School of Veterinary Medicine, Department of Veterinary Medicine
加藤敏英 カトウ トシヒデ
E-Mail:ktoshi@rakuno.ac.jp
Website:

Last Update :2020/01/12

Researcher Profile and Settings

Name

KATO Toshihide

Affiliation (Master)

School of Veterinary Medicine, Department of Veterinary Medicine

Education

  1977 04  - 1981 03 , Rakuno Gakuen University, dairy science, veterinary science

Association Memberships

The Society for Vterinary Researchers on Fluid Therapy in Large Animal Practice
The Japanese Society of Antimicrobials for Animals
THE SOCIETY OF FARM ANIMAL IN INFECTIOUS DISEASES
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY CLINICS

Academic & Professional Experience

  2018 04  - Today, Rauno Gakuen University
  2017 04  - 2018 03 , professor, Rauno Gakuen University

Research Activities

Research Areas

Animal life science, Veterinary medical science, clinical veterinary science

Research Interests

drug susceptibility,
bovine respiratory disease complex,
antibiotics,
cattle,

Published Papers

Relationship Between mRNA of Immune Factors Expressed by Milk Somatic Cells and Bacteria Present in Healthy Lactating Holstein Cows., Ohtsuka H, Hirose H, Murakami K, Murata R, Kato T, Tajima M, Journal of veterinary research, 63, 3, 369, 373, 20190900, Refereed
Increase of Clostridium perfringens in association with Eimeria in haemorrhagic enteritis in Japanese beef cattle, Y.Kirino,M.Tanida,H.Hasunuma,T.Kato,T.Irie,Y. Horii,N.Nonaka, Veterinary Record, 177, 8, 202, 20150800, Refereed
Effect of Intravenous Infusion of Isotonic Sodium Bicarbonate Solution on Acidemic Calves with Diarrhea, Suzuki K., Kato T., Tsunoda G., Iwabuchi S., Asano K., Asano T., The Journal of Veterinary Medical Science, 64, 12, 1173, 1175, 20021200, Refereed
The Fractional Inhibitory Concentration Index of Antimicrobial Agents for Bacteria and Mycoplasma Isolated from the Nasal Swabs of Cattle with Respiratory Diseases, Kato T., Sakai J., Itagaki M.,Watanabe E.,Watanabe D.,Ogata Y., The Journal of Veterinary Medical Science, 58, 8, 781, 782, 19960800, Refereed
Effect of a Combination of Antimicrobial Agents for the Treatment of Respiratory Disease in Cattle, Kato T, Sakai j., Ogata Y.,Urushiyama Y., The Journal of Veterinary Medical Science, 58, 8, 783, 785, 19960800, Refereed

Books etc

Bovine Respiratory Disease, TOSHIHIDE KATO, Joint Translation,   2013 02

Conference Activities & Talks

ホルスタイン種および黒毛和種新生子牛における体重、体高、大腿部筋肉厚、頸部胸腺厚の成長比較, 佐藤 綾乃, 加藤 敏英, 田島 誉士, 北海道獣医師会雑誌,   2019 08
新生子牛の前肢背側蹄壁角度について品種および性別による比較, 佐藤 綾乃, 加藤 敏英, 田島 誉士, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   2019 08
新生期ホルスタインにおける呼吸器病3種混合不活化細菌ワクチンの効果, 森 一紗, 加藤 敏英, 横田 修, 大塚 浩通, 北海道獣医師会雑誌,   2019 08

Misc

Drug susceptibility of bacteria isolated from milk of bovine mastitis in Japan, TOSHIHIDE KATO, Annual report of the Japanese society of antimicrobials for animals, (38) 27 - 34,   2016 12 , Refereed, Invited
ワンポイント質問 現場における肺炎罹患牛の臨床的予後判定の可能性, 加藤 敏英, 家畜診療, 63, (10) 625 - 627,   2016 10 , Invited
サルモネラ症による子牛の死亡事故が多発した酪農場における新生子へのワクチン接種効果, 土谷 佳之, 宇山 環, 薮田 拓生, 三浦 新平, 加藤 敏英, 家畜診療, 63, (6) 339 - 347,   2016 06
外科的な胆嚢洗浄が有効であった黒毛和種肥育牛の閉塞性黄疸の一例, 田中 愛, 矢野 啓, 加藤 敏英, 臨床獣医, 32, (5) 27 - 29,   2014 05
健康肥育牛の鼻汁から分離されたMannheimia haemolytica、Pasteurella multocida、Mycoplasma bovis及びUreaplasma diversumの薬剤感受性, 加藤 敏英, 遠藤 洋, 酒井 淳一, 日本獣医師会雑誌, 66, (12) 852 - 858,   2013 12 , Refereed, 10.12935/jvma.66.852
牛の内科実習(第124回) 子牛の群飼育における肺炎予防策, 加藤 敏英, 臨床獣医, 30, (10) 46 - 50,   2012 10
輸送後の黒毛和種肥育素牛に対する生菌剤投与効果, 加藤 敏英, 野崎 敏浩, 遠藤 洋, 小形 芳美, 関 千佳, 田中 守, 家畜感染症学会誌, 1, (1) 9 - 17,   2012 03 , Refereed
【適切な抗生剤使用で耐性菌発生を防ぐ!】 薬剤感受性モニタリング成績からみる牛呼吸器病治療, 加藤 敏英, 臨床獣医, 29, (8) 22 - 26,   2011 08
乳牛の第四胃変位に罹患した症例における免疫状態, 武井 絵美, 武田 絢子, 小井田 歩, 大塚 浩通, 安藤 貴朗, 小比類巻 正幸, 佐藤 光, 加藤 敏英, 日本家畜臨床感染症研究会誌, 6, (1) 19 - 26,   2011 02
現場でできる牛呼吸器病に対する効率的な抗菌剤治療ならびに予防策 EBVMへの臨床的アプローチ, 加藤 敏英, 家畜診療, 57, (1) 5 - 12,   2010 01 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40016946419
トルトラズリルの牛コクシジウム病に対する有効性および安全性に関する臨床的検討, 加藤 敏英, 矢田谷 健, 石崎 孝久, 伊藤 貢, 小田 憲司, 平山 紀夫, 動物の原虫病, 24, (1) 6 - 10,   2009 12
豚マイコプラズマ肺炎不活化単回投与型ワクチンの子豚における早期投与の有用性, 阿部 浩之, 相田 清, 伴 顕, 加藤 敏英, 坪井 孝益, 家畜診療, 55, (11) 667 - 672,   2008 11
牛呼吸器病治療のためのエビデンスに基づいた抗菌剤の選択と効果的使用 BRDCに対する効率的な抗菌剤治療戦略を考える, 加藤 敏英, 臨床獣医, 26, (6) 68 - 71,   2008 06
薬剤感受性に基づいた牛呼吸器感染症治療プログラムの臨床効果, 加藤 敏英, 山本 高根, 小形 芳美, 漆山 芳郎, 荻野 祥樹, 齋藤 博水, 日本獣医師会雑誌, 61, (4) 294 - 298,   2008 04 , 10.12935/jvma1951.61.294
乳房炎起因菌の薬剤感受性と抗菌剤療法, 加藤 敏英, 阿部 省吾, 遠藤 祥子, 齋藤 博水, 家畜診療, 55, (2) 109 - 116,   2008 02 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40015848555
トルトラズリルの牛コクシジウム病に対する有効性および安全性に関する臨床的検討, 加藤 敏英, 矢田谷 健, 石崎 孝久, 伊藤 貢, 小田 憲司, 平山 紀夫, 日本獣医師会雑誌, 61, (2) 127 - 130,   2008 02 , 10.12935/jvma1951.61.127
牛の第四胃変位整復手術における非ステロイド系鎮痛消炎剤(NSAIDs)の投与効果, 佐藤 光, 山本 高根, 遠藤 洋, 庄司 和明, 矢野 啓, 渡辺 栄次, 小形 芳美, 加藤 敏英, 大塚 浩通, 家畜診療, 54, (5) 289 - 294,   2007 05
第四胃変位整復手術牛に対する抗菌剤術前1回投与の感染予防効果, 佐藤 光, 山本 高根, 庄司 和明, 矢野 啓, 阿部 省吾, 加藤 敏英, 家畜診療, 54, (2) 91 - 95,   2007 02
放牧直後にミオグロビン尿と運動障害を呈し急死した黒毛和種繁殖牛の1例, 石橋 愛, 高橋 純, 後藤 浩人, 植松 正巳, 宇井 彰, 安孫子 茂樹, 加藤 敏英, 家畜診療, 53, (11) 671 - 674,   2006 11
【BRDCの現状と対策(後編)】 肥育素牛導入時のウイルス抗体価調査と呼吸器病多発農場における予防対策, 高橋 純子, 海老名 真一, 山本 高根, 渡辺 栄次, 小形 芳美, 加藤 敏英, 臨床獣医, 24, (10) 46 - 49,   2006 10
【BRDCの現状と対策(後編)】 山形県におけるマンヘミア・ヘモリチカ分離状況と抗体価から見た浸潤状況, 加藤 敏英, 齋藤 博水, 山本 高根, 臨床獣医, 24, (10) 12 - 17,   2006 10
豚呼吸器複合感染症が多発した農場における総合的防疫対策の導入とその生産効果, 相田 清, 阿部 浩之, 伴 顕, 加藤 敏英, 植松 正巳, 家畜診療, (503) 261 - 270,   2005 05
MycoplasmaおよびPasteurella multocidaなどが関与した導入子牛の呼吸器病に対するチルミコシン経口剤の予防効果, 加藤 敏英, 斉藤 雅一, 家畜診療, 51, (11) 659 - 663,   2004 11 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40006517631
牛の細菌性呼吸器感染症に対するフロルフェニコール注射液の治療効果, 加藤 敏英, 加藤 洋, 齋藤 雅一, 臨床獣医, 21, (9) 33 - 36,   2003 09
【子牛の下痢症を解明する新しいアプローチ】 下痢症子牛の体液酸塩基平衡異常と実際の対応, 加藤 敏英, 鈴木 直人, 獣医畜産新報, 56, (5) 403 - 408,   2003 05
Prophylactic Efficacy of Enrofloxacin and Tilmicosin on Bovine Respiratory Disease in Newly Arrived Beef Cattle Associated with Pasteurella multocida and Mycoplasma, KATO Toshihide, SAITO Masakazu, SHOJI Kazuaki, ITAGAKI Masashi, Journal of the Japan Veterinary Medical Association, 56, (1) 7 - 11,   2003 01 , 10.12935/jvma1951.56.7, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011900492
牛に対する新しい子宮弛緩薬の臨床応用, 加藤 敏英, 中尾 敏彦, 中屋 秀樹, 松本 泰英, 三谷 典久, 椿 修, 鳥越 和人, 中尾 茂, 堀口 剛, 安喰 伸彦, 宮本 弘幸, 斉藤 昭彦, 斧田 稔行, 一条 俊浩, 日本獣医師会雑誌, 54, (4) 275 - 278,   2001 04 , 10.12935/jvma1951.54.275
導入牛の呼吸器病に対するチルミコシンの予防効果, 加藤 敏英, 板垣 昌志, 矢野 啓, 庄司 和明, 酒井 淳一, 家畜診療, 46, (12) 753 - 756,   1999 12 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40004433997
NOSAIの現場が求めるウシ実践内科学 牛の肺炎 抗生物質との戦い, 加藤 敏英, 家畜診療, (430) 223 - 235,   1999 04
抗菌剤併用による牛の細菌性呼吸器感染症の治療に関する研究, 加藤 敏英, 東北家畜臨床研究会誌, 21, (2) 35 - 49,   1998 11 , 10.4190/jjvc1990.21.35
牛の呼吸器病 呼吸器病罹患牛から分離された細菌及びマイコプラズマの薬剤感受性, 加藤 敏英, 板垣 昌志, 臨床獣医, 15, (7) 29 - 36,   1997 06
牛の細菌性呼吸器病に対するチアンフェニコールの効果, 加藤 敏英, 酒井 淳一, 小形 芳美, 日本獣医師会雑誌, 49, (3) 149 - 153,   1996 03 , 10.12935/jvma1951.49.149
肺炎罹患牛の鼻汁由来細菌及びマイコプラズマの薬剤感受性, 加藤 敏英, 小屋 正人, 渡辺 栄次, 日本獣医師会雑誌, 49, (2) 81 - 84,   1996 02 , 10.12935/jvma1951.49.81
黒毛和種牛の遺伝性赤血球膜蛋白異常症における赤血球形態と球状赤血球の出現頻度, 伴 顕, 小形 芳美, 加藤 敏英, 日本獣医畜産大学研究報告, (44) 21 - 27,   1995 12
産業動物の呼吸器疾患 牛の呼吸器感染症 細菌学的検索と治療および予後判定について, 加藤 敏英, 小形 芳美, 獣医畜産新報, 48, (9) 757 - 761,   1995 09
セレンを臨床的に評価する 放牧牛におけるピロプラズマ感染の病態とSe,V.Eの応用効果, 佐藤 彪, 中野 和光, 加藤 敏英, 臨床獣医, 11, (7) 32 - 41,   1993 06
子牛に発生した第四胃変位および捻転について 特に第四胃X線像と病勢の関連, 酒井 淳一, 渡辺 栄次, 加藤 敏英, 家畜診療, (274) 9 - 18,   1986 04
給与飼料を中心にした和牛の尿石症の発生調査, 我孫子 透, 石塚 康夫, 加藤 敏英, 家畜診療, (242) 47 - 51,   1983 08


教員総覧