農食環境学群・環境共生学類
教員 金子正美 カネコ マサミ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2020/08/06

研究者基本情報

氏名

金子正美
カネコ マサミ

所属(マスタ)

農食環境学群・環境共生学類, 教員

所属・職名

農食環境学群環境共生学類
教授

学位

学術修士, 北海道大学

研究活動情報

研究分野

環境・農学, 生物資源保全学
環境・農学, 環境政策、環境配慮型社会
環境・農学, 環境影響評価
ライフサイエンス, 獣医学
ライフサイエンス, 獣医学
ライフサイエンス, 獣医学
ライフサイエンス, 森林科学
ライフサイエンス, 生態学、環境学

研究キーワード

植物,
生態学,
リモートセンシング,
国際情報交換,
GIS情報,
環境変化,
野生生物,
潜在生息確率,
個体群動態,
fen meadow,
環境分析,
クチジロジカ,
河川の直線化,
奄美大島,
節足動物,
PCR,
東アジア,
アカシカ,
degenerateプライマー,
生物多様性保全,
自然保護,
前田一歩園,
グラフレイアウトプログラム,
地理情報システム,
エントロピー,
琉球列島,
ジュゴン,
海草,
生息環境の分断,
河川の蛇行,

論文

大雪山五色ヶ原におけるチシマザサ拡大域の地形的特徴の解析と潜在的に拡大しやすい立地の抽出, 雨谷 教弘, 金子 正美, 日本リモートセンシング学会誌, 日本リモートセンシング学会誌, 38, (5) ,   2018年11月, 査読有り
Studies on the Forest Dieback Phenomenon in a Semi-Arid Region Using Remotely Sensed Data, Buho Hoshino, Takashi Sasamura, Atsuko Sugimoto, Tserenochir Tserendulam、Uuganbayar Ganbold、Christopher McCarthy, Masami Kaneko, IEEE Explore, IEEE Explore,   2018年07月, 査読有り
キナバル国立公園の森林保護区外における森林の分布と林分状況に関する報告, 松山周平, 橋本寛治, 西村一也, 三田岳, 金子正美, Charles Santhanaraju Vairappan, 酪農学園大学紀要, 酪農学園大学紀要, 42, (2) ,   2018年03月
2013年に発生した台風Haiyanによるフィリピンセブ島カヤム村の被害状況と酪農学園大学による復興支援, 金子正美, 金子正美・遠井朗子・森夏節・藤井創・澤館隆宏・Vicsha Lauron, 金子正美・遠井朗子・森夏節・藤井創・澤館隆宏・Vicsha Lauron, 42, (2) 127 - 133,   2018年03月
マレーシア,サバ州キナバタンガン川下流域における水質の現状と課題, 中谷暢丈, 森島優, 小菅千絵, Rosli Jukrana, Pak Yan Moh, 金子正美, 酪農学園大学紀要, 酪農学園大学紀要, 42, (2) 115 - 125,   2018年03月
ドローンを活用した営農支援・圃場管理を目指して, 金子正美, 地域開発誌, 地域開発誌, 620, 31 - 34,   2017年07月
北海道の地域優先課題に即した5つの目標達成, 金子正美, NPO法人さっぽろ自由学校「遊」 SDGsの北海道の地域目標をつくろう, NPO法人さっぽろ自由学校「遊」 SDGsの北海道の地域目標をつくろう, 34 - 35,   2017年03月
Seasonal dry-down rates and high stress tolerance promote bamboo invasion above and below treeline, Daniel E. Winkler, Yukihiro Amagai, Travis E. Huxman, Masami Kaneko, Gaku Kudo, PLANT ECOLOGY, PLANT ECOLOGY, 217, (10) 1219 - 1234,   2016年10月
空間計測技術を活用した作物の生育管理, 金子正美, 小川健太, 鎌形哲稔, 土木技術, 土木技術, 71, (10) 52 - 57,   2016年10月
自然環境分野におけるGIS活用, 金子正美, 月刊「地理」4月号, 月刊「地理」4月号, 730, (61) 33 - 41,   2016年03月
釧路湿原におけるエゾシカよる湿地林の生息地利用, 日野 貴文, 吉田 遼人, 五十嵐 守, 佐藤 温貴, 村井 拓成, 立木 靖之, 赤松 里香, 橋本 寛治, 小川 健太, 金子 正美, 吉田 剛司, 日本森林学会第127回大会, 日本森林学会第127回大会,   2016年03月
Habitat-specific responses of shoot growth and distribution of alpine dwarf-pine (Pinus pumila) to climate variation, Yukihiro Amagai, Masami Kaneko, Gaku Kudo, ECOLOGICAL RESEARCH, ECOLOGICAL RESEARCH, 30, (6) 969 - 977,   2015年11月, 査読有り
REDD+推進にむけた森林リモートセンシング技術研修の設計と実施 : 酪農学園大学での研修事例から, 吉村 暢彦, 日野 貴文, 金子 正美, 星野 仏方, 小川 健太, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 40, (1) 35 - 45,   2015年10月
K-002 マッピングを用いた授業評価(K分野:教育工学・福祉工学・マルチメディア応用,一般論文), 森 夏節, 金子 正美, 皆川 雅章, 情報科学技術フォーラム講演論文集, 情報科学技術フォーラム講演論文集, 13, (3) 371 - 374,   2014年08月
台湾における外来種ギンネム(Leucaena leucocephala)の急速な拡大と撹乱に関する研究, 陳 建璋, 星野 仏方, Alistair S JUMP, 金子 正美, 陳 朝, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 38, (2) 101 - 109,   2014年04月
大学キャンパスにおける環境保全活動と連携した実践教育とテキスト作成, 日野 貴文, 窪田 千穂, 杉浦 晃介, 金子 正美, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 38, (2) 119 - 126,   2014年04月
空間情報を用いた高山帯の植生変化と環境変動のセンサス (山岳生態系の生物多様性と気候変動 : 実態把握と将来予測に向けて), 金子 正美, 星野 仏方, 雨谷 教弘, 国際環境研究協会 地球環境, 国際環境研究協会 地球環境, 19, (1) 13 - 21,   2014年, 査読有り
「キナバタンガン川下流域の生物多様性保全のための住民参加型村おこしプロジェクト」の概要と成果, 金子 正美, 小菅 千絵, 中谷 暢丈, 吉田 剛司, 蒔田 浩平, 赤松 里香, 伊藤 美和子, 峯藤 裕司, Rosli JUKRANA, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 38, (1) 37 - 45,   2013年10月
中国内モンゴル自治区におけるボランティアによる沙漠緑化活動 : ─酪農学園大学の取り組みを例として─, 小田 玲実, 趙 明宇, 星野 仏方, 金子 正美, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 38, (1) 47 - 55,   2013年10月
マレーシア,サバ州におけるパームプランテーションがキナバタンガン川の水質に与える影響, 真木 知穂, 芦野 友理奈, 峯藤 裕司, 吉田 剛司, 金子 正美, 中谷 暢丈, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 37, (2) 139 - 146,   2013年04月
ELUCIDATIVE MECHANISM OF THE RECESSION OF ALPINE PLANTS AND THE INVASION OF DWARF BAMBOO KURILENSIS IN THE TAISETSU MOUNTAINS, Buho Hoshino, Gaku Kudo, Masami Kaneko, Hidehisa Taniuchi, Tetsuo Yabuki, 2013 IEEE INTERNATIONAL GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING SYMPOSIUM (IGARSS), 2013 IEEE INTERNATIONAL GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING SYMPOSIUM (IGARSS), 1, (2013) 2778 - 2781,   2013年, 査読有り
衛星追跡によるチベットアンテロープ(Pantholops hodgsonii)の季節移動に対する鉄道の影響について : 生物多様性保全のための野生動物と家畜の両立を目指して, 仲澤 峻, 劉 楚光, マナエワ カリーナ, 星野 仏方, 伊吾田 宏正, 吉田 剛司, 金子 正美, 梶 光一, 姜 兆文, 浅川 満彦, 本川 雅治, 亀山 哲, 大泰司 紀之, 増田 隆一, 馬合木堤 哈力克, 呉 暁民, スミヤ ガンゾリグ, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 37, (1) 61 - 70,   2012年10月
ESTIMATED SOIL MOISTURE IN VEGETATED AREA USING MULTITEMPORAL MULTIPOLARIZATION DATA, Buho Hoshino, Gaku Kudo, Masami Kaneko, Hidehisa Taniuchi, Hisae Iino, Tetsuo Yabuki, 2012 IEEE INTERNATIONAL GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING SYMPOSIUM (IGARSS), 2012 IEEE INTERNATIONAL GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING SYMPOSIUM (IGARSS), 654 - 657,   2012年, 査読有り
A Model Analysis for the Regime Shift under Climate Change in Alpine Vegetation, Tesuo Yabuki, Megumi Hashiguvhi, Gaku Kudo, Buho Hoshino, Masami Kaneko, Procceding of The International Conference on Environmental Science and Technology, Procceding of The International Conference on Environmental Science and Technology, 2011, (1) 1 - 7,   2011年10月, 査読有り
A NEW METHOD FOR ESTIMATION OF SOIL MOISTURE FROM PALSAR POLARIZATION DATA IN HIGH DENSITY VEGETATED AREA, B. Hoshino, G. Kudo, Y. Amagai, M. Kaneko, T. Yabuki, The 32nd Asian Conference on Remote Sensing, The 32nd Asian Conference on Remote Sensing, 3 - 7,   2011年10月
Invasion of dwarf bamboo into alpine snow-meadows in northern Japan: pattern of expansion and impact on species diversity, Gaku Kudo, Yukihiro Amagai, Buho Hoshino, Masami Kaneko, ECOLOGY AND EVOLUTION, ECOLOGY AND EVOLUTION, 1, (1) 85 - 96,   2011年09月, 査読有り
Preliminary study on migration pattern of the Tibetan antelope (Pantholops hodgsonii) based on satellite tracking, Hoshino Buho, Z. Jiang, C. Liu, T. Yoshida, Halik Mahamut, M. Kaneko, M. Asakawa, M. Motokawa, K. Kaji, X. Wu, N. Otaishi, Sumiya Ganzorig, R. Masuda, ADVANCES IN SPACE RESEARCH, ADVANCES IN SPACE RESEARCH, 48, (1) 43 - 48,   2011年07月, 査読有り
CLASSIFICATION OF CASI-3 HYPERSPECTRAL IMAGE BY SUBSPACE METHOD, Buho Hoshino, Hasi Bagan, Akihiro Nakazawa, Masami Kaneko, Masaki Kawai, Tetuo Yabuki, 2011 IEEE INTERNATIONAL GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING SYMPOSIUM (IGARSS), 2011 IEEE INTERNATIONAL GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING SYMPOSIUM (IGARSS), 2011, (1) 724 - 727,   2011年, 査読有り
Investigation on the water stress in alpine vegetation using Hyperspectral Sensors, Buho Hoshino, Gaku Kudo, Tetsuo Yabuki, Masami Kaneko, Sumiya Ganzorig, IEEE Xplore, IEEE Xplore, 2009, (1) 554 - 556,   2009年, 査読有り
WebGISを用いた野生動物目撃情報登録システムの開発, 山根正伸, 鈴木透, 笹川裕史, 雨宮有, 羽太博樹, 金子正美, 第17回地理情報システム学会講演論文集, 第17回地理情報システム学会講演論文集, 501 - 504,   2008年, 査読有り
Extended Subspace Method for Remote Sensing Image Classification., Hasi Bagan, Wataru Takeuchi, Buhe Aosier, Masami Kaneko, Xiaohui Wang, Yoshifumi Yasuoka, IEEE International Geoscience & Remote Sensing Symposium, IGARSS 2008, July 8-11, 2008, Boston, Massachusetts, USA, Proceedings, IEEE International Geoscience & Remote Sensing Symposium, IGARSS 2008, July 8-11, 2008, Boston, Massachusetts, USA, Proceedings, 927 - 930,   2008年, 査読有り
19pRH-4 エントロピー多様性指標を用いた河川の蛇行多様性の評価(環境物理(総論・エネルギー・資源・エコマテリアル・環境評価・環境技術・環境政策・環境教育・環境史),領域13,物理教育,物理学史,環境物理), 矢吹 哲夫, 岩館 智寛, 福島 路生, 金子 正美, 亀山 哲, 日本物理学会講演概要集, 日本物理学会講演概要集, 62, (0) 378 - 378,   2007年, 査読有り
Comparison of NDVI of ground measurement, atmospheric corrected ASTER LIB data and ASTER surface reflectance product,(AST07) data, Buhe Aosier, Masami Kaneko, Masayuki Takada, IGARSS: 2007 IEEE INTERNATIONAL GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING SYMPOSIUM, VOLS 1-12, IGARSS: 2007 IEEE INTERNATIONAL GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING SYMPOSIUM, VOLS 1-12, 1806 - +,   2007年, 査読有り
Land cover of oases and forest in XinJiang, China retrieved from ASTER data, Aosier Buhe, K.Tsuchiya, M.Kaneko, N.Ohtaichi, Mahmut Halik, Advances in Space Reserch, Advances in Space Reserch, 39, (1) 39 - 45,   2007年, 査読有り
Extraction of Poplar(Populus euphratica) Forest and Tamaric(Tamarix taklamakanensis) Bushes in Taklamakan Desert Using Terra/ASTER Data, BUHE Aosier, M.KANEKO, N.OHTAISHI, MAHAMUT Halik, K. TSUCHIYA, Journal of Arid Land Studies, Journal of Arid Land Studies, 15, (4) 391 - 397,   2006年, 査読有り
自然再生事業を支援する統合自然環境GISの構築-神奈川県丹沢大山総合調査の取り組みから-, 山根正伸, 笹川裕史, 吉田剛司, 鎌形哲稔, 雨宮有, 鈴木透, 金子正美, 原慶太郎, 第14回地理情報システム学会講演論文集, 第14回地理情報システム学会講演論文集, 589 - 592,   2005年, 査読有り
Comparison of image data acquired with AVHRR, MODIS, ETM+ and ASTER over Hokkaido, Japan, Buheaosier, K. Tsuchiya, M. Kaneko, S.J. Sung, Advances in Space Research, Advances in Space Research, 32, (11) 2211 - 2216,   2003年12月, 査読有り
Salmonid habitat in relation to spatial patterns of pool-riffle sequences, M Fukushima, D Yoshikawa, T Suzuki, M Kaneko, D Liu, INTERNATIONAL ASSOCIATION OF THEORETICAL AND APPLIED LIMNOLOGY, VOL 28, PT 4, PROCEEDINGS, INTERNATIONAL ASSOCIATION OF THEORETICAL AND APPLIED LIMNOLOGY, VOL 28, PT 4, PROCEEDINGS, 28, 1908 - 1911,   2003年, 査読有り
GIS・リモートセンシングを用いた生態系保全のための都市域孤立林の評価・解析 札幌市街地におけるアカゲラの繁殖可能地抽出:札幌市街地におけるアカゲラの繁殖可能地抽出, 亀山 哲, 小高 信彦, 金子 正美, 小野 理, 日本リモートセンシング学会誌, 日本リモートセンシング学会誌, 18, (1) 65 - 69,   1998年, 査読有り
北海道の現存湿原リスト, 冨士田 裕子, 高田 雅之, 金子 正美, 北海道の湿原の変遷と現状の解析?湿原の保護を進めるために?, 北海道の湿原の変遷と現状の解析?湿原の保護を進めるために?, 3 - 14,   1997年
Correction of NDVI calculated form ASTER L1B and ASTER(AST07) data based on ground measurement, Hoshino Buho, Masami Kaneko, Kenta Ogawa, Advances in Geoscience and Remote Sensing, Advances in Geoscience and Remote Sensing, 45 - 56

書籍等出版物

みんなでつくろう!花マップ 北海道フラワーソン2017レポート, 小川巌, 金子正美, 渡辺修, 矢萩学, 共編者(共編著者), 公益財団法人北海道野生動物基金,   2017年10月

講演・口頭発表等

市町村のSDGsを評価する市町村SDGsカルテの作成, 金子 正美, 中部大学国際GISセンター 問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 2019年度成果報告会,   2020年02月13日
農業分野でのGISやリモートセンシング等の先端技術の活用, 金子 正美, 令和元年度科学技術振興に関する「釧路地域懇談会」,   2019年09月03日, 招待有り
GISの基礎的な使い方1, 金子 正美, 2019年度JICA課題別研修「気候変動に対する順応的流域管理(適応策)「災害リスク削減と生態系保全」,   2019年07月22日
GISを活用したボルネオの生物多様性保全活動, 金子 正美, 認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパン主催イベント,   2019年07月28日, 招待有り
大規模林野火災におけるドローンとリアルタイムGIS活用による対応の効率化と安全性向上, 金子 正美, 小川 健太, 消防防災科学技術研究推進制度 平成30年度終了研究課題 成果報告会,   2019年07月03日, 招待有り
自然環境保全のためのデータベース, 金子 正美, 2019年度JICA課題別研修「森林リモートセンシング」,   2019年05月27日
持続可能な社会を目指して~SDGsってなんだろう、具体的な行動に移すためには~, 金子 正美, 滝川高校オープンスクールでの自然・環境出前講座,   2019年06月15日, 招待有り
平成30年北海道胆振東部地震におけるEMT活動について, 小野 貴司, 小川 健太, 金子 正美, 日本写真測量学会北海道支部 令和元年度春季特別講演会,   2019年06月07日, 招待有り
蚊媒介性感染症対策におけるシチズンサイエンスの可能性 -市民参加型媒介蚊モニタリングのモデル構築の試み-, 斉藤美加;Khew Ee Hung, 金子正美, 森田智代, 島袋美由紀, 高橋そよ, 第54回日本脳炎ウイルス生態学研究会,   2019年05月
『きたカルテ』についての講演及び総合討論, 金子 正美, 自然保護助成基金設立25周年記念イベント北海道の環境保全活動データベース『きたマップ』公開記念シンポジウム,   2019年04月13日, 招待有り
The Information System for Agriculture and Environment Conservation using GIS and Remote Sensing Technology in Hokkaido, Japan, 金子正美, Small Islands research center of Universiti Malaysia Sabah,   2018年12月20日, 招待有り
International cooperation in environment conservation and deep internship programs of RGU and NPUST, 金子正美, 2018 9th Conference on Tropical Forestry – Forest Sustainable Development and Bioconservaion Strategy,   2018年11月16日, 招待有り
地図から見るバードの道, 金子正美, イザベラ・バードの道を辿る会「写真でたどるバードの道シンポジウム」,   2018年11月10日, 招待有り
バードの足跡からから見る地域景観, 金子正美, とうほく街道会議第14回交流会山形大会,   2018年11月09日, 招待有り
北海道胆振東部地震の被災面積の推定, 小野 貴司, フルカワ フラビオ, 小川 健太, 金子 正美, 日本写真測量学会北海道支部 平成30年度秋季特別講演会レーザ計測特集,   2018年10月26日, 招待有り
厚真町周辺土砂崩れ被害面積は少なくとも35平方キロ, 金子正美, 小野貴司, NHK室蘭局ニュース,   2018年10月25日, 招待有り
サテライトデータによる北海道産業ソリューション~人工衛星データ x 酪農業~, 金子正美, No Maps,   2018年10月12日, 招待有り
北海道におけるサテライトデータの先進活用, 金子正美,   2018年10月12日, 招待有り
A Model Analysis for the Regime Shift in Alpine Vegetation, 金子正美, INTERNATIONAL CONFERENCE ON ECOLOGICAL SCIENCESAt: Rennes,   2018年10月
Survey 123講習会, 金子正美, 第11回 GISコミュニティフォーラム in 北海道,   2018年09月26日, 招待有り
酪農学園大学などのグループ復興に向け地図作成へ, 金子正美, 小野貴司, NHK室蘭放送局 ほっとニュースいぶり・ひだか,   2018年09月25日, 招待有り
「自然環境分野のGISの活用」, 金子正美, 北海道地理空間フォーラムin札幌,   2018年07月19日, 招待有り
2018年度JICA課題別研修「気候変動に対する順応的流域管理(適応策)「GIS講習」 における講義, 金子正美, 2018年度JICA課題別研修「気候変動に対する順応的流域管理(適応策),   2018年06月25日, 招待有り
2018年度 (課題別研修)「生物多様性保全のためのGIS・リモートセンシングを利用した情報システム及び住民参加型保全」に係る講義「生物多様性保全のためのGIS」, 金子正美, 2018年度 (課題別研修)「生物多様性保全のためのGIS・リモートセンシングを利用した情報システム及び住民参加型保全」,   2018年06月07日, 招待有り
GISを活用した石狩川における礫河原減少の解析, 小野寺 翼, 金子 正美, 写真測量学会北海道支部「平成29年度 第36回学術講演会」,   2018年03月15日
大雪山系における衛星画像を用いたハイマツとチシマザサ 分布変化の定量化と将来予測, 雨谷教弘, 金子正美, 工藤岳(北, 久保雄広, 小熊宏之, 第65回日本生態学会,   2018年03月07日
マレーシア・ボルネオ島の自然環境問題と酪農学園大学の活動, 金子正美, Y's札幌北クラブの新年合同例会,   2018年01月08日, 招待有り
マレーシアの文化、自然、生活について, 金子正美, 北野小学校講演,   2017年12月13日, 招待有り
マレーシアの生活, 金子正美, 2017年度JICA教師海外研修(北海道・マレーシア),   2017年11月26日, 招待有り
沖縄島における地理情報によるデングウイルス感染のリスク評価, 川村真也, 斉藤美加, 金子正美, 第58回 日本熱帯医学会大会,   2017年11月26日
酪農学園大学のGIS・リモートセンシング技術を活用した教育・研究・社会貢献活動の概要, 金子正美, 第63回日本リモートセンシング学会学術講演会,   2017年11月21日, 招待有り
北海道における農業、環境分野へのGISの活用, 金子正美, 特定非営利活動法人日本情報技術取引所(JIET)北海道支部情報交換会,   2017年11月17日, 招待有り
みんなでつくる「えべつ未来マップ」, 金子正美, えべつ市民環境講座,   2017年09月27日
GISを活用した参加型環境・野生動物モニタリングと地域開発(JICA草の根協力、サバ州ケーススタディ), 金子正美, 2017年度JICA課題別研修「保護地域の協働管理を通じた持続的な自然資源管理」,   2017年09月26日, 招待有り
Risk Assessment of Dengue Virus Infection in Humans Based on Geographical Information on Okinawa Island, Japan, Shin’ya KAWAMURA, Mika SAITO, Masami KANEKO, The 12th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography. 25th August.2017. Jeju university, Jeju, South Korea,   2017年08月25日
マレーシアボルネオ島における地域住民による生物多様性保全の取り組み, 金子正美, 公益財団法人北海道新聞野生動物基金出前講座,   2017年08月01日, 招待有り
自然環境情報の共有と公開のあり方, 金子正美, 平成29年度 「野生生物と社会」学会 行政研究部会主催セミナー「希少種保全を巡る情報の共有と公開―行政の役割」,   2017年07月23日, 招待有り
生物多様性保全のためのGIS, 金子正美, 2017年度 (課題別研修)「生物多様性保全のためのGIS・リモートセンシングを利用した情報システム及び住民参加型保全」,   2017年06月01日, 招待有り
地図が導く蚊媒介感染症研究-地理情報システムで何が出来るか-, 川村真也, 金子正美, 第52回 日本脳炎ウイルス生態学研究会,   2017年05月20日
SDGsと北海道の生物多様性保護, 金子正美, 公開シンポジウム「気候変動の中での(植物)生態系へのマクロ、ミクロからの考察(光合成、植物進化までを視座に置いて)」,   2017年02月20日, 招待有り
DigitalGlobeFundationとの協定と酪農学園大学の今後のGISの方向, 金子正美, 日本写真測量学会北海道支部,   2017年02月14日, 招待有り
空と歴史から見た北海道, 金子正美, 北海道新聞野生生物基金環境出前講座2017 うらかわカレッジ成人大学講座,   2017年02月12日, 招待有り
違いを空から見る~農業で使える画像技術, 金子正美, 農業分野IoT利活用セミナー ~農業とIoTとの親和性を探る~,   2017年02月12日, 招待有り
生物多様性の保全とRCE北海道道央圏の活動, 金子正美, 日本学術会議北海道地区会議学術講演会,   2017年02月11日, 招待有り
北海道における空間情報の解析と公開, 金子正美, NTT空間情報株式会社主催「第5回空間情報エゲゼクティブセミナー」,   2016年10月05日
REDD+におけるリモートセンシング・GISの活用~途上国にとって持続的なシステムを目指して~, 金子正美, JICA公開ワークショップ,   2016年04月28日, 招待有り
大規模林野火災におけるドローンとリアルタイムGIS活用による対応の効率化と安全性向上~現場で必要とされる情報について~, 小野貴史, 金子正美, 小川健太, 日本写真測量学会北海道支部,   2014年02月14日, 招待有り

MISC

市町村のSDGsを評価する市町村SDGsカルテの作成, 金子 正美, 中部大学国際GISセンター 問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 2019年度成果報告会,   2020年02月, 招待有り
北海道の環境とSDGs, 金子 正美, モーリー, (54) 56 - 57,   2019年12月
市民のためのGISを活用した情報共有システムの開発, 金子 正美, 開発公営NOTE, (27) 2 - 3,   2019年11月, 招待有り
農業分野でのGISやリモートセンシング等の先端技術の活用, 金子 正美, 令和元年度科学技術振興に関する「釧路地域懇談会」,   2019年09月
酪農学園が取り組むSDGs(持続可能な開発目標)と青年海外協力隊, 金子正美, 健土健民 酪農学園後援会会報, (116) 2 - 3,   2019年07月15日
島のアカネズミApodemus speciosusに寄生する線虫の分布情報に関するGIS的解析, 鈴木透, 坂田金正, 金子正美, 浅川満彦, 酪農学園大学紀要 別刷, 44,   2019年07月05日
ISを活用したボルネオの生物多様性保全活動, 金子 正美, 認定NPO法人ボルネオ保全トラストジャパン主催イベント,   2019年07月
大規模林野火災におけるドローンとリアルタイムGIS活用による対応の効率化と安全性向上, 金子 正美, 小川 健太, 消防防災科学技術研究推進制度 平成30年度終了研究課題 成果報告会,   2019年07月
平成30年北海道胆振東部地震におけるEMT活動について, 小野 貴司, 小川 健太, 金子 正美, 日本写真測量学会北海道支部 令和元年度 春季特別講演会,   2019年06月
蚊媒介性感染症対策におけるシチズンサイエンスの可能性 -市民参加型媒介蚊モニタリングのモデル構築の試み-, 斉藤美加;Khew Ee Hung, 金子正美, 森田智代, 島袋美由紀, 高橋そよ, 第54回日本脳炎ウイルス生態学研究会抄録,   2019年05月
『きたカルテ』についての講演及び総合討論, 金子 正美, 自然保護助成基金設立25周年記念イベント北海道の環境保全活動データベース『きたマップ』公開記念シンポジウム,   2019年04月
イザベラ・バードがみた明治の北海道の道~歴史の道を復元しエコツアーで地域振興~, 金子正美, 月刊誌「道路」8月号, 929,   2018年08月, 招待有り
プロジェクト研究の紹介 酪農学園大学農業環境情報サービスセンターの設立と地域連携, 金子 正美, 小川 健太, グリーンテクノ情報, 7, (2) 34 - 38,   2011年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019035486
山岳生態系における植生変動の定量化に関する研究 : ─北海道大雪山系五色ヶ原を例として, 星野 仏方, 工藤 岳, 米森 舞乃, 雨谷 教弘, 金子 正美, 矢吹 哲夫, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 35, (1) 47 - 53,   2010年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007722014
日本における自然環境調査の概要とギャップ分析による生物多様性保全への取り組み (特集 世界に伝える日本の自然共生), 金子 正美, 鈴木 透, 中谷 曜子, 環境研究, (158) 56 - 68,   2010年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017286254
「農業環境情報サービスセンター」の設立構想と役割--環境と共生した循環型農業の実現に向けて (特集 酪農学園大学の新しい農業普及事業), 金子 正美, 小川 健太, 酪農ジャ-ナル, 63, (1) 32 - 35,   2010年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016957379
多時期の空中写真を用いたブナ林の長期的変化の評価手法に関する研究, 鈴木 透, 山根 正伸, 笹川 裕史, 金子 正美, 地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association, 18,   2009年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027161169
青海チベット鉄道を横断するチルーの行動パターン, 井田 憲吾, 星野 仏方, 梶 光一, 伊吾田 宏正, 金子 正美, Ganzorig S, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 34, (1) 35 - 46,   2009年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007348823
リモートセンシングを用いた内モンゴルの草原における柵内・外の土地の退化に関する比較研究, 星野 仏方, 金子 正美, 松中 照夫, 石井 智美, 嶋田 義仁, 小野 智郁, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 34, (1) 15 - 22,   2009年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007348827
北海道の自然環境の違いによる乳質への影響について, 加藤 勲, 勝田 健司, 熊野 康隆, 金子 正美, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 33, (2) 293 - 300,   2009年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007076422
野生鳥類の寄生蠕虫類を対象にした地理情報システム(GIS)を用いた空間疫学的解析の一例, 吉野 智生, 長 雄一, 遠藤 大二, 金子 正美, 高田 雅之, 田村 豊, 大沼 学, 桑名 貴, 浅川 満彦, 日本生物地理學會會報 = Bulletin of the Bio-geographical Society of Japan, 63,   2008年12月20日, http://id.ndl.go.jp/bib/9789419, Spatial epidemiological analysis of parasitic helminths obtained from Anseriformes birds was conducted by the K function method with 417 individual birds collected in Hokkaido, Japan. All analysis was carried out using spatial analyzing module, S+SpatialStats. Recently, spatial epidemiological analysis of infectious agents has been performed in human medicine, but there had hitherto been no trial in the wildlife medical field. 北海道内のカモ目鳥類417個体の死体から得られた寄生蠕虫類についてK関数法を用い空間疫学的な分析を実施した。特に,本解析では緯度・経度を空間情報としてS+SpatialStatsの関数を用いた。医学領域ではヒトに感染する病原体に関しての試みがあるのみで,野生種を用いた検討は本研究が初めてであることから,今後,保全医学分野での応用が期待される。
Zigbee を用いた野生動物農業被害防除システムの検討, 伊吾田 宏正, 鈴木 透, 金子 正美, 星野 仏方, 吉田 剛司, BUHE Aosier, 地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association, 17,   2008年10月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025768786
地形図を利用した湿原面積の推定, 金子 正美, 鈴木 透, 中谷 曜子, 小野 貴司, 地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association, 17,   2008年10月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025768807
北海道におけるGISを活用した自然環境情報の共有化と情報公開, 金子 正美, 鈴木 透, 田中 克佳, 吉村 暢彦, 立木 靖之, BUHEAOSIER, 長 雄一, 地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association, 16,   2007年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019960099
乾燥地域の環境と農業 : アジアの乾燥地域の農業、その環境と生活を考える, 金子 正美, 沙漠研究 : 日本沙漠学会誌, 17, (2) 69 - 70,   2007年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019757444
環境省環境技術開発等推進費 野生鳥類の大量死の原因となり得る病原体に関するデータベースの構築 (特集 環境問題としての感染症), 長 雄一, 金子 正美, 浅川 満彦, 全国環境研会誌, 32, (4) 194 - 200,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015792950
野生鳥類の大量死の原因となり得る病原体に関する情報収集_-_蓄積_-_解析_-_公開システムの試作について, 長 雄一, 赤松 里香, 高田 雅之, 大橋 和彦, 岡崎 克則, 金子 正美, 遠藤 大二, 浅川 満彦, 坪田 敏男, 淺野 玄, 日本生態学会大会講演要旨集, 52, (0) 432 - 432,   2005年, 10.14848/esj.ESJ52.0.432.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902224973670112, 生態学会2004年大会において「野生鳥類の大量死リスク評価につながる病原体データベースの基本コンセプトについて」を発表し、病原体情報の収集分析のために、広域サンプリング_-_>病原体タイプの同定_-_>情報管理・蓄積_-_>情報解析_-_>情報公開及び活用といった基本的なコンセプト(設計図)を提示した。
本発表においては、これらのコンセプトに基づいたシステムの実際的な運用例等を示すとともに、2003年度に実施したサンプリングにより把握できた野生鳥類における病原体保有動態について中間的な報告を行う。また、実際に罹病あるいは死亡した個体に関する病原体(死因)情報のフォーマットや、「情報の共通化・共有化」等の具体的な運用面の問題についても述べる。さらに野生鳥類の移動_-_分散様式・病原体の伝播_-_発病様式・湖沼等の生息環境の空間構造・人間活動との相互作用を視野においた野生鳥類大量死発生予測モデリングについて手法検討を行う。
Female sika deer fidelity to migration route and seasonal ranges in eastern Hokkaido, Japan, Mayumi Sakuragi, Hiromasa Igota, Hiroyuki Uno, Koichi Kaji, Masami Kaneko, Rika Akamatsu, Koji Maekawa, Mammal Study, 29, (2) 113 - 118,   2004年, 10.3106/mammalstudy.29.113
釧路湿原の現状と自然再生事業の概要, 中村 太士, 中村 隆俊, 渡辺 修, 山田 浩之, 仲川 泰則, 金子 正美, 吉村 暢彦, 渡辺 綱男, 保全生態学研究, 8, (2) 129 - 143,   2003年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001888814, 釧路湿原の多様な生態系は, 様々な人為的影響を受けて, 劣化ならびに消失しつつある. 大きな変化である湿原の樹林化は, 流域上地利用に伴う汚濁負荷の累積的影響によって起こっていると推測される. 汚濁負荷のうち特に懸濁態の微細粒子成分(ウォッシュロード)は, 浮遊砂量全体の約95%にのぼる. 既存研究より, 直線化された河道である明渠排水路末端(湿原流入部)で河床が上昇し濁水が自然堤防を乗り越えて氾濫していることが明らかになっている. Cs-137による解析から, 細粒砂堆積スピードは自然蛇行河川の約3〜8倍にのぼり, 湿原内地下水位の相対的低下と土壌の富栄養化を招いている. その結果, 湿原の周辺部から樹林化が進行しており,木本群落の急激な拡大が問題になっている. また, 東部3湖沼の中でも達吉武沼流域では, 土壌侵食ならびに栄養足負荷の流入による達吉武沼の土砂堆積, 水質悪化が確認されており, 水生生物の種数低下が既存研究によって指摘されている.ここではNPO法人トラストサルン釧路と協働で, 自然環境漬報の集約にもとづく保全地域,再生地域の抽出を実施している. また, 伐採予定だったカラマツ人工林を買い取り, 皆伐による汚濁負荷の流出を防止し自然林再生に向けて検討をすすめている. 湿原南部には1960年代に農地開発されたあと, 放棄された地区も点在しており,広里地域もその一...
北海道自然再生の時代, 金子 正美, 開発こうほう, (475) 11 - 15,   2003年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005679365
Benefit of migration in a female sika deer population in eastern Hokkaido, Japan, Mayumi Sakuragi, Hiromasa Igota, Hiroyuki Uno, Koichi Kaji, Masami Kaneko, Rika Akamatsu, Koji Maekawa, Ecological Research, 18,   2003年, 10.1046/j.1440-1703.2003.00560.x
GPS首輪の評価とエゾシカへの適用, 伊吾田 宏正, 早稲田 宏一, 櫻木 まゆみ, 宇野 裕之, 梶 光一, 金子 正美, 赤松 里香, 前川 光司, 哺乳類科学, 42, (2) 113 - 121,   2002年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010814886, 2000年8,9月に北海道東部の異なる3環境(開放·平坦,閉鎖·平坦および閉鎖·起伏)において2種類のGPS(Global Positioning System)首輪(Televilt社製,G01-01011およびLotek社製,GPS1000)による位置測定能力の評価を行った.環境ごとの位置測定成功率は,Televilt社製でそれぞれ97%,45%,57%,Lotek社製で100%,97%,94%であった.Televilt社製の位置測定成功率は植生の影響を受けると考えられた.得られた位置データ中3次元データを取得できた割合は,3環境でそれぞれ55%,36%,18%(Televilt社製),97%,47%,66%(Lotek社製)であり,植生や地形の影響を受けると考えられた.Televilt社製の位置精度(平均値±標準偏差)は3環境間で違いはなく,全体ではTelevilt社製で48±32m, Lotek社製は35±30m であった.1999年3月に北海道東部の白糠丘陵でエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)メス1歳獣1頭にTelevilt社製の GPS首輪を装着して1年間追跡したところ,39点の位置データが得られ,データ取得率は5%であった.
湿原植生分類のためのリモートセンシング手法の研究--北海道釧路湿原の場合, 布和敖斯尓, 金子 正美, 高田 雅之, 北海道環境科学研究センター所報, (29) 53 - 58,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/80015865559
Comparison of diurnal and 24-hour sampling of habitat use by female sika deer, Mayumi Sakuragi, Hiromasa Igota, Hiroyuki Uno, Koichi Kaji, Masami Kaneko, Rika Akamatsu, Koji Maekawa, Mammal Study, 27, (2) 101 - 105,   2002年, 10.3106/mammalstudy.27.101
野幌森林公園周辺の緑地と土地利用の動向 : ─ランドサットTMデータを活用した野幌森林公園周辺の土地利用動向の分析─, 戸舘 吉彦, 村野 紀雄, 岡部 隆宏, 雫石 雅美, 金子 正美, 酪農学園大学紀要. 自然科学編, 25, (2) 305 - 310,   2001年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002970118
MODISプロダクトデータの幾何補正手法紹介および北海道の資源・環境評価への応用, 金子 正美, 石崎 英治, 亀山 哲, 北海道環境科学研究センター所報, (28) 21 - 29,   2001年, http://id.ndl.go.jp/bib/6259408
ランドスケープレベルにおける潜在的なハビタットを予測するためのモデリングの手法:北海道に生息するクマタカ(Spizaetus nipalensis)によるケーススタディー, 鈴木透, 金子正美, 前川光司, 国際景観生態学会日本支部会報, 6, (2) 53 - 56,   2001年
ランドスケープエコロジーのためのGISデータベース, 亀山哲, 鈴木透, 金子正美, 国際景観生態学会日本支部会報, 6, (3) 109 - 114,   2001年
「GIS・リモートセンシングを用いた生態系保全のための都市域孤立林の評価・解析」-札幌市市街地におけるアカゲラの繁殖可能地抽出-, 亀山 哲, 小高 信彦, 金子 正美, 小野 理, 日本リモートセンシング学会誌 = Journal of the Remote Sensing Society of Japan, 18, (1) 65 - 69,   1998年03月30日, http://id.ndl.go.jp/bib/4474844

受賞

  2018年06月, 環境省, 平成30年度環境保全功労者表彰, 小学校向け出前授業 「巨大空中写真に見る江別の環境」などの永年の活動を通じ市民の環境への気づきを促進、一人ひとりが自らの考えに基づき環境保全活動を推進するコミュニティの醸成に貢献した。
  2017年06月, 北海道, 平成29年度環境保全活動功労者表彰, 北海道では、環境保全推進のため長年にわたり献身的な活動を続け、その事績が顕著な個人または団体に対し、知事感謝状による表彰を行っています。平成29年度の被表彰者として、本学環境共生学類・環境GIS研究室(金子正美教授)が選ばれ、6月13日(火)に北海道庁において表彰式が行われました。
  2014年10月, (公財)水と緑の惑星保全機構内, いきものにぎわい活動コンテスト 公益財団法人 水と緑の惑星保全機構会長賞, マレーシアボルネオ島サバ州キナバタンガン川下流域の生物多様性保全のための住民参加型村おこしプロジェクトと環境教育の実践

競争的資金

独立行政法人国際協力機構, 課題別研修, 市場メカニズムを活用した持続的森林・自然資源管理
北海道農政部, 受託研究事業, GISを活用した地域課題共有手法の最適化研究
総務省, 消防防災科学技術研究推進制度, 大規模林野火災におけるドローンとリアルタイムGIS活用による対応の効率化と安全性向上
株式会社カネカ, 国内共同研究, グルタチオン施用効果に関する研究
公益財団法人北海道農業公社, 受託研究事業, GISリモートセンシング、ICTを用いた農用地開発設備業務の効率化手法の開発
国際航業株式会社, 国際航業株式会社連携講座, 空間情報応用学講座
総務省, 消防防災科学技術研究推進制度, 大規模林野火災におけるドローンとリアルタイムGIS活用による対応の効率化と安全性向上
一般社団法人トロピカルテクノプラス, 平成29年度沖縄感染症研究拠点形成促進事業, 動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究
独立行政法人国際協力機構, 課題別研修, 森林リモートセンシング
独立行政法人国際協力機構, 短期研修, リモートセンシング技術を通じた泥炭地における 水位モニタリングモデル開発に係る基礎技術研修
独立行政法人国際協力機構, 短期研修, リモートセンシング技術を通じた泥炭地における水位モニタリングモデル開発に係る基礎技術研修
独立行政法人国際協力機構, 2016年度日系研修, GIS・GPS・リモートセンシング技術による農地・森林評価及び野生動物生息地の管理手法
江別市, 平成28年度江別市大学連携調査研究事業, みんなで作るえべつ未来マップ作製プロジェクト
環境省, 環境研究総合推進費, 釧路湿原にて超高密度化状態となったシカの管理を成功させる戦略と戦術
北海道農政部, 受託研究事業, GISを活用した地域課題共有手法の最適化研究
株式会社カネカ, 国内共同研究, グルタチオン施用効果に関する研究
公益財団法人北海道農業公社, 受託研究, GISリモートセンシング、ICTを用いた農用地開発設備業務の効率化手法の開発
国際航業株式会社, 大学連携講座, 空間情報応用学講座
独立行政法人国際協力機構, 課題別研修, 森林リモートセンシング
独立行政法人国際協力機構, インドネシア国別研修, 森林リモートセンシング
独立行政法人国際協力機構, 2016年度日系研修, リモートセンシング技術による農地、森林、環境資源管理とモニタリング
一般社団法人トロピカルテクノプラス, 平成28年度沖縄感染症研究拠点形成促進事業, 蚊媒介性疾病病原体探索-遺伝学的生物学的多様性とリスク評価Jのための蚊体内からの網羅的病原体検出とビッグデータ解析

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  2020年01月24日, 道農政部がGIS上級研修 円滑な活用へ知識習得, その他, 北海道通信社
  2019年11月13日, 酪農学園大学の金子正美教授がGISを用いて台風19号による洪水状況を可視化, その他, 北海道新聞
  2019年10月16日, 流域浸水まざまざ 防災研が衛星写真, その他, 茨城新聞
  2019年04月14日, SDGsインタビュー「地球規模で地球考える」, その他, 北海道新聞
  2019年03月16日, 自然との共生 母校で訴え, その他, 北海道新聞
  2019年02月03日, 酪農大・金子教授に聞く 環境保全へ教育の場に, その他
  2019年, 江別を学ぶ”大学”ガイド, 取材協力, 酪農学園大学附属とわの森三愛高等学校
  2016年12月01日, ドローン、ロボトラ・・・性能PR 北海道でスマート農業展, 運営参加・支援, 北海道主催「北海道スマート農業フェア」
  2016年02月01日, 絶滅危機の動物 関心持って 倶知安 旭山動物園園長ら訴え, 講師, 公益財団法人北海道野生生物基金


教員総覧