農食環境学群・循環農学類
教員 薦田優香 コモダ ユウカ
メールアドレス:
ホームページ:

更新日 :2017/10/25

研究者基本情報

氏名

薦田優香
コモダ ユウカ

所属(マスタ)

農食環境学群・循環農学類, 教員

所属・職名

農食環境学群
常勤講師

学歴

 - 2003年, 北海道大学, 大学院農学研究科
Oregon State University,, Botany and Plant Pathology (Graduate program)
帯広畜産大学, 畜産環境科学科

学位

博士(農学), 北海道大学
Master of Science, Oregon State University

研究活動情報

研究分野

基礎生物学, 植物分子生物・生理学
農学, 植物病理学
境界農学, 応用分子細胞生物学

研究キーワード

RNAウイルス,
植物ウイルス,
タンパク質,
翻訳,
転写,
ウイルス複製,
RNA,

論文

Deficiency of the eIF4E isoform nCBP limits the cell-to-cell movement of a plant virus encoding triple-gene-block proteins in Arabidopsis thaliana., Keima T, Hagiwara-Komoda Y, Hashimoto M, Neriya Y, Koinuma H, Iwabuchi N, Nishida S, Yamaji Y, Namba S, Scientific Reports, 7,   2017年01月, 査読有り
EXA1, a GYF domain protein, is responsible for loss-of-susceptibility to plantago asiatica mosaic virus in Arabidopsis thaliana., Hashimoto M, Neriya Y, Keima T, Iwabuchi N, Koinuma H, Hagiwara-Komoda Y, Ishikawa K, Himeno M, Maejima K, Yamaji Y, Namba S, The Plant Journal, 88, (1) 120 - 131,   2016年10月, 査読有り
In vitro recombinant expression of novel protective protein highly accumulated in dry state in an anhydrobiotic insect, Hagiwara-Komoda Y., Gusev O., Shagimardanova E., Kikawada T., BioNanoScience,   2016年10月, 査読有り
Truncated yet functional viral protein produced via RNA polymerase slippage implies underestimated coding capacity of RNA viruses., Hagiwara-Komoda Y, Choi SH, Sato M, Atsumi G, Abe J, Fukuda J, Honjo MN, Nagano AJ, Komoda K, Nakahara KS, Uyeda I, Naito S, Scientific Reports, 6,   2016年02月, 査読有り
The N-terminal cleavable pre-sequence encoded in the first exon of cystathionine γ-synthase contains two different functional domains for chloroplast targeting and regulation of gene expression., Hagiwara-Komoda Y, Sugiyama T, Yamashita Y, Onouchi H, Naito S, Plant & Cell Physiology, 55, (10) 1779 - 1792,   2014年10月, 査読有り
An abundant LEA protein in the anhydrobiotic midge, PvLEA4, acts as a molecular shield by limiting growth of aggregating protein particles., Hatanaka R, Hagiwara-Komoda Y, Furuki T, Kanamori Y, Fujita M, Cornette R, Sakurai M, Okuda T, Kikawada T, Insect Biochemistry and Molecular Biology, 43, (11) 1055 - 1067,   2013年11月, 査読有り
Quantitative and qualitative involvement of P3N-PIPO in overcoming recessive resistance against Clover yellow vein virus in pea carrying the cyv1 gene., Choi SH, Hagiwara-Komoda Y, Nakahara KS, Atsumi G, Shimada R, Hisa Y, Naito S, Uyeda I, Journal of Virology, 87, (13) 7326 - 7337,   2013年07月, 査読有り
A novel member of the trehalose transporter family functions as an h(+)-dependent trehalose transporter in the reabsorption of trehalose in malpighian tubules., Kikuta S, Hagiwara-Komoda Y, Noda H, Kikawada T, Frontiers in Physiology, 3,   2012年07月, 査読有り
ネムリユスリカLEAタンパク質(PvLEA4)の機能解析, 畑中 理恵, 薦田(萩原) 優香, 金森 保志, 藤田 弥佳, コルネット リシャー, 奥田 隆, 黄川田 隆洋, 低温生物工学会誌, Cryobiology and cryotechnology, 57, (2) 135 - 138,   2011年10月, 査読有り
Arabidopsis cell-free extract, ACE, a new in vitro translation system derived from Arabidopsis callus cultures., Murota K, Hagiwara-Komoda Y, Komoda K, Onouchi H, Ishikawa M, Naito S, Plant & Cell Physiology, 52, (8) 1443 - 1453,   2011年08月, 査読有り
Sugar transporter genes of the brown planthopper, Nilaparvata lugens: A facilitated glucose/fructose transporter., Kikuta S, Kikawada T, Hagiwara-Komoda Y, Nakashima N, Noda H, Insect Biochemistry and Molecular Biology, 40, (11) 805 - 813,   2010年11月, 査読有り
The trehalose transporter 1 gene sequence is conserved in insects and encodes proteins with different kinetic properties involved in trehalose import into peripheral tissues., Kanamori Y, Saito A, Hagiwara-Komoda Y, Tanaka D, Mitsumasu K, Kikuta S, Watanabe M, Cornette R, Kikawada T, Okuda T, Insect Biochemistry and Molecular Biology, 40, (1) 30 - 37,   2010年01月, 査読有り
Overexpression of a host factor TOM1 inhibits tomato mosaic virus propagation and suppression of RNA silencing., Hagiwara-Komoda Y, Hirai K, Mochizuki A, Nishiguchi M, Meshi T, Ishikawa M, Virology, 376, (1) 132 - 139,   2008年06月, 査読有り
Identification of a ribonucleoprotein intermediate of tomato mosaic virus RNA replication complex formation., Komoda K, Mawatari N, Hagiwara-Komoda Y, Naito S, Ishikawa M, Journal of Virology, 81, (6) 2584 - 2591,   2007年03月, 査読有り
Subcellular localization of host and viral proteins associated with tobamovirus RNA replication., Hagiwara Y, Komoda K, Yamanaka T, Tamai A, Meshi T, Funada R, Tsuchiya T, Naito S, Ishikawa M, The EMBO Journal, 22, (2) 344 - 353,   2003年01月, 査読有り
Genetic Analysis of the Cell-to-Cell Movement of Beet Yellows Closterovirus., ALZHANOVA D V, HAGIWARA Y, PEREMYSLOV V V, DOLJA V V, Virology, 268, (1) 192 - 200,   2000年03月01日
HSP70 homolog functions in cell-to-cell movement of a plant virus., Peremyslov VV, Hagiwara Y, Dolja VV, Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 96, (26) 14771 - 14776,   1999年12月, 査読有り
Regulation of closterovirus gene expression examined by insertion of a self-processing reporter and by northern hybridization., Hagiwara Y, Peremyslov VV, Dolja VV, Journal of Virology, 73, (10) 7988 - 7993,   1999年10月, 査読有り
Subcellular Localization of the HSP70-Homolog Encoded by Beet Yellows Closterovirus., MEDINA V, PEREMYSLOV V V, HAGIWARA Y, DOLJA V V, Virology, 260, (1) 173 - 181,   1999年07月20日
Genes required for replication of the 15.5-kilobase RNA genome of a plant closterovirus., Peremyslov VV, Hagiwara Y, Dolja VV, Journal of Virology, 72, (7) 5870 - 5876,   1998年07月, 査読有り

書籍等出版物

植物学の百科事典 担当:一過的発現系とトランスジェニック植物, 薦田(萩原)優香, 内藤哲, 分担執筆, pp.604-605, 丸善 ,   2016年
昆虫の低温耐性 -その仕組みと調べ方ー 担当部分:トレハロース輸送活性, 薦田(萩原)優香,黄川田隆洋, 分担執筆, pp147-155, 岡山大学出版会,   2010年
新版 分子レベルからみた植物の耐病性ーポストゲノム時代の植物免疫研究 担当部分:植物ウイルスの複製, 萩原優香,石川雅之, 分担執筆, pp.156-162,   2004年

講演・口頭発表等

植物ウイルスのRNAポリメラーゼと転写スリップ, 薦田(萩原)優香, 第6回植物RNA研究ネットワークシンポジウム,   2016年11月18日
アグロインフィルトレーション法によるpepino mosaic virus接種系の確立, 西田萩子, 吉田哲也, 遊佐礼, 煉谷裕太朗, 薦田(萩原)優香, 岡野夕香里, 橋本将典, 山次康幸, 難波成任, 平成28年度日本植物病理学会大会,   2016年03月21日
クローバ葉脈黄化ウイルスがコードするP3N‐PIPOおよび新規タンパク質の発現機構, 薦田(萩原)優香, CHOI S. H., 佐藤昌直, 厚見剛, 阿部純也, 中原健二, 上田一郎, 内藤哲, 日本植物病理学会創立100周年記念大会(平成27年度大会),   2015年03月29日
plantago asiatica mosaic virusのTGBp1はRDR6およびSGS3と結合してウイルス蓄積量を増加させる, 遊佐礼, 岡野夕香里, 薦田(萩原)優香, 桂馬拓也, 二條貴通, 小松健, 山次康幸, 難波成任, 日本植物病理学会創立100周年記念大会(平成27年度大会),   2015年03月29日
plantago asiatica mosaic virusのTGBp1はホモオリゴマーを形成しSGS3/RDR6 bodyを凝集させる, 岡野夕香里, 遊佐礼, 薦田(萩原)優香, 桂馬拓也, 二條貴通, 小松健, 山次康幸, 難波成任, 日本植物病理学会創立100周年記念大会(平成27年度大会),   2015年03月29日
シロイヌナズナCGSの葉緑体移行シグナル領域の決定とCGS発現制御における役割, 薦田(萩原)優香, 杉山朋也, 尾之内均, 内藤哲, 日本植物学会第77回大会,   2013年09月13日
P3N‐PIPOはクローバ葉脈黄化ウイルスの細胞間移行に必要である, CHOI S.H., 薦田優香, 中原健二, 内藤哲, 上田一郎, 平成25年度日本植物病理学会大会,   2013年03月27日
シスタチオニンγ‐シンターゼの発現制御に関わるMTO1領域と葉緑体移行シグナルとの関係, 薦田(萩原)優香, 杉山朋也, 尾之内均, 内藤哲, 第54回日本植物生理学会年会,   2013年03月21日
クローバ葉脈黄化ウイルスのエンドウ感染におけるP3遺伝子産物の機能解析, CHOI S. H., 薦田優香, 中原健二, 内藤哲, 上田一郎, 平成24年度日本植物病理学会北海道部会,   2012年10月18日
In vitro翻訳系において-1および+1フレームシフトを引き起こす植物ウイルス由来の配列, 薦田(萩原)優香, CHOI Sun Hee, 中原健二, 内藤哲, 第14回日本RNA学会年会,   2012年07月18日
Recapitulation of ribosomal frameshifting of clover yellow vein virus P3N-PIPO in a cell-free translation system., Hagiwara-Komoda Y., Choi S. H., Nakahara K. and Naito S., XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions,   2012年07月
シロイヌナズナ細胞抽出液を用いたシロイヌナズナのシスタチオニンγ‐シンターゼmRNAの分解中間体の解析, 室田勝功, 薦田(萩原)優香, 薦田圭介, 尾之内均, 石川雅之, 内藤哲, 第53回日本植物生理学会年会,   2012年03月
トビイロウンカから同定されたプロトン‐トレハロースシンポーターNIST8は生体内の恒常性の維持に関与する, 菊田真吾, 萩原優香, 黄川田隆洋, 野田博明, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,   2011年03月12日
シロイヌナズナの試験管内翻訳系を用いた5’‐3’エキソヌクレアーゼAtXRN4による5’キャップ構造を持たないmRNAの分解に関する解析, 室田勝功, 薦田(萩原)優香, 薦田圭介, 尾之内均, 石川雅之, 内藤哲, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),   2011年
トマトモザイクウイルスの病原性と弱毒化の分子機構, 石川雅之, 薦田(萩原)優香, 平井克之, 津田新哉, 飯哲夫, 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集,   2007年10月01日
非膜結合型のトマトモザイクウイルス複製タンパク質はRNAサイレンシングの抑制に関与する, 薦田(萩原)優香, 平井克之, 飯哲夫, 石川雅之, 平成19年度日本植物病理学会大会,   2007年03月28日
Subcellular distribution of RNA silencing suppressors encoded by Tomato mosaic virus (ToMV) and a suppressor-defective strain ToMV-L11., Hagiwara Y., Hirai K., Tsuda S., Meshi T. and Ishikawa M., 25th Annual Meeting of American Society for Virology.,   2006年07月
トマトモザイクウイルス130Kタンパク質の局在変化がRNAサイレンシング抑制とウイルス増殖に与える影響., 萩原優香,平井克之,石川雅之,飯哲夫., 独立行政法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「植物の機能と制御」第5回公開シンポジウム,   2006年07月
RNAサイレンシング抑制能が低下したトマトモザイクウイルス弱毒株L11複製タンパク質の感染細胞内における局在性., 萩原優香,久保田健嗣,平井克之,石川雅之,飯哲夫., 独立行政法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「植物の機能と制御」第3回公開シンポジウム,   2005年09月
トマトモザイクウイルスの複製と細胞間移行の連携機構に関する研究., 萩原優香,玉井淳史,土肥浩二,森正之,石川雅之,飯哲夫., 独立行政法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「植物の機能と制御」第3回公開シンポジウム,   2005年09月
転写後型ジーンサイレンシング抑制能が低下したTomato mosaic virus弱毒株L11複製タンパク質の感染細胞内における局在と蓄積の解析, 萩原 優香, 久保田 健嗣, 津田 新哉, 石川 雅之, 飯 哲夫, 平成17年度日本植物病理学会大会,   2005年03月
タバコモザイクウイルスの複製機構の解析., 萩原優香,薦田圭介,石川雅之, RNAウイルス研究の新展開 III,   2004年03月, 招待有り
TMVの増殖に関与する宿主因子TOM1とウイルス複製タンパク質の細胞内局在性., 萩原優香,薦田圭介,内藤哲,石川雅之., 第50回日本ウイルス学会学術集会・総会,   2002年10月
タバコモザイクウイルスの増殖をサポートするシロイヌナズナ宿主因子TOM1の細胞内局在性(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨), 萩原 優香, 薦田 圭介, 山中 拓哉, 玉井 淳史, 飯 哲夫, 内藤 哲, 石川 雅之, 平成14年度日本植物病理学会大会,   2002年04月

MISC

ウイルス病原性発現の分子機構 植物ウイルスの全身感染とRNAサイレンシング, 平井克之, 玉井淳史, 薦田(萩原)優香, 飯哲夫, 石川雅之, 蛋白質 核酸 酵素, 52, (10) 1248 - 1253,   2007年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902269912998372
トバモウイルスの増殖をサポートする宿主因子の探索, 石川雅之, 萩原優香, 藤崎恒喜, 日本植物病理学会植物感染生理談話会論文集, (41) 49 - 56,   2005年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241284212052

競争的資金

文部科学省, 科学研究費助成事業(基盤研究C), マメ科および核果類植物を用いたポティウイルス試験管内実験系の開発と利用, 薦田 優香
日本学術振興会, 特別研究員奨励費 (RPD), バイオイメージングを用いたCGS発現制御機構の研究, 薦田 優香
日本学術振興会, 特別研究員奨励費 (DC2), タバコモザイクウィルスの増殖をサポートするシロイヌナズナTOM宿主因子の機能解析, 薦田 優香


教員総覧