農食環境学群・環境共生学類
教員 佐藤喜和 サトウ ヨシカズ
メールアドレス:ysato@rakuno.ac.jp
ホームページ:

更新日 :2017/09/19

研究者基本情報

氏名

佐藤喜和
サトウ ヨシカズ

所属(マスタ)

農食環境学群・環境共生学類, 教員

所属・職名

農食環境学群環境共生学類
教授

学歴

 - 1998年, 東京大学, 農学生命科学研究科, 応用動物科学専攻
 - 2002年, 東京大学, 農学生命科学研究科, 応用動物科学専攻
 - 1996年, 北海道大学, 農学部, 農業生物学科

学位

博士(農学), 東京大学

所属学協会

日本哺乳類学会
日本生態学会
日本森林学会
International Association for Bear Research and Management
The Wildlife Society
森林野生動物研究会

研究活動情報

研究分野

基礎生物学, 生態・環境
生物資源保全学, 生物資源保全学, 保全生物
環境学, 自然共生システム
森林学, 森林科学

研究キーワード

野生動物,
保全,
管理,
生態 Wildlife,
Conservation,
Management,
Ecology,

論文

日露隣接地域における環境変動がクマ類の生態に与える影響, 佐藤 喜和, 第4回日露隣接地域生態計保全協力ワークショップ(概要報告), 49 - 52,   2017年04月
北海道東部浦幌地域におけるヒグマが採食するアリ類以外の昆虫相, 岸本祐樹・高橋慎二・大原昌宏・佐藤喜和, 浦幌町立博物館紀要, (17) ,   2017年03月
The future of urban brown bear management in Sapporo, Hokkaido, Japan: a review., 佐藤 喜和, Mammal Study, 42, (1) 17 - 30,   2017年03月, 査読有り
Stable isotope and DNA analyses reveal the spatial distribution of crop-foraging brown bears, Hata, A., Takada, M. B., Nakashita, R., Fukasawa, K., Oshida, T., Ishibashi, Y. & Sato, Y., Journal of Zoology,   2017年05月, 査読有り
Mountain-climbing bears protect cherry species from global warming through vertical seed dispersal., Naoe, S., Tayasu, I., Sakai, Y., Masaki, T., Kobayashi, K., Nakajima, A., Sato, Y., Yamazaki, K., Kiyokawa, H. and Koike, S., Cullent Biology, 26, R315 - R316,   2016年04月, 査読有り
北海道東部におけるヒグマの分散, 佐藤喜和・小林由美・伊藤哲治・園原和夏・浦田 剛, 浦幌町立博物館紀要, (15) 9 - 13,   2015年03月
Genetic dissection of an alien chromosomal segment may enable the production of a rice (Oryza sativa L.) genotype showing shoot developmental instability. , Itoh, Y. & Sato, Y., Development Genes and Evolution, 225, 63 - 78,   2015年02月, 査読有り
麻布大学第11回学術展示「哺乳類学を垣間見る:2012年哺乳類学会大会記念展示」, 高槻成紀・子安和弘・織田銑一・森 健人・玉手英利・樋口尚子・南 正人・佐藤喜和, 麻布大学雑誌, (25) 37 - 44,   2014年03月
浦幌地域におけるヒグマによる背擦り木の利用と特徴, 小泉沙奈恵・佐藤喜和, 浦幌町立博物館紀要, (14) 9 - 20,   2014年03月
Selection of rub trees by brown bears (Ursus arctos) in Hokkaido, Japan., Sato, Y., Kamiishi, C., Tokaji, T., Mori, M., Koizumi, S., Kobayashi, K., Itoh, T., Sonohara, W., Takada, M.B. & Urata, T., Acta Theriologica, 59, 129 - 137,   2014年01月, 査読有り
北海道十勝地域におけるアカギツネ(Vulpes vulpes)のロードキル発生に対する影響要因の解析:道路周辺の景観構造およびエゾシカ駆除・狩猟の影響に注目して. , 西尾 翼・高田まゆら・宇野裕之・佐藤喜和・柳川 久, 哺乳類科学, 53, 301 - 310,   2013年12月, 査読有り
A genetic basis of reaction norm evolution in density and/or year response of early vegetative plant architecture using recombinant-inbred lines derived from the cross between annual-form-wild and cultivated rice under changeable natural climate across ye, Itoh, Y. & Sato, Y., International Research Journal of Plant Science, 4, 248 - 271,   2013年09月, 査読有り
浦幌町におけるヒグマ駆除数の推移II(1967-2012年), 佐藤 喜和, 浦幌町立博物館紀要, (13) 15 - 23,   2013年03月
Estimating the population structure of brown bears in eastern Hokkaido based on microsatellite analysis. , Itoh, T., Sato, Y., Tsuruga, H., Mano, T., Kohira, M., Yamanaka, M., Kasai, S., Kobayashi, K., & Iwata, R., Acta Theriologica, 58, 127 - 138,   2012年10月, 査読有り
Increased brown bear predation on sika deer fawns following adeer population irruption in eastern Hokkaido, Japan., Kobayashi, K., Sato, Y. & Kaji, K., Ecological Research, 27, 849 - 865,   2012年07月, 査読有り
Effective dispersal of brown bears (Ursus arctos) in eastern Hokkaido, inferred from analyses of mitochondrial DNA and microsatellites., Itoh, T., Sato, Y., Kobayashi, K., Mano, T. & Iwata, R., Mammal Study, 37, 29 - 31,   2012年03月, 査読有り
北海道東部,浦幌地域におけるヒグマ(Ursus arctos)のアリ食, 小林由美・佐藤喜和, 浦幌町立博物館紀要, (12) 7 - 10,   2012年
国後・択捉の白いヒグマ-特に白いヒグマについて-., 佐藤喜和・中村秀次・石船夕佳, オホーツク生態系保全日露協力シンポジウム報告書(外務省・環境省主催「オホーツク生態系保全日露協力シンポジウム」事務局,編), 349 - 357,   2011年
The White-colored Brown Bears of the Southern Kurils, Sato, Y., Nakamura, H., Ishifune, Y. and Ohtaishi, N., Ursus, 22, (1) 84 - 90,   2011年, 査読有り
The role of Japanese macaques (Macaca fuscata) as endozoochorous seed dispersers on Kinkazan Island, northern Japan, Tsuji, Y., Sato, K. and Sato, Y., Mammalian Biology, 76, 525 - 533,   2011年, 査読有り
Dispersal of male bears into peripheral habitats inferred from mtDNA haplotypes, Sato, Y., Itoh, T., Mori, Y., Satoh, Y. and Mano, T., Ursus, 22, (2) 120 - 132,   2011年, 査読有り
カラマツ人工林におけるヒグマの生息地適性, 佐藤喜和・中村秀次, 浦幌町立博物館紀要, (10) 21 - 27,   2010年
Altitudinal variation in the diet of sika deer on the Izu Peninsula: patterns in the transitional zone of geographic variation along the Japanese archipelago, Tomoko Kitamura, Yoshikazu Sato and Seiki Takatsuki, Acta Theriologica, 55, (1) 89 - 93,   2010年, 査読有り
クマ類の個体群モニタリング手法の確立に向けて, 間野勉・佐藤喜和, 哺乳類科学, 50, (1) 95 - 97,   2011年06月
「夷酋列像」イニンカリ図の白い子グマについて, 太子夕佳・佐藤喜和, 北海道考古学, (46) 189 - 196,   2010年03月, 査読有り
浦幌地域におけるヒグマの生態と保全, 伊藤哲治・中村秀次・小泉沙奈恵・佐藤喜和, 浦幌町立博物館紀要, (9) 17 - 26,   2009年
神奈川県藤沢市周辺におけるタイワンリスの分布, 長谷川啓太・佐藤喜和, 関東森林研究, (60) 211 - 214,   2009年03月, 査読有り
Estimating a suitable microsatellite marker set for individual identification and parentage test of brown bear (Ursus arctos) in the Akan-Shiranuka region, eastern Hokkaido, Japan, Itoh, T., Sato, Y., Mano, T. and Iwata, R., Journal of Forest Research, 14, (2) 117 - 122,   2009年04月, 査読有り
浦幌町におけるヒグマによるビートの摂食量と被害株数の季節変化, 清瀬うつき・佐藤喜和・浦田剛・蛭田眞一, 浦幌町立博物館紀要, (8) 17 - 21,   2008年
林縁周辺で捕獲されたイノシシの環境選択, 本田剛・林雄一・佐藤喜和, 哺乳類科学, 48, (1) 11 - 16,   2008年06月, 査読有り
ヘア・トラップを用いたクマ類の個体数推定法:概要と注意点, 佐藤喜和・湯浅卓, 哺乳類科学, 48, (1) 101 - 107,   2008年06月, 査読有り
ヘア・トラップを用いたクマ類の個体数推定法における課題〜国内外の事例の比較検討〜, 湯浅卓・佐藤喜和, 哺乳類科学, 48, (1) 109 - 118,   2008年06月, 査読有り
Home range and habitat use of female brown bear (Ursus arctos) in Urahoro, eastern Hokkaido, Japan, Yoshikazu Sato, Yumi Kobayashi, Tsuyoshi Urata, and Seiki Takatsuki, Mammal Study, 33, (3) 99 - 109,   2008年09月, 査読有り
浦幌町におけるエゾシカの個体数の急増とその後の推移, 佐藤喜和, 浦幌町立博物館紀要, (7) 23 - 28,   2007年03月
ヒグマの冬眠開始時期と気象条件および採食物の資源量との関係, 中筋朝子・佐藤喜和・浦田 剛, 浦幌町立博物館紀要, (7) 29 - 36,   2007年03月
ヒグマの背擦り行動に伴う樹木被害と樹木の選択性, 佐藤喜和・戸梶智彰・上石智里, 樹木医学研究, 11, (4) 218 - 219,   2007年
ミヤマクワガタと格闘したヒナコウモリ, 佐藤喜和/岩田隆太郎/河合久仁子, 浦幌町立博物館紀要, (6) 13 - 15,   2006年03月
Contribution of salmon-derived nitrogen to riparian vegetation in the northwest Pacific region, Akiko Nagasaka, Yu Nagasaka, Kinuko Ito, Tsutomu Mano, Masami Yamanaka, Atsushi Katayama, Yoshikazu Sato, Andrey L. Grankin, Andrey I. Zdorikov, and Gennady A. Boronov, Journal of Forest Research, 11, (5) 377 - 382,   2006年10月, 査読有り
Relationship between crop use by brown bears and Quercus crispula acorn production in Furano, central Hokkaido, Japan, Yoshikazu Sato and Masumi Endo, Mammal Study, 31, (2) 93 - 104,   2006年06月, 査読有り
Stomach contents of brown bears Ursus arctos in Hokkaido, Japan, Sato, Y., Mano, T. and Takatsuki, S., Wildlife Biology, 11, (2) 133 - 144,   2005年06月, 査読有り
ヒグマに食害を受けたビート圃場の立地条件, 佐藤喜和・中田泰徳, 浦幌町立博物館紀要, (5) 11 - 15,   2005年03月
ヒグマの食性, 佐藤喜和, 哺乳類科学, 45, (1) 79 - 84,   2005年06月
浦幌町・音別町の十勝森づくりセンター管内道有林におけるエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)狩猟残滓の分布と野生動物の利用状況, 小林由美・佐藤喜和, 浦幌町立博物館紀要, (4) 5 - 10,   2004年03月
ヒグマの背擦り, 佐藤喜和, 浦幌町立博物館紀要, (4) 11 - 16,   2004年03月
浦幌町におけるヒグマ捕獲・計測記録, 佐藤喜和・樋口由香・小林由美・浦田剛・石川明子・佐藤健二, 浦幌町立博物館紀要, (4) 17 - 19,   2004年03月
ヘアトラップによる体毛回収とDNA個体識別を用いたクマ類の個体数推定の現状と課題, 佐藤喜和, 哺乳類科学, 44, (1) 91 - 96,   2004年06月
Temporal changes in the population density and diet of brown bears in eastern Hokkaido, Japan, Yoshikazu Sato, Toshiki Aoi, Koichi Kaji, and Seiki Takatsuki, Mammal Study, 29, (1) 47 - 53,   2004年03月, 査読有り
浦幌町におけるヒグマ駆除数の推移., 佐藤喜和, 浦幌町立博物館紀要, (3) 27 - 35,   2003年03月
An ecological study on human-bear conflicts in Urahoro, Hokkaido, 佐藤 喜和, 東京大学,   2002年03月, 査読有り
Applicability of the point-frame method for quantitative evaluation of bear diet., 佐藤 喜和, Yoshikazu Sato, Tsutomu Mano, and Seiki Takatsuki, Wildlife Society Bulletin, 28, (2) 311 - 316,   2000年
テレメトリー法を用いたクマ類研究の成果と今後の課題, 佐藤 喜和, 佐藤喜和・橋本幸彦, 哺乳類科学, 39, (1) 95 - 98,   1999年
Seasonal changes in the diet of Hokkaido brown bears. An analysis of their stomach contents. , 佐藤 喜和, 東京大学,   1998年03月
果実類の豊凶とクマ, 佐藤 喜和, 佐藤喜和・間野 勉, 哺乳類科学, 38, (1) 214 - 217,   1998年

書籍等出版物

オホーツクの生態系とその保全, 北海道大学出版会,   2013年
オホーツク生態系保全日露協力シンポジウム報告書, 外務省・環境省主催「オホーツク生態系保全日露協力シンポジウム」事務局,   2011年
「人里に出没するクマ対策の普及啓発および地域支援事業」人身事故情報の取りまとめに関する報告書, 日本クマネットワーク,   2011年, 4-9903230-3-3
日本のクマ-ヒグマとツキノワグマの生物学, 東京大学出版会,   2011年, 978-4-13-060220-4
ヒグマとつきあう.ヒトとキムンカムイの関係学, 総北海,   2010年, 978-915478-70-3
ヒグマのHSIモデルver.1.0, 日本生態系協会,   2010年
野生動物保護の事典, 朝倉書店,   2010年, 978-4-254-18032-9
The Wild Mammals of Japan, Shoukado,   2009年
アジアのクマたち-その現状と未来-, 日本クマネットワーク,   2007年
JBN緊急クマシンポジウム&ワークショップ報告書-2006年ツキノワグマ大量出没の総括とJBNからの提言-, 日本クマネットワーク,   2007年
野生動物の保全, 改訂 森林資源科学入門(日本大学森林資源科学科編).日本林業調査会.,   2007年
野生動物と人間社会の軋轢の背景, 改訂 森林資源科学入門(日本大学森林資源科学科編).日本林業調査会,   2007年
Understanding Asian Bears to Secure Their Future, Japan Bear Nerwork,   2006年
ヒグマ学入門, 北海道大学図書刊行会,   2006年
  2009年
  2006年

講演・口頭発表等

カメラ・トラップで撮影されたヒグマの顔で性判別ができるか? ―性的二型に基づく耳の位置の違いに注目して, 鈴木 輝・佐藤喜和, 日本哺乳類学会2017年度大会,   2017年09月09日
ヒグマは匂いで個体の違い・発情・非発情を識別できるか:背部脂腺から分泌される油脂性物質による嗅覚コミュニケーションの検討, 豊島尚章・成瀬泰平・松本直也・冨安洵平・下鶴倫人・佐藤喜和, 日本哺乳類学会2017年度大会,   2017年09月09日
mtDNA多型から見た強度駆除圧を受けたヒグマ個体群の空間構造の変化, 加藤亜友美・伊藤哲治・間野 勉・佐藤喜和, 日本哺乳類学会2017年度大会,   2017年09月09日
Elucidation of mitochondrial DNA haplotypes from bone samples of extinct Japanese black bear in Kyushu Island, Itoh, T., Sato, Y., Ishiguro, N., Shimizu, M., Kurihara, N., Minami, M. & Yamazaki, K., 5th International Wildlife Management Congress,   2015年07月
エゾシカの糞を用いた栄養状態評価のための近赤外スペクトル分析法の有用性の検討, 山中岳史郎・倉田洋平・中辻浩喜・佐伯真魚・佐藤喜和, 第128回日本森林学会大会,   2017年03月
ヒグマの市街地侵入地点は予測できるか-出没防止のためのリスク評価の試み, 栗木隼大・佐藤喜和, 第22回「野生動物と社会」学会東京大会,   2016年11月
札幌市におけるDNA分析を用いたヒグマ調査の取組み, 早稲田宏一・釣賀一二三・井部真理子・佐藤喜和・間野勉, 日本哺乳類学会2016年度大会,   2016年09月
理想専制分布から見たヒグマの地域別人里出没原因の推定と適切な管理への応用, 佐藤喜和・深見峻甫・高田まゆら, 日本哺乳類学会2016年度大会,   2016年09月
ヒグマ(Ursus arctos)の嗅覚器における形態学的特徴, 冨安洵平・近藤大輔・松本直也・坂元秀行・佐々木基樹・佐藤喜和・羽田真悟・松井基純, 日本哺乳類学会2016年度大会,   2016年09月
ヒグマは匂いで個体の違いを識別できるか:背部脂腺から分泌される油脂性物質による嗅覚コミュニケーションの検討, 豊島尚章・成瀬泰平・松本直也・冨安洵平・下鶴倫人・佐藤喜和, 日本哺乳類学会2016年度大会,   2016年09月
Behavioral patterns of brown bears for intraspecific communication with rub trees, Genki Takahashi, Satomi Hirose, Yuri Miyawaki, Daichi Ito, Nozomi Yonezawa, and Yoshikazu Sato, 24th International Conference on Bear Research and Management,   2016年07月
登山家グマが温暖化の危機からサクラを救う:彼らの垂直方向の趣旨散布に注目して, 直江将司・陀安一郎・酒井陽一郎・正木隆・小林和樹.中島晶子・佐藤喜和・山﨑晃司・清川紘樹・小池伸介, 日本生態学会第63回全国大会,   2016年03月
カメラトラップを用いた阿寒白糠地域のヒグマ個体群の繁殖実態の推定, 石橋悠樹・鈴木晋悟・田中博子・柴田悟・佐藤喜和, 日本生態学会第63回全国大会,   2016年03月
安定同位体比分析によるヒグマのトウモロコシ利用の検証とその個体差を決める要因の解明, 秦彩夏・高田まゆら・深澤圭太・中下留美子・押田龍夫・石橋悠樹・佐藤喜和, 日本生態学会第63回全国大会,   2016年03月
Country-wide range mapping revealed the geographic range of Asiatic black bears and brown bears increased in Japan, Sato, Y., Nakashita, R., Tsubota, T., Nakajima, A., Nemoto, Y. & Yamazaki, K., 5th International Wildlife Management Congress,   2015年10月
Bears approach near human settlements as a result of habitat selection, Sato, Y., Takada, M.B., Sonohara, W. & Mano, T., The Wildlife Society 22nd Annual Conference,   2015年10月
Feeding ecology of Hokkaido brown bears revealed by stable isotope analisis and La-ICPMS imaging, Nakashita, R., Suzuki, Y., Oishi, M., Kobayashi, K., Itoh, T., Masuda, R., Ohtaishi, N., Loguntsev, A. & Sato, Y., The Wildlife Society 22nd Annual Conference,   2015年10月
Urban and suburban brown bear management in depopulating society Sapporo, Japan, 佐藤 喜和, 5th International Wildlife Management Congress,   2015年07月, 招待有り
Analysis of factors affecting brown bear (Ursus arctos) maize consumption with attention to the effect of landscape structure and genetic information in eastern Hokkaido, Japan, Hata, A., Takada, M.B., Nakashita, R., Fukasawa, K., Oshida, T., Ishibashi, Y. & Sato. Y., 5th International Wildlife Management Congress,   2015年07月
Trials for extensive trend monitoring of brown bear (Ursus arctos) population using the combination of scented wooden post hair-snares and camera traps, Ishibashi, Y., Suzuki, S., Tanaka, H., Shibata, S. & Sato, Y., 5th International Wildlife Management Congress,   2015年07月
Is it good news or bad news? The impact of increasing sika deer population for foraging behavior of brown bears, Kobayashi, K., Kaji, K., Mano, T. & Sato, Y., 5th International Wildlife Management Congress,   2015年07月
Spatial distribution of brown bear occurrence and mortality points in Urahoro, eastern Hokkaido, Japan, Sonohara, W. & Sato, Y., 5th International Wildlife Management Congress,   2015年07月
The sebaceous gland development in the back skin of adult male brown bear (Ursus arctos) in the wild during the mating season, Tomiyasu, J., Sato, Y., Sasaki, M. & Matsui, M., 5th International Wildlife Management Congress,   2015年07月
Chicken or the egg? Possibility of new wildlifejob or reforming academic curriculum in Japan, Hosoda, S., Akasaka, T., Igota, H., Sato, Y., Takafumi, H. & Yoshida, T., 5th International Wildlife Management Congress,   2015年05月
浦幌地域を中心としたケーススタディ, 佐藤 喜和, 日本哺乳類学会2014年度大会,   2014年09月
レーザーアブレーション誘導結合プラズマ質量分析による野生動物の食性解析の可能性, 中下留美子・大石昌弘・鈴木彌生子・小林喬子・伊藤哲治・増田泰・大泰司紀之・佐藤喜和, 日本哺乳類学会2014年度大会,   2014年09月
背擦り木を介したヒグマのコミュニケーションに関わる行動パターンの解析, 高橋元輝・広瀬諭実・宮脇有里・伊藤大地・佐藤喜和, 日本哺乳類学会2014年度大会,   2014年09月
安定同位体比分析を用いたヒグマのトウモロコシ利用の検証とその空間パターンの解明, 秦彩夏・高田まゆら・中下留美子・深澤圭太・石橋悠樹・佐藤喜和, 日本哺乳類学会2014年度大会,   2014年09月
背擦りトラップと自動撮影装置を用いたクマ類個体群モニタリングの試み, 石橋悠樹・鈴木晋悟・佐藤喜和, 日本哺乳類学会2014年度大会,   2014年09月
背擦りトラップを用いたヒグマの体毛の採取, 石橋悠樹・鈴木晋悟・佐藤喜和, 第47回森林野生動物研究会大会,   2014年07月
安定同位体比分析を用いたヒグマのトウモロコシ利用の検証とその空間パターンの解明, 秦 彩夏・高田まゆら・中下留美子・深澤圭太・佐藤喜和, 日本生態学会第61回全国大会,   2014年03月
北海道東部浦幌町におけるヒグマ駆除数の推移(1967-2012年), 佐藤 喜和, 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会,   2013年09月
ヒグマ個体群の空間構造-アトラクティブ・シンク現象の解明と被害管理への応用, 佐藤喜和・高田まゆら, 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会,   2013年09月
Anthropogenic food resources affecting nutritiional condition of brown bear in Hokkaido, Japan, Takada, M.B., Shimizu, Y., Mano, T., Uno, H., Fukasawa, K., Osawa, T., Akasaka, M. and Sato, Y., International Conference on Ecology 2013,   2013年08月
景観および生物相の異なる生息地におけるヒグマの食性比較, 小林喬子・中村秀次・山中正実・伊藤哲治・中下留美子・Loguntsev Andrey・大泰司紀之・佐藤喜和, 第124回日本森林学会大会,   2013年03月
ヒグマ頭骨形態の地理的変異-系統的制約と食性の違いに注目して-, 佐藤喜和・中村秀次・大貫麻衣子・堤麻衣子・大舘智志, 日本生態学会第60回全国大会,   2013年03月
炭素・窒素・硫黄安定同位体比解析からみた国後島のヒグマの食生態, 中下留美子・鈴木彌生子・小林喬子・伊藤哲治・中村秀次・増田泰・Andrey Loguntsev・大泰司紀之・佐藤喜和, 日本生態学会第60回全国大会,   2013年03月
国後島および択捉島におけるヒグマのmtDNAハプロタイプの分布および系統, 伊藤哲治・中村秀次・小林喬子・中下留美子・増田泰・Andrey Loguntsev・大泰司紀之・佐藤喜和, 日本生態学会第60回全国大会,   2013年03月
ヒグマの農作物利用に影響を与える環境要因およびその影響が決定する空間スケールの解明, 清水ゆかり・高田まゆら・間野勉・宇野裕之・深澤圭太・大沢剛士・赤坂宗光・佐藤喜和, 日本哺乳類学会2012年度大会,   2012年09月
国後島のヒグマにおけるmtDNA解析による分子系統学的研究の進捗, 日本哺乳類学会2012年度大会,   2012年
木杭を利用したクマ類の背擦り行動の誘発と体毛採取法の検討:背擦りトラップ, 日本哺乳類学会2012年度大会,   2012年
ヒグマの栄養状態に影響を与える環境要因の解明:ヒグマによるシカ駆除・狩猟残滓の利用に注目して, 日本哺乳類学会2012年度大会,   2012年
LA-ICPMSイメージング法による野生動物の食性解析の可能性 -ヒグマ(Ursus arctos)をケーススタディとして-, 日本分析化学会第61年会,   2012年
Feeding ecology of brown bears of the Southern Kurils revealed by stable isotope analysis, The 8th International Conference on Applications of Stable Isotope Techniques to Ecological Studies,   2012年
生元素安定同位体比分析を用いて国後島白いヒグマの生態を探る, 第72回分析化学討論会,   2012年
遺伝子解析を用いたヒグマの背擦り行動の研究, 日本生態学会第59回全国大会,   2012年
神奈川県藤沢市の都市緑地におけるクリハラリスCallosciurus erythraeusの生息数の季節変化パターン, 日本生態学会第59回全国大会,   2012年
Effective dispersal of brown bears Ursus arctos in eastern Hokkaido, inferred from genetic analyses, 日本生態学会第59回全国大会,   2012年
クマ類の個体数推定法の開発:環境省環境研究総合推進費プロジェクトから, 日本哺乳類学会2011年度大会,   2011年
オスのヒグマによる分布周縁部への非適応的分散, 日本哺乳類学会2011年度大会,   2011年
国後・択捉におけるヒグマ-特に白い毛色のヒグマについて, 第2回オホーツク生態系保全日露協力シンポジウム,   2011年
マイクロサテライト解析を用いたヒグマの北海道東部個体群の遺伝的構造, 第58回日本生態学会札幌大会,   2011年
ヒグマによる農作物への食害とその発生要因:富良野市および浦幌町における事例から, 第58回日本生態学会札幌大会,   2011年
Brown bears predation on sika deer fawns following its population growth in eastern Hokkaido, Japan, 19th International Conference on Bear Research and Management,   2010年
White colored brown bears in Kunashir and Iturup Island, soouth Kuril Islands, 19th International Conference on Bear Research and Management,   2010年
Reproductive dispersal for brown bears in Urahoro and adjacent areas, southwestern part of the Akan-Shiranuka region in eastern Hokkaido inferred from genetic analysis, 19th International Conference on Bear Research and Management,   2010年
mtDNA解析を用いた北海道等オブにおけるヒグマの遺伝的構造, 第57回日本生態学会東京大会,   2010年
北海道東部浦幌地域におけるヒグマの痕跡を用いた生息地利用解析, 第57回日本生態学会東京大会,   2010年
クマ類の個体群モニタリング手法の確立に向けて, 日本哺乳類学会2009年度台北大会,   2009年
エゾシカの個体数増加とヒグマによるエゾシカ新生児の捕食, 日本哺乳類学会2009年度台北大会,   2009年
分布中心と周縁部におけるヒグマの痕跡密度と食性の比較, 日本哺乳類学会2009年度台北大会,   2009年
広葉樹液果・核果類の種子分散者としてのヒグマの役割, 日本大学生物資源科学部学術講演会,   2008年
神奈川県藤沢市周辺におけるタイワンリスの分布, 日本森林学会関東支部大会,   2008年
エゾシカ駆除数の変動に対するヒグマの採餌パターン, 日本哺乳類学会,   2008年
DNA個体識別法によるヒグマの農地侵入実態と駆除の効果, 日本哺乳類学会,   2008年
北海道のヒグマが採食する果実類, 日本哺乳類学会,   2008年
ヒグマの個体識別および血縁関係推定のために最適なマイクロサテライトマーカーセットの検討, 日本哺乳類学会,   2008年
神奈川県藤沢市周辺におけるタイワンリスの分布, 日本哺乳類学会,   2008年
北海道東部浦幌地域におけるヒグマの父系鑑定, 日本森林学会,   2008年
都市緑地における外来種アライグマの生態および在来種タヌキへの影響に関する研究, 日本大学生物資源科学部学術講演会,   2007年
神奈川県横須賀市および鎌倉市におけるアライグマの食性, 森林野生動物研究会,   2007年
伊豆半島のニホンジカの食性の標高に伴う変異, 日本哺乳類学会,   2007年
エゾシカの駆除数減少に伴うヒグマのエゾシカ利用割合の変化, 日本哺乳類学会,   2007年
北海道東部浦幌地域におけるヒグマのアリ食, 日本哺乳類学会,   2007年
東京都におけるイノシシの食性と農作物利用, 日本哺乳類学会,   2007年
ヘア・トラップ法の概要, 日本哺乳類学会,   2007年
北海道東部浦幌周辺地域におけるヒグマの生息地評価モデル, 日本生態学会,   2007年
マイクロサテライトメーカーを用いたヒグマの血縁関係推定, 日本生態学会,   2007年
北海道東部浦幌地域に生息するヒグマ集団の遺伝子構造解析, 日本生態学会,   2007年
北海道東部浦幌町におけるヒグマのエゾシカ利用割合の変化, 森林野生動物研究会,   2006年
アジアから世界に送るクマの手紙-第17回国際クマ会議報告-, 森林野生動物研究会,   2006年
ヒグマの背擦り行動に伴う樹木被害と樹木の選択性, 樹木医学会,   2006年
Conflicts between Human and Bears, 17th International Conference on Bear Research and Management,   2006年
Food habits of brown bear in relation to acorns production, 17th International Conference on Bear Research and Management,   2006年
Change of shika deer use by brown bears in eastern Hokkaido, Japan, 17th International Conference on Bear Research and Management,   2006年
Sika deer (Cervus nippon) carcasses along deer fences as food of brown bears (Ursus arctos) in eastern Hokkaido, Japan, 17th International Conference on Bear Research and Management,   2006年
Habitat use and suitability analysis of brown bears in Urahoro, eastern Hokkaido, 17th International Conference on Bear Research and Management,   2006年
Dispersal and immigration of brown bear (Ursus arctos) estimated from the geographic distribution of mitochondrial DNA haplotypes in Urahoro, eastern Hokkaido, 17th International Conference on Bear Research and Management,   2006年
Genetic relationship of brown bears (Ursus arctos) inference from microsatellite DNA and mitochondrial DNA, 17th International Conference on Bear Research and Management,   2006年
Tolerance of Urahoro brown bear population to intensive harvest: self-sustaining or sink population, 17th International Conference on Bear Research and Management,   2006年
Special Workshop "Understanding Asian Bears to Secure Their Future" part II Asian Issues in Conservation, 17th International Conference on Bear Research and Management,   2006年
A brief review of the country reports on the conservation of bears in Asia, 17th International Conference on Bear Research and Management,   2006年
エゾシカの残滓をあさるクマタカの生態-オジロワシ等他種との関係や年齢等について-, 日本鳥学会,   2005年
特別天然記念物ニホンライチョウのコクシジウム感染に関する研究, 日本獣医学会,   2005年
Tree rubbing by Hokkaido brown bears: seasonal changes in frequency, differences between genders, and a role of immigrants, 16th International Conference on Bear Research and Management,   2005年
Tree rubbing by Hokkaido brown bears (Ursus arctos yesoensis), 9th International Congress of Mammalogy,   2005年
マイクロサテライトDNAを用いたヒグマの農地侵入個体の識別と生息地利用, 日本森林学会,   2005年
マツノマダラカミキリ成虫日齢の推定-生存期間と大顎の摩耗-, 日本森林学会,   2005年
北海道東部地域におけるエゾシカ狩猟残滓の分布状況と野生動物による利用, 日本生態学会,   2005年
ヒグマに食害を受けたビート圃場の立地条件, 日本哺乳類学会,   2004年
野生動物によるエゾシカ残滓の利用実態, 日本哺乳類学会,   2004年
ヒグマの食性-地域による違いと年変動-, 日本哺乳類学会,   2004年
神奈川県逗子市におけるタイワンリスCallosciurus erythraeusの食性, 森林野生動物研究会,   2004年
ミズナラ堅果の豊凶がヒグマによる農作物食害におよぼす影響, 日本森林学会,   2004年
Beauveria bassiana培養不織布製剤による野外におけるマツノマダラカミキリ羽化成虫駆除試験, 日本林学会,   2004年
ヘアトラップによる体毛回収とDNA個体識別を用いたクマ類の個体数推定の現状と課題, 日本哺乳類学会,   2003年
ヒグマの背擦り, 日本哺乳類学会,   2002年
シカ防護柵がエゾシカの越冬地を変える?-樹皮被食木まきこみ年輪からの推測-, 日本林学会,   2002年
北海道東部浦幌地域におけるヒグマのエゾシカ採食割合の増加, 日本生態学会,   2002年
北海道東部で大規模敷設中のシカ防除柵がエゾシカの季節異動に及ぼす影響, 日本哺乳類学会,   2001年
Changes in the diet and habitat use of brown bears in Urahoro, Hokkaido, Japan, International Conference on Bear Research and Management,   2001年
浦幌町におけるヒグマの生活の過去20年間の変化, 日本生態学会,   2001年
野生のヒグマの体毛回収,DNA個体識別に基づく個体数と行動圏の推定, 日本哺乳類学会,   2000年
北海道浦幌地域におけるヒグマの食性の変化-1970年代と1990年代の比較-, 日本哺乳類学会,   1999年
Seasonal changes in the diet of Hokkaido brown bears ―An analysis of their stomach contents―, International Conference on Bear Research and Management,   1998年
大雪山国立公園黒岳地域におけるヒグマの生態調査 その3 雌ヒグマの行動パターンに対する子の影響, 日本哺乳類学会,   1997年
大雪山国立公園黒岳地域におけるヒグマの生態調査 その2 ヒグマの食性と採食資源の関係について, 日本哺乳類学会,   1997年
大雪山国立公園黒岳地域におけるヒグマの生態調査 その1 調査方法およびヒグマの利用状況についての概要, 日本哺乳類学会,   1997年
6年分の捕獲個体の胃内容物に見るエゾヒグマの食性-エゾシカ個体数の増加と関連して-, 日本哺乳類学会,   1997年
エゾヒグマにおける歯根部年輪法による年齢査定の正確性の検討, 日本哺乳類学会,   1996年

作品

国後島・択捉島産の白いヒグマに関する保全生物学的研究,   2010年 - 2011年

MISC

5.効率的,長期的な分布把握手法の検討, 中島亜美・佐藤喜和・中下留美子・坪田敏男, 日本クマネットワーク(編)「ツキノワグマおよびヒグマの分布域拡縮の現況把握と軋轢防止および危機個体群回復のための支援事業」報告書,   2014年03月
3-1.阿寒白糠地域, 佐藤喜和・根本唯・園原和夏・瀧口さやか・中村秀次, 日本クマネットワーク(編)「ツキノワグマおよびヒグマの分布域拡縮の現況把握と軋轢防止および危機個体群回復のための支援事業」報告書,   2014年03月
2-1.全国のクマ分布の概要,過去との比較, 佐藤喜和・中下留美子・坪田敏男・中島亜美, 日本クマネットワーク(編)「ツキノワグマおよびヒグマの分布域拡縮の現況把握と軋轢防止および危機個体群回復のための支援事業」報告書,   2014年03月
森の中の伝言板-ヒグマの背擦り., 佐藤 喜和, モーリー, (31) 30 - 31,   2013年06月, 招待有り
平成23年度第2回企画展報告「国後・択捉の白いヒグマ」, 佐藤 喜和, 日本大学生物資源科学部博物館報, (21) 14 - 113,   2012年06月, 招待有り
都市農業地域における電気柵を用いたブドウ園へのハクビシン侵入防御策, 瀧口さやか・佐藤喜和, 果実日本, 64, (7) 98 - 101,   2009年, 招待有り
研究テーマと取り組み方に関する提言., 佐藤喜和・中下留美子・小池伸介, JBN緊急クマシンポジウム&ワークショップ報告書-2006年ツキノワグマ大量出没の総括とJBNからの提言-,   2007年
ヒグマによる被害増加の背景と保護管理, 佐藤喜和, ビオストーリー, 5,   2006年, 招待有り
北海道のヒグマの分布, 佐藤喜和, モーリー, (13) 45 - 47,   2005年, 招待有り
北方領土のヒグマ.択捉島陸上生態系調査から., 間野 勉・山中正実・片山敦司・佐藤喜和, モーリー, (8) 74 - 81,   2003年08月, 招待有り
ヒグマ捕獲個体の分析(3)捕獲個体の胃内容分析調査., 佐藤喜和・間野勉, ヒグマ・エゾシカ生息実態調査報告書 Ⅳ. 北海道環境科学研究センター, 札幌,   2000年03月, 招待有り

受賞

  2008年, 日本哺乳類学会奨励賞

競争的資金

日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), 分布周縁部のアトラクティブ・シンク化がヒグマ個体群および人間社会に及ぼす影響, 佐藤 喜和
日本学術振興会, 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究, 自然科学と社会科学の融合による都市の環境共生と野生動物管理の調和的実現への挑 戦, 佐藤 喜和
日本学術振興会, 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究, 毛色変異の適応的意義-国後島・択捉島にのみ生息する白いヒグマによる検証の試み, 佐藤 喜和
酪農学園大学, 学内共同研究助成, 生物多様性の違いがヒグマの生態におよぼす影響:大陸と島の比較, 佐藤 喜和
公益財団法人 秋山記念生命科学振興財団, 研究助成(一般), 国後島における白いヒグマの毛色パタンが採餌行動におよぼす効果の解明, 佐藤 喜和
日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), ヒグマ個体群のアトラクティブ・シンク現象解明とモニタリングおよび被害管理への応用, 佐藤 喜和
三井物産, 三井物産環境助成, 国後島・択捉島産の白いヒグマに関する保全生物学的研究, 佐藤 喜和
日本学術振興会, 科学研究費補助金  若手研究(B), ソース・シンクモデルによるヒグマ個体群の構造・遺伝子流動の解明と被害管理への応用, 佐藤 喜和
日本大学, 日本大学学術研究助成, ヒグマの背擦り行動の意義の解明と生息数モニタリングへの応用, 佐藤 喜和
ヒグマの生態と保護管理
日本大学, 日本大学学術研究助成, ヒグマの生息地適性からみた手入れの異なる人工林の比較, 佐藤 喜和
日本学術振興会, 科学研究費補助金  若手研究(B), 強度駆除圧を受けるヒグマ地域集団の維持機構に関する研, 佐藤 喜和
ハクビシン・アライグマによる果樹園被害防止に関する研究, 応用基礎分類:応用的
日本大学, 日本大学学術研究助成, 広葉樹液果・核果類の種子分散者としてのヒグマの役割, 佐藤 喜和, 応用基礎分類:どちらかといえば基礎的
北方四島の白いヒグマに関する保全生物学的研究
日本大学, 日本大学学術研究助成, 都市緑地における外来種アライグマの生態および在来種タヌキへの影響に関する研究, 佐藤 喜和


教員総覧