School of Veterinary Medicine, Department of Veterinary Science
佐野忠士 サノ タダシ
E-Mail:
Website:

Last Update :2018/09/26

Researcher Profile and Settings

Name

SANO Tadashi

Affiliation (Master)

School of Veterinary Medicine, Department of Veterinary Science

Education

 - 2003 , The University of Tokyo, Agricultural and Life Sciences, Veterinary Medicine
 - 1999 , Nippon Veterinary and Animal Science University, Faculty of Veterinary Medicine and Animal Sciences, Veterinary Medicine

Degree

PhD (Veterinary Medicine), The University of Tokyo

Association Memberships

Japanese Society of Veterinary Anesthesia & Surgery
Japanese Society of Anesthesiologists
The Japanese Society of Veterinary Science
Japanese Society of Clinical Veterinary Medicine
Japanese College of Veterinary Diagnostic Imaging
Japanese Animal Hospital Association
since
Japanese College of Veterinary Cancer Treatment
Japanese Society of Animal Rehabilitation

Committee Memberships

  2008 11 , Japanese Society of Clinical Veterinary Medicine
  2006 04 , Japanese College of Veterinary Diagnostic Imaging

Academic & Professional Experience

Assistant Professor, Nihon University College of Bioresource Sciences Department of Veterinary Medicine
  2003  - 2007 , :Kitasato University, School of Veterinary Medicine and Animal Sciences, Veterinary Radiology and Radiation Biology
  2007  - 2008 , :Kitasato University, School of Veterinary Medicine, Veterinary Surgery 3rd
  2008 , -:Nihon University College of Bioresource Sciences Comprehensive Veterinary Clinical Studies

Research Activities

Research Areas

Zootechnical science/Veterinary medical science, Clinical veterinary science

Research Interests

Clinical Anestesiology,
Pain management,
Clinical Diagnostic Imaging,
Veterinary Palliative medicine,
Animal Rehabilitation,
Clitical care,

Published Papers

Interaction between maropitant and carprofen on sparing of the minimum alveolar concentration for blunting adrenergic response (MAC-BAR) of sevoflurane in dogs., Fukui S, Ooyama N, Tamura J, Umar MA, Ishizuka T, Itami T, Miyoshi K, Sano T, Yamashita K, The Journal of veterinary medical science, 79, 3, 502, 508, 20170100, Refereed
Anesthetic and cardiorespiratory effects of single-bolus intravenous alfaxalone with or without intramuscular xylazine-premedication in calves., El-Hawari SF, Sakata H, Oyama N, Tamura J, Higuchi C, Endo Y, Miyoshi K, Sano T, Suzuki K, Yamashita K, The Journal of veterinary medical science, 80, 2, 361, 367, 20180300, Refereed
Comparison of cardiac output measurements using transpulmonary thermodilution and conventional thermodilution techniques in anaesthetized dogs with fluid overload., Itami T, Endo Y, Hanazono K, Ishizuka T, Tamura J, Miyoshi K, Sano T, Yamashita K, Veterinary anaesthesia and analgesia, 43, 4, 388, 396, 20160700, Refereed
Plethysmography variability index for prediction of fluid responsiveness during graded haemorrhage and transfusion in sevoflurane-anaesthetized mechanically ventilated dogs., Endo Y, Kawase K, Miyasho T, Sano T, Yamashita K, Muir WW, Veterinary anaesthesia and analgesia, 44, 6, 1303, 1312, 20171100, Refereed
The pharmacological effects of intramuscular administration of alfaxalone combined with medetomidine and butorphanol in dogs., Tamura J, Hatakeyama N, Ishizuka T, Itami T, Fukui S, Miyoshi K, Sano T, Pasloske K, Yamashita K, The Journal of veterinary medical science, 78, 6, 936, 936, 20160700, Refereed
Retrospective investigation of cardiopulmonary resuscitation outcome in 146 exotic animals., Onuma M, Kondo H, Ono S, Murakami A, Harada T, Sano T, The Journal of veterinary medical science, 79, 9, 1611, 1614, 20170900, Refereed
Plasma endotoxin activity in kangaroos with oral necrobacillosis (lumpy jaw disease) using an automated handheld testing system., Sotohira Y, Suzuki K, Sasaki H, Sano T, Tsuchiya M, Suzuki Y, Shimamori T, Tsukano K, Sato A, Yokota H, Asakawa M, The Journal of veterinary medical science, 78, 6, 976, 976, 20160700, Refereed
Stroke volume variation (SVV) and pulse pressure variation (PPV) as indicators of fluid responsiveness in sevoflurane anesthetized mechanically ventilated euvolemic dogs., Endo Y, Tamura J, Ishizuka T, Itami T, Hanazono K, Miyoshi K, Sano T, Yamashita K, Muir WW, The Journal of veterinary medical science, 79, 8, 1437, 1445, 20170800, Refereed
Sedative effects of intramuscular alfaxalone administered to cats., Tamura J, Ishizuka T, Fukui S, Oyama N, Kawase K, Itami T, Miyoshi K, Sano T, Pasloske K, Yamashita K, The Journal of veterinary medical science, 77, 8, 897, 904, 20150800, Refereed
Incidence of anaphylactic reactions after propofol administration in dogs., Onuma M, Terada M, Ono S, Murakami A, Ishida T, Sano T, The Journal of veterinary medical science, 79, 8, 1446, 1452, 20170800, Refereed
Central venous blood gas and acid-base status in conscious dogs and cats., Tamura J, Itami T, Ishizuka T, Fukui S, Miyoshi K, Sano T, Yamashita K, The Journal of veterinary medical science, 77, 7, 865, 869, 20150700, Refereed
Stress assessment using hair cortisol of kangaroos affected by the lumpy jaw disease., Sotohira Y, Suzuki K, Sano T, Arai C, Asakawa M, Hayashi H, The Journal of veterinary medical science, 79, 5, 852, 854, 20170500, Refereed
The pharmacological effects of the anesthetic alfaxalone after intramuscular administration to dogs., Tamura J, Ishizuka T, Fukui S, Oyama N, Kawase K, Miyoshi K, Sano T, Pasloske K, Yamashita K, The Journal of veterinary medical science, 77, 3, 289, 296, 20150300, Refereed
Association between preoperative characteristics and risk of anaesthesia-related death in dogs in small-animal referral hospitals in Japan., Itami T, Aida H, Asakawa M, Fujii Y, Iizuka T, Imai A, Iseri T, Ishizuka T, Kakishima K, Kamata M, Miyabe-Nishiwaki T, Nagahama S, Naganobu K, Nishimura R, Okano S, Sano T, Yamashita K, Yamaya Y, Yanagawa M, Veterinary anaesthesia and analgesia, 44, 3, 461, 472, 20170500, Refereed
Effects of intermittent positive pressure ventilation on cardiopulmonary function in horses anesthetized with total intravenous anesthesia using combination of medetomidine, lidocaine, butorphanol and propofol (MLBP-TIVA)., Ishizuka T, Tamura J, Nagaro T, Sudo K, Itami T, Umar MA, Miyoshi K, Sano T, Yamashita K, The Journal of veterinary medical science, 76, 12, 1577, 1582, 20141200, Refereed
Sparing effect of robenacoxib on the minimum alveolar concentration for blunting adrenergic response (MAC-BAR) of sevoflurane in dogs., Tamura J, Itami T, Ishizuka T, Fukui S, Ooyama N, Miyoshi K, Sano T, Yamashita K, The Journal of veterinary medical science, 76, 1, 113, 117, 20140100, Refereed
Cardiac arrest and arterial air emboli associated with subcutaneous emphysema and pneumothorax in a French bulldog., Yaegashi M, Yamaya Y, Sano T, Watari T, Veterinary anaesthesia and analgesia, 40, 6, 651, 653, 20131100, Refereed
The characteristics of short- and long-term surviving Shiba dogs with chronic enteropathies and the risk factors for poor outcome., Okanishi H, Sano T, Yamaya Y, Kagawa Y, Watari T, Acta veterinaria Scandinavica, 55, 32, 20130400, Refereed
Vulnerability of feline T-lymphocytes to charged particles., Kakizaki T, Hamada N, Sakashita T, Wada S, Hara T, Funayama T, Hohdatsu T, Natsuhori M, Sano T, Kobayashi Y, Ito N, The Journal of veterinary medical science, 69, 6, 605, 609, 20070600, Refereed
Killing of feline T-lymphocytes by gamma-rays and energetic carbon ions., Kakizaki T, Hamada N, Funayama T, Sakashita T, Wada S, Hohdatsu T, Natsuhori M, Sano T, Kobayashi Y, Ito N, The Journal of veterinary medical science, 68, 12, 1269, 1273, 20061200, Refereed
Distinct modes of cell death by ionizing radiation observed in two lines of feline T-lymphocytes., Kakizaki T, Hamada N, Wada S, Funayama T, Sakashita T, Hohdatsu T, Sano T, Natsuhori M, Kobayashi Y, Ito N, Journal of radiation research, 47, 3/4, 237, 243, 20061100, Refereed
Canine ovarian serous papillary adenocarcinoma with neoplastic hypercalcemia., Hori Y, Uechi M, Kanakubo K, Sano T, Oyamada T, The Journal of veterinary medical science, 68, 9, 979, 982, 20060900, Refereed
Determination of midazolam and its metabolite as a probe for cytochrome P450 3A4 phenotype by liquid chromatography-mass spectrometry., Kanazawa H, Okada A, Igarashi E, Higaki M, Miyabe T, Sano T, Nishimura R, Journal of chromatography. A, 1031, 1/2, 213, 218, 20040300, Refereed
Development of vaccination policy in Japan: current issues and policy directions., Nakatani H, Sano T, Iuchi T, Japanese journal of infectious diseases, 55, 4, 101, 111, 20020800, Refereed

Books etc

MULTIMODAL MANAGEMENT OF CANINE OSTEOARTHRITIS, Farm Press,   2011 , 978-4-86382-031-9
Special Basic knowledge of Pain Mnagement for Animal Medical Tearm, interzoo,   2011 , 978-4-89995-608-2
Essential Facts of Phsiotherapy in Dogs and Cats Rehabilitation and Pain Management, Interzoo,   2010 , 978-4-89995-585-6

Conference Activities & Talks

Basic Study of stress-related Responses in Perioperative Management, AMAMS,   2011
Don’t miss “the danger sign” during anesthetic monitoring ! (Advanced of anesthetic control), JBVP,   2011
Anesthetic monitoring using “Five senses”(Basic of anesthetic control), JBVP,   2011

Works

Safety and efficacy of meloxicam ( Metacam) for use as a perioperative analgesic in clinical cases.
The clinical research of inhalation anesthesia sevoflurane for healty dog.

Misc

「だからこうする」がまるごと分かる!はじめてのICU動物看護(第10回) 酸素化の状況を理解する(2), 佐野 忠士, as: animal specialist, 30, (1) 26 - 29,   2018 01 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021444334
「だからこうする」がまるごと分かる!はじめてのICU動物看護(第9回) 酸素化の状況を理解する, 佐野 忠士, as: animal specialist, 29, (12) 42 - 47,   2017 12 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021420175
【猫の変形性関節症】 猫の変形性関節症の治療, 佐野 忠士, J-VET, 30, (11) 32 - 37,   2017 11
「だからこうする」がまるごと分かる!はじめてのICU動物看護(第8回) 呼吸様式と二酸化炭素, 佐野 忠士, 鳥居 志帆, as: animal specialist, 29, (11) 40 - 44,   2017 11 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021399339
局所麻酔薬, 佐野 忠士, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 48, (Suppl.2) 69 - 70,   2017 11
「だからこうする」がまるごと分かる! はじめてのICU動物看護(第7回) 呼吸機能の至適化(1), 佐野 忠士, as: animal specialist, 29, (10) 17 - 20,   2017 10 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021362468
RECOVER Guidelineの実際 各施設における"秘伝の策"を議論する RECOVER Guidelineの概要, 佐野 忠士, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 48, (Suppl.2) 92 - 93,   2017 11
咽喉頭へのアプローチリスク ちょっと待て手術前に覚えておきたいリスク 上部気道疾患における気管切開の適応について, 佐野 忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 38回, (1) 27 - 28,   2017 11
理学療法に関する資格を考える 海外の資格取得者による取得までの道, 佐野 忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 38回, (1) 233 - 234,   2017 11
動物看護学課程で提供される望ましい野生動物(医)学教育とは 酪農学園大学獣医学群における事例から, 浅川 満彦, 郡山 尚紀, 佐野 忠士, 北澤 多喜雄, Veterinary Nursing, 22, (1) 43 - 43,   2017 07
「だからこうする」がまるごと分かる! はじめてのICU動物看護(第3回) ICUで治療・看護が必要な動物を選別する<後編>, 佐野 忠士, as: animal specialist, 29, (6) 42 - 46,   2017 06 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021241668
「だからこうする」がまるごと分かる! はじめてのICU動物看護(第4回) 救急患者に最初に行う処置・BLS, 佐野 忠士, as: animal specialist, 29, (7) 42 - 47,   2017 07 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021268435
夜間動物病院との連携による集中治療の試み 犬の心原性肺水腫12例における集中治療の概要と治療成績, 原田 達彦, 川瀬 広大, 伊藤 暁史, 田中 翔, 佐野 忠士, 山下 和人, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 38回, (2) 157 - 158,   2017 11
「だからこうする」がまるごと分かる! はじめてのICU動物看護(第2回) ICUで治療・看護が必要な動物を選別する<前編>, 佐野 忠士, as: animal specialist, 29, (5) 32 - 35,   2017 05 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021215658
夜間動物病院との連携による集中治療の試み 犬の心原性肺水腫に対する集中治療の1例, 伊藤 暁史, 川瀬 広大, 原田 達彦, 田中 翔, 佐野 忠士, 山下 和人, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 38回, (2) 159 - 160,   2017 11
「だからこうする」がまるごと分かる! はじめてのICU動物看護(第1回) そもそもICU動物看護って何だろう?, 佐野 忠士, as: animal specialist, 29, (4) 86 - 88,   2017 04 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021188520
レミフェンタニル-低用量フェンタニル-アルファキサロンを用いた犬の全静脈麻酔法の臨床的検討, 田中 翔, 伊藤 暁史, 原田 達彦, 佐野 忠士, 山下 和人, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 38回, (2) 191 - 192,   2017 11
ロクロニウムの筋弛緩作用に対するセボフルランとの相互作用, 清田 和眞, 酒田 尚志, 遠藤 雄介, 石川 友駿, 伊藤 暁史, 佐野 忠士, 山下 和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 48, (Suppl.1) 319 - 319,   2017 06
アルファキサロン-低用量フェンタニル-レミフェンタニルを用いた犬の全静脈麻酔の臨床的検討, 湯浅 克哉, 伊藤 暁史, 石川 友駿, 遠藤 雄介, 佐野 忠士, 山下 和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 48, (Suppl.1) 319 - 319,   2017 06
発酵玄米が盲導犬キャリア引退犬の身体状態におよぼす影響についての多面的検討, 佐野 忠士, 加藤 万知, 藤田 仁, 石原 玄基, 辻 恵子, ペット栄養学会誌, 20, (0) suppl_55 - suppl_56,   2017 06 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130006067949
「だからこうする」がまるごと分かる! はじめてのICU動物看護(第6回) ALS (薬物投与と除細動), 佐野 忠士, as: animal specialist, 29, (9) 40 - 46,   2017 09
「だからこうする」がまるごと分かる! はじめてのICU動物看護(第5回) ALS(モニタリング), 佐野 忠士, as: animal specialist, 29, (8) 43 - 47,   2017 08
全身麻酔下で化粧除角術を行った黒毛和種3症例, 小屋原 俊, 佐野 忠士, 石川 友駿, 山下 和人, 鈴木 一由, 北海道獣医師会雑誌, 61, (8) 306 - 306,   2017 08
Lumpy Jaw Disease(LJD)罹患カンガルーにおける被毛中コルチゾールを用いたストレス評価, 荒井千種, 林英明, 外平友佳理, 外平友佳理, 佐野忠士, 鈴木一由, 浅川満彦, 北海道獣医師会雑誌, 60, (8) 428 - 428,   2016 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602227221616159
酪農大附属動物医療センターにおける札幌夜間動物病院からの集中治療症例の受入状況, 佐野忠士, 佐野忠士, 川瀬広大, 川瀬広大, 伊藤暁史, 伊藤暁史, 田中翔, 田村純, 石川友駿, 遠藤雄介, 山下和人, 山下和人, 北海道獣医師会雑誌, 60, (8) 422 - 422,   2016 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602252098615036
麻酔管理Up to Date?アルファキサロン使ってますか?, 佐野忠士, 佐野忠士, 北海道獣医師会雑誌, 60, (8) 451 - 451,   2016 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602257145496455
犬猫の臨床例におけるアルファキサロンとプロポフォールの麻酔導入効果の比較, 田中翔, 田村純, 伊藤暁史, 伊藤暁史, 佐野忠士, 佐野忠士, 三好健二郎, 三好健二郎, 山下和人, 山下和人, 北海道獣医師会雑誌, 60, (8) 422 - 422,   2016 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602265764591046
高濃度酸素水給与が犬に与える影響について, 瀬尾勇有亮, 佐野忠士, Veterinary Nursing, 21, (1) 73 - 73,   2016 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602227367389451
キャリア引退犬におけるストレスの評価~非侵襲的測定法の有用性について~, 加藤万知, 増田麻子, 林英明, 加藤淳一, 辻恵子, 佐野忠士, Veterinary Nursing, 21, (1) 72 - 72,   2016 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602259386113295
動物のリハビリでやるべきこと&やってはいけないこと, 佐野忠士, AS, 28, (6) 5‐16 - 16,   2016 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602244678547557
疼痛管理 犬猫の痛みの評価法と鎮痛薬, 佐野 忠士, Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology, 13, (1) 43 - 47,   2017 01
マロピタントとブプレノルフィンの併用投与が犬のセボフルランMAC‐BARに及ぼす影響, 白石春奈, 福井翔, 伊藤暁史, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Supplement 1) 281 - 281,   2016 06 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602214080127334
エピネフリンまたはバソプレシンの骨髄内投与が犬の心血管系機能に及ぼす影響 2.骨髄内投与における用量依存性変化の比較, 伊藤嘉朗, 川瀬広大, 遠藤雄介, 石川友駿, 伊藤暁史, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47,   2016 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602220780837637
マロピタントとメデトミジンの併用が犬のセボフルランMAC‐BARに及ぼす影響, 山内美彩, 福井翔, 伊藤暁史, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Supplement 1) 280 - 280,   2016 06 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217897334124
麻酔覚醒における注意点, 佐野忠士, 佐野忠士, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47,   2016 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602223940562627
犬の循環血液量減少モデルにおける輸液反応性指標の変化, 赤木渚, 遠藤雄介, 石川友駿, 川瀬広大, 伊藤暁史, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Supplement 1) 298 - 298,   2016 06 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602229623641136
エピネフリンまたはバソプレシンの骨髄内投与が犬の心血管系機能に及ぼす影響 1.投与経路による効果発現の比較, 河合美帆子, 川瀬広大, 遠藤雄介, 石川友駿, 伊藤暁史, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47,   2016 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602232633958352
犬におけるロベナコキシブの薬物動態に対するセボフルラン吸入麻酔の影響, 山森瑞紀, 大山紀彦, 伊藤暁史, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Supplement 1) 281 - 281,   2016 06 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602236048524031
獣医師は麻薬をどのように取り扱っているか?, 佐野 忠士, 日本医事新報, (4830) 68 - 68,   2016 11
犬のPleth variability index(PVI)測定における測定部位の影響, 遠藤雄介, 川瀬広大, 石川友駿, 伊藤暁史, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Supplement 1) 299 - 299,   2016 06 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602237338026547
短頭種の麻酔管理 麻酔覚醒における注意点, 佐野 忠士, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Suppl.2) 85 - 86,   2016 11
犬の僧帽弁閉鎖不全症が輸液反応性指標に及ぼす影響, 松浦聖, 遠藤雄介, 石川友駿, 川瀬広大, 伊藤暁史, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Supplement 1) 299 - 299,   2016 06 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602254087845477
エピネフリンまたはバソプレシンの骨髄内投与が犬の心血管系機能に及ぼす影響 投与経路による効果発現の比較, 河合 美帆子, 川瀬 広大, 遠藤 雄介, 石川 友駿, 伊藤 暁史, 三好 健二郎, 佐野 忠士, 山下 和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Suppl.2) 197 - 197,   2016 11
セボフルラン麻酔下の犬の麻酔濃度と相関する新規パラメータの模索, 樋口千佳, 春名太一, 萩平哲, 萩平哲, 田村純, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Supplement 1) 280 - 280,   2016 06 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602285643877276
エピネフリンまたはバソプレシンの骨髄内投与が犬の心血管系機能に及ぼす影響 骨髄内投与における用量依存性変化の比較, 伊藤 嘉朗, 川瀬 広大, 遠藤 雄介, 石川 友駿, 伊藤 暁史, 三好 健二郎, 佐野 忠士, 山下 和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Suppl.2) 198 - 198,   2016 11
Preliminary report on coprological survey of internal parasites from semi-free-ranging marsupials kept in a zoo in Japan, 外平友佳理, 外平友佳理, 伊藤友貴, 佐野忠士, 林英明, 鈴木一由, 浅川満彦, 酪農学園大学紀要 自然科学編(Web), 41, (1) 97‐100 (WEB ONLY) - 100,   2016 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602212916420748
術後の痛みどめ,実はオーナーは欲しがっています!, 佐野忠士, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 18th,   2016 09 23 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602242774393248
麻酔学 モニターで何がわかるの?―基礎編―, 佐野忠士, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 18th,   2016 09 23 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602251144872279
麻酔中の動物を見抜け!―麻酔モニターと異常への対処―, 佐野忠士, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 18th,   2016 09 23 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602260550514467
麻酔モニターだけに頼り切らない麻酔中の管理方法, 佐野忠士, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 18th,   2016 09 23 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602273612088609
セボフルラン麻酔下の犬における脳波図の加齢に伴う変化, 樋口千佳, 春名太一, 萩平哲, 田村純, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 遠藤雄介, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 46, (Supplement 2) 225 - 225,   2015 12 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602205641384354
輸液の基礎, 佐野忠士, 佐野忠士, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 46, (Supplement 2) 60 - 60,   2015 12 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602211003491097
高齢動物の麻酔管理, 佐野忠士, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 46, (Supplement 2) 45 - 46,   2015 12 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602218964029248
【動物理学療法・リハビリテーション2016 実践】 (Part 14)動物とのコミュニケーションとストレスケア, 佐野 忠士, ARCH, (4) 93 - 102,   2015 12
猫の鎮痛について知る!, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 36th, (1) 262 - 263,   2015 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602201253678740
保定のお悩みをズバッと解決!動画で学ぶ!実践保定法(第23回) 怖がりな犬へのアプローチ, 村尾 信義, 佐野 忠士, as: animal specialist, 28, (2) 42 - 46,   2016 02
薬理作用から考える麻酔・疼痛管理法 吸入麻酔薬, 山下 和人, 井芹 俊恵, 佐野 忠士, SURGEON, 20, (1) 61 - 74,   2016 01
改訂版リーフレット「知っておきたい犬と猫の痛み」の紹介, 今井彩子, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 36th, (3) 90‐91 - 91,   2015 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602203734488866
重症症例の栄養管理―栄養管理の考え方とその概要―, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 36th, (3) 99‐100 - 100,   2015 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602211951635217
カンガルー病(Lumpy Jaw Disease)を罹患した飼育下オオカンガルーの血漿エンドトキシン活性値, 佐々木春香, 外平友佳理, 外平友佳理, 鈴木一由, 佐藤綾乃, 佐野忠士, 土谷正和, 横田博, 浅川満彦, 北海道獣医師会雑誌, 59, (8) 417 - 417,   2015 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502202954541624
データ収集システムの構築と公開, 佐野忠士, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47,   2016 06 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602291199042083
2015年における酪農学園大学野生動物医学センターWAMCの活動報告, 浅川満彦, 佐野忠士, 鈴木一由, 遠藤大二, 北海道獣医師会雑誌, 59, (8) 416 - 416,   2015 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502208602930106
ウサギってストレスに弱いの?~糞便,血液,被毛からみるストレス測定~, 石川健吾, 小沼守, 林英明, 佐野忠士, SA Medicine, 18,   2016 06 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602265398531401
犬の慢性そう痒性皮膚疾患に対する免疫ミルク給与が及ぼす影響, 佐野忠士, 佐野忠士, 安田知世, 相原成幸, 伊從慶太, Small Anim Dermatol, 11, (4) 90 - 94,   2015 07 15 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502208034324719
麻酔関連偶発症 データ収集システムの構築と公開, 佐野 忠士, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 47, (Suppl.1) 163 - 164,   2016 06
薬理作用から考える麻酔・疼痛管理法 2 注射麻酔薬 1)プロポフォール(アルキルフェノール系), 山下和人, 山下和人, 佐野忠士, 佐野忠士, Surgeon, 20,   2016 05 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602219371734202
薬理作用から考える麻酔・疼痛管理法 注射麻酔薬 プロポフォール(アルキルフェノール系), 山下 和人, 佐野 忠士, SURGEON, 20, (3) 73 - 83,   2016 05
薬理作用から考える麻酔・疼痛管理法 1 吸入麻酔薬, 山下和人, 山下和人, 井芹俊恵, 佐野忠士, Surgeon, 20, (1) 61 - 74,   2016 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602220595774672
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第28回) 現場の声に答える!(Part4) 輸液の種類に関するQ&A, 佐野 忠士, as: animal specialist, 27, (7) 24 - 27,   2015 07
犬のアルファキサロン筋肉内麻酔導入における低用量メデトミジン麻酔前投薬の影響, 野本賢, 田村純, 遠藤雄介, 大山紀彦, 川瀬広大, 樋口千佳, 福井翔, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 46, (Supplement 1) 263 - 263,   2015 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502204127366599
動物とのコミュニケーションとストレスケア, 佐野忠士, 佐野忠士, ARCH,   2015 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602242771704964
犬のセボフルラン麻酔中の脳波図におけるBurst suppressionに関する新たな基準, 樋口千佳, 春名太一, 萩平哲, 田村純, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 遠藤雄介, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 46, (Supplement 1) 263 - 263,   2015 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502207623125711
猫のアルファキサロン筋肉内麻酔導入に対する低用量メデトミジン麻酔前投薬の影響, 篠崎春香, 田村純, 遠藤雄介, 大山紀彦, 川瀬広大, 樋口千佳, 福井翔, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 46, (Supplement 1) 262 - 262,   2015 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502208517624586
犬臨床例におけるアルファキサロンとプロポフォールの静脈内投与による麻酔導入の効果の比較, 菅原芽伊, 田村純, 遠藤雄介, 川瀬広大, 福井翔, 大山紀彦, 樋口千佳, 佐野忠士, 三好健二郎, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 46, (Supplement 1) 261 - 261,   2015 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502214826634448
犬における外科手術の内容と術後疼痛の程度, 並木祐宜, 田村純, 遠藤雄介, 樋口千佳, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 46, (Supplement 1) 266 - 266,   2015 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502218717820202
犬における非侵襲的輸液反応性指標としてのPleth Variability Index(PVI)の有用性, 弘川拓, 田村純, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 遠藤雄介, 樋口千佳, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 日本獣医麻酔外科学雑誌, 46, (Supplement 1) 265 - 265,   2015 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502219080638916
酸素化だけじゃもったいない!知れば知るほど使えるパルスオキシメーター―もっと知りたいSpO2の秘密(こっそり教えます)―, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 36th,   2015 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602210371051564
骨盤骨折した犬にリハビリテーションを行った1例, 河合 茉莉子, 小森 千聖, 関 真美子, 枝村 一弥, 伊藤 大介, 佐野 忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 36回, (4) 112 - 114,   2015 11
酸素化だけじゃもったいない!知れば知るほど使えるパルスオキシメーター もっと知りたいSpO2の秘密(こっそり教えます), 佐野 忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 36回, (3) 183 - 184,   2015 11
高齢期に多く見られるリハビリテーションについて学ぼう!, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 17th,   2015 09 25 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602216011596152
高齢動物と幸せに暮らすために/高齢者が伴侶動物との幸せに暮らすために―伴侶動物と暮らす皆様に,これから伴侶動物と暮らしたいと願っている方に―, 徳力幹彦, 佐野忠士, 桑名斉, 村田香織, 柴内裕子, 太刀川史郎, 石田卓夫, 石田卓夫, 柴田晶子, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 17th,   2015 09 25 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602226411989951
椎間板ヘルニアの未来形 後編 椎間板ヘルニアの疼痛管理と麻酔管理, 佐野忠士, MVM, 24, (1) 66 - 70,   2015 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502216651912263
神経疾患のリハビリの実際, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 17th,   2015 09 25 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602237091542117
外科疾患罹患犬に対するリハビリテーション 物理療法, 佐野忠士, Surgeon, 19, (1) 59 - 66,   2015 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502260630743347
The麻酔:プレミアム 麻酔モニターをマスターする―危険なサインを見落とすな!―, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 17th,   2015 09 25 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602246768279460
高齢動物の麻酔管理, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 17th,   2015 09 25 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602249573020096
体液分布と輸液管理, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Supplement 2) 76 - 76,   2014 12 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402202264127746
学ぼう!輸液療法 最終回 現場の声に答える!Part 6~皮下補液に関するQ&A~, 佐野忠士, AS, 27, (9) 18 - 24,   2015 09 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502210338265209
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(最終回) 現場の声に答える!(Part 6) 皮下補液に関するQ&A, 佐野 忠士, as: animal specialist, 27, (9) 18 - 24,   2015 09
犬のセボフルラン吸入麻酔における麻酔深度と脳波波形の変化, 樋口千佳, 春名太一, 萩平哲, 盛永恵香, 田村純, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 遠藤雄介, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Supplement 2) 206 - 206,   2014 12 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402289377240377
野生カマイルカ(Lagenorhynchus obliquidens)の鳴音と行動の関連性, 松代真琳, 水口大輔, 藤田尚夫, 佐野忠士, 郡山尚紀, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 158th,   2015 08 30 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502200997402234
【猫とNSAIDs】 WSAVA Global Pain Council Guidelinesからみる猫の疼痛管理, 佐野 忠士, J-VET, 28, (3) 46 - 49,   2015 03
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第23回) 輸液実施中の看護動物の援助, 佐野 忠士, as: animal specialist, 27, (2) 22 - 27,   2015 02
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第21回) 輸液看護の実践(Part4) 肺水腫を極める!, 佐野 忠士, as: animal specialist, 26, (12) 26 - 30,   2014 12
疼痛管理ガイドラインを受けて 周術期疼痛管理の実際 犬の疼痛管理, 佐野 忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Suppl.2) 95 - 96,   2014 12
現場で知りたい“椎間板ヘルニアのリハビリ”, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 35th, (1) 124 - 125,   2014 11 14 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502275517571766
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第22回) 輸液看護の実践(Part5) 血糖管理の難しさを知る!, 佐野 忠士, as: animal specialist, 27, (1) 22 - 27,   2015 01
犬の老齢疾患 特に椎間板ヘルニアを中心に―疼痛管理/リハビリテーション―, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 35th, (3) 116 - 117,   2014 11 14 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502208029347289
敗血症における抗補体治療が果たす役割は?, 今長谷尚史, 阪本雄一郎, 宮庄拓, 山下和人, 田村純, 河村芳朗, 佐野忠士, 井上聡, 補体, 52, (1) 29 - 30,   2015 08 21 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502200567577731
猫の周術期管理“あれこれ”, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 35th, (3) 215 - 216,   2014 11 14 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502250058302797
学ぼう!輸液療法 第29回 現場の声に答える!Part 5~輸液ラインの種類に関するQ&A~, 佐野忠士, AS, 27, (8) 26 - 29,   2015 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502205065318874
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第19回) 輸液看護の実践(Part2) 静脈炎を極める!, 佐野 忠士, as: animal specialist, 26, (10) 20 - 25,   2014 10
犬猫の臨床例の麻酔導入におけるアルファキサロンの要求量, 安田知世, 田村純, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 北海道獣医師会雑誌, 58, (8) 360 - 360,   2014 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402264661982321
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第18回) 輸液看護の実践(Part1) アシドーシスを極める!, 佐野 忠士, as: animal specialist, 26, (9) 24 - 29,   2014 09
ブタ敗血症モデルにおける,nafamostat mesilate投与効果の検討, 今長谷尚史, 阪本雄一郎, 宮庄拓, 山下和人, 田村純, 石塚友人, 河村芳朗, 佐野忠士, 井上聡, 補体, 51, (1) 76 - 77,   2014 08 22 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402242835037822
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第29回) 現場の声に答える!(Part5) 輸液ラインの種類に関するQ&A, 佐野 忠士, as: animal specialist, 27, (8) 26 - 29,   2015 08
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技(第22回) 僧帽弁閉鎖不全の症例に対する麻酔・疼痛管理 頬部腫瘤切除術および歯石除去を実施した症例, 佐野 忠士, SURGEON, 18, (4) 70 - 74,   2014 07
犬におけるアルファキサロンとプロポフォールの麻酔導入効果の比較, 山本拓也, 田村純, 石塚友人, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 遠藤雄介, 樋口千佳, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Supplement 1) 211 - 211,   2014 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402202277512754
抗補体治療の臨床応用へ向けた取り組み 敗血症における抗補体治療が果たす役割は?, 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 宮庄 拓, 山下 和人, 田村 純, 河村 芳朗, 佐野 忠士, 井上 聡, 補体, 52, (1) 29 - 30,   2015 08
猫におけるアルファキサロンとプロポフォールの麻酔効果の比較, 福留希慧, 田村純, 石塚友人, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 遠藤雄介, 樋口千佳, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Supplement 1) 210 - 210,   2014 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402208845891291
マロピタントとカルプロフェンの併用投与が犬のセボフルランMAC‐BARに及ぼす影響, 堀江眞季, 福井翔, 田村純, 石塚友人, 伊丹貴晴, 大山紀彦, 川瀬広大, 遠藤雄介, 樋口千佳, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Supplement 1) 234 - 234,   2014 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402211473985716
学ぼう!輸液療法 第28回 現場の声に答える!Part4~輸液の種類に関するQ&A~, 佐野忠士, AS, 27, (7) 24 - 27,   2015 07 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502211104698167
血圧測定法の理解, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Supplement 1) 81 - 81,   2014 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402211647285280
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第26回 麻酔・疼痛管理のQ&A 最終回―これまでに寄せられた読者からの質問―, 前田賢一, 柴田早苗, 佐野忠士, 山下和人, Surgeon, 19, (4) 68 - 76,   2015 07 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502204657651529
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法 第15回 輸液の種類について学ぶ!Part 2, 佐野忠士, AS, 26, (6) 22 - 26,   2014 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402226161361119
酪農学園大学附属動物病院麻酔科における犬猫の麻酔関連偶発死亡例, 仙波惠張, 田村純, 石塚友人, 伊丹貴晴, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 遠藤雄介, 樋口千佳, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Supplement 1) 236 - 236,   2014 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402217685594278
カンガルー病罹患カンガルーの血漿エンドトキシン活性値, 外平友佳理, 外平友佳理, 佐々木春香, 鈴木一由, 能田淳, 佐野忠士, 土谷正和, 横田博, 浅川満彦, 日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 21st,   2015 07 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201702224713292293
犬臨床麻酔例の麻酔導入におけるアルファキサロンとプロポフォールの比較, 松本恵里香, 田村純, 石塚友人, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 遠藤雄介, 樋口千佳, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Supplement 1) 211 - 211,   2014 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402256577085141
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技(第26回)(最終回) 麻酔・疼痛管理のQ&A これまでに寄せられた読者からの質問, 前田 賢一, 柴田 早苗, 佐野 忠士, 山下 和人, SURGEON, 19, (4) 68 - 76,   2015 07
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法 第14回 輸液の種類について学ぶ!Part1, 佐野忠士, AS, 26, (5) 20 - 26,   2014 05 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402209638823703
メデトミジン‐ブトルファノール‐アルファキサロン混合筋肉内投与による犬の注射麻酔法の検討, 田村純, 畠山直大, 石塚友人, 伊丹貴晴, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 遠藤雄介, 樋口千佳, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Supplement 1) 199 - 199,   2014 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402283210874767
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第21回 内分泌疾患の症例に対する麻酔・疼痛管理 右側副腎摘出術を実施した症例, 佐野忠士, Surgeon, 18, (3) 65 - 70,   2014 05 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402261513931077
続 牛の補液・輸液療法―応用編1 実践的輸液療法(後編)周術期の輸液:周術期における体液変化の理論と輸液管理, 佐野忠士, 臨床獣医, 32, (2) 20 - 23,   2014 02 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402258113130970
学ぼう!輸液療法 第27回 現場の声に答える!Part 3~熱中症の犬(猫)の輸液Q&A~, 佐野忠士, AS, 27, (6) 30 - 35,   2015 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502261708543729
周術期管理について~栄養を軸に麻酔管理を見直す!~第3回 術後(麻酔後)の栄養管理, 佐野忠士, CAP (Companion Anim Pract), 29, (296) 115 - 125,   2014 02 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402262860647687
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第27回) 現場の声に答える!(Part3) 熱中症の犬(猫)の輸液Q&A, 佐野 忠士, as: animal specialist, 27, (6) 30 - 35,   2015 06
学ぼう!輸液療法 第26回 現場の声に答える!Part 2~食欲不振(嘔吐)を示す犬の輸液Q&A~, 佐野忠士, AS, 27, (5) 28 - 34,   2015 05 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502263846002421
周術期管理について~栄養を軸に麻酔管理を見直す!~第2回 術中(麻酔中)の栄養管理, 佐野忠士, CAP (Companion Anim Pract), 29, (295) 103 - 109,   2014 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402231165031206
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第26回) 現場の声に答える!(Part2) 食欲不振(嘔吐)を示す犬の輸液Q&A, 佐野 忠士, as: animal specialist, 27, (5) 28 - 34,   2015 05
学ぼう!輸液療法 第25回 現場の声に答える!Part 1~慢性腎不全の猫の輸液Q&A~, 佐野忠士, AS, 27, (4) 30 - 35,   2015 04 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502224564288602
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第25回) 現場の声に答える!(Part1) 慢性腎不全の猫の輸液Q&A, 佐野 忠士, as: animal specialist, 27, (4) 30 - 35,   2015 04
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技(第20回) 糖尿病症例に対する麻酔・疼痛管理 神経学的異常の診断のためMRI検査を実施した症例, 佐野 忠士, SURGEON, 18, (2) 79 - 82,   2014 03
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第11回) 三方活栓について学ぶ!, 佐野 忠士, as: animal specialist, 26, (2) 24 - 31,   2014 02
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第10回) シリンジポンプについて学ぶ!(Part2) アラームが鳴ったとき、どうする?, 佐野 忠士, as: animal specialist, 26, (1) 24 - 29,   2014 01
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技(第19回) 麻酔・疼痛管理のQ&A これまでに寄せられた読者からの質問, 佐野 忠士, 井芹 俊恵, 今井 彩子, 長濱 正太郎, 山下 和人, 榎本 昌孝, SURGEON, 18, (1) 68 - 75,   2014 01
周術期管理について~栄養を軸に麻酔管理を見直す!~第1回 術前(麻酔前)の栄養管理, 佐野忠士, CAP (Companion Anim Pract), 28, (294) 107 - 112,   2013 12 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402275295091461
アルファキサロン筋肉内投与による猫の鎮静法の検討, 田村純, 石塚友人, 伊丹貴晴, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (Supplement 2) 223 - 223,   2013 12 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402202108127345
Q&A循環器学(第9回) 全身麻酔中の低心拍は、なぜ起こる? 対処法は?, 佐野 忠士, Veterinary Circulation, 3, (3) 119 - 119,   2014 08
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第17回) 輸液量の決め方(Part 2) さまざまな事例における輸液量の決定, 佐野 忠士, as: animal specialist, 26, (8) 20 - 24,   2014 08
プロポフォール再考, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (Supplement 2) 78 - 79,   2013 12 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402279284807010
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第16回) 輸液量の決め方(Part 1) 生体内の水の出入りを考える!, 佐野 忠士, as: animal specialist, 26, (7) 22 - 25,   2014 07
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第9回) シリンジポンプについて学ぶ!(Part1) 基本操作編, 佐野 忠士, as: animal specialist, 25, (12) 24 - 29,   2013 12
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法 第8回 輸液ポンプについて学ぶ!Part2~臨床現場で多く見られる“異常状態”とその対処法について~, 佐野忠士, AS, 25, (11) 24 - 29,   2013 11 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302286944104688
DJDの新戦略となりうるか!?―“保存的”治療による戦い―, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 34th, (3) 206 - 207,   2013 11 15 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402211921351545
救急医療体制を考える 蘇生データとICU管理 蘇生データの収集について, 佐野 忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Suppl.1) 108 - 109,   2014 06
短頭種における麻酔管理の押さえどころ, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 34th, (3) 260 - 262,   2013 11 15 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402239092909730
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第13回) 留置針と翼状針, 佐野 忠士, as: animal specialist, 26, (4) 22 - 28,   2014 04
猫は小さな犬ではなかった!―麻酔薬における猫と犬の差―, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 34th, (3) 135 - 136,   2013 11 15 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402272819157555
Anesthesia-associated Death in 160 Rabbits, 石田智子, 小沼守, 小野貞治, 村上彬祥, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (1) 7 - 12,   2014 04 , 10.2327/jvas.45.7, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402279423296913, The unexpected deaths of 160 rabbits undergoing anesthesia were examined retrospectively. All rabbits were assessed according to the American Society of Anesthesiologists (ASA) physical status classification system based on pre-anesthetic examination, laboratory tests and imaging findings. Abnormalities were evident on X-ray images in 4.7% (two out of 43) of the ASA class I cases. Of the ASA class II cases, 22.6% (12 out of 53) had abnormalities detected on laboratory testing, and 30.0% (15 out of 50) had abnormal imaging findings. The incidence of anesthesia-related death was 1.9%. None of the healthy rabbits undergoing ovariohysterectomy or castration died; however, anesthesia-related death occurred in three rabbits, one with uterine disease, one with a urinary calculus and one with gastrointestinal obstruction. One of these cases was classified as ASA class III and the remaining two as class IV. Two rabbits died 1 hour after premedication and the other died 18 hours after surgery due to a cardiac arrest. Our findings suggest that rabbits with ASA class III or IV physical health status are at higher risk of anesthesia-related death, so careful monitoring should be instituted for 24 hours after starting treatment.
学ぼう!輸液療法 第24回 急性期にある看護動物の輸液看護, 佐野忠士, AS, 27, (3) 24 - 29,   2015 03 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502205155689544
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第24回) 急性期にある看護動物の輸液看護, 佐野 忠士, as: animal specialist, 27, (3) 24 - 29,   2015 03
学ぼう!輸液療法 第23回 輸液実施中の看護動物の援助, 佐野忠士, AS, 27, (2) 22 - 27,   2015 02 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502235186385922
学ぼう!輸液療法 第22回 輸液看護の実践 Part5~血糖管理の難しさを知る!~, 佐野忠士, AS, 27, (1) 22 - 27,   2015 01 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502213419411895
学ぼう!輸液療法 第21回 輸液看護の実践 Part4~肺水腫を極める!~, 佐野忠士, AS, 26, (12) 26 - 30,   2014 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502256998683134
「安全だから!どんな症例でも吸入麻酔!!は本当か!?」, 佐野忠士, 北海道獣医師会雑誌, 57, (8) 429 - 429,   2013 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302208043334675
犬の白内障手術におけるロクロニウム筋弛緩維持量の臨床的検討, 森俊輔, 石塚友人, 田村純, 伊丹貴晴, 三好健二郎, 前原誠也, 佐野忠士, 山下和人, 北海道獣医師会雑誌, 57, (8) 382 - 382,   2013 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302217474506197
周術期疼痛管理の実際 1)犬の疼痛管理, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 45, (Supplement 2) 95 - 96,   2014 12 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402281886117257
犬の麻酔導入におけるアルファキサロンの臨床応用, 安田知世, 石塚友人, 田村純, 福井翔, 伊丹貴晴, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 北海道獣医師会雑誌, 57, (8) 383 - 383,   2013 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302241359476320
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第12回) 中心静脈カテーテルについて学ぶ!, 佐野 忠士, as: animal specialist, 26, (3) 24 - 28,   2014 03
RECOVER Guidelines 2017に向けて! マネキンを用いたCPRトレーニング, 佐野 忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (Suppl.2) 104 - 104,   2013 12
【麻酔のメカニズムと麻酔管理の実際】 麻酔管理の実際, 佐野 忠士, J-VET, 26, (11) 36 - 42,   2013 11
"動物看護師として"周術期管理を学ぶ!(Part II) 麻酔薬の循環・呼吸器への作用の理解, 佐野 忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 34回, (4) 31 - 32,   2013 11
末期状態の変性性脊髄症(Degenerative Myelopathy; DM)のリハビリにおける看護的注意点, 矢部 由希乃, 河合 茉莉子, 小森 千聖, 佐野 忠士, 北川 勝人, 手島 健次, 伊藤 大介, 亘 敏広, 津曲 茂久, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 34回, (4) 107 - 109,   2013 11
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第4回) 体液の基礎知識と評価〜電解質編〜, 佐野 忠士, as: animal specialist, 25, (7) 18 - 22,   2013 07
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技(第17回) 腎疾患または腎機能低下の症例に対する麻酔・疼痛管理 尿管結石摘出術を実施した症例, 佐野 忠士, 森 俊輔, SURGEON, 17, (4) 96 - 100,   2013 07
前負荷増大モデル犬における経肺熱希釈法を用いた呼吸機能モニタリングの評価, 遠藤雄介, 石塚友人, 華園究, 田村純, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 伊丹貴晴, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (Supplement 1) 213 - 213,   2013 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302210532405555
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第7回) 輸液ポンプについて学ぶ! 基本構造の理解と輸液開始まで, 佐野 忠士, as: animal specialist, 25, (10) 40 - 47,   2013 10
アセプロマジン,メデトミジンを用いた術後管理に関する報告, 佐武川光, 佐野忠士, 山谷吉樹, 手島健次, 亘敏広, 津曲茂久, Twig’s, 59,   2013 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402219490403683
犬の外科手術症例における術前の静脈血血液ガス分析および血中乳酸濃度, 酒田尚志, 田村純, 石塚友人, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 伊丹貴晴, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (Supplement 1) 213 - 213,   2013 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302245556053658
ミダゾラム・フェンタニルによる麻酔導入効果についての検討, 篠崎達也, 佐野忠士, 山谷吉樹, 手島健次, 亘敏広, 津曲茂久, 北川勝人, 滝山直昭, 上地正実, Twig’s, 59,   2013 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402276341856733
学ぼう!輸液療法 第20回 輸液看護の実践 Part3~血管外漏出を考える~, 佐野忠士, AS, 26, (11) 24 - 29,   2014 11 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402227459138869
メデトミジン‐リドカイン‐ブトルファノール‐プロポフォールを用いた馬の全静脈麻酔法の臨床応用, 野田龍介, 石塚友人, 田村純, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 伊丹貴晴, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (Supplement 1) 221 - 221,   2013 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302266913916683
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第20回) 輸液看護の実践(Part 3) 血管外漏出を考える, 佐野 忠士, as: animal specialist, 26, (11) 24 - 29,   2014 11
猫は小さな犬ではなかった!~猫におけるセボフルランのMACとMAC‐BAR~, 明石尚子, 田村純, 石塚友人, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 伊丹貴晴, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (Supplement 1) 222 - 222,   2013 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302269917419977
慢性痛リーフレットの紹介, 左近允 巌, 浅川 誠, 今井 彩子, 枝村 一弥, 奥村 正裕, 佐野 忠士, 永延 清和, 西村 亮平, 山下 和人, 高島 一昭, 山根 義久, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 35回, (4) 7 - 10,   2014 11
僧帽弁閉鎖不全症を伴った各病気(疾患)別における麻酔管理 マイナーサージェリーにおける麻酔管理, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (Supplement 1) 58 - 60,   2013 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302297702507020
アンダーウォータートレッドミルと陸上用トレッドミルの使用感の比較, 矢部 由希乃, 河合 茉莉子, 小森 千聖, 枝村 一弥, 佐野 忠士, 伊藤 大介, 手島 健次, 北川 勝人, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 35回, (4) 81 - 83,   2014 11
学ぼう!輸液療法 第19回 輸液看護の実践 Part 2~静脈炎を極める!~, 佐野忠士, AS, 26, (10) 20 - 25,   2014 10 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402239326335627
伴侶動物におけるリハビリテーションの役割, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 16th, (Vol.2) 065 - 066,   2014 09 26 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502209728926002
緊急症例に対する麻酔管理, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 16th, (Vol.1) 481 - 482,   2014 09 26 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502254515391828
エマージェンシー患者の対処法:電話対応から実際のサポートまで, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 16th, (Vol.2) 069 - 070,   2014 09 26 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502258293389108
椎間板ヘルニア―術後のケアとリハビリテーションの実際―, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 16th, (Vol.2) 067 - 068,   2014 09 26 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502263822714510
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第22回 僧房弁閉鎖不全の症例に対する麻酔・疼痛管理 頬部腫瘤切除術および歯石除去を実施した症例, 佐野忠士, Surgeon, 18, (4) 70 - 74,   2014 07 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402285297498246
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第5回) 体液の基礎知識 水の濃さの理解, 佐野 忠士, as: animal specialist, 25, (8) 20 - 26,   2013 08
ブタ敗血症モデルにおける,C1‐inhibitor投与効果の検討, 今長谷尚史, 阪本雄一郎, 宮庄拓, 山下和人, 田村純, 伊丹貴晴, 石塚友人, 河村芳朗, 佐野忠士, 井上聡, 補体シンポジウム講演集, 50th,   2013 07 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302203747448798
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法(第6回) 体液の基礎知識 酸・塩基平衡, 佐野 忠士, as: animal specialist, 25, (9) 24 - 31,   2013 09
犬におけるロクロニウムの筋弛緩維持量の検討 白内障手術における臨床的検討, 塚原 稔弘, 伊丹 貴晴, 石塚 友人, 田村 純, 福井 翔, 大山 紀彦, 川瀬 広大, 三好 健二郎, 前原 誠也, 佐野 忠士, 山下 和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (Suppl.1) 223 - 223,   2013 06
犬におけるロクロニウムの筋弛緩維持量の検討 ロクロニウムとセボフルランの相互作用, 松川 聖司, 石塚 友人, 田村 純, 福井 翔, 大山 紀彦, 川瀬 広大, 伊丹 貴晴, 三好 健二郎, 佐野 忠士, 山下 和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (Suppl.1) 224 - 224,   2013 06
Free Radical Elective Evaluatorを用いた麻酔時の犬における酸化ストレスの測定, 小川奈緒子, 鯉江洋, 佐野忠士, 森司, 金山喜一, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 155th,   2013 03 04 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302244425000250
麻酔前酸素化処置における気流解析と酸素濃度に関する研究, 中山駿矢, 鯉江洋, 佐野忠士, 金山喜一, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 155th,   2013 03 04 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302277556726155
学ぼう!輸液療法 第12回 中心静脈カテーテルについて学ぶ!, 佐野忠士, AS, 26, (3) 24 - 28,   2014 03 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402252633372048
麻酔科獣医師の思考と手技 第20回 糖尿病症例に対する麻酔・疼痛管理 神経学的異常の診断のためMRI検査を実施した症例, 佐野忠士, Surgeon, 18, (2) 79 - 82,   2014 03 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402231771400942
学ぼう!輸液療法 第11回 三方活栓について学ぶ!, 佐野忠士, AS, 26, (2) 24 - 31,   2014 02 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402212949527149
学ぼう!輸液療法 第10回 シリンジポンプについて学ぶ!Part 2~アラームが鳴ったとき,どうする?~, 佐野忠士, AS, 26, (1) 24 - 29,   2014 01 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402218628841311
麻酔科獣医師の思考と手技 第19回 麻酔・疼痛管理のQ&A―これまでに寄せられた読者からの質問―, 佐野忠士, 井芹俊恵, 今井彩子, 榎本昌孝, 長濱正太郎, 山下和人, Surgeon, 18, (1) 68 - 75,   2014 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402254949901533
Clinical Evaluation of Intraoperative Multimodal Analgesia Using Constant Rate Infusion of Morphine-Lidocaine-Ketamine Drug Combination in Dogs Undergoing Hemilaminectomy, 伊丹貴晴, 熊本奈津子, 石塚友人, 田村純, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 三好健二郎, 佐野忠士, 上野博史, 泉澤康晴, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 44, (3+4) 23 - 30,   2013 10 , 10.2327/jvas.44.23, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402249418739185, Anesthetic and cardiorespiratory effects of nitrous oxide-oxygen-sevoflrane (GOS) anesthesia with or without a constant rate infusion (CRI) of morphine (0.2 mg/kg/hr) lidocaine (3 mg/kg/hr) and ketamine (0.6 mg/kg/hr) drug combination (MLK-CRI) were evaluated in 50 dogs undergoing hemilaminectomy. All dogs premedicated with an intravenous midazolam (0.3 mg/kg) and intramuscular morphine (0.3 mg/kg) and anesthetized with an intravenous propofol (6 mg/kg). Surgical depth of anesthesia was maintained by GOS with (n=25) or without (n=25) MLK-CRI. Total anesthesia time and extubation time were 83 ± 9 and 17 ± 12 minutes in dogs anesthetized with MLK-CRI or 105 ± 20 and 4 ± 3 minutes in dogs anesthetized without MLK-CRI. The end-tidal sevoflurane concentrations during surgery were 1.50–1.85% or 1.95–2.05% in dogs anesthetized by GOS with or without MLK-CRI, respectively. The sevoflurane requirements for maintaining surgical depth of anesthesia was reduced up to approximately 27% without severe cardiovascular suppression in the dogs receiving MLK-CRI. On the other hand, controlled ventilation was indispensable during anesthesia and extubation time was prolonged in the dogs receiving MLK-CRI. In conclusion, MLK-CRI is clinically useful for sparing with anesthetic requirement and preserving cardiac function during anesthesia, however, it should be aware of respiratory suppression and possibility of prolonged recovery in dogs receiving MLK-CRI.
マネキンを用いたCPRトレーニング, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 44,   2013 12 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402233831554270
学ぼう!輸液療法 第9回 シリンジポンプについて学ぶ!Part 1~基本操作編~, 佐野忠士, AS, 25, (12) 24 - 29,   2013 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402252452514088
学ぼう!輸液療法 第7回 輸液ポンプについて学ぶ!~基本構造の理解と輸液開始まで~, 佐野忠士, AS, 25, (10) 40 - 47,   2013 10 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302231609019960
臨床例から学ぶハイリスク症例への麻酔の実際, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 15th, (Vol.1) 460 - 461,   2013 09 27 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402201414339660
水中での安静や運動により生じる犬の唾液中コルチゾール濃度変化, 福澤めぐみ, 矢口ゆず子, 宮下千尋, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 15th, (Vol.1) 632 - 633,   2013 09 27 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402263033314321
術前の麻酔リスク評価とインフォームド・コンセント―何を調べて,どう評価し,どう伝えるか?―, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 15th, (Vol.1) 458 - 459,   2013 09 27 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402263992248982
教えて!動物の痛みのサインとは?―痛みを伴う状態や疾患とその対応―, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 15th, (Vol.2) 168 - 170,   2013 09 27 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201402267083205235
学ぼう!輸液療法 第6回 体液の基礎知識~酸・塩基平衡~, 佐野忠士, AS, 25, (9) 24 - 31,   2013 09 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302244581444517
学ぼう!輸液療法 第5回 体液の基礎知識~水の濃さの理解~, 佐野忠士, AS, 25, (8) 20 - 26,   2013 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302275872590769
学ぼう!輸液療法 第4回 体液の基礎知識と評価~電解質編~, 佐野忠士, AS, 25, (7) 18 - 22,   2013 07 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302260403408901
―麻酔の基礎とモニタリング―基礎からおさえる周術期麻酔管理~麻酔薬の選択とモニタリング~, 佐野忠士, CAP (Companion Anim Pract), (289) 22 - 31,   2013 07 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302227569177420
麻酔科獣医師の思考と手技 第17回 腎疾患または腎機能低下の症例に対する麻酔・疼痛管理 尿管結石摘出術を実施した症例, 佐野忠士, 森俊輔, Surgeon, 17, (4) 96 - 100,   2013 07 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302267311647815
犬におけるロクロニウムの筋弛緩維持量の検討 1.白内障手術における臨床的検討, 塚原稔弘, 伊丹貴晴, 石塚友人, 田村純, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 三好健二郎, 前原誠也, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 44,   2013 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302223596901674
犬におけるロクロニウムの筋弛緩維持量の検討 2.ロクロニウムとセボフルランの相互作用, 松川聖司, 石塚友人, 田村純, 福井翔, 大山紀彦, 川瀬広大, 伊丹貴晴, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 44,   2013 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302259317596349
学ぼう!輸液療法 第3回 体液の基礎知識と評価~水分編~, 佐野忠士, AS, 25, (6) 24 - 29,   2013 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302260091450905
学ぼう!輸液療法 第2回 輸液剤の投与経路について学ぼう!, 佐野忠士, AS, 25, (5) 24 - 29,   2013 05 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302236015983394
基礎から実践までしっかり理解 学ぼう!輸液療法 第1回 輸液を学ぶ前の心構え, 佐野忠士, AS, 25, (4) 36 - 39,   2013 04 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302263307146962
Nutrition for the prevention of canine orthopedic diseases in the growth phase, 佐野 忠士, ペット栄養学会誌, 16, (1) 25 - 29,   2013 04 10 , 10.11266/jpan.16.25, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019704988
猫の痛みについて考える そのサインを見逃さないで!, 佐野忠士, 入交眞巳, AS, 25, (3) 11 - 21,   2013 03 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302272893840588
Basic Study of Radial Endoscopic Ultrasound in the Duodenum in Normal Dogs, 林幸太郎, 佐野忠士, 阪本裕美, 岡西広樹, 賀川由美子, 亘敏広, 動物臨床医学, 22, (1) 017 - 020,   2013 03 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302216051561993, The findings of radial endoscopic ultrasound (EUS) and abdominal ultrasound (AUS) in the descending part of the duodenum in healthy dogs were compared, and the usefulness of radial EUS was assessed. Like AUS, radial EUS could distinguish the layered structure of the duodenum, i.e., the mucosal layer, submucosal layer, mucsularis layer, and serosa layer. Further, EUS was able to distinguish the mucosal surface layer and the mucosal layer in the mucosal layer. The total of mucosal and submucosal layers measured by AUS was 0.4 mm thicker than that measured by radial EUS (p<0.05). There was also a correlation between body weight and the total thickness of the mucosal and submucosal layers (p<0.0001, r=0.67). Therefore, when using radial EUS, it is necessary to consider the difference of thickness, and accordingly a new reference value should be determined on basis of body weight. In the future, specific changes in the mucosal structure of gastrointestinal diseases might be observed more closely by radial EUD.
麻酔科獣医師の思考と手技 第16回 救急症例に対する麻酔・疼痛管理 胃拡張捻転症候群に緊急手術を実施した症例, 佐野忠士, 田村純, 風間善道, 山下和人, Surgeon, 17, (2) 84 - 88,   2013 03 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302257637242607
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第15回 高齢動物に対する麻酔・疼痛管理 肝臓腫瘤に対する中央肝区域切除術および胆嚢切除術の症例, 佐野忠士, 篠崎達也, 手島健次, Surgeon, 17, (1) 94 - 98,   2013 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302249915075765
新規自着性伸縮包帯〈クラシール〉の臨床使用に関する基礎的研究, 佐野忠士, 小沼守, 足立篤美, 清岡純人, 寶満隼人, 津曲茂久, MVM, 22, (1) 57 - 60,   2013 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302299418710268
RECOVERガイドライン パート7, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 43, (Supplement 2) 86 - 88,   2012 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302258154407288
健常犬および健常猫における覚醒安静時の動脈血および静脈血の血液ガス分析所見, 田村純, 伊丹貴晴, 石塚友人, 福井翔, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 43,   2012 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302258685814171
犬の前負荷増大モデルにおける経肺熱希釈法を用いた心拍出量測定法の検討, 伊丹貴晴, 華園究, 石塚友人, 田村純, 福井翔, 三好健二郎, 佐野忠士, 山下和人, 獣医麻酔外科学雑誌, 43,   2012 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302265738939024
Nutrition for the prevention of canine orthopedic diseases in the growth phase, Sano Tadashi, Journal of Pet Animal Nutrition, 16, (1) 25 - 29,   2013 , 10.11266/jpan.16.25, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004951824
周術期管理において何か“もう少し”できるか?, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 43, (Supplement 2) 225 - 226,   2012 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302282967987883
術前・術後のフードはどう選択していますか?―傷の治癒と周術期における栄養管理の関係性―絶食・絶水指示の時間の決定要因は?Question!術前の絶食指示はどうしていますか?, 佐野忠士, Clin Note, 8, (12) 24 - 28,   2012 12 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302267725953551
術前・術後のフードはどう選択していますか?―傷の治癒と周術期における栄養管理の関係性―食事と水は術後回復の“カギ”となる 赤い糸で結ばれる栄養管理と術後の回復~術前・術後のフード選択の必要性とは?, 佐野忠士, Clin Note, 8, (12) 40 - 44,   2012 12 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302286118933600
ミダゾラム・フェンタニルによる麻酔導入効果についての検討, 篠崎達也, 佐野忠士, 山谷吉樹, 手島健次, 亘敏広, 津曲茂久, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 33rd, (2) 339 - 340,   2012 11 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302212771495151
慢性痛:前十字靭帯断裂―犬の慢性痛評価基準の作成(最終報告)―, 左近允巌, 浅川誠, 今井彩子, 枝村一弥, 奥村正裕, 佐野忠士, 永延清和, 西村亮平, 山下和人, 高島一昭, 山根義久, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 33rd, (3) 177 - 181,   2012 11 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302222137094948
アセプロマジン,メデトミジンを用いた術後管理に関する報告, 武川光, 佐野忠士, 山谷吉樹, 手島健次, 亘敏広, 津曲茂久, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 33rd, (2) 337 - 338,   2012 11 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302229685984174
フレクスターによる新規伸縮性包帯の臨床使用に関する基礎的研究, 佐野忠士, 小島健太郎, 平林弘行, 成田直樹, 太田茂雄, 足立篤美, 清岡純人, 寳満隼人, 津曲茂久, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 33rd, (3) 154 - 155,   2012 11 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302248475044033
猫の疼痛管理, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 14th, (Vol.1) 347 - 348,   2012 09 28 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302211138038578
麻酔薬の作用と麻酔モニター中の危険なサイン, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 14th, (Vol.2) 107 - 108,   2012 09 28 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302217670956346
鎮痛薬を使いこなす―外科手術での活用編―見逃していませんか?犬と猫からのメッセージ 痛みのサイン, 佐野忠士, Clin Note, 8, (9) 12 - 15,   2012 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202242372172321
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第13回 白内障の外科手術に対する麻酔・疼痛管理 トイ・プードル,2歳4カ月齢の症例, 佐野忠士, 滝山直昭, 芹沢佑一郎, 寺崎絵理, Surgeon, 16, (5) 67 - 71,   2012 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202265448646751
外科手術と栄養管理~術後の早期栄養給与の有用性について考える~, 佐野忠士, Clin Note, 8, (11) 74 - 77,   2012 11 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202283410680245
鎮痛薬を使いこなす―外科手術での活用編―各手術/症例に合わせた鎮痛薬の選択方法 鎮痛薬の活用術, 佐野忠士, Clin Note, 8, (9) 17 - 22,   2012 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202274585647187
バルーン拡張術にて治療を行った食道狭窄の犬および猫の12例, 清水七衣, 福永恵太, 田村悠, 大橋慎也, 吉岡麗, 佐野忠士, 亘敏広, Twig’s, 58,   2012 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302204411536261
高齢動物の麻酔管理のポイント整理, 佐野忠士, Twig’s, 58,   2012 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302207486892216
麻酔科獣医師の思考と手技 第12回 麻酔・疼痛管理のQ&A―これまでに寄せられた読者からの質問―, 佐野忠士, 山下和人, 今井彩子, 長濱正太郎, 井芹俊恵, Surgeon, 16, (4) 64 - 73,   2012 07 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202265955985754
皮下気腫・気胸後に脳空気塞栓症と循環不全が続発したフレンチブルドックの一例, 八重樫昌也, 山谷吉樹, 佐野忠士, 亘敏広, 獣医麻酔外科学雑誌, 43,   2012 06 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202223720785460
伴侶動物の心肺脳蘇生指針(案), 佐野忠士, 間弘子, 浅川誠, 井芹俊恵, 今井彩子, 岡野昇三, 永延清和, 長濱正太郎, 西村亮平, 根津欣典, 藤井洋子, 宮部貴子, 山下和人, 山谷吉樹, 獣医麻酔外科学雑誌, 43,   2012 06 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202295766605904
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第11回 前十字靭帯断裂の外科手術に対する麻酔・疼痛管理 ヨークシャー・テリア,12歳齢の症例, 佐野忠士, 武川光, 青木ひろみ, 枝村一弥, Surgeon, 16, (3) 82 - 86,   2012 05 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202225002024224
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 ウェルシュ・コーギー,10歳7カ月齢の症例, 佐野忠士, 手島健次, 尾石貫太, 大原万里英, 武川光, 浅野和之, Surgeon, 16, (2) 88 - 92,   2012 03 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202292910643345
犬の成長期整形外科疾患予防のための栄養, 佐野忠士, ペット栄養学会誌, 15, (0) 24 - 25,   2012 07 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202263385411918
経鼻カテーテルを用いた呼吸終末CO2分圧測定法の臨床的有用性についての検討, 佐野忠士, 芹澤佑一郎, 山谷吉樹, 手島健次, 亘敏広, 津曲茂久, 日本獣医師会獣医学術学会年次大会講演要旨集, 2011,   2012 01 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502200922184630
超低脂肪食(ultra low fat diet)による食事療法を行った腸リンパ管拡張症の9例, 吉岡麗, 田村悠, 福永恵太, 大橋慎也, 佐野忠士, 亘敏広, 日本獣医師会獣医学術学会年次大会講演要旨集, 2011,   2012 01 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502209059859621
異なる栄養給与法が周術期管理に及ぼす影響, 佐野忠士, 手島健次, 山谷吉樹, 亘敏広, 津曲茂久, ペット栄養学会誌, 15, (0) 36 - 37,   2012 07 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202281706349312
猫の疼痛管理についての検討事項, 佐野忠士, MVM, 21, (1) 36 - 38,   2012 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202257590805139
麻酔科獣医師の思考と手技 第9回 上部気道の外科手術に対する麻酔・疼痛管理, 佐野忠士, 駒崎瀬利, 大原万里英, 安倍敬博, 浅野和之, Surgeon, 16, (1) 86 - 90,   2012 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202288979310685
低血圧モデル犬に対する塩酸エフェドリン持続点滴および塩酸ドパミン持続点滴による循環動態の変化の比較, 金本祐佳, 手島健次, 佐野忠士, 飯田玄徳, 中野令, 関真美子, 石垣久美子, 枝村一弥, 浅野和之, 獣医麻酔外科学雑誌, 42,   2011 12 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202203278599162
鎮静と不動化, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 42, (Supplement 2) 71 - 72,   2011 12 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202262231471113
全身麻酔下の犬に対する酢酸リンゲル静脈内ボーラス投与による降圧作用の検討, 川上真理子, 手島健次, 佐野忠士, 飯田玄徳, 中野令, 関真美子, 石垣久美子, 枝村一弥, 浅野和之, 獣医麻酔外科学雑誌, 42,   2011 12 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202293776139755
ダックスとコーギーのリハビリテーション―代表的疾患に対する“最適な”リハビリを考える―, 浅利和人, 柄本浩一, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 32nd, (1) 112 - 114,   2011 11 18 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202235698320480
骨関節炎(OA)の非外科的治療―栄養管理の重要性からリハビリテーションまで―, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 32nd, (3) 234 - 235,   2011 11 18 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202267352173669
動物の周術期における疼痛管理指針(案)麻酔・疼痛管理専門部会からの提案, 間弘子, 浅川誠, 井芹俊恵, 今井彩子, 岡野昇三, 佐野忠士, 永延清和, 長濱正太郎, 西村亮平, 根津欣典, 藤井洋子, 宮部貴子, 山下和人, 山谷吉樹, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 32nd, (3) 207 - 208,   2011 11 18 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201202290036927769
見落としはない?犬と猫の変形性関節症!猫の骨関節症の診断・管理のポイント, 佐野忠士, MVM, 20, (7) 20 - 25,   2011 11 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102272534860390
五感を駆使した麻酔モニタリング―麻酔モニタリングの原点―(麻酔管理のベーシック), 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 13th, (Vol.2) 129 - 130,   2011 09 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102223896004254
猫の疼痛管理―何とも(ニャンとも)難しい猫の痛みについて考える―, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 13th, (Vol.1) 345 - 347,   2011 09 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102274690437689
モニタリング中の「危険なサイン」を見逃すな!(麻酔管理のアドバンス), 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 13th, (Vol.2) 131 - 132,   2011 09 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102289367942410
麻酔のモニタリング完全制覇―前編―, 佐野忠士, Clin Note, 7, (9) 21 - 36,   2011 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102241553573863
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第7回 門脈体循環シャント手術に対する麻酔・疼痛管理 チワワ,6歳齢の症例, 駒崎瀬利, 青木ひろみ, 佐野忠士, 浅野和之, Surgeon, 15, (5) 72 - 76,   2011 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102270682658204
経鼻カテーテルを用いた呼気終末CO2分圧測定法の臨床的有用性についての検討, 芹澤佑一郎, 佐野忠士, 佐野忠士, 山谷吉樹, 山谷吉樹, 手島健次, 手島健次, 田村悠, 田村悠, 福永恵太, 福永恵太, 大橋慎也, 大橋慎也, 吉岡麗, 吉岡麗, 亘敏広, 亘敏広, 津曲茂久, 津曲茂久, 関東・東京合同地区獣医師大会・獣医学術関東・東京合同地区学会, 2011,   2011 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602230327972006
バルーン拡張術にて治療を行った食道狭窄の犬および猫の11例, 清水七衣, 福永恵太, 田村悠, 大橋慎也, 吉岡麗, 佐野忠士, 佐野忠士, 亘敏広, 亘敏広, 関東・東京合同地区獣医師大会・獣医学術関東・東京合同地区学会, 2011,   2011 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201602230611021496
幼若動物の麻酔管理, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 42, (Supplement 1) 66 - 67,   2011 06 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102229119757700
私の術後疼痛管理指針, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 42, (Supplement 1) 125 - 127,   2011 06 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102241316877815
動物の周術期における疼痛管理指針(案)麻酔・疼痛管理専門部会からの提案, 間弘子, 浅川誠, 井芹俊恵, 今井彩子, 岡野昇三, 佐野忠士, 永延清和, 長濱正太郎, 西村亮平, 根津欣典, 藤井洋子, 宮部貴子, 山下和人, 山谷吉樹, 獣医麻酔外科学雑誌, 42, (Supplement 1) 132 - 133,   2011 06 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102281691623610
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第5回 腹腔内手術に対する麻酔・疼痛管理 フレンチ・ブルドック,5歳3カ月齢の症例, 佐野忠士, Surgeon, 15, (3) 89 - 92,   2011 05 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102256211283704
眠っている?寝かせている?麻酔について考えよう, 佐野忠士, 日本獣医皮膚科学会学術大会・総会, 14th, (Vol.1) 486 - 487,   2011 03 11 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102237617670798
上部消化管内視鏡検査で診断した浅田棘口吸虫症の犬の一例, 岡西広樹, 阪本裕美, 林幸太郎, 山谷吉樹, 北川勝人, 大場茂夫, 佐野忠士, 伊藤大介, 松本淳, 野上貞雄, 賀川由美子, 亘敏広, 日本獣医皮膚科学会学術大会・総会, 14th,   2011 03 11 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102259446248921
部位別にわかる消化器疾患の検査と看護 口腔・咽頭/食道/胃/小腸/大腸/肝臓/膵臓, 佐野忠士, AS, 23, (3) 5 - 16,   2011 03 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102211922587087
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第4回 甲状腺の外科的切除に対する麻酔・疼痛管理 ビーグル,13歳1カ月齢の症例, 佐野忠士, Surgeon, 15, (2) 47 - 51,   2011 03 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102222122220608
周術期管理におけるストレス関連性反応に対する基礎的検討, 佐野忠士, 手島健次, 山谷吉樹, 鯉江洋, 浅野和之, 亘敏広, 日本獣医師会獣医学術学会年次大会講演要旨集, 2010,   2011 01 31 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502203683181453
下部呼吸器疾患を有する犬と猫の受動喫煙状況, 山谷吉樹, 佐野忠士, 伊藤大介, 大場茂夫, 北川勝人, 関真美子, 日本獣医師会獣医学術学会年次大会講演要旨集, 2010,   2011 01 31 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502207956105912
絶対に見落しちゃダメ!!把握しておきたい危険な症状, 佐野忠士, AS, 23, (1) 5 - 21,   2011 01 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102290426956215
麻酔科獣医師の思考と手技 第3回 体表腫瘍の外科的切除に対する麻酔・疼痛管理 雑種犬,6歳10カ月齢の症例, 佐野忠士, Surgeon, 15, (1) 75 - 79,   2011 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102266941596703
A Case of Pulmonary Aspergilloma in a Border Collie, ITO Kanako, YAMAYA Yoshiki, ASANO Kazushi, SANO Tadashi, WATARI Toshihiro, SIBUYA Hisashi, SATO Tsuneo, TANAKA Shigeo, Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery, 42, (1) 13 - 16,   2011 04 30 , 10.2327/jvas.42.13, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029659630
血液ガス分析を麻酔管理や日常診療に活かす 日本大学附属動物病院(ANMEC)の場合, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 41, (Supplement 2) 135 - 136,   2010 12 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102246145124262
麻酔前の呼吸機能検査としてBarometric Whole Body Plethysmographyを応用するための研究(装置の開発とその評価), 山谷吉樹, 佐野忠士, 伊藤大介, 北川勝人, 大場茂夫, 関真美子, 亘敏広, 獣医麻酔外科学雑誌, 41,   2010 12 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102296262177170
どんな症例でも使える!?リハビリテーションの実践的考え方, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 31st, (1) 133 - 134,   2010 11 19 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002241402904224
猫の診療 もう1度考え直そう!―具体的に考える猫の疼痛管理―, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 31st, (3) 191 - 193,   2010 11 19 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002295886553962
実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第2回 犬の胸腰部椎間板ヘルニア手術の麻酔・疼痛管理 ミニチュア・ダックスフンド,4歳4カ月齢の症例, 佐野忠士, Surgeon, 14, (6) 74 - 77,   2010 11 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002246907030379
看護的視点に立った痛みの管理, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 12th,   2010 09 17 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002231616431700
疼痛管理とリハビリテーション, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 12th,   2010 09 17 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002258686635171
椎間板ヘルニアのリハビリテーション, 佐野忠士, 日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング, 12th,   2010 09 17 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002264155895632
犬の第6頚髄および第7頚髄神経に形成された外傷性神経腫の1例, 丸尾育兵, 朴天鎬, 持田望美, 佐野忠士, 小嶋大亮, 畑井仁, 小山田敏文, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 150th,   2010 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002242530901269
A Case of Pulmonary Aspergilloma in a Border Collie, ITO Kanako, YAMAYA Yoshiki, ASANO Kazushi, SANO Tadashi, WATARI Toshihiro, SIBUYA Hisashi, SATO Tsuneo, TANAKA Shigeo, The Japanese Journal of Veterinary Anesthesiology, 42, (1) 13 - 16,   2011 , 10.2327/jvas.42.13, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004448794, A 19-month-old male Border Collie was referred for chronic cough and intermittent hemoptysis. A computed tomography (CT) scan of the chest revealed an air crescent sign, which results in air surrounded by radiopaque material along both its inner and outer margins, in a cavitary lesion in the left caudal lung lobe. Furthermore, a histological section obtained using CT-guided lung biopsy revealed fungal hyphae. Therefore, the animal was diagnosed with canine pulmonary aspergilloma. Antifungal therapy and lobectomy improved the dog's clinical course. Aspergillus fumigatus was isolated from resected specimens and confirmed by performing a histological test.
安全な麻酔のために スムーズな麻酔導入のために 麻酔導入について考える, 佐野忠士, Clin Note, 6, (9) 30 - 35,   2010 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002243214713368
犬における内視鏡超音波による十二指腸壁の評価, 林幸太郎, 阪本裕美, 岡西広樹, 佐野忠士, 坂井学, 亘敏広, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 150th,   2010 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002298419769012
獣医学領域におけるリハビリテーションについて考える, 佐野忠士, Twig’s, 56,   2010 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201102274833534567
鎮静薬とトランキライザー, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 41, (Supplement 1) 98 - 99,   2010 07 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002286395684950
リーダーズCLUBマラソンセミナー 第6回「あなたなら,どう触る,どう診る,どう眠らせる?」第2部 シチュエーション別の麻酔のポイント 第6回 こんな時どう眠らせる(3)~さまざまな状況における動物の麻酔~, 佐野忠士, Clin Note, 6, (5) 87 - 88,   2010 05 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002274859825805
interzoo リーダーズCLUBマラソンセミナー 第5回「あなたなら,どう触る,どう診る,どう眠らせる?」第2部 シチュエーション別の麻酔のポイント 第5回 こんな時どう眠らせる(2)~腎臓に問題がある動物の麻酔~, 佐野忠士, Clin Note, 6, (4) 78 - 79,   2010 04 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002220360172913
―最近における小動物臨床情報(III)―小動物臨床における鎮静・麻酔法の選択, 佐野忠士, 日本獣医師会雑誌, 63, (3) 168 - 170,   2010 03 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002235483501153
動物看護師の視点で行う痛みのケア 最終回 総合的な痛みのケア, 佐野忠士, AS, 22, (3) 16 - 19,   2010 03 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002292046842530
「あなたなら,どう触る,どう診る,どう眠らせる?」第2部 シチュエーション別の麻酔のポイント 第4回 こんな時どう眠らせる(1), 佐野忠士, Clin Note, 6, (3) 93 - 95,   2010 03 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002282052741759
勤務医のための診療マニュアルA to Z 第7回 鎮痛薬の使い方~分類と使い方の注意~, 佐野忠士, Clin Note, 6, (3) 67 - 74,   2010 03 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002295854262168
NSAIDsを用いたマルチモーダル鎮痛~メロキシカムを中心にした症例報告~, 佐野忠士, Clin Note, 6, (6) 81 - 92,   2010 06 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002254562554690
動物看護師の視点で行う痛みのケア 第11回 各論 がん性疼痛の管理のポイント, 佐野忠士, AS, 22, (2) 14 - 18,   2010 02 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002201860080000
interzooリーダーズCLUBマラソンセミナー 第3回「あなたなら,どう触る,どう診る,どう眠らせる?」第2部 シチュエーション別の麻酔のポイント 第3回 麻酔で生じるリスクを考える(3)患者のモニタリングを考える(2), 佐野忠士, Clin Note, 6, (2) 66 - 68,   2010 02 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002221585432066
動物看護師の視点で行う痛みのケア 第10回 各論 慢性痛の管理のポイント, 佐野忠士, AS, 22, (1) 22 - 26,   2010 01 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002276674700855
気管支肺疾患犬における気管支肺胞洗浄液ならびに血清中のイヌ肺サーファクタントプロテインA(SP‐A)濃度について, 山谷吉樹, 佐野忠士, 伊藤大介, 北川勝人, 大場茂夫, 亘敏広, 日本獣医師会三学会年次大会講演要旨集, 2009,   2010 01 07 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201502240790214854
第2回「あなたなら,どう触る,どう診る,どう眠らせる?」第2部 シチュエーション別の麻酔のポイント 第2回 麻酔で生じるリスクを考える(2)患者モニタリングを考える(1), 佐野忠士, Clin Note, 6, (1) 58 - 59,   2010 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002209884842718
食道の外科 外科適応疾患に対する周術期管理, 佐野忠士, Surgeon, 14, (1) 12 - 26,   2010 01 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002236101675730
局所麻酔薬, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 40, (Supplement 2) 148 - 149,   2009 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002239449164968
動物看護師の視点で行う 痛みのケア 第9回 各論 急性痛の管理のポイント 2)全体的な“疼痛管理戦略”, 佐野忠士, AS, 21, (12) 14 - 18,   2009 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002295275057471
リーダーズCLUBマラソンセミナー「あなたなら,どう触る,どう診る,どう眠らせる?」第2部 シチュエーション別の麻酔のポイント 第1回 麻酔をかける意味を考える 麻酔で生じるリスクを考える(1), 佐野忠士, Clin Note, 5, (12) 74 - 75,   2009 12 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902235507166856
飼い主主導型リハビリテーションプログラムによる患者管理についての検討, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 30th, (2) 49 - 50,   2009 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213992761020
周術期疼痛管理におけるポイント整理, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 30th, (3) 283 - 284,   2009 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260366113065
動物看護師の視点で行う 痛みのケア 第8回 各論 急性痛の管理のポイント 1)痛みの特徴と管理のポイント, 佐野忠士, AS, 21, (11) 24 - 27,   2009 11 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262838634105
動物看護師の視点で行う痛みのケア 第7回 各論 鎮痛薬の種類 3)鎮痛補助薬, 佐野忠士, AS, 21, (10) 20 - 23,   2009 10 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902287990609372
動物看護師の視点で行う痛みのケア 第6回 鎮痛薬の種類 2)NSAIDs, 佐野忠士, AS, 21, (9) 20 - 23,   2009 09 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267015714156
けいれんが起きた!...そのときどうする?救急対応について考える, 佐野忠士, Clin Note, 5, (9) 28 - 36,   2009 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902277418509213
動物看護師の視点で行う痛みのケア 第5回 鎮痛薬の種類 1)オピオイド実際の使用法, 佐野忠士, AS, 21, (8) 20 - 24,   2009 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902243309513667
動物看護師の視点で行う痛みのケア 第4回 鎮痛薬の種類 1)オピオイド, 佐野忠士, AS, 21, (7) 20 - 23,   2009 07 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276625989148
動物看護師の視点で行う痛みのケア 第3回 痛みの分類と評価法, 佐野忠士, AS, 21, (6) 20 - 24,   2009 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231724482868
教育病院の現場からみた痛みのコントロール, 佐野忠士, 日本伝統獣医学会誌, 17,   2009 06 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264524650486
動物看護師の視点で行う痛みのケア 第2回 痛いと「感じる」ということは?, 佐野忠士, AS, 21, (5) 22 - 24,   2009 05 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902293941157598
動物看護師の視点で行う 痛みのケア 第1回 痛みについて考える, 佐野忠士, AS, 21, (4) 52 - 54,   2009 04 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902215630353384
獣医学領域における高精度放射線治療に関する基礎的研究~放射線照射の際の体幹部精密固定法の検討~, 佐野忠士, Twig’s, 55,   2009 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201002207708925140
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 最終回 特に注意が必要な麻酔 8)高齢動物の麻酔, 佐野忠士, AS, 21, (3) 22 - 26,   2009 03 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268857896704
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第22回 特に注意が必要な麻酔 7)若齢動物の麻酔, 佐野忠士, AS, 21, (2) 34 - 38,   2009 02 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279044741853
動物に安全な全身麻酔を行うためのモニタリング指針 麻酔・疼痛管理専門部会からの提案, 山下和人, 今井彩子, 岡野昇三, 佐野忠士, 永延清和, 長濱正太郎, 西村亮平, 根津欣典, 藤井洋子, 山谷吉樹, 獣医麻酔外科学雑誌, 40,   2009 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276085547965
動物理学療法の実践.1「クリニカルパス」に基づくリハビリテーションプログラムの作成~椎間板ヘルニアのミニチュア・ダックスフンドの場合~, 佐野忠士, Clin Note, 5, (2) 16 - 19,   2009 02 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210471036702
注射麻酔薬, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 40,   2009 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288806456000
新・今さら聞けないシリーズ 第17回 よくみる悪性腫瘍の特徴は?, 佐野忠士, AS, 21, (1) 56 - 62,   2009 01 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902214150800783
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第21回 特に注意が必要な麻酔 6)神経に問題がある動物の麻酔, 佐野忠士, AS, 21, (1) 28 - 33,   2009 01 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240505221390
各種検査への鎮静・麻酔の応用, 佐野忠士, 日本獣医師会三学会年次大会講演要旨集, 2008,   2008 12 25 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264797816190
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第20回 特に注意が必要な麻酔 5)腎臓に問題がある動物の麻酔, 佐野忠士, AS, 20, (12) 26 - 29,   2008 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278068506816
腹腔鏡下卵巣子宮摘出術におけるCRPおよびIL‐6の変動, 宮本光葉, 岡野昇三, PARK Youngtae, 佐野忠士, タカセ カツアキ, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 29th, (2) 287 - 288,   2008 11 14 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902204587493094
Cryotherapy, Harris Jennipher, Dhupa Sarit, 佐野 忠士, J-vet, 22, (6) 53 - 56,93,   2009 06 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40016726717
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第19回 特に注意が必要な麻酔 4)肝臓に問題がある動物の麻酔, 佐野忠士, AS, 20, (11) 20 - 25,   2008 11 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200091180341
新・今さら聞けないシリーズ 第16回 腫瘍について知りたい, 佐野忠士, AS, 20, (11) 62 - 68,   2008 11 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299162245918
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第18回 特に注意が必要な麻酔 3)心臓に問題がある動物の麻酔, 佐野忠士, AS, 20, (10) 26 - 31,   2008 10 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902254278951603
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第17回 特に注意が必要な麻酔 2)肥満動物の麻酔, 佐野忠士, AS, 20, (9) 24 - 28,   2008 09 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275388935252
不安や恐怖を取り除こう!はじめの一歩 麻酔超入門 第17回 特に注意が必要な麻酔 1)短頭種の犬の麻酔, 佐野忠士, AS, 20, (8) 28 - 33,   2008 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902201342869227
「チワワ」.2 チワワの水頭症, 佐野忠士, Clin Note, 4, (8) 10 - 23,   2008 08 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297946910184
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 はじめの一歩 第16回 疼痛管理~「痛くない」手術を行うために~, 佐野忠士, AS, 20, (7) 26 - 34,   2008 07 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261486241543
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門はじめの一歩 第15回 麻酔からの覚醒 2)~麻酔覚醒時にやるべきそのほかの処置と術後管理~, 佐野忠士, AS, 20, (6) 26 - 31,   2008 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232821840880
造影X線検査 尿路造影検査, 佐野忠士, SA Med, 10, (3) 44 - 68,   2008 06 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275032824979
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第14回 麻酔からの覚醒, 佐野忠士, AS, 20, (5) 18 - 22,   2008 05 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252977248370
腎臓の外科 外科適応となる腎臓疾患の病態と診断, 佐野忠士, Surgeon, 12, (3) 12 - 22,   2008 05 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248321083009
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第13回 麻酔モニターのまとめ, 佐野忠士, AS, 20, (4) 24 - 30,   2008 04 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902225472374862
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 はじめの一歩 第12回 麻酔維持 3)客観的評価の可能な麻酔モニター II, 佐野忠士, AS, 20, (3) 30 - 35,   2008 03 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272732579100
イヌの乳腺腫瘍が腹部皮膚に及ぼす影響について, 新島央子, 吉岡一機, 大野秀樹, 坂本綾香, 船津敏弘, 佐野忠士, 谷口和美, 武藤顕一郎, 解剖学雑誌, 83,   2008 03 01 , 10.1111/j.1447-073X.2007.00196.x, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205612379354
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第11回 麻酔維持 2)客観的評価の可能な麻酔モニター, 佐野忠士, AS, 20, (2) 28 - 35,   2008 02 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261008255040
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第10回 麻酔維持 1)安全な麻酔維持のために, 佐野忠士, AS, 20, (1) 24 - 27,   2008 01 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278222850754
犬の卵巣子宮摘出術に対する腹腔鏡下手術は本当に低侵襲か, 岡野昇三, 朴永泰, 奈須俊介, 藤塚淳史, 佐野忠士, 高瀬勝晤, 日本獣医師会三学会年次大会講演要旨集, 2007,   2008 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279395626678
プロポフォールの使い方, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 39, (Supplement 1) 83 - 84,   2008 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261290531608
犬における腹腔鏡下手術時の気腹および体位変換が循環および呼吸器系に及ぼす影響, 岡野昇三, 朴永泰, 奈須俊介, 藤塚淳史, 佐野忠士, 高瀬勝晤, 日本獣医師会三学会年次大会講演要旨集, 2007,   2008 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299043249751
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第9回 麻酔の流れ 4)麻酔導入 後編, 佐野忠士, AS, 19, (12) 16 - 20,   2007 12 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290185098761
Normal and abnormal water balance: polyuria and polydispsia, Lunn Katharine F., James Katherine M., 佐野 忠士, J-vet, 21, (4) 34 - 43,   2008 04 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40015989056
副腎腫瘍の犬の1例, 佐野忠士, PARK Chun‐Ho, 岡野昇三, 村上寧, 高瀬勝晧, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 28th, (2) 149 - 150,   2007 11 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206684812628
臀部軟骨肉腫に対して骨盤の部分切除を行った犬の1例, 土田靖彦, 伊藤浩太, 佐野忠士, PARK Chun‐Ho, 小山田敏文, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 28th, (2) 39 - 40,   2007 11 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241568004107
非還納性鼠径ヘルニアの内容臓器が蓄膿した子宮および卵巣であった犬の1例, 岡野昇三, 佐野忠士, 村上寧, 奈須俊介, PARK Youngtae, 藤塚淳史, 大浪洋二, 高瀬勝晤, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 28th, (2) 187 - 188,   2007 11 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273570753400
Magnesium disturbances in critically (3) patients, Cortes Yonaira E., Moses Lisa, 佐野 忠士, J-vet, 21, (1) 19 - 28,95,   2008 01 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40015808885
下垂体腫瘍に起因するクッシング症候群を疑った猫の1例, 中尾るり子, 中田循也, 高橋慈, 金井一享, 堀泰智, 佐野忠士, PARK Chun‐Ho, 関山一成, 橋本統, 樋口誠一, 星史雄, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 28th, (2) 235 - 236,   2007 11 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902291297123161
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第8回 麻酔の流れ 4)麻酔導入 前編, 佐野忠士, AS, 19, (11) 30 - 35,   2007 11 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902222205424967
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第7回 麻酔の流れ 3)麻酔前投与薬, 佐野忠士, AS, 19, (10) 22 - 25,   2007 10 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208790763280
高アンモニア血症を認めなかった犬の門脈体循環シャントの1例, 坂下飛鳥, 妻神和憲, 松倉貴子, 佐藤清啓, 佐野忠士, 岡野昇三, 東北地区獣医師大会, 2007,   2007 09 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252990674788
手術浸襲後の犬好中球機能に対するメシル酸ナファモスタットの影響, 岡野昇三, 佐野忠士, 高瀬勝晤, 東北地区獣医師大会, 2007,   2007 09 16 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265774324726
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第6回 麻酔の流れ 2)麻酔前の動物の評価, 佐野忠士, AS, 19, (9) 30 - 35,   2007 09 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236549945363
塩酸リドカインがイヌの顆粒球機能に与える影響, 前田賢一, 左近允巌, 江戸聡一, 岡野昇三, 佐野忠士, 島村俊介, 角田知子, 高瀬勝晤, 獣医麻酔外科学雑誌, 38,   2007 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231963071047
鎮静・鎮痛薬が犬末梢血単核球の組織因子発現に与える影響, 藤塚淳史, 岡野昇三, 奈須俊介, 朴永泰, 佐野忠士, 高瀬勝晤, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 144th,   2007 08 27 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205982193810
核医学検査におけるイヌ腎機能の正常パラメータと薬物相互作用, 柿崎竹彦, 山田直明, 夏堀雅宏, 久保聡, 唐沢梓, 佐野忠士, 和田成一, 伊藤伸彦, DANIEL Gregory B., 獣医麻酔外科学雑誌, 38, (Supplement 2) 305 - 306,   2007 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298082386425
獣医学領域における体幹部高精度照射のための精密固定法の検討, 宮川篤史, 佐野忠士, 和田成一, 柿崎竹彦, 田中雅之, 弦巻肇, 伊藤伸彦, 獣医麻酔外科学雑誌, 38, (Supplement 2) 303 - 304,   2007 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262281989258
犬における腹腔鏡下手術時の気腹および体位変換が循環および呼吸器系に及ぼす影響, 朴永泰, 岡野昇三, 奈須俊介, 藤塚淳史, 佐野忠士, 高瀬勝晤, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 144th,   2007 08 27 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207192585053
犬の卵巣子宮摘出術に対する腹腔鏡下手術は本当に低侵襲か?, 朴永泰, 岡野昇三, 奈須俊介, 藤塚淳史, 佐野忠士, 高瀬勝晤, 獣医麻酔外科学雑誌, 38, (Supplement 2) 238 - 239,   2007 11 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241029985528
性差が犬におけるLPS刺激によるサイトカイン産生へ与える影響, 奈須俊介, 岡野昇三, 藤塚淳史, 朴永泰, 佐野忠士, 高瀬勝晤, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 144th,   2007 08 27 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244842873043
不安や恐怖を取り除こう!麻酔超入門 第5回 麻酔の流れ 1)麻酔器の構造と管理, 佐野忠士, AS, 19, (8) 12 - 16,   2007 08 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203083510463
非還納性鼠径ヘルニアの内容臓器が蓄膿した子宮および卵巣であった犬の1例, 岡野昇三, 佐野忠士, 村上寧, 奈須俊介, 朴永泰, 藤塚淳史, 大浪洋二, 高瀬勝晤, 獣医麻酔外科学雑誌, 38,   2007 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213365506197
獣医核医学検査におけるイヌの体外および体内の線量分布, 西岡真希, 大野晃治, 小林枝里子, 佐野忠士, 波戸芳仁, 平山英夫, 伊藤伸彦, アイソトープ・放射線研究発表会要旨集, 44th,   2007 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902292027897803
The Characteristics of Radiation-Induced Cell Responses in the Canine Spontaneous Tumor Cells, 佐野忠士, 和田成一, 鈴木敬子, 夏堀雅宏, 柿崎竹彦, ITOH T., NAKAZAWA K., 小林泰彦, 伊藤伸彦, 日本原子力研究開発機構JAEA-Review,   2007 02 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205724726758
粒子線がん治療における小動物を用いた吸収線量シミュレーションの研究, 千葉俊行, 寺川貴樹, 石井慶造, 伊藤伸彦, 佐野忠士, 和田誠一, 戸塚祐希, アマド エスマイリトルシャビ, 宮下拓也, 山本竜也, 有川潤, 富樫貴紀, 山下航, 秋山久樹, 小屋田寛, 藤田雄三, 石崎梓, 本田泰三, 日本原子力学会東北支部研究交流会講演要旨集, 31st,   2007 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902222602196822
獣医学領域における高精度放射線照射法の検討―呼吸に伴う臓器動態解析 II―, 佐野忠士, 宮川篤史, 田中雅之, 弦巻肇, 岡野昇三, 高瀬勝晤, 伊藤伸彦, 日本獣医循環器学会抄録, 86th,   2007 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902233536538573
高齢動物の骨関節疾患の診断と治療, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 27th, (1) 87 - 90,   2006 11 17 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206536824862
若齢の犬において発生した褐色細胞腫の1例, 村上寧, 佐野忠士, 左近允巌, 福島潮, 吉岡圭子, 吉岡一機, 大浪洋二, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 27th, (2) 113 - 114,   2006 11 17 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902209230803232
脈絡叢腫瘍の認められた犬の1例, 佐野忠士, PARK Chun‐Ho, 井上敬, 西本英明, 神原芳行, 小川彰, 夏堀雅宏, 伊藤伸彦, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 27th, (2) 207 - 208,   2006 11 17 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902253671148743
骨盤腔内の大部分に腫瘍塊が認められた顆粒膜細胞腫の犬の1例, 吉岡圭子, 佐野忠士, 吉岡一機, 高瀬勝晤, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 27th, (2) 187 - 188,   2006 11 17 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263141889403
気管支低形成が疑われたホルスタイン子牛の一例, 風祭浩之, 大塚浩通, 安藤貴朗, 佐野忠士, 小比類巻正幸, 渡辺大作, 日本家畜臨床学会誌, 29, (3) 122 - 123,   2006 11 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274678477731
イヌ自然発生黒色腫の粒子線に対する細胞致死効果, 伊藤尚, 和田成一, 柿崎竹彦, 小林泰彦, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 佐々木伸雄, 伊藤伸彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 142nd,   2006 08 31 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902202116780546
放射光による新たな放射線治療法の開発―ラット小脳に対するマイクロビーム照射(MR)の影響―, 粕谷新音, 夏堀雅宏, 小山田敏文, 取越正己, 大野由美子, 鈴木雅夫, 八木直人, 上杉健太郎, 宮澤国男, 佐野忠士, 伊藤伸彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 142nd,   2006 08 31 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902211519706850
ネコTリンパ球の荷電粒子線に対する致死感受性, 柿崎竹彦, 浜田信行, 和田成一, 坂下哲哉, 舟山知夫, 宝達勉, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 小林泰彦, 伊藤伸彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 142nd,   2006 08 31 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267757128835
獣医療における陽子線治療の基盤的研究―東北大CYRICにおける陽子線の物理学的線量分布と生物学的影響評価―, 中澤菓, 佐野忠士, 寺川貴樹, 船木善仁, 石崎梓, 戸塚祐希, 本田泰三, 宮下拓也, 夏堀雅宏, 柿崎竹彦, 宝達崇文, 石井慶造, 佐々木伸雄, 伊藤伸彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 142nd,   2006 08 31 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275961095604
腫瘍および赤血球・肝細胞中のヘキソキナーゼ活性のHPLCによる測定, 山本研吾, 夏堀雅宏, 寺崎一典, 畠山智, 二ツ川章二, 山口慶一郎, 佐野忠士, 伊藤伸彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 142nd,   2006 08 31 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902293324195458
EGS4を用いた馬の核医学検査における人間の外部被曝線量評価, 大野晃治, 藤井雅範, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 波戸仁, 平山英夫, 伊藤伸彦, アイソトープ・放射線研究発表会要旨集, 43rd,   2006 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902234485033800
Vulnerability of Feline T-Lymphocytes to Charged Particles(Clinical Pathology), KAKIZAKI Takehiko, HAMADA Nobuyuki, SAKASHITA Tetsuya, WADA Seiichi, HARA Takamitsu, FUNAYAMA Tomoo, HOHDATSU Tsutomu, NATSUHORI Masahiro, SANO Tadashi, KOBAYASHI Yasuhiko, ITO Nobuhiko, The journal of veterinary medical science, 69, (6) 605 - 609,   2007 06 25 , 10.1292/jvms.69.605, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006318096, An analysis of ionizing radiation-induced damage in peripheral lymphocytes has been employed to predict the prognosis of radiotherapy in terms of toxicity in normal tissues. Therefore, understanding the sensitivity of lymphocytes to high linear energy transfer(LET)-charged particles would be indispensable for utilizing charged particle therapy in veterinary medicine. However, the availability of such information is very limited. This study aimed to compare the radiosensitivity of feline T lymphocytes to γ-rays(0.2 keV/μm) and 4 different types of charged particles with LET values ranging from 2.8 to 114 keV/μm. It was observed that the relative biological effectiveness, inactivation cross-section, and isodose-induced apoptosis increased in an LET-dependent manner. On the other hand, no difference in apoptosis frequency was observed in the cells exposed to an isosurvival dose of all the radiation types tested. This is the first study that demonstrates the LET dependence of cell killing and apoptosis induction in feline T lymphocytes. Our results suggest that lymphocytes can be effectively used to predict the prognosis of charged-particle therapy in cat patients.
獣医学領域における高精度放射線照射法の検討―呼吸に伴う臓器動態解析―, 宝達崇文, 佐野忠士, 夏堀雅宏, 伊藤伸彦, 獣医麻酔外科学雑誌, 37,   2006 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246275959392
青森県内の牧草地における土壌中のウラン濃度と235U/238U同位体比, 対馬唯子, 伊藤伸彦, 瀧柳昌子, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 田上恵子, アイソトープ・放射線研究発表会要旨集, 43rd,   2006 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902287917360943
北里大学動物病院でのフィルム‐スクリーン画像およびCR画像における画質特性, 菅沼鉄平, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 伊藤伸彦, 獣医麻酔外科学雑誌, 37,   2006 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297168299839
放射光マイクロスリットビームを用いた移植腫瘍の増殖遅延, 古澤佳也, 夏堀雅宏, 粕谷新音, 武藤光伸, 小山田敏文, 佐野忠士, 伊藤伸彦, 八木直人, 取越正己, 大野由美子, 鈴木雅雄, 小池幸子, 鵜澤玲子, 大町康, 小西輝昭, 安藤興一, 日本放射線影響学会大会講演要旨集, 49th,   2006 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902214074312618
放射光による新たな放射線治療法の開発―ラット小脳に対するマイクロビーム照射の病理組織学的影響―, 粕谷新音, 夏堀雅宏, 小山田敏文, 取越正己, 大野由美子, 古澤佳也, 鈴木雅雄, 八木直人, 上杉健太朗, 宮澤国男, 佐野忠士, 伊藤伸彦, 日本放射線影響学会大会講演要旨集, 49th,   2006 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902258569945762
イヌ自然発生黒色腫の粒子線に対する細胞致死効果, 伊藤尚, 和田成一, 柿崎竹彦, 小林泰彦, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 佐々木伸雄, 荻原喜久美, 伊藤伸彦, 日本放射線影響学会大会講演要旨集, 49th,   2006 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262866800320
Killing of Feline T-Lymphocytes by Gamma-Rays and Energetic Carbon Ions(Clinical Pathology), KAKIZAKI Takehiko, HAMADA Nobuyuki, FUNAYAMA Tomoo, SAKASHITA Tetsuya, WADA Seiichi, HOHDATSU Tsutomu, NATSUHORI Masahiro, SANO Tadashi, KOBAYASHI Yasuhiko, ITO Nobuhiko, The journal of veterinary medical science, 68, (12) 1269 - 1273,   2006 12 25 , 10.1292/jvms.68.1269, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005716367, High linear energy transfer (LET) heavy charged particles have previously been applied clinically to human cancer radiotherapy because of their excellent physical properties of selective dose distribution and higher relative biological effectiveness (RBE) for human; however, such an approach has yet to be applied to cat patients. The present study investigates the biological effectiveness of low-LET γ-rays (0.2 keV/μm) compared to high-LET carbon ions (114 keV/μm) in feline T- lymphocyte FeT-J cells. Clonogenic survival analysis revealed that the RBE value of carbon ions was 2.98 relative to a 10% survival dose (D_<10>) by γ-rays, and that the inactivation cross-section in cells exposed to γ-rays and carbon ions was 0.023 and 38.9 μm^2, respectively. Terminal deoxynucleotidyl transferase (TdT)-mediated dUTP-biotin nick end labeling (TUNEL) analysis revealed that TUNEL-positive frequency in carbon-irradiation cells is higher than for γ-irradiated cells against exposure to the same physical doses, but that very little difference in TUNEL-positive frequency is observed between cells exposed to the respective D_<10> dose of γ-rays. Our data thus indicate that carbon ions are more effective for cell killing than γ-rays at the same physical doses, but kill cells to an extent that is comparable to γ-rays at the same biological doses. Carbon ion radiotherapy is therefore a promising modality for cat patients.
ネコTリンパ球の荷電粒子線に対する致死感受性, 柿崎竹彦, 浜田信行, 和田成一, 坂下哲哉, 原孝光, 宝達勉, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 鈴木芳代, 舟山知夫, 深本花菜, 小林泰彦, 伊藤伸彦, 日本放射線影響学会大会講演要旨集, 49th,   2006 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902284171167485
放射光による新たな放射線治療法の新規展開―ラット小脳に対するマイクロビーム照射(MR)の影響―, 夏堀雅宏, 小山田敏文, 取越正己, 大野由美子, 八木直人, 上杉健太朗, 佐野忠士, 伊藤伸彦, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 26th, (3) 13 - 17,   2005 11 18 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203258680081
犬における超音波ガイドを用いた経皮的ひ静脈門脈造影法の検討, 福島潮, 佐野忠士, 岡野昇三, 左近允巌, 高瀬勝あき, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 26th, (3) 22 - 25,   2005 11 18 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902215315786000
頭部腫ように対する放射線治療における頭部固定法の有用性評価, 細谷芽里, 佐野忠士, 北村崇史, 夏堀雅宏, 伊藤伸彦, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 26th, (3) 18 - 21,   2005 11 18 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238927144180
腫よう細胞の播種による眼内圧上昇が疑われた犬の1例, 佐野忠士, 福島潮, 吉岡一機, 井上敬, 葛泰孝, 神原芳行, 小川彰, 左近允巌, 吉岡圭子, 諸見里勲, 川崎直美, 夏堀雅宏, 伊藤伸彦, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 26th, (3) 107 - 109,   2005 11 18 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902292318510779
Canine Ovarian Serous Papillary Adenocarcinoma with Neoplastic Hypercalcemia(Internal Medicine), HORI Yasutomo, UECHI Masami, KANAKUBO Kayo, SANO Tadashi, OYAMADA Toshifumi, The journal of veterinary medical science, 68, (9) 979 - 982,   2006 09 25 , 10.1292/jvms.68.979, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004809500, A female golden retriever was referred to assess a history of a palpable abdominal mass. A serum chemistry analysis revealed elevated concentrations of blood urea nitrogen, creatinine, calcium, and parathyroid hormone-related protein (PTH-rP). Exploratory laparotomy revealed an ovoid mass within the right ovary. This mass was removed surgically by performing an ovariohysterectomy. The right ovarian mass was diagnosed as a serous papillary adenocarcinoma. Following surgery, the dog recovered, and the serum calcium and PTH-rP concentrations decreased. Therefore, concentrations of PTH-rP and calcium might be associated with serous papillary adenocarcinomas. Serial evaluation of the serum PTH-rP and calcium was useful for evaluating the prognosis.
Clonogenic assayを用いたイヌ由来株化腫よう細胞間の放射線感受性の比較, 開保津あき沙, 山田直明, 佐野忠士, 佐々木伸雄, 西村亮平, 望月学, 大橋絵美, 中川貴之, 夏堀雅宏, 柿崎竹彦, 荻原喜久美, 伊藤伸彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 140th,   2005 08 31 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902225410814394
異なる線質の放射線照射により生じるイヌ株化腫よう細胞における放射線感受性の比較, 鈴木敬子, 和田成一, 山田直明, 佐野忠士, 金子恵実, 今岡豊, 柿崎竹彦, 夏堀雅宏, 小林泰彦, 伊藤伸彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 140th,   2005 08 31 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902269013169781
EGS4を用いた獣医核医学診療に関わる人間の外部被曝線量評価, 藤井雅範, 山田直明, 小松原直美, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 石川達也, 畠山智, 二ツ川章二, 寺崎一典, 平山英夫, 伊藤伸彦, アイソトープ・放射線研究発表会要旨集, 42nd,   2005 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213974675817
青森県内の牧草地における土壌から牧草への137Cs移行係数の修飾因子に関する研究, 瀧柳昌子, 木村真治, 対馬唯子, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 伊藤伸彦, アイソトープ・放射線研究発表会要旨集, 42nd,   2005 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902277719862660
Comet assayを用いた腫よう細胞の放射線感受性の評価, 細谷芽里, 佐野忠士, 夏堀雅宏, 伊藤伸彦, 日本産業動物獣医学会・日本小動物獣医学会・日本獣医公衆衛生学会年次大会, 2004,   2005 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208359325071
電離放射線によるネコTリンパ球の細胞死, 柿崎竹彦, 和田成一, 浜田信行, 舟山知夫, 坂下哲哉, 宝達勉, 山田直明, 佐野忠士, 夏堀雅宏, 小林泰彦, 伊藤伸彦, 日本放射線影響学会大会講演要旨集, 48th,   2005 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240518102462
プロポフォール麻酔の基礎と応用, 佐野忠士, 日本産業動物獣医学会・日本小動物獣医学会・日本獣医公衆衛生学会年次大会, 2004,   2005 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244354091583
成長期と高齢期関節疾患と栄養―高齢期の犬の変形性関節症と栄養―, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 25th, (3) 194 - 197,   2004 11 19 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200272626244
腎臓核医学の小動物臨床への応用―解析手法が診断に及ぼす影響―, 柿崎竹彦, 山田直明, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 伊藤伸彦, DANIEL G B, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 25th, (3) 34 - 38,   2004 11 19 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902222531201960
急性とう痛の管理―私の周術期とう痛管理法―, 左近允巌, 佐野忠士, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 25th, (3) 179 - 180,   2004 11 19 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246153525162
犬の脊椎・脊髄疾患におけるCT画像診断上の特徴, 佐野忠士, 鈴木雅美, 夏堀雅宏, 左近允巌, 山田直明, 伊藤伸彦, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 25th, (3) 39 - 42,   2004 11 19 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294605384205
獣医学領域における陽子線治療のための基礎的研究, 金子恵実, 和田成一, 大村俊江, 今岡豊, 佐野忠士, 夏堀雅宏, 伊藤伸彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 138th,   2004 08 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218106323388
犬におけるプロベネシドと99mTc‐DMSAの薬物相互作用―血中動態と血しょう蛋白結合特性―, 久保聡, 唐沢梓, 夏堀雅宏, 山田直明, 柿崎竹彦, 佐野忠士, 伊藤伸彦, DANIEL G, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 138th,   2004 08 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232001426761
Comet assayを用いた株化腫よう細胞間の放射線感受性の評価, 今岡豊, 和田成一, 大村俊江, 金子恵実, 佐野忠士, 夏堀雅宏, 伊藤伸彦, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 138th,   2004 08 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266355211896
犬における99mTc‐DMSAの血中動態およびレノグラムに対するプロベネシドの影響, 唐沢梓, 久保聡, 夏堀雅宏, 山田直明, 柿崎竹彦, 佐野忠士, 伊藤伸彦, DANIEL G, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 138th,   2004 08 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286701928213
コンパニオンアニマルの核医学診療に関わるヒトの被曝線量評価, 小松原直美, 伊藤伸彦, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 石川達也, 畠山智, 二ツ川章二, 寺崎一典, 平山英夫, 理工学における同位元素・放射線研究発表会要旨集, 41st,   2004 07 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902204581465102
青森県内の牧草地における土壌中Cs‐137の深度分布, 木村真治, 川上雄彦, 瀧柳昌子, 佐野忠士, 夏堀雅宏, 伊藤伸彦, 理工学における同位元素・放射線研究発表会要旨集, 41st,   2004 07 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230042714396
犬の麻酔下における脳波モニター(Bispectral Index)の検討, 山口五月, 上地正実, 堀泰智, 北川裕樹, 海老沢崇史, 佐野忠士, 獣医麻酔外科学雑誌, 36, (Supplement 1) 192 - 193,   2005 06 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205050355988
犬におけるプロポフォールのTarget Controlled Infusion法の検討, 長浜正太郎, 佐野忠士, 西村亮平, 増井健一, 望月学, 佐々木伸雄, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 137th,   2004 03 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902233527957229
プロベネシドが99mTc‐DTPAの血中動態に与える影響, 山田直明, 柿崎竹彦, 橋本充広, 佐野忠士, 夏堀雅宏, 伊藤伸彦, GREGORY D, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 136th,   2003 09 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213663736596
核医学によって変わる日本の獣医療, 伊藤伸彦, 夏堀雅宏, 佐野忠士, Isot News, (605) 2 - 7,   2004 09 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902247004748554
イヌにおけるカルプロフェン術前投与が術中・術後の血しょう中コルチゾール濃度に及ぼす影響, 鈴木茜, 西村亮平, 佐野忠士, 押野茂, 望月学, 佐々木伸雄, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 135th,   2003 03 25 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902204900608027
犬での全身麻酔中のアミノ酸輸液による体温低下抑制効果と副作用, 押野茂, 佐野忠士, 鈴木茜, 望月学, 西村亮平, 佐々木伸雄, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 135th,   2003 03 25 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902269379766332
プロポフォールとフェンタニルによる全静脈麻酔を行った犬の30症例, 長浜正太郎, 佐野忠士, 西村亮平, 望月学, 佐々木伸雄, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 135th,   2003 03 25 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276006011710
犬におけるフェンタニルボーラス投与および持続投与時の薬物動態, 佐野忠士, 西村亮平, 金沢秀子, 伊藤佳子, 五十嵐江利, 長浜正太郎, 押野茂, 鈴木茜, 佐々木伸雄, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 135th,   2003 03 25 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279853702338
麻酔薬の適正使用のためのLC/3DQMSによる生体試料中薬物分析法, 五十嵐江利, 岡田明子, 生野裕美, 金沢秀子, 佐野忠士, 西村亮平, 日本分析化学会年会講演要旨集, 51st,   2002 09 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902140878587357
2色X線CTによる生体臓器の描出についての検討, 柿崎竹彦, 取越正己, 角尾卓紀, 遠藤真広, 夏堀雅宏, 山田直明, 佐野忠士, 伊藤伸彦, 日本獣医循環器学会抄録, 80th,   2004 06 26 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210847286322
犬におけるPropofol持続投与が血中薬物動態へ及ぼす影響, 佐野忠士, 西村亮平, 押野茂, 鈴木茜, 望月学, 佐々木伸雄, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 134th,   2002 08 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123749396438
北里大学付属動物病院におけるX線CTの利用状況, 鈴木雅美, 夏堀雅宏, 佐野忠士, 伊藤伸彦, 日本獣医循環器学会抄録, 80th,   2004 06 26 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902296391216388
術中低体温が犬の生体に及ぼす影響, 押野茂, 佐野忠士, 西村亮平, 望月学, 佐々木伸雄, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 134th,   2002 08 20 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902133446135238
CTおよび超高磁場MRIによる中枢神経系の画像診断―先天性の脳奇形が疑われた猫の1例―, 佐野忠士, 夏堀雅宏, 星史雄, 井上敬, 葛泰孝, 神原芳行, 小川彰, 山田直明, 伊藤伸彦, 日本獣医循環器学会抄録, 80th,   2004 06 26 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224892973803
LC/3DQMSによる生体試料中麻酔薬の高感度分析法の開発, 五十嵐江利, 岡田明子, 生野裕美, 金沢秀子, 佐野忠士, 西村亮平, Chromatography, 23, (Symposium) 89 - 90,   2002 05 31 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902100104187141
LC/3DQMSによる生体試料中麻酔薬の分離定量法の開発, 五十嵐江利, 岡田明子, 生野裕美, 金沢秀子, 佐野忠士, 西村亮平, 日本薬学会年会要旨集, 122nd,   2002 03 05 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902117326011041
Effects of Midazolam-Butorphanol, Acepromazine-Butorphanol and Medetomidine on an Induction dose of Propofol and Their Compatibility in Dogs(Surgery), SANO Tadashi, NISHIMURA Ryohei, MOCHIZUKI Manabu, SASAKI Nobuo, The journal of veterinary medical science, 65, (10) 1141 - 1143,   2003 10 25 , 10.1292/jvms.65.1141, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003886143, The effects of acepromazine-butorphanol (AB), midazolam-butorphanol (MB) and medetomidine (Med) on the induction dose of propofol and their compatibility with propofol were evaluated in client-owned dogs. All premedications induced good to excellent sedation and the induction dose of propofol was considerably reduced. Of the tested premedicants, Med induced the deepest sedation and the most potent dose-sparing effect. Induction of anesthesia was excellent to good in all dogs except for one dog premedicated with MB. Most dogs premedicated with AB or MB showed temporary apnea. Although other adverse effects such as bradycardia or hypotension may also occur, premedication with MB, AB or Med is a valuable technique for the induction of anesthesia with propofol in dogs in a clinical setting.
猫におけるプロポフォール単回急速注入時の体内薬物動態, 佐野忠士, 西村亮平, 望月学, 佐々木伸雄, 釜田尚彦, 中村暁美, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 130th,   2000 09 07 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902105943467747
イソフルランおよびプロポフォールのイヌ網膜電位図(ERG)に対する影響, 加藤久美子, 押野茂, 佐野忠士, 西村亮平, 松永悟, 望月学, 佐々木伸雄, 小川博之, 獣医麻酔外科学雑誌, 34, (Supplement 1) 260 - 261,   2003 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902259300099772
(Surgery)Clinical Usefulness of Propofol as an Anesthetic Induction Agent in Dogs and Cats, SANO Tadashi, NISHIMURA Ryohei, MOCHIZUKI Manabu, HARA Yasushi, TAGAWA Masahiro, SASAKI Nobuo, The journal of veterinary medical science, 65, (5) 641 - 643,   2003 05 25 , 10.1292/jvms.65.641, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003886229, Propofol was used as an induction agent of general anesthesia in 77 dogs and 64 cats, all client owned, for a variety of surgeries/treatments or diagnostic procedures. The mean intravenous doses of propofol required to achieve endotracheal intubation in dogs and cats were 6.5 ± 1.4 mg/kg and 10.1 ± 2.8 mg/kg, respectively. Most of the animals could be induced to anesthesia smoothly by the administration of propofol with a high incidence of apnea. Propofol is a clinically valuable anesthetic induction agent in both dogs and cats, however, care must be taken for apnea.
Action of vanadate in extracted aorta of rat., 佐野忠士, 望月真理子, 植田富貴子, 本藤良, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 125th,   1998 03 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902172464821446
プロポフォールの基本的薬理作用と全身麻酔導入への応用, 佐野忠士, 西村亮平, 望月学, 佐々木伸雄, 獣医麻酔外科学雑誌, 33, (Supplement 1) 59 - 63,   2002 06 10 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126773134575
メデトミジン前投与を行った犬におけるプロポフォール麻酔導入効果の検討, 佐野忠士, 西村亮平, 望月学, 佐々木伸雄, 獣医麻酔外科学雑誌, 32, (Supplement 2) 188 - 189,   2001 12 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129296771435
各種麻酔前投与薬投与時の猫におけるプロポフォールの麻酔導入効果, 佐野忠士, 西村亮平, 望月学, 佐々木伸雄, 獣医麻酔外科学雑誌, 32, (Supplement 1) 249 - 251,   2001 07 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902187701983143
ミダゾラム‐ブトルファノール,アセプロマジン‐ブトルファノール前投与犬におけるプロポフォールの麻酔導入効果, 佐野忠士, 西村亮平, 望月学, 佐々木伸雄, 獣医麻酔外科学雑誌, 31, (Supplement 2) 52 - 53,   2000 12 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902145066907252
犬・猫におけるプロポフォールによる全身麻酔導入効果の臨床的評価, 佐野忠士, 西村亮平, 佐々木伸雄, 釜田尚彦, 中村暁美, 獣医麻酔外科学雑誌, 31, (Supplement 1) 141 - 143,   2000 07 01 , http://jglobal.jst.go.jp/public/200902188450355225
Comparison of oral robenacoxib and ketoprofen for the treatment of acute pain and inflammation associated with musculoskeletal disorders in cats: A randomised clinical trial, Sano Tadashi, The Veterinary Journal,   2012 , 10.1016/j.tvjl.2012.02.008
Pharmacokinetics of fentanyl after single intravenous injection and constant rate infusion in dogs., Sano Tadashi, Association of Veterinary Anaesthetists, 33, (4) 266 - 273,   2006 , 10.1111/j.1467-2995.2005.00266.x
Effects of midazolam-butorphanol, acepromazine-butorphanol and medetomidine on an induction dose of propofol and their compatibility in dogs., Sano Tadashi, The Journal of Veterinary Medical Science, 65, (10) 1141 - 1143,   2003 , 10.1292/jvms.65.1141
Clinical usefulness of propofol as an anesthetic induction agent in dogs and cats., Sano Tadashi, The Journal of Veterinary Medical Science, 65, (5) 641 - 643,   2003 , 10.1292/jvms.65.641
Relationship between vanadate induced relaxation and vanadium content in guinea pig taenia coli., Sano Tadashi, Can J Physiol Pharmacol., 78, (4) 339 - 342,   2000 , 10.1139/cjpp-78-4-339

Research Grants & Projects

Grant-in-Aid for Promotion of Private Scientific Research, Studies of the perioperative nutritional management
Cooperative Research, Reseach of Feline Perioperative Pain Management
Grants and Funding, Basic reseach of Controlled for small animal anesthesia
The research of the relationship between anesthesia and pain control and nosiceptive stresses for the small animal clinics
Clinical Research for the anesthesia & analgesia Clinical & Basic Research for the small animal rehabilitation.


教員総覧