獣医学群・獣医学類
教員 林英明 ハヤシ ヒデアキ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2018/02/09

研究者基本情報

氏名

林英明
ハヤシ ヒデアキ

所属(マスタ)

獣医学群・獣医学類, 教員

所属・職名

獣医学群 獣医学類 獣医生理学ユニット
准教授

学位

博士(農学), 東北大学

研究活動情報

研究分野

動物生命科学, 獣医学, 生理学

研究キーワード

コルチゾール,
ストレス,
反芻動物,

論文

牛肉への海藻類添加が食味官能評価に与える影響, 山中麻帆, 平山琢二, ROH Sang‐Gun, 林英明, 加藤和雄, 鈴木啓一, 及川卓郎, 日本暖地畜産学会報, 60, (2) 129 - 133,   2017年09月30日, 査読有り
Stress assessment using hair cortisol of kangaroos affected by the lumpy jaw disease., Sotohira Y, Suzuki K, Sano T, Arai C, Asakawa M, Hayashi H, The Journal of veterinary medical science, 79, (5) 852 - 854,   2017年05月, 査読有り
Parasitic nematodes obtained from marsupials reared at a semi-free ranging facility in a Japanese zoological park, SOTOHIRA Yukari, ITO Yuki, SANO Tadashi, HAYASHI Hideaki, SUZUKI Kazuyuki, ASAKAWA Mitsuhiko, Research of One Health (ROH), Research of One Health (ROH), 2016, 1 - 5,   2016年06月
Sensory Research of Soup of Goat Meat in Okinawa, Journal of Warm Regional Society of Animal Science, Japan, 59, (1) 17 - 21,   2016年, 査読有り
Role of tachykinins and neurokinin receptor subtypes in the regulation of motility of the forestomach and abomasum in conscious sheep., Oh-ishi T, Shimoda T, Hayashi H, Onaga T, Neuropeptides, 47, (1) 9 - 18,   2013年02月, 査読有り
Fatty acid-binding protein expression in the gastrointestinal tract of calves and cows., Hayashi H, Maruyama S, Fukuoka M, Kozakai T, Nakajima K, Onaga T, Kato S, Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 84, (1) 35 - 41,   2013年01月, 査読有り
Role of tachykinin and neurokinin receptors in the regulation of ovine omasal contractions., Onaga T, Oh-ishi T, Shimoda T, Nishimoto S, Hayashi H, Regulatory peptides, 173, (1-3) 64 - 73,   2012年01月, 査読有り
Presence of ten isoforms of monocarboxylate transporter (MCT) family in the bovine adrenal gland., Kirat D, Sallam K, Hayashi H, Miyasho T, Kato S, Molecular and cellular endocrinology, 298, (1-2) 89 - 100,   2009年01月, 査読有り
Localization of CCK-1R in the omasum and role of CCK in the regulation of omasal contractions in sheep., Onaga T, Sugita A, Wakaiki R, Hara I, Kagawa K, Kirisawa R, Hayashi H, Domestic animal endocrinology, 35, (2) 231 - 244,   2008年08月, 査読有り
Characteristics of developmental changes in the kinetics of glucose and urea in Japanese Black calves: comparison with Holstein calves., Shingu H, Hayashi H, Touno E, Oshibe A, Kushibiki S, Oda S, Katoh K, Obara Y,, Journal of Animal Science, 85, (11) 2910 - 2915,   2007年11月, 査読有り
Expression, cellular localization, and functional role of monocarboxylate transporter 4 (MCT4) in the gastrointestinal tract of ruminants., Kirat D, Matsuda Y, Yamashiki N, Hayashi H, Kato S, Gene, 391, (1-2) 140 - 149,   2007年04月, 査読有り
Monocarboxylate transporter 1 (MCT1) plays a direct role in short-chain fatty acids absorption in caprine rumen., Kirat D, Masuoka J, Hayashi H, Iwano H, Yokota H, Taniyama H, Kato S, The Journal of physiology, 576, (Pt 2) 635 - 647,   2006年10月, 査読有り
Localization and secretion of epidermal growth factor in the parotid gland and its intragastric kinetics in sheep., Onaga T, Shimizu Y, Hayashi H, Tsuji M, Endoh D, Okada H, Life sciences, 79, (17) 1616 - 1629,   2006年09月, 査読有り
Oral administration of uridylic acid increases plasma leptin, but suppresses glucose and non-esterified fatty acid concentrations in rats., Yoshioka K, Katoh K, Hayashi H, Mashiko T, Obara Y, Life sciences, 79, (6) 532 - 535,   2006年07月, 査読有り
Effects of 5’-uridylic acid feeding on postprandial plasma concentrations of growth hormone, insulin and metabolites in neonatal calves. , K Katoh, K Yoshioka, H Hayashi, T Mashiko, M Yoshida, Y Kobayashi and Y Obara, , Journal of Endocrinology, 186, 157 - 163,   2005年07月, 査読有り
Expression of mRNA for Na+/glucose transporter 1 (SGLT1) and fatty acid translocase (CD36) in the ruminant gastrointestinal tract before and after weaning., H. Hayashi, T. Yonezawa, T. Kanetani, F. Terada, K. Katoh, Y. Obara,, Animal Science Journal , 76, 339 - 344,   2005年, 査読有り
Expression of mRNA for nutrient transporters in the gastrointestinal tract before and after weaning. , H. Hayashi, T. Yonezawa, T. Kanetani, K. Katoh, Y. Obara,, Journal of Animal & Feed Sciences., 13, (1) 405 - 408,   2004年, 査読有り

書籍等出版物

新編家畜生理学, 加藤 和雄, 古瀬 充宏, 廬 尚建, 分担執筆, 養賢堂,   2015年, 9784842505350
子牛の医学, 家畜感染症学会編, 分担執筆, 消化器系の生理学, 緑書房,   2014年

講演・口頭発表等

中ヨークシャー種妊娠豚における単飼豚房から分娩豚房への移動後経過日数が行動およびストレス指標物質に及ぼす影響, 齋藤克幸, 高坂泰地, 倉科妙香, 山中将彦, 林英明, 山田未知, 中辻浩喜, 第 107 回日本養豚学会大会,   2017年10月26日
牛肉への海藻類浸漬が食味官能評価に与える影響, 山中麻帆, 平山琢二, 林英明, 盧尚建, 加藤和雄, 鈴木啓一, 及川卓郎, 日本畜産学会第123回大会,   2017年09月06日
オオカンガルー(Macropus giganteus)における被毛中コルチゾール含有量の変動要因について, 東美緒, 外平友佳理, 佐野忠士, 鈴木一由, 浅川満彦, 林英明, 第23回日本野生動物医学会大会,   2017年09月01日
ウシ牛群における順位付けが被毛中コルチゾール含有量に及ぼす影響, 上野憲亮, 松本真美, 森田茂, 林英明, 第160回日本獣医学会学術集会,   2017年08月30日
犬被毛中コルチゾール含有量の変動要因, 紙未千花, 藤井利衣, 林英明, 椿下早絵, 北海道獣医師会 平成29年度北海道地区学会,   2017年08月10日
Effect on hair cortisol by the dominance relationship in the cow group, Hideaki Hayashi, Mami Matsumoto and Shigeru Morita, 51st Congress of the International Society for Applied Ethology,   2017年08月07日
捕獲鹿肉への甘味料や海藻の添加が食味へ与える影響, 山中麻帆, 平山琢二, 林英明, 廬尚建, 加藤和雄, 鈴木啓一, 及川卓郎, 日本畜産学会第122回大会,   2017年03月28日
ネコ被毛中コルチゾール含有量の変動要因, 藤井利衣, 紙未千花, 林英明, 日本家畜管理学会・応用動物行動学会 2017年度春季合同研究発表会,   2017年03月25日
ヨナグニウマにおけるタテガミ中コルチゾール濃度と個体の気質および飼育管理との関係, 若宮あかね, 林英明, 松浦晶央, 日本家畜管理学会・応用動物行動学会 2017年度春季合同研究発表会,   2017年03月25日
Lumpy Jaw Disease(LJD)罹患カンガルーにおける被毛中コルチゾールを用いたストレス評価, 林英明 荒井千種 外平友佳理 佐野忠士 鈴木一由 浅川満彦, 平成28年度 日本獣医師会 獣医学術学会年次大会,   2017年02月24日
ストール飼育から昼間群飼育を組み入れた飼育方式への移行経過日数が繁殖雌豚の行動およびストレス指標物質の推移に及ぼす影響, 山田未知, 林真帆, 土屋茜, 武田陽介, 山中将彦, 林英明, 中辻浩喜, 第 105 回日本養豚学会大会,   2016年11月10日
国内の牛疥癬症の調査, 池田航 佐野匠 林英明 福本真一郎 野?早織 高橋俊彦 児嶋秀典 豊田幸晴 藤井恵美 池田恵子, 北海道獣医師会 平成28年度北海道地区学会,   2016年09月01日
子牛の月齢および季節に伴う鼻腔内病原微生物の浸潤状況, 田中ふみ 権平智 時光宏三 西航司 田中貴大 凾城悦司 永見健 林英明 樋口豪紀 永幡肇, 北海道獣医師会 平成28年度北海道地区学会,   2016年09月01日
Lumpy Jaw Disease(LJD)罹患カンガルーにおける被毛中コルチゾールを用いたストレス評価, 荒井千種 林英明 外平友佳理 佐野忠士 鈴木一由 浅川満彦, 北海道獣医師会 平成28年度北海道地区学会,   2016年09月01日
Effect of the fast on leptin secretion of saliva in sheep, Hideaki Hayashi, Asaka Eguchi, Midori Noya, 17th AAAP Animal Science Congress,   2016年08月23日
Lumpy Jaw Disease(LJD)罹患カンガルーにおける被毛中コルチゾールを用いたストレス評価, 荒井千種, 林英明, 外平友佳理, 外平友佳理, 佐野忠士, 鈴木一由, 浅川満彦, 北海道獣医師会 平成28年度北海道地区学会,   2016年08月10日
キャリア引退犬におけるストレスの評価~非侵襲的測定法の有用性について~, 加藤万知, 増田麻子, 林英明, 加藤淳一, 辻恵子, 佐野忠士, Veterinary Nursing,   2016年06月20日
分娩・泌乳がホルスタイン種ウシ被毛中コルチゾール含有量に与える影響, 荒井千種 池内友里絵 林英明, 日本家畜管理学会・応用動物行動学会 2016年度春季合同研究発表会,   2016年03月30日
ホルスタイン種ウシ被毛中コルチゾール含有量の成長に伴う変化, 池内友里絵 荒井千種 林英明, 日本家畜管理学会・応用動物行動学会 2016年度春季合同研究発表会,   2016年03月30日
黒毛和種牛ウシハジラミ寄生における唾液および被毛を用いたコルチゾール測定によるストレス評価, 林英明 児嶋秀典 荒井千種 池内友里絵 福本真一郎 高橋俊彦, 平成27年度 日本獣医師会 獣医学術学会年次大会,   2016年02月26日
Effects of the short-term stress on hair cortisol concentrations in calves, Hideaki Hayashi, Chigusa Arai, Yurie Ikeuchi, Subaru Fukushi, Shigeru Morita and Shinji Hoshiba, The Congress of the International Society for Applied Ethology (ISAE),   2015年09月14日
Leptin and Ghrelin Expression in the Gastrointestinal Tract of Calves and Cows, H. HayashiA, M. YamakadoA, M. YamaguchiA, T. KozakaiB, K. NakajimaB and S. KatoA, Joint ISNH / ISRP International Conference 2014,   2014年09月08日
ウシ消化管各部位におけるCD36およびFATP4の発現, 林 英明・河波良彦・中原 葉・加藤清雄, 日本畜産学会第114回大会,   2011年08月26日
ウシ第一胃上皮細胞初代培養系におけるSMCT1遺伝子の発現, 木村真芙友、中島恵一、林英明、加藤清雄、小酒井貴晴, 日本分子生物学会第8回春季シンポジウム,   2008年05月26日
異なる泌乳期の肝臓におけるモノカルボン酸輸送体の遺伝子発現, 小酒井貴晴、木村真芙友、林英明、加藤清雄、中島恵一, 日本分子生物学会第8回春季シンポジウム,   2008年05月26日
黒毛和種子牛のグルコースおよび尿素代謝動態の特徴, 新宮博行・林英明・押部明徳・嶝野英子・櫛引史郎・小田伸一・加藤和雄・小原嘉昭, 日本畜産学会第105回大会,   2005年09月09日
ヤギの第一胃における短鎖脂肪酸吸収に及ぼすMCT1阻害剤p-CMBの影響, 増岡順二・Kirat Doaa・林英明・加藤清雄, 日本畜産学会第105回大会,   2005年09月09日
Expression of mRNA for nutrient transporters in the gastrointestinal tract before and after weaning, H. Hayashi, T. Yonezawa, T. Kanetani, K. Katoh, Y. Obara, X International Symposium on Ruminant Physiology (ISRP),   2004年08月30日

MISC

半自然状態下で飼育される有袋類の糞便による内部寄生虫保有状況の予備調査, 外平友佳理, 外平友佳理, 伊藤友貴, 佐野忠士, 林英明, 鈴木一由, 浅川満彦, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 41,   2016年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602212916420748

競争的資金

日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 毛中コルチゾールおよび唾液中オキシトシンによる新たなストレス評価法の確立, 林 英明


教員総覧