獣医学群・獣医保健看護学類
教員 宮庄拓 ミヤショウ タク
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2017/11/22

研究者基本情報

氏名

宮庄拓
ミヤショウ タク

所属(マスタ)

獣医学群・獣医保健看護学類, 教員

所属・職名

獣医学群 獣医保健看護学類
講師

学歴

1998年04月 - 2011年09月, 酪農学園大学, 獣医学研究科, 研究生

研究活動情報

論文

The alpha-lipoic acid derivative DHLHZn: a new therapeutic agent for acute lung injury in vivo., Shoji Y, Takeuchi H, Fukuda K, Fukunaga K, Nakamura R, Takahashi T, Wada N, Kawakubo H, Miyasho T, Hiratsuka T, Inomata M, Betsuyaku T, Kitagawa Y, Inflammation research : official journal of the European Histamine Research Society ... [et al.], 66, (9) 803 - 811,   2017年09月, 査読有り
Evaluation of urinary IL-6 in neonates with septic shock treated with polymyxin B-immobilized fiber column., Nishizaki N, Hirano D, Miyasho T, Obinata K, Shoji H, Shimizu T, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 59, (9) 1032 - 1033,   2017年09月, 査読有り
IL-7 and procalcitonin are useful biomarkers in the comprehensive evaluation of the severity of acute cholangitis., Suwa Y, Matsuyama R, Goto K, Kadokura T, Sato M, Mori R, Kumamoto T, Taguri M, Miyasho T, Endo I, Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences, 24, (2) 81 - 88,   2017年02月, 査読有り
Plethysmography variability index (PVI) for prediction of fluid responsiveness during graded haemorrhage and transfusion in sevoflurane anesthetized mechanically ventilated dogs., Endo Y, Kawase K, Miyasho T, Sano T, Yamashita K, Muir WW., Veterinary Anaesthesia and Analgesia, in press,   2017年, 査読有り
Haptoglobin Reduces Inflammatory Cytokine INF-γ and Facilitates Clot Formation in Acute Severe Burn Rat Model., Koami H, Sakamoto Y, Miyasho T, Noguchi R, Sato N, Kai K, Chris Yamada K, Inoue S, Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi, 84, (2) 64 - 72,   2017年, 査読有り
High-mobility group box-1 release into fetal circulation from umbilical cord tissue and amniotic epithelium in fetal ischemia., Nakamura T, Yoshioka T, Yamada S, Miyasho T, Sakakibara N, Hatanaka D, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 58, (7) 631 - 634,   2016年07月, 査読有り
Polymyxin B hemoperfusion prevents acute kidney injury in sepsis model., Mitaka C, Masuda T, Kido K, Uchida T, Abe S, Miyasho T, Tomita M, Inada E, The Journal of surgical research, 201, (1) 59 - 68,   2016年03月, 査読有り
Factors affecting cytokine change after esophagectomy for esophageal cancer., Okamura A, Takeuchi H, Matsuda S, Ogura M, Miyasho T, Nakamura R, Takahashi T, Wada N, Kawakubo H, Saikawa Y, Kitagawa Y, Annals of surgical oncology, 22, (9) 3130 - 3135,   2015年09月, 査読有り
Novel Blood Purification System for Regulating Excessive Immune Reactions in Severe Sepsis and Septic Shock: An Ex Vivo Pilot Study., Hara Y, Shimomura Y, Nakamura T, Kuriyama N, Yamashita C, Kato Y, Miyasho T, Sakai T, Yamada S, Moriyama K, Nishida O, Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy, 19, (4) 308 - 315,   2015年08月, 査読有り
Big endothelin-1 as a tumour marker for canine haemangiosarcoma., Fukumoto S, Miyasho T, Hanazono K, Saida K, Kadosawa T, Iwano H, Uchide T, Veterinary journal (London, England : 1997), 204, (3) 269 - 274,   2015年06月, 査読有り
Regional and cellular distribution of monocarboxylate transporters 13 and 14 in the cattle gastrointestinal tract., Kirat D, Miyasho T, Cellular and molecular biology (Noisy-le-Grand, France), 61, (3) 39 - 45,   2015年06月, 査読有り
Attenuation of lipopolysaccharide-induced acute lung injury after (pro)renin receptor blockade., Ishii K, Takeuchi H, Fukunaga K, Hirano Y, Suda K, Hagiwara T, Miyasho T, Yamada S, Nakamura R, Takahashi T, Wada N, Kawakubo H, Saikawa Y, Omori T, Betsuyaku T, Ichihara A, Kitagawa Y, Experimental lung research, 41, (4) 199 - 207,   2015年05月, 査読有り
Gene transfer of high-mobility group box 1 box-A domain in a rat acute liver failure model., Tanaka M, Shinoda M, Takayanagi A, Oshima G, Nishiyama R, Fukuda K, Yagi H, Hayashida T, Masugi Y, Suda K, Yamada S, Miyasho T, Hibi T, Abe Y, Kitago M, Obara H, Itano O, Takeuchi H, Sakamoto M, Tanabe M, Maruyama I, Kitagawa Y, The Journal of surgical research, 194, (2) 571 - 580,   2015年04月, 査読有り
Downregulation of cytochrome P450scc as an initial adverse effect of adult exposure to diethylstilbestrol on testicular steroidogenesis., Maeda N, Okumura K, Tanaka E, Suzuki T, Miyasho T, Haeno S, Ueda H, Hoshi N, Yokota H, Environmental toxicology, 29, (12) 1452 - 1459,   2014年12月, 査読有り
Systemic mycobacteriosis in an aborted thoroughbred fetus in Japan., Sano Y, Matsuda K, Osaki K, Miyasho T, Tsuda T, Taniyama H, The Journal of veterinary medical science, 76, (12) 1617 - 1621,   2014年12月, 査読有り
Serum big endothelin-1 as a clinical marker for cardiopulmonary and neoplastic diseases in dogs., Fukumoto S, Hanazono K, Miyasho T, Endo Y, Kadosawa T, Iwano H, Uchide T, Life sciences, 118, (2) 329 - 332,   2014年11月, 査読有り
EpCAM, a potential therapeutic target for esophageal squamous cell carcinoma., Matsuda T, Takeuchi H, Matsuda S, Hiraiwa K, Miyasho T, Okamoto M, Kawasako K, Nakamura R, Takahashi T, Wada N, Kawakubo H, Saikawa Y, Omori T, Kitagawa Y, Annals of surgical oncology, 21 Suppl 3, S356 - 64,   2014年06月, 査読有り
Diethylstilbestrol decreased adrenal cholesterol and corticosterone in rats., Haeno S, Maeda N, Yagi T, Tahata S, Sato M, Sakaguchi K, Miyasho T, Ueda H, Yokota H, The Journal of endocrinology, 221, (2) 261 - 272,   2014年05月, 査読有り
Combination therapy of 15-epi-lipoxin A4 with antibiotics protects mice from Escherichia coli-induced sepsis*., Ueda T, Fukunaga K, Seki H, Miyata J, Arita M, Miyasho T, Obata T, Asano K, Betsuyaku T, Takeda J, Critical care medicine, 42, (4) e288 - 95,   2014年04月, 査読有り
(Pro)renin receptor blocker improves survival of rats with sepsis., Hirano Y, Takeuchi H, Suda K, Hagiwara T, Miyasho T, Kawamura Y, Yamada S, Oyama T, Takahashi T, Wada N, Saikawa Y, Ichihara A, Kitagawa Y, The Journal of surgical research, 186, (1) 269 - 277,   2014年01月, 査読有り
The effects of polymyxin B-immobilized fiber hemoperfusion on respiratory impairment in endotoxemic pigs., Koami H, Sakamoto Y, Miyasho T, Itami T, Tamura J, Ishizuka T, Kawamura Y, Nakamura K, Miyoshi K, Yamashita K, Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi, 81, (3) 130 - 138,   2014年, 査読有り
Clinical significance of CXCL-8/CXCR-2 network in esophageal squamous cell carcinoma., Ogura M, Takeuchi H, Kawakubo H, Nishi T, Fukuda K, Nakamura R, Takahashi T, Wada N, Saikawa Y, Omori T, Miyasho T, Yamada S, Kitagawa Y, Surgery, 154, (3) 512 - 520,   2013年09月, 査読有り
The neutrophil elastase inhibitor sivelestat suppresses accelerated gastrointestinal tumor growth via peritonitis after cecal ligation and puncture., Kumagai K, Saikawa Y, Takeuchi H, Suda K, Fukuda K, Nakamura R, Takahashi T, Kawakubo H, Wada N, Miyasho T, Kitagawa Y, Anticancer research, 33, (9) 3653 - 3659,   2013年09月, 査読有り
Polymeric immunoglobulin receptor expression and local immunoglobulin A production in bovine sublingual, submandibular and parotid salivary glands., Sakaguchi K, Yokota H, Miyasho T, Maeda N, Nakamura K, Onaga T, Koiwa M, Matsuda K, Okamoto M, Hirayama K, Taniyama H, Veterinary journal (London, England : 1997), 197, (2) 291 - 296,   2013年08月, 査読有り
Neutrophil elastase inhibitor improves survival rate after ischemia reperfusion injury caused by supravisceral aortic clamping in rats., Fujimura N, Obara H, Suda K, Takeuchi H, Miyasho T, Kawasako K, Du W, Yamada S, Ono S, Matsumoto K, Matsuda S, Yagi H, Kitago M, Shinoda M, Itano O, Tanabe M, Sakamoto M, Maruyama I, Kitagawa Y, The Journal of surgical research, 180, (1) e31 - 6,   2013年03月, 査読有り
Association between cytokine removal by polymyxin B hemoperfusion and improved pulmonary oxygenation in patients with acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis., Oishi K, Mimura-Kimura Y, Miyasho T, Aoe K, Ogata Y, Katayama H, Murata Y, Ueoka H, Matsumoto T, Mimura Y, Cytokine, 61, (1) 84 - 89,   2013年01月, 査読有り
Accurate determination of tissue steroid hormones, precursors and conjugates in adult male rat., Maeda N, Tanaka E, Suzuki T, Okumura K, Nomura S, Miyasho T, Haeno S, Yokota H, Journal of biochemistry, 153, (1) 63 - 71,   2013年01月, 査読有り
Hemoadsorption of high-mobility group box chromosomal protein 1 using a column for large animals., Nishiyama R, Shinoda M, Tanabe M, Oshima G, Takano K, Miyasho T, Fuchimoto Y, Yamada S, Inoue T, Shimada K, Suda K, Tanaka M, Hayashida T, Yagi H, Kitago M, Obara H, Itano O, Takeuchi H, Kawachi S, Maruyama I, Kitagawa Y, European surgical research. Europaische chirurgische Forschung. Recherches chirurgicales europeennes, 51, (3-4) 181 - 190,   2013年, 査読有り
Role of high mobility group box chromosomal protein 1 in ischemia-reperfusion injury in the rat small intestine., Kojima M, Tanabe M, Shinoda M, Yamada S, Miyasho T, Suda K, Hibi T, Obara H, Itano O, Kawachi S, Kitajima M, Maruyama I, Kitagawa Y, The Journal of surgical research, 178, (1) 466 - 471,   2012年11月, 査読有り
Annexin V decreases PS-mediated macrophage efferocytosis and deteriorates elastase-induced pulmonary emphysema in mice., Yoshida S, Minematsu N, Chubachi S, Nakamura H, Miyazaki M, Tsuduki K, Takahashi S, Miyasho T, Iwabuchi T, Takamiya R, Tateno H, Mouded M, Shapiro SD, Asano K, Betsuyaku T, American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology, 303, (10) L852 - 60,   2012年11月, 査読有り
Proteome analysis of cerebrospinal fluid in healthy beagles and canine encephalitis., Nakamura K, Miyasho T, Nomura S, Yokota H, Nakade T, The Journal of veterinary medical science, 74, (6) 751 - 756,   2012年06月, 査読有り
High-mobility group box 1 protein blockade suppresses development of abdominal aortic aneurysm., Kohno T, Anzai T, Kaneko H, Sugano Y, Shimizu H, Shimoda M, Miyasho T, Okamoto M, Yokota H, Yamada S, Yoshikawa T, Okada Y, Yozu R, Ogawa S, Fukuda K, Journal of cardiology, 59, (3) 299 - 306,   2012年05月, 査読有り
High-dose immunoglobulin preparations improve survival in a CLP-induced rat model of sepsis., Yoshikawa T, Takeuchi H, Suda K, Miyasho T, Yamada S, Okamoto M, Kawamura Y, Maruyama I, Kitajima M, Kitagawa Y, Langenbeck's archives of surgery, 397, (3) 457 - 465,   2012年03月, 査読有り
Increased plasma levels of high mobility group box 1 in patients with acute liver failure., Oshima G, Shinoda M, Tanabe M, Ebinuma H, Nishiyama R, Takano K, Yamada S, Miyasho T, Masugi Y, Matsuda S, Suda K, Fukunaga K, Matsubara K, Hibi T, Yagi H, Hayashida T, Yamagishi Y, Obara H, Itano O, Takeuchi H, Kawachi S, Saito H, Hibi T, Maruyama I, Kitagawa Y, European surgical research. Europaische chirurgische Forschung. Recherches chirurgicales europeennes, 48, (3) 154 - 162,   2012年, 査読有り
Effect of hemoperfusion using polymyxin B-immobilized fibers on non-shock rat sepsis model., Iba T, Okamoto K, Kawasaki S, Nakarai E, Miyasho T, The Journal of surgical research, 171, (2) 755 - 761,   2011年12月, 査読有り
Mycobacterium ulcerans infection in an Indian flap-shelled turtle (Lissemys punctata punctata)., Sakaguchi K, Iima H, Hirayama K, Okamoto M, Matsuda K, Miyasho T, Kasamatsu M, Hasegawa K, Taniyama H, The Journal of veterinary medical science, 73, (9) 1217 - 1220,   2011年09月, 査読有り
High mobility group box 1 in cerebrospinal fluid from several neurological diseases at early time points., Asano T, Ichiki K, Koizumi S, Kaizu K, Hatori T, Mashiko K, Sakamoto Y, Miyasho T, Fujino O, Fukunaga Y, The International journal of neuroscience, 121, (8) 480 - 484,   2011年08月, 査読有り
High mobility group box 1 (HMGB1) protein is present in the cerebrospinal fluid of dogs with encephalitis., Miyasho T, Nakamura K, Nomura S, Kawasako K, Nakade T, Yamada S, Yokota H, The Journal of veterinary medical science, 73, (7) 917 - 922,   2011年07月, 査読有り
Enhanced expression of cytokines/chemokines in cerebrospinal fluids in mumps meningitis in children., Asano T, Ichiki K, Koizumi S, Kaizu K, Hatori T, Fujino O, Mashiko K, Sakamoto Y, Miyasho T, Fukunaga Y, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 53, (2) 143 - 146,   2011年04月, 査読有り
Oxidatively damaged proteins in the early stage of testicular toxicities in male rats by orally administered with a synthetic oestrogen, diethylstilbestrol., Li Y, Okumura K, Nomura S, Maeda N, Miyasho T, Yokota H, Reproductive toxicology (Elmsford, N.Y.), 31, (1) 26 - 34,   2011年01月, 査読有り
Gradual increase of high mobility group protein b1 in the lungs after the onset of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis., Ebina M, Taniguchi H, Miyasho T, Yamada S, Shibata N, Ohta H, Hisata S, Ohkouchi S, Tamada T, Nishimura H, Ishizaka A, Maruyama I, Okada Y, Takashi K, Nukiwa T, Pulmonary medicine, 2011,   2011年, 査読有り
Protective effect of high-mobility group box 1 blockade on acute liver failure in rats., Takano K, Shinoda M, Tanabe M, Miyasho T, Yamada S, Ono S, Masugi Y, Suda K, Fukunaga K, Hayashida T, Hibi T, Obara H, Takeuchi H, Kawachi S, Kawasako K, Okamoto M, Yokota H, Maruyama I, Kitagawa Y, Shock (Augusta, Ga.), 34, (6) 573 - 579,   2010年12月, 査読有り
Biochemical and immunohistochemical characterization of the amyloid in canine amyloid-producing odontogenic tumor., Hirayama K, Miyasho T, Ohmachi T, Watanabe T, Yokota H, Taniyama H, Veterinary pathology, 47, (5) 915 - 922,   2010年09月, 査読有り
Role of interleukin-6 in elastase-induced lung inflammatory changes in mice., Tasaka S, Inoue K, Miyamoto K, Nakano Y, Kamata H, Shinoda H, Hasegawa N, Miyasho T, Satoh M, Takano H, Ishizaka A, Experimental lung research, 36, (6) 362 - 372,   2010年08月, 査読有り
IL-17 is elevated in cerebrospinal fluids in bacterial meningitis in children., Asano T, Ichiki K, Koizumi S, Kaizu K, Hatori T, Fujino O, Mashiko K, Sakamoto Y, Miyasho T, Fukunaga Y, Cytokine, 51, (1) 101 - 106,   2010年07月, 査読有り
IL-8 in cerebrospinal fluid from children with acute encephalopathy is higher than in that from children with febrile seizure., Asano T, Ichiki K, Koizumi S, Kaizu K, Hatori T, Fujino O, Mashiko K, Sakamoto Y, Miyasho T, Fukunaga Y, Scandinavian journal of immunology, 71, (6) 447 - 451,   2010年06月, 査読有り
Neutrophil elastase inhibitor improves survival of rats with clinically relevant sepsis., Suda K, Takeuchi H, Hagiwara T, Miyasho T, Okamoto M, Kawasako K, Yamada S, Suganuma K, Wada N, Saikawa Y, Fukunaga K, Funakoshi Y, Hashimoto S, Yokota H, Maruyama I, Ishizaka A, Kitagawa Y, Shock (Augusta, Ga.), 33, (5) 526 - 531,   2010年05月, 査読有り
Spherical sulfated cellulose adsorbs high-mobility-group box chromosomal protein 1 in vitro and in vivo., Suda K, Takeuchi H, Hagiwara T, Miyasho T, Yamada S, Inoue T, Okamoto M, Wada N, Saikawa Y, Fukunaga K, Hashimoto S, Yokota H, Maruyama I, Kitagawa Y, ASAIO journal (American Society for Artificial Internal Organs : 1992), 56, (3) 210 - 214,   2010年05月, 査読有り
Increased levels of Monocyte Chemoattractant Protein-1 in cerebrospinal fluid with gamma globulin induced meningitis., Asano T, Koizumi S, Mishina-Ikegami K, Hatori T, Miyasho T, Fujino O, Acta paediatrica (Oslo, Norway : 1992), 99, (2) 164 - 165,   2010年02月, 査読有り
The anti-inflammatory and proresolving mediator resolvin E1 protects mice from bacterial pneumonia and acute lung injury., Seki H, Fukunaga K, Arita M, Arai H, Nakanishi H, Taguchi R, Miyasho T, Takamiya R, Asano K, Ishizaka A, Takeda J, Levy BD, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 184, (2) 836 - 843,   2010年01月, 査読有り
Strain-specific phenotypes of airway inflammation and bronchial hyperresponsiveness induced by epicutaneous allergen sensitization in BALB/c and C57BL/6 mice., Kodama M, Asano K, Oguma T, Kagawa S, Tomomatsu K, Wakaki M, Takihara T, Ueda S, Ohmori N, Ogura H, Miyata J, Tanaka K, Kamiishi N, Fukunaga K, Sayama K, Ikeda E, Miyasho T, Ishizaka A, International archives of allergy and immunology, 152 Suppl 1, 67 - 74,   2010年, 査読有り
Intratracheal synthetic CpG oligodeoxynucleotide causes acute lung injury with systemic inflammatory response., Tasaka S, Kamata H, Miyamoto K, Nakano Y, Shinoda H, Kimizuka Y, Fujiwara H, Hasegawa N, Fujishima S, Miyasho T, Ishizaka A, Respiratory research, 10,   2009年09月, 査読有り
Autoantibody to glial fibrillary acidic protein in the sera of cattle with bovine spongiform encephalopathy., Nomura S, Miyasho T, Maeda N, Doh-ura K, Yokota H, Proteomics, 9, (16) 4029 - 4035,   2009年08月, 査読有り
Exacerbation of bleomycin-induced injury and fibrosis by pneumonectomy in the residual lung of mice., Kakizaki T, Kohno M, Watanabe M, Tajima A, Izumi Y, Miyasho T, Tasaka S, Fukunaga K, Maruyama I, Ishizaka A, Kobayashi K, The Journal of surgical research, 154, (2) 336 - 344,   2009年06月, 査読有り
Role of high-mobility group box 1 protein in post-infarction healing process and left ventricular remodelling., Kohno T, Anzai T, Naito K, Miyasho T, Okamoto M, Yokota H, Yamada S, Maekawa Y, Takahashi T, Yoshikawa T, Ishizaka A, Ogawa S, Cardiovascular research, 81, (3) 565 - 573,   2009年02月, 査読有り
Presence of ten isoforms of monocarboxylate transporter (MCT) family in the bovine adrenal gland., Kirat D, Sallam K, Hayashi H, Miyasho T, Kato S, Molecular and cellular endocrinology, 298, (1-2) 89 - 100,   2009年01月, 査読有り
Occult injury in the residual lung after pneumonectomy in mice., Tajima A, Kohno M, Watanabe M, Izumi Y, Tasaka S, Maruyama I, Miyasho T, Kobayashi K, Interactive cardiovascular and thoracic surgery, 7, (6) 1114 - 1120,   2008年12月, 査読有り
Role of soluble receptor for advanced glycation end products on endotoxin-induced lung injury., Zhang H, Tasaka S, Shiraishi Y, Fukunaga K, Yamada W, Seki H, Ogawa Y, Miyamoto K, Nakano Y, Hasegawa N, Miyasho T, Maruyama I, Ishizaka A, American journal of respiratory and critical care medicine, 178, (4) 356 - 362,   2008年08月, 査読有り
Borna disease virus RNA detected in Japanese macaques (Macaca fuscata)., Hagiwara K, Tsuge Y, Asakawa M, Kabaya H, Okamoto M, Miyasho T, Taniyama H, Ishihara C, de la Torre JC, Ikuta K, Primates; journal of primatology, 49, (1) 57 - 64,   2008年01月, 査読有り
Cyclooxygenase-2/prostaglandin D2/CRTH2 pathway mediates double-stranded RNA-induced enhancement of allergic airway inflammation., Shiraishi Y, Asano K, Niimi K, Fukunaga K, Wakaki M, Kagyo J, Takihara T, Ueda S, Nakajima T, Oguma T, Suzuki Y, Shiomi T, Sayama K, Kagawa S, Ikeda E, Hirai H, Nagata K, Nakamura M, Miyasho T, Ishizaka A, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 180, (1) 541 - 549,   2008年01月, 査読有り
Role of toll-like receptor 4 in acute neutrophilic lung inflammation induced by intratracheal bacterial products in mice., Yamada W, Tasaka S, Koh H, Shimizu M, Ogawa Y, Hasegawa N, Miyasho T, Yamaguchi K, Ishizaka A, Journal of inflammation research, 1, 1 - 10,   2008年, 査読有り
Danaparoid sodium attenuates the increase in inflammatory cytokines and preserves organ function in endotoxemic rats., Iba T, Miyasho T, Critical care (London, England), 12, (4) ,   2008年, 査読有り
Detection of an isoform of alpha(1)-antitrypsin in serum samples from foals with gastric ulcers., Taharaguchi S, Nagano A, Okai K, Miyasho T, Kuwano M, Taniyama H, Yokota H, The Veterinary record, 161, (10) 338 - 342,   2007年09月, 査読有り
Role of Toll-like receptor 4 in hyperoxia-induced lung inflammation in mice., Ogawa Y, Tasaka S, Yamada W, Saito F, Hasegawa N, Miyasho T, Ishizaka A, Inflammation research : official journal of the European Histamine Research Society ... [et al.], 56, (8) 334 - 338,   2007年08月, 査読有り
Intussusception of the spiral colon associated with fibroserous granulation in a heifer., Okamoto M, Itoh H, Koiwa M, Inagaki M, Nadao T, Kurosawa T, Kawasako K, Komine M, Akihara Y, Shimoyama Y, Miyasho T, Hirayama K, Taniyama H, The Veterinary record, 160, (11) 376 - 378,   2007年03月, 査読有り
Mycotic aneurysm in the aortic arch of a horse associated with invasive aspergillosis., Okamoto M, Kamitani M, Tunoda N, Tagami M, Nagamine N, Kawata K, Itoh H, Kawasako K, Komine M, Akihara Y, Shimoyama Y, Miyasho T, Hirayama K, Kikuchi N, Taniyama H, The Veterinary record, 160, (8) 268 - 270,   2007年02月, 査読有り
Distribution and propagation of hepatitis E virus in experimentally infected swine., Hagiwara K, Iwabu Y, Kanai Y, Miyasho T, Daidoji T, Yunoki M, Tsujikawa M, Ohkubo Y, Yasue H, Ikuta K, The Open Veterinary Science Journal, 1, 1 - 6,   2007年, 査読有り
Neutrophil elastase inhibitor improves postoperative clinical courses after thoracic esophagectomy., Suda K, Kitagawa Y, Ozawa S, Miyasho T, Okamoto M, Saikawa Y, Ueda M, Yamada S, Tasaka S, Funakoshi Y, Hashimoto S, Yokota H, Maruyama I, Ishizaka A, Kitajima M, Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus, 20, (6) 478 - 486,   2007年, 査読有り
cDNA cloning and characterization of feline CYP1A1 and CYP1A2., Tanaka N, Miyasho T, Shinkyo R, Sakaki T, Yokota H, Life sciences, 79, (26) 2463 - 2473,   2006年11月, 査読有り
Enzootic intranasal tumour virus infection in apparently healthy sheep in Japan., Kawasako K, Okamoto M, Kurosawa T, Nakade T, Kirisawa R, Miyashou T, Komine M, Go T, Imazu S, Takeuchi N, Tomonaga K, Ikuta K, Akihara Y, Shimoyama Y, Hirayama K, Taniyama H, The Veterinary record, 157, (4) 118 - 120,   2005年07月, 査読有り

講演・口頭発表等

Evaluation of perfusion index as a hemodynamic monitoring in a sepsis pig model., Endo Y, Miyasho T, Imahase H, Sakamoto Y, Yamashita K., American Society of Anesthesiology (ASA) 2017,   2017年10月21日
針葉樹木由来精油の口腔細菌における抗菌性ならびにバイオフィルム形成抑制能の検討, 藤田 真理、横田 博、安井 由美子、宮庄 拓、家子 貴裕、土居 拓務、宮川 博史、長田 和実、中澤 太, 日本防菌防黴学会 第44回年次大会,   2017年09月26日
体外循環施行についての講義と技術指導, 宮庄 拓, 第10回新生児血液浄化セミナー,   2017年05月27日, 招待有り
Polymethylmethacrylate (PMMA) membrane hemofilter remove at least 10 kind of cytokines in septic patients with cytokine storm., Hattori N, Watanabe E, Abe Ryuzo, Nakada T, Tateishi Y, Kobe Y, Furukawa Y, Miyasho T, Oda S., The 11th International Society for Apheresis (ISFA) Congress,   2017年05月17日
尿中サイトカインを用いた早産児に対するエンドトキシン除去療法の効果の判定, 西崎 直人、平野 大志、横山 美華子、大日方 薫、仲川 真由、宮庄 拓、清水 俊明, 第21回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2017年02月10日
The change of perfusion index (PI) derived from pulse oximeter during the early stage of endotoxemia in pigs., Endo Y, Miyasho T, Sano T, Yamashita K., International Veterinary Emergency and Critical Care Symposium (IVECCS) 2016,   2016年09月11日
体外循環施行についての講義と技術指導, 宮庄 拓, 第9回新生児血液浄化セミナー,   2016年05月28日, 招待有り
ブタにおけるエンドトキシン投与時の末梢灌流指標(Perfusion index)および血行動態の変動, 遠藤 雄介、宮庄 拓、今長谷 尚史、田村 純、阪本 雄一郎、山下 和人, 日本麻酔科学会第63回学術集会,   2016年05月26日
簡易IL-6定性キットを用いた穿孔性腹膜炎症例の検討, 市川 亮介、呉 一眞、本庄 薫平、盧 尚志、青木 順、岡澤 裕、嵩原 一裕、丹羽 浩一郎、石山 隼、神山 博彦、小見山 博光、高橋 玄、小島 豊、五藤 倫敏、坂本 一博、宮庄 拓, 第52回日本腹部救急医学会総会,   2016年03月03日
モデル動物を用いた急性血液浄化の有効性の検討, 宮庄 拓, 第3回 Seminar of Apheresis for Septic Shock,   2016年02月25日, 招待有り
胆道感染症におけるサイトカインおよびEAAに関する検討, 諏訪 雄亮、松山 隆生、後藤 晃紀、有坂 早香、大田 洋平、森隆 太郎、熊本 宜文、武田 和永、宮庄 拓、遠藤 格, 第22回外科侵襲とサイトカイン研究会,   2015年12月12日
核内蛋白high-mobility-group box 1制御による急性肝不全治療法の開発, 篠田 昌宏、溝田 高聖、雨宮 隆介、西山 亮、大島 剛、高野 公徳、島田 薫、山田 晋吾、宮庄 拓、高柳 淳、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、丸山 征郎、北川 雄光, 第22回外科侵襲とサイトカイン研究会,   2015年12月12日
エチニルエストラオジオール投与による成雌ラット血清中HDL/コレステロールの減少, 石井 麻里子、岡部 和馬、櫻井 秀敬、宮庄 拓、横田 博, 第88回日本生化学会,   2015年12月01日
核内蛋白high-mobility-group box 1制御による急性肝不全治療法の開発, 篠田 昌宏、溝田 高聖、雨宮 隆介、西山 亮、大島 剛、高野 公徳、島田 薫、山田 晋吾、宮庄 拓、高柳 淳、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、丸山 征郎、北川 雄光, 第22回外科侵襲とサイトカイン研究会,   2015年12月
胆道感染症におけるサイトカインおよびEAAに関する検討, 諏訪 雄亮、松山 隆生、後藤 晃紀、有坂 早香、大田 洋平、森隆 太郎、熊本 宜文、武田 和永、宮庄 拓、遠藤 格, 第22回外科侵襲とサイトカイン研究会,   2015年12月
エチニルエストラオジオール投与による成雌ラット血清中HDL/コレステロールの減少, 石井 麻里子、岡部 和馬、櫻井 秀敬、宮庄 拓、横田 博, 第88回日本生化学会,   2015年12月
ブタ敗血症modelを用いたPMMA膜とAN69ST膜のCytokine除去比較, 山崎 章生、坪 敏仁、宮庄 拓, 第26回日本急性血液浄化学会学術集会,   2015年10月09日
ブタ敗血症modelを用いたPMMA膜とAN69ST膜のCytokine除去比較, 山崎 章生、坪 敏仁、宮庄 拓, 第26回日本急性血液浄化学会学術集会,   2015年10月
胆道感染症患者におけるBioPlex®を用いて測定したサイトカインに関する検討, 松山 隆生、有坂 早香、門倉 俊明、森 隆太郎、熊本 宜文、武田 和永、宮庄 拓、遠藤 格, 第70回日本消化器外科学会総会,   2015年07月
北海道に生息するタンチョウのマラリア保有状況調査, 飯間 裕子、吉野 智生、坂口 佳菜子、宮庄 拓、谷山 弘行, 第21回日本野生動物医学会大会,   2015年07月
ALI/ARDS患者肺局所サイトカインの網羅的解析による病態評価の試み Comprehensive analysis of cytokines in the lung of the patients with ALI/ARDS using bronchoscopic microsampling method, 中野 泰、藤島 清太郎、宮庄 拓、田坂 定智、橋本 悟、長谷川 直樹、別役 智子, 第55回日本呼吸器学会学術講演会,   2015年04月
Rat polymyxin b hemoperfusion model: preventive effect on renal tubular cell death in a rat cecal ligation and puncture model., Masuda T, Mitaka C, Hnin Si MK, Kido K, Qi Y, Uchida T, Abe S, Miyasho T, Tomita M., 35th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine (ISICMEM),   2015年03月17日
Rat polymyxin b hemoperfusion model: preventive effect on renal tubular cell death in a rat cecal ligation and puncture model., Masuda T, Mitaka C, Hnin Si MK, Kido K, Qi Y, Uchida T, Abe S, Miyasho T, Tomita M., 35th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine (ISICMEM),   2015年03月
血液浄化法について基礎実験からの考察, 山﨑 章生、坪 敏仁、宮庄 拓, 第19回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2015年01月
ラット急性肝不全モデルにおけるHMGB1 A box遺伝子導入の効果, 雨宮 隆介、篠田 昌宏、田中 真之、高柳 淳、西山 亮、大島 剛、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、八木 洋、林田 哲、阿部 雄太、日比 泰造、北郷 実、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、丸山 征郎、田邊 稔、北川 雄光, 第56回日本消化器病学会大会,   2014年10月
絨毛膜下血腫における羊水中サイトカインに関する検討, 加茂 亜希、井出 瑠衣、堀越 義正、河村 隆一、西口 富三、宮庄 拓, 第50回日本周産期・新生児医学会学術集会,   2014年07月
柔軟剤誤飲後に発症したARDS症例の気道上皮被覆液中のサイトカインを測定した1例, 大畠 孝則、中村 守男、宮庄 拓、巴山 紀子、續 敬之、阪口 真之、結城 秀樹, 第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,   2014年04月
Comparison of PiCCO and VolumeView: simultaneous measurement in sepsis pig models., Imahase H, Inoue S, Sakamoto Y, Miyasho T, Yamashita K., 34th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine (ISICMEM),   2014年03月18日
Comparison of PiCCO and VolumeView: simultaneous measurement in sepsis pig models., 34th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine (ISICMEM),   2014年03月
血清と気管支肺胞洗浄液中のサイトカインを測定し得た、骨髄異形成症候群に合併した続発性肺胞蛋白症の一例, 中村 守男、結城 秀樹、宮庄 拓、佐藤 千春、中谷 理惠, 第208回日本呼吸器学会関東地方会,   2014年02月
大膜面積PMMA(polymethyl methacrylate)膜ヘモフィルター「ヘモフィールCH-1.8W」の臨床使用経験, 早川 聖子、山下 千鶴、秋山 正慶、野田 昌宏、前田 隆求、福島 美奈子、新美 太祐、加藤 由布、宮庄 拓、西田 修, 第41回日本集中治療医学会学術集会,   2014年02月
PMMA (polymethyl methacrylate)ヘモフィルターの膜面積及び膜種の相違によるサイトカイン除去能の検討, 山下 千鶴、加藤 由布、伊藤 舞、内山 壮太、河田 耕太郎、前田 隆求、福島 美奈子、山田 晋吾、宮庄 拓、西田 修, 第41回日本集中治療医学会学術集会,   2014年02月
Erlotinib投薬後に間質性肺障害から非心原性肺水腫を発症し, Bio-Plex® Suspension Array Systemを用いて水腫液中の各種サイトカインを測定し得た,肺扁平上皮癌の1例, 中村 守男、成毛 聖夫、宮庄 拓、大畠 孝則、巴山 紀子、續 敬之、阪口 真之、結城 秀樹, 第147回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会,   2013年12月
エンドトキシン投与豚モデルにおける重症予測因子の解析, 小網 博之、阪本 雄一郎、宮庄 拓、山下 和人, 第19回日本エンドトキシン・自然免疫研究会,   2013年12月
Study of the effect of C1-esterase inhibitor administration to the sepsis pig model., Imahase H, Sakamoto Y, Miyasho T, Yamashita K, Tamura J, Itami T, Ishizuka T, Kawamura Y, Sano T, Inoue S., Sepsis 2013,   2013年11月
Erlotinib投薬後に間質性肺障害から非心原性肺水腫を発症し,Bio-Plex® Suspension Array Systemを用いて水腫液中の各種サイトカインを測定し得た,肺扁平上皮癌の一例., 中村 守男、成毛 聖夫、宮庄 拓、大畠 孝則、巴山 紀子、續 敬之、阪口 真之、結城 秀樹, 第2回肺癌制御医学セミナー,   2013年11月
犬のBig Endothelin-1の血管肉腫腫瘍マーカーとしての特異性, 吉田 慧、福本 真也、華園 究、岩野 英知、宮庄 拓、遠藤 能史、廉澤 剛、打出 毅, 平成25年度北海道小動物獣医師会年次大会,   2013年11月
Comparison ofcytokine removal between two different membrene filter in a pig sepsis model., Yamazaki A, TsuboT, Miyasho T, Goto T, The 26thESICM LIVES Annual Congress,   2013年10月
C1inhibitor,AT3のブタ敗血症モデルに対する効果の検討, 今長谷 尚史、阪本 雄一郎、井上 聡、宮庄 拓、山下 和人、小網 博之、西村 洋一、山下 友子、中島 厚士、岩村 高志, 第41回日本救命医学会総会・学術集会,   2013年10月
スクレーピーマウス脳内におけるPrPを除く凝集蛋白質の同定, 大鹿 有加、宮庄 拓、小林 満利子、前田 尚之、河村 芳朗、谷山 弘行、横田 博, 第156回日本獣医学会学術集会,   2013年09月
ブタ敗血症モデルにおけるPMX-DHPの効果の検討, 今長谷 尚史、阪本 雄一郎、小網 博之、宮庄 拓、山下 和人、井上 聡、西村 洋一、山下 友子、中島 厚士、岩村 高志, 第24回日本急性血液浄化学会学術集会,   2013年09月
質量分析法によるラット脳内ペプチドならびにカテコールアミンの定量とDiethylstilbestrol投与による下垂体への影響, 前田 尚之、田中 絵美、桝 加奈恵、奥村 佳奈子、池田 有希、宮庄 拓、生野 聡子、横田 博, 第61回質量分析総合討論会,   2013年09月
「生体防御反応」~HMGB1を中心に~, 宮庄 拓, 酪小獣 麦の会 2013年度第1回研修会,   2013年08月06日, 招待有り
質量分析法を用いたラット脳内ペプチドならびにカテコールアミン一斉分析法の開発とDiethylstilbestrol投与による影響, 前田 尚之、田中 絵美、桝 加奈恵、池田 有希、奥村 佳奈子、宮庄 拓、生野 聡子、横田 博, 第27回北海道薬物作用談話会,   2013年07月
エンドトキシン投与豚モデルの肺病変に対するPMX-DHPの効果に関する検討, 小網 博之、阪本 雄一郎、今長谷 尚史、西村 洋一、中島 厚士、山下 友子、岩村 高志、井上 聡、宮庄 拓、山下 和人, 第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会,   2013年07月
ブタ敗血症モデルにおける,C1‐inhibitor投与効果の検討, 今長谷 尚史、阪本 雄一郎、宮庄 拓、山下 和人、田村 純、伊丹 貴晴、石塚 友人、佐野 忠士、井上 聡, 第50回補体シンポジウム,   2013年07月
HMGB1に着目した急性肝不全の病態理解と治療法の開発, 篠田 昌宏、田中 真之、西山 亮、大島 剛、高野 公徳、海老沼 浩利、高柳 淳、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、林田 哲、八木 洋、阿部 雄太、日比 泰造、北郷 実、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、丸山 征郎、田邉 稔、北川 雄光, 第39回第39回日本急性肝不全研究会,   2013年06月
肺Mycobacterium avium complex(MAC)症患者のCT所見と臨床像,血清マーカーとの関連, 君塚 善文、長谷川 直樹、田坂 定智、宮庄 拓、西村 知泰、石井 誠、藤原 宏、舩津 洋平、溝口 孝輔、岩田 敏、別役 智子, 第53回日本呼吸器学会学術後援会,   2013年04月
Extracorporeal membrane oxygenation (ECMO): The “MOTOR” of cytokine production?, Hara Y, Nishida O, Nakamura T, Uchiyama S, Shibata J, Yamashita C, Yumoto M, Shimomura Y, Kuriyama N, Yasuoka N, Ito M, Kawata K, Hayakawa S, Yamada S, Miyasho T, Moriyama K, 33rd ISICEM (International Symposium of Intensive Care and Emergency Medicine),   2013年03月
急性肝不全におけるHigh mobility group box-1吸着療法の基礎的検討, 篠田 昌宏、田邉 稔、西山 亮、大島 剛、田中 真之、山田 晋吾、宮庄 拓、渕本 康史、須田 康一、竹内 裕也、阿部 雄太、日比 泰造、八木 洋、田中 克典、北郷 実、板野 理、丸山 征郎、北川 雄光, 第49回日本腹部救急医学会総会,   2013年03月
Extracorporeal membrane oxygenation(ECMO)の遠心ポンプおよび人工肺でメディエータは産生されるか?, 内山 壮太、原 嘉孝、伊藤 舞、須賀 美華、山下 千鶴、早川 聖子、森山 和広、山田 晋吾、宮庄 拓、西田 修, 第40回日本集中治療医学会学術集会,   2013年02月
出血を伴う症例に対する抗凝固薬フリー血液浄化療法の試み〜血液凝固系検査から見た検討〜, 野田 昌宏、栗山 直英、下村 泰代、須賀 美華、柴田 純平、原 嘉孝、森山 和広、山田 晋吾、宮庄 拓、西田 修, 第40回日本集中治療医学会学術集会,   2013年02月
シベレスタットによる流血中血球由来サイトカイン産生抑制効果の検討, 西田 修、下村 泰代、須賀 美華、加藤 由布、山田 晋吾、宮庄 拓、栗山 直英、山下 千鶴、柴田 純平, 第40回日本集中治療医学会学術集会,   2013年02月
HMGB1制御による急性肝不全に対する新治療の開発, 篠田 昌宏、田邉 稔、田中 真之、西山 亮、大島 剛、高野 公徳、海老沼 浩利、高柳 淳、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、林田 哲、八木 洋、阿部 雄太、日比 泰造、北郷 実、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、丸山 征郎、北川 雄光, 第40回日本集中治療医学会学術集会,   2013年02月
犬の緑内障症例についての眼房水の蛋白質解析及び免疫組織化学的検討, 久保 明、中村 晃三、佐野 悠人、宮庄 拓、前原 誠也、岡本 実, 平成24年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会,   2013年02月
内分泌撹乱化学物質DESを投与した成雄ラット精巣Cytochrome P450scc発現抑制によるテストステロン合成阻害, 前田 尚之、田中 絵美、鈴木 智和、奥村 佳奈子、宮庄 拓、生野 聡子、植田 弘美、星 信彦、横田 博, 第15回環境ホルモン学会研究発表会,   2012年12月
DES投与ラットにおけるHDLコレステロールの減少を介した副腎皮質ホルモンの合成抑制, 生野 聡子、前田 尚之、八木 健、田畑 早智、坂口 佳菜子、宮庄 拓、植田 弘美、横田 博, 第15回環境ホルモン学会研究発表会,   2012年12月
成雄ラット下垂体におけるコルチコステロンの合成, 八木 健、前田 尚之、田畑 早智、生野 聡子、翁長 武紀、宮庄 拓、横田 博, 第85回日本生化学学会大会,   2012年12月
合成エストロゲンDiethylstilbestrol(DES)投与成雄ラットにおける副腎皮質ホルモンの合成抑制, 生野 聡子、前田 尚之、八木 健、田畑 早智、坂口 佳菜子、宮庄 拓、植田 弘美、星 信彦、横田 博, 第85回日本生化学学会大会,   2012年12月
ラット精巣内ステロイドホルモン測定およびグルクロン酸抱合とコルチコステロン生合成の検出, 前田 尚之、田畑 早智、田中 絵美、桝 加奈恵、宮庄 拓、八木 健、生野 聡子、横田 博, 第85回日本生化学学会大会,   2012年12月
Extracorporeal membrane oxygenation (ECMO) 装置通過によるメディエータ産生の検討, 内山 壮太、原 嘉孝、中村 智之、柴田 純平、山下 千鶴、栗山 直英、河田 耕太郎、須賀 美華、秋山 正慶、小松 聖史、森山 和広、宮庄 拓、山田 晋吾、西田 修, 第19回外科侵襲とサイトカイン研究会,   2012年12月
エンドトキシン投与豚モデルの肺病変に対するPMX-DHPの効果に関する検討, 小網 博之、阪本 雄一郎、宮庄 拓、山下 和人, 第33回日本アフェレシス学会学術大会,   2012年11月
病態に応じた高効率血液浄化療法 (SHEDD-fA) 導入のタイミングとAKI, 西田 修、原 嘉孝、山下 千鶴、柴田 純平、中村 智之、栗山 直英、安岡 なつみ、伊藤 舞、栃井 都紀子、早川 聖子、河田 耕太郎、内山 壮太、須賀 美華、森 志乃、秋山 正慶、野田 昌宏、小松 聖史、加藤 由布、宮庄 拓、湯本 美穂, 第23回日本急性血液浄化学会学術集会,   2012年10月
膜の特性と病態に応じた選択の重要性, 西田 修、栗山 直英、原 嘉孝、伊藤 舞、山下 千鶴、湯本 美穂、中村 智之、安岡 なつみ、栃井 都紀子、早川 聖子、内山 壮太、河田 耕太郎、野田 昌宏、秋山 正慶、森 志乃、須賀 美華、小松 聖史、宮庄 拓、山田 晋吾、柴田純平, 第23回日本急性血液浄化学会学術集会,   2012年10月
NV 膜をもちいた抗凝固薬フリー血液浄化療法の試み, 栗山 直英、西田 修、山下 千鶴、柴田 純平、湯本 美穂、原 嘉孝、中村 智之、早川 聖子、河田 耕太郎、内山 壮太、伊藤 舞、安岡 なつみ、森 志乃、野田 昌宏、須賀 美華、秋山 正慶、小松 聖史、栃井 都紀子、山田 晋吾、宮庄 拓, 第23回日本急性血液浄化学会学術集会,   2012年10月
The relationship between glucose loading and the degree of invasion in prolonged hepatectomy., Hara Y, Nishida O, Moriyama K, Nakamura T, Yumoto M, Shibata J, Yamashita C, Kuriyama N, Ito M, Miyasho T, Shimomura Y, The 34th ESPEN Congress,   2012年09月
成雄ラット精巣におけるコルチコステロンの合成, 田畑 早智、前田 尚之、田中 絵美、八木 健、生野 聡子、宮庄 拓、横田 博, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年09月
成雄ラットにおけるステロイドホルモンとその抱合体の定量, 前田 尚之、田中 絵美、桝 加奈恵、宮庄 拓、生野 聡子、横田 博, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年09月
馬流産胎仔における全身性マイコバクテリウム感染症の1例, 尾崎 慧亮、松田 一哉、宮庄 拓、佐野 悠人、河村 芳朗、坂口 佳菜子、津田 朋紀、角田 修男、谷山 弘行, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年09月
犬の緑内障症例についての眼房水の蛋白質解析および免疫組織化学的検討, 久保 明、中村 晃三、佐野 悠人、宮庄 拓、前原 誠也、岡本 実、泉澤 康晴, 平成24年度獣医学術北海道地区学会・北海道獣医師大会,   2012年09月
犬血管肉腫の診断における末梢血中Big endothelin-1(Big ET-1)の有用性, 吉田 智彦、福本 真也、華園 究、岩野 英知、宮庄 拓、廉澤 剛、打出 毅, 平成24年度獣医学術北海道地区学会・北海道獣医師大会,   2012年09月
犬の緑内障症例における眼房水中の蛋白質解析, 久保 明、中村 晃三、宮庄 拓、前原 誠也、泉澤 康晴, 第32回比較眼科学会年次大会,   2012年07月
ICU入室を要した肝切除術前後における各種メディエータの推移と術後経過, 原 嘉孝、西田 修、伊藤 舞、森 志乃、宮庄 拓、山田 晋吾, 第59回日本麻酔科学会学術集会,   2012年06月
間歇的高効率血液浄化法 (SHEDD-fA)による各種メディエータの驚異的クリアランスとその機序, 中村 智之、西田 修、湯本 美穂、原 嘉孝、山田 晋吾、宮庄 拓, 第59回日本麻酔科学会学術集会,   2012年06月
ラット敗血症モデルにおける(プロ)レニン受容体ブロッカーの有効性, 田中 真之、篠田 昌宏、田邉 稔、西山 亮、高柳 淳、大島 剛、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、松原 健太郎、八木 洋、林田 哲、北郷 実、福永 興一、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、河地 茂行、丸山 征郎、北川 雄光, 第27回日本Shock学会総会,   2012年05月
シベレスタットによる流血中血球由来のサイトカイン産生抑制効果の検討, 須賀 美華、西田 修、下村 泰代、原 嘉孝、森山 和広、山田 晋吾、宮庄 拓、中村 智之、栗山 直英、加藤 由布、湯本 美穂, 第27回日本Shock学会総会,   2012年05月
逆転の発想-免疫制御血液浄化システム-, 西田 修、下村 泰代、原 嘉孝、森山 和広、宮庄 拓、山田 晋吾、須賀 美華、湯本 美穂、栗山 直英、中村 智之、柴田 純平, 第27回日本Shock学会総会,   2012年05月
HMGB1阻害タンパクA boxの遺伝子導入ベクターの確立とラット急性肝不全モデルにおける予後改善効果, 平野 佑樹、竹内 裕也、須田 康一、宮庄 拓、河村 芳朗、山田 晋吾、市原 淳弘、松井 淳一、安藤 暢敏、北川 雄光, 第27回日本Shock学会総会,   2012年05月
HMGB1A box遺伝子導入ベクターの樹立とラット急性肝不全モデルにおける予後改善効果, 篠田 昌宏、田邉 稔、西山 亮、高柳 淳、大島 剛、田中 真之、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、松原 健太郎、八木 洋、林田 哲、北郷 実、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、福永 興壱、河地 茂行、丸山 征郎、北川 雄光, 第98回日本消化器病学会総会,   2012年04月
急性肝不全患者におけるHMGB1動態と動物モデルにおけるHMGB1制御の効果, 篠田 昌宏、田邉 稔、高野 公徳、大島 剛、西山 亮、海老沼 浩利、高柳 淳、山田 晋吾、宮庄 拓、松原 健太郎、須田 康一、林田 哲、八木 洋、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、河地 茂行、斉藤 英胤、日比 紀文、丸山 征郎、北川 雄光, 第112回日本外科学会定期学術集会,   2012年04月
Clinical impact of enhanced cytokine clearance with sustained high-efficiency daily diafiltration using a mediator-adsorbing membrane (SHEDD-fA) in patients with severe sepsis., NishidaO, Nakamura T, Kuriyama N, Moriyama K, Miyasho T, Yamada S, 32nd ISICEM (International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine),   2012年03月
Possible adsorption mechanism of high mobility group box 1 protein (HMGB1) on polyacrylonitrile (AN69ST) membrane filter., Nishida O, Yumoto M, Moriyama K, Shimomura Y, Miyasho T, Yamada S, 32nd ISICEM (International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine),   2012年03月
ウシ唾液腺組織におけるpolymeric immunoglobulin receptorの発現, 坂口 佳菜子、溝奥 尋子、河村 芳郎、平山 和子、松田 一哉、岡本 実、宮庄 拓、翁長 武紀、小岩 政照、横田 博、谷山 弘行, 第153回日本獣医学会学術集会,   2012年03月
HMGB1阻害タンパクA boxの遺伝子導入ベクターの確立とラット急性肝不全モデルにおける予後改善効果, 篠田 昌宏、田邉 稔、西山 亮、高柳 淳、大島 剛、田中 真之、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、福永 興壱、八木 洋、林田 哲、松原 健太郎、北郷 実、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、河地 茂行、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第48回日本腹部救急医学会総会,   2012年03月
Adsorption is a promising mechanism for HMGB1 removal by hemofiltration in vitro., Nishida O, Yumoto M, Moriyama K, Nakamura T, Kuriyama N, Hara Y, Shimomura Y, Yamada S, Miyasho T, 41th Critical Care Congress (Society of Critical Care Medicine),   2012年02月
免疫制御血液浄化システムの構築-白血球除去カラムとメディエータ除去濾過膜を用いた新システム-, 下村 泰代、西田 修、原 嘉孝、須賀 美華、森 志乃、湯本 美穂、柴田 純平、山下 千鶴、森山 和広、山田 晋吾、宮庄 拓, 第39回日本集中治療医学会学術集会,   2012年02月
PMMA膜を用いた高効率血液浄化法(SHEDD-fA)によるHMGB1制御の可能性, 西田 修、山田 晋吾、宮庄 拓, 第39回日本集中治療医学会学術集会,   2012年02月
PMX-DHPは肺障害に対して有効か?, 阪本 雄一郎、山下 和人、宮庄 拓, 第39回日本集中治療医学会学術集会,   2012年02月
PMXカラム前後の各種サイトカインの変化と長時間PMX-DHP併用療法の意義, 山下 千鶴、西田 修、伊藤 舞、中村 智之、栗山 直英、原 嘉孝、柴田 純平、下村 泰代、安岡 なつみ、河田 耕太郎、内山 壮太、栃井 都紀子、湯本 美穂、山田 晋吾、宮庄 拓, 第16回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2012年01月
敗血症における(プロ)レニン受容体ブロッカーの有効性, 平野 佑樹、竹内 裕也、須田 康一、宮庄 拓、河村 芳朗、山田 晋吾、松井 淳一、安藤 暢敏、市原 淳弘、北川 雄光, 第18回外科侵襲とサイトカイン研究会,   2011年12月
「トレミキシンの動物実験」〜なんで動物?されど動物!〜, 宮庄 拓,   2011年11月19日, 招待有り
「各種疾患の臨床検体およびモデル動物検体おけるサイトカイン濃度測定」, 宮庄 拓, LuminexテクノロジーセミナーPart.2,   2011年11月04日, 招待有り
Hemoadsorption of high-mobility group box 1 in swine acute liver failure model., Nishiyama R, Shinoda M, Tanabe M, Oshima G, Takano K, Fuchimoto Y, Miyasho T, Yamada S, Suda K, Fukunaga K, Matsubara K, Obara H, Takeuchi H, Itano O, Kawachi S,Mukai M, Hoshino K, Morikawa Y, Maruyama I, Kitagawa Y., The XXXVIII Congress of the European Society for Artificial Organs (ESAO 2011) and IV Biennial Congress of the International Federation on Artificial Organs (IFAO 2011),   2011年10月
Establishment of rat hepatocyte producing high mobility group box 1 inhibitor., Shinoda M, Nishiyama R, Tanabe M, Takayanagi A, Oshima G, Takano K, Sanuki N, Nagarekawa T, Miyasho T, Yamada S, Fukunaga K, Suda K, Matsubara K, Obara H, Takeuchi H, Itano O, Kawachi S, Maruyama I, Kitagawa Y., The XXXVIII Congress of the European Society for Artificial Organs (ESAO 2011) and IV Biennial Congress of the InternationalFederation on Artificial Organs (IFAO2011),   2011年10月
逆転の発想:免疫制御血液浄化システムの構築, 西田 修、原 嘉孝、下村 泰代、須賀 美華、森 志乃、柴田 純平、湯本 美穂、中村 智之、栗山 直英、安岡 なつみ、栃井 都紀子、内山 壮太、伊藤 舞、河田 耕太郎、野田 昌宏、秋山 正慶、森山 和広、山下 千鶴、山田 晋吾、宮庄 拓, 第22回日本急性血液浄化学会,   2011年10月
トシリズマブ投与中にMASを発症した全身型若年性特発性関節炎に対し,白血球除去療法にて改善し得た1例のサイトカイン・ケモカインの解析, 楢崎 秀彦、藤井 秀一、高木 篤、小泉 慎也、海津 聖彦、羽鳥 誉之、浅野 健、伊藤 保彦、宮庄 拓、藤野 修, 第21回日本小児リウマチ学会学術総会・学術集会,   2011年10月
HMGB1制御のためのアフェレシスとその原理, 西田 修、湯本 美穂、中村 智之、栗山 直英、原 嘉孝、山下 千鶴、柴田 純平、森山 和広、下村 泰代、山田 晋吾、宮庄 拓, 第32回日本アフェレシス学会,   2011年09月
DES投与による成雄ラット海馬発現タンパクへの影響と行動変化, 秦 葉奈子、前田 尚之、生野 聡子、宮庄 拓、富樫 廣子、横田 博, 第152回日本獣医学会学術集会,   2011年09月
合成エストロゲンDiethylstilbestrol投与成雄ラットにおける臓器中への移行と精巣毒性, 前田 尚之、生野 聡子、奥村 佳奈子、秦 葉奈子、鈴木 智和、宮庄 拓、横田 博, 第152回日本獣医学会学術集会,   2011年09月
スクレイピー接種マウスにおける脳内HMGB1の発現, 宮庄 拓、河村 芳朗、伊藤 暁史、野村 幸子、川迫 一史、野本 英絵、松田 一哉、新町 尚彦、森田 肇、森田 肇、山田 晋吾、横田 博, 第152回日本獣医学会学術集会,   2011年09月
ラット小腸寄生線虫Orientostrongylus ezoensisの長期感染モデルとしての検討, 山田 清太郎、朝倉 康仁、西川 友貴、宮庄 拓、横井 健太、福本 真一郎, 第152回日本獣医学会学術集会,   2011年09月
Selected Reaction Monitoring(SRM)を用いた牛血中グリア繊維性酸性蛋白質の検知, 鈴木 智和、田中 絵美、前田 尚之、宮庄 拓、横田 博, 第59回質量分析総合討論会,   2011年09月
LC‐MS/MSを用いた成雄ラットへ投与した合成エストロゲンDiethylstilbestrolの臓器中への移行とTestosterone生合成の解析, 前田 尚之、生野 聡子、奥村 佳奈子、秦 葉奈子、鈴木 智和、宮庄 拓、横田 博, 第59回質量分析総合討論会,   2011年09月
犬の原発緑内障症例における眼房水中の蛋白質解析, 久保 明、中村 晃三、宮庄 拓、前原 誠也、泉澤 康晴, 平成23年度獣医学術北海道地区学会・北海道獣医師大会,   2011年09月
急性肝不全患者の血漿および肝組織におけるHMGB1動態の検討, 大島 剛、篠田 昌宏、田邉 稔、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、福永 興壱、丸山 征郎、日比 紀文、北川雄光, 第66回日本消化器外科学会総会,   2011年07月
Gene Transfer of the High Mobility Group Box 1 Inhibitor in Rat Acute Liver Failure Model., Shinoda M, Tanabe M, Takayanagi A, Nishiyama R, Oshima G, Takano K, Yagi H, Suda K, Takeuchi H, Hayashida T, Yamada S, Miyasho T, FukunagaK, Obara H, Itano O, Kawachi S, Maruyama I, Kitagawa Y., The 2011 Joint International Congress of ILTS,   2011年06月
重症敗血症の病態解析における多項目サイトカイン同時測定の意義, 小野 聡、辻本 広紀、平木 修一、高畑 りさ、木村 暁史、矢口 義久、松本 佑介、吉田 一路、野村 信介、木下 学、宮庄 拓、山本 順司、長谷 和生、齋藤 大蔵, 第111回日本外科学会定期学術集会,   2011年05月
急性肝不全患者における血漿HMGB1動態の検討, 大島 剛、篠田 昌宏、田邉 稔、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、西山 亮、高野 公徳、須田 康一、松原 健太郎、尾原 秀明、竹内 裕也、河地 茂行、斎藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第111回日本外科学会定期学術集会,   2011年05月
High mobility group box-1に着目した急性肝不全治療の基礎的検討, 篠田 昌宏、田邉 稔、大島 剛、西山 亮、高野 公徳、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、松原 健太郎、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、河地 茂行、斎藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第111回日本外科学会定期学術集会,   2011年05月
急性肝不全患者における血清HMGBIとブタ肝不全モデルを用いたHMGBI吸着カラムの開発, 西山 亮、篠田 昌宏、田邉 稔、大島 剛、高野 公徳、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、松原 健太郎、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、河地 茂行、斎藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第97回日本消化器病学会総会,   2011年05月
Effectiveness of continuous venovenous hemodiafiltration using a polymethylmethacrylate membrane hemofilter judging from a multiplex suspension array system in septic shock patients., Sakamoto Y, Miyasho T, Kutsukata N, Ito T, Iwamura T, Nakashima A, Yahata M, Mashiko K, Yokota H, Obata T., 31st ISICEM (International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine),   2011年03月
In vitro evaluation of HMGB1 removal with various membranes for continuous hemofiltration., Yumoto M, Nishida O, Moriyama K, Shimomura Y, Nakamura T, Kuriyama N, Hara Y, Yamada S, Miyasho T, 31st ISICEM (International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine),   2011年03月
反芻動物における口腔内液性免疫機構の解明ーウシの唾液についてー, 坂口 佳菜子、溝奥 尋子、河村 芳郎、岡本 実、松田 一哉、平山 和子、宮庄 拓、翁長 武紀、小岩 政照、横田 博、谷山 弘行, 第151回日本獣医学会学術集会,   2011年03月
イヌの甲状腺濾胞上皮癌におけるHigh Mobility Group Box1(HMBG1)およびMatrix Metalloprotinease(MMP)2,9の発現に関する検討, 河村 芳郎、溝奥 尋子、坂口 佳菜子、宮庄 拓、山田 晋吾、平山 和子、松田 一哉、岡本 実、廉澤 剛、横田 博、谷山 弘行, 第151回日本獣医学会学術集会,   2011年03月
急性肝不全患者における血清HMGB1とブタ肝不全モデルを用いたHMGB1吸着カラムの開発, 西山 亮、篠田 昌宏、田邉 稔、大島 剛、高野 公徳、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、松原 健太郎、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、河地 茂行、斎藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第47回日本腹部救急医学会総会,   2011年03月
HMGB1制御による急性肝不全に対する新治療の開発〜診療に役立つ治療法の研究〜, 篠田 昌宏、田邉 稔、高野 公徳、大島 剛、西山 亮、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、竹内 裕也、板野 理、河地 茂行、斎藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第47回日本腹部救急医学会総会,   2011年03月
急性血液浄化法によるARDS/ALIの集学的治療の可能性〜HMGB1の効率的除去のメカニズムを探る〜, 湯本 美穂、西田 修、中村 智之、栗山 直英、原 嘉孝、内山 壮太、伊藤 舞、下村 泰代、宮庄 拓、山田 晋吾, 第38回日本集中治療医学会学術集会,   2011年02月
間質性肺炎を含む重症呼吸不全症例に対するPMX‐DHPの有効性と作用機序の検討, 大石 景士、三村 由香、宮庄 拓、青江 啓介、尾形 佳子、片山 英樹、辛島 隆司、山本 奏、上岡 博、松本 常男、三村 雄輔, 第15回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2011年01月
Multiplex suspension array systemによる多種サイトカイン値からみた敗血症症例におけるPMMA‐CHDFの効果に関する検討, 阪本 雄一郎、益子 邦洋、朽方 規喜、人見 知洋、関 克典、古賀 正和、岩村 高志、山下 友子、中島 厚士、西村 洋一、八幡 真由子、小幡 徹、宮庄 拓、横田 裕行, 第15回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2011年01月
ラットブレオマイシン誘導肺障害におけるPMX療法の効果, 阿部 信二、瀬尾 宜嗣、林 宏紀、松田 久仁子、臼杵 二郎、吾妻 安良太、弦間 昭彦、宮庄 拓, 第15回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2011年01月
DES投与によるラット海馬神経細胞の蛋白質発現への影響, 吉岡 真悠子、奥村 佳奈子、宮庄 拓、河村 芳朗、前田 尚之、谷山 弘行、横田 博, 第13回環境ホルモン学会研究発表会,   2010年12月
Diethylstilbestrol投与雄ラット臓器中ステロイドホルモンの急速な減少, 前田 尚之、奥村 佳奈子、宮庄 拓、横田 博, 第13回環境ホルモン学会研究発表会,   2010年12月
High mobility group box-1に着目した急性肝不全治療の基礎的検討, 西山 亮、篠田 昌宏、田邉 稔、大島 剛、高野 公徳、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、松原 健太郎、尾原 秀明、竹内 裕也、板野 理、河地 茂行、齋藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第17回外科侵襲とサイトカイン研究会,   2010年12月
血液浄化療法を用いたHMGB1制御の可能性, 西田 修、湯本 美穂、下村 泰代、中村 智之、栗山 直英、原 嘉孝、山田 晋吾、宮庄 拓, 第21回バイオメディカルフォーラム,   2010年12月
膜素材の違いによるサイトカイン除去傾向の比較, 山崎 章生、後藤 武、坪 敏仁、宮庄 拓, 第8回青森県SIRS研究会,   2010年12月
急性肝不全患者における血清High mobility group box1値とブタ肝不全モデルを用いたHMGB1吸着カラム開発の検討, 大島 剛、篠田 昌宏、田辺 稔、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、西山 亮、高野 公徳、須田 康一、林田 哲、福永 興壱、山岸 由幸、尾原 秀明、竹内 裕也、河地 茂行、斎藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第48回日本人工臓器学会大会,   2010年11月
HMGB1は血液浄化療法で制御できるのか?~その可能性を探る~, 西田 修、湯本 美穂、下村 泰代、中村 智之、栗山 直英、原 嘉孝、栃井 都紀子、内山 壮太、山田 晋吾、宮庄 拓, 第31回日本アフェレシス学会学術大会,   2010年11月
High mobility group box 1 in acute liver failure patients and swines and establishment of an adsorption column., Oshima G, Shinoda M, Tanabe M, Ebinuma H, Takano K, Fuchimoto Y, Miyasho T, Yamada S, Suda K, Hibi T, Hayashida T, Fukunaga K, Obara H, Takeuchi H, Kawachi S, Mukai M, Hoshino K, Hibi T, Morikawa Y, Maruyama I, Kitagawa Y., The American Association for the Study of Liver Diseases 61st Annual Meeting and Postgraduate Course,   2010年10月
ハイリスク食道癌周術期管理における生体反応制御の有用性, 竹内 裕也、大山 隆史、吉川 貴久、西 知彦、宮庄 拓、岡本 実、才川 義朗、和田 則仁、高橋 常浩、中村 理恵子、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、北川 雄光, 第48回日本癌治療学会学術集会,   2010年10月
食道癌周術期管理における呼吸器合併症予防の工夫, 竹内 裕也、須田 康一、吉川 貴久、大山 隆史、才川 義朗、宮庄 拓、岡本 実、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、北川 雄光, 第63回日本胸部外科学会定期学術集会,   2010年10月
HMGB1は血液浄化療法で制御できるのか?~その可能性を探る~, 西田 修、湯本 美穂、下村 泰代、中村 智之、栗山 直英、原 嘉孝、安岡 なつみ、早川 聖子、山田 晋吾、宮庄 拓, 第21回日本急性血液浄化学会,   2010年10月
国内外で使用可能な各種血液濾過膜によるHMGB1除去メカニズムの検討, 湯本 美穂、西田 修、中村 智之、栗山 直英、原 嘉孝、早川 聖子、下村 泰代、山田 晋吾、宮庄 拓, 第21回日本急性血液浄化学会,   2010年10月
急性肝不全患者の血清HMGB1濃度とブタ肝不全モデルを用いたHMGB1吸着カラムの開発, 大島 剛、篠田 昌宏、田邉 稔、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、高野 公徳、須田 康一、林田 哲、福永 興壱、山岸 由幸、竹内 裕也、河地 茂行、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第46回日本移植学会総会,   2010年10月
急性肝不全患者における血清HMGB1濃度とブタ肝不全モデルを用いたHMGB1吸着カラムの開発, 大島 剛、篠田 昌宏、田邉 稔、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、高野 公徳、須田 康一、林田 哲、福永 興壱、山岸 由幸、尾原 秀明、竹内 裕也、河地 茂行、齋藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第52回日本消化器病学会大会,   2010年10月
反芻動物における口腔内液性免疫機構の解明-ウシの唾液腺について-, 坂口 佳菜子、溝奥 尋子、松田 一哉、平山 和子、宮庄 拓、翁長 武紀、小岩 政照、横田 博、谷山 弘行, 第150回日本獣医学会学術集会,   2010年09月
人工エストロジェンDES投与ラット臓器におけるDESおよびその抱合体の経時的調査とステロイドホルモンの変化, 前田 尚之、奥村 佳奈子、鈴木 智和、野村 幸子、宮庄 拓、横田 博, 第100回日本食品衛生学会学術講演会,   2010年09月
Serum high mobility group box 1 level in the patients with fulminant hepatic failure and its blockade in rat model., Shinoda M, Tanabe M, Oshima G, Takayanagi A, Miyasho T, Yamada S, Ebinuma H, Takano K, Hibi T, Suda K, Obara H, Takeuchi H, Kawachi S, Fukunaga K, Saito H, Hibi T, Maruyama I, Kitagawa Y., The 4th International HMGB1 Symposium,   2010年06月
Hemoabsorption of high-mobility group box 1 in swine fulminant hepatic failure model., Oshima G, Shinoda M, Tanabe M, Takano K, Fuchimoto Y, Miyasho T, Yamada S, Suda K, Fukunaga K, Obara H, Kawachi S, Mukai M, Hoshino K, Morikawa Y, Maruyama I, Kitagawa Y., ILTS 16th Annual International Congress,   2010年06月
Protective effect of high-mobility group box 1 blockade on acute liver failure in rats., Takano K, Shinoda M, Tanabe M, Ono S, Miyasho T, Yamada S, Suda K, Fukunaga K, Hibi T, Obara H, Takeuchi H, Kawachi S, Yokota H, Maruyama I, Kitagawa Y., ILTS16th Annual International Congress,   2010年06月
Serum level of high mobility group box 1 in patients with fulminant hepatic failure and its blockade in rat model., Oshima G, Shinoda M, Tanabe M, Takayanagi A, Miyasho T, Yamada S, Ebinuma H, Takano K, Hibi T, Suda K, Obara H, Takeuchi H, Kawachi S, FukunagaK, Hibi T, Maruyama I, Kitagawa Y., ILTS 16th Annual International Congress,   2010年06月
LC-MS/MSを用いたラット臓器中ステロイドホルモンおよびそのグルクロン酸抱合体の同時分析, 前田 尚之、奥村 佳奈子、大長 陽香、野村 幸子、鈴木 智和、宮庄 拓、横田 博, 第58回質量分析総合討論会,   2010年06月
急性肝不全患者における血清HMGB1とブタ肝不全モデルを用いたHMGB1吸着カラムの開発, 大島 剛、篠田 昌宏、田辺 稔、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、西山 亮、高野 公徳、須田 康一、林田 哲、福永 興壱、山岸 由幸、尾原 秀明、竹内 裕也、河地 茂行、齋藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第25回日本Shock学会総会,   2010年05月
Serum high-mobility group box 1 level in the patients with fulminant hepatic failure and its blockade effect in rat model., Oshima G, Shinoda M, Tanabe M, Takayanagi A, Miyasho T, Yamada S, Ebinuma H, Takano K, Hibi T, Suda K, Obara H, Takeuchi H, Kawachi S, Fukunaga K, Hibi T, Maruyama I, Kitagawa Y., 45th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)-The International Liver Congress 2010,   2010年04月
急性肝不全患者における血清HMGB1濃度とブタ肝不全モデルを用いたHMGB1吸着カラムの開発, 大島 剛、篠田 昌宏、田辺 稔、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、高野 公徳、須田 康一、林田 哲、福永 興壱、山岸 由幸、尾原 秀明、竹内 裕也、河地 茂行、齋藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第96回日本消化器病学会総会,   2010年04月
急性肝不全患者血清中High mobility group box‐1動態の検討, 大島 剛、篠田 昌宏、田辺 稔、高野 公徳、海老沼 浩利、須田 康一、竹内 裕也、山田 晋吾、宮庄 拓、福永 興壱、林田 哲、山岸 由幸、尾原 秀明、河地 茂行、日比 紀文、丸山 征郎、北川 雄光, 第96回日本消化器病学会総会,   2010年04月
ラット急性肝不全モデルに対するHigh Mobility Group Box 1制御の病態改善効, 高野 公徳、篠田 昌宏、大島 剛、田辺 稔、宮庄 拓、山田 晋吾、河地 茂行、日比 泰造、竹内 裕也、石坂 彰敏、丸山 征郎、北川 雄光, 第110回日本外科学会定期学術集会,   2010年04月
急性肝不全患者における血清High mobility group box-1動態の検討, 大島 剛、篠田 昌宏、田辺 稔、高野 公徳、海老沼 浩利、須田 康一、竹内 裕也、山田 晋吾、宮庄 拓、福永 興壱、林田 哲、尾原 秀明、河地 茂行、日比 紀文、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第110回日本外科学会定期学術集会,   2010年04月
ラット腹部大動脈遮断モデルにおけるシベレスタットナトリウムの虚血再灌流障害抑制効果, 藤村 直樹、尾原 秀明、竹内 裕也、須田 康一、川迫 一史、宮庄 拓、松本 賢治、北川 雄光, 第110回日本外科学会定期学術集会,   2010年04月
ラット敗血症モデルにおける高用量ガンマグロブリン製剤の有効性に関する検討, 吉川 貴久、竹内 裕也、須田 康一、宮庄 拓、岡本 実、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第110回日本外科学会定期学術集会,   2010年04月
Role of soluble receptor for advanced glycation end-products on endotoxin-induced lung injury., Tasaka S, Zhang HY, Shiraishi Y, Fukunaga K, Yamada W, Miyamoto K, Nakano Y, Hasegawa N, Miyasho T, Ishizaka A., 8th European Respiratory Society Lung Science Conference,   2010年03月
急性肝不全患者における血清中High mobility group box‐1動態について, 大島 剛、篠田 昌宏、田辺 稔、高野 公徳、海老沼 浩利、須田 康一、竹内 裕也、山田 晋吾、宮庄 拓、福永 興壱、林田 哲、尾原 秀明、河地 茂行、丸山 征郎、北川 雄光, 第46回日本腹部救急医学会総会,   2010年03月
ラット,ブタ劇症肝炎モデルにおけるHigh Mobility Group Box 1動態の検討, 高野 公徳、篠田 昌宏、田辺 稔、宮庄 拓、山田 晋吾、渕本 康史、福永 興壱、林田 哲、尾原 秀明、竹内 裕也、河地 茂行、横田 博、向井 万起男、森川 康英、丸山 征郎、北川 雄光, 第46回日本腹部救急医学会総会,   2010年03月
急性肝不全におけるHigh mobility group box-1の役割, 篠田 昌宏、田辺 稔、高野 公徳、大島 剛、海老沼 浩利、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、日比 泰造、林田 哲、福永 興壱、山岸 由幸、尾原 秀明、竹内 裕也、河地 茂行、齋藤 英胤、丸山 征郎、日比 紀文、北川 雄光, 第28回Cytoprotection研究会,   2010年03月
各種敗血症関連因子およびMultiplex suspension array systemによる多種サイトカイン値からみた術後症例におけるPMX‐DHPの効果についての検討, 阪本 雄一郎、益子 邦洋、小幡 徹、宮庄 拓、横田 裕行, 第14回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2010年02月
急性肝不全患者の血清中High mobilitygroup box-1動態についての検討, 大島 剛、篠田 昌宏、田辺 稔、海老沼 浩利、高野 公徳、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、日比 泰造、林田 哲、福永 興壱、尾原 秀明、竹内 裕也、河地 茂行、日比 紀文、丸山 征郎、北川 雄光, 第16回外科侵襲とサイトカイン研究会,   2009年12月
LC-MS/MSを用いたDES投与ラット臓器中テストステロンおよび抱合体の同時分析, 前田 尚之、奥村 佳奈子、大長 陽香、野村 幸子、宮庄 拓、横田 博, 第12回環境ホルモン学会研究発表会,   2009年12月
DES投与によるラット海馬蛋白質への影響解析, 大長 陽香、奥村 佳奈子、野村 幸子、宮庄 拓、前田 尚之、横田 博, 第12回環境ホルモン学会研究発表会,   2009年12月
High Mobility Group Box 1 Protein Expression is Associated with Expansion and Rupture of Human Abdominal Aortic Aneurysm., Kohno T, Anzai T, Kaneko H, Shimizu H, Shimoda M, Miyasho T, Okamoto M,Yokota H, Yamada S, Yoshikawa T, Okada Y, IshizakaA, Yozu R, Ogawa S., American Heart Association National Scientific Session 2009 (AHA2009),   2009年11月
心筋梗塞後治癒過程と左室リモデリングにおけるhigh-mobility group box 1 proteinの役割, 河野 隆志、安斉 俊久、内藤 広太郎、宮庄 拓、岡本 実、横田 博、山田 晋吾、前川 裕一郎、高橋 寿由樹、吉川 勉、石坂 彰敏、小川 聡, 第19回日本循環薬理学会,   2009年11月
Protective effect of blocking high mobility group box 1on acute liver failure in rat., Takano K, Shinoda M, Tanabe M, Yamada S, Miyasho T, Ono S, Oshima G,Obara H, Takauchi H, Kawachi S, Fuchimoto Y, Hoshino K,Morikawa Y, Ishizaka A, Maruyama I, Kitagawa Y., The 60th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases,   2009年10月
High-mobility group box 1 antibodies improve fulminant hepatic failire in rat model., Takano K, Shinoda M, Tanabe M, Miyasho T, Yamada S, Oshima G, Kawachi S, Ishizaka A, Maruyama I, Kitagawa Y., American College of Surgeons 95th Annual,   2009年10月
食道癌根治術における血清サイトカイン値の臨床的意義の検討, 吉川 貴久、竹内 裕也、才川 義朗、和田 則仁、高橋 常浩、大山 隆史、中村 理恵子、宮庄 拓、岡本 実、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第62回日本胸部外科学会定期学術集会,   2009年10月
Application of bronchoscopic microsampling procedure for determining epithelial lining fluid cytokines in patients with ALI/ARDS., Nakano Y, Fujishima S, Miyasho T, Tasaka S, Kimizuka Y, Fujiwara H, Kamata H, Shinoda H, Miyamoto K, Hasegawa N, Yokota H, Hashimoto S, Ishizaka A., 21st Annual Congress of European Respiratory Society,   2009年09月
スクレイピー感染マウスの発症前期におけるMalate dehydrogenaseとATP synthaseの減少, 伊藤 暁史、宮庄 拓、野村 幸子、奥村 佳奈子、野本 英恵、松田 一哉、谷山 弘行、横田 博, 第148回日本獣医学会学術集会,   2009年09月
イヌ脳炎における脳脊髄液中HMGB1, 宮庄 拓、中村 晃三、野村 幸子、川迫 一史、中出 哲也、山田 晋吾、横田 博, 第148回日本獣医学会学術集会,   2009年09月
馬に敗血症治療に対するポリミキシンB固定化エンドトキシン吸着血液浄化器の検討, 山下 和人、宮庄 拓、川迫 一史、岡本 実、伊丹 貴晴、横田 博、谷山 弘行, 第148回日本獣医学会学術集会,   2009年09月
イヌの皮膚組織球腫の退縮機序とHigh Mobility Group Box 1の発現動態に関する病理組織学的、免疫組織化学的検索, 勝 亜矢子、川迫 一史、宮庄 拓、山田 晋吾、賀川 由美子、平山 和子、松田 一哉、岡本 実、廉澤 剛、横田 博、谷山 弘行, 第148回日本獣医学会学術集会,   2009年09月
犬壊死性髄脳炎の脳脊髄液中抗GFAP 自己抗体とMRI 所見, 中村 晃三、山田 恵里子、山根 由久、前谷 茂樹、井尻 篤木、宮庄 拓、横田 博、中出 哲也, 平成20年度日本小動物獣医学会,   2009年09月
UGT-グルクロン酸抱合酵素分子種の二次元電気泳動による分離と同定, 奥村 佳奈子、野村 幸子、前田 尚之、宮庄 拓、横田 博, UGT2009研究会,   2009年09月
Anti-high mobility group box-1 antibody improved fulminant hepatic failure in a rat model., Takano K, Shinoda M, Tanabe M, Oshima G, Miyasho T, Yamada S, Takeuchi H, Fukunaga K, Obara H, Kawachi S, Fuchimoto Y, Hoshino K, Morikawa Y, Maruyama I, Ishizaka A, Kitagawa Y., The Internatinal Liver Transplantation Society 15th Annual International Congress,   2009年07月
抗High Mobility Group Box1抗体投与はラット劇症肝炎モデルの病態を改善する, 高野 公徳、篠田 昌宏、田辺 稔、宮庄 拓、山田 晋吾、尾原 秀明、河地 茂行、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第64回日本消化器外科学会総会,   2009年07月
ST上昇型心筋梗塞における血清HMGB1値上昇の臨床的意義, 河野 隆志、安斉 俊久、安西 淳、金子 英弘、眞野 恵範、内藤 広太郎、前川 裕一郎、宮庄 拓、岡本 実、横田 博、山田 晋吾、吉川 勉、石坂 彰敏、小川 聡, 第29回心筋梗塞研究会,   2009年07月
Proteomic identification of Oxidatively Damaged and Apoptosis-Related Testicular Proteins of Rats Orally Treated with Diethylstilbestrol, Yunlan Li, Okumura Kanako, Nomura Sachiko,Naoyuki Maeda, Taku Miyasho, Yokota Hiroshi, 第23回北海道薬物作用談話会,   2009年07月
「動物での血液浄化」〜なんで動物?されど動物!〜, 宮庄 拓, 第10回北海道急性血液浄化研究会,   2009年06月13日, 招待有り
食道癌周術期における新しい術後合併症ハイリスク群選別法と合併症予防対策の有用性, 竹内 裕也、吉川 貴久、須田 康一、才川 義朗、宮庄 拓、岡本 実、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、北川 雄光, 第63回日本食道学会学術集会,   2009年06月
シンバスタチンの気道炎症に対する効果, 辻村 周子、高橋 左枝子、仲村 秀俊、白畑 亨、小熊 剛、上石 修史、宮庄 拓、峰松 直人、舘野 博喜、大曽根 康夫、秋月 哲史、石坂 彰敏, 第49回日本呼吸器学会学術講演会,   2009年06月
Anti-High Mobility Group Box Chromosomal Protein 1 Antibodies Improve Survival of Rats with Fulminant Hepatic Failure., Takano K, Shinoda M, Tanabe M, Ono S, OshimaG, Yamada S, Miyasho T, Obara H, Kawachi S, Fuchimoto Y, Takeuchi H, Morikawa Y, Maruyama I, Ishizaka A, Kitagawa Y., American Transplant Congress 2009,   2009年05月
Diagnosis of Early Phase of Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis and Its Successful Treatment by a Neutrophil Elastase Inhibitor., Ebina M, Ohta H, Miyasho T, Ohkouchi S, Hirota N, Nukiwa T., American Thoracic society International conference 2009,   2009年05月
急性肝不全患者における血清High mobility group box-1 動態の検討, 大島 剛、篠田 昌宏、田辺 稔、高野 公徳、須田 康一、竹内 裕也、山田 晋吾、宮庄 拓、福永 興壱、尾原 秀明、河地 茂行、渕本 康史、森川 英康、丸山 征郎、石川 彰敏、北川 雄光, 第95回日本消化器病学会総会,   2009年05月
ラット劇症肝不全モデルにおける抗High mobility group box-1抗体の予後改善効果の検討, 高野 公徳、篠田 昌宏、田辺 稔、小野 滋司、大島 剛、山田 晋吾、宮庄 拓、須田 康一、福永 興壱、尾原 秀明、竹内 裕也、河地 茂行、渕本 康史、森川 康英、石坂 彰敏、丸山 征郎、北川 雄光, 第95回日本消化器病学会総会,   2009年05月
特発性肺線維症の急性憎悪発症病態に基づく早期診断と早期治療, 海老名 雅仁、宮庄 拓、廣田 直、玉田 勉、大河内 眞也、貫和敏博, 第106回日本内科学会総会,   2009年04月
COPD患者・喫煙者における気道炎症マーカーのシンバスタチン投与による改善, 高橋 左枝子、仲村 秀俊、小熊 剛、上石 修史、山本 美由紀、宮庄 拓、大曽根 康夫、石坂 彰敏、秋月 哲史, 第106回日本内科学会総会,   2009年04月
炎症反応に伴う癌細胞遊走・浸潤・増殖促進とSivelestatによるその抑制効果の検証, 熊谷 厚志、才川 義朗、福田 和正、森泰 昌、宮庄 拓、吉川 貴久、中村 理恵子、和田 則仁、竹内 裕也、久保田 哲朗、北川 雄光, 第109回日本外科学会定期学術集会,   2009年04月
食道癌手術患者のHMGB-1術前値の臨床的意義の検討, 吉川 貴久、竹内 裕也、須田 康一、宮庄 拓、岡本 実、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第109回日本外科学会定期学術集会,   2009年04月
ラット劇症肝不全モデルに対する抗High mobility group box-1抗体投与の予後改善効果, 高野 公徳、篠田 昌宏、田辺 稔、渕本 康史、宮庄 拓、山田 晋吾、福永 興壱、尾原 秀明、河地 茂行、岡本 実、横田 博、森川 康英、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第109回日本外科学会定期学術集会,   2009年04月
動物(ウマおよびブタ)におけるPMXの検討, 宮庄 拓、山下 和人、川迫 一史、岡本 実、小幡 徹、谷山 弘行、横田 博, 第13回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2009年02月
ニゲロオリゴ糖投与犬のIgE-H鎖、IgG-H鎖およびTCR-β遺伝子発現量の変化, 釜田 尚彦、宮庄 拓、五十嵐 蓉、室崎 伸二、内田 英二, 第9回動物のサプリメント研究会,   2009年02月
ALI/ARDS 患者における胸部X 線スコアと気道被覆液の各種サイトカイン, 中野 泰、田坂 定智、長谷川 直樹、石坂 彰敏、藤島 清太郎、宮庄 拓、横田 博  , 第1回呼吸機能イメージング研究会学術集会,   2009年01月
DES投与ラット肝臓におけるUDP-グルクロン酸転移酵素の活性低下機序の解析, 奥村 佳奈子、野村 幸子、前田 尚之、鈴木 千枝、宮庄 拓、横田 博, 第11回環境ホルモン学会研究発表会,   2008年12月
DES投与による雄ラット下垂体への影響解析, 生野 聡子、野村 幸子、前田 尚之、奥村 佳奈子、川迫 一史、宮庄 拓、谷山 弘行、横田 博, 第11回環境ホルモン学会研究発表会,   2008年12月
ラット劇症肝不全モデルにおける抗High mobility group box-1抗体の予後改善効果の検討, 高野 公徳、篠田 昌宏、田辺 稔、小野 滋司、渕本 康史、竹内 裕也、山田 晋吾、宮庄 拓、河地 茂行、尾原 秀明、日比 泰造、星野 健、森川 康英、石坂 彰敏、丸山 征郎、北川 雄光, 第15回外科侵襲とサイトカイン研究会,   2008年12月
食道癌手術患者のHMGB-1術前値の臨床的意義の検討, 吉川 貴久、須田 康一、竹内 裕也、大山 隆史、宮庄 拓、岡本 実、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第15回外科侵襲とサイトカイン研究会,   2008年12月
Effects of neutrophil elastase inhibitor against mediators of acute exacerbation of pulmonary fibrosis : a new therapeutic strategy., Ebina M, Ohta H,Sato E, Hisata S, Hirota N, Miyasho T, Nukiwa T., European Respiratory Society Annual Congress,   2008年10月
食道癌周術期管理における生体反応制御療法の有用性, 竹内 裕也、須田 康一、吉川 貴久、宮庄 拓、岡本 実、才川 義朗、和田 則仁、菅沼 和弘、平岩 訓彦、入野 誠之、福永 興壱、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第46回日本癌治療学会総会,   2008年10月
マウスにおけるエンドトキシン胃内投与による影響, 酒見 蓉子、萩原 克郎、宮庄 拓、高橋 淳吉、石原 加奈子、村松 康和、上野 弘志、田村 豊, 第146回日本獣医学会学術集会,   2008年09月
プレバイオ素材がマウスマクロファージのリステリア菌殺菌能に与える影響, 加藤(森) ゆうこ、折橋 毅典、宮庄 拓、佐藤 倫子、金井 祐太、世良 健司、萩原 克郎, 第146回日本獣医学会学術集会,   2008年09月
牛海綿状脳症罹患牛血清中に検出されたグリア線維性酸性蛋白質, 野村 幸子、宮庄 拓、前田 尚之、堂浦 克美、横田 博, 第146回日本獣医学会学術集会,   2008年09月
仔馬胃潰瘍血清中の新たなα1-Antitrypsin分子種, 中川 亮、野村 幸子、前田 尚之、宮庄 拓、田原口 貞夫、岡井 和彦、川迫 一史、谷山 弘行、横田 博, 第146回日本獣医学会学術集会,   2008年09月
Presence of Ten Isoforms of Monocarboxylate Transporter (MCT) Family in the Bovine Adrenal Gland, Kirat Doaa、Sallam Khalid、林 英明、宮庄 拓、加藤 清雄, 第146回日本獣医学会学術集会,   2008年09月
犬新生子および猫牛馬の胎子組織におけるnestinの発現分布, 坂口 佳菜子、松田 一哉、宮庄 拓、小嶺 美紗、平山 和子、横田 博、谷山 弘行, 第146回日本獣医学会学術集会,   2008年09月
ウマの蹄表皮葉におけるHigh Mobility Group Box 1 (HMGB1)の免疫組織化学的検索, 川迫 一史、中路 義宏、宮庄 拓、山田 晋吾、小嶺 美紗、平山 和子、松田 一哉、岡本 実、橋本 裕充、田上 正明、角田 修男、横田 博、谷山 弘行, 第146回日本獣医学会学術集会,   2008年09月
Preoperative HMGB-1 Levels Relate To the Occurrence of Postoperative Complications Following Esophagectomy., Yoshikawa T, Takeuchi T, Suda K, Miyasho T, Okamoto M, Yamada S, Yokota H, Maruyama I, Ishizaka A, Kitagawa Y., The ThirdInternational Damage Associated Molecular Pattern Molecules (DAMPs) and Alarmins Symposium iii-iDEAs,   2008年08月
スクレイピーマウス血清中における疾患特異的蛋白質の検出, 戸邉 美智子、宮庄 拓、野村 幸子、伊藤 暁史、松田 一哉、川崎 ゆり、堂浦 克美、毛利 資郎、横田 博, 2008年プリオン研究会,   2008年08月
Decreased UDP-Glucuronosyltransferase Activities and Protein Disulfide Isomerase A3 in the Liver Microsomes from Rat Orally Administered with Diethylstilbestrol., Okumura K, Nomura S, Maeda N, Suzuki C, Miyasho T, Yokota H., 12th International Glucuronidation and UGT Workshop,   2008年07月
敗血症に対するγグロブリン製剤の有効性に関する基礎的検討, 吉川 貴久、須田 康一、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第63回日本消化器外科学会総会,   2008年07月
An increased serum level of high-mobility group box 1 in the pig fulminant hepatic failure model., Takano K, Shinoda M, Tanabe M, Fuchimoto Y, Miyasho T, Yamada S, Suda K, Fukunaga K, Obara H, Kawachi S, Okamoto M, Yokota H, Mukai M, Hoshino K, Morikawa Y, Maruyama I, Ishizaka A, Kitagawa Y., The 59th Annual Meeting of theAmerican Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2008年05月
ブタ劇症肝不全モデルにおける血清中HMGB1動態の検討, 高野 公徳、篠田 昌宏、田辺 稔、渕本 康史、宮庄 拓、山田 晋吾、須田 康一、福永 興壱、尾原 秀明、河地 茂行、岡本 実、横田 博、向井 万起男、森川 康英、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第94回日本消化器病学会総会,   2008年05月
An increased serum level of high-mobility group BOX-1 in the fulminant hepatic failure model., Takano K, Shinoda M, Tanabe M, Yasushi F, Miyasho T,Yamada S, Suda K, Fukunaga K, Obara H, Kawachi S, Okamoto M, Yokota H, Mukai M, Hoshino K, Morikawa Y, Maruyama I, Ishizaka A, Kitagawa Y., American Society of Transplantation 12th Annual Winter Symposium,   2008年03月
ウマの蹄葉状表皮におけるマトリクスメタロプロテイナーゼの免疫組織化学的検索, 川迫 一史、中路 義弘、野村 幸子、宮庄 拓、小嶺 美沙、平山 和子、松田 一哉、岡本 実、橋本 裕充、田上 正明、角田 修男、横田 博、谷山 弘行, 第145回日本獣医学会学術集会,   2008年03月
High Mobility Group Box 1 Protein is associated with Post-Infarction Healing Process and Left Ventricular Remodeling, Kohno T, Anzai T, Anzai A, Kaneko H, Naito K, Ueno K, Miyasho T, Okamoto M, Yamada S, Yoshikawa T, Ishizaka A, Ogawa S, 第72回日本循環器学会総会・学術集会 (JCS2008),   2008年03月
敗血症性ショックに対する長時間PMX-DHPがメディエータに及ぼす影響について, 本間 広則、升田 好樹、今泉 均、巽 博臣、黒田 浩光、伊藤 洋輔、小柳 哲也、大江 祥、宮庄 拓、浅井 康文, 第12回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2008年02月
HMGB1を標的とした侵襲に対する生体反応の予測と制御, 須田 康一、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、和田 則仁、才川、義朗、福永 興壱、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第12回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2008年02月
周術期における呼吸器系および心・血管系合併症の予防とその対策, 須田 康一、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、和田 則仁、才川 義朗、福永 興壱、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, SIRS・ALI (急性肺障害) セミナー in 群馬2008,   2008年01月
Role of High Mobility Group Box 1 Protein in Post-Infarction Healing Process and Left Ventricular Remodeling., Kohno T, Anzai T, YoshikawaT, Naito K, Ueno K, Miyasho T, Okamoto M, Yamada S, Ishizaka A, Ogawa S., 80th Scientific Sessions of the American Heart Association (AHA2007),   2007年11月
ラット手術侵襲モデルを用いたHMGB1吸着カラムの性能評価, 須田 康一、竹内 裕也、和田 則仁、才川 義朗、宮庄 拓、岡本 実、福永 興壱、横田 博、石坂 彰敏、北川 雄光, 第20回日本外科感染症学会総会,   2007年11月
侵襲に対する生体反応の予測と制御〜HMGB1を標的とした新たな治療戦略〜, 須田 康一、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、和田 則仁、才川、義朗、福永 興壱、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 第13回日本エンドトキシン研究会,   2007年10月
LPSによる癌細胞遊走・浸潤促進モデルの作成と、Sivelestatによるその 抑制効果の検討, 熊谷 厚志、才川 義朗、福田 和正、伊藤 亮、五十嵐 高広、津和野 伸一、清田 毅、須田 康一、大橋 真記、和田 則仁、竹内 裕也、宮庄 拓、久保田 哲朗、北川 雄光, 第20回日本バイオセラピィ学会学術集会総会,   2007年10月
ミナミインドハコスッポン(Lissemys punctata punctata)にみられたMycobacterium ulceransによる非定型抗酸菌感染症の1例, 飯間 裕子、笠松 雅彦、宮庄 拓、明石 富美子、谷山 弘行、岡本 実, 第13回日本野生動物医学会大会,   2007年09月
アライグマ(Procyon lotor)回結腸におけるHelicobacter属菌の初検出, 大脇 拓志、岡本 実、小松 奈津貴、谷田 行平、宮庄 拓、浅川 満彦、谷山弘行, 第13回日本野生動物医学会大会,   2007年09月
アオウミガメ(Chelonia mydas)の皮膚線維乳頭腫の一例, 川迫 一史、大脇 拓志、宮庄 拓、賀川 由美子、柳澤 牧央、平山 和子、松田 一哉、岡本 実、内田 詮三、横田 博、谷山 弘行, 第13回日本野生動物医学会大会,   2007年09月
トドのアミロイド沈着を伴う甲状腺髄様癌の一例, 岡本 実、明石 富美子、角川 雅俊、黒澤 隆、宮庄 拓、水野 直治、横田 博、小島 歩、飯間 裕子、川迫 一史、小嶺 美紗、松田 一哉、平山 和子、谷山 弘行, 第13回日本野生動物医学会大会,   2007年09月
胃潰瘍馬胃組織におけるalpha1 Antitrypsin の発現, 須山 総子、川迫 一史、岡本 実、宮庄 拓、田原口 貞生、岡井 和彦、谷山 弘行、横田 博, 第144回日本獣医学会学術集会,   2007年09月
トド(Eumetopias jubatus)の甲状腺髄様癌の1例, 明石 富美子、岡本 実、角川 雅俊、小島 歩、堀上 敦子、宮庄 拓、水野 直治、横田 博、飯間 裕子、長峯 栄路、小嶺 美紗、川迫 一史、松田 一哉、平山 和子、谷山 弘行, 第144回日本獣医学会学術集会,   2007年09月
アライグマ回結腸で認められた螺旋様菌に関する検討, 大脇 拓志、岡本 実、小松 奈津貴、的場 陽平、谷田 行平、田中 杏、小嶺 美紗、川迫 一史、周本 剛大、宮庄 拓、横田 博、松田 一哉、平山 和子、浅川 満彦、谷山 弘行, 第144回日本獣医学会学術集会,   2007年09月
ウマ胎仔レプトスピラ症の2例, 堀上 敦子、岡本 実、川迫 一史、菊池 直哉、桐沢 力雄、角田 修男、宮庄 拓、横田 博、藤居 浩俊、大脇 拓志、東 崇文、田中 華枝、松田 一哉、平山 和子、谷山 弘行, 第144回日本獣医学会学術集会,   2007年09月
「いろいろな動物のいろいろな疾患におけるHMGB1」, 宮庄 拓, 第1回慶應生体ストレス応答ワークショップ ,   2007年08月04日, 招待有り
アライグマ回結腸で認められた螺旋様菌に関する検討, 大脇 拓志、岡本 実、小松 奈津貴、谷田 行平、川迫 一史、宮庄 拓、浅川 満彦、谷山 弘行, 平成19年度北海道獣医師会 三学会,   2007年08月
馬胎仔レプトスピラ症の2例, 堀上 敦子、岡本 実、川迫 一史、菊池 直哉、桐沢 力雄、宮庄 拓、角田 修男、谷山 弘行, 平成19年度北海道獣医師会 三学会,   2007年08月
ウシ海綿状脳症罹患牛血清に検出されたグリア線維性酸性蛋白質に対する自己抗体, 野村 幸子、宮庄 拓、戸邉 美智子、志賀 康弘、前田 尚之、堂浦 克美、横田 博, 2007年プリオン研究会,   2007年08月
HMGB1を標的としたラット体外循環モデルの侵襲評価, 須田 康一、北川 雄光、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、福永 興壱、石川 廣記、横田 博、石坂 彰敏、北島 政樹, 第62回日本消化器外科学会定期学術総会,   2007年07月
Effect of eicosapentaenoic acid on interleukin-13 in murine models of asthma., Fukunaga K, Asano K, Shiraishi Y, Oguma T, Niimi K, Wakaki M, Kagyo J,Takihara T, Ueda S, Sayama K, Miyasho T, Ishizaka A., World Asthma Meeting 2007 (WAM 2007) (世界喘息会議2007),   2007年06月
エンドトキシン肺損傷に対する可溶性RAGEの抑制効果, 田坂 定智、張 海英、白石 良樹、山田 稚子、小川 裕子、中野 泰、宮本 京介、長谷川 直樹、宮庄 拓、石坂 彰敏, 第1回 iPUC-II (integrated Pulmonary Circulation Research-II),   2007年06月
経気道的マイクロサンプリング法とビーズアレイ解析によるALI/ARDS病態の非侵襲的評価, 中野 泰、藤島 清太郎、宮庄 拓、北川 雄光、須田 康一、宮本 京介、小川 裕子、栗原 亜子、斉藤 史武、清水 三恵、山澤 稚子、黄 英文、田坂 定智、中村 守男、長谷川 直樹、横田 博、石坂 彰敏, 第1回 iPUC-II (integrated Pulmonary Circulation Research-II),   2007年06月
ラット手術侵襲モデルを用いたHMGB1吸着カラムの有効性に関する検討, 須田 康一、竹内 裕也、才川 義朗、宮庄 拓、岡本 実、福永 興壱、横田 博、石坂 彰敏、北川 雄光, 第1回 iPUC-II (integrated Pulmonary Circulation Research-II),   2007年06月
High-mobility group box chromosomal protein 1 (HMGB1)を標的としたケミカルメディエーター制御—基礎的および臨床的検討—, 須田 康一、北川 雄光、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、才川 義朗、福永 興壱、小澤 壯治、横田 博、石坂 彰敏、北島 政樹, 第107回日本外科学会定期学術集会,   2007年04月
エンドトキシン急性肺損傷に対するpyrimidylpiperazineの抑制効果, 田坂 定智、山田 稚子、齋藤 史武、小川 裕子、栗原 亜子、中野 泰、宮本 京介、張 海英、黄 英文、中村 守男、長谷川 直樹、藤島 清太郎、宮庄 拓、石坂 彰敏, 第11回Acute Lung Injury研究会,   2007年02月
ラット敗血症モデルに対する抗HMGB1療法の有効性に関する検討, 須田 康一、北川 雄光、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、才川 義朗、福永 興壱、小澤 壯治、横田 博、石坂 彰敏、北島 政樹, 第11回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2007年02月
ウマの敗血症治療における血液循環浄化器の適用と開発, 宮庄 拓、山下 和人、川迫 一史、Umar Mohammed Ahmed、岡本 実、酒見 蓉子、田村 豊、谷山 弘行、横田 博, 第11回エンドトキシン血症救命治療研究会,   2007年02月
侵襲に対する生体反応の予測と制御~HMGB1を標的とした新たな治療戦略~, 須田 康一、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、和田 則仁、才川 義朗、福永 興壱、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 新宿救急医療カンファレンス2007,   2007年
Effect of dual immunoregulation on endotoxin-induced neutrophil recruitment into the lungs., Zhang HY, Tasaka S, Nakano Y, Saito F, Ogawa Y, Yamada W, Miyasho T, Ishizaka A., 11th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology(APSR) (第11回アジア太平洋呼吸器学会),   2006年11月
High-mobility group box chromosomal protein 1 (HMGB1)を標的とした高度な外科的侵襲に伴う急性肺損傷の予防と対策—基礎的および臨床的検討—, 須田 康一、北川 雄光、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、福永 興壱、小澤 壯治、横田 博、石坂 彰敏、北島 政樹, 第19回日本外科感染症学会総会,   2006年11月
E型肝炎ウイルスの血行感染時の体内動態, 萩原 克郎、岩部 幸枝、宮庄 拓、大道寺 智、柚木 幹弘、辻川 宗男、成田 祐士、安江 博、生田 和良, 第54回日本ウイルス学会学術集会,   2006年11月
イヌの黒色腫(口腔ならびに眼球)におけるHigh Mobility Group1 (HMGB1)の免疫組織化学的検索, 下山 由美子、秋原 祐子、小峰 美紗、川迫 一史、平山 和子、松田 一哉、岡本 実、賀川 由美子、大町 哲夫、廉澤 剛、宮庄 拓、横田 博、山田 晋吾、谷山 弘行, 第142回日本獣医学会学術集会,   2006年09月
廃用鶏(採卵鶏)における膵腺癌の病理組織学的、免疫組織化学的検索, 川迫 一史、小林 進太郎、佐々木 道仁、宮庄 拓、平山 和子、松田 一哉、岡本 実、谷山 弘行, 平成18年度北海道獣医師会 三学会,   2006年09月
胃潰瘍馬の胃粘膜におけるα1-Antitrypsin分子種多様性, 栗田 尚志、田原口 貞夫、岡井 和彦、宮庄 拓、田中 良子、谷山 弘行、桑野 睦敏、横田 博, 第142回日本獣医学会学術集会,   2006年09月
ARDS患者の気道被覆液中の各種サイトカインの測定., 中野 泰、藤島 清太郎、宮庄 拓、小川 裕子、斎藤 史武、山田 稚子、田坂 定智、長谷川 直樹、石坂 彰敏, 第3回BMS研究会,   2006年07月
Septic lungに対する好中球エラスターゼ阻害薬投与の効果〜動物モデルを用いた検討〜, 須田 康一、北川 雄光、小澤 壯治、宮庄 拓、岡本 実、才川 義朗、上田 政和、横田 博、石坂 彰敏、北島 政樹, 第61回日本消化器外科学会定期学術総会,   2006年07月
胃潰瘍仔馬でみられる血清α1-アンチトリプシンは胃粘膜細胞で作られていた, 栗田 尚志、田原口 貞夫、岡井 和彦、宮庄 拓、田中 良子、谷山 弘行、桑野 睦敏、横田 博, 第34回生産地における軽種馬の疾病に関するシンポジウム,   2006年07月
「もしあの名馬が敗血症になったら!?」, 宮庄 拓, 第7回北海道急性血液浄化研究会,   2006年06月10日, 招待有り
ALI/ARDS患者における気道被覆液の各種サイトカインの測定, 中野 泰、藤島 清太郎、宮庄 拓、北川 雄光、須田 康一、小川 裕子、栗原 亜子、斉藤 史武、清水 三恵、黄 英文 、山田 稚子、田坂 定智、中村 守男、長谷川 直樹、石坂 彰敏, 第29回日本呼吸器内視鏡学会総会,   2006年06月
Analyzing of Cytokines and ViralInfections in Bronchoalveolar Lavage Fluid and Serum of Patients with Interstitial Pneumonias on Acute Exacerbation, Shohei Koyama, Hiroyuki Taniguchi,Taku Miyasho,Tokiwa Sasaki,Yuichiro Kimura,Akitoshi Ishizaka,Takashi Kondo,Masahito Ebina,Toshihiro Nukiwa, 第46回日本呼吸器学会学術講演会,   2006年06月
Variations of Cytokines in Bronchoalveolar Large Fluid (BALF) and Serum of Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis on Acute Exacerbation., Koyama S, Kondo Y, Taniguchi H, Miyasho T, Nishimura H, Yamada S, Sasaki T, KimuraY, Ishizaka A, Maruyama I, Nukiwa T, Ebina M., American Thoracic Society (ATS) 2006 International Conference,   2006年05月
敗血症に対する好中球エラスターゼ阻害薬投与の効果〜動物モデルを用いた検討〜, 須田 康一、北川 雄光、小澤 壯治、宮庄 拓、岡本 実、才川 義朗、田坂 定智、田渕 悟、安藤 崇史、平岩 訓彦、横田 博、石坂 彰敏、北島 政樹, 第106回日本外科学会定期学術集会,   2006年03月
PCR-in situ hybridizationを用いたEnzootic Nasal Tumor Virusの検出法の確立, 川迫 一史、神谷 正朗、佐々木 道仁、岡本 実、黒澤 隆、桐沢 力雄、中出 哲也、宮庄 拓、松田 一哉、平山 和子、谷山 弘行, 第141回日本獣医学会学術集会,   2006年03月
好中球エラスターゼ阻害薬によるケミカルメディエーター制御〜基礎的および臨床的検討〜, 須田 康一、北川 雄光、小澤 壯治、宮庄 拓、岡本 実、才川 義朗、田坂 定智、田渕 悟、安藤 崇史、平岩 訓彦、横田 博、石坂 彰敏、北島 政樹, 第42回日本腹部救急医学会総会,   2006年03月
Effect of neutrophil elastase inhibitor (Sivelestat) treatment for postoperative clinical courses after transthoracic esophagectomy., Suda K, Kitagawa Y, Ozawa S, Miyasho T, Okamoto M, Saikawa Y, Ueda M, Tasaka S, Tabuchi S, Hiraiwa K, Yokota H, Ishizaka A, Kitajima M., 10th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus,   2006年02月
Neutrophil elastase inhibitor (Sivelestat) suppresses HMGB1 expression in lungs and improves survival of rats with sepsis., Suda K, Kitagawa Y, Ozawa S, Miyasho T,Okamoto M, Yamada S, Saikawa Y, Ueda M, Tasaka S, Yokota H, Maruyama I, Ishizaka A, Kitajima M., EMBO (European Molecular Biology Organization) Workshop : On Innate Danger Signals and HMGB1,   2006年02月
2次元ウエスタン分析による胃潰瘍仔馬血清中α1-Antitrypsin分子種の検索および他の疾病との比較, 第140回日本獣医学会学術集会,   2005年09月
ネコCytochrome P450 (CYP) 1A isoformのcDNAクローニングと性質, 田中 良子、宮庄 拓、新京 楽、榊 利之、横田 博, 第140回日本獣医学会学術集会,   2005年09月
鼻汁中にEnzootic Nasal Tumor Virusが検出されるヒツジの鼻腔内組織における分子病理学的検索, 川迫 一史、今津 祥子、神谷 正朗、佐々木 道人、岡本 実、黒澤 隆、桐沢 力雄、中出 哲也、宮庄 拓、平山 和子、松田 一哉、谷山 弘行, 第140回日本獣医学会学術集会,   2005年09月
ALI/ARDS患者BAL液中サイトカインの網羅的解析, 中野 泰、藤島 清太郎、宮庄 拓、北川 雄光、須田 康一、小川 裕子、栗原 亜子、斎藤 史武、清水 三恵、黄 英文、山田 稚子、田坂 定智、中村 守男、長谷川 直樹、石坂 彰敏, 第8回間質性肺炎細胞分子病態研究会,   2005年08月
血清α1-Antitrypsin分子種検索による仔馬胃潰瘍と他の疾病との比較検討, 登倉 祐一、宮庄 拓、田原口 貞夫、岡井 和彦、桑野 睦敏、横田 博, 第33回生産地における軽種馬の疾病に関するシンポジウム,   2005年07月
敗血症小動物モデル重症化における経時的採血の影響とその対策, 須田 康一、北川 雄光、小澤 壯治、才川 義朗、上田 政和、矢野 和仁、大山 隆史、小熊 潤也、田淵 悟、安藤 崇史、宮庄 拓、萩原 克郎、横田 博、石坂 彰敏、北島 政樹, 第42回日本外科代謝栄養学会総会,   2005年07月
Bio-plex®を用いたALI/ARDS患者における気管支肺胞洗浄液の各種サイトカインの測定, 中野 泰、藤島 清太郎、相川 直樹、宮庄 拓、北川 雄光、須田 康一、北島 政樹、小川 裕子、栗原 亜子、斎藤 史武、清水 三恵、黄 英文、山田 稚子、田坂 定智、中村 守男、長谷川 直樹、石坂 彰敏, 第27回日本呼吸療法医学会学術総会,   2005年07月
高濃度酸素曝露による肺内シグナル伝達経路の活性化における Toll-like receptor 4 の役割, 田坂 定智、小川 裕子、山田 稚子、栗原 亜子、斎藤 史武、清水 三恵、黄 英文、中村 守男、長谷川 直樹、藤島 清太郎、宮庄 拓、石坂 彰敏, 第5回 iPUC (integrated pulmonary circulation research),   2005年06月
ウマ血清,乳汁,乳腺組織におけるニューモシスティス・カリニの検出, 川迫 一史、小嶺 美紗、平山 和子、佐古 敏郎、秋原 祐子、下山 由美子、川田 耕司、菊池 直哉、宮庄 拓、岩野 英知、横田 博、角田 修男、岡本 実、谷山 弘行, 第137回日本獣医学会学術集会,   2004年04月
スズキおよびマコガレイにおけるコプラナーPCBの経口濃縮(2), 渡辺 剛幸、柴崎 道廣、宮庄 拓, 平成16年度日本水産学会大会,   2004年04月
スズキおよびマコガレイにおけるコプラナーPCBの経鰓濃縮 (2), 渡辺 剛幸、柴崎 道廣、宮庄 拓、堀 英夫, 平成16年度日本水産学会大会,   2004年04月
海産魚類の肝臓における薬物代謝酵素 (CYP、UGT、GST) 活性および Co-PCB 暴露による影響, 宮庄 拓、渡辺 剛幸、柴崎 道廣、横田 博, 第6回環境ホルモン学会研究発表会,   2003年12月
スズキによるコプラナーPCBの経口濃縮 (1), 渡辺 剛幸、柴崎 道廣、宮庄 拓、笠松 不二男, 平成14年度日本水産学会大会,   2002年04月
スズキによるコプラナーPCBの経鰓濃縮 (1), 渡辺 剛幸、柴崎 道廣、宮庄 拓、堀 英夫、笠松 不二男, 平成14年度日本水産学会大会,   2002年04月
海産魚類 (スズキ、コノシロ、マアナゴ、マコガレイ) 肝におけるチトクロームP-450および UDP-グルクロン酸転移酵素活性の種差および水域差, 宮庄 拓、横田 博、柴崎 道廣、渡辺 剛幸、笠松 不二男, 第4回環境ホルモン学会研究発表会,   2001年12月
日本沿岸アワビ・ウニ類の内分泌かく乱化学物質濃度について, 笠松 不二男、里見 至弘、野村 浩貴、宮庄 拓, 平成13年度日本水産学会春期大会,   2001年04月
ゼブラフィッシュ(Danio rerio)エストロゲン受容体のcDNAクローニング, 森本 純子、宮庄 拓、岩野 英知、横田 博、湯浅 亮、寺岡 宏樹、平賀 武夫, 第129回日本獣医学会学術集会,   2000年04月
イヌ癌遺伝子 erbB-2 の cDNA クローニングと乳腺腫瘍におけるゲノム DNA の変化, 宮庄 拓、伊東 登、横田 博、小林 努、谷山 弘行、藤田 修、湯浅 亮, 第126回日本獣医学会学術集会,   1998年08月
FULL-LENGTH SEQUENCE AND ACTIVATION OF CANINE erbB-2 ONCOGENE IN THE MAMMARY TUMOR., Miyasho T, ItohN, Yokota H, Kobayashi T, Taniyama H, Moriyoshi M, Fujita O, Yuasa A., The 1998 Congress of The International Society for Animal Clinical Biochemistry (CISACB'98) (第8回国際獣医臨床生化学会大会) in Hiroshima,   1998年07月

MISC

絨毛膜下血腫における羊水中サイトカイン, 加茂 亜希、西口 富三、堀越 義正、河村 隆一、宮庄 拓, 産婦人科の実際, 64, (6) 837 - 842,   2015年
エンドトキシン吸着除去カラムを用いた血液浄化療法による敗血症治療〜動物への適用を目指して〜, 宮庄拓, 酪農ジャーナル, 66,   2013年
PMXカラム前後の各種サイトカインの変化と長時間PMX-DHP併用療法の意義, 山下 千鶴、西田 修、伊藤 舞、中村 智之、栗山 英直、原 嘉孝、柴田 純平、下村 泰代、安岡 なつみ、河田 耕太郎、内山 壮太、栃井 都紀子、湯本 美穂、山田 晋吾、宮庄 拓, エンドトキシン血症救命治療研究会誌, 16,   2012年
HMGB1制御のためのアフェレシス, 西田 修、湯本 美穂、森山 和広、加藤 由布、下村 泰代、中村 智之、栗山 英直、原 嘉孝、伊藤 舞、野田 昌宏、秋山 正慶、早川 聖子、小松 聖史、山田 晋吾、宮庄 拓, 日本アフェレシス学会雑誌, 31,   2012年
国内外で使用可能な各種血液濾過膜によるhigh mobility group box 1 (HMGB1)除去のメカニズムの検討, 湯本 美穂、西田 修、森山 和広、下村 泰代、中村 智之、栗山 直英、原 嘉孝、宮庄 拓、山田 晋吾, 日本急性血液浄化学会雑誌, 2, (1) 97 - 103,   2011年
急性期DIC診断基準による敗血症性DICと臓器不全および各種敗血症関連因子との関連性, 阪本 雄一郎、益子 邦洋、小幡 徹、宮庄 拓、横田 裕行, バイオメディカル, 21,   2011年
畜肉中の生体ホルモン及び合成ホルモン剤の同時分析に関して〜質量分析法による食肉研究へのアプローチ〜, 前田 尚之、鈴木 智和、田中 絵美、奥村 佳奈子、宮庄 拓、横田 博、服部 昭仁、新村 裕, 食肉の科学, 52,   2011年
間質性肺炎を含む重症呼吸不全症例に対するPMX-DHPの有効性と作用機序の検討, 大石 景士、三村 由香、宮庄 拓、青江 啓介、尾形 佳子、片山 英樹、辛島 隆司、山本 奏、上岡 博、松本 常男、三村 雄輔, エンドトキシン血症救命治療研究会誌, 15,   2011年
Multiplex suspension array systemによる多種サイトカイン値からみた敗血症症例におけるPMMA-CHDFの効果に関する検討, 阪本 雄一郎、益子 邦洋、朽方 規喜、人見 知洋、関 克典、古賀 正和、岩村 高志、山下 友子、中島 厚士、西村 洋一、八幡 真由子、小幡 徹、宮庄 拓、横田 裕行, エンドトキシン血症救命治療研究会誌, 15,   2011年
各種敗血症関連因子およびMultiplex suspension array systemによる多種サイトカイン値からみた術後症例におけるPMX-DHPの効果についての検討, 阪本 雄一郎、益子 邦洋、小幡 徹、宮庄 拓、横田 裕行, エンドトキシン血症救命治療研究会誌, 14,   2010年
敗血症性DICにおけるAntithrombin製剤の治療効果および病態に関する検討, 阪本 雄一郎、益子 邦洋、小幡 徹、宮庄 拓、横田 裕行, バイオメディカル, 20,   2010年
食道癌根治術における血清サイトカイン値の臨床的意義の検討, 吉川 貴久、竹内 裕也、才川 義朗、和田 則仁、高橋 常浩、大山 隆史、中村 理恵子、宮庄 拓、岡本 実、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, 57,   2009年
特発性肺線維症の急性増悪発症病態に基づく早期診断と早期治療, 海老名 雅仁、太田 洋充、宮庄 拓、廣田 直、玉田 勉、大河内 眞也、貫和 敏博, 98,   2009年
侵襲に対する生体反応の予測と制御~HMGB1を標的とした新たな治療戦略, 須田 康一、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、和田 則仁、才川 義朗、福永 興壱、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, エンドトキシン研究会, 11,   2009年
敗血症性ショックに対する長時間PMX-DHPがメディエーターに及ぼす影響について, 本間 広則、升田 好樹、今泉 均、巽 博臣、黒田 浩光、伊藤 洋輔、小柳 哲也、大江 祥、宮庄 拓、浅井 康文, エンドトキシン血症救命治療研究会誌, 12,   2008年
HMGB1を標的とした侵襲に対する生体反応の予測と制御, 須田 康一、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、和田 則仁、才川、義朗、福永 興壱、山田 晋吾、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北川 雄光, エンドトキシン血症救命治療研究会誌, 12,   2008年
胃潰瘍の仔馬血清中に検出されたα1-アンチトリプシンの意義, 横田 博、田原口 貞夫、長野 あおい、岡井 和彦、宮庄 拓、桑野 睦敏、谷山 弘行, 馬の科学, 45, (5,6) 297 - 304,   2008年, 招待有り
LPSによる癌細胞遊走・浸潤促進モデルの作成と,Sivelestatによるその抑制効果の検討, 熊谷 厚志、才川 義朗、福田 和正、伊藤 亮、五十嵐 高広、津和野 伸一、清田 毅、須田 康一、大橋 真記、和田 則仁、竹内 裕也、宮庄 拓、久保田 哲朗、北川 雄光, Biotherapy21, 1,   2007年
Bio-Plex® を用いた ALI/ARDS 患者における気管支肺胞洗浄液の各種サイトカインの測定, 中野 泰、藤島 清太郎、宮庄 拓、北川 雄光、須田 康一、西村 知泰、小川 裕子、栗原 亜子、斎藤 史武、清水 三恵、山田 稚子、黄 英文、田坂 定智、中村 守男、長谷川 直樹、横田 博、石坂彰敏, 人工呼吸, 24,   2007年
スズキ及びマコガレイ肝臓の薬物代謝酵素(EROD)活性に及ぼすβ−ナフトフラボンの影響, 渡辺 剛幸、宮庄 拓、箕輪 康、堀口 一彦、柴崎 道廣、橋爪 政男、原 猛也, 海生研研報, 10,   2007年
ラット敗血症モデルに対する抗HMGB1療法の有効性に関する検討, 須田 康一、北川 雄光、竹内 裕也、宮庄 拓、岡本 実、才川 義朗、福永 興壱、山田 晋吾、小澤 莊治、横田 博、丸山 征郎、石坂 彰敏、北島 政樹, エンドトキシン血症救命治療研究会誌, 11, (1) 216 - 222,   2007年
酪農学園大学における牛海綿状脳症(BSE)被害根絶プロジェクト, 横田 博、厚木 理彩、堂浦 克美、野村 幸子、宮庄 拓, 酪農ジャーナル, 60,   2007年
敗血症ショックにおけるhigh mobility group box-1(HMGB-1)血中濃度と予後に関する検討, 升田 好樹、須佐 泰之、今泉 均、黒田 浩光、巽 博臣、杉山 由紀、上村 修二、宮庄 拓、浅井 康文、山田 晋吾, 日本Shock学会雑誌, 21,   2006年, 査読有り
5-Hydroxytryptamineのブタ子宮筋収縮抑制作用とその細胞内メカニズム, 北澤 多喜雄、山田 裕子、宮庄 拓、岩野 英知、横田 博、湯浅 亮、種池 哲朗, 獣医生化学, 37,   2000年, 査読有り

競争的資金

科学研究費助成事業, 挑戦的萌芽研究, ブタ敗血症モデルの構築と多角的検討, 宮庄 拓
酪農学園大学, 学内共同研究費, と畜場における豚の肺膿瘍に関する分子疫学調査, 内田 玲麻
酪農学園大学, 学内共同研究費, ウッドチップ及び木材香気成分を用いた乳牛のストレス軽減と免疫能亢進, 鈴木 一由
酪農学園大学, 学内共同研究費, 大気中エンドトキシン濃度測定法の開発と学内飼育環境の実態把握, 宮庄 拓
科学研究費助成事業, JST戦略的基礎研究推進事業(CREST), スクレーピー発症に伴うマウス脳内蛋白質の変化, 横田 博

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2017年08月26日, 第2回 獣医人工呼吸器セミナー, 司会
  2017年01月23日, GTR スクスト, インタビュイー
  2016年08月28日, 第1回 獣医人工呼吸器セミナー, 司会
  2013年06月08日, 人と動物の素敵な関係講座Ⅱ, その他


教員総覧