獣医学群・獣医保健看護学類
教員 能田淳 ノウダ ジュン
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2022/08/13

研究者基本情報

氏名

能田淳
ノウダ ジュン

所属(マスタ)

獣医学群・獣医保健看護学類, 教員

所属・職名

獣医保健看護学類 動物と人の関係学(環境衛生学)教室
教授

学位

Ph. D., ヨーテボリ大学

研究活動情報

研究分野

ナノテク・材料, グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学
環境・農学, 化学物質影響
環境・農学, 環境影響評価

研究キーワード

バイオエアロゾル,
大気科学,
環境衛生,

論文

Characteristics of PM2.5 Pollution in Osorno, Chile: Ion Chromatography and Meteorological Data Analyses, Ayane Nakamura, Nobutake Nakatani, Fumito Maruyama, So Fujiyoshi, Rodrigo Márquez-Reyes, Ricardo Fernández, Jun Noda, Atmosphere, Atmosphere, 13, (2) 168 - 168,   2022年01月20日, 査読有り
Relationship between the Microbiome and Indoor Temperature/Humidity in a Traditional Japanese House with a Thatched Roof in Kyoto, Japan, Makoto Kokubo, So Fujiyoshi, Daisuke Ogura, Makiko Nakajima, Ayako Fujieda, Jun Noda, Fumito Maruyama, Diversity, Diversity, 13, (10) 475 - 475,   2021年09月28日
Shape relatedness between geographic populations of Culex tritaeniorhynchus, the primary vector of Japanese encephalitis virus: A landmark study, R. Morales Vargas, T. Tsunoda, J. Noda, P. Bousses, T.Y. Nguyen, F. Hasebe, J.P. Dujardin, Infection, Genetics and Evolution, Infection, Genetics and Evolution, 90, 104764 - 104764,   2021年06月
Air pollution and airborne infection with mycobacterial bioaerosols: a potential attribution of soot, J. Noda, S. Tomizawa, K. Takahashi, K. Morimoto, S. Mitarai, International Journal of Environmental Science and Technology, International Journal of Environmental Science and Technology,   2021年02月21日
Airborne bacterial communities of outdoor environments and their associated influencing factors., Tay Ruiz-Gil, Jacquelinne J Acuña, So Fujiyoshi, Daisuke Tanaka, Jun Noda, Fumito Maruyama, Milko A Jorquera, Environment international, Environment international, 145, 106156 - 106156,   2020年12月, 査読有り
Concentration patterns of antibacterial factors and immunoglobulin A antibody in foremilk fractions of healthy cows, Animal Science Journal, Animal Science Journal, 91, (1) ,   2020年01月, 査読有り
Aerosol from Biomass Combustion in Northern Europe: Influence of Meteorological Conditions and Air Mass History, Jun Noda, J., Bergström, B., Kong, X., Gustafsson, T.L., Kovacevik, B., Svane, M., and Pettersson, J.B.C., Atmosphere, Atmosphere, 10, (789) 1 - 19,   2019年12月06日, 査読有り
Evaluation of probiotic therapy for calf diarrhea with serum diamine oxidase activity as an indicator, Fukuda, T., Otsuka, M., Nishi, K., Nishi, Y.,Tsukano, K., Noda, J., Higuchi, H., and Suzuki, K., Japanese Journal of Veterinary Research, Japanese Journal of Veterinary Research, 67, (4) 305 - 311,   2019年11月, 査読有り
Vertical distributions of airborne microorganisms over Asian dust source region of Taklimakan and Gobi Desert, Atmospheric Environment, Atmospheric Environment, 214, (214) 1 - 8,   2019年10月01日, 査読有り
Atmospheric dust as a possible survival factor for bioaerosols, Jun Noda, Sota Tomizawa, Buho Hoshino, Erdenebadrakh Munkhjargal, Kei Kawai, Kenji Kai, E3S Web Conf., E3S Web Conf., 99, 04007 - 04007,   2019年06月, 査読有り
Detection of the sul2-strA-strB gene cluster in an ice core from Dome Fuji Station, East Antarctica., Torahiko Okubo, Rieko Ae, Jun Noda, Yoshinori Iizuka, Masaru Usui, Yutaka Tamura, Journal of global antimicrobial resistance, Journal of global antimicrobial resistance, 17, 72 - 78,   2019年06月, 査読有り
Comparison of green turtle Chelonia mydas sex ratios at two time-points over 20 years at a foraging ground in Yaeyama Islands, Ryukyu Archipelago, Japan, Kameda, K., Suzuki, K., Kuroyanagi, K., Takase, M., Matsuda, K., Noda, J., Endangered Species Research, Endangered Species Research, 38, 127 - 134,   2019年03月14日, 査読有り
Ceilometer Observation of a Dust Event in the Gobi Desert on 29–30 April 2015: Sudden Arrival of a Developed Dust Storm and Trapping of Dust Within an Inversion Layer, Kei Kawai, Yuta Nishio, Kenji Kai, Jun Noda, Erdenebadrakh Munkhjargal, Masato Shinoda, Nobuo Sugimoto, Atsushi Shimizu, Enkhbaatar Davaanyam, Dashdondog Batdorj, SOLA, SOLA, 15, 52 - 56,   2019年03月07日, 査読有り
Large-scale dust event in East Asia, as revealed by the Himawari-8 DUST RGB, lidar network observations, and field survey, Kenji Kai, Yuki Minamoto, Kotaro Nakamura, Minrui Wang, Kei Kawai, Kazuma Ohara, Jun Noda, Teruya Maki, E. Davaanyam, Nobuo Sugimoto, E3S Web Conf., E3S Web Conf., 99,   2019年03月, 査読有り
Sequential changes in serum zinc concentrations in calves with experimentally induced endotoxin shock measured by the particle-induced X-ray emission method., Toshio Shimamori, Kenji Tsukano, Koichiro Sera, Jun Noda, Kazuyuki Suzuki, The Journal of veterinary medical science, The Journal of veterinary medical science, 81, (2) 165 - 168,   2019年02月09日, 査読有り
Northeast Asian Dust Transport: A Case Study of a Dust Storm Event from 28 March to 2 April 2012, Purevsuren Tsedendamba, Jugder Dulam, Kenji BABA, KATSURO Hagiwara, Jun Noda, Kei Kawai, Ganzorig Sumiya, Christopher McCarthy, Kenji Kai, Buho Hoshino, Atmosphere, Atmosphere, 10, (2) 1 - 16,   2019年02月, 査読有り
Contamination Status of Seven Elements in Hooded Cranes Wintering in South-West Kyushu, Japan: Comparison with Red-Crowned Cranes in Hokkaido, Japan., Hiroki Teraoka, Hasumi Miyagi, Yuko Haraguchi, Kozo Takase, Takio Kitazawa, Jun Noda, Archives of environmental contamination and toxicology, Archives of environmental contamination and toxicology, 75, (4) 557 - 565,   2018年11月, 査読有り
Detection of dry lake beds formation and estimate of environmental regime shift in semi-arid region, Buho HOSHINO, Yuki SOFUE, Yuta DEMURA, Tsedendamba PUREVSUREN, Morine KURIBAYASHI, Kenji BABA, Enkhtuvshin ZOLJARGAL, Katsuro HAGIWARA, Jun NODA, Keiichi KAWANO, Olaf KARTHAUS, Kenji KAI, 沙漠研究, 沙漠研究, 28, (5) 109 - 113,   2018年, 査読有り
Investigation of chromated copper arsenate-treated waste wood used for bedding material in the Hokkaido area, Jun Noda, Kenichi Izumi, Yutaka Tamura, Japanese Journal of Veterinary Research, Japanese Journal of Veterinary Research, 66, (1) 57 - 62,   2018年, 査読有り
Large-scale dust event in East Asia in May 2017: Dust emission and transport from multiple source regions, Yuki Minamoto, Kotaro Nakamura, Minrui Wang, Kei Kawai, Kazuma Ohara, Jun Noda, Enkhbaatar Davaanyam, Nobuo Sugimoto, Kenji Kai, Scientific Online Letters on the Atmosphere, Scientific Online Letters on the Atmosphere, 14, 33 - 38,   2018年, 査読有り
沖縄郊外の沿岸に生息するアオウミガメの血漿中Pb, ケイ素およびチタン濃度は地方の沿岸に生息するウミガメよりも高値である, 塚野憲次, 鈴木一由, 能田 淳, 柳沢 牧央, 亀田 一成, 世良 耕一郎, 西 泰伸, 嶋守 俊夫, 森本 康愛, 横田 博, 浅川 満彦, 日本獣医学会誌, 日本獣医学会誌, 79, (12) 2043 - 2047,   2017年12月22日, 査読有り
人工衛星データによるモンゴル国半乾燥地帯における乾燥湖底形成頻度の判定, 出村雄太, 星野仏方, 馬場賢治, 能田 淳, Chrisopher McCarthy, 祖父江 有紀, 甲斐 憲次, Tsedendamaba Purevsure, 萩原 克郎, 能田 淳, ランド, ランド, 6, (4) ,   2017年12月01日, 査読有り
Particle-Induced X-ray Emission Analysis of Serum Trace and Major Elements in Cattle with Acute Coliform Mastitis, Toshio Shimamori, Jun Noda, Kenji Tsukano, Kouichiro Sera, Hiroshi Yokota, Masateru Koiwa, Takahide Suzuki, Kazuyuki Suzuki, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 65, (1) 29 - 37,   2017年02月, 査読有り
Particle-Induced X-ray Emission Analysis of Zierum Trace and Major Elements in Cattle with Acute Coliform Mastitis., Toshio Shimamori, Jun Noda, Kenji Tsukano, Kouichiro Sera, Hiroshi Yokota, Masateru Koiwa, Takahide Suzuki, Kazuyuki Suzuki, The Japanese journal of veterinary research, The Japanese journal of veterinary research, 65, (1) 29 - 37,   2017年02月, 査読有り
Particle-induced X-ray emission analysis of serum trace and major elements in cattle with acute coliform mastitis, Toshio Shimamori, Jun Noda, Kenji Tsukano, Kouichiro Sera, Hiroshi Yokota, Masateru Koiwa, Takahide Suzuki, Kazuyuki Suzuki, Japanese Journal of Veterinary Research, Japanese Journal of Veterinary Research, 65, (1) 29 - 37,   2017年, 査読有り
Estimates of ground surface characteristics for outbreaks of the Asian Dust Storms in the sources region, Demura, Y, Hoshino, B, Sofue, Y, Kai, K, Purevsuren, T, Baba, K, Noda, J, ProScience, ProScience, 3, 21 - 30,   2016年12月, 査読有り
バイオエアロゾルとPM2.5の関係: 健康への影響について, 能田 淳, クリーンテクノロジー, クリーンテクノロジー, 26, (9) 36 - 40,   2016年09月
大気ブラックカーボン及びその役割を知る, 安成哲平, 兼保直樹, 能田淳, 星野仏方, 野口泉, 村尾直人, 秋山雅行, 藤岡真路, 馬場賢治, 萩原克郎, 甲斐憲次, 山口高志, 鈴木啓明, 松本利恵, 細氷, 細氷, 62, 3 - 42,   2016年
Environmental Contamination by Arsenic and Lead in some rural villages in India, Noda, J, Hakamada, R, Suzuki, K, Miura, T, Sera, K, International Journal of PIXE, International Journal of PIXE, 25, (1-2) 29 - 37,   2015年12月, 査読有り
Comparative Characteristics of the Home Ranges of Domestic and Wild Animals in Arid and Semi-Arid Afro-Eurasian Watering Places as Hot Spots for Pasture Degradation, 能田 淳, 24-1, 51-56, 2014, 24-1, 51-56, 2014, 24, (1) 51 - 56,   2014年, 査読有り
Temporal Changes in Environmental Health Risks and Socio-psychological Status in Areas Affected by the 2011 Tsunami in Ishinomaki, Japan, Makita, K, Inoshita, K, Kayano, T, Uenoyama, K, Hagiwara, K, Asakawa, M, Ogawa, K, Kawamura, S, Noda, J, Sera, K, Sasaki, H, Nakatani, N, Higuchi, H, Ishikawa, N, Iwano, H, Tamura, Y, Environment and Pollution, Environment and Pollution, 3, (1) ,   2013年, 査読有り
Relationships between carapace sizes and plasma major and trace element status in captive hawksbill sea turtles (Eretmochelys imbricata)., Kazuyuki Suzuki, Jun Noda, Makio Yanagisawa, Isao Kawazu, Kouichiro Sera, Daisuke Fukui, Mitsuhiko Asakawa, Hiroshi Yokota, The Journal of veterinary medical science, The Journal of veterinary medical science, 74, (12) 1677 - 80,   2012年12月, 査読有り
Factors associated with antimicrobial-resistant Escherichia coli in zoo animals., Kanako Ishihara, Yuko Hosokawa, Kohei Makita, Jun Noda, Hiroshi Ueno, Yasukazu Muramatsu, Hiroshi Ueno, Takeshi Mukai, Hideaki Yamamoto, Masaki Ito, Yutaka Tamura, Research in veterinary science, Research in veterinary science, 93, (2) 574 - 80,   2012年10月, 査読有り
Particle-induced X-ray emission analysis of elements in plasma from wild and captive sea turtles (Eretmochelys imbricata, Chelonia mydas, and Caretta caretta) in Okinawa, Japan., Kazuyuki Suzuki, Jun Noda, Makio Yanagisawa, Isao Kawazu, Kouichiro Sera, Daisuke Fukui, Mitsuhiko Asakawa, Hiroshi Yokota, Biological trace element research, Biological trace element research, 148, (3) 302 - 8,   2012年09月, 査読有り
南極の氷中に含まれていた細菌叢の解析, 大久保 寅彦, 佐藤 豊孝, 中村 昇太, 飯田 哲也, 臼井 優, 能田 淳, 萩原 克郎, 田村 豊, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 154回, 229 - 229,   2012年08月
Mexico city aerosol analysis during MILAGRO using high resolution aerosol mass spectrometry at the urban supersite (T0) – Part 2: Analysis of the biomass burning contribution and the non-fossil carbon fraction, 10, (12) 5315 - 5341,   2010年, 査読有り
Dealkylation of alkylbenzenes: a significant pathway in the toluene, o-, m-, p-xylene + OH reaction., Jun Noda, Rainer Volkamer, Mario J Molina, The journal of physical chemistry. A, The journal of physical chemistry. A, 113, (35) 9658 - 66,   2009年09月03日, 査読有り
On-Line Chemical Analysis of Individual Alkali-Containing Aerosol Particles by Surface Ionization Combined with Time-of-Flight Mass Spectrometry, Maria Svane, Torbjorn L. Gustafsson, Borka Kovacevik, Jun Noda, Patrik U. Andersson, E. Douglas Nilsson, Jan B. C. Pettersson, AEROSOL SCIENCE AND TECHNOLOGY, AEROSOL SCIENCE AND TECHNOLOGY, 43, (7) 653 - 661,   2009年, 査読有り

書籍等出版物

獣医毒性学: 獣医学教育モデル コア・カリキュラム準拠, 日本比較薬理学毒性学会, 分担執筆, 近代出版,   2020年03月01日, 487402260X
認定動物看護師教育コアカリキュラム2019 準拠 応用動物看護学2 (公衆衛生学 動物医療関連法規), 全国動物保健看護系大学協会 カリキュラム委員会, 分担執筆, インターズー,   2019年12月25日, 4866710896
獣医公衆衛生学 2, 獣医公衆衛生学教育研修協議会, 分担執筆, 文永堂出版,   2014年04月, 4830032510

講演・口頭発表等

Possible Survival of Bioaerosols in the Atmosphere: Pollutants as contributing factors, Jun Noda, Sota Tomizawa, Tatsuya Aoyama, Kozo Morimoto, and Satoshi Mitarai, 1st International Conference on Applications of Air Quality in Science and Engineering,   2020年02月11日, 招待有り
大気科学とワンヘルス: 空気感染の解明に向けて, 能田 淳, 特別研究発表,   2019年12月10日
大気科学とワンヘルス, 能田 淳, 第3回 環境化学会 札幌,   2019年09月30日, 招待有り
Bioaerosol measurements in Mongolia, China, and Japan during the spring of 2015, Jun Noda, Keisuke Nishioka, Takaaki Nakaya, Keiya Yumimoto, Katsuro Hagiwara, Buho Hoshino, Kenji Baba, Izumi Noguchi, Teruya Maki, Atsushi Matuki, Chiharu Nishita-Hara, Masahiko Hayash, Enkhbaatar Davaanya, Erdenebadrakh Munkjargal, Kei Kawai, and Kenji Kai, European Aerosol Conference (EAC) 2019,   2019年08月27日
A possible survival mechanism of bioaerosols with particulate matters, Jun Noda, Kyohei Takahashi, Urara Kojima, Sota Tomizawa, Kozo Morimoto, and Satoshi Mitarai, European aerosol conference (EAC) 2019,   2019年08月26日
Atmospheric dust as a possible survival factor for bioaerosols, Jun Noda, Sota Tomizawa, Buho Hoshino, Erdenebadrakh Munkhjargal, Kei Kawai, and Kenji Kai, Central Asian DUst Conference (CADUC),   2019年04月12日, 招待有り
大気汚染物質による紫外線からの 細菌保護の可能性, 能田 淳, 高橋京平, 小島うらら, 富澤颯太, 第12回 バイオエアロゾルシンポジウム茨城大学,   2019年02月19日
非結核性抗酸菌症の地域差把握に向けたエアロゾル観測, 能田 淳, 牧 輝弥, 森本耕三, 御手洗 聡, 第12回 バイオエアロゾルシンポジウム茨城大学,   2019年02月19日
大気汚染物質による紫外線からの 細菌保護の可能性, 能田 淳, 冨澤颯太, 小島うらら, 高橋京平, 内田玲麻, 村松康和, 第6回 大気エアロゾルシンポジウム 「シミュレーションと観測からのアジアダスト解析」,   2018年11月09日
感染症に向けたワンヘルスアプローチ:空気感染メカニズムの解明に向けて, 能田 淳, 第20回 アジア 獣医学連盟大会,   2018年11月02日, 招待有り
エアロゾルと健康について, 能田 淳, 第15回 ゼノアックエクステンションセミナー,   2018年10月19日, 招待有り
PIXEによる異なるウミガメ血清中微量元濃度:タイでの事例, 能田 淳, 第24回 NMCC成果報告会,   2018年05月11日
呼吸器病とエアロゾル, 能田 淳, 到津の森公園 セミナー,   2018年03月05日
バイオエアロゾルと植生の関連性について, 能田 淳, 第5回 大気エアロゾル公開シンポジウム -陸・植物・空ー,   2018年02月23日
環境中エアロゾル中非結核性抗酸菌の捕集について, 能田 淳, 冨澤颯太, トラン タイ ニャット, 高橋京平, 内田玲麻, 村松康和, 第11回 バイオエアロゾル シンポジウム,   2018年02月21日
ワンヘルスと大気科学, 能田 淳, ベイラ インテリオル大学健康科学センターセミナー,   2017年12月21日, 招待有り
異なる湿度大気中マイコプラズマ・エアロゾルと環境ダストの分布状況, 能田 淳, 齋藤 亜実, 西 航司, 権平 智, 樋口 豪紀, 永幡 肇, 横田 博, Joint international tropical medicine meeting 2017,   2017年12月06日
ダストストーム発生時におけるバイオエアロゾル測定 2015年集中観測, 能田 淳, 西岡敬介, 弓本桂也, 萩原克郎, 横田 博, 星野仏方, 中屋隆明, 牧輝弥, Enkhbaatar DAVAANYA, Erdenebadrakh MUNKHJARGAL, 河合 慶, 甲斐憲次, アジアンダスト、バイオエアロゾル、環境レジームシフトの国際ワークショップ,   2017年11月03日
薬液エアロゾルの粒径から見たネブライザーによる呼吸器療法の有用性, 脇渕稔洋, 小野原かえで, 鈴木一由, 美名口 順, 竹花 一成, 能田 淳, 北海道獣医師会,   2017年09月08日
カンガルー病における血漿中エンドトキシン活性値と微量元素の動態, 横江 果林, 外平由佳里, 能田 淳, 鈴木 一由, 世良 耕一郎, 浅川満彦, ケミカルハザードシンポジウム,   2017年08月02日
バイオエアロゾルと化学物質: 共存と相互作用について, Jun Noda, Buho Hoshino, Katsuro Hagiwara, Hiroshi Yokota, Batdorj Dashdondog, Munkhjargal Erdenebadrakh, Kei Kawai, Kenji Kai, ケミカルハザードシンポジウム,   2017年08月02日
大気物質による労働衛生と健康リスク, 能田 淳, 第2回 ワンヘルスレクチャーシリーズ 酪農学園大学,   2017年08月01日
環境から考えるワンヘルス, 能田 淳, 市民公開講座 ”ワンヘルス”ってなんだろう?,   2017年07月08日
マイコプラズマを含むバイオエアロゾルと 異なる家畜飼育環境中エアロゾル粒子の相互作用について, 能田 淳, 齋藤亜美, 豊田彩乃, 西 航司, 樋口豪紀, 永幡 肇, 横田 博, 第10回 バイオエアロゾルシンポジウム,   2017年02月19日
Relationship between Black Carbon and Bioaerosols, Noda, J, Hagiwara, K, Hoshino, B, Kant, R, Hallquist, M, 4th. Aerosol symposium: Black carbon,   2016年11月25日
Aerosol Science with One Health Perspective, 能田 淳, 1st lecture series on One Health, Thammasat University,   2016年11月15日, 招待有り
Relationship of Bioaerosls and Environmental Particulate Matters: Possible Health effect, 能田 淳, 22nd atmospheric chemistry conference,   2016年10月13日
Investigation of Airborne Mycoplasma bovis with Different Environmental aerosol particles, Saito, A, Toyoda, A, Nishi, K, Noda, J, Higuchi, H, Nagahata, H, 57th Conference for Japan society of Atmospheric environment,   2016年09月06日
Bioaerosol researches: Field and laboratory investigation, Noda, J, Noguchi, I, Dashdondog, B, Nakaya, T, Hagiwara, K, 1s JSPS Core to Core program international seminar for collaborative work to develop platform for zoonotic infectious diseases among Japan, Egypt and Asian countries,   2016年08月24日
Measurement of Bioaerosols, graduate course lecture, 能田 淳, 3rd JSPS Core to Core program for Collaborative Research between Mongolia, China and Japan on Outbreaks of Asian dust and Environmental Regime Shift,   2016年08月11日, 招待有り
Viability differences of Bioaerosols with Dusts from Mongolia and Japan, Noda, J, Hagiwara, K, Hoshino, B, Baba, K, Yokotota, H, Erdenebadrakh, M, Kawai, K, Kai, K, 3rd JSPS Core to Core program for Collaborative Research between Mongolia, China and Japan on Outbreaks of Asian dust and Environmental Regime Shift,   2016年08月09日, 招待有り
Behavior of Airborne Mycoplasma Bovis with Different Dusts in Livestock Firming, Noda, J, Toyoda, A, Higuchi, H, Ngahata, H, Yokota, H, International Conference on Atmospheric dust,   2016年06月17日
Viability Reduction of Bioaerosols with Presence of Environmental Dusts, Noda, J, Hagiwara, K, Hoshino, B, Yokotota, H, Erdenebadrakh, M, Kawai, K, Kai, K, International Conference on Atmospheric dust,   2016年06月16日
Estimates of Ground Surface Characteristics for Outbreaks of the Asian Dust Storms in the Sources Region, Hoshino, B, Demura, Y, Sofue, Y, Kai, K, Purevsuren, T, Noda, J, International Conference on Atmospheric dust,   2016年06月16日
Connection of different endotoxin levels and trace elements in sea turtles, Noda, J, Suzuki, K, Yokota, H, Sera., K, Japan Radio Isotope Association PIXE symposium,   2016年05月13日
Interactions Between Biological and Non-biological Fractions of Aerosols, Bioaerosol Research in Recent Development, Un-known Feature of Airborne Microbes, 能田 淳, Open seminar for JSPS Core to Core program of Collaborative Research between Mongolia, China and Japan on Outbreaks of Asian dust and Environmental Regime Shift,   2016年02月19日, 招待有り

MISC

環境衛生学の衛生動物-野生動物学などコアカリ科目との関連性から, 浅川満彦, 能田 淳, 北獣会誌, 63,   2019年05月
カンガルー病罹患カンガルーの血漿エンドトキシン活性値, 外平友佳理, 外平友佳理, 佐々木春香, 鈴木一由, 能田淳, 佐野忠士, 土谷正和, 横田博, 浅川満彦, 日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 21st,   2015年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702224713292293
沖縄八重山諸島に棲息するアオウミガメの血漿中エンドトキシン活性値, 西康暢, 鈴木一由, 能田淳, 亀田和成, 浅川満彦, 土谷正和, 横田博, 北海道獣医師会雑誌, 58,   2014年
衛星植生指数を用いたモンゴル国ゴビから発生する黄砂の頻度について, 祖父江侑紀, 出村雄太, ツェデンバプレブスレン, 星野仏方, 馬場賢治, 能田淳, 甲斐賢二, 共生社会システム学会大会報告要旨, 2014,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402214533233319
黄砂が運ぶ生物由来物質の時空間解析~2012年春季の事例~, 馬場賢治, 能田淳, 星野仏方, 萩原克郎, 日本気象学会大会講演予稿集,   2013年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302262360674842
宮城県石巻市津波被災地域における環境リスクおよび仮設住宅居住者の現状, 蒔田浩平, 伊下一人, 渡辺洋子, 茅野大志, 萩原克郎, 浅川満彦, 小川健太, 能田淳, 佐々木均, 中谷暢丈, 樋口豪紀, 岩野英知, 田村豊, Journal of Epidemiology, 23,   2013年01月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502253576358126
輸入稲わら梱包中心部に挿入したアフトウイルス属牛鼻炎Bウイルスの加湿加熱による不活化実験, 蒔田 浩平, 能田 淳, 桐澤 力雄, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 37, (1) 19 - 23,   2012年10月, http://hdl.handle.net/10659/2891
宮城県石巻市津波被災地域における環境リスクの評価, 蒔田浩平, 伊下一人, 茅野大志, 萩原克郎, 浅川満彦, 小川健太, 能田淳, 佐々木均, 中谷暢丈, 樋口豪紀, 岩野英知, 田村豊, 獣医疫学雑誌, 16,   2012年07月20日, 10.2743/jve.16.9, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202245200355113

特許

2房式擬似大気チャンバー, 能田 淳, 高橋俊彦, 特願2021-048765

競争的資金

日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 非結核抗酸菌バイオエアロゾルの短・長距離拡散と同感染症との関連解析
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 南米チリにおける大気汚染とバイオエアロゾルの統合解析による健康影響評価基盤の構築, 本研究では南米チリの大気における病原性微生物に着目し,その地域性,経時的な種や量等の動態の把握,大気汚染物質との関連,また大気汚染物質による微生物保護作用の把握を目指している。大気微生物と大気汚染の関連について,2019年度は,大気試料のサンプリングを12月~1月(現地夏季)に行った。エアロゾルサンプリングとしては,粗大粒子PM10と微小粒子PM2.5はハイボリュームサンプラーで24時間,バイオエアロゾルは液体サイクロンエアサンプラー(コリオリスμ)で15分間大気を吸引することで採取した。これらの作業をテムコ,プンタアレーナスの2地点で行い,計6サンプルを採取した。これらのサンプルについて,メタゲノム解析(微生物群集), 化学成分分析(大気汚染物質),後方流跡線解析(気塊の移動経路)などを行い,気象データ(気温,湿度,降水量,風向,風速)も含めてサンプリング時の状況を多面的に把握する予定である。大気汚染物質による微生物への保護作用について,2019年度は,培養法で微生物(細菌,真菌)を24株単離した。そして,それらのゲノム解析や大気汚染物質が持つ微生物への保護作用を検証するために,菌株を日本に移動させる素材移転契約(Material Transfer Agreement: MTA)の締結などを進めている。また,チリの大学との学術交流に関する覚書(Memorandum of Understanding: MOU)の締結も目指している。
国際科学技術財団, 日本国際賞, 空気中に漂う微生物とうまく付き合うための新しい暮らしづくり
国立研究開発法人日本医療研究開発機構, ウイルス等感染症対策技術開発事業 基礎研究支援, 医療用N95マスクの性能評価手順と再利用条件の確定に関する研究
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 大気汚染物質がバイオエアロゾルの感染力に及ぼす影響評価と疾病予防に向けた研究, バクテリアやウイルスなどを含むバイオエアロゾルと煤の相互作用メカニズムの解明が感染症などによる健康被害を最小限に抑えるための一助になると考え本研究を推進した。 対象とする環境中の汚染物質としては炭化水素の不完全燃焼から排出される黒煙(煤)を対象物質とし、オゾンをバイオエアロゾルへのストレス因子として、大気環境中での挙動を対流式反応チャンバーにてシュミレーション実験した。その結果、バイオエアロゾルが煤と混在した場合はオゾンによるストレスを軽減している傾向が見受けられた。有機物質を多く含んでいる、煤や畜舎内環境粒子がバイオエアロゾルの活性保持にどの様な影響を及ぼすか検証を行うことができた。
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 雲物理過程を取り入れたアジアダスト輸送中のバイオエアロゾル時空間変遷, モンゴルゴビ沙漠から発生するバイオエアロゾル(生物由来物質)の時空間変動について,調査を行った.集中観測期間中にはアジアダスト発生はみられなかったため,予備調査時のデータを用いて解析を進めた.気象モデルによると,モンゴルゴビ砂漠で発生したアジアダストは,偏西風に乗り,あまり南北に拡散せずに北海道まで達していた.ライダーや人工衛星CALIPSOからもアジアダストの発生・運搬は確認することが出来た.モンゴルゴビと札幌で取得したエアロゾルサンプルから,両者の間で生物学的に同定することが出来,飛来していることが証明された.
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 津波由来ヘドロ浮遊粒子とバイオエアロゾルが感染に及ぼす影響と予防に向けた研究, 2011年の東日本大震災による津波由来ヘドロ堆積物は、微細な粒径から乾燥後に浮遊粒子状物質(SPM)として大気中への拡散がおこる。これらSPMが微生物由来成分を含むエアロゾルが大気中で及ぼす影響を検証することで感染症の拡大予防などに向けた知見を得られると考えた。実験には異なるエアロゾルを混合する容器を用い異なるSPMとバクテリアを含むエアロゾルをモデルとして混合試験を実験室にてで行った。その結果、異なるSPMによってバクテリアの活性維持に影響の違いが及ぼされることが解明できた。異なるSPMが感染の拡大などに及ぼす影響などを把握するためには、更なるバイオエアロゾル研究の必要性が示唆された。
共同研究, バイオマス燃焼がチューリッヒ都心部の大気環境に及ぼす影響, アルカリ質量分析計を使用して、都市部でのバイオマス燃焼が大気汚染貢献の割り合いを他の測定と合わせて把握する調査


教員総覧