   1998年08月
3R(複製・修復・組換え) ヒト胎盤由来新規コレクチンCL-P1遺伝子のクローニング, 江田 宗司, 鈴木 定彦, 大谷 克城, 河合 高生, 加瀬 哲男, 坂本 隆志, 若宮 伸隆, 生化学, 70, (8) 727 - 727,   1998年08月
Characterization of truncated human mannan-binding protein (MBP) expressed in Escherichia coli, S Eda, Y Suzuki, T Kawai, K Ohtani, T Kase, T Sakamoto, N Wakamiya, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 62, (7) 1326 - 1331,   1998年07月, 10.1271/bbb.62.1326, Mannan-binding protein (MBP) is a calcium-dependent mammalian serum lectin important in first-line host defense. MBP belongs to the collectin family, which is characterized by an NH2-terminal cysteine-rich domain, a collagen-like domain, a neck domain, and a carbohydrate recognition domain (CRD). We have expressed a recombinant human MBP, consisting of the short collagen region (two repeats of Gly-Xaa-Yaa amino acid sequences), the neck domain, and the CRD, in Escherichia coli. The truncated MBP was capable of forming trimers by association of the neck domain and could bind sugar with a specificity similar to that of the native form. Results of hemagglutination inhibition (HI) assay of influenza A virus showed that the truncated MBP inhibited hemagglutination less strongly, although the native MBP induced the HI phenomenon. These results suggest that an oligomeric structure is an advantage for MBP to have full biological activity against influenza A virus.
Molecular and biological characterization of rabbit mannan-binding protein., Kawai T, Suzuki Y, Eda S, Ohtani K, Kase T, Sakamoto T, Uemura H, Wakamiya N, Glycobiology, 8, (3) 237 - 244,   1998年, 10.1093/glycob/8.3.237
真核細胞でのヒトマンナン結合蛋白の大量発現とその生物学的性質, 大谷克城, 鈴木定彦, 江田宗司, 河合高生, 加瀬哲男, 坂本隆志, 植村英俊, 若宮伸隆, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 27,   1997年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902128259407778
ヒト肝臓由来新規コレクチン遺伝子のクローニング, 大谷 克城, 生化学, 69, (7) 686 - 686,   1997年07月
Cloning and characterization of a cDNA encoding bovine mannan-binding protein, T Kawai, Y Suzuki, S Eda, K Ohtani, T Kase, Y Fujinaga, T Sakamoto, T Kurimura, N Wakamiya, GENE, 186, (2) 161 - 165,   1997年02月, 10.1016/S0378-1119(96)00664-6, To identify the bovine mannan-binding protein (MBP), a search for the cDNA homologue of human MBP was carried out. cDNA clones encoding bovine MBP were isolated from a bovine liver cDNA library using a cDNA fragment encoding a short collagen region, neck domain and carbohydrate recognition domain of human MBP. The cDNA carried an insert of 747 bp encoding a protein of 249 amino acid (aa) residues with a signal peptide of 19 aa. The mannan-binding protein fraction of bovine serum that eluted with 100 mM mannose from a mannan-Sepharose column was analyzed under reducing conditions by SDS-PAGE, The major band of 33 kDa obtained reacted with anti-human MBP rabbit serum. The partial aa sequence of the purified 33-kDa protein was identical to the aa sequence deduced from the obtained cDNA. Results of the passive hemolysis experiment using sheep erythrocytes coated with yeast mannan suggest that this MBP has the ability to activate complement. Northern blot analysis showed a 1.8-kb mRNA that was expressed only in the liver. Based on results of genomic analysis, this bovine MBP is likely to be a homologue of human MBP and to also have homology to rat and mouse MBP-C which are localized in liver cells rather than to rat and mouse MBP-A found in serum. Alignments of bovine collectins show that bovine MBP cannot be included among the other bovine collectins, such as bovine SP-D, conglutinin and CL-43. Finally, these genomic and biological analyses indicate that the cDNA obtained here encoded a bovine serum MBP.
Characterization of recombinant bovine conglutinin expressed in a mammalian cell., Suzuki Y, Eda S, Kawai T, Ohtani K, Kase T, Sakamoto T, Wakamiya N, Biochem Biophys Res Commun, 238, (3) 856 - 860,   1997年, 10.1006/bbrc.1997.7402
Structure of a truncated human surfactant protein D is less effective in agglutinating bacteria than the native structure and fails to inhibit haemagglutination by influenza A virus., Eda S, Suzuki Y, Kawai T, Ohtani K, Kase T, Fujinaga Y, Sakamoto T, Kurimura T, Wakamiya N, Biochem J, 323, (2) 393 - 9,   1997年
動物血清レクチンのインフルエンザウイルス感染阻害とその意義, 加瀬哲男, 鈴木定彦, 江田宗司, 河合高生, 大谷克城, 坂本隆志, 栗村敬, 若宮伸隆, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 26,   1996年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902157783529902
ウサギMBPのcDNAクローニングとその生物学的性質, 河合高生, 鈴木定彦, 江田宗司, 加瀬哲男, 大谷克城, 坂本隆志, 栗村敬, 若宮伸隆, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 26,   1996年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902163476968095
リコンビナントウシコングルチニンのCHO細胞での大量発現, 鈴木定彦, 江田宗司, 河合高生, 加瀬哲男, 大谷克城, 坂本隆志, 栗村敬, 若宮伸隆, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19th,   1996年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902105555014730
ウサギMBPの精製とcDNAクローニング, 河合高生, 鈴木定彦, 江田宗司, 加瀬哲男, 大谷克城, 坂本隆志, 植村英俊, 栗村敬, 若宮伸隆, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19th,   1996年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902134719747025
ウシMBPの精製とcDNAクローニング, 大谷克城, 鈴木定彦, 河合高生, 江田宗司, 加瀬哲男, 坂本隆志, 植村英俊, 栗村敬, 若宮伸隆, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19th,   1996年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902150112220597
ウシMBPの精製とcDNAクローニング, 大谷 克城, 生化学, 68, (7) 903 - 903,   1996年07月
Recombinant bovine conglutinin, lacking the N-terminal and collagenous domains, has less conglutination activity but is able to inhibit haemagglutination by influenza A virus., Eda S, Suzuki Y, Kase T, Kawai T, Ohtani K, Sakamoto T, Kurimura T, Wakamiya N, Biochem J, 316, (1) 43 - 8,   1996年
リコンビナント動物血清レクチンの作成とそのウイルス感染初期防禦における役割, 若宮伸隆, 坂本隆志, 栗村敬, 江田宗二, 河合高生, 加瀬哲男, 大谷克城, 鈴木定彦, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 25,   1995年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902142244587144

特許

コレクチン活性を有するhCL-K1ポリペプチド, 2006-104667
ヒトマンノース結合レクチンの精製方法、ヒトマンノース結合レクチン組成物およびヒトマンノース結合レクチンの医薬用途, WO2003/018617
抗HIV剤, WO2004/002511
新規コレクチン(CL-L2), WO2001/081401

受賞

  2010年09月, 日本補体研究会, 補体シンポジウム最優秀賞
  2003年, 日本糖質学会 第6回ポスター賞

競争的資金

日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 新規補体測定系の開発と構築により補体関連疾患の病態を解明する, 近年難治性疾患に補体活性化の関与が疑われている。しかし現在、補体活性化と疾患病態を結びつける補体因子の適切な検査やその体制が存在しないために、その詳細は不明である。本研究の目的は、新規補体活性化測定系の開発と構築を行い、標準検査系である補体活性化分解物測定系を再整備・構築し、補体関連疾患の補体活性化病態メカニズムの解明を行うことである。最終年度までの研究は以下の7項目である。1.世界標準の補体系検査の構築 2.新規補体活性化測定系を開発・構築 3.疾患確定した既存患者血液を研究1,2の測定系に供し、検査の基準値設定 4.前向き試験で収集する患者血液を研究1,2測定系に供し、補体活性化度の評価 5.3,4における補体検査値と患者病態情報を得て、本補体関連疾患の補体活性化度の解析 6.補体関連疾患患者組織や血液における補体活性化状態の評価を7.実際の補体関連疾患患者における、有効な補体活性化測定系についての考察である。本年度までの基礎研究では、C3, C4, CH50, Ba, sC5b-9, C5a, CFH, CFI, C1-INH活性, CFH-IgGを測定できる補体因子検査系の樹立を行った。さらに、49名の日本人健常人の血液サンプルの測定を行い、上記10項目の補体因子の基準値の制定を行った。現在は、さらに、健常人の血液サンプルの採取を進め、研究終了時には100名での基準値を策定する予定である。また、補体学会と協力して、補体関連疾患患者の血液サンプルは順調に収集できおり、順調に補体検査も進んでいる。また、新規補体活性化測定系の開発と構築を並行して進めており、補体関連疾患の補体活性化病態メカニズムの解明の検討を行いながら、着々と研究を進めている。
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 膜結合型コレクチンCL-P1による新規補体活性化メカニズムの解明, 今年度は、前年度検証を終えることができなかった野生型マウスを用いたCL-P1を介したCRP、C1qによる補体活性化について「C3ステップ」までについて検討を行った。野生型マウス(C57BL/6マウス)にCRPを接種し、抗CL-P1、CRP、C1q抗体を用いて蛍光免疫染色を行い、蛍光顕微鏡にて共局在を確認することができた。さらに、ペントラキシンファミリーのSAPおよびPTX3についても同様の検討を行いCRP同様に機能することを確認した。 研究計画では、補体制御因子Factor Hノックアウト(CFH KO)マウスを用いたCL-P1による補体活性化の「MAC形成ステップ」の証明およびCRPの接種による細胞障害の確認、CFH KOマウスとCL-P1 TGマウスの交配により血管障害モデルマウスの作製を行う予定であったが、9月に発生した北海道胆振東部地震により、マウスを用いた実験が困難となった。また、in vitroでの細胞実験も並行して進めていたが、停電により培養中の細胞も冷凍保存中の細胞株も全て死滅したため、復旧のためかなりの時間を要してしまった。動物実験は再開の見通しがたたないため、先ずはin vitroでの細胞実験として計画していたCL-P1 過剰発現ヒト血管内皮細胞を作製により疾患の状況を再現してそのメカニズムの証明を行うことにした。今年度はヒト血管内皮細胞HUVEC(臍帯静脈)を用いてすでに作成済みのCL-P1 発現ベクターを導入してCL-P1 過剰発現ヒト血管内皮細胞を作製し、CRP 、SAPまたはPTX3にヒトCFH欠損血清を添加することにより、細胞障害の再現を試みた。ヒト血管内皮細胞におけるCL-P1 過剰発現は確認できたので、引き続き細胞障害の再現を試み、メカニズムの解明を進めていきたい。
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 多機能性コレクチンCL-K1はDICにおいてどのような役割を担うのか, 申請者らが発見したコレクチンCL-K1は、従来のコレクチン同様、自然免疫機能をもつことが推測されている。今年度は、DIC患者登録を行い、血液のサンプル収集を行った。DICの検査項目は、凝固線溶系を中心に測定した。一方、コレクチンについては、CL-K1とMBLの2つに絞って行った。従来の研究では、CL-K1は、DICの経過に相関した値をとったが、今回の日本人の測定では、DICの有無で有意な差はみられなかった。
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 川崎病における新規コレクチンCL-P1の役割解析, 川崎病は、微生物感染が契機で発症するが、特定の微生物感染が問題ではなく、微生物感染がCRPなどの急性炎症タンパク質を高度に増加させる、全身血管の激しい炎症を特徴とする疾患である。申請者らは、CL-P1に焦点を当てて、持続的な血管炎症を惹起する病因の仮説構築を本研究で行った。はじめに、何かの原因で感染や炎症がおきると、急激なCRP上昇が起こる。つぎに、CRPはCL-P1に補足され、そのCRPが次にC1qを引き寄せ、この場で補体系を活性化させる。本研究では、CRPから発動される新たな補体活性化機構の可能性を明らかにした。
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 生体防御分子コレクチンCL-K1の新規な機能の解明, コレクチンCL-K1は、異物排除に関わる自然免疫分子として知られていたが、発生や成長発育にCL-K1の関与が窺われたので、その役割とメカニズムの解明を試みた。発生過程においては、CL-K1 KOマウスを用いて、着床後胚発生から出生までの経時的な組織標本の解析から表現型の異常を明らかにした。また、成体における表現型解析では、様々な組織における異常や骨形成の異常を見出した。さらに、血液学的解析や尿検査により腎機能の異常も明らかにし、組織学的な異常が原因であることがわかった。 生体防御以外の発生や形態形成に係る機能を明らかにすることにより「生体防御蛋白の二重機能性」を動物モデルで証明することができた。
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 生体防御因子であるスカベンジャー受容体CL-P1の生体における役割解明, CL-P1の発生過程および生体における役割の解明について検討を行った。CL-P1遺伝子ノックアウトマウスが胎生致死であることから、致死時期検討を行い、着床前であることを明らかにした。さらに受精後のCL-P1の動態をCL-P1遺伝子のプロモーターによりGFPを発現するトランスジェニックマウスを用いて検討を行ったが、受精直後からの発現は確認できたがどのような機能を担うか明らかにすることはできなかった。生体での役割を解析する為コンディショナルノックアウトマウスの作成を行い、検討を行ったが、現段階での新たな知見は得られなかった。今後も検討を続けCL-P1の生体における役割の解明に努めたいと考えている。
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 血管増殖関連分子を利用した血管損傷・血管炎の定量的測定法開発の基盤的研究, 本研究で作成できたCL-K1のKOマウスについての表現型解析では、KOマウスは、低体重であり、生育不全を認めた。つぎに、マウスにおけるCL-K1の発現解析のための、マウスCL-K1発現系の作成と、抗体作成を行い、プロタイプの測定システムを開発した。一方、CL-P1KOマウスでは、TGマウスの作成が終了し、TG発現による発現を組織染色とreal time PCRにより選択し、KOマウスとTGマウスの交配を行い、胎生致死の改善ができるかどうかの検討を行った。
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 腎組織に存在する新規コレクチン分子の基盤的解析, 初年度において、各種リコンビナントコレクチン作成とその抗体作成を行った。遺伝子改変動物の作成については、ノックアウトマウスはCL-P1、CL-K1について両者とも、キメラマウスが樹立でき、さらにヘテロマウス作成が終了し、精子保存にてノックアウト表現型解析に進んでいる。平成22年度末の時点で、CL-P1は、仔マウスとして誕生せず、胎生致死に関与する遺伝子であると考えられた。一方、CL-K1ノックアウトマウスは無事誕生し、一見正常に見えた。しかしながら、ノックアウトマウス個体が野生型の通常マウスに比較して小型であることや、誕生個体が少ないことより、個体発生や生育に関与する遺伝子である可能性がでている。腎組織おける検討では、局在は異なるが両コレクチンの存在することが、本研究により再確認されたが、上記マウスを用いた病態における意義については十分な解析結果が得られていない、今後の検討が待たれる。
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 血管内皮スカベンジャー受容体CL-P1の血管の恒常性維持についての役割の検討, 1.ゼブラフィッシュを動物モデルとしたCL-P1の機能解析 昨年度の研究成果でCL-P1が血管形成において重要な役割を担っていることを報告したが、このメカニズムを明らかにするために、血管内皮増殖因子VEGFおよびその受容体の動態について検討を行った。CL-P1のアンチセンスオリゴによりCL-P1の遺伝子発現を抑制したところ、VEGFの発現は抑制され、その受容体であるKDRの発現は亢進したことから、シグナル伝達系としてCL-Plの下流にVEGFがあるかあるいは、CL-P1の上流にあるがCL-P1のフィードバックを受ける可能性が考えられた。さらに、CL-P1の遺伝子発現を抑制するとともにVEGF mRNAを添加してその表現型の回復を試みたが、若干の回復のみであることから、CL-P1はVEGF以外の系により血管形成に働く可能性が示唆された。これらの検討から、 CL-P1は血管内皮増殖因子VEGFとその受容体と密接に関連しあうことを明らかにし、他の関連する因子の存在も示唆した。 2.CL-P1の内在性リガンドを検索するための予備的検討 CL-P1の細胞外領城の組換えタンパク質を作成し、この組換えタンパク質が内在性リガンド検索に用いることができる活性を有しているか評価した。CL-P1の細胞外領域のN末端側にFLAGタグが結合した分泌型の組換えタンパク質を哺乳類細胞で遺伝子発現し、それを精製したものをイムノプレートに固相し、リガンドとの結合をELISA法により検出した。GalactoseやGalNAcとのカルシウム依存的な結合や酸性糖との電荷による結合、さらに、酸化LDLとの結合も検出することができた。この結果から、この組換えタンパク質を用いることにより、リガンド検索ができ、さらに血液中のリガンドなどを明らかにすることができ、生体における機能を明らかにできると考えている。
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 血管梗塞・炎症などにともなう血管損傷の定量的検査法の開発, 血管内皮細胞に主に存在する膜型コレクチンCL-P1は常在性蛋白である。我々は、平成14年度〜16年度の文部科学省科学研究補助金(基盤研究(B)(2)課題番号13470139)による研究の過程で、本遺伝子を世界で初めて同定した(JBC 2001)。本研究では、CL-P1の分泌型分子の測定システム樹立による、血管損傷の定量的検査法を開発するための基盤研究を行うことを目的とした。 前年までは、分泌型CL-P1作成とCL-P1単クローン抗体の作成を行い、その反応性について比較検討を行った。得られた8種類のCL-P1の単クローン細胞から、腹水化を行い、精製抗体を作成した。抗原をプレートに固層化しての反応性を、ELISA法で測定した結果、すべての抗体は、免疫抗原であるCL-P1CRDと高い反応性を示した。さらに変性条件下での反応を、SDS-PAGE,ウエスタンブロット法にて解析した。その結果、抗体はいくつかのグループに分類できることが明らかになり、それらを組み合わせたプロトタイプ測定系の作成を行った。 平成18年度は、動物やヒト組織での免疫組織染色では血管内皮部分に一致する染色像を認めた。しかしながら、その発現は均一ではなかった。さらに、血中には、上記抗体で染色される分子量の低い分子が存在することを見出した。しかしながら、上記のサンドイッチELISAを用いても、本分子を定量できず、血中分子の定量測定化については、今後の課題となった。さらに、微量測定系については、再度単クローンとポリクローナル抗体を用いて、高感度測定システムの樹立を試行錯誤しながら進めている。
血管内皮細胞に発現する新規コレクチンの機能について
コレクチンの生体における機能について

教育活動情報

担当経験のある科目

栄養生理学, 酪農学園大学
臨床栄養学, 酪農学園大学
生化学, 酪農学園大学
免疫学実習, 旭川医科大学
微生物学実習, 旭川医科大学
微生物学, 旭川医科大学


教員総覧