獣医学群・獣医学類
教員 平田晴之 ヒラタ ハルユキ
メールアドレス:hirata@rakuno.ac.jp
ホームページ:

更新日 :2019/05/08

研究者基本情報

氏名

平田晴之
ヒラタ ハルユキ

所属(マスタ)

獣医学群・獣医学類, 教員

所属・職名

准教授

学位

博士(獣医学), 岐阜大学

所属学協会

日本実験動物学会
日本獣医寄生虫学会
日本寄生虫学会
日本獣医学会

研究活動情報

研究分野

動物生命科学, 獣医学

研究キーワード

寄生虫病学,
原虫病学,

論文

First detection of Babesia divergens in Sika Deer, Cervus Nippon, in Japan, Zamoto-Niikura A., Tsuji M., Imaoka K., Morikawa S., Holman P., Hirata H., Ishihara C., Emerging Infectious Diseases, 20, (8) 1398 - 1400,   2014年, 査読有り
Molecular characterization and phylogenetic analysis of Babesia sp. (NV-1) detected from wild American Mink (Neovison vison)., Hirata H., Ishinabe S., Jinnai M., Asakawa M., Ishihara C., J. Parasitol., 99, (2) 350 - 352,   2013年, 査読有り
野生動物のピロプラズマ原虫感染とその進化系統解析, 平田晴之、陳内理生、倉田貴子、藤澤幸平、浅川満彦、石原智明, 獣医畜産新報(JVM), 65, (10) 635 - 638,   2012年, 査読有り
Detection of two zoonotic Babesia microti lineages, the Hobetsu and U.S. lineages, in two sympatric tick species, Ixodes ovatus and Ixodes persulcatus, respectively, in Japan.,, Zamoto-Niikura A., Tsuji M., Qiang W., Nakao M., Hirata H., Ishihara C, Appl Environ Microbiol., 78, (9) 3424 - 3430,   2012年, 査読有り
Identification and phylogenetic analysis of Japanese Macaque Babesia-1 (JM-1) detected from a Japanese Macaque (Macaca fuscata fuscata),, Hirata H., Kawai S., Maeda M., Jinnai M., Fujisawa K., Katakai Y., Hikosaka K., Tanabe K., Yasutomi Y., Ishihara C., Am. J. Trop. Med Hyg., 85, (4) 635 - 638,   2011年, 査読有り
Intron sequences from the CCT7 gene exhibit diverse evolutionary histories among the four lineages within the Babesia microti-group, a genetically related species complex that includes human pathogens., Fujisawa K., Nakajima R., Jinnai M., Hirata H., Zamoto-Niikura A., Kawabuchi-Kurata T., Arai S,Ishihara C., Jpn. J. Infect. Dis., 64, (5) 403 - 410,   2011年, 査読有り
Trypanosome alternative oxidase, a potential therapeutic target for sleeping sickness, is conserved among Trypanosoma brucei subspecies., Nakamura K, Fujioka S, Fukumoto S, Inoue N, Sakamoto K, Hirata H., Kido Y, Yabu Y, Suzuki T, Watanabe YI, Saimoto H, Akiyama H, Kita K., Parasitology International, 59, (4) 560 - 564,   2010年, 査読有り
Molecular evidence of the multiple genotype infection of a wild Hokkaido brown bear (Ursus arctos yesoensis) by Babesia sp. UR1., Jinnai, M., Kawabuchi-Kurata T., Tsuji M., Nakajima R., Hirata H., Fujisawa K., Shiraki H., Asakawa M., Nasuno T., Ishihara C.,, Vet. Parasitology, 173, (1-2) 128 - 133,   2010年, 査読有り
PCR-based epidemiological survey of Hepatozoon canis in dogs in Nigeria., Sasaki M., Omobowale O., Ohta K., Tozuka M., Matsuu A., Hirata H., Nottidge H. O., Ikadai H. and Oyamada T. A, J. Vet. Med. Sci., 70, (7) 743 - 745,   2008年, 査読有り
Molecular Survey of Babesia canis in Dog in Nigeria., Sasaki M., Omobowale O., Tozuka M., Ohta K., Matsuu A., Nottidge H. O., Hirata H., Ikadai H. and Oyamada T., J. Vet. Med. Sci.,, 69, (11) 1191 - 1193,   2007年, 査読有り
Cloning of a novel Babesia equi gene encoding a 158-kilodalton protein applicable for serological diagnosis., Hirata H., Yokoyama N., Xuan X., Fujisaki K., Suzuki N., and Igarashi I., Clin. Diagn. Lab. Immunol, 12, (2) 334 - 338,   2005年, 査読有り
Identification and characterization of cross-reactive antigens from Neospora caninum and Toxoplasma gondii, Liao M., Xuan X., Huang X., Shirafuji H., Fukumoto S., Hirata H., Suzuki H., and Fujisaki K.., Parasitology, 130, 481 - 488,   2005年, 査読有り
Detection of antibodies to Neospora caninum in cattle by enzyme-linked immunosorbent assay with truncated NcSRS2 expressed in Escherichia coli., Gaturaga I., Chahan B., Xuan X., Huang X., Liao M., Fukumoto S., Hirata H., Nishikawa Y., Takashima Y., Suzuki H., Fujisaki K., and Sugimoto C.., J. Parasitol., 91, (1) 191 - 192,   2005年, 査読有り
Development of a single-round and multiplex PCR methods for the simultaneous detection of Babesia caballi and Babesia equi in horse blood., Alhassan A., Pumidonming W., Okamura M., Hirata H., Battsetseg B., Fujisaki K., Yokoyama N. and Igarashi I.. , Vet. Parasitology, 129, (1-2) 43 - 49,   2005年, 査読有り
Current serodiagnostic measures for equine babesiosis (Review)., Hirata H., Yokoyama N., Xuan X., and Igarashi I., The Journal of Protozoology, 14, (1-2) 1 - 7,   2004年, 査読有り
Rapid immunochromatographic test with recombinant SAG2 for the detection of antibodies against Toxoplasma gondii in cats, Huang X., Xuan X., Hirata H., Yokoyama N., Xu L., Suzuki N., and Igarashi I.., Journal of Clinical Microbiology., 42, (1) 351 - 353,   2004年, 査読有り
dentification of Babesia bovis L-lactate dehydrogenase as a potential chemotherapeutical target against bovine babesiosis, Bork S., Okamura M., Boonchit S., Hirata H., Yokoyama N., and Igarashi I., Molecular and Biochemical Parasitology, 136, (2) 165 - 172,   2004年, 査読有り
Immunoscreening of Babesia rodaini genes encoding immunogenic antigens from the cDNA expression phage library., Fujii K., Tkakabatake N., Boonchit S., Hirata H., Yokoyama N., and Igarashi I., The Journal of Protozoology, 12, (3-4) 34 - 42,   2004年, 査読有り
Molecular cloning of a Babesia caballi gene encoding 134 kDa protein and evaluation of its diagnostic potential in an enzyme-linked immunosorbent assay., Tamaki Y., Hirata H., Bork S., Yokoyama N., Xuan X., Fujisaki K., and Igarashi I.., Clinical and Diagnostic Laboratory Immunology., 11, (1) 211 - 215,   2004年, 査読有り
Roles of the maltese cross form in the development of parasitemia and protection against Babesia microti infection in mice., Yokoyama N., Bork S., Nishisaka M., Hirata H., Matsuo T., Inoue N., Xuan X., Suzuki H., Sugimoto C., and Igarashi I.., Infection and Immunity., 71, (1) 411 - 417,   2003年, 査読有り
Identification of a specific antigenic region of the P82 protein of Babesia equi and its potential use in serodiagnosis., Hirata H., Xuan X., Yokoyama N., Nishikawa Y., Fujisaki K., Suzuki N., and Igarashi I.., Journal of Clinical Microbiology., 41, (2) 547 - 551,   2003年, 査読有り
Growth inhibitory effects of artesunate, pyrimethamine, and pamaquine against Babesia equi and Babeisa caballi in in vitro cultures, Nagai A., Yokoyama N., Matsuo T., Bork S., Hirata H., Xuan X., Zhu Y., Claveria G. F., Fujisaki K. and Igarashi I.., Antimicrobial Agents and Chemotherapy., 47, (2) 800 - 803,   2003年, 査読有り
Serodiagnosis of Neospora caninum infection in cattle by enzyme-linked immunosorbent assay with recombinant truncated NcSAG1., Chahan B., Gaturaga I., Huang X., Liao M., Fukumoto S., Hirata H., Nishikawa Y., Suzuki H., Sugimoto C., Nagasawa H., Fujisaki K., Igarashi I., Mikami T., Xuan X.., Veterinary Parasitology, 118, (3-4) 177 - 185,   2003年, 査読有り
Cloning of a truncated Babesia equi gene encoding an 82-kilodalton protein and its potential use in an enzyme-linked immunosorbent assay., Hirata H., Ikadai H., Yokoyama N., Xuan X., Fujisaki K., Suzuki N., Miakmi T., and Igarashi I.., Journal of Clinical Microbiology., 40, (4) 1470 - 1474,   2002年, 査読有り
Cellular localization of Babesia bovis merozoite rhoptry-associated protein 1 and its erythrocyte-binding activity., Yokoyama N., Suthisak B., Hirata H., Matsuo T., Inoue N., Sugimoto C., and Igarashi I.., Infection and Immunity., 70, (10) 5822 - 5826,   2002年, 査読有り
Development of Serodiagnostic Methods for Babesia equi Infection, 平田 晴之, 岐阜大学, 査読有り

書籍等出版物

Field survey and molecular analysis of Babesia microti group., Zamoto-Niikura A, Tsuji M, Qiang W, Hirata H, Nakajima R, Morikawa S, 共著, In: Ltd. iP, editor. Epidemiology II -Theory, Research and Practice 1st ed: iConcept Press Ltd.; ISBN: 978-1-922227-,   2014年

講演・口頭発表等

北海道のエゾシカ(Cervus nippon yezoensis)におけるB. divergensの感染状況の把握と進化系統解析, 根来沙弥、平田晴之、新倉綾、浅川満彦、萩原克郎、石原智明, 第156回日本獣医学会学術集会,   2014年09月
ナイジェリアの犬における犬バベシア原虫の同定、遺伝子解析、及び進化系統解析, 浅沼のどか、平田晴之、筏井宏実、Sjadi. A. R.、石原智明, 第156回日本獣医学会学術集会,   2014年
大阪府の野生化アライグマ(Procyon lotor)から検出されたピロプラズマ目原虫の進化系統解析, 小村太郎、平田晴之、陣内理生、直完明、石原智明, 第155回日本獣医学会学術集,   2013年
輸血感染症, 平田 晴之, 日本赤十字社,   2012年, 招待有り
我が国におけるシュルツマダニからのBabesia divergens様遺伝子の検出, 新倉綾、辻正義、平田晴之、石原智明, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年09月
エゾリス(Sciurus vulgaris orientis)から検出されたピロプラズマ目原虫の遺伝子解析, 牧野康太郎、平田晴之、浅川満彦、石原智明, 第154回日本獣医学会学術集会,   2012年09月
Identification and phylogenetic analysis of Babesia microti-like parasite detected from Chinese rhesus monkey (Macaca mulatta)., Deng W., Hirata H., Niikura A., Wei Q., Qin C., Ishihara C., 第9回北海道実験動物研究会 (HALAS) ,   2012年07月
野生動物におけるダニ媒介性ピロプラズマ目原虫の検出と進化系統解析, 平田晴之、木戸啓湖、近真理奈、陳内理生、藤井啓、新井智、石原智明, 第9回北海道実験動物研究会 (HALAS) 大会長,   2012年07月
野生動物におけるダニ媒介性ピロプラズマ目原虫の検出と進化系統解析, 平田晴之、木戸啓湖、近真理奈、陳内理生、藤井啓、新井智、石原智明, 第153回日本獣医学会学術集会,   2012年03月
ニホンザル(Macaca fuscata)から検出されたBabesia microti様原虫の進化系統解析, 平田晴之、川合覚、前田真理、陳内理生、藤澤幸平、片貝祐子、彦坂健児、田邊和裄、保富康宏、石原智明, 第8回北海道実験動物研究会 (HALAS,   2011年09月
Babesia microti Hobetsu株におけるELISA法の開発とその検討, 直完明、平田晴之、関谷尚絵、倉田貴子、新井智、石原智明, 第152回日本獣医学会学術集会,   2011年09月
ミンク(Neovison vison)から検出された新型ピロプラズマ目原虫の進化系統解析, 石鍋里樹、平田晴之、陳内理生、浅川満彦、石原智明, 第152回日本獣医学会学術集会,   2011年09月
ツキノワグマからのCytauxzoon原虫の検出と分離, 陳内理生、前橋克彦、平田晴之、岩崎いづみ、中嶋瑠衣、藤澤幸平、寺田裕、下鶴倫人、坪田敏男、石原智明, 第150回日本獣医学会学術集会,   2010年09月
イヌ赤血球置換マウスを利用した野生動物からのBabesia原虫のクローニング方法の確立, 西和田淳、平田晴之、陳内理生、藤澤幸平、中村公亮、石原智明, 第150回日本獣医学会学術集会,   2010年09月
ニホンザル(Macaca fuscata)から検出されたBabesia microti様原虫の進化系統解析, 平田晴之、川合覚、前田真理、陳内理生、藤澤幸平、片貝祐子、彦坂健児、田邊和裄、保富康宏、石原智明, 第150回日本獣医学会学術集会,   2010年09月
ラット小腸寄生線虫Orientostrongylus ezoensisの感染時における胃の影響, 山田清太郎、田澤寿保、石原智明、植田弘美、翁長武紀、北澤多喜雄、平田晴之、福本真一郎, 第150回日本獣医学会学術集会,   2010年09月
チベット、ロシア及び中国における野ネズミからのピロプラズマ原虫の検出, 安藤裕理子、平田晴之、千村友輝、陳内理生、藤澤幸平、浅川満彦、石原智明, 第7回北海道実験動物研究会 (HALAS),   2010年07月
Babesia microti原虫類の進化解析マーカーとしてのイントロン配列の有用性評価, 藤澤幸平、中嶋瑠衣、陳内理生、平田晴之、新倉綾、倉田貴子、石原智明, 第150回日本獣医学会学術集会,   2010年
ツキノワグマに寄生するCytauxzoonの分離, 平田 晴之, 第6回北海道実験動物研究会 (HALAS),   2009年07月
免疫診断に有用なブタ回虫Excretory/Secretory抗原分子の同定, 平田晴之、鈴木朝日、中村(内山)ふくみ、徳永佳史、廣松賢治、名和行文, 第57回日本寄生虫学会南日本支部大会,   2004年10月
Babesia equi p82 遺伝子産物の各断片を用いたELISA抗原への検討., 平田晴之、玄学南、横山直明、藤崎幸蔵、鈴木直義、五十嵐郁男, 第133回日本獣医学会学術集会(ポスター),   2002年09月
Cloning of a truncated Babesia equi gene encoding an 82-kilodalton protein and its potential use in an enzyme-linked immunosorbent assay., Haruyuki Hirata, Hiromi Ikadai, Naoaki Yokoyama, Xuenan Xuan, Kozo Fujisaki, Naoyoshi Suzuki, Takeshi Mikami, Ikuo Igarashi., The 18th International Conference of the World Association of Veterinary Parasitology,   2002年08月
Babesia equi p44 遺伝子のクローニング、発現およびELISA抗原としての検討, 平田晴之、筏井宏実、横山直明、玄学南、長澤秀行、藤崎幸蔵、鈴木直義、見上彪、五十嵐郁男, 第133回日本獣医学会学術集会(ポスター),   2002年04月
Babesia equi p150 遺伝子のクローニング、発現およびELISA抗原としての検討, 平田晴之、玄学南、横山直明、筏井宏実、鈴木浩志、杉本千尋、長澤秀行、藤崎幸蔵、鈴木直義、五十嵐郁男, 第133回日本獣医学会学術集会(ポスター),   2002年04月

受賞

  2008年04月, 北里大学同窓会, 北里大学同窓会若手研究者研究奨励者賞

競争的資金

日本赤十字社, ヒトバベシア症における血清学的診断法の開発, 平田 晴之
酪農学園大学, 共同研究助成金, モンゴル国におけるウマピロプラズマ目原虫の進化系統学的検討, 平田 晴之
帯広畜産大学原虫病研究センター, ピロプラズマ目原虫の挿入配列に基づく進化系統解析に関する研究, 平田 晴之
独立行政法人  科学技術振興機構, シーズ発掘試験B, 北海道に生息する野生動物の進化系統学的検討と新規診断法の開発, 平田 晴之
厚生労働省科学研究費補助金 , 新興・再興感染症研究事業, 遺伝子増幅RPA法に基づいた媒介蚊における迅速簡便病原体検出法の開発
文部科学省 科学研究費補助金, 基盤研究(B), 韓国及び中国東北地方におけるダニ媒介性動物原虫感染症の分子疫学的調査研究
文部科学省 科学研究費補助金, 若手研究(B), ブタ回虫幼虫における糖鎖合成関連遺伝子の網羅的クローニングと機能解析, 平田 晴之

教育活動情報

担当経験のある科目

生物学実習, 酪農学園大学
原生動物性疾病学, 酪農学園大学
実験動物学実習, 酪農学園大学
実験動物学, 酪農学園大学
寄生虫病学(原虫病), 宮崎大学
獣医寄生虫病学実習, 帯広畜産大学、酪農学園大学


教員総覧